なるべく多くの方に、簡単でも結構ですので教えていただけたらありがたいです。
起業される際に、どのくらいの赤字がどのくらい続くことを予想
されて起業されましたか?
私自身、これから起業も視野にいれ勉強中です。
よろしく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

考え方が逆です。



『赤字がどのくらい続くか』

ではなく、

『どのくらいの期間で黒字化する必要があるか』

から、その期間で黒字化できる商売の方法を考えるのです。
たとえば私の知人でスナックなどの飲食店を十数店舗経営している人がいます。彼に言わせると、飲食店は飽きられるので、1年か長くても2年で投下資金を全て回収して内装を改装し、新装開店するのだそうです。この場合には1ヶ月以内に黒字化する必要があります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

aokisikaさん、ありがとうございます。
根本的な発想から違っていたのですね。

>『どのくらいの期間で黒字化する必要があるか』
>から、その期間で黒字化できる商売の方法を考えるのです。

…そうですね。
お知り合いの方のお話もとても参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/29 18:30

皆さん書いてますけど、最初から黒字です。


当然融資を受けたり、リース物件はありますが、それらを返していっても手元には残ります。当然商売ですから、月によっては赤字になったりしますが、トータルでは黒字です。
またこのご時勢ですので3年もすれば得意先も変るし、相手の業界がガタガタになる時もあります。その時に新たな得意先や時代にあった設備投資しなければいけません。その時にある程度体力や余力が必要です。そのためには最初から黒字じゃないと、持ちません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
皆さんもおっしゃる通り黒字でいく自信がないと難しいですよね。
時代に合った設備投資等、大変参考になりました。

お礼日時:2008/12/30 16:44

最初から赤字になるような計画で事業をスタートするおつもりでしたらやらないほうが賢明です。



いまいち書かれていることが不明ですが、良く開業1年目の赤字は銀行も理解してくれると聞きますが、それは結果としてであって、当初からの計画からして開業赤字だとすると続きません。

私くしの場合2度起業しましたが、いずれも黒字経営の計画で、いずれも開業当初から黒字経営しました。

実際やって見て、当初予定とかなり違いましたが それでも色々方向変換しながら黒字経営へと持ってゆきました。

今、この不況の時代には何が起こるか予測できません、ちゃんと黒字経営の予定だったとしても、どうなるか誰もわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

計画は黒字でも、本当に予測できないですね。
baobauさん、ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/30 16:48

飲食店や小売店などの客商売なら開店当日から収入はありますが、卸をするなら売掛の回収は通常翌月末。

製造やソフトやデザインなど製作期間が必要なものなら実際に金になるのにもっとかかります。

何をするのか書かないと意味のある回答はつきませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mackidさん、とても参考になりました。
アドバイスありがとうございます。
次回はしっかり内容も煮詰めてご質問させていただきたいと思っておもります。

お礼日時:2008/12/30 16:53

最初から黒字です。


売上金回収迄は資金を用意します。
意気込み的にはそんな感じが無いと無理です。
絶対に予定通りきません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

最初から赤字ばかり気にしていたら起業などできませんね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/30 16:50

事業内容にもよります。



私の場合は1年後最低限の生活費稼げる(明るい見通しが持てる)状況を目指しました。
結果3年くらい融資受けたお金と預貯金があったからなんとかなっただけで
生活費は稼げてませんでしたけどね
未だに明るい見通しは持ってませんというか一生持てないかも?
収入が安定してきてもいつも不安ですからね

目標はできるだけ早くでも数年ゆとりは持った方がいいと思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

PU2さん、ありがとうございます。

>収入が安定してきてもいつも不安ですからね

全て自己責任ですものね。
ゆとりを持ってできるよう貯蓄中です。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/29 18:34

何年も赤字で続けられるほど資金があるのですか。


何年後に黒字に出来るかプランを考えてから起業したほうがいいと思います。
予測が出来ないならやめたほうがいいと思います。
最初から黒字の企業もかなり多いと思います。
何をしたいのかわかりません。
業種によりかなり違うと思います。

この回答への補足

toteccorpさん、ありがとうございます。
プランを考えて、しっかりとベースを固めたうえで起業したいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2008/12/29 18:21
    • good
    • 0

業種業態にもよりますし


開業にどれだけ費用をかけるかにも
よるのではないでしょうか?

