12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

昨年開業し、初めての青色申告を控えている個人事業主です。
棚卸から躓いています。

美容業なのですが、開業前に使っていた材料(仕入時の金額が不明)を、開業後も使用しています。


下記に流れを書いてみたので、ご指摘頂ければ幸いです。


(1)材料の現在の仕入価格を調べて仕入金額とする。
 ↓
(2)期首在庫にする
 ↓
(3)開業後からの使用量が不明なので、開封しているものはゼロとする。
 ↓
(4)『期首在庫』+『期首~期末仕入』-『期末在庫』


期首在庫は開業日に仕分ければいいのでしょうか
仕入 〇〇〇 / 期首在庫? 〇〇〇


宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちわ。



◇開業前に使っていたヘアーリンス(仕入時の金額が不明だが、かりに5万円とする)を、開業後も使用している。
◇そのヘアーリンスのうち開業前に練習用として使ったものを、かりに3万円とする。開封済みのリンスは、たとえ中身が残っていても練習用として使ってしまったものとみなす。
◇開業時のヘアーリンスの在庫は、差引き2万円である。
以上の条件を設定して、以下、回答します。



>(1)材料の現在の仕入価格を調べて仕入金額とする。

仕入時の金額が不明なのであればやむを得ません。それで結構です。

>(2)期首在庫にする

開業時の在庫金額が、事業開始年度(初年度)の期首の在庫金額になります。
ただし、開業時の在庫金額に限り特殊な会計処理をするので、下記をご覧ください。

>(3)開業後からの使用量が不明なので、開封しているものはゼロとする。

はい。OKです。

>(4)『期首在庫』+『期首~期末仕入』-『期末在庫』

関係式が不充分です。完成させると、
『当期首の材料在庫』+『当期中の材料仕入』-『当期末の材料在庫』=当期中の材料売上原価

>期首在庫は開業日に仕分ければいいのでしょうか
仕入 〇〇〇 / 期首在庫? 〇〇〇

開業時の在庫金額(2万円)については特殊な会計処理をします。開業日の日付で次の仕訳を起票して下さい。
〔借方〕仕入高20,000/〔貸方〕事業主借20,000
【摘要欄】事業開始に伴う期首材料在庫を計上

なお、練習用として使った3万円のヘアーリンスは、美容業の技術の取得のために使ったのですから「事業所得・・を生ずべき事業を開始するまでの間に開業準備のために特別に支出する費用(所得税法施行令(繰延資産の範囲)第七条第一項第一号)」に該当します。ですから、やはり開業日の日付で次の仕訳を起票して繰延資産(科目は開業費)に計上して下さい。
〔借方〕開業費30,000/〔貸方〕事業主借30,000
【摘要欄】練習用の材料を開業費に計上


※以上、税込経理方式。事業のご成功を祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉足らずだったのに、汲み取って頂きありがとうございます。

大変詳しく書いて下さったので、開業時の在庫、当期中の在庫売上原価についてもばっちり仕訳できそうです!
回答ありがとうございました。

お礼日時:2014/01/10 22:47

考え方が怪しいから躓くのです。

開業前の在庫の棚卸しの意味は,開業の為に購入した在庫に対して行う棚卸しを云うのです。これらは証憑書類がある筈です。これに従って棚卸しをするのです。手を付けたものは開業にも棚卸しにも関係ないのです。

期首在庫であれば下記のように仕訳します。
期首商品棚卸高00000/商品00000

期末に未使用や売れ残った商品の場合の仕訳。
商品00000/期末商品棚卸高00000

美容業での化粧水等は,秤や目分量で残量計算しますが,それでよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>考えが怪しいから…
仰る通りです。開業日よりもっと前から練習用として使用していた材料で、その時の領収書を破棄してしまっていたことが全ての元凶です。

>手を付けたものは開業にも棚卸しにも関係ない…
>美容業での化粧水等は…
そうなんですね、秤や目分量で計算出来ないものだったので、手を付けたもの→ゼロとして処理したいと思います。
回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/01/10 16:27

開業日はお店をオープンした日ではありません。

事業を開始した日です。
事業を開始した日というのは、お店をオープンするために材料を仕入れたり、店舗のためのテナントを借りたりするために最初にお金を使った日だと思ってください。

最初にお金を使うということは、お店をオープンするための元手をいくらにするのかを決めた日です。ですから、その時点では貸し方に元入金、借り方に現金があるだけです。それから店舗の契約のための費用を払ったり、材料を購入したりして、在庫や固定資産が生じてくるのです。

会計のスタートはお店のオープンの日ではありません。お金を使い始めた日です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、開業日はお店のオープンより3ヶ月前にしました。
ですが、それよりもっと前から練習用として使っていた材料があったのでご相談させて頂きました。
言葉足らずですみません、回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/01/10 16:21

>開業前に使っていた材料…



開業前に材料を使っていたってどういうことですか。
自分か家族の頭に使っただけなのなら、何も関係ありません。
既にお客さんを集めていたのなら、初めてお客さんを迎えた日が開業日です。

>仕入時の金額が不明…

不明なものは 0 円にします。
どうせ見本品か何かでただもらいしたものもあるでしょうから。

>(3)開業後からの使用量が不明なので…

材料の仕様具合も分からないのでは、青色申告は否認されます。

>開封しているものはゼロとする…

分かる分からないではなく、開封したものを 0 個と考えることはそれで良いです。

>期首在庫は開業日に仕分ければいいの…

だから、開業時点で在庫があること自体がおかしいです。
開業とは 0 からスタートすることです。

もっと昔から開業していたのに、税金の申告をしてこなかったと言うだけの話なんでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

仰る通り、材料は知人に練習用に使用したものです。
開業日より前に料金を頂いたことはありません。
参考にさせて頂きます、回答ありがとうございました!

お礼日時:2014/01/10 16:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q期首棚卸高はどうすれば・・・

今年11月から飲食店を始めました。
(やよいの青色申告ソフトを使っています)

期末棚卸高は、12月31日で残っている材料費等を計算するのは
分かるのですが、振替伝票には期首棚卸高も必要ですよね。

(1)この場合、期首棚卸高とは、開業日以前に仕入れていた材料費の
ことなのでしょうか?

(2)決算仕訳で
 借方:材料/○○円 貸方:期首商品棚卸高/○○円
 借方:材料/○○円 貸方:期末商品棚卸高/○○円
という入力でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ひとつ書き忘れました。期末の棚卸高の仕訳は
借方:期末商品棚卸高/貸方:仕入(材料費?)
です。期末棚卸処理は売上に対応する原価を計算するために仕入高のうち未販売(未使用)の分を減額する処理であって、質問のような仕訳にはなりません。
なお、製造業なら材料は商品ではなく「材料」として計上します。「商品」とは販売業の場合の仕入れて転売するするものを指します。製造業でないなら「材料」という科目は使いません。
ただし、会計ソフトの入力方法がどうかまでは存じません。あるいは質問のような入力をすれば適正な仕訳をするのかもしれませんので、ソフト会社のサポートに確認すべきでしょう。

Q開業前の原材料と製品の仕訳について

個人事業主でハンドメイド雑貨を製造販売しています。
2010年度分は白色で申告して2011年度分から青色で申告しようと
去年の1月に開業届と青色申告の申請書を出しました。
開業前からの原材料と製品の仕訳方法がよく分からず混乱しております。

開業日に原材料10000、製品5000の在庫があるとすると仕訳は

1, 原材料仕訳
材料仕入高 10000 / 元入金 10000

2.製品仕訳
「開業年には期首棚卸高はない」ので仕訳なし?

で良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>開業日に原材料10000、製品5000の在庫があるとすると仕訳は

1:原材料在庫の仕訳は、開業日の日付で
材料仕入高 10000/元入金 10000
でOKです。便宜的な仕訳ですが。

2:製品在庫も、開業日の日付で
材料仕入高 5000/元入金 5000
と仕訳しましょう。製品の原価計算を考慮すると、この仕訳は正確な仕訳とは言えません。これも便宜的な仕訳とお考えください。


>「開業年には期首棚卸高はない」ので仕訳なし?

いいえ。2:の仕訳をしておかないと、製品の売上原価の計算が狂ってしまいますね。

Q開業費に関する仕訳について教えてください。

今年から飲食店の個人事業主になった者です。
青色申告を予定しています。

そこで、開業費について質問ですが、
開業日前に購入した仕入や消耗品費はどちらも開業費に含めても
かまわないのでしょうか?

