プロが教えるわが家の防犯対策術!

普段,あまり活字を読もうとしない私が,今,国語辞典で,単語の意味を調べつつ,頑張って読んでいる本があります。それは、NHKbooks出版、柏木博著の「デザインの20世紀」です。

その本の中で,数回「目もあやな」という言葉が使われています。意味が分かりません。国語辞典にも載っていません。やはり意味が分かりません。

文中では,
  アール-ヌーウ゛ォーは、それまでの歴史的様式に見られない,自在な装  
  飾であり,それは新たな感覚,そして新たな生活様式を求める気持ちに   
  見合っていた。それは,かつての支配階級とは異なった,新たな支配階
  級である産業ブルジョワジーに迎え入れられた。ウ゛ァルター-ベンヤミ
  ンは「そこから目もあやな幻像が発生する。」と述べている。
                という風に、出てきます。

 誰か,「目もあやな」の意味を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

『目も綾な』



『目も覚めるほどきらびやかである』という意味だそうです。

http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_prin …

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_prin …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとございました。「あや」は,「綾」だったんですね。
「あや」だけでは,文様という意味しかないのに,「目もあやな」になると,人が、文様を見た時の印象を意味さすようになるのが,面白く思います。

お礼日時:2003/01/05 00:29

辞書に載っています。



「目」の項目の用例にあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありました。ありました。「目もあやに」で載っていました。
「2:目もつぶれるほどひどい様」という意味が印象的ですね。

お礼日時:2003/01/05 00:21

けばけばしい,華やかな



などと同じような使われ方をされますね。
多くの場合は華やかなという意味で使うことが多いです。

この回答への補足

ありがとございます。「けばけばしい」ということは,同じ「はなやか」でも,少し下品な意味を含んでいるんですか。

補足日時:2003/01/05 00:11
    • good
    • 0

目もあやにの形容詞だと思います。



詳細は、参考URLを。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/cgi-bin/jp-more_prin …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとございます。参考URL、参考になりました。
意味も分かりましたので,また本の方,頑張って読みすすめていきますね。

お礼日時:2003/01/05 00:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水際立つ(みずぎわだつ)の語源は?

水際立つ(みずぎわだつ)の語源は何でしょうか?
美しい日本語だと思いますが、どこかあやふやなかんじです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松島などの海と陸との境の事です。
間違っても東京湾を連想なさらないでください。^^

九十九里浜などを遠く見渡すと、
延々と見える水際が最も目にとまります。

現在では、空気が汚いので限界がありますが、
かつては、

20キロぐらいは見えるのではないだろうか?
このぐらいの絶景であったようです。

景色で、最も、すごい。^^
こう見える部分。
最も美しい部分です。

Q古語で何と言うのですか?「好き」

「好き」は、古語で何と言うのでしょうか?
これかな…と思うものは、辞書で調べてみたんですが、少しニュアンスが違ってて、ここに質問させてもらいました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「好き」「好く」では駄目なわけですよね?
ニュアンスがよく判らないのですが、例えば
「愛し(かなし)」とか、「好まし」「好み愛す」「好む」「好もしがる」とか、「恋」「恋し(こひし)」とか。
気に入ったという意味なら「心に入る」「心に付く」「心付く」「心に懸かる」「心寄せ」とか。
あまり古文は得意ではないのですが、参考になれば幸いです。

Q戦国武将が戦いの前にする「名乗り?」文句について

時代劇などで「やあやあ我こそは~」という名乗りのような文句をいう場面がありますが、あれをなんと言うのか、どのような内容のことをいうのか知りたいのです。詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「名乗り」でよいと思います。
楠木正成や足利尊氏の活躍した、太平記の時代までは行われ、自分の姓名や家系などを大音声で敵味方に知らしめてから戦に入ります。
名乗りを上げている間は矢を打ってはいけないしきたりでしたが、元寇はそんなことは知りませんから、名乗りの間に日本の武士はばたばたと討ち取られ、戦国時代に集団戦に移行すると廃れてしまいました。


人気Q&Aランキング