マルシェル新規登録で5000円分当たる

長距離選手の一日の食事のメニューろ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の持っている、アスリートの食事と栄養管理についての専門書によると、たんに普通の方が食べる1日のメニューを2~3倍食べているだけのようです。

一般の方よりも脂質の許容範囲も高いので好きなものを食べているはずです。

トライアスロンの選手も含まれますよね?
先日テレビでやっていた上田藍さん
http://sankei.jp.msn.com/sports/other/080121/oth …
の密着番組では、練習中は1日に6000Kcalほどとっているとの事。昼食の内容が映し出されましたが、友達5人で中華バイキングにでも言ったかのような色とりどりの高カロリーな料理が並んでいました。餃子、チャーハン、焼きソバ・・・etc。ほかに10品ぐらいあったと思いますが思い出せません。あれをメニューとしてリストアップして応用するのは難しいと思われます。栄養バランスを考えた前提で、食べたいものをガンガン食べているのでしょうね。それであの細さですから凄いです。

ただ、長距離の選手ってオフになると増量しますね。トレーニング中にたくさん食べてるクセが、どうしても消費カロリーの落ちるオフシーズンでも抜けないのでしょう。
    • good
    • 3

まずは長い時間運動するには炭水化物をとると良いと言われています。


北京オリンピックにでている日本の長距離ランナーは基本的に、消化の
ことを考えて、三、四時間前にお餅を食べています。
お餅は非常に炭水化物が豊富で、これを二、三個、上記の時間に食べるといいといわれています。日本のマラソン選手が後半になっても失速しないのはお餅のおかげと言えます。そしてお餅と一緒に食べると良いものが、梅干です。梅干に含まれるクエン酸が後半の失速の原因となる成分(名前忘れ)をきらさないように持続させる効果があります。
つまり失速の原因はある成分が最後まで持たずに途中で使い果たしてしまうからです。そしてお餅と梅干を消化を考えて食べれば炭水化物(ブドウ糖)とクエン酸の効果で長時間走りきることができるでしょう。
スタミナをつけるには栄養豊富なニラや、スパイスのきいたカレーを
食べれば良いと思いますよ!!!
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸上選手の食生活(高校2年生)

現在、陸上部に所属している高2の男子です。
いままで、特に気にせず食事を摂っていたのですが、最近気になりはじめました。

自分は中距離(1500m)を主にやっています。
日々のトレーニングはもちろんですが、食生活から見直してタイムを向上させたいです。
現在は朝食(ご飯1杯+納豆のみ)、昼食(弁当)、夕食+たまに軽食(菓子など)、夜食(インスタント)という感じです。栄養やカロリーなど特に気にしてません。
やはり1日3食が理想なのでしょうか?

例えば、お菓子は陸上選手によくないですか?
でも、時々スナック菓子のような美味しいものが欲しくなります。
体に良さそう?な菓子(イメージ的にカロリーメイト等)ってどうなんですか?

食生活についてアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

高校生の時期は、適当な食生活でもそれなりにどうにかなってしまうのですが、それでも改善の余地は多いです。

基本的には、常に炭水化物(ご飯・パン・パスタ)、タンパク質(肉、魚、豆類、乳製品)、ビタミン・ミネラル(野菜・海藻類)のバランスを取った食事にしましょう。

具体的にいくと

朝はご飯+納豆だけですから全体的に栄養不足(特にビタミン・ミネラル)。最低でも味噌汁、海苔、卵、野菜のおひたしやサラダ、あるいは野菜ジュースをつけましょう。

10時ごろに1回目の間食。小さなおにぎりや果物を1個程度

お昼はご飯とおかずのバランスが取れたお弁当を腹八分目に。

3時ごろに1回目の間食。内容はおにぎりや果物に牛乳を加えます。

練習後は牛乳や果汁100%ジュースで栄養補給。

夕食も栄養バランスが取れたものにして腹八分目。

夕食後に練習(あるいは勉強)するなら、夜食。内容は間食のときと同じで牛乳や果物を中心にする。

こういった感じが理想になります。食べる回数は多いですが、1回の食事で満腹になるまでは食べないのがポイントです。

また、練習の前後に必要なエネルギーである炭水化物(おにぎり・果物・ジュースなど)とタンパク質(牛乳)を十分摂取することで、体を追い込む&素早い疲労回復を狙います。なお、しっかり運動するなら、タンパク質が多めに必要になるので、牛乳の代用としてプロテインを使うと効果的です。

