今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

MTB(TREK DEORE)でギヤが変わらず困っています。
フロントギヤがアウターギヤに切り替わりません(インナーギヤへの切り替えできます)。 整備は素人ですが、調整して直すことは可能でしょうか。調整方法を教えて戴けないでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

いつごろ購入した物ですか?


DEOREは、そう簡単には壊れないので調整で済むと思います。
購入したお店に持っていけばいいと思います。

>ギヤはアウターギヤ側面には当たるようにはなったように思います
ということは、Fディレーラーが下がってしまったのではないですか。
5mmぐらい上に上げれば、直ると思います。

簡単なことですが、理屈がわからなければ難しいかもしれませんのでお店にもって行ったほうがいいでしょうね。工賃はそんなに高くないと思います。買った店なら無料かもしれませんね。(販売店のミスかもしれませんしね。)
    • good
    • 3

 No,1です。

ワイヤーにたるみが無ければ今度はディレイラのチェーンの通っている部分を外側に引っ張ってみて下さい。スプリングが結構硬いですが正常であればアウター位置まで動く筈です。手で引っ張っても途中までしか動かない様であれば、ディレイラの動きを規制しているアジャストネジの「H」側が締め込み過ぎで、規定位置の手前で当たってしまい制限が掛かっている状態だと思われます。Fディレイラを上から見ると、ワイヤーの掛かっているアーム付近に+ネジが2本並んで付いている筈です。よく見るとそれぞれ「H」、「L」と刻印がありますので、「H」側を1/2回転ずつ緩めながら変速レバーを操作してみて下さい。徐々に上がっていくと思います。

この回答への補足

アドバイス有り難うございます。

「H」のネジを2~3回転緩めましたが、変速は出来ませんでした(ギヤはアウターギヤ側面には当たるようにはなったように思います)。気が付かない間にチェーンが通っている部分が変形でもしているのでしょうか。 アウターギヤの歯先とディレラーチェーンが通っている部分の円弧の部分に大分隙間が開いています。真上方向は5mm程度ですが、横方向(9時方向)は10mm近く隙間が開いています。手で曲げて隙間を狭めようかとも思いましたが、壊してしまいそうであきらめました...。

補足日時:2008/07/28 23:46
    • good
    • 0

 自転車もいぢくる現役整備士です。



 フロントがアウターにあがらないとの事ですが、ワイヤーが延びていませんか?インナーに落とした時にワイヤーがたるむなら伸びを解消する必要があります。

 方法はインナーに落としたらFディレイラのワイヤー固定ナットを緩め、ワイヤーがピンと張るまで引っ張り固定します。コレである程度まで上がる様でしたら最後はアジャスターで微調整すればOK。

 それ以外の調整もありますが、今まで使えていたのならまずはこの作業を実行して下さい。いきなりあれこれ教えても訳分からなくなりますから、コレで駄目ならもう一度質問上げて下さい。

この回答への補足

回答有り難うございました。

ペンチでワイヤーを引っ張りましたが、現状以上に上がりはしませんでした(勿論たるみはありません)。引っ張りが足りないのでしょうか?

補足日時:2008/07/27 17:45
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q変速が出来なくなった場合の原因調査・修理について

2006年のMV2に乗っています。
ギアチェンジができなくなったので、原因を調査し、できれば自分で修理したいと考えています。調査方法、修理方法について教えて下さい。

症状:手元のシフトレバーを動かしても、後ろのギアが反応せず、変速ができません。ローギアに固定された状態になってしまっています。原因かどうかは不明ですが、ワイヤーを見ると少し傷がついています。(アウターケーブルと呼ばれる部分か、インナーケーブルまで傷んでいるのかは判断できていません)

もしワイヤーの交換が必要となった場合、長さを今のものとあわせる位しか気にしていませんが、他にスペック上気をつけることなどありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

シフター・Rディレイラーともシマノ製のようですからインナーケーブル破断であればトップノーマル、つまりはRディレイラーはトップギヤ(小さいほうのギヤ)で固定されるはずです。