赤字を予測することも大事ですが
赤字にならない様にすることを考える方が
大事だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

menfuku18さん、ありがとうございます。
赤字になることを予測できるなら起業しませんよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/29 18:21

3年

    • good
    • 1
この回答へのお礼

zorroさん、ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/29 18:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2期連続赤字で債務超過ですが国民生活金融公庫や中小公庫から借入できますか?

<前提条件について>

(1)3年前に収益不動産事業のための有限会社を設立しました。その際に国民生活金融公庫から1800万円の融資を受けて2200万円の中古アパートを購入しました。今のところほぼ満室に近い状態です。

(2)1年前には信金から3500万円の融資を受けて4500万円の商業用テナント物件を購入しました。こちらも大手企業に15年契約で賃貸していて順調です。

(3)ただ、商業用テナント物件を購入した際に付属していた古家を取り壊したために多額の除却損が発生してしまい、貸借対照表上は600万円程度の債務超過になってしまっています。また、創業後1期目は創業赤字でしたので2期連続赤字決算となっています。

(4)保証人は代表を務める私の他に、主人にもついてもらいます(主人の収入は安定しています)。


<相談事項について>

(1)3棟目の物件購入のため国金か中小企業金融公庫に融資を申し込みたいと考えています。バランスシートが債務超過になっている場合でも、従来の賃貸事業が全て順調で、かつ、新規賃貸案件の事業計画と担保もしっかりしている場合には、資産超過の場合と同じ条件で借り入れすることは可能でしょうか。
ちなみに、今回は5000万円の物件をいったん自己資金5000万円で購入した後(私個人の資金を会社に繋ぎ融資)国金か中小公庫に対して4000万円程度申し込もうと思っています。

(2)また、増資することにより簡単に債務超過を解消することができる状態になっています。債務超過のままで借入申込みするよりも、借入申込みの前に増資した方がよいのでしょうか。

(3)更に、せっかく増資するのであれば、変則決算となってしまいますが決算を前倒しして絞めて(決算期変更)、債務超過となっていない最新の決算書を作ってしまった方が良いのでしょうか。

(4)増資をする場合、資本金の額によって法人税など納税額は増えてしまうのでしょうか。消費税については資本金1000万円未満であれば非適用なので、その範囲の増資に留めようと考えているのですが、他に気を付けた方が良いことはあるでしょうか。

(5)増資金額のうちの半分を資本準備金に組み入れて、資本金を1000万円未満に抑えながら純資産の部に厚みを持たせるという方法は有限会社の場合でも可能なのでしょうか。

とりとめのない質問になってしまい申し訳ございません。どうぞよろしくお願い致します。

<前提条件について>

(1)3年前に収益不動産事業のための有限会社を設立しました。その際に国民生活金融公庫から1800万円の融資を受けて2200万円の中古アパートを購入しました。今のところほぼ満室に近い状態です。

(2)1年前には信金から3500万円の融資を受けて4500万円の商業用テナント物件を購入しました。こちらも大手企業に15年契約で賃貸していて順調です。

(3)ただ、商業用テナント物件を購入した際に付属していた古家を取り壊したために多額の除却損が発生してしまい、貸借対...続きを読む

Aベストアンサー

まず、一期目の創業後の赤字の原因が、創業費償却でどの程度出たかにもよります。また、減価償却は、毎期満額してありますよね。
 銀行サイドの貸借対照表は、役員借入金は、消されますので、債務超過にはなりません。
 下手な小細工はしない方が良いかと思います。順調な賃貸料収入が入ってきているのなら、今度購入予定の物件ならびに、今までの賃貸物件の今後の事業計画を提出すれば、返済がうまくいく?という事で、簡単に借りられると思います。
 現在、債務超過でなくなったとしても、今後の見通しもしっかりしていないような会社には、二の足を踏む恐れもあります。