それから人間は、スナック菓子のように油っこいもの、甘いもの、口当たりのいいものを食べるとストレス解消になります。
また体が疲労したり、勉強などで脳を使って糖質が不足した状態になると、強烈な食欲がわいたり、甘いものが欲しくなってイライラしたりします。ですので、完全に止めろとは言いません。

とはいえ、あくまでも趣味や健康レベルでスポーツをしている人ならともかく、レギュラーになりたいとか、大会で入賞などを狙おうというならある程度自分をコントロールすることも必要です。

なお、カロリーメイトは、パッケージを見れば分かりますが、脂質が非常に多い食品なのでオススメしません。そうでなくてもそうした食品に頼ると肝心な栄養素が摂れなくなることがままあります。

オススメの間食としては、脂質が少ない果物やおにぎりのほかに、あんぱん、ジャムパン、センベイ、和菓子(饅頭、ヨウカン、どら焼き)などです。
これらに牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品を組み合わせて、ほどほどに摂るのがいいでしょう。

チョコやポテトチップスなどのスナック菓子は週1~2回にとどめましょう。また、夜食についても同様で、カップ麺などよりは上記のようなものをごく軽くつまむ程度にすべきです。

いずれにしても「食べたいだけ食べる」というやり方でなく、「必要な分を必要なだけ食べる」という意識を持つようにして。食べ過ぎに注意するようにしてください。

高校生の時期は、適当な食生活でもそれなりにどうにかなってしまうのですが、それでも改善の余地は多いです。

基本的には、常に炭水化物(ご飯・パン・パスタ)、タンパク質(肉、魚、豆類、乳製品)、ビタミン・ミネラル(野菜・海藻類)のバランスを取った食事にしましょう。

具体的にいくと

朝はご飯+納豆だけですから全体的に栄養不足(特にビタミン・ミネラル)。最低でも味噌汁、海苔、卵、野菜のおひたしやサラダ、あるいは野菜ジュースをつけましょう。

10時ごろに1回目の間食。小さなおに...続きを読む

Q長距離ランナーの食事

箱根駅伝をTVで見ていたら、東洋の柏原君について、甘い物が大好きなんだけれど食べない、どうしても食べたい時はチョコレートを一切れ食べてその分練習量を増やす、と紹介されていました。

体重が重くなるのがいけないのはわかるのですが、すごい運動量なのに甘い物をふつうに食べることもいけないのでしょうか?

マラソンのQちゃんなど、試合前は身体を絞りますが、普通はかなりの大食漢と聞いたことがあります。

Aベストアンサー

ダメってことはないと思いますし禁止もされてないと思いますが、やはりそういう小さなことからコツコツと努力することがあのような結果を生むのだと思います。

ただでさえ若くて食欲旺盛でしょうし、練習量も多いでしょうからお菓子も食べだしたら止まらないんじゃないでしょうか。
だから、チョコレート1切れ食べたらその分走る、と自分に課しているのかも。
じゃないとついつい「まいっか。」って食べちゃうのかなぁと思います。

現に、東洋の山本選手は「1年の頃は節制もせずせず甘いものをじゃんじゃん食べてしまった。体重も増えてもっと太っていた。でも柏原の姿(己に厳しく、常に上を目指す)を見てこれではダメだと改めた。」と言われていました。

Qちゃんは、試合がないときにしっかり食べて太ってもあとでちゃんと間に合うように調整できるしその自信があるから食べまくっても大丈夫なのでしょう。

あと、お菓子は栄養になりませんから、どうせ食べるなら食事を、とたたきこまれてるのかもしれませんね。お菓子を食べるなとは言わないけど、カロリーを取るだけで体を作る要素はないのだ、という意識があるから「食べた分だけ余分に走る。」という行動になってるのかもしれません。

なんにせよ、それだけ強い心を持ってるということでしょう。すごいですよね。

ダメってことはないと思いますし禁止もされてないと思いますが、やはりそういう小さなことからコツコツと努力することがあのような結果を生むのだと思います。

ただでさえ若くて食欲旺盛でしょうし、練習量も多いでしょうからお菓子も食べだしたら止まらないんじゃないでしょうか。
だから、チョコレート1切れ食べたらその分走る、と自分に課しているのかも。
じゃないとついつい「まいっか。」って食べちゃうのかなぁと思います。

現に、東洋の山本選手は「1年の頃は節制もせずせず甘いものをじゃんじゃん食...続きを読む

Q陸上選手の食事

私は、中学生で陸上部で長距離をやっています。
顧問の先生がよく「食事に気をつけろ」と言っているのですが、何を食べたらいいのでしょうか?
私は、食べることが好きで特にマック大好きです。それから、お菓子も好きです。
朝食は(ご飯、味噌汁、野菜いため)か(パン(食パンまたは、ロールパンに卵やチーズやハム等をはさんだもの)スープ)
昼食は平日は給食(主食、汁物、おかず、牛乳、果物)休日は(スパゲティー(ミートソースが多い))か(チャーハン、お吸い物)
夕食は(ご飯、タンパク質(焼き魚または肉料理)、スープ、野菜(サラダまたは煮物))
というパターンが多いです。ここで、改善したほうが良いものがあったら教えて下さい。

Aベストアンサー

長距離経験者(というより現役)です。
やはり一般論から言うとマックやお菓子は大敵でしょう。
脂肪がつき体重が増えると長距離選手にとっては致命傷です。
長距離のそこそこやってる人のほとんどは体脂肪率は1ケタです。

食事は悪くないと思います。基本的には「何を食べるか」よりも「バランスよく食べる」ことを重視されるとよいでしょう。
また、長距離選手は「鉄欠乏性貧血」になりやすいので、ひじきなどの鉄分を多く含む食品を摂ることをお勧めします。
(詳細→URL参照)
野菜はしっかり取った方がいいですね(長距離に限らず)
体重制限をするなら主食よりもおかずを中心に食べるとよいです。
間食は食べるならマックよりはおにぎりとかのほうがよいかもしれません。
また、中学生では必要ないかもしれませんが、食事の補助(あくまで補助)として、プロテインやサプリメント等をとる人もいます。

いずれにせよ、あなたの体格・体質などにもよるので、先生に直接聞いてみるのが一番だと思います。

最後に、部活をどのような位置づけでやるかにもよります。
楽しんでやるならそこまで考える必要はありません。
今の中学や高校の部活、特に陸上部を考えると高みを求める傾向は強いです。
強くなるためには制約、犠牲は必ず伴います。
まぁ、何年も我慢しているといつの間にかスナック菓子が嫌いになったりしますが(笑)
一方で県のトップレベルでも「マック大好き!」なんて人もいます。才能だろうか、体質だろうか…
ただ、制約したことにより、メンタル面でレースで強くなれることもあります。
頑張ってください。

参考URL:http://www.mental-tr.com/eiyouindex.html

長距離経験者(というより現役)です。
やはり一般論から言うとマックやお菓子は大敵でしょう。
脂肪がつき体重が増えると長距離選手にとっては致命傷です。
長距離のそこそこやってる人のほとんどは体脂肪率は1ケタです。

食事は悪くないと思います。基本的には「何を食べるか」よりも「バランスよく食べる」ことを重視されるとよいでしょう。
また、長距離選手は「鉄欠乏性貧血」になりやすいので、ひじきなどの鉄分を多く含む食品を摂ることをお勧めします。
(詳細→URL参照)
野菜はしっかり取った方...続きを読む

Q長距離 カロリー

陸上経験者の方に質問です。
僕は中学3年で長距離をやってるんですが、最近食欲がすごく、
結構食べないと足りません。しかし、体重が増えると
スピードが出なくなってしまうのが心配なので、一日どれくらいの
カロリーをとっても大丈夫なのか知りたいです。
友達に、朝飯を食べない代わりに給食を2人分食べ、帰ってからも
弁当2個食べるという人がいるんですが全く太っておらず、
むしろ筋肉質で短距離が速く、夜バスケのシュート練習をしてるそうです。
彼は僕と同じ身長で体重は5kg重いです。
しかし長距離の選手は体重は軽く、無駄な筋肉がないほうが良いと思うんです。
なので上記の彼のような生活は僕にとっては良くないんでしょうか。
陸上をやっていた皆さんは1日どれくらい食べていましたか。
僕は現在175cm 57~58kgです。
長々とすいません。

 