ローギヤ固定であるならばインナーケーブルが引かれた状態でトップギヤ方向にストロークしないってことですのでアウターケーブル内またはシフター内でインナーケーブルがほつれて動かないのだと思われます。

アウターケーブルが傷ついてるとのことですが、ケーブル皮膜が剥けていたとしてもローギヤに入らないということはあってもトップギヤ方向に動かないということはディレーラーがトップノーマルであればあり得ません。

以下トラブルシューティングを書きます。

1.シフターはトップギヤ方向に2~3速分でも良いからカチカチと作動するか?(するなら正常、しないなら判断保留)

2.Rディレーラーのケーブル固定ボルトからケーブルを開放しクランクを回転させた時、トップギヤに変速するか?(したならディレイラー正常、しないならアームリンク固着またはテンションスプリング折損)

3.Rディレイラー方向からインナーケーブルよりアウターケーブルが抜けるか?(引っかかって抜けないならインナーケーブルほつれ)

4.ケーブルに異常が無いのならシフターの故障となります。

たぶんケーブルの不良だとは思いますが。

シフター・Rディレイラーともシマノ製のようですからインナーケーブル破断であればトップノーマル、つまりはRディレイラーはトップギヤ(小さいほうのギヤ)で固定されるはずです。

ローギヤ固定であるならばインナーケーブルが引かれた状態でトップギヤ方向にストロークしないってことですのでアウターケーブル内またはシフター内でインナーケーブルがほつれて動かないのだと思われます。

アウターケーブルが傷ついてるとのことですが、ケーブル皮膜が剥けていたとしてもローギヤに入らないということはあっ...続きを読む

Qリアディレイラーがトップに入らない

EscapeR3に乗っています。
先日サイクリング中、リアがトップに入らない事に気付き、webで情報を調べて調整を行ってみたのですが、ギアがトップに入りません。
調整は以下のサイトを参考に行いました(Bテンションアジャストボルトはよく分からなかったので行っていません)
http://www.cb-asahi.co.jp/html/mente-rd.html

ロー側は最後まできちんと変速できます。トップ側は1個手前までは問題ありません。
また、ロー側から一気にトップまで変速させると、トップ側も最後まで変速出来ます。
ハンドルに付いている調整ボルトを緩めてみたりもしたのですが、改善されませんでした。
ちなみに過去、転倒はしていません。

これらの情報から、トップに入らない原因は分かるでしょうか?

Aベストアンサー

>また、ロー側から一気にトップまで変速させると、トップ側も最後まで変速出来ます

この情報は重要です。
これで調整の問題ではないことがわかります。
原因は十中八九シフトワイヤーの滑りが悪くなっていること。
新車に近くても油断はできない。

アウター、インナーワイヤー交換
できれば専用グリスで滑りを良くする
リアディレイラー付近のワイヤーの曲げ半径を大きめにすると再発しにくい。

Qフロントギアの使い方が良く分かりません

フロントギアの使い方が良く分かりません
初めてのクロスバイクを購入し、ジャイアントのCROSS3、フロント3×リア7段で乗っているのですが
リアのギアは今まで通りに走行中に軽くしたければロー、スピードを出したければハイにすればいいのは分かっています。
しかしフロントのギアは数も少なく試しに切り替えをしたところチェーンが斜めになり
ガリガリと異音を立ててあやうくチェーンが外れかけたため、以来怖くてフロントは中央の2段しか使っていません
フロントギアの上手な使い方を教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

フロントギヤは頻繁にチェンジするものではありません。
CROSS3の場合なら普段の走行はほとんどフロントはミドル(2)でOKです。
そして登り坂それも長い坂や急な坂の場合フロントはインナー(1)を使用します。
また長い下り坂の場合に限ってフロントはアウター(3)を使用する程度でよいと思います。

チェーンは斜めにすると外れやすくなりますので、フロントがインナー(1)の時リヤが6や7は避けます。
またフロントがアウター(3)の時、リヤが1や2は避けます。
通常変速操作はダウンの場合、フロント2リヤ4→リヤ3→リヤ2→フロント1リヤ3→リヤ2→リヤ1
アップの場合は、フロント2リヤ4→リヤ5→リヤ6→フロント3リヤ5→リヤ6→リヤ7と変速していくとスムーズです。