できればどちらも開業費に含めたいと思っているのですが。

つまらない質問かもしれませんが、困っています。
どうか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

開業費に計上できるのは、開業の準備のために要した費用を言います。従って、
1,仕入は開業費に含まれません。
2.器具・備品類は一個または一組の価額が10万円以上のものは
  減価償却資産になりますので、開業費には含みません。
3.上記以外の通信費、水道光熱費、交通費等、開業前の経費は
  開業費に計上できます。
 
*仕訳はいずれも開業日の日付で
  仕入/事業主借
  器具備品/事業主借
  開業費/事業主借

*開業費は5年以内の期間で任意償却できます。
 従って、初年度以降5年以内は黒字になるまで
 償却しない方が有利です。

Q開業届を出す前の収入がある場合の青色申告について

2010年に会社を辞め、求職してきましたが就職できないまま、無収入でもいられないので、2010年末よりアフィリエイトを始めました。
就職活動と並行してアフィリエイトを続けた結果、そこそこの収入を得るまでになったので、求職活動を止め、個人事業主としてやっていくことにしました。

そう踏ん切ったのが2011年9月で、税務署に行って青色での開業届を出したところ、1ヶ月しか遡れないから、ということで8月1日付けで開業ということになりました。

現在確定申告の作業中で、当然のように8月1日からの収益で記帳していたのですが、ふと、1月~7月の収益(100万くらい)はどうしたらいいのか、疑問になりました。

調べてみると、雑収入とするという見解と、申告すると青色申告にはならない(白色申告になる)という見解があり、判断に困っています。

明日には税務署に問い合わせようと思っていますが、心づもりをしておきたく、もしご意見をお持ちのかたがいらっしゃれば、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

調べてみると、雑収入とするという見解」
誤りです。
事業にかかる所得なので、事業所得です。

申告すると青色申告にはならない(白色申告になる)という見解があり」
誤りです。
事業開始日より前に経費支出もあれば、売上もありえます。

8月1日に開業してるというのに、実際の帳面はそれ以前から収支記録がある。
開業届けがインチキであり、それに伴う青色申告の承認申請もインチキであるとして取消をされる可能性がないとはいいません。
しかし、申告書には総勘定元帳を添付するわけでなく、仮に税務調査で開業前の収支があったとしても、青色申告承認取消などされませんので、安心してください。

事業開始届けは「税務署から色々な案内を貰うための手段」と思えばいいです。
開業届けを出してないから事業所得にあたらないというものではなく、開業日を届けるのは青色申告承認申請を受理する際の基準日としてだけです。
開業日を税務署員が調査でどうやって確認するのか考えてみれば「適当な日」でよいことがわかります。

「開業日前の売上がありますね」などと質問する署員などまずいません。いても「開業前に売上が立つ」ことは、当たり前にありますから、むしろ自然です。

調べてみると、雑収入とするという見解」
誤りです。
事業にかかる所得なので、事業所得です。

申告すると青色申告にはならない(白色申告になる)という見解があり」
誤りです。
事業開始日より前に経費支出もあれば、売上もありえます。

8月1日に開業してるというのに、実際の帳面はそれ以前から収支記録がある。
開業届けがインチキであり、それに伴う青色申告の承認申請もインチキであるとして取消をされる可能性がないとはいいません。
しかし、申告書には総勘定元帳を添付するわけでなく、仮に税務調査...続きを読む

Qハンドメイドの雑貨を販売するネットショップを立ち上げようと思っておりま

ハンドメイドの雑貨を販売するネットショップを立ち上げようと思っております。
帳簿のつけ方で数点わからないことがあるので教えていただけたらと思います。


(1)今まで1年ほど趣味でやっておりましたので、材料がいろいろと手元にあるのですが
 開業してからこの材料を使用して商品を作る場合、
 帳簿にはどのように記載すればいいのでしょうか?
 材料個々の金額はわかるのですが、今まで個人の趣味でやっていたため、
 レシート等はありません。

(2)販売商品がハンドメイドのため、仕入れたものをそのまま売るわけでは
 ないのですが、必要な材料を購入した場合、科目は「仕入」に
 なるのでしょうか?
 また、商品を作るために、洋服などのパターン(型紙)を購入した場合
 「仕入」でしょうか?「経費」でしょうか?

簿記に関しては素人なので教えていただけると大変助かります。

Aベストアンサー

開業時に資産となるのは、現金だけでなく、物も資産として計上できます。
時価でおよそ評価して、原材料として計上した方が良いかも知れません。
個人事業では厳密にやると手間ばかりかかるので、そういうのはまったく計上しないケースの方が多いとは思います。

厳密には、売れた分(売上)に対応する原材料が仕入れ(原価)です。
しかし、1つ1つの出し入れを個人業でやる人はないでしょう。細かいことがよぽど好きな人はやるでしょうけど、現実には仕入れた段階で仕入とし、年度末に在庫を時価等で評価して仕入から差引きます。(年度末に資産に移動し、年初に仕入に戻す)
これも、もっと簡略化しているケースもあるかも知れません。個人業を色々見てたので、結構大ざっぱでしたよ。
在庫の棚卸をしっかりやっていたら、税務署もそうそう文句は言わないと思います。