Aベストアンサー

特に食べる量は気にせず食べていました。

中3男子なら、1600キロ以上は取りましょう。
食事を抜いたりするのは逆に太ります。
食事を抜いておちるのは脂肪ではなく筋肉です。

筋肉が落ちると、カロリーを消費してくれなくなるので脂肪がどんどんつきます。
さらに栄養がいつ来るかわからなくなって脂肪を蓄えやすくなり、太りやすくなります。

そのお友達が太らないのは、おそらく新陳代謝がよほど高いんでしょうね。
運動して筋肉をつけると新陳代謝が高くなり、カロリーを消費してくれます。

それと、ひとつ注意しておきたいことがあります。
カロリーゼロの商品ありますよね?
実は、5キロカロリー未満のものはすべてカロリーゼロと表すことができてしまうんです。
なので、カロリーゼロと表示してあっても安心できません。

Q陸上の大会での食事・飲み物

陸上部(長距離)に所属してる高校生です。

今度、大会があるのですが朝食は何を食べたらいいのでしょうか?
それと、「エネルゲン」や「バーム」などの飲み物は効果ありますか?

ちなみに9時30分から1500mを走ります!

Aベストアンサー

レースと食事時間の間隔が短いと、レース中に腹痛を起こすことが予想されます。
食べた物が完全に消化される為に3時間~4時間前に食事をします。
炭水化物を多く含むご飯類や、ストレス対策として野菜ジュースやグレープフルーツなどを一緒に摂ると良いでしょう。参考URLをご参照ください。

参考URL
コニカ陸上部情報
http://www.konica.jp/corporate/culture/athlete/satotips/06.html

「ヴァーム」は高橋尚子選手も愛用していて効果があると思います。
ただし、食事と併用するのは良くありません。
効果が現れるのに時間がかかるので、レース前30分~1時間位に飲むと良いです。

VAAM
http://www.vaam.jp/whats/index.html

参考URL:http://www.konica.jp/corporate/culture/athlete/satotips/06.html

Q陸上長距離の良い練習メニューを教えてください

中学三年で陸上部に所属しています。
今はもう駅伝シーズに向けて練習しているので主に3000mで記録を狙いたいです。
身長→156cm 体重→39kg
ベストタイムは 1500m→4分42秒
        3000m→10分00秒
次の大会は8月16日で3000mを走る予定です。駅伝は冬にあります。
記録を伸ばすために何か良い練習方法を教えてください。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

部活である程度教わってるとは思いますが、参考までに。

畳あるいは風呂マットの上で正座、膝を少し浮かせる。→足首の柔軟

階段駆け上り(フルスロットルで)降りるときはハーフスピードでの往復をストップウオッチで15分休まず続ける。3000のタイムからすればいいと思います。

あとこれ、ちょっとこっそり。その場で軽くジョギングっぽく足踏み。ただし、絶対に土踏まずから後ろ・かかと側を着けない。背伸びしてつま先立ちしたままの感じで。これにマスク(風邪の時とかの)をつけてやるとさらに呼吸器に負荷がかかる。これも休まず20分。やった次の日にふくらはぎが熱いはず。

あ、そうだ。カンフーみたいに足を真っすぐ上に高く蹴り上げる、左右とも。
膝の裏を伸ばす。左右交互に右左各20ずつ。計40。

あとは、地面に尻着けて座って足を両方とも前にのばし、手は胸の前あたりで組む(お祈り)。肩とひじでひっぱるように左右に体をひねる。肋骨のあたりに効けばOK.右を1、左を2、右を3、左を4・・・。こんな方向に合わせて上体をひねる。

これでたぶん疲れに体が慣れると思います。 いい結果が出せるといいですね。
がんばってください。

部活である程度教わってるとは思いますが、参考までに。

畳あるいは風呂マットの上で正座、膝を少し浮かせる。→足首の柔軟

階段駆け上り(フルスロットルで)降りるときはハーフスピードでの往復をストップウオッチで15分休まず続ける。3000のタイムからすればいいと思います。

あとこれ、ちょっとこっそり。その場で軽くジョギングっぽく足踏み。ただし、絶対に土踏まずから後ろ・かかと側を着けない。背伸びしてつま先立ちしたままの感じで。これにマスク(風邪の時とかの)をつけてやるとさらに呼吸器に負荷がか...続きを読む

Q長距離選手の間食について

長距離選手は間食をしてはいけないと聞きました。本当なんでしょうか??