Q自営してる飲食店を閉店させたほうがいいのか

飲食店を開業してまだ4ヶ月なのですが、早期撤退が良いのかも知れないと思い始めています。
・10坪ほどの店舗 バイト1名
・毎月約30万円の赤字
   借り入れ返済と自分の生活費は別
・居抜き店舗で過去5人位の方が営業するも皆一年もたずに潰れてしまったらしい
   リサーチ不足は深く反省してはいるが、ここが一番   気になっている。
・運転資金がピンチ
   預貯金は、ほぼゼロ。
   生命保険を崩していく予定
・何とかしなくてはと思いつつ正直、鬱気味。

借金とかリース代とかお金のことで頭が一杯で、店を盛り上げるアイデアはあるものの実行に移せている部分が少なく、それでまたへこんでしまう始末。
弱い奴甘い奴だと思うでしょうがよろしおねがいします。

Aベストアンサー

◎『借金とかリース代とかお金のことで頭が一杯で』この現状が一番のポイントかと思慮致します。

◎飲食店に係わらず、経営者が資金繰りに没頭してしまうと、その「資金繰り」が「仕事」に為ってしまいがちです。

◎「資金繰りが出来た」「支払いの目処」の事々が仕事となり、本業にはなかなかエネルギーを注げなく為って来ると思います。

◎あなたの仕事・夢を、無責任にこんな短文で「直ぐに撤退しなさい」等と云うのは非常識と解っています。

◎しかしながら、これ以上の借金は「無駄金・捨て金」に為ってしまうのではと思います。

◎まだ、借り入れ出来る余力や、将来親兄弟に頼む事に為るので有れば、現在の店の「延命」に使うのではなく、次のチャンスや「立ち直り」の為にお使いに為る事が良策と私は考えてしまうのですが・・・・。

◎どちらにしても、「冷静に・俯瞰の目」で頑張って下さい。

Q決算書の見方で赤字や黒字を見るにはどこを見ればよいのでしょうか?

今期黒字とか通期で赤字とか聞きますが、これは決算書のどこの部分を見ると、赤字から黒字になったことが分かるのでしょうか?
簡単な質問ですみません。

なぜなら黒字と言っている会社が、経常損益、当期損益と出ているので、本当に黒字なのかと思いまして・・・

どなたか専門ではないので、簡単にして説明をお願いします。

Aベストアンサー

通常、会社の損益は営業損益、経常損益、当期損益の3つで表されるます。
これは会社の収入と費用を一定の区分で段階的に整理して、それぞれの段階での損益を表示することになっています。
ご質問の「赤字」「黒字」ですが、これら損益の表示は黒字の場合は例えば経常損益ですと、「経常利益」として金額はプラスで表されます。
これが赤字の場合は「経常損失」として金額はやはりプラスで表します。
通常は見かけませんが「経常利益」と表示して赤字の場合ですと、金額の頭に▲を付することになります。
「経常損益」を▲で表す場合は「経常損(▲)益」としたうえで金額の頭に▲を付した方が紛らわしくなくていいと思います。

Q開業 会社が軌道に乗るまで通常何年

会社運営資金は4年分程度用意しています。
小さな起業ですが、通常平均どのくらいの期間で黒字化になるのでしょうか?
一般的な話としての質問です。細かい業務内容などは余り関係なく、
あくまでも平均的な話での回答をお教え下さい。

Aベストアンサー

すみません、質問内容からズレてしまいますが・・・

>ごみを探すためのガソリン代が年3万円程度です。

30,000円/150円=200L
このガソリン代だと軽トラックでも満タンで6~7回分程度にしかなりません。
燃費にもよりますが、大体3,000km分ではないでしょうか。
そうすると月に250km程度しか走れませんよ。
捨ててある物を探すにも、足(車)で探す事になりますが、
大丈夫ですか? 足りますか?
ご近所にそうそう捨てられてあるとも限りませんし。
もう少し運転資金(ガソリン代)を再考した方がよろしいかと存じますが・・・

