事故に合い救急車で病院に・・・。
頭を打ったためCTを撮りました。
支払いは「交通事故なので保険が効かない」と言われたの
ですが、後で任意保険の担当の方には「実は使えるんですよ」と言われました・・・。
『厚生省』で、交通事故での保険は使えないと言っている
病院には指導がなされるという話でしたが。。。

その病院に言えば戻ってくるのでしょうか?
6万円も払ったのでイタイ出費でした・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

事故に遭った経験者として、回答させていただきます。


この場合は、事故の過失割合にもよると思います。
例えば、
(1)あなたが100%被害者(相手の過失割合が10割)だった場合
(2)あなた:相手の過失割合が、3:7だった場合
だと、保険をつかうのと使わないのとでは、おおきな違いがあります。

今回の診察料でいうと、
(1)の場合・・・6万円は、後で相手側の自賠責や任意保険から返金されるの
(相手はちゃんと保険に入ってますよね!?)で、一時立替となりますが、
ちゃんとした保険会社なら、すぐに診察の支払い手続きをしてくれるはずです。
(当然、支払った分の清算もやってくれるはずです。)

(2)の場合・・・あなたの自己負担分が、6万×30%=1.8万円となり、自己負担分を減らす為に、健康保険を使ったほうがよいと思います。
(本人なら、1.8万円×2割?=0.36万円の自己負担ですみます。)

病院の理由からとしては、保険を使った診療報酬と、自由診療(健康保険を使わない診療)報酬では、単価が違う(健康保険診療<自由診療)ので、自由診療をしたがるという話を、よく聞きます。

あなたの事故の状況がわからないのですが、(1)か(2)に当てはまると思います。
参考にしてみてください。

P.S 自動車事故なら自分の保険会社に連絡してます?
    もしまだなら、すぐ連絡を!!

from 追突事故経験者(被害)より
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

相手の自賠責を使うと相手の方に負担がかかったりするのでしょうか???
今は訳がわからずパニクっています。
初めての事故なので・・・。

お礼日時:2001/02/23 01:36

追加です:


自賠責保険で保証される部分は、あくまで人身の部分のみで、物損(車関係)の部分はでません。
自分の保険で、車両保険に入っていないと保証はたしかされなかったと思います。

自分の任意保険は、対人:対物は1000万円以上は入ってます?
(本当は両方とも無制限の方がいいのですが。)

今回の事故は、御自分も大変でしょうが、扱いはあなたが加害者になるので、
相手への誠意もちゃんとしてあげてください。
(金銭的な部分は保険会社に任せて、それ以外の保険会社ではサポートできない部分を。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

対人は無制限で
対物は1000万円でした。

相手の方にはしっかり連絡を取っております。
今回は相手の方にも負担や迷惑がかかるのを避けて
『人身事故扱い』を示談にすることにしました。

本当にいろいろありがとうございました!!!

お礼日時:2001/02/24 06:56

うろ覚えですが(自分の保険会社の担当者に聞いてみてください)、今回のあなたの場合、過失割合がついているので、相手の自賠責保険に請求はできたと思います。


また、相手の自賠責保険を使用しても、相手には迷惑はかからなかったと思います。(書類上の手間は相手の保険会社などに発生するかもしれませんが。)

