仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

こんにちは。
突然ですがタイトルにもあるとおり、カーボンファイバーの開発者と

それを開発するまでにあたる過程を知りたく投稿しました。

ネット上で検索を試みましたが、みなさんにも知られているカーボンファイバー。

情報量が多くて何がなんだかわかりません;;

どなたかご教授願えないでしょうか・・・

今後の参考に、より詳しく教えていただけると幸いです。

ぜひよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

カーボンファイバーの中では,PAN系カーボンファイバーの歴史が最も古いの


ですが,これを発明した方は,大阪工業試験所の進藤昭男先生です。
発表されたのは1960年,最初の文献は大工試報告Vol.12,No.2,p.110(1961)
だと思います。内容は窒素雰囲気下でアクリル繊維を燃焼させて炭素繊維を
得る方法です。1970年に東レがこの大工試特許の実施受託を受け,1971年に
トレカT200およびT300を月産300kg製造したのが量産の始まりです。
当時,1kg約10万円でした。その後の生産量はお調べ下さい。
発明に至る経緯をかいつまんで・・・(進藤先生の談話より)
米国で黒鉛フェルトの合成に成功したという報告を聞いて,繊維を蒸し焼きに
すればいいと思い,デパートで布を買いあさって試したが,いずれも雲散霧消
してしまった。そこで繊維の勉強の必要を感じ,調べてみたところ,繊維物性の
一覧表にオーロンというアクリル繊維だけ融点が明記されていなかった。
これを不思議に思い,取り寄せて同様に実験したところ,繊維が原形をとどめて
炭化しているの発見した。その後,改良を進め,10cmほどの炭素繊維を得る
ことに成功した。取り出した繊維を指に巻きつけてみると,壊れることなしに
巻きつけることができた。胸の高鳴るのを覚えたことを忘れることができない。
・・・と,そんなところでしょうか。
炭素繊維については,松井醇一著,炭素材料学会偏の「炭素繊維の展開と
評価方法」リアライズ社という名著があります。上記の内容はそこに出ています。
進藤先生の発明の前にも,フィラメント状の炭素繊維に関する研究報告は
あったことを追記しておきます。なお,進藤先生は現在でも元気にご活躍です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ネット上に掲載されているものは、カーボンファイバーがあまりにもメジャーな為、非常に探しづらい状況にありました;;

大変わかりやすくまとまった解説、本当にありがとうございました^^

お礼日時:2003/01/20 19:18

MiJunです。



追加情報です。

以下の参考URLが参考になりますでしょうか?
「大谷杉郎」
http://t9.t.jimu.gunma-u.ac.jp/technews/193/4.html
(文化講演会)

開発経緯に関しては、不確かですが、「化学」のバックナンバーにあったように記憶してますが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.digital-contents.com/ca/tanso/tanso_t …

この回答への補足

ご回答、ありがとうございました^^

さて、質問の本文ではカーボンファイバーの開発者と
それにあたる過程と述べていました。

質問の本文は簡素的で不十分だったのかもしれない
ことをお詫びします。

回答の参考URLを参照させていただきましたところ、私の頭では更に詳しく専門的に
書かれているものであり、全く理解し難いことが判明いたしました;;

わざわざ調べていただき誠に恐縮なのですが、下記の質問に変更させてください;;

1.発明者(人物含)
2.発明して生産化されるまでの大まかな年号 
3.発明にあたっての過程
(どのような物質~経て~発明にいたるまでの簡素的な説明)

以上です;; 本当に調べていただいた方々、ありがとうございました。
上記の補足で頭のない私にも理解できるような解説をご教授
ねがえませんでしょうか;; よろしくお願いします。

補足日時:2003/01/19 17:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方の回答で、私の理解不能な頭でもわかる解説をいただきました(笑)^^;

前回調べていただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/01/20 19:22

「カーボンファイバー」の開発では、


・ピッチ系
・PAN系
があり、確か
・群馬大(リグニン系?)
・大阪工業試験所(zohさんの回答)
があります。

以前少し調べた時に、開発の経緯が連載されたものを見つけたのですが・・・?