あと、個人事業主や中小企業に関しては、商工会や商工会連合会に
相談しに行くと起業に必要な情報を無料で教えてくれるようです。
~~関係の企業継続年数とか、年間の起業数/廃業企業数などなど。
また、商工会主催で起業家向けに、低費用で起業セミナーを
開催している場合もあるそうです。
その際に運転資金や黒字化までの構想などの基礎知識を教えてくれるそうです。
さらに最初の2~3ヶ月は売り上げゼロの可能性が有り、
ある程度の覚悟が必要な事も教えられたそうです。
上記の事は、近々起業予定の知人から以前聞いた内容です。

すみません、質問内容からズレてしまいますが・・・

>ごみを探すためのガソリン代が年3万円程度です。

30,000円/150円=200L
このガソリン代だと軽トラックでも満タンで6~7回分程度にしかなりません。
燃費にもよりますが、大体3,000km分ではないでしょうか。
そうすると月に250km程度しか走れませんよ。
捨ててある物を探すにも、足(車)で探す事になりますが、
大丈夫ですか? 足りますか?
ご近所にそうそう捨てられてあるとも限りませんし。
もう少し運転資金(ガソリン代)を再考した方がよろしいかと存じま...続きを読む

Q減価償却前の黒字って?

赤字経営の公立病院が、「償却前は黒字」という
言い方をしていますが、償却前黒字ということに
どのような意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

償却のことについて、No.1の方が詳しく解説してくださっているので、なぜ償却前にこだわるかについて。

金融機関が危ない融資先を潰すか、存続させるかという判断を行うときに、償却前利益を重視します。
キャッシュフロー計算書を見れれば一番いいのですが、作っている会社が少ないためです。

償却前利益が黒字ということは、概して営業CFも黒字というケースが多いです。
したがって、新たな設備投資が必要なければ、融資先を潰さずとも貸付金を回収していけることになります。
設備が老朽化して、大きな設備投資が必要になった段階で潰せばいいということですね。

赤字経営の公立病院も同じことで、償却前は黒字ということは、税金の追加的な投入が当面は必要ないということで、今すぐ閉鎖する必要がないという結論になります。

Q起業に失敗した方は、その後の生活はどのようにしているのでしょうか?

起業に失敗した方は、その後の生活はどのようにしているのでしょうか?

今は正社員での就職は非常に難しい社会だと思います。
特にある程度の年齢であれば、ますます難しくなると思います。

起業後、失敗して廃業した場合、それから安定した正社員の仕事を
探すことは非常に難しいと思います。
だからと言って、何度も何度も起業ができるものとは思えません。

起業に失敗した方のその後の仕事や生活はどのようになるのか
教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

まぁ・・いろいろですよ。
事業に失敗して廃業=個人破産
というわけではありませんし(そもそも破産しなくてはならないほどの資金を貸し付けてもらえるようになるのはずいぶん先のことでしょう(笑))
改めて再出発ということもあるでしょうし,取引先や知人・友人のやっている会社に入ったり(これ以上のコネはありませんしね(笑))、あるいは個人事業として業務請負っていうこともあるでしょう。どうなるかは自分の実力,そして周囲からの自分の評価次第でしょう。

会社員時代というのは,仕事は会社から与えられるものっていうイメージかもしれませんけど,自分で事業をやっていくということになればやはり全てはネットワークで動いているのだということが身にしみてよく分かると思います。そのネットワークの中で自分は他の人を助けることもあれば,逆に助けられることもあります。

Q会計的にいうと赤字・黒字とは何ですか?

赤字・黒字とよく言いますが、会計の5つの利益のうち
何が赤字・黒字というのでしょうか?