Qフロントディレイラーとチェーンのこすれ

地震以降ママチャリ通勤を始め、その後ホームセンターで安いクロスを衝動買いし7週間。
すっかり、はまっている40代後半の初心者です。
買ったその場で、特定のギアのパターンでのフロントディレイラーとチェーンのこすれを指摘したら、
店員から「矛盾する前後のギア位置によっては仕方ない」と言われ、
我慢できる範囲でもあり、その時はそういうものかと思っていたのですが、
最近、気になりだし、何とかなるのなら改善したいと思っています。

先週くらいまでは、平地で、3枚の前ギアはいつも真ん中、7枚の後ろギアはいつも「3」で乗っていて、
(購入当初は一番重いギアでゆっくりペダルを漕ぐ乗り方でしたが、こちらでアドバイスいただき悟りました)
心拍数110前後、ケイデンス90、速度20km/hってとこでした。
この位置だと、まったくチェーンのこすれはありません。

しかし、最近は、
前ギア真ん中、後ろギアは「5」で、
心拍数105前後、ケイデンス95、速度25km/hのパターンで快適なのですが、
チェーンのこすれが後ろ「4」から始まり「5」だと結構うるさいです。
前ギアを変えると状況も変わりますが、自分的には前ギア真ん中が合ってる感じです。

何分素人でワイヤーやディレイラーの調整方法がわからず、見よう見まねで手を出し
取り返しがつかなくなりそうなので、
「ここのWebページを見ろ」とか、「こうやるんだよ」とかアドバイスいただけると幸いです。
フロントディレイラーが1cmくらい外へ動けば「イイ感じ」なのですが。。

ディレイラーの調整というよりは、「トリム操作で対応する」ということなのでしょうか?
それとも、「安ものバイクだから仕方ない!?」

地震以降ママチャリ通勤を始め、その後ホームセンターで安いクロスを衝動買いし7週間。
すっかり、はまっている40代後半の初心者です。
買ったその場で、特定のギアのパターンでのフロントディレイラーとチェーンのこすれを指摘したら、
店員から「矛盾する前後のギア位置によっては仕方ない」と言われ、
我慢できる範囲でもあり、その時はそういうものかと思っていたのですが、
最近、気になりだし、何とかなるのなら改善したいと思っています。

先週くらいまでは、平地で、3枚の前ギアはいつも真ん中、7枚...続きを読む

Aベストアンサー

確かにその店員さんが言うとおり、「前後のギア位置によっては仕方ない」のは事実ですが、いくらなんでもフロントセンターで、7Sギヤの5Sで音が出るのはちょっと、、、
これは調整の不良ですねー。
シフトレバーアウター受け(ワイヤーがはまっている所)にアジャスター(ワイヤーの張りを調節するネジ)があると思いますから、ここで調整してください。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/o-trick/care/06frd.htm
http://www.mds.co.jp/hp/topic/mente/mente03/mente03.html

ちなみに、お勧めのショップはこんな感じです。
http://sbaa-bicycle.com/shop/index.php
http://shop.cyclesports.jp/

Qディレイラーの調節が上手くいきません。

フロントディレイラーをアウターにすると微妙に擦ってしまうのでフロントディレイラーの調節を行ったのですが、調節ネジをいくら回してもガイドプレートが全く移動しません。
どうしたら良いでしょうか?

ご回答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

要は回答者3の方が最後の2行でおっしゃるとおりなんですが、実際の調整の際の肝は調整手順の順番どおり行うことです。

つまり、アウター側の調整が問題になっている場合でもインナー位置での調整からはじめなければならないということです。(フロントディレーラーのフレームへの固定の正しさを前提に)

具体的には、インナー位置でFDが適正位置にある状態でシフトワイヤーが弛まないように固定されていることがポイント。したがって、少しの弛みなら途中にある(と思う)テンションのアジャスターで調整することも可能です。
これがワイヤーがたるんだ状態だと、アウターに変速してもFDのプレートが外側に十分には移動しない。そしてこの場合にいくらFDの調整ボルトを回してもプレートは動かない。つまり、FDのアウター側の調整ボルトはプレートが外側に行き過ぎないように制限するものだから、プレートを内側に動かす方向にのみ機能するということ。

Qクレ556はスポーツ車のチェーンには使っちゃ駄目?