ご参考まで。
    • good
    • 0

すいません。

#1は誤回答でした。「ファイバー」と「ナノチューブ」を見間違えました。

カーボンファイバーは「大阪工業技術研究所」で開発されたものだそうです。参考URLから「主な成果」を見てください。と言っても簡単にしか書いてありませんが。

参考URL:http://www.onri.go.jp/onri_j.html

この回答への補足

ご回答、ありがとうございました^^

さて、質問の本文ではカーボンファイバーの開発者と
それにあたる過程と述べていました。

質問の本文は簡素的で不十分だったのかもしれない
ことをお詫びします。

回答の参考URLを参照させていただきましたところ、私の頭では更に詳しく専門的に
書かれているものであり、全く理解し難いことが判明いたしました;;

わざわざ調べていただき誠に恐縮なのですが、下記の質問に変更させてください;;

1.発明者(人物含)
2.発明して生産化されるまでの大まかな年号 
3.発明にあたっての過程
(どのような物質~経て~発明にいたるまでの簡素的な説明)

以上です;; 本当に調べていただいた方々、ありがとうございました。
上記の補足で頭のない私にも理解できるような解説をご教授
ねがえませんでしょうか;; よろしくお願いします。

補足日時:2003/01/19 18:00
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方の回答で、私の理解不能な頭でもわかる解説をいただきました(笑)^^;

前回調べていただき、本当にありがとうございました。

お礼日時:2003/01/20 19:23

「有機化学美術館」に書いてあります。

参考URLからどうぞ。「世界を変えるか・驚異の新素材カーボンナノチューブ(1)」のところです。
ほかの項目もすごく興味深いです。

参考URL:http://www1.accsnet.ne.jp/~kentaro/yuuki/yuuki.h …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q熱伝導率と電気伝導率の関連性について

タイトルにも挙げたように金属や半導体における熱伝導率と電気伝導率はどのような関係を持っているのかがいまいち理解できません。分かる方がいらしたらぜひ教えてください、お願いします。

Aベストアンサー

 物質の熱とは格子振動、つまり原子核の振動なんですが、
それを伝えているのは通常電子なんです。
 熱せられ原子が振動しても、原子核同士が衝突する
わけでなないので、その振動(つまり熱)を伝える
担い手になっているのは、原子核の周りの電子及び電磁波なんです。

 ここでいきなり電磁波が出てきて少しフシギかもしれませんが、
電子も原子核を直接ぶつかっているわけではないので、
電子と原子核のエネルギーの交換の担い手としては電磁波が出てくる
のです。


 鉄を熱すると赤くなりますよね。つまり赤い光が
出てるわけじゃないですか。光ってつまりは電磁波
でしょ。周囲の電子、原子核に伝えても余るエネルギー
は電磁波のまま、物質の外に出てきてしまうわけです。

 熱した鉄に直に手を触れなくても、手を近づけた
だけで暖かく感じるのは、鉄の出す赤外線で熱せられた
空気の振動と、鉄の出す赤外線を直に人の手が
感じるからなんですが、いずれにせよ熱の伝達には電磁波が
つき物なんですが、電磁波は電子の運動で発生するもの。
だから、電子が自由に動ければ電磁波が発生しやすく
その電磁波が回りの電子に影響を与え、その電子が
動きやすければさらに電磁波の発生、そして周囲の格子振動
へと変わっていくわけです。(少しおおざっぱですが)
  動きやすい電子? つまり伝導帯にある自由電子が
多ければそれだけ熱は伝わりやすいのです。

 そのため一般には自由電子密度が大きい物質、つまり
金属は熱の良導体になります。自由電子が電流の
担い手であることはご存知ですね。

 ということで通常は熱の良導体は同時に電気の良導体に
なります。
 
 勿論例外も多々あります。その場合は自由電子が電気を運んで
いないわけです。ですから物質の電気的性質をより深く研究
するときは、その物質の比熱の変化とかいった熱力学的性質を
十分調べるのです。

 物質の熱とは格子振動、つまり原子核の振動なんですが、
それを伝えているのは通常電子なんです。
 熱せられ原子が振動しても、原子核同士が衝突する
わけでなないので、その振動(つまり熱)を伝える
担い手になっているのは、原子核の周りの電子及び電磁波なんです。

 ここでいきなり電磁波が出てきて少しフシギかもしれませんが、
電子も原子核を直接ぶつかっているわけではないので、
電子と原子核のエネルギーの交換の担い手としては電磁波が出てくる
のです。


 鉄を熱すると赤くなりま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報