そもそも
営業利益がプラスなら”営業利益”
営業利益がマイナスなら”営業損失”

で営業黒字、営業赤字という言葉はあるのでしょうか?

当期純利益、当期純損失といいますが
当期純黒字、当期純赤字という言葉は聞かないし・・・。

赤字、黒字とは何でしょうか?
また、連続増収増益といいますが、
増収は売上高だと思うのですが
増益は何の利益が連続してふえているのでしょうか?

詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

>赤字、黒字とは何でしょうか?

黒字は
 売上総利益(粗利)
 営業収益(営業利益)
 経常損益(経常利益)
 税引前当期純損益
 当期純損益
  のどれかが、プラスの場合に黒字と称します。

赤字は
 上記のどれから、マイナスの場合に赤字と称します。

 語源は、簿記の時にマイナスは赤字で記帳することから由来しているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%AD%97

簿記用語から発生した言葉ですから、会計の世界では一般的な用語ではあり
ますが、正式な会計用語ではありません。
また、赤字国債、家計が赤字等、簿記の世界だけでなく一般的に赤字、黒字
の語は使われています。

>で営業黒字、営業赤字という言葉はあるのでしょうか?

営業利益が黒字の場合に、営業黒字と言っても一般的に意味が通じると思われ
ます。
 ※私は、勘違いを避ける為に営業利益がマイナス、営業収益が赤字・・・の
  ようにどの段階の収益がマイナスであるかを的確に伝えるようにしています。

>また、連続増収増益といいますが、

これは鋭い質問ですね。
私の場合は、都合の良い様に使っています。
 ※◯期連続増収増益は耳障りの良い言葉ですから、できるだけ使いたいですね。
 ※都合の良い収益をつまみ食いします。
 ※大企業の決算要旨の「業績の状況」を見ても統一性はありません。
 ※企業にとって、営業利益が増やすことが企業の本来の目的ですから、営業利
  益をもって増益とするのが正しいような気がします。(私見)
  (営業外や特別損益は企業業績を直接的には表しませんので・・・・)

>赤字、黒字とは何でしょうか?

黒字は
 売上総利益(粗利)
 営業収益(営業利益)
 経常損益(経常利益)
 税引前当期純損益
 当期純損益
  のどれかが、プラスの場合に黒字と称します。

赤字は
 上記のどれから、マイナスの場合に赤字と称します。

 語源は、簿記の時にマイナスは赤字で記帳することから由来しているようです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E5%AD%97

簿記用語から発生した言葉ですから、会計の世界では一般的な用語ではあり
ますが、正式な会計用語...続きを読む

Qこれから個人事業主として開業しますが赤字ってどう?

お世話になります。

掲題の件に関して教えていただきたいです。

再来月より個人事業主として活動していきたいと思います。
再来月となると11月より開業という事になります。
よって、今年の個人事業主としての活動は赤字となります。

ですが、会社勤めだったので、10月までの所得があり、結果黒字で抑えようと思えば抑えれます。
(開業の経費を少なくして来年に使うという事で)

ですが、上記のように赤字を回避するのって勿体無いと思うのですが、以下の考えは間違っていますか?



「個人事業主は赤字を来年に繰り越せる」という特典があるのはわかります。
それを踏まえた上で以下に記載します。


開業費にかかる費用を今年にたくさん追加させる。
ギリギリ黒字にさせる事は節約すれば可能だが、あえて赤字にさせる。

来年は、ギリギリ黒字にさせる。

または、来年も赤字にさせる。
そして、再来年でギリギリ黒字にさせる。


2年続けて赤字は個人的にイヤなのでやりませんが、
そもそも初年度を赤字にさせるのは次年度の事を考えると得策だと思うのですが
実際のところどうなのでしょう。


赤字にさせた方が得策というような質問が無かったので質問させて頂きました。
もし、似たような質問があった場合申し訳ございません。


お手数ですが、ご教示願います。

お世話になります。

掲題の件に関して教えていただきたいです。

再来月より個人事業主として活動していきたいと思います。
再来月となると11月より開業という事になります。
よって、今年の個人事業主としての活動は赤字となります。

ですが、会社勤めだったので、10月までの所得があり、結果黒字で抑えようと思えば抑えれます。
(開業の経費を少なくして来年に使うという事で)

ですが、上記のように赤字を回避するのって勿体無いと思うのですが、以下の考えは間違っていますか?