Aベストアンサー

本当と言えば本当です。なぜかというと、減量のためです。長距離選手は見ても分かる通り、やせています。余分な体脂肪があるのでは、体が重くて走ることができません。
ですが、それが本当に良いのかはわかりません。高橋尚子選手はお菓子などは食べたい時に食べたいだけ食べているようです。ですが、主な大会前の減量中は食べないようです。
まあ、だいたいの選手の人たちは間食はしないようにしていると思います。それが、一般的ですね。
ただ、食べたい物を我慢するというのは、一方でストレスがたまるので、あまりよくないのです。ストレスで太る人もいますからね。ですが、本当に大切な試合の時などの減量をするのには、間食はやはりしない方がよいのではないかと思います。

Q筋肉を維持したまま脂肪を落としたい

長文になってしまうので、読むのがめんどくさい方は、4段落目から読んでいただきたいです。
具体的なことは大きい段落にいっぱい書いています。

現在中学三年生、陸上部所属の女子です。
私は専門種目で主に走り幅跳びを、サブに短距離をしていました。
所属といってももう総体も終わり引退なんですが、質問があります。

話は変わるのですが、私は昔水泳をしていて、筋肉があるというよりは引き締まっている体でした。
それが小学校の中学年のころに水泳を辞めてから、かなり太って中学校に入学するころは少しぽっちゃりしている状態でした。
ぽっちゃりとはいっても、平均体重は超えていないくらいのレベルだったのですが、私からすると、引き締まっていた体に急に肉が付き始めたので焦っていました。
そこで中学から陸上を初めて、短距離を軸に練習していくうちに、ふくらはぎの筋肉に関しては以前(水泳をやっていたとき)よりも付き、大分引き締まった感じがします。
しかし、太ももの筋肉だけはいまだにたぷたぷです。
表側と外側くらいならなんとか筋肉があることは確認できるのですが、内側、裏側はひどくて・・・
周りの短距離や幅跳びのこはもっと筋肉で引き締まっているんです。
記録の向上に、見た目の改善も兼ねてもっと筋肉をつけようと思い筋トレもしてみたんですが、どうも筋肉がつきにくい足になっている気がするんです。
そこで、いったんこの体についている脂肪を大幅に落としてしまおうと考えました。
考えたのはいいんですが、そのために今までの速筋が犠牲になってしまうんじゃないかと思い、行動に移せません。
一応幅の跳躍の実績はそこそこあるし、高校に入っても幅跳びを続けていきたいと思っています。
脂肪をなくすことによって遅筋がついてきたら短距離のタイムも落ちると聞きます。

ここまでを踏まえて回答してもらいたい事を簡潔に書くと、
(1)ジョギングなど、脂肪を減らすことで遅筋が発達したら、短距離又は走り幅跳びの記録に支障はでてしまうか

(2)もし遅筋が鍛えられても、脂肪を落としきったところでもう一度速筋を鍛え直すことは可能か

できれば高校に入るまでになんとかしたいと思っています。
その他、筋肉量を維持したままできる脂肪の落とし方など、みなさんの知恵をおかしください!
乱文失礼しました、よろしくお願いします。

長文になってしまうので、読むのがめんどくさい方は、4段落目から読んでいただきたいです。
具体的なことは大きい段落にいっぱい書いています。

現在中学三年生、陸上部所属の女子です。
私は専門種目で主に走り幅跳びを、サブに短距離をしていました。
所属といってももう総体も終わり引退なんですが、質問があります。

話は変わるのですが、私は昔水泳をしていて、筋肉があるというよりは引き締まっている体でした。
それが小学校の中学年のころに水泳を辞めてから、かなり太って中学校に入学するころは少し...続きを読む

Aベストアンサー

少しだけ回答してみます。

1)脂肪を落とすこと≠遅筋を鍛えること です。
  別に遅筋の稼働率を上げるような有酸素系の運動(ジョギング等)をせずとも、摂取量さえ調整してアンダーカロリーにすれば、日々の生活のなかで自然と脂肪は落ちます。
運動しなければ脂肪は落ちないという認識は誤りです。

更にもう一つ、上手く脂肪だけを落として体重を軽く出来れば、陸上競技の成績は上がるでしょう。短距離はタイムが縮んで、走り幅跳びは伸びるでしょう。
体重という重りが軽くなるのだから、当たり前ですね。
ただし、これは減量時に筋肉を出来るだけ維持する必要があります。
体重を落とす際には、ほぼ例外なく筋肉も同時に落ちるので、これを出来るだけ防ぐ必要性が出てきます。