型紙については、厳密には消えてなくなるものではなく、何年もに渡って使用しますが、固定資産に計上するほど高額でないなら、1つ1つ経費にすれば良いでしょう。
ただ、売上に対して比例しない原価なので、仕入というよりはハサミや裁縫道具と同じ消耗品という扱いの方が良いように思います。

開業時に資産となるのは、現金だけでなく、物も資産として計上できます。
時価でおよそ評価して、原材料として計上した方が良いかも知れません。
個人事業では厳密にやると手間ばかりかかるので、そういうのはまったく計上しないケースの方が多いとは思います。

厳密には、売れた分(売上)に対応する原材料が仕入れ(原価)です。
しかし、1つ1つの出し入れを個人業でやる人はないでしょう。細かいことがよぽど好きな人はやるでしょうけど、現実には仕入れた段階で仕入とし、年度末に在庫を時価等で評価して仕...続きを読む

Q前年度で棚卸をしなかったので期首商品棚卸高がわかりません

個人事業で今年初めて青色申告します。
全くの初心者です。

前年度は利益がなかったので申告はしませんでした。
恥ずかしながら簿記の知識もなかったので棚卸というものをしていませんでした。
期首商品棚卸高はどうしたら良いでしょうか。
期末商品棚卸高だけの記入で良いのでしょうか。
伝票から大体の金額を割り出したりした方が良いのでしょうか。

自宅で一人の小さな事業なので金額は少ないです。
教えて頂けると助かります。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

言葉は悪いですが、今となっては書類(実地棚卸表)をでっち上げるしか有りません。
在庫額は、期中に紛失や破損などの損失が無い限り、次の等式が成り立ちます。
 期首在庫+当期入庫=期末在庫+当期出庫
で、この式を変形すると
 期首在庫=期末在庫+当期出庫-当期入庫
つまり、2番様が書かれている方法を取ればよい事になります。

Q開業前(オープン前)に仕入れた食材の会計処理は?

22年6月15日に飲食店を個人事業を開業したのですが、オープン前に仕入れた食材の会計処理は? どうすればよいのでしょうか?

6月14日のオープン前日までにオープン以降に使うための食材や調味料、お米などを購入しましたが仕分けはどうすれば良いでしょうか? 開業費でいいですか???


野菜類 11,483円

酒類   17,920円

調味料  33,879円

肉類   47,720円

乾物類  41,905円

お米 9,300円(クレジットカード)

お米のみクレジット払いで後は現金です。

Aベストアンサー

発生主義経理、消費税込経理を前提として回答します。


開業前の支出のうち、棚卸資産に属するものについては、開業日の日付で一斉に仕訳を起します。

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高11,483/〔貸方〕現金11,483
【摘要欄】野菜類

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高17,920/〔貸方〕現金17,920
【摘要欄】酒類

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高33,879/〔貸方〕現金33,879
【摘要欄】調味料

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高47,720/〔貸方〕現金47,720
【摘要欄】肉類

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高41,905/〔貸方〕現金41,905
【摘要欄】乾物類

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高9,300/〔貸方〕買掛金9,300
【摘要欄】精米(あきたこまち)。DCカード。


※以上、すべて製造原価の部に計上します。(販管費ではありません)
※「食材仕入高」という科目を新設するのが望ましい。しかし「材料仕入高」または「材料費」を使っても良い。
※「現金」は「元入金」でも良い。
※DCカードの落丁日前なら「買掛金」ですが、DCカードの落丁日後なら「現金」または「元入金」です。

発生主義経理、消費税込経理を前提として回答します。


開業前の支出のうち、棚卸資産に属するものについては、開業日の日付で一斉に仕訳を起します。

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高11,483/〔貸方〕現金11,483
【摘要欄】野菜類

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高17,920/〔貸方〕現金17,920
【摘要欄】酒類

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高33,879/〔貸方〕現金33,879
【摘要欄】調味料

22年6月15日
〔借方〕食材仕入高47,720/〔貸方〕現...続きを読む

Q開業前の費用の仕分けについて教えてください

初めまして。11月2日に飲食店を開業しました。
みんなの青色申告というソフトを買い、さあ入力しようと思ったのですが、開業前のかかった費用についての仕分けがわからないので教えていただきたいです。
(1)10月分の家賃、保証金、家賃保証会社の年会費をプライベート口座から振り込みました。
(2)内装工事会社に、厨房機器・椅子トテーブルも一緒に頼み、合計額をプライベートの口座から振り込みました。
工事費、厨房機器、椅子・テーブルはどのように仕分けるのでしょうか。またプライベートの口座からなので事業主借であっていますか。3回に分けて振り込んだので3回振込手数料がかかってしまっています。この分もどのようにしていいかわかりません。
(3)食器をプライベートのクレジットカードで支払いました。10月中に引き落とされたものもあるのですが、開業後に引き落とされたものもあります。この場合も購入が開業日前ならまとめて開業日に入力していいのでしょうか。勘定科目も教えて下さい。
(4)10月分の電気代を10月25日に事業用の口座から振り込みました。この場合、11/2 水道光熱費○○○円/普通預金○○○円であっていますか。
(5)試作もかねて、食材の仕入れを10月末からしていました。10月分の仕入を11月6日にまとめてプライベートの口座から振り込みました。
この場合の仕分けは
11/2 仕入○○○円/買掛金○○○円
11/6 買掛金○○○円/事業主借○○○円となるのでしょうか。

たくさんの質問で申し訳ありませんがお分かりになる方宜しくお願いします。

初めまして。11月2日に飲食店を開業しました。
みんなの青色申告というソフトを買い、さあ入力しようと思ったのですが、開業前のかかった費用についての仕分けがわからないので教えていただきたいです。
(1)10月分の家賃、保証金、家賃保証会社の年会費をプライベート口座から振り込みました。
(2)内装工事会社に、厨房機器・椅子トテーブルも一緒に頼み、合計額をプライベートの口座から振り込みました。
工事費、厨房機器、椅子・テーブルはどのように仕分けるのでしょうか。またプライベートの口座からなので事...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>(2)なのですが、9/24、10/10、10/30の3回に分けて振り込んだ為、315円ずつ振込手数料………合計945円

済みません。見落としていました。

三回分を一括仕訳します。
〔借方〕開業費 945/〔貸方〕元入金 945
【摘要欄】315円振込手数料3件


>(3)の開業後に引き落とされたものなのですが、引き落とされた11/28付で

はい。プライベートの預金口座から引き落すのですから、

11月28日
〔借方〕未払金 150.000/〔貸方〕事業主借 150,000

Q仕入高・材料費 仕訳の違い!

なんとか弥生会計を使えるようになってきたのですが、簿記が苦手なので進みません(苦笑)

仕入高と材料費の考え方です。[製]材料仕入高・・というものもあり、本を見ても明らかな違いが分かりません。

例えば、手作りのバックをオークションで売った場合を想定して教えて頂けると助かります!!

基本的なことでお恥ずかしいですが、お願い致します!

Aベストアンサー

[売上原価]の区分にある「仕入高」は商品仕入高です。他社製のバックを仕入れて加工しないでそのまま販売する場合、「仕入高」を使います。

「材料仕入高」や「材料費」は[製造原価]の区分にあります。バックを作るための材料を仕入れるときはこれらを使います。決算で材料の棚卸高を計上するならば、「材料仕入高」を使う方が良いでしょう。棚卸高を計上しないならば、「材料費」を使う方が良いでしょう。

正しい決算をするためには、バックの主要な材料の棚卸高を計上するようにお薦めします。

Q個人事業主で個人の私物を売る場合

個人事業主で個人の私物を売る場合について教えてください。

現在、個人で私物を売ってお小遣い稼ぎをしていますが、

軌道に乗ってきたので個人事業主になろうと思います。

そこで、これから個人事業主になる場合、今個人で所有している物(商品)は、

引き継ぎ売ることができるのでしょうか?

また売ることができるとしたら、それは私個人から個人事業主が買取る(仕入れる)

という形になり経費(仕入れ)になるのでしょうか?


今ある商品在庫(現在個人の私物)、来月私が個人事業主になったら、その商品の扱い

勘定科目はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

資産計上するのは「減価償却が必要なもの」と考えればいいと思いますよ。

ですから「10万を超える価値がある」ものは開業時に資産として計上しますがそれ以外のものは資産にはならないはずです。

たとえばパソコンであっても「10万超え」でなければ自分の私物を事業で使うことになったとしても「資産」にはなりません。

個人の私物を売却した場合は「事業外の収入」ですから「雑収入」として扱うべきでしょうね。

ですからオークションで実際にかかる「手数料」を除いた金額が20万を超えるようならば確定申告で「雑収入」として記載しなければならないです。

個人事業の場合はたとえ仕事でなくてもお金が入ってくれば「収入」として扱われます。

その収入が「事業に絡むもの=売り上げ」「事業外=雑」ということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング