最新閲覧日:

LLDC MSAC と呼ばれる国名を教えてください。

A 回答 (1件)

LLDC (Least-Developed Countries、後発開発途上国)


 開発途上国の中でも特に開発の遅れた国々のことでNCTADの開発計画委員会がLLDC認定のための基準として、当初 
 (1)1人あたりGDPが1968年において100ドル以下、(2)GDPに占める製造業のシェアが10%以下、(3)識字率が20%以下、の3つを設定したが、その後1982年4月に開催された第18回開発計画委員会で、改訂された。まず(1)の基準について「1人あたりGDPが1977年~79年において285ドル以下」と改められ、さらに上記の3つの基準の組み合わせに関し、次のいずれかの条件を満たす開発途上国がLLDCに該当するとしている。
 (1)3つの基準をいずれも満たすこと(1人あたりGDPについては285ドル以下)、(2)製造業のシェアおよび識字率の基準を満たす場合には、1人あたりGDPは340ドル以下であればよい、(3)識字率が20%以上であっても製造業のシェアがGDPの10%以下でかつ1人あたりのGDPが285ドル以下であればよい。
1996年では主要な国として、次の国が挙げられています。
アフガニスタン、アンゴラ、イエメン、ウガンダ、エティオピア、エリトリア、カンボディア、ガンビア、ギニア、ギニアビサオ、コモロ、コンゴー民主共和国(旧ザイール)、サントメ・プリンシペ、ザンビア、シエラ・レオーネ、スーダン、赤道ギニア、ソマリア、タンザニア、チャド、中央アフリカ、トーゴー、トゥヴァル、ニジェール、ネパール、ハイティ、バングラデシュ、ブータン、ブルキナ・ファソ、ブルンディ、ベナン、マラウイ、マリ、マダガスカル、ミャンマー、モザンビーク、モーリタニア、ラオス、リベリア、ルワンダ、レソト

MSAC(most seriously affected countries、1973年のオイル・ショックで最も深刻な影響を受けた諸国 )
1974年には, 33カ国が指定されたが,そのうち22カ国は,アフリカの国であったが,33 カ国の合計人口9億人のうち7億人はインド,パキスタン,バングラデシュ等のアジアの諸国が占めた。1974年12月に国連総会は,MSA諸国緊急救済のための特別基金の設置を決定し,75年4月には,MSA諸国として,ビルマ,ブルンディなど8カ 国が追加された。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