2)先述した通り、減量時には筋肉も落ちるため、これを防ぎつつ脂肪だけを狙い撃ちで落とす必要性があります。一番良いのはきちっとしたウエイトトレーニングを行うことです。

減量時に最も落ちやすいのは、重力に抗って活動するための、抗重力筋群(主に大腿筋群、脊柱起立筋群等体幹部)です。
支えるべき負荷である体重が軽くなるわけですから、それにあわせて筋肉群も萎縮します。
筋肉は、与えられた負荷に応じて適応するので、当然の反応です。
かなりの体重をしている人の脚がほぼ例外なく太いのは、単に脂肪で太いわけではなく、あの体重を支えるための筋肉で太いわけです。

少し話が逸れましたが、今の筋肉を維持しつつ、脂肪を落とすには、今与えられている負荷を落とさない事、もしくは今の筋力を維持すること、が肝要です。
例えば、減量に入る前にスクワットもしくはレッグプレスなどで、自分が現在10回繰り返し反復することが可能な重量(10RM)を割り出し、これを減量中も負荷、rep数をなるべく落とさず、キープすることです。
ただ、これは筋肉を維持するための方策であって、競技などではまた別の方法やよりよい方法があるかも知れないので、周りに詳しい人が居るのであれば、まず相談してみたほうが良いでしょう。
念のため、申し上げておきますが、ダッシュなどを多用しても、負荷が維持できない以上、効果的とは言い兼ねます。

それと、栄養的にはバランスよく絞る事が大事です。が、筋維持のためには、アミノ酸が必要です。筋肉も他の体組織と同じく、常に分解合成繰り返してますが、アミノ酸の代わりをする栄養素はありません。従って筋肉を維持するために、もっとも重要な栄養素はアミノ酸です。
で、炭水化物も運動を継続する上で必要です。
運動後にはGLUT4という糖を効率良く摂り込む機能が働き、筋肉に速やかにエネルギーを補充します。また、糖質を摂ったからといって、脂肪になったりはしません。

炭水化物は脂肪になりにくい栄養素です。
もしも、糖質が体脂肪に合成される際には、代謝上のロスが生じるため、通常はあまった脂質が体脂肪になるケースが殆どです。
ましてや、減量中に炭水化物が脂肪になることはまずあり得ないので、気にすることはありません。脂質を抑え目にしつつ、練習を続けることができる摂取量を、自分で調整しつつ、探りを入れながら割り出していく他ありません。

少しだけ回答してみます。

1)脂肪を落とすこと≠遅筋を鍛えること です。
  別に遅筋の稼働率を上げるような有酸素系の運動(ジョギング等)をせずとも、摂取量さえ調整してアンダーカロリーにすれば、日々の生活のなかで自然と脂肪は落ちます。
運動しなければ脂肪は落ちないという認識は誤りです。

更にもう一つ、上手く脂肪だけを落として体重を軽く出来れば、陸上競技の成績は上がるでしょう。短距離はタイムが縮んで、走り幅跳びは伸びるでしょう。
体重という重りが軽くなるのだから、当たり前ですね...続きを読む

Q陸上部です。鉄分について。

陸上部に所属している高校の男です。

自分は長距離をやっているのですが、いろいろホームページなどを見ていると「陸上の長距離選手は鉄分をとった方がいい」みたいなことが載っていました。そこで薬局へ行ってみて鉄分のタブレットなどを探したのですが、いろいろあってどれがいいかわかりませんでした・・・

そこで質問なのですが
1、長距離選手はやはり意識して鉄分を摂取したほうがいいでしょうか?

2、摂取したほうがいい場合はオススメのタブレットなどはありますか?

