人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

宜しくお願いします。
源氏物語・桐壺の巻での文章解釈についてです。

ごく始めの方に「いとまばゆき人の御おぼえなり」という一節が出てきます。
ここの「人」は誰を指しているのでしょうか。
私は「帝(の気に入りよう)」と解釈したのですが、ある古典テストの問題で、「桐壺更衣」と解答されているものがありました。
解答が間違っているのか、とも思ったのですが、
是非、詳しい方々のご意見をお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

この引用された本文が諸本に異同のないことを大前提にします。


古文を読む場合ははじめに品詞分解をしますよね?
取り敢えず、「いと・まばゆき・人・の・御おぼえ・なり」
ですから
「いと(副詞)」=極めて
「まばゆき(形容詞シ活用まばゆしの連体形」=ここの解釈をちょっと後回しにします。
「人(名詞)」
「の(助詞)」
「御おぼえ(名詞)」=ご寵愛
「なり(断定の助動詞なりの終止形)」
で良いかと思いますが、「極めてまばゆい人のご寵愛だ」と訳せます。問題は「まばゆい」の意味で、古語辞典を引くとわかると思いますが、「まばゆし」の意味が一般的に「目がくらむほど美しい」とするほかに「いとわしくてまともに見られない」なんて意味もあるんですよね…。
文脈上、上達部たちの言い分として、そのあと楊貴妃の例を挙げてますからおそらく後者の意味合いが強いんでしょう。また、この箇所のみでなく、全体を見渡して、『源氏物語』の特色でもある、高貴な身分の人に対する主語は極力省略する姿勢、というのを考えますと、問題集で「桐壺更衣」となるのも自然です。たしかにこの一文とその周辺のみだと「人=帝」としたいところですが、帝を「人」って言い切る度胸は並大抵の人間にはないかと…。(そしてちょっと読んだだけですが、ほかに帝を人、と呼ぶ箇所が見当たらない)

ただ、私は源氏物語の専門家ではないので深くは存じませんが、おそらくこの箇所は諸説分かれるところかと思います。
専門家がそれぞれの説をとりあげていると思うので基本的な注釈本にあたってみると良いと思います。(角川・岩波・小学館あたりからでている古典全集が基本です。下手に眉唾な文献にはいきなり当たらないよう)


ちなみに、『源氏物語』は作者自筆のものが現存せず(見つかったら世紀の大発見ですね★)すべて写本か版本になります。よって、その内容に読んでいて意味が通じない箇所というのはかなり多く出てきます。(うつしているんで適当なんですよ)
だからあとあと、与謝野源氏とか谷崎源氏とか瀬戸内源氏とかあさきゆめみしだなんていう小説・漫画がさまざまな解釈でもって展開できるという自由もはらんでいるのですが…。
ついでにいうと、源氏物語だけで毎年新しい論文が100はでる、というのはこの方面ですと笑えない笑い話になっています。


なので、先だってのご質問から推測するにおそらく源氏初心者であろう質問者様が原文にいきなり体当たりをするのはかなり危険です。古典を専門にやってる人間ですら回避できるなら源氏は回避したいところ(笑)。今質問者様が取り上げた一文ですら、恐らく明瞭な解答というのは判然としないかと思います。

前回も少し申し上げましたが、いきなり細部に突入するのではなく、まず、『源氏物語』とは何か、程度の入門書なんかを手に取られて、外堀から埋めていった方が源氏解釈には近道になると思いますよ。私なんかは高校の時に、「源氏は取り敢えずあさきゆめみしでいいから全部内容を把握しなさいっ!話はそれからです!」という指導を国語の先生から受けましたが、今思うと妥当な手順だったと記憶しています。
源氏専門家が舌を巻くほど、『あさきゆめみし』作者の方の理解は深いので、こういったわかりやすい書物からまずお読みになっては如何でしょうか?
おおよそを押さえた上で、だんだんと、深いところまで突っ込んでいけばいいのでは。

何事もいきなり細部に突撃するよりも、対象本体を把握してから理解へ入った方が、解釈が楽ですよ。

この回答への補足

非常に長文で丁寧な回答、ありがとうございます!

確かに「人」と帝を呼ぶのはまずい気がしますね。
そう考えると更衣と考えるのが妥当かと・・・

お勧めの通り、漫画などを参考にしながら少しずつ理解をしようと頑張ってます^^;
源氏って難しいですねぇ

補足日時:2008/11/29 00:22
    • good
    • 0

あ、済みません。

「まばゆし」は形容詞ク活用ですね(汗)。シ活用なんてありません。お恥ずかしい…。

この回答への補足

いえいえ!
あれだけ長文打たれたら誰だって間違えます^^

補足日時:2008/11/29 00:27
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q古典について教えてください。光源氏の誕生

本文

いづれの御時にか、女御・更衣あまた(1)候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。
はじめより(2)我はと思ひあがりたまへる御方々、めざましきものにおとしめそねみ給ふ。
同じほど、それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず。
朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ、(3)いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、(4)いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえはばからせ給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。
(5)上達部・上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の(6)御おぼえなり。
唐土にも、かかることの起こりにこそ、世も乱れ悪しかりけれと、やうやう天の下にもあぢきなう、人のもて悩みぐさになりて、楊貴妃の例も引き出でつべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにて交じらひたまふ。

1、
本文中の(4)の『いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして』の主語を次の中から一つ選んでください
1、女御
2、更衣
3、帝
4、上達部

2、
(5)の『上達部、上人なども、あいなく目をそばめつつ、』とあるが、上達部や上人がこのような行動をとった理由を、次の中から一つ選んでください
1、帝が国の政をおろそかにするのではないかと心配になったから
2、帝が自分たちの意見を聞き入れたくなかったから
3、帝の行為がほほえましく、うれしいと思ったから
4、帝の行為が世を乱す原因になりはしないかと不安に思ったから

3、
(6)の『御おぼえ』とあるが、意味を三字で答えてください
(6)のほぼ同じ意味をもつ言葉を、四字で抜き出してください。

よろしくお願いします

本文

いづれの御時にか、女御・更衣あまた(1)候ひ給ひける中に、いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。
はじめより(2)我はと思ひあがりたまへる御方々、めざましきものにおとしめそねみ給ふ。
同じほど、それより下臈の更衣たちは、ましてやすからず。
朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし恨みを負ふ積もりにやありけむ、(3)いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、(4)いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをもえはばからせ給はず、世のためしにもなり...続きを読む

Aベストアンサー

1、
本文中の(4)の『いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして』の主語を次の中から一つ選んでください
1、女御
2、更衣
3、帝
4、上達部
A=3
*「思ほし」が「思ふ」の尊敬語であることがヒントです。主語の問題の時には、敬語表現と、登場人物の身分の上下、前後の文に注意しましょう。
2、
(5)の『上達部、上人なども、あいなく目をそばめつつ、』とあるが、上達部や上人がこのような行動をとった理由を、次の中から一つ選んでください
1、帝が国の政をおろそかにするのではないかと心配になったから
2、帝が自分たちの意見を聞き入れたくなかったから
3、帝の行為がほほえましく、うれしいと思ったから
4、帝の行為が世を乱す原因になりはしないかと不安に思ったから
A=4
*直後の「いとまばゆき人の(6)御おぼえなり。唐土にも、かかることの起こりにこそ、世も乱れ悪しかりけれ(と)」の部分がヒントです。ここで「と」ですが、格助詞の「と」で、その上に、会話文・引用句などが来ることが多い使われ方をします。ここでは、「と」の上の「いとまばゆき人の(6)御おぼえなり。唐土にも、かかることの起こりにこそ、世も乱れ悪しかりけれ」の部分が、それにあたります。
3、
(6)の『御おぼえ』とあるが、意味を三字で答えてください
A=御寵愛

(6)のほぼ同じ意味をもつ言葉を、四字で抜き出してください。
A=時めき(ときめき)=問題文の「四字」に当てはまる言葉はないようです。「ときめき」と、平仮名で四字の勘違いではないかと思います。四字で可能性がある言葉は、「御心ばへ」という言葉がありますが、この言葉の意味は本来、気立て、心遣い、趣であって、御寵愛の意味とは近いようで違うように思います。

1、
本文中の(4)の『いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして』の主語を次の中から一つ選んでください
1、女御
2、更衣
3、帝
4、上達部
A=3
*「思ほし」が「思ふ」の尊敬語であることがヒントです。主語の問題の時には、敬語表現と、登場人物の身分の上下、前後の文に注意しましょう。
2、
(5)の『上達部、上人なども、あいなく目をそばめつつ、』とあるが、上達部や上人がこのような行動をとった理由を、次の中から一つ選んでください
1、帝が国の政をおろそかにするのではないかと心配になったから
...続きを読む

Q漢文 鴻門之会 の登場人物について

鴻門之会に登場する人物の人間関係をわかりやすく教えていただきたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

項羽…楚の将軍
項伯…項羽の叔父
項荘…項羽の従兄弟
范増…項羽の軍師(亜父と呼ばれた)

劉邦…後の前漢の初代皇帝(この時はまだ沛公)
張良…劉邦の軍師
樊カイ…劉邦の部下の豪傑

楚の王(懐王)が「最初に漢中を平定した者を漢中王とする」と約束した。

項羽と劉邦がそれぞれ軍を率いて漢中へ進軍した。

劉邦が先に咸陽(秦の都)を陥落させた。

先を越されて面白くない項羽は、そのまま劉邦の軍を攻撃しようとした。

項羽の叔父・項伯は、劉邦の軍師・張良と親しかったため、こっそりそのことを教えた。
(張良だけは逃がしてやりたかった)

しかし張良はそれを劉邦に話し、劉邦が項羽へ謝罪しにいくことになった。
そのための会見が「鴻門の会」。

項羽の軍師・范増は、謝罪を受け入れたふりをして、会見の場で
劉邦を暗殺しようと企んでいたが、肝心の項羽がその気にならない。

そこで范増は、項羽の従兄弟・項荘に命じて、余興の剣舞のふりをして劉邦を狙わせる。
その狙いに気づいた項伯は、自分も剣舞のふりをして項荘の妨害をする。

危険な空気を察した張良は、表に控えていた樊カイを呼びに行き
場に入ってきた樊カイのすさまじい剣幕で、剣舞は中止になる。

結局、劉邦を殺しそこねた范増は
「こんな小僧(項羽)と謀略などできない」と憤慨、そして
「きっと将来、劉邦に天下を奪われてしまうだろう」と嘆息。
(実際、その通りになった)

というお話。

項羽…楚の将軍
項伯…項羽の叔父
項荘…項羽の従兄弟
范増…項羽の軍師(亜父と呼ばれた)

劉邦…後の前漢の初代皇帝(この時はまだ沛公)
張良…劉邦の軍師
樊カイ…劉邦の部下の豪傑

楚の王(懐王)が「最初に漢中を平定した者を漢中王とする」と約束した。

項羽と劉邦がそれぞれ軍を率いて漢中へ進軍した。

劉邦が先に咸陽(秦の都)を陥落させた。

先を越されて面白くない項羽は、そのまま劉邦の軍を攻撃しようとした。

項羽の叔父・項伯は、劉邦の軍師・張良と親しかったため、こっそりそのことを教えた。
(...続きを読む


人気Q&Aランキング