とはいえ、残念ながら8:2の過失割合がついているので、満額はでなと思っておいた方がいいと思いますよ。
    • good
    • 0

皆さんが回答されているとおり、保険で診療はできますがあくまで保険が立て替えて、その後加害者に請求します。


ところが、病院は保険診療をしたくない理由があります。診療は点数で計算しますので、たとえば初診料○○点、薬剤料○○点、検査料○○点とそれぞれを合計し、その点数に10円を乗じたものが保険の診療費です。(患者は保険の種別により診療費の2割又は3割を自己負担)しかし、交通事故は加害者がいるので本来保険診療の対象外(使えるというのは保険の立替です)となり、自由診療ですから1点につき20円でも30円でもその病院の営業方針で自由に定められます。従って自賠責や任意保険へは高く請求でき、当然収入も多くなります。そうすると支払う側の保険会社は金額が高いので健康保険を使った1点10円の診療費による請求をして欲しいわけです。通常は自賠責や任意保険の補償額を超えてしまったときに、保険の了解を得て病院が保険扱いをします。第三者行為はあくまでもその原因者が支払う義務を負うものですので、6万円は加害者に請求する性質のものです。自損事故でしたら請求できませんが、、、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

あきらめるしかないのですね・・・。
今回は良い勉強になりました。。。

JAFに入っていたのにレッカーを別で呼ぶことに
なって結局4万払う結果になってしまったり・・・

無知だったため出て行くお金も多かったです。

お礼日時:2001/02/24 06:51

前述のkyaezawaさんの回答で間違いありません。


ここでは、要約させていただきます。
事故の過失、不過失に関わらず、全ての交通事故において
保険(社会保険、国保)が使用できます。
病院側は手続きの複雑さなどから「交通事故なので保険が効かない」と言います。
(これって詐欺罪?)
病院へ行って「役所では保険が使えるといわれた」と言って戻してもらいましょう。100%OKです。
もし、それでも保険が使えないというのだったら「詐欺罪で告訴する」と脅しましょう。
また、その病院名を公表しよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

看護婦さんは自信たっぷりで「使えません」と言っていましたので「ああ。そういうものなんだー」と思いました。

友達の看護婦さんにも聞いてみたところ
「保険は事故には効かない」と言っていたので
看護婦さん自身も知らないものなのかもしれない・・・と
思いましたが・・・実際はどうなのでしょう。。。

お礼日時:2001/02/23 01:46

自動車事故の被害者になったとき、その治療に必要な医療費は、原則として加害者が支払う損害賠償金の中から支払われるべきものです。

ですから、医療費は全額加害者負担にし、そのつどかかった医療費を支払ってもらえば一番よいことになります。

ところが、実際問題として、良心的な加害者ばかりいるわけではありません。

また、加害者に支払い能力がないこともあります。それではさしあたって必要な病院への支払いに困ってしまいます。自費診療では被害者の負担がたいへんです。

そこで、とりあえず必要な治療費は健康保険組合が一時立て替えてもよいことになっています。つまり、被害者となった人は、まず健康保険で治療を受けることができるわけです。

このように、健康保険で治療を受けたときは、健康保険組合が後日加害者に対して、治療に要した費用を請求することになります。そのために、自動車事故によるけがの治療を健康保険で受けたときは、できるだけすみやかに「第三者行為による傷病届」(用紙は健保組合にあります)を健康保険組合に提出してください。
なお、健康保険で治療を受けたときは、示談する前に健康保険組合に治療の終了(含む症状固定)報告を書面(様式自由)にて行ってください。勝手に加害者と示談しないことです。

参考URL:http://www1.neweb.ne.jp/wb/horai/032/INDEXETC2-0 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

こちらが不利の8:2でもこちらが被害者になるのでしょうか???(相手の方はケガ一切なしの状態です)

ただ相手の方はとても良い方ですので
相手の方にいろいろ負担になることは避けたいです。

相手の方は任意も車両も入っていました。

お礼日時:2001/02/23 01:42

 恐縮ですが、お差支えのない範囲で事故の状況を教えていただけないでしょうか?また任意保険の担当の方とはご自分側のかたですか?また病

院は、どういった病院でしょうか?