「個人事業主は赤字を...続きを読む

Aベストアンサー

起業前からそのようなことを考えるのはどうかと思いますよ。
それに、赤字に出来るとか黒字に出来るとか、任意でどうこうすべきものではなく、事業計画の資金計画で考えるべきでしょう。

青色申告をしっかりと行えれば、赤字は繰り越すことが出来ます。しかし、減価償却資産(固定資産や繰り延べ資産)として計上しておくことで、費用の繰り延べを図ることも可能です。
初年度の赤字であれば、同一年に給与所得がありますので、損益通算を行うことで、給与所得で納付済みの所得税の還付に回すことも可能でしょう。

基本的に黒字であれば所得税や住民税の所得割が発生します。しかし、赤字であれば、これらがかかりません。

ですので、お金を外部に出さずに経費の計上を合法的に行い、赤字化するのです。そうすることで、お金を残しつつ、税金を節税させるのです。

赤字や黒字というのは、お金が残っているかどうかの話ではありません。例をあげれば、借金をしても収入として計上する必要もなく税金に影響しません。その逆に返済は経費になりません。黒字でお金がなく倒産するような会社もあるぐらいですからね。

経営者は、税務署を嫌います。税務署は経営者などの判断や見られたくない部分をつつき、そこ士でも税金を取ろうと調査を行います。しかし、大きな赤字の会社をいくらつついても、黒字にならなければ基本的に税金は取れません。それに起業当初数年程度の赤字の事業なんて珍しくありません。目立たない時期に多少強引な節税対策をするという、自己責任的な対策も考えられます。これは、脱税すべきという話ではなく、法解釈と取引の解釈により、多少強引な見解をもって合法という判断のもとで行う節税対策ですね。

通常、これらのことを理解できている状態で起業するような人は少ないことでしょう。税理士に依頼していても、税理士が判断が割れるような解釈を進んで行うということは少ないでしょう。やりすぎて問題が起きくなれば、脱税指南として処罰され、税理士として仕事が出来なくなるリスクを顧問料程度で負いきれませんからね。

素人判断で赤字や黒字などと処理すれば、当初の判断が法律の範囲内であっても、会計処理や税務処理、社内保管文書(契約書など)などと矛盾が生じ、税務調査などで不利な立場になる可能性も高いことでしょう。

私は副業的に経営コンサルタント(おもに起業時)を行います。前職は税理士事務所です。
税理士資格はありませんので税務指導などは行えませんが、業務の都合上税理士が作成した決算書や申告書を見ることもあります。業界の知識がない税理士と税務や会計知識のない経営者の間で作成したものは、いい加減なものが多く、事業主が損をしていることも多いですね。
さらに、偽税理士行為をしているような青色申告会の元職員などが手掛けたようなものも、税金の対策などを全く考えないような計算方法や処理方法をとっていることも多いですね。私が紹介した税理士が処理した結果、年間数十万円の税金が無くなり、税理士報酬を払ってもお金が残るようになったこともありますね。

私自身すべてにおいて知識があるわけではありませんが、素人の域の知識であれば、試行錯誤せずにそのままの数字で考えるべきだと思います。

起業前からそのようなことを考えるのはどうかと思いますよ。
それに、赤字に出来るとか黒字に出来るとか、任意でどうこうすべきものではなく、事業計画の資金計画で考えるべきでしょう。

