他のカテで、こちらに詳しい方がいらっしゃると聞いたのでやってきました。

自動車のフロント部分が人間の顔に見えることがありますが、デザイナーは何か意識してデザインしているのでしょうか?
中には、ライトを含めて猫の顔に見えるような車もあります。
人は、3点のパーツがあれば人の顔だと思う~とかいう薀蓄があるのは存じてますが、人間の顔のようにわざと意識してデザインしているかが知りたいのです。
実際、去年発売されたホンダのオートバイは、事故防止のため本当に人の顔に見えるようにデザインして視認度を高めていました。
自動車もそんな意味でデザインされていることは無いのでしょうか?
何か手がかりになるような情報があれば教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こちらの質問を拝見させていただいて、R34スカイラインGT-Rのデザイナーが、ガンダムを参考にしたという記事を思い出しました。



ここからは、私の個人的な意見になります。
自動車を単純に移動する四角い物体と見た場合、前方を照らすライトは目のような位置ではなくても構わないはずです。
新幹線などの中には、ウィンドウの上部にライトが置かれているものもあります。

しかしながら、昔からクルマのヘッドライトは基本的に目にあたる位置。
自動車が普及した頃、スタイルの基本はセダンでした。
そう考えると、自ずとヘッドライトが置かれる位置は目の位置になってしまったのかもしれません。技術的にも。

自動車は商品ですから、売れなくてはいけません。
人は個性を求めることと裏腹に、奇を衒う習性があります。
ヘッドライトがウィンドウの上部にあるような特異なデザインを持ったクルマは売れないとデザイナーは判断するでしょう。

保守的なデザインを踏襲しつつ、個性的なスタイルを模索する。

これが自動車のフロントが人間の顔に見えるひとつの理由のだと思います。
    • good
    • 0

意図的に顔にしているというわけではないと思いますよ。


例えば、ヘッドライトの位置は、高さ1.2m以内とかいろいろ決まりがあります。
http://www.maruhamotors.co.jp/advice/zensyoutou. …
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/haruaki/4x4/fj/1 …

昔は、実はヘッドライトが真中に一つしかないタイプもありました。
しかし自動車は特に夜間は車幅を相手にも認識させる必要がありますし、一つよりはもちろん二つの方が光量が多いわけで、法律がなかったとしても必然的に左右に配置されることになったのではないでしょうか。
つまり、左右に眼があるようは配置ですね。
そしてグリルやバンパー下の空気の取れ口の計上によって、必然的に顔っぽくなってしまうだけだと思います。

仮に、法律で、左右以外に真ん中にもライトを設置しなければならないと決まっていたら、ヘッドライトが3つもあって、顔っぽくならなかったかもしれません。

最近は、デザイン上、ツリ目にした方が鋭い感じがするということで、そういうデザインが多くなっているのでしょう。
禁止されてしまったリトラクタブルライト(開閉式)だと、閉じているときは別に顔に見えませんよね。
それでもカッコいい車はかっこいいですから、顔にすればカッコイイというわけでもないと思います。
逆にあまりにも顔に見えすぎるとかっこ悪いと感じる人もいるかもしれませんしね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFIAの革新的なリアウィングのデザインって・・・。

 昨日、FIAから革新的なリアウィングのデザインが発表されましたが、自分にはどうみてもかっこよくは見えないのです。

 確かに乱気流は起きにくくなるかもしれないけどそのデザインはないんじゃないって感じです。

 (数年前のティレルのXウィングを思い出してしまいました。) 

 私はあのウィングは機能重視の日本人的な発想(FIAに日本人なんかいたっけ?)に思えてスマートじゃないので嫌いです。

 あれって採用されたら全チームあんなウィングになってしまうのですか?

Aベストアンサー

格好良いかどうかはともかく、何年か見てたら慣れるもんだと思いますよ。
ハイノーズ、コックピットのプロテクター、ナロートレッドタイヤ、
ボトミングしてもスキッドスパークではなくてオガクズを飛ばして走るマシーン・・・
どれも格好悪い事この上ないですが、もう慣れました。
きっとCDGウイングになったとしても慣れると思います。

でもあれですね。協力機関ってのがフェラーリのサプライヤーをやってる
AMDって部分を見て、相変わらずFIAは変わってないなって気がします。
採用された案を出したチームは最後列のピットの使用権を与えるとか、
何かしらの報酬を出してチームに案を出させてコンペにすれば良いのに。

ちなみに、マシーンを真後ろから見た時、積極的に空気を吸い上げているパーツは
ウイングではなくてディフューザーなので、
それを何とかしないとあまり意味が無い様な気がします。
あくまでも素人考えですが。

QカナダGPのスーツとマシンのデザインについて

F1初心者です。
今シーズンのBARホンダを応援していますが、ちょっと気になる事があります。
カナダGPで、レーシングスーツとマシンに画かれているデザインが変わっていましたが、何かわけでもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://www.y4su0.com/index.cgi?%a5%bf%a5%d0%a5%b3%b9%ad%b9%f0%b5%ac%c0%a9

も参考にしてみて下さい。

参考URL:http://www.y4su0.com/index.cgi?%a5%bf%a5%d0%a5%b3%b9%ad%b9%f0%b5%ac%c0%a9

QEB110 GTと日産フェアレディZ(4代目)Z32型デザインで開発時に参考にしたという経緯はあるの

ブガッティEB110 GTと日産フェアレディZ(4代目)Z32型デザインで開発時に参考にしたという経緯はあるのでしょうか?
つまり、多少なりとも何か関連性はあるのでしょうか?
調べても、これに関する情報はありませんでした。

詳しい方がいましたら、ご回答よろしくお願いい親します。

Aベストアンサー

>多少なりとも何か関連性はあるのでしょうか?

 公式にはありません。
 っと言いますか、『開発時に参考にしたという経緯』とは、どこから出た情報ですか?一応おクルマの研究で食ってる者で、とりあえず『中のヒト』なんですが、そんな話は聞いた事がありません。

※№1様御回答の様に、意識/無意識にかかわらずお互いに何らかの影響を受けた可能性は否定できませんが、しかし・・・・

※EB110は1991年発表、対するZ32は1989年発表で、スーパーカーは量産車の1.5~2倍程度の開発期間がかかるとすると、開発時期がモロ被りしています。どちらかがどちらかのデザインに関係しているということは、極めて考え辛いです。もし関係があるというなら、産業スパイが暗躍するレベルの話になりそうです。(ボディのスタイリングは、シャシ/サスペンション設計を進める上で最初に決まっていないとならない項目ですが、しかし新型車で最大の機密事項はエンジンでもサスでもなくデザインであり、中身の機構とは比べものにならないほどの厳しい秘匿体制が敷かれます。)

※デザインの影響とは、
①全体の形状=ロングノーズとかキャビンフォワードとか
②面のRと全体の絞り=フードやルーフ、サイド面の『張り』、Down Viewでの前後の絞り方など
③面同士の結合R=サイド面とフード面が重なる部部のRの取り方や徐変の仕方など
④各ピラーの角度やボディとの結合部分の面の扱い=特にA、Cピラーの根元の面の切り返し方
⑤ガラスの傾斜角度=前後左右各ウインドウの角度と、主にフロントウィンドウの曲率
⑥ディテール=エアダムやスポイラ、サッコ・パネルなどの具体的な意匠
・・・・などに見られますが、EB110とZ32には、上記の共通項は全くと言ってよいほど見られず、デザインに何らかの影響が介在している様には思えません。

※EB110のスタイリストはスーパーカーデザイナーとして著名なマルチェロ・ガンディーニではなく建築デザイナーのジャンパオロ・ベネディーニですが、クルマのデザインに関しては稚拙と言わざるを得ません。
 対するZ32は日産車体・・・は単なる製造元に過ぎず、デザインはあくまでも前澤 義雄をチーフとする日産デザイン部ですが、EB110と比べるとテーマが明確でずっと複雑な面構成を持つ『クルマらしい』デザインです。(或いはベネディーニは、単純でクリーンなモダンアートの様なデザインを心がけていた元彫刻家のエットーレ・ブガッティをリスペクトし過ぎていたのかもしれませんが、EB110のスタイリングは、カーデザインの学術的手法に対しては完全に裏目に出たと言えるでしょう。)

>多少なりとも何か関連性はあるのでしょうか?

 公式にはありません。
 っと言いますか、『開発時に参考にしたという経緯』とは、どこから出た情報ですか?一応おクルマの研究で食ってる者で、とりあえず『中のヒト』なんですが、そんな話は聞いた事がありません。

※№1様御回答の様に、意識/無意識にかかわらずお互いに何らかの影響を受けた可能性は否定できませんが、しかし・・・・

※EB110は1991年発表、対するZ32は1989年発表で、スーパーカーは量産車の1.5~2倍程度の開発期間がかかるとすると、開発時期がモ...続きを読む

Q北米の自動車レースについてです。

1980年代初頭~半ば辺りに掛け、かつてマーチやペンスキに混じって "ワイルドキャット" なるシャーシコンストラクターが存在した。 という記事をみたことがあるのですが...
略歴や戦歴など簡単に、ご存知の方いらっしゃいますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。先の二つに引き続きちょっと。

No.2の本文中にちょっとケアレスミスがあったので訂正を。
マーチ86A「ワイルドキャット」が使用されていたのは、1991年までではなく「'92年まで」でした。どうもすみません。

さて、事のついでに付け足せば、ワイルドキャットは「Mk.1」と「Mk.2」の2タイプ存在します。
元々のF3000ルックとほぼ変わらなかったMk.1に対し、後に登場したアップデートバージョンのMk.2はノーズやエンジンカウル、サイドポッドに変更が加えられ、それなりに異なるスタイリングへと進化?しました。

Mk.2の画像を3点ほど見つけてきたので、URL載せておきます。どうぞご参考になさってください。

http://www.race-cars.com/carsold/march/1073454915/1073454915pd.htm
http://www.race-cars.com/carsold/march/1073454915/1073454915pb.htm
http://www.race-cars.com/carsold/march/1073454915/1073454915pf.htm

ここで更に余談ながら、'93年からは、先の回答でも触れたようにローラT93/20、'97年からはT97/20が使用されます。
コスト高騰等の理由から、シリーズが'01年をもって終了となったので、T97/20がCART傘下のインディ・ライツにおけるラストモデルとなりました。

たびたびすみません。先の二つに引き続きちょっと。

No.2の本文中にちょっとケアレスミスがあったので訂正を。
マーチ86A「ワイルドキャット」が使用されていたのは、1991年までではなく「'92年まで」でした。どうもすみません。

さて、事のついでに付け足せば、ワイルドキャットは「Mk.1」と「Mk.2」の2タイプ存在します。
元々のF3000ルックとほぼ変わらなかったMk.1に対し、後に登場したアップデートバージョンのMk.2はノーズやエンジンカウル、サイドポッドに変更が加えられ、それなりに異なるスタイ...続きを読む

Q自動車レースのスタートの仕方の名前

サーキットでやる自動車のレースで、最初にサーキットを一周ゆっくり走ってから、一周が終わった後にスタートラインを過ぎた瞬間に一気に加速してスタートする方式がありますよね。
あのスタートの仕方の名前ってなんていいましたっけ?

Aベストアンサー

それはローリングスタートと言います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報