この回答への補足

事故状況は正面衝突で、相手は前から来て
こちらは右折する際の瞬間です。
信号のある交差点内です。

どちらもスピードはそれほど出ていません。
ですが、こちら側がシートベルトをしていなかったため
頭をフロントガラスで打ち救急車で病院に運ばれました。

結局8:2でこちらが不利な状況です。

任意保険の担当の発言の方は、こちら側のM井海上火災さんです。

運ばれた病院は市民病院です。
出勤途中の事故ですので、勤務先会社に『労災』について
尋ねると「手続きが面倒なので遠慮して欲しい」との返事
でした。

この6万円については、泣き寝入りでしょうか?

補足日時:2001/02/23 01:28
    • good
    • 0

追加です。

第三者行為といいます。届も必要です。

参考URL:http://www.city.uozu.toyama.jp/uozu/jp/tebiki/14 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
まだ頭の中がパニック状態で・・・
考えても考えてもお金のことでいっぱいです。
廃車代金とか、レッカー代金(4万2千円)とか
次の車を買う代金とか・・・。

がんばって解決していきます。

お礼日時:2001/02/23 01:33

使えますよでも、それはただ代金を立て替えるだけです。

最終的には加害者が払う事になるでしょうね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自賠責の通院慰謝料の計算の仕方で・・・

自賠責の通院慰謝料の計算の仕方で2とおりの計算がありますが、通院4ヶ月で示談した場合は、全体の慰謝料の計算方法が変わるというのを聞いたのですが、さがるのでしょうか?自賠責基準の計算方法以外にもあるのでしょうか?
ちなみに月に15日通院で3ヶ月の慰謝料と4ヶ月の場合の慰謝料の計算のしかたを教えてください。

Aベストアンサー

自賠責基準での慰謝料はさがることはありません。
対象日数×4200円で固定です。
3ヶ月と4ヶ月で慰謝料が変ってくるのは任意基準ですね。
ご質問のケースは3ヶ月では自賠責の限度額内で収まるが、4ヶ月だと自賠責基準を超えるというような場合ですと、慰謝料が下がることもあります。

慰謝料の詳しい解説は下記HPを参照して下さい。
http://homepage3.nifty.com/rines/jikopage4.htm

参考URL:http://homepage3.nifty.com/rines/jikopage4.htm

Q傷害保険もしくは普通のアフラックなどの保険で言う事故(交通事故以外)とはどのような事をいいますか?た

傷害保険もしくは普通のアフラックなどの保険で言う事故(交通事故以外)とはどのような事をいいますか?たとえば、わたしの家系は風呂で心臓発作か脳血栓などでたおれ溺死をすることが多いのですがこれは事故に当たり保険はでますか?

Aベストアンサー

>わたしの家系は風呂で心臓発作か脳血栓などでたおれ溺死をすることが多いのですがこれは事故に当たり保険はでますか

出ません、それは病気です
原因が何か?で決まります
階段から転んだとか、急激で外来的な要因が怪我です

Q自賠責の慰謝料

自賠責の慰謝料

通院の場合、1ヶ月につき15日を超えた分の慰謝料は支払われない(4200円×15日×2=MAX126000円)と聞きましたが、これは月ごとの計算なのでしょうか?例えば先月20日通院・今月10日通院の場合、先月分はやはり15日分の慰謝料なのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責の慰謝料計算は、治療日数×2または治療期間の少ない方を基準にします。

例えば治療期間(初診日から完治した日までの期間)65日

治療日数(実際にその間医者にかかつた日数)30日

30×2は60

65>60なので 60日を基に計算します。


60×4200 252000円が慰謝料ということです。

慰謝料を求める上で 大切なのは、完治するまでとの位の期間と 何日治療したかになります。

ひと月ごとに区切って計算はしないはずです。

完治するまでの期間全体で 何日治療したか。

ご質問の件ですがもしかして

ひと月(30日)で完治して 18日通っていたら

18×2で36日 治療期間の30日の方が少ないので30日を用いて計算します。

これと勘違いされてませんか?

Q交通事故に遭い病院に通院したが、交通費はいくら。

おたずねします

交通事故に遭い病院に通院してましたが、交通費はいくら
いただけますか?