青色申告をしっかりと行えれば、赤字は繰り越すことが出来ます。しかし、減価償却資産(固定資産や繰り延べ資産)として計上しておくことで、費用の繰り延べを図ることも可能です。
初年度の赤字であれば、同一年に給与所得がありますので、損益通算を行うことで、給与所得で納付済みの所得税の還付に回すことも可能でしょう...続きを読む

Q「フォームの背景色」と同色に設定する方法を教えてください。

「フォームの背景色」と同色に設定する方法を教えてください。
Ms-Access2000のフォームのコントロールに対し条件付書式にて設定したいのです。
背景色は、Windowsのテーマによって変更するので、その色を背景色として設定したいのです。

Aベストアンサー

「フォームの背景色」というのを
「フォーム ヘッダーの背景色」「詳細の背景色」「フォーム フッターの背景色」
の事だとすれば、そこにマイナス値が書いてあるはずですので
その値を使います。
で、それをどこに入れるかというと、
コントロール.FormatConditions(0).BackColor = -2147483633
ってな感じでVBAを使って入れます。

Q自営業に疲れ果てました・・・

私は30代後半の男性ですが30代半ば辺りから自営業をしてきました。

職種はネット販売の仕事です。

ここ半年前から価格競争の波に飲み込まれ以前より売り上げがかなり落ち込んでしまいました。

毎日毎日お金のやりくりに頭を悩まし朝目が覚めるとまず思い浮かぶのがお金の事です。

それまではそれなりに売り上げもあり特に問題もなかったのですが売り上げが落ち込むと

一気にその反動が跳ね返ってきました。

最近では再度サラリーマンに戻ることを考えております。

冷静に考えてこのままの状態を続けていても正直厳しいかなというのが現状です。

副業レベルでする分にはそれなりに儲けもあるのでいいのですが本業でしていくとなると収入面

でどうしても厳しい面がありまだ独身なのでいいですがこんな状況では結婚はまず難しいと思います。

サラリーマン時代はやれ休日が少ないだの給料が少ないだの色々と愚痴をこぼしていましたが

今のこのプレッシャーを考えると雇われて毎日決まったお金が入ってくることがどれほど幸せ

なことだったのかと身にしみて感じます。

正直、友人達にもあまりこういう相談もしたくありませんので毎日一人悩んでおります。

再起を計るにしてもその為にはまずお金が必要なので、とりあえず今はサラリーマンに戻り

いったん生活を安定させてからと考えております。

従業員がいないので責任は自分一人だけで負えばいいので幸いですが、従業員をかかえている

経営者というのはとてつもないプレッシャーを日々負っているのだと今になってよくわかりました。

そこで客観的なご意見をお聞きしたいのですが根本的に私のような考え方は経営者として向いていないのでしょうか?

私は30代後半の男性ですが30代半ば辺りから自営業をしてきました。

職種はネット販売の仕事です。

ここ半年前から価格競争の波に飲み込まれ以前より売り上げがかなり落ち込んでしまいました。

毎日毎日お金のやりくりに頭を悩まし朝目が覚めるとまず思い浮かぶのがお金の事です。

それまではそれなりに売り上げもあり特に問題もなかったのですが売り上げが落ち込むと

一気にその反動が跳ね返ってきました。

最近では再度サラリーマンに戻ることを考えております。

冷静に考えてこのままの状態を続けて...続きを読む

Aベストアンサー

>根本的に私のような考え方は経営者として向いていないのでしょうか?

向いていないですね。

これで経営者の苦労がわかったでしょうから、
これからは経営者が従業員に多少を無理難題と
思われる苦労を押し付けようが、
ブラック企業だろうが、
従業員に毎月定期的に給料を渡しているだけで、
たいしたものだと思えることでしょう。

こういう感性は、サラリーマンでは中間管理職向きです。

小さい会社の経営者には、
・とにかく突き進むブルドーザーのような突進力
・なんでも自分の都合のいいように解釈する厚かましさ
・批判や非難に耐える神経の図太さ

のある人が性格としては向いています。
能力や知識はまた別ですよ。。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング