外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

BackupExecでバックアップをしていますが、
そろそろテープ装置をクリーニングしたいと思い調べてみると
管理者ガイドなどには「ロボットライブラリのデバイスを指定」
などと書かれていますが、現在、運用しているのはサーバ1台で
スタンドアロンドライブしか存在していません。
なので、タスクペインにある「デバイスタブのクリーニング」欄は
選択ができません。

この場合は、どう操作すれば良いのか分かる方教えて頂けません
でしょうか?単にクリーニングテープを装置に入れればクリーニング
されるのでしょうか?
どうぞ、よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 単にクリーニングテープを装置に入れればクリーニングされるのでしょうか?



そうです。
ただ、メーカー指定のタイミング以上にクリーニングするのはいたずらに
ヘッドの寿命を短くするだけです。

この回答への補足

dyna_1550さん、早速ご回答頂きありがとうございます。
そうなんですか、ロボットライブラリの時のみタスクペインの
「クリーニング」が利用できるという事ですね。

「スタンドアロンドライブ」のデバイスを選択して表示される情報に
「最新のクリーニング日」と表示がありますが、テープを入れて
自動的にクリーニングされるとこの情報も更新されてクリーニング日
がその実施日になりますでしょうか?
それとも、ロボットライブラリにおいて明示的にタスクペインで
「クリーニング」を実施しないとこの情報は更新されないのでしょうか?
デバイスのプロパティに「クリーニング情報のリセット」とあるのは
単に前回実施した情報が消去されるだけでしょうか?それとも、
まずはこれを実施していてから、テープを入れて自動でクリーニング
をさせるべきものなのでしょうか?
申し訳ありませんが、また教えてください。よろしくお願いします。

補足日時:2008/10/02 01:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

dyna_1550さん、回答頂きましてありがとうございました。

この機会(メーカー推奨の期間)にクリーニング操作をしてみました。
クリーニングテープを入れる事のみでクリーニングされるとの事でした
ので、クリーニング実施後にテープが自動的に排出されました。
「最新のクリーニング日」については、自動的にクリーニングされた
段階では最初の日付しか表示されていなかったので自動では更新
されない様です。

「クリーニング情報のリセット」を実行する事により、
「最新のクリーニング日」がその実行日時になりました。

ご覧頂いた方のご参考となればと思います。
ご欄頂いた方も、ご意見頂いた皆様もありがとうございました。

お礼日時:2008/10/02 09:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QHDDの不良ブロックの解消方法を教えて下さい。

デスクトップPCで、立ち上げ時にHDDアクセスランプが付きっぱなしで
その間、約5分間位アクセスできない状態になります。
イベントログのシステムで調べたところ、イベントID=7で下記のエラー
が6秒おきに出されていました。そこで、DドライブをOSのフォーマットを行ってみましたが、変化無しでした。ちなみに立ち上げ後は、C,Dドライブ共に正常に読み書きはできます。何かエラーの解消方法はありますでしょうか。すでにかなりのファイルが入っているので物理フォーマットは避けたいところですが。

----- ここから
デバイス \Device\Harddisk0\D に不良ブロックがあります。

詳細な情報は、http://go.microsoft.com/fwlink/events.asp の [ヘルプとサポート センター] を参照してください。
----- ここまで

Aベストアンサー

ハードディスクには、多少の余裕の領域が用意されていて、
不良ブロックがあれば、代替処理を行うことで「その部分」を利用しなくなります。


マイコンピュータから、Dドライブのプロパティを開き、ツールの中の「エラーチェック」を行ってください。
※名称がちょっと違うかも。
レ点をつける個所が2つあると思います。
両方付けて実行ですが、念のため、事前に別媒体へのバックアップも検討してください。
再起動時にチェックが行われ、必要な代替処理を行ってくされます。

破損個所が広がるとデータ破損も拡大することを忘れなく。

Qドメインの一般ユーザーにローカルの管理者権限を付与したい

ドメインの一般ユーザーにローカルコンピューターの管理者権限を付与する方法を教えてください。ドメイン管理者のパスワードは知っています。

Aベストアンサー

Windows XPと仮定して。
1.ローカルコンピューターにドメイン管理者のアカウントでログオン。
2.「マイコンピュータ」を右クリック⇒「管理」
3.「コンピュータの管理」画面⇒「システムツール」⇒「ローカルユーザーとグループ」⇒「グループ」
4.「Administrators」を右クリック⇒「グループに追加」
5.ドメインの特定のユーザー(あるいは、Domain Users)を追加
でできるはずです。

QBackupEXECの追記期間、上書き禁止

お世話になります。

ちょっと変な質問になるのですが、どなたかBackupEXECの動作について教えて下さい。
テープではなく、ストレージ上にバックアップする時の動きが今ひとつ理解できません。

メディアのプロパティに追記期間と上書き禁止期間の設定項目がありますよね。
で、
◆上書き禁止有効・追記不可→新しいファイルを作成してバックアップする。
back01.bfkが既にあればback02.bfkというファイルが出来上がる

◆上書き禁止無効・追記不可→既存のファイルを置き換えてバックアップする。
back03.bfkが既にあればback03.bfkファイルの更新日時が変わる

ここまでは動きとして理解したんですが、
◆上書き禁止無効・追記有効
◆上書き禁止有効・追記有効
の動きがよくわからない・・・。誰か分かる方いらっしゃいますか?



余談ですが、例えば5世代でバックアップしてたものを3世代に変更したとき、上書き可能3世代分のうち2世代って自分でフォルダまで行って手動削除しないとダメですかね?
EXEC上で上書き禁止期間短くしても、その後の動きが変わるだけでbkfファイル数が減ってくれなかったんですが・・・私の設定が悪いのかな。

お世話になります。

ちょっと変な質問になるのですが、どなたかBackupEXECの動作について教えて下さい。
テープではなく、ストレージ上にバックアップする時の動きが今ひとつ理解できません。

メディアのプロパティに追記期間と上書き禁止期間の設定項目がありますよね。
で、
◆上書き禁止有効・追記不可→新しいファイルを作成してバックアップする。
back01.bfkが既にあればback02.bfkというファイルが出来上がる

◆上書き禁止無効・追記不可→既存のファイルを置き換えてバックアップする。
back03.bfkが既にあ...続きを読む

Aベストアンサー

ここ数年BackupExecとは離れているのでうろ覚えですが…

> ◆上書き禁止無効・追記有効

追記できれば追記して、出来ないようであれば上書きする、という動きだったと思います。

> ◆上書き禁止有効・追記有効

これは追記のみ許可するパターンですね。追記できない場合はエラーになったと思います。

> bkfファイル数が減ってくれなかったんですが

ディスク上のメディアをBackupExecから消去しても、ファイル内容が初期化される(サイズも1kb程度になる)だけでファイル自体は削除されなかったと思います。

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.

Qディスク上のサイズとサイズはどうして違うんですか?

ファイルのプロパティ「全般」タブに表示されている「サイズ」と「ディスク上のサイズ」は、どっちが本当のサイズなのでしょうか?
どうしてサイズが違うのですか?
メールでファイルを送るときは、どっちのサイズを見ればいいのでしょうか?
これについて詳しく解説しているページがあったら、それもぜひ教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「サイズ」はファイルの本当の大きさ、
「ディスク上のサイズ」はファイルが記録されているクラスタを合計した大きさです、
OSはファイルを幾つかのクラスタ(OSが管理するハードディスク上のブロック
の最小単位)を使ってHDDなどのメディアに保存します、

基本的に今のWindowsでは4KBのクラスタサイズで管理しているので例え1バイトのファイルでも「ディスク上のサイズ」4KBのサイズになってしまいます、
つまり常に「ディスク上のサイズ」の方が大きくなっているはずです、

メールに添付する場合は「サイズ」を確認するだけでOKです。

QDirコマンドでフォルダ内ファイルの合計サイズをだすには?(コマンドプロンプトにて)

いろいろ調べましたが不明な点があり、質問します。

WindowsのDOSプロンプトでdirコマンドを打つとフォルダ・ファイルの一覧が表示されますが、その中にファイルサイズが表示されています。
このサイズを合計できるコマンドはありませんか?
DIRコマンドのオプションを調べましたがそれらしいものが見当たりません。
具体的には
C:\xxx\配下に50個程度のファイルがあります。
その50個の合計サイズを知りたいです。
xxxフォルダの親フォルダにはアクセス不可です。

ずーっと悩んでいます。よろしくお願いします。

なお、OSはWindowsNTか2000で使用予定です。

Aベストアンサー

カレントドライブ、カレントフォルダを
C:\xxx\
にした状態で、

dir /s /a-d

/sパラメータででサブディレクトリすべてを検索
/a-dパラメータでディレクトリ以外のファイル(つまり属性に関係なくすべてのファイル

これを実行すると最後にファイルの個数とファイルサイズの合計を表示します。

もし、隠し属性のファイルは合計しないのであれば、

dir /s

だけで良いと思われます。

Qデータベース内のテーブル名の取得

お世話になります。
初心者的な質問でしたらすいません。
SQL文にてデータベース内のテーブル名を
調べることができると聞いたことがあるのですが、
可能でしょうか。

もし、可能であれば、SQLの記述を教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

select * from tab;

私の場合、テーブル名だけ手っ取り早く知りたいとき、↑を打ちます。その他の情報も知りたいときは#2さんの仰るとおり、user_tablesで取得します。

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Q複数の端末にpingを打つbatファイル

複数の端末にpingを打つbatファイルを作成したいと思います。毎回多数ある端末に手動でpingを打って疎通確認するのは面倒なので。
コマンドプロンプトの画面は消さずに表示させたままにして、結果を確認できるbatファイルをどう書けばいいか教えてください。

Aベストアンサー

ANo.1

ping ipアドレス1
ping ipアドレス2
ping ipアドレス3
ping ipアドレス4



だね。

QDomainAdminsとAdministratorsの違い

domain環境におけるDomainAdminsとAdministratorsの違いは
何でしょうか?下記Microsoftのサイトで確認しましたが、同じに思えます。
http://technet2.microsoft.com/WindowsServer/ja/library/1631acad-ef34-4f77-9c2e-94a62f8846cf1041.mspx?mfr=true
相違点を教えて下さい。

Aベストアンサー

例として,次のようなWindowsPC群があるとします。
  2台のドメインコントローラ…DC1とDC2
  ワークグループ状態の4台のPC…WS1,WS2,WS3,WS4
個々のPCには,各々のPC1台だけを管理するグループとしてAdministratorsが存在します(注:DC1,DC2は複製なので合わせて1台扱いです)。
WS1~WS4をドメインに参加させると,ActiveDirectory上のDomain Adminsグループが,WS1~WS4の各Administratorsグループのメンバとして追加されます。

上記については質問者が示したWebページで説明されています。同ページの本文3行目にあるHyperLink先「既定のローカル グループ」の記述と併せて,該当箇所を抜き書きしてみました。

●(ドメインコントローラ上の)Administrators
このグループのメンバは、【ドメイン内のすべてのドメイン コントローラ】に対するフル コントロールを持ちます。

●(ドメインコントローラ上の)Domain Admins
このグループのメンバは、【ドメイン】に対するフル コントロールを持ちます。既定では、ドメイン コントローラ、ドメインのワークステーション、およびドメインのメンバ サーバーがドメインに参加したとき、このグループは、これらのすべてで Administrators グループのメンバになります。

●(ローカルコンピュータ上の)Administrators
このグループのメンバは、サーバーのフル コントロールの権限があり……このサーバーをドメインに参加させると、Domain Admins グループがこのグループに自動的に追加されます。

例として,次のようなWindowsPC群があるとします。
  2台のドメインコントローラ…DC1とDC2
  ワークグループ状態の4台のPC…WS1,WS2,WS3,WS4
個々のPCには,各々のPC1台だけを管理するグループとしてAdministratorsが存在します(注:DC1,DC2は複製なので合わせて1台扱いです)。
WS1~WS4をドメインに参加させると,ActiveDirectory上のDomain Adminsグループが,WS1~WS4の各Administratorsグループのメンバとして追加されます。

上記については質問者が示したWebページで説明されています。同ペ...続きを読む


人気Q&Aランキング