Aベストアンサー

長距離選手に鉄欠乏性貧血が多いのは、本当です。でも、現在、特に症状がないのなら、サプリメントで摂る必要はないでしょう。予防のためには、食事でしっかり摂りましょう。不足するかもしれないものをすべてサプリメントで摂ろうとするとお金もかかるし、かえって食生活のバランスを崩すこともあります。

鉄分が多い食べ物は、肉類(特にレバー)、あさり、しじみ、ひじき、のり、煮干し、大豆(加工品ならきな粉)、湯葉、小松菜、ザーサイ、パセリ、卵黄などです。

また、鉄分は口に入ったものがすべて吸収されるわけではありません。ビタミンCと一緒に摂取すると、吸収がよくなります。また、お茶、紅茶、コーヒーに含まれるタンニンは鉄分を吸着して吸収を阻害するので、食前食後1時間以内には飲まないようにしましょう。

貧血になると、ゆっくりなら走れるのに速く走るとすぐ息切れする、頭痛や肩こりが起こりやすい、全身がだるい、冷えやすいなどの症状が起こってきます。ひょっとして貧血かもと思ったら、内科で血液検査を受けて、確認しましょう。貧血でもほかに原因がある場合もあるので、自己診断で鉄剤を飲んでごまかさず、1度は必ず診察を受けましょう。

鉄欠乏性貧血と診断されたら、鉄剤が処方されるはずです。症状がなおっても、数ヶ月は飲み続ける必要があります。

体質的に貧血を繰り返しやすい場合は、食生活を見直すと同時に、サプリメントとして鉄剤を飲むのもいいと思います。

長距離選手に鉄欠乏性貧血が多いのは、本当です。でも、現在、特に症状がないのなら、サプリメントで摂る必要はないでしょう。予防のためには、食事でしっかり摂りましょう。不足するかもしれないものをすべてサプリメントで摂ろうとするとお金もかかるし、かえって食生活のバランスを崩すこともあります。

鉄分が多い食べ物は、肉類(特にレバー)、あさり、しじみ、ひじき、のり、煮干し、大豆(加工品ならきな粉)、湯葉、小松菜、ザーサイ、パセリ、卵黄などです。

また、鉄分は口に入ったものがすべて...続きを読む

Q陸上部です。朝練と休養日について・・・

現在高校2年生で陸上部に所属していて、中長距離をやっています。
最近タイムが伸び悩んでいるので、自主的に朝練を始めようと思います。
起床→体操→jog(2~30分)→ストレッチ→朝食
というのを考えているのですが、こんな感じで大丈夫でしょうか?もちろん、かなりの効果は期待してませんけど少しでも自分に+になるならと考えています。
あと心配なのはjog後の朝食ってとこなんですけど・・

それと部活は毎週日曜が休みなのですが、この日はホントになにもしなくていいもんなんでしょうか?
例えば軽くjogとかでもやらないほうがいいんですかね?教えてください。

Aベストアンサー

タイムが伸びない原因をまず探りましょう。長距離=長く走る練習だけでは記録は停滞します。あらゆる運動能力を発揮できてこそ記録向上に繋がります。
まず朝練を始める前に現状を確認すると練習の方向性が見えてきます。ダッシュ力・ジャンプ力・筋力などを総合的にコントロールテストをして、自分の長所・短所を確認しましょう。

コントロールテストの具体例では、30mダッシュ、200m走、立ち幅跳び、立ち3段跳び、立ち5段跳び、メディシンボール投げ(前後)、ウエイトトレーニング(ベンチプレス・スクワット・ハイクリーンなど)、腹筋30秒間、腕立て伏せ30秒間などです。毎日記録を取るといろいろとわかってきます。
確認できたら、朝練でできる内容を自分なりに割り振ってこなしてみてください。普段の放課後の練習ではできないことをやった方がいいでしょう。だんだん回数や強度をあげていくことも忘れずに。

走る前に軽く食事は取った方がいいです。胃に何も入ってない状態で動くと胃酸により胃が痛くなる場合があります。ほんの軽く食べ物を胃に入れておいた方がいいと思います。(個人の判断でもかまわないと思います。)

部活の休みは、休養という意味ではなく、自主練習と考えてください。疲労が強ければ完全休養でもいいですが、基本的には毎日練習を行い、走距離をこなしていった方がいいと思います。

タイムが伸びない原因をまず探りましょう。長距離=長く走る練習だけでは記録は停滞します。あらゆる運動能力を発揮できてこそ記録向上に繋がります。
まず朝練を始める前に現状を確認すると練習の方向性が見えてきます。ダッシュ力・ジャンプ力・筋力などを総合的にコントロールテストをして、自分の長所・短所を確認しましょう。

コントロールテストの具体例では、30mダッシュ、200m走、立ち幅跳び、立ち3段跳び、立ち5段跳び、メディシンボール投げ(前後)、ウエイトトレーニング(ベンチプレス...続きを読む


人気Q&Aランキング