親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

本日10月30日の日経新聞3面下部の「債権」の項に載っていた記事について質問です。
「日銀が利下げ検討に入ったので金利低下を見越した債券の買いが膨らんだ」「国債の買いを利下げ検討が後押しした」
と記事にはあるのですが、何故利下げすると債券を買うのでしょうか?利下げするということは国債の利率も下がって償還時の金額も小さくなるので、投資する方としては損なのではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般に金利というのは長期国債の利回りのことです。

日銀が金利を上げたり下げたりするのは国債を売買して操作しています。買いオペ、売りオペ等で検索してみて下さい。
つまり、金利を下げることは日銀が国債を大量に買うということなのです。
この場合国債の価格は上がるので短期売買目的なら利下げする前に買って、日銀が金利下げた時点で売れば儲けられます。
投資する方は売買益の方を見ているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

利下げ→買いオペ→国債価格は上昇するので、今のうちに国債を手に入れておいて、利下げが決定したら国債を売る。
同様に、
利上げ→売りオペ→国債価格が下落するので、利上げ前に国債を売って損を小さくする→結果的に利回りが上昇する
といった動きになるのですね。
「インフレ期待は長期金利をあげる」というのはこういうことなのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/31 20:29

>利下げするということは国債の利率も下がって


>償還時の金額も小さくなるので、

基本的に国債は利付債なので償還時の金額は変わりません。1万円の額面なら償還の金額は1万円です。
また、利下げして利率が下がるのは新発の国債です。すでに発行されていて額面○円、利率△%という既発債の利率は下がりません。

銀行預金で年率2%の定期預金があったとします。これが来週から金利が1%になると知ったら定期預金に殺到しませんか?利率が高いうちに預けようと思うのが自然な流れだと思います。

国債でもこれからは利回りが下がると予想すれば、利回りが高いモノを入手しておこうと思うのが通常の人間心理でしょう。その債券を持ち続けても高い金利がもらえますし、金利が高いのですから、途中で高く売ることもできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、これから価値が下がるものだったら今のうちに入手しておこうと思いますね。経済は生き物で人間心理を考えればよいと言われますが、まさにその通りですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/11/04 17:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む


人気Q&Aランキング