LLDC MSAC と呼ばれる国名を教えてください。

A 回答 (1件)

LLDC (Least-Developed Countries、後発開発途上国)


 開発途上国の中でも特に開発の遅れた国々のことでNCTADの開発計画委員会がLLDC認定のための基準として、当初 
 (1)1人あたりGDPが1968年において100ドル以下、(2)GDPに占める製造業のシェアが10%以下、(3)識字率が20%以下、の3つを設定したが、その後1982年4月に開催された第18回開発計画委員会で、改訂された。まず(1)の基準について「1人あたりGDPが1977年~79年において285ドル以下」と改められ、さらに上記の3つの基準の組み合わせに関し、次のいずれかの条件を満たす開発途上国がLLDCに該当するとしている。
 (1)3つの基準をいずれも満たすこと(1人あたりGDPについては285ドル以下)、(2)製造業のシェアおよび識字率の基準を満たす場合には、1人あたりGDPは340ドル以下であればよい、(3)識字率が20%以上であっても製造業のシェアがGDPの10%以下でかつ1人あたりのGDPが285ドル以下であればよい。
1996年では主要な国として、次の国が挙げられています。
アフガニスタン、アンゴラ、イエメン、ウガンダ、エティオピア、エリトリア、カンボディア、ガンビア、ギニア、ギニアビサオ、コモロ、コンゴー民主共和国(旧ザイール)、サントメ・プリンシペ、ザンビア、シエラ・レオーネ、スーダン、赤道ギニア、ソマリア、タンザニア、チャド、中央アフリカ、トーゴー、トゥヴァル、ニジェール、ネパール、ハイティ、バングラデシュ、ブータン、ブルキナ・ファソ、ブルンディ、ベナン、マラウイ、マリ、マダガスカル、ミャンマー、モザンビーク、モーリタニア、ラオス、リベリア、ルワンダ、レソト

MSAC(most seriously affected countries、1973年のオイル・ショックで最も深刻な影響を受けた諸国 )
1974年には, 33カ国が指定されたが,そのうち22カ国は,アフリカの国であったが,33 カ国の合計人口9億人のうち7億人はインド,パキスタン,バングラデシュ等のアジアの諸国が占めた。1974年12月に国連総会は,MSA諸国緊急救済のための特別基金の設置を決定し,75年4月には,MSA諸国として,ビルマ,ブルンディなど8カ 国が追加された。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成功者や企業再生人と呼ばれる方の考え方は普通と違いますか?

成功者や赤字企業の再生人とか言われる人などは、
普通の人とは違う、独特の雰囲気や考えを持つ人が多いのですか?

日本の成功者と言えば、松下幸之助や本田宗一郎、最近では日産を成功させた、ゴーン社長。
また、映画界では黒澤明とかいっぱいいますよね。

普通の人とはどのように違ったのですか?
また、独特のオーラや独特の考え、視点、信念などがあったから
成功したのでしょうか?

Aベストアンサー

各個人で言えば、もちろん人より優れたものを持っています。しかしこのような特性は誰でもひとつぐらいは持っているものだといえるのではないでしょうか。

私が、一番注目するのは「意志の強さ」です。
本田宗一朗は、バイクの売り上げがまだ安定していない時期に、自動車を作り始め、自動車が世界的に無名のころにF1に挑戦し、成果を上げています。

成功したからこそ偉大ですが、挑戦していた頃は皆に無理だ!無理だ!と反対されていたでしょう。
とにかく自分の意志を曲げず、初志貫徹する能力(信念)がなににもまして重要なのではないかと考えています。
無論目の付け所が良かったことは事実ですが。

Qいま貴金属と呼ばれるものは世界的、歴史的に貴重か?

貴金属は世界的、歴史的に貴重なのでしょうか?
言い換えると、貴金属を普通の家庭用品として使ったり、
普通の武器や農具に使ったりするような例外はあったのでしょうか?

Aベストアンサー

◆Naka◆
貴金属、主に「金」や「プラチナ」ということですね。
まず科学的な面から考えると、金やプラチナは硬度に乏しく、とても武器や農具として使い物になるとは思えません。
寓話に「金の斧、銀の斧…」が出てきましたが、実際には実用としては存在しなかったと思います。
支配者の自己顕示欲の現われとしての装飾品ならば、数知れずあったでしょうけれど。(馬具等に織り込まれたものならばありましたが、それは実用と言っていいかどうか…)

日本でも安土桃山~江戸時代には、金の茶器、食器、楽器等、いろいろなものが支配者の力を象徴するものとして作られました。
金はその非常に変質しにくい特性から、茶器としては湯の中に金属が溶け出さないため、良質の湯を沸かせる→美味しい茶が飲める、という特長を持っていましたが、恐らくそういう目的で作ったものではないでしょう。
同様の例はスプーンやフォーク等の洋食器にも見ることができます。
これらは食べ物の味に何の雑味も加えないので、素材をそのまま食する類の食事には、実際に重宝されていました。
余談ですが、上記の意味ゆえ金自体には何の味もありません。ですから、よく「金箔入り」の酒や料理がありますが(結構昔からあります)、よく「美味しい」と言う人がいますよね。あれは全くの錯覚で、「金のありがたみ」が気分的な美味しさを演出しているに過ぎません。

さて、金が貴重である一番の原因は、産出量が少ない、ということに尽きますね。
また濃硫酸と濃硝酸を混合した「王水」にしか溶けない、という孤高の特性も、金の価値観に色を添えたことでしょう。
逆に言えば、産出量があまりに増えてしまっても困るわけで(金の価値が下落する)、その辺はダイヤモンド同様、現在ではある程度産出量をコントロールしているようです。

この頃「自信なし」の回答ばかりですみません。m(_ _)m
もっといろいろなアングルから、回答してくださる人を待ってみましょう。

◆Naka◆
貴金属、主に「金」や「プラチナ」ということですね。
まず科学的な面から考えると、金やプラチナは硬度に乏しく、とても武器や農具として使い物になるとは思えません。
寓話に「金の斧、銀の斧…」が出てきましたが、実際には実用としては存在しなかったと思います。
支配者の自己顕示欲の現われとしての装飾品ならば、数知れずあったでしょうけれど。(馬具等に織り込まれたものならばありましたが、それは実用と言っていいかどうか…)

日本でも安土桃山~江戸時代には、金の茶器、食器、楽器等、...続きを読む

Q貿易関連用語で「キューツー」と呼ばれる用語はありますか?

貿易関連用語で「キューツー」と呼ばれる用語はありますか?
社内で使われていた言葉なのですが、よくわかりません。
おそらくどこかの場所のことを総称して言うと思うのですが・・・

Aベストアンサー

会計年度の4分の1の3ヶ月を四半期(Quarter)といい、第二四半期(Second Quarter)をQ2といったりしますが。

Q中国の新しい国名について

タイトルの通りです。
現在の中国の国名はあまりに漠然としすぎていて不適切です。
英語読みのChina、シナなら個性があって良いと思いますが、漢字で中国と書いてしまうと、単に「中央」「華やか」という、国家として普遍的な願望の羅列にすぎず、抽象的すぎるため、国名または固有名詞として失敗の部類かと思われます。

そこで、現在の中国により適した、新しい国名(漢字、アルファベット可)を考えて下さい。
まじめな質問ですので、不真面目な(ネタ的な)回答はご遠慮いただくようお願いします。

では、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 中華人民共和国がある間は「中国」という名称はなくならないでしょう。ただし、中国あるの地域の名称としてシナ、中原などの名称はあります。
 ロシアが「ソ連」と呼ばれてきましたが、ソ連崩壊後にまたロシアと呼ばれるようになりました。中華人民共和国が崩壊すれば元の名称で呼ばれるだけでしょう。
 ちなみに、ロシアは欧米ではソ連があるときもロシアと呼ばれてきたし、中国もチャイナorチナ、シナ等と現在でも呼ばれています。

Qなぜ、スーパーとかコンビニで、商品を買うと、「ありがとうございます。」と言われるのですかね?。。。

なぜ、スーパーとかコンビニで、商品を買うと、「ありがとうございます。」と言われるのですかね?。。。

確かに相手は、お金を貰えて嬉しい。

しかし、お客は、商品を貰えて嬉しい。

どっちもどっちなのでは?

でも、店員だけがありがとうございます!

だから、偉さが

お客>店員=店

となっている。

この関係は歴史的にはいつからなのだろう?

Aベストアンサー

「お客様は神様」はお店側の接客ルールです。
「ありがとうございます。」がお客様への感謝の声掛けです。
買っても、買わなくてもです。
客側は、生産者が一生懸命作ったものを買い使わせていただくという気持ちが大切です。
お互いが「ありがとうございます。」を言いましょう。
店員も客もコミニケーションが大事です。お互いが気持ちいいです。
気持ちよく買い物をしましょう。

いつからか? 江戸時代は士農工商の身分差があって商が一番下でした。
戦後? 「職業に貴賤なし」は江戸時代から言われているらしいからいつからなんだろう。
戦後の外国の文化が入って加速したと思いますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報