・事故は100%相手の過失です。
・3つの病院に通院してました。
・2つ病院は距離は2km未満。
・残りの病院は5kmぐらいです。
・自転車、徒歩で通院した日もあります。

通院交通明細書を提出しなければなりませんので、よろしく
お願いします。

Aベストアンサー

(2×2)×通院日数×2か所×15円+(5×2)×通院日数×15円。
病院までの往復の距離×15円で出します。
自転車・徒歩は請求できません。
全て自家用車で通院したんでしょ(ほんまかいな!)。

Q自賠責の障害慰謝料と後遺障害慰謝料について。

自賠責に人身障害(慰謝料)として120万まで認めるとありますが、120万を全額使用(被害者請求で休業損害損 治療費 慰謝料で)している状態で後遺障害が認められた場合は支払われないのでしょうか?
別に後遺障害慰謝料としてしはらわれるのでしょうか?よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

基本的に「傷害」「後遺障害」「死亡」はそれぞれ分けて考えられます。

例えば交通事故で受傷後、数日間の治療の甲斐もなくに死亡に至ったとします。
この場合死亡の補償は当然ですが、そこに至るまでの治療に対しても補償されることになります。

参考URL:http://www.shin-y.com/jiko4.htm

Q保険を使わずに示談したいと交通事故の加害者から言われましたが。。。

車に轢かれて軽傷を負いました。入院するほどではなく、全治1週間ほどです。
この程度なら損害額もそれほど多くないので、保険を使わずに示談したい、と加害者から言われました。でも、後遺症が出ないとは断言できないし、不安です。
自分としては、保険会社相手なら面と向かっていろいろ言いやすいと思うので、たとえ損害額がそれほど多くなくても、保険で処理してほしいと思っています。
損害額がそれほど多くなければ保険を使わないのが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

現実的な解決方法としては#3で書かれてあるような順序がいいでしょう。
ただし、警察への事故届が人身事故扱いでないと、保険ではものに対する補償しかえられません。

houstonさんにアドバイスとなると、まず警察への人身事故としての届と、相手に保険会社に事故報告をしてもらうように話をすることですね。

Q自賠責保険の慰謝料に詳しい方

期間は4月5月の合わせて60日です。自賠責保険で貰える慰謝料は4月に15回、5月に15回病院に通ったのと、4月に25回、5月に5回病院に通ったのでは貰える慰謝料は同じになるんですか?

Aベストアンサー

治療費がいくらであるかは、治療の内容によりますので、なんともいえませんが、軽傷でリハビリ中心の通院であれば、大体1日8000円~1万円といったところではないでしょうか。
ちなみに、健康保険を使ったら1500円という治療を、自由診療で受けると1万円くらいになります。

毎月月末締めで翌月の中・下旬に、病院・接骨院から加害者の保険会社へレセプト(診療報酬明細書)が送付されます。これには、その月の通院日や治療費の額などが記載されています。

ですから、加害者の保険会社に問い合わせれば、レセプトが届いている月の分までは円単位までわかります。病院・接骨院に問い合わせれば、直近の通院日までの治療費がわかるはずですが、病院・接骨院によってはすぐに集計できない場合もあります。

Q2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日

2月16日に追突事故発生して相手の過失が80%で私の通院が救急病院に1日整形外科が11日鍼灸に10日の通院で5月1日に整形外科の先生と話して終了することにしたのですが慰謝料等のお金はいくらぐらいもらえるのでしょうか?病院、鍼灸迄の距離は往復5キロぐらいです。慰謝料の他にもらえるものとかも有るのでしょうか

Aベストアンサー

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低い場合の例ですが、新車購入の際の税金・登録諸経費など
6、あとは慰謝料(最低額でも@7000円前後とは思いましたが、A:打撲。B半身不随だと、勿論違います)
7、後遺障害の際の保障、後遺障害の際の慰謝料。
(6番は事故のみです。 7番と合算ではありません。よって2つの慰謝料)
8、そんなところかな??
ーーーーー
当方か過去、交通事故の被害者で弁護士を立てないで裁判を行いました。
保険屋・自賠責 < 過去の判例 < 請求額の順番です。

よって、例えば裁判で、
Aの請求をします=その理由として、過去の判例○○を証拠として提出します。とか
証拠集めが重要です。^^

そこまでぐちゃぐちゃ、ならないことを祈ります^^

当方の過去の回答履歴からお望みの回答は探せると思います。
ただ確認ですが、任意保険は加入していると思いますので、保険屋+弁護士特約が一番手っ取り早いです。
ーーーー
1、ケガの治療費
2、車を運転できなければ、治療の際の公共のバス代、それも無ければタクシーの順番
3、有給休暇で処理できない+会社を休まざるを得ない。
というのであれば、「逸失利益:いっしつりえき、といいます」本来貰えるであろう金額
4、車輌の修理代、その際のレンタカー代、
5、車輌が年代車で、修理代金より査定額が低...続きを読む

Q自賠責の120万円を超えると慰謝料がやすくなる??

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減ってしまうという事なのでしょうか?何処かで 自賠責基準<任意基準<弁護士基準見たいなのを見た気がするのですが気のせいでしょうか?

(2)自賠責の120万円は慰謝料よりも治療費に充てられたという考え方で良いですか?

(3)だとすると自賠責の120万を超えないようにしなくてはいけないという事ですよね?
 自由診療だと1点当たりの値段が医者によってバラバラだそうですがそれでは何を基準にして
 治療費を見極めればよいのでしょうか?例えば医者に直接治療費を聞いたりしたら教えてくれる
 ものでしょうか?逆に保険会社に問い合わせたら教えてくれますか?

(4)難しい質問だと思いますが腰を痛めて数回のレントゲン、痛み止めやシップ、リハビリ等の治療を
 行い40回程、通院した場合、慰謝料等含めて120万円超えてしまうと思いますか?自転車の弁償は自賠責関係ないですよね??

御指導宜しくお願い致します。

参考

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1462191964

お世話になります。

現在交通事故の怪我で通院中です。過失は今のところ0らしいです。(自賠責の限度を超えると過失が発生するのでしょうか?以前の質問でそのような回答を頂きました。)

別のサイトの同じような質問を探していると


232日の治療期間で 232×4200で974000円(実治療日は118日)の慰謝料が発生ではなく
任意基準で642000円となったそうです。さらに相手の任意保険会社も偶然私と同じでした。
そこで幾つか質問させて下さい

(1)治療費+慰謝料等の合計で120万円を超えてしまった場合、慰謝料が減って...続きを読む

Aベストアンサー

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日)単位で慰謝料の日額単価は逓減していきます。
ご質問のケースで、実治療日数118日であれば治療費・通院交通費など他の損害額が226,000円以内に収まらないと、保険会社は任意保険基準で慰謝料を算定します。治療費は、健康保険を使用した場合でも、本人負担分だけでなく、健保負担分も合わせた額ですから、まともな治療をしていたなら収まるはずがありません。
ちなみに、ご質問のケースで、任意保険が642,000円であれば、弁護士基準でも970,000円程度になるはずです。

(2)違います。そもそも慰謝料の算定基準が違うだけで、治療費・有職者の休業損害など実損害額の算定基準は、任意保険・自賠責保険・弁護士基準でも同じです。
ただ、健保の使用で治療費を抑制することは、自賠責限度額を有効に使う上で必要なことです。

(3)治療費の累計額を把握している医師は少なくないですか。個人医でも、医療事務スタッフが健保・損保への請求をしているはずですから。対人一括払いの場合、病院は毎月、診断書と診療報酬明細書(レセプト)を、月末締めで翌月中・下旬に損保に送付します。レセプトに毎月の治療費の総額が記載されていますから、それで確認できます。また、レセプトの送付時期に病院の会計窓口の人に尋ねると、教えてもらえると思います。

(4)健保使用であれば、治療費+慰謝料では越えません。休業損害があれば別ですが。自転車の賠償は物損ですから、自賠責は無関係です。

(1)自賠責基準は、損害額が120万円の自賠責限度額に収まる場合のみ適用されます。120万円を1円でも越えると、任意保険基準でり算定となります。(リンク先の回答では、この原則を誤って理解しているものがあります)
自賠責基準の慰謝料は、事故から何カ月経過しようと、慰謝料の日額単価は4,200円で定額です。しかし、裁判所は「慰謝料の日額単価は事故からの経過日数により逓減する」という考え方を取っているため、任意保険基準では事故後4カ月目から、弁護士基準(赤い本)では事故後2カ月目から、1カ月(30日...続きを読む

Q交通事故 人身事故 保険の支払金額 について

ひと月ほど前、人身事故を起こしてしまいました。 

相手は、軽いむち打ち(事故の時は、元気でした。こちらの保険会社の人にも、人身にしなくてもいいと、最初は言っていたそうです。)

その方は、60才過ぎの男です。保険会社の人によると、下記のことを話してくれました。

日給 1万円(建設現場作業員)  この3ヶ月は、21万、19万、14万と稼いでいたそうです。(金額は少し、違うかもしれません。)

まだ、その会社に就職して間がないとのことで、源泉徴収とか無いそうで、ここ3か月の給料から、支払金額を下記のように決めたそうです。

上記の3ヶ月の稼ぎを、90日で割って、1日当たり、¥6556 が支払金額だそうです。 

よって、21日通院、支払金額 ¥137,676 になるそうです。

あいては、日給1万円で、21日通院だから、21万円欲しいと主張されでいるそうです。

保険会社の人が払えないというと、私にその差額を支払ってほしいと伝えてくれと言われたそうです。

保険会社の人が、「どうされますか?」と私に訊ねてきて、困っています。

もちろん義務はないそうですが、一度払えば、通院する限り、「毎月差額 約¥65000を支払わなければいけなくなりますよ。」と言われました。

今の生活は、結構、いっぱいいっぱいです。 10万円位の見舞金なら、なんとか出せるかもしれませんが、これからずっと、差額の¥65000を払うことはできません。

保険会社に全部まかせて、支払を拒否する、または、誠意を見せて、少しばかりの見舞金を払うべきか、迷っています。

よろしくお願いします。

ひと月ほど前、人身事故を起こしてしまいました。 

相手は、軽いむち打ち(事故の時は、元気でした。こちらの保険会社の人にも、人身にしなくてもいいと、最初は言っていたそうです。)

その方は、60才過ぎの男です。保険会社の人によると、下記のことを話してくれました。

日給 1万円(建設現場作業員)  この3ヶ月は、21万、19万、14万と稼いでいたそうです。(金額は少し、違うかもしれません。)

まだ、その会社に就職して間がないとのことで、源泉徴収とか無いそうで、ここ3か月...続きを読む

Aベストアンサー

まったく支払う必要はありません。保険加入は万が一の事故にそなえ支払いが出来ないために加入しているものです。
保険屋が払えないものは基本的に法的賠償義務がないものです。
したがって、負担する必要はありません。
保険屋は、被害者からそのような要請を受けたから、契約者に伝えただけのことで、法的義務のないものを原則払うことはありません。

賠償については保険屋に任せ一切関わる必要はありませんし、毅然とした態度で構えていることですね。
加害者だからといって、卑屈になることはありませんよ。

ただ、加害者として少しでも早くに円満示談解決を計りたいということであれば、多少の気持ちを上乗せすることを否定するものではありません。

いつまで通院されるかわからないものなら、今のところ差額負担など考慮しなくても良いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報