クレ556はロードやクロスバイクなどのスポーツ車のチェーンには悪影響なのでしょうか?

潤滑剤や錆落としの用途として使っては駄目でしょうか?

色々な意見を聞いて、玄人の人や年配の自転車屋のオヤジさんに

何度か使わない様な方がよいと聞いた気がするのですがいかがでしょうか?

556よりももっと適したスプレーが有るのは知っているので、

今回は556を使わないもしくは使ってはいけない理由があればアドバイスください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これらにはグリースが使われています。556は溶かして流れ落としてしまうので使わない方がいいのです。
泥などで固まったのを洗浄する目的で使用し、後で念入りにグリスアップするのなら構いません。

Qロードバイクで車道を走るのが恐い

 先月ロードバイクを買い、7~8回・合計200km走った程度の初心者です。ロードバイクの走行性能には大変満足しているのですが、やはりスピードが出るので、車道を走るようにしています。しかし、車道を走る度に大変危険な目に逢ってしまいます。
・直進していたら、側道から出てきた車にはねられそうになった
・上り坂を必死で登っていたら、ダンプにスレスレで抜かされ、その風圧でコケそうになった
・突然真後ろからクラクションをプっと鳴らされ、驚いてコケそうになった(これは初心者の自分が悪いのですが)
 実は、実際に側道から出てきた車に接触され、自分は奇跡的に無傷でしたが、新品のバイクに傷がついてしまいました・・。
 これからは今以上に慎重に走るつもりですが、熟練のロード乗りの先輩方は、どのように危険を回避して車道を走っているのか、是非教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一日おきに自転車通勤しています。

自戒の意味も込めて、自分なりに気をつけていることを書きますね。

> 直進していたら、側道から出てきた車にはねられそうになった
側道は危険が一杯です。
クルマが出てくることもあります。
タクシーなどを拾うために人が出てくることもあります。
その人を拾うためにタクシーが突然止まることもあります。
駐車車両のドアが急に開くこともあります。
スクーターが強引に前に出てきたりもします。
ゴミも溜まりやすく、よってパンクする可能性も高まります。
いろいろ細かく書きましたが
そのようにシミュレーションしながら走ると
危険が察知しやすくなると思います。
かつ、私も左端は危険なので極力走りません。
タクシーの後ろにも極力つかないようにします。
駐車車両からもある程度距離を置いて走っています。
とにかく危険は避けるようにしています。

結果として、左の車線の真ん中あたりを走っていることが多いですが
30km/h以上で巡行していれば
クルマは追い越し車線に入って抜いてくれます。
たまにクラクションを鳴らす失礼な?ドライバーもいますが
クラクションを鳴らすというのは、コチラの存在は見えているわけですから
ある意味安心です。後は驚かないようにすればイイだけです。
クラクションを鳴らされたら、にっこり微笑んでゆっくり左に寄ればイイ。
これ見よがしに抜いていくでしょうが、少し距離を置いてから
巡行速度に戻しましょう。
私は出来るだけ争いは避けるタイプです。

> ダンプにスレスレで抜かされ、その風圧でコケそうになった
ダンプの風圧は困りますよね。
でも、橋の上やビルの間でも突風が吹くことはよくありますから
これは練習して慣れるしかない。
風圧に逆らわず、ハンドルをこじったりせず
きちんと前を向いて漕ぎ続ければ、自転車は自らバランスを取ってくれます。

まあ、ダンプなど大型車両が近づいた、スピードは下げた方が無難です。
慣れれば音で分かる筈ですし
坂を必死で登って周囲に気を配る余裕がないようなときには
中央寄りを堂々と走ってクラクションを鳴らしてもらった方が
安全かも知れません。

他の方からも指摘がありますが
> 四輪に対して追い抜かせたいのかどうか
> 明確なアピールを送ることが大切です。
ですから、端っこを隠れるように走るのが、むしろ最も危険で
スピードを出すときは「出す」、ゆっくり走るときは「ゆっくり走る」と
メリハリをつけて、堂々と走るべきです。

私は現在、徒歩と自転車がほとんどですが
昔はオートバイもクルマにも乗っていました。
やはり、それぞれの立場を経験しておくのがベストだと思いますが
kbm53691さんがご自身でクルマの運転をされないとしても
同乗したときに自転車の見え方に注意して
どんな走りが危ないか考えるようにすると今後に役立つと思います。

あと(人に寄っては勧めない方法ですが)
私はベテラン(に見える)のメッセンジャーの後ろを走ることが多い。
道交法的には褒めにくい部分もありますが
一番リスクが少ない進路を取っていると思います。

一日おきに自転車通勤しています。

自戒の意味も込めて、自分なりに気をつけていることを書きますね。

> 直進していたら、側道から出てきた車にはねられそうになった
側道は危険が一杯です。
クルマが出てくることもあります。
タクシーなどを拾うために人が出てくることもあります。
その人を拾うためにタクシーが突然止まることもあります。
駐車車両のドアが急に開くこともあります。
スクーターが強引に前に出てきたりもします。
ゴミも溜まりやすく、よってパンクする可能性も高まります。
い...続きを読む

Qロードバイクで時速40キロ以上出すには?

SurlyのPacerというクロモリのロードバイクを購入しました。
コンポはティアグラでコンパクトクランクですが、平地でダンシングなしで最高が37-8キロ程度しか出せません。手はブラケットを持った状態です。ロードバイク所有の友人(アルミ、SORA)をはじめ他のロードの人はみな40キロは軽いといいます。

私は30代男性でロードは初めてで、貧脚といえばそうですが、それでも40ぐらいは軽く出せるのかなと思っていました。都内の交通量の多い場所を走ることがほとんどですが、それでも幹線道路などでは瞬間的には40を越えても良さそうなものかと思うのですが。

サイコンの設定や空気圧管理などは問題ありません。前が50-34でそこのインナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。また他に原因として考えられることはありますでしょうか?やはり脚力の問題でしょうか(笑)。また、皆様はどの程度の速度が出せているのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランクって、おいしいところでフロントの変速タイミングが来ちゃいますよね。
以前はコンパクトクランクを使っていたのですが
上りとLSD以外はずっとフロントアウターに入れっぱなしでした。

> 最高が37-8キロ程度しか出せません。
であるならばフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpm、約33km/hでの
巡行を身につけちゃうとイイと思います。
そのペースが維持できれば、道路状況が良いときにリアを16T→15T→14Tと
シフトしていけば自然に?40km/hになります。
http://www.asamako.net/scripts/gear_ratio.php
この速度域はロードでは常用域ですので
変にもがくよりも、キレイなペダリングを心掛けた方がイイと思います。
キレイなペダリングでフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpmの巡行が出来るようになれば
40km/hで走るのも「軽いこと」になりますよ。

で、キレイなペダリングの習得にはANo.4さんのご指摘どおり
ビンディング・ペダルを使った方がイイのですが、どうでしょう?
そして、ペダルは「踏み込む」のではなく「回す」こと。
力を入れるのは1時から3時のところ。
それ以外のところで力を入れても、疲れるだけで大した推進力になりません。
力を入れるときは腹筋とハムストリングを使うこと。
股関節を大きく柔らかく使い、腿をなるべく高くあげること。
骨盤を立て上半身を腹筋で支え、上半身はリラックスさせること。
アンクリング(踵が下がること)させないこと。
なんてことを私は学びました。
人それぞれやり方はあると思いますが、まあ参考にして下さい。
この↓サイトなんて、役に立つと思いますよ。
http://www.sportsmovie.jp/funride/top/
http://www.sportsmovie.jp/funride/technique/?sm=0&it=101
(登録が必要ですが無料です。)

あとね、私の巡行スピードはホイール(フルクラムRACING3)にも助けられてます。
もう少し走りこんだら、ホイールをグレードUPすると「効く」かも知れません。

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランク...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む


人気Q&Aランキング