「ご苦労様」は目上に使う言葉でないといいますが、古いドラマや、映画、小説などでは当たり前の様に目下の人間が目上の人間に使っている場面をよく見ます。江戸時代の伝統芸能でも目下が使うことが多いです。

元々は目上の人間が使っていた言葉であるというのは記憶していますが、それが段々お互いの身分に関係なく使われていたがここ最近になって、やはりおかしいという流れになったのでしょうか?どうかご教授下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「ご苦労様」は目上から目下


「お疲れ様」は目下から目上
「お疲れ様」としておけば無難

これはビジネスマナーにおける教え方です。実際私もこうした内容の研修を受けた記憶があります。

しかし、この定義は、私には乱暴に思えます。はっきり言って逆じゃないの?と思っています。

よく言われる「『御苦労』とは、昔の殿様が目下に向かって言った言葉、『御苦労であった』からなので…」というのは嘘です。時代劇を見ても分かるとおり、昔は「大義であった」といいました。

この場合の「苦労」とは、その役職、役目、役割特有の「苦労」のことです。

例えば、組織として一つの仕事をする場合、指示する側と指示される側とでは、苦労の度合いが全く異なるわけです。手足を動かしていればよい下っ端は「疲れる」だけですが、首から上の頭を使うマネージャーには、下っ端には分からない「苦労」があるわけです。

「ご苦労様」とは、本来、その「お役目」に対するねぎらいの言葉です。当然、ねぎらいだけでなく、感謝の気持ちも含まれているでしょう。

宅配の配達人が自宅に荷物を配達してくれたときは、「ありがとう」の代わりに「ご苦労様」といってもよいと思います。配達がその人の役割なのですから。

夫が帰宅した際、妻から「おかえりなさい。ご苦労様」と言われればうれしいものです。「一家のために働いてくれてありがとう」というニュアンスが伝わってきます。これが「おかえりなさい。お疲れ様」だと値打ちが下がるような気がします。

「お疲れ様」というのは、仕事以外の、例えばレジャーから帰宅したとき、「やっと着いたね。お疲れ様」という感じです。会社などでも、日常の退社時における同僚同士の挨拶であれば、これでよいでしょう。

しかし、例えば定年退職者の送別会などにおいては、長年のお勤めに対するねぎらいの意味で「長い間ご苦労様でした」と言うことはよくあります。

これが「長い間お疲れ様でした」では、主役が下っ端のような気がします。実際に下っ端であったとしても、送別会という主役を持ち上げる場面では「長い間ご苦労様でした」が適切だと思います。

よく駅などで市議会議員などが「みなさん、朝早くからのお勤めご苦労様でございます!」などと街頭演説していますが、彼らは自分が有権者より目上だと思っているわけではありません。一家の大黒柱としてのお勤め(役割)に対するねぎらいの言葉なのです。

20年前、昭和天皇が崩御されたとき、ある老人は「心から『ご苦労様でした』と祈ってお見送りいたしました」と述べたことが新聞記事になったことがあります。

要するに、公的な役割に対するねぎらいと感謝の言葉なのです。

こうして考えてみると、「御苦労様」は、むしろ目上の人に対して使うべき言葉だと思いませんか?

あくまで公的な役割に対するものなので、例えば、いくら会社の上司に対する言葉であっても、社内旅行や社内野球大会などレクレーションの終了時は「お疲れ様」が適切だと思います。これらは単なる遊びですから。でも、幹事さんに対しては、普段は社内では下っ端ですが、「ご苦労様」と声を掛けてやるのが適切な使い分けだと思います。幹事は単に遊んだだけではなく、みんなのために「まとめ役」という役割を果たしたわけですから。

こうしてみると、ご質問者様が疑問に思っている「なぜ昔はたくさん使われていたのか」というのは、昔は至極当然の話なのであり、何に対する「苦労」なのかを昔の人は正しく理解していたからです。最近のビジネスマナーとしての教え方の方がおかしいわけです。これは「言葉は変化するもの」というレベルではなく、間違った教え方をした結果、現代では変な用法になってしまった、ということです。

(なお、語尾に「です」「でした」を付ければ云々は、本質的なことではなく、枝葉末節だと思いますので、ここでは触れません。)
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答していただいてありがとうございます。思ったとおりです。

お礼日時:2009/01/08 18:32

ビジネスの場では「ご苦労様」は上司が部下をねぎらう言葉です。


また他人の無駄な行動を馬鹿にする為にも使われることがあります。
ですから目下の者が目上に対して使うと非礼となります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ですから、なぜ昔はたくさん使われていたのか疑問に思ってるんですよ。

お礼日時:2009/01/07 16:02

ご苦労様でも、上の人からなら、そのままでも問題ありませんが、下からの場合は『ご苦労様です』と『です』を付ける事で変わります。



最近は、変なカタカナ言葉や、言葉使いが増えています!
特に『全然』と言うのが、典型的でしょう。

目上や年長者への言動は、この数年でかなり悪くなっていて、原因は『自己主義』の発達だと思います。

この回答への補足

全然と言う言葉は昔から否定にも使われていましたよね。

補足日時:2009/01/07 16:03
    • good
    • 1
この回答へのお礼

つまり「です」をつけて「ご苦労様です」といえば目下からでも問題ないのでしょうか?

お礼日時:2009/01/07 16:01

時代によって観念が変わるようです。


http://q.hatena.ne.jp/1121833014
回答6がわかりやすいと感じました。

「近年になって「使うとおかしい」と解釈された」というのにも
・元々おかしかったのが訂正された
・そこまで違いはなかったのに意味に肉付けがされてきて違うニュアンスに進化した
と2つとらえられますよね。
おそらく後者でしょう。

専門ではないので間違っていたらすみません。

この回答への補足

参照先は、今まで見た中で一番納得のいく回答でした。私の思っていた通りですね。

補足日時:2009/01/07 16:03
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いが分からない人は、かなりの低学歴ですか

「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いが分からない人は、かなりの低学歴ですか?
国語の時間に、「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いを学びます。
社会人にもなってそれを知らない人が、たまにいます。
この人たちは一体何なのでしょう?
かなりの低学歴なのでしょうか?
私も、そこまで学歴は良くないので人のことを言えませんが。
逆に、高学歴の人で「お疲れ様」と「ご苦労様」の違いを知らない人はいるのでしょうか?

Aベストアンサー

学歴が低いのではなくて、学が無いのです。
学が無い人間は、質問に挙がっている
二つの言葉の使い分けが、出来ません。

Q上司が先に帰る時、なんと言葉をかければよいのでしょう?(「お疲れ様」「ご苦労様」「お世話様」「お気を付けて」以外で)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいのです。

「お気を付けて(お帰りください)」ならOKかなと思うのですが、どこか偉そうな感じがしますし仮にこれでOKだとしてもこればっかり毎日使うのも何だかなぁ…と思います。
「お世話様でした」もなんだか偉そうですし、別に直接関わりがあってお世話されたわけでもないし…それに何か「お世話」という言葉があまり好きではありません。
どちらにしても“ねぎらって”いる言葉のように思います。

やはり上司をねぎらう言葉がタブーの場合は、かける言葉は日本語にはないのでしょうか・・・(><;
「ありがとうございました」でも帰る時に毎日かける言葉としては何かヘンな気がしますし…

他にも同じような内容の質問で何度も議論されているようなのですが、どうも納得のいく答えがなく気になるので、質問させていただきました(^_^;
答えは見つからないかもしれませんが…
何か他の適切な言葉がありましたら、よろしくお願いいたします。
(「お疲れ様」でも構わない、という回答はナシでお願いします)

「ご苦労様」や「お疲れ様」は相手をねぎらう言葉なので目下のものが目上の人に使ってはいけない、という風潮の職場で、上司が先に帰る時「お先にね~」と言われて、かける(交わす)言葉が見つからなくて、どうにも困ってしまいます。だまっているわけにもいきませんし…。

会釈のみや言葉を濁す(「どうも」など)のが本来は正しいという回答もあるようですが、上司がそれで正しいと認識していればそれでよいのですが、「きちんと挨拶もできない」と思われそうですし、できれば言葉でなにか挨拶を交わしたいので...続きを読む

Aベストアンサー

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが、お客様向けのような感じがしてなかなか普段の会話の中では使い辛いですよね。

この場をお借りしてanytime-さんへ
anytime-さんの貼られた最初のURL中にも記述がありますが、「ご苦労様」も「お疲れ様」も、どちらも相手をねぎらう言葉です。
実は、目上の方をねぎらうことはNGなのです。「自分は能力がないから苦労したり疲れたりするけど、能力のある偉い方はその程度のことで苦労したり疲れたりするはずがない」と考えるものなのだそうです。ですから、今でも年配の方の中には「お疲れ様」「ご苦労様」のどちらも目下から言われることを嫌う方がいます。しかし目上の方にかける言葉がないままでは不便なので、最近のビジネスマナーでは「お疲れ様でした」なら目上にも可、となってきたのです。

>かける言葉は日本語にはないのでしょうか
…………実はないのです(T_T)本当に困りますよね。

「明日はよろしくお願いします(翌日、上司と出掛けるとか、上司と一緒に行動する普段とは異なる予定がある時)」
「今日は○○の件、ありがとうございました(上司に助けてもらったとき)」
「今日は○○の件、申し訳ありませんでした(迷惑をかけたとき)」
何かある(あった)ときはこんな感じですが、何もないときは、「あっ、はーい(ニコッと会釈)」で乗り切っています(^^ゞ
「お気をつけて」は言葉としてはいいのですが...続きを読む

Qヘルパーさんからの「ご苦労様」と「お疲れ様」

障害者のため有料在宅介護サービスを受けています。
サービスを受けている時にあるヘルパーさんが私の母(ヘルパーさんと母とで協力して私の介護をしています)に
「ご苦労様です」と言いました。
私は、ヘルパーさんの立場では「お疲れ様です」あるいは「準備していただいて有難うございます」等という方が適当だと思っていたので、
ちょっといやな気分になりました。
他のヘルパーさんは ご苦労様でした などと言ったことは一度もありません。
この場合は お疲れ様です と ご苦労様です のどちらを使うのが適当でしょうか。

また私はご苦労様と聞いて嫌な気分だったのですが、次回同じことがあった場合注意してもいいでしょうか。
目上や立場が上、お客様などには お疲れ様です を、目下や同等な人には ご苦労様です と習いました。
介護業者との関係の場合、単純に利用者が目上、事業者が目下と考えていいものか悩みます。

※そのヘルパーさんは正規職員ですが、パートのヘルパーさんにもご苦労様ですと
言っていたので口癖かマナーに疎いのかもしれません。

Aベストアンサー

>目上や立場が上、お客様などには お疲れ様です を、目下や同等な人には ご苦労様です と習いました。

私も同じに習いましたので、他の人が使うとき、少し気になります。
でも、純粋な、ねぎらいの一言に、あまり「正しい・正しくない」と、留意しない方がいいのかな、と思うようになって来ました。

以前聞いた話ですが、戦後、復員されて故郷の駅にやっと降り立った兵隊さんが、見ず知らずの若い女性に「本当に、本当に、ご苦労様でした」と頭を下げて声を掛けられ、その言葉に戦闘の苦労の思いが噴出して、泣けて仕方がなかった、と。
女性は、心から、ねぎらいの言葉をかけられたんですよね。
この話に「でも正しくは“お疲れ様でした”だよね。」とはならないですよね。

話は戻って、自分がその人を指導する立場だったら、正しい言葉遣いを教える必要がありますが、そうではないなら、マナー違反とまでもいかないと思いますし、習ってこなかった人も案外多いのかもしれませんし、むしろ「一声」が、ちゃんとある、それでよいのではないかな、と、私としては思います。

40代。

Q「逆鱗に触れる」っていう言葉は目上の方に対して使う言葉なんですね。 友達を激しく怒らせてしまった場

「逆鱗に触れる」っていう言葉は目上の方に対して使う言葉なんですね。

友達を激しく怒らせてしまった場合に使う慣用句はないのでしょうか。

知ってる方がいらっしゃったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

痛いところをつく
(自分でも自覚している欠点などを、わざわざ指摘してしまった時など)
 あ、ごめん、痛いところを突いちゃった?ごめん、ごめん。

古傷に触れる
(思い出したくない思い出、昔の記憶などにうっかり言及してしまった場合など)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

逆鱗に触れるというのは、目上の人に逆らって怒らせてしまう、「逆らう」というところに力点のある言葉だと思います。しかも、怒らせたら自分を破滅させるほどの力のある相手だということを強調しています。
いずれも友だちには当てはまりません。

怒っている様子を形容するなら、怒髪天を突くなど、また色いろありますが、怒らせてしまった行為を言いたいのですよね?
でしたら、上記2つあたりが適当かと。

Qご苦労様です VS お疲れ様です

ご苦労様です VS お疲れ様ですの使い方で、上司にはどちらが適格なのでしょうか??

大分前、ある会社では前者を使うようにと。又ある会社では後者を使うようにと言われた記憶があります。(私自身、現在海外長期留学中)

最近手にした雑誌に、「お疲れ様です。」が適格だと記載されていましたが、その筆者自身は、「ご苦労様です。」を勧めていきたい!!ともコメントとしていました。

例として、水戸黄門様がスケさんカクさんに「ご苦労じゃった・・」と言う一こまから、やはり、「ご苦労様」は上から下へ、「お疲れ様です」は下から上へではないのか?、と掲載していました。。。

現在の日本の社会ではどちらが適切だとされているのでしょうか?

Aベストアンサー

>「ご苦労様」は上から下へ、「お疲れ様です」は下から上へ

は、一体誰が言い出したのでしょうか。
ある時期誰かが言い出して、急速に浸透したって感じです。
大体、お聞きしてみるとどこかの社員教育マニュアルから広まったようです。
元を正せば超個人的見解だったのではと思います。

「ご苦労様でした」=「いやぁ、ご苦労であった」の上から目線のみを連想させるとでも言うのでしょうか?
テレビの水戸黄門が原因だったのかと質問文を拝見して思ったくらいです。
そのシチュエーションでしか使われてないわけでは無いですよ。
ご主人のご帰還に「ご苦労様でした」と全員が頭を下げるイメージはないですか?

「お疲れ様でした」こそ「お疲れ、お疲れ」って感じの下町風で、
むしろ目上の方に使うべきでない表現です。

っと、まぁ私は思うんですよ。

推進派としては
「ご苦労様です」は
「あなたが苦労してくださって、そのおかげ様です」って意味と捉え、
上下関係の無い、心のこもったことばとして普及させたいですね。

Q昔は目上の方に「ご苦労様」と言って良かったのか?

目上の方には「お疲れ様」というのが一般的となっていますが、
一部の自衛官や警察官、ヤクザの間では「ご苦労様」を使っているそうです。
また江戸時代の歌舞伎には下の者が上に向かって「ご苦労様」と言っているという記述もありました。

仮に昔は「ご苦労様」が一般的だったのであるならば、何をきっかけに変わってしまったのでしょうか?
また現在でも「ご苦労様」と言っている方々はなぜ使っているでしょうか?


参考URL
http://nihon.at.webry.info/200608/article_13.html
http://blogs.dion.ne.jp/hanemone/archives/5585322.html
http://kotobakai.seesaa.net/article/8180084.html

Aベストアンサー

昔、社会人になりたての頃、上司に「ご苦労様と言ってはいけない」と言われたコトを機に、調べた事がありました。

「ご苦労様」も「お疲れ様」も、「ねぎらいの言葉」ですね。

「ねぎらう」と同源語句の「ねぐ」には、「神の心を慰めて、加護を願う。」と言う意味がありますが、下位者に対しては、「ねぎらう」と同じ意味(同等以下の人の苦労・尽力などを慰め、感謝する。)となります。

一般的なねぎらいには、「(神の)加護を願う」要素は無いので、ねぎらうと言う行為自体、少なくとも同等以下の、上から下の関係で行われるものだし、部下は上司の行動等を評価する立場では無いので、基本的には「ご苦労様」も「お疲れ様」も、上位者に対しては、使うべきでは無いと言う考え方が、今でも有りますよ。

更に昔は、やはり下位者が上位者を「ねぎらう」と言う概念自体が乏しかった様です。
「無かった」と言って良いかも知れません。
その原因は、儒教的な思想か、宗教的な思想かは良く判りませんが、封建時代以前においては、恐らくその両方の影響があるのでは無いかと思います。

もともとは、家格の高い武士、商家の店主、庄屋などが、下位者に対して「苦労をかけた」「ご苦労」とだけ言っており、また同輩に対しては「ご苦労さん」などと言い合っていたものが、女性言葉(お・ご~様)を介して、「ご苦労様」に至ったと考えられます。

封建時代の思想が覆され、「(四民)平等」などと言う発想が芽生えたのは、言うまでも無く明治維新です。
その頃に、下位者が上位者の労苦に対し、「ねぎらい」と言うより、「いたわり」や感謝の意図で、「ご苦労様でした」などと言う表現・風習が発生した様です。
(「ねぎらう」も「いたわる」も漢字では「労」ですね。)

封建的な思想が抜け切らぬ中、上位者が日常的に使用していた「ご苦労」を、そのまま借用するのを憚って、明治時代に「お疲れ様」と言う言葉が生まれ、使用される様になったと言う説が有り、これはそれなりに信憑性はあるのではないかと思います。

「お疲れ様」がこの様な配慮の経緯で生まれたとしますと、美化などを求めない質実剛健な組織(質問者様が挙げられた軍隊,警察,任侠など)においては、そのまま「ご苦労様」が使われたと言う解釈は如何でしょうか?

特に軍隊は、幕末に官軍として組織され、「お疲れ様」が発生・定着する以前に出来ていますし、組織化された当初から、外国の教練・影響を受けていますので、上下関係無く慰労し合う習慣なども、いち早く移入したと考えれば、整合性も高いと思われます。

逆に、外国からの教育・影響を受けていないとしますと、軍隊などの組織は縦社会の典型で、封建社会の風習が抜け切らぬ中、「上官に『ご苦労』とは何事だ!」となる方が自然ですからね。

私は、
(1)明治維新後、海外の影響などを最も受けやすい、軍隊や官僚社会で、相互にいたわる風習が出来た。
(2)それが民間でも一般化。
(3)一般化する過程で、ねぎらいより、身体的ないたわる気持ちが色が濃い「お疲れ様」が生まれ定着。
と言う解釈が、一番素直に受け入れられると考えています。

昔、社会人になりたての頃、上司に「ご苦労様と言ってはいけない」と言われたコトを機に、調べた事がありました。

「ご苦労様」も「お疲れ様」も、「ねぎらいの言葉」ですね。

「ねぎらう」と同源語句の「ねぐ」には、「神の心を慰めて、加護を願う。」と言う意味がありますが、下位者に対しては、「ねぎらう」と同じ意味(同等以下の人の苦労・尽力などを慰め、感謝する。)となります。

一般的なねぎらいには、「(神の)加護を願う」要素は無いので、ねぎらうと言う行為自体、少なくとも同等以下の、上から...続きを読む

Qお疲れ様とご苦労様

お疲れ様とご苦労様は上司にはどちらを使うべきでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

本来は、どちらも似たような意味のようですが、
会社等では、
『ご苦労様』は、
目上から目下への言葉として考えられているようで、
上司への言葉としてはお勧めしません。
中には、『ご苦労様』と言われて、
失礼に感じる人もいるようです。

『お疲れ様』には、
そういった意味は無いので、
こちらを使う方が無難であると思います。

私は、大人になってからは、
『ご苦労様』は使わなくなりました。
いつか使う日が来るかもしれませんが。

参考URL:http://home.alc.co.jp/db/owa/jpn_npa?stage=2&sn=112

Q「古いお隣さん」 、「昔のお隣さん」、「古い友人」、「昔の友人」

「古いお隣さん」 、「昔のお隣さん」、「古い友人」、「昔の友人」

 日本語を勉強中の中国人です。「古いお隣さん」で「昔のお隣さん」(今もう隣に住んでいない)という意味を表すことができるのでしょうか。日本の方から『「古い隣人」は今も隣に住んでいて古くからの付き合いという意味にとれますので、今現在隣に住んでいないなら不適切だ』というご意見をいただきました。皆様はどう思われますか。

 ちなみに、「古い友人」は今も友人でしょうか。「昔の友人」は今もう友人でなくなったのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー


淡雪さん、こんにちは!

>>>日本の方から『「古い隣人」は今も隣に住んでいて古くからの付き合いという意味にとれますので、今現在隣に住んでいないなら不適切だ』というご意見をいただきました。皆様はどう思われますか。

そもそも「古い隣人」「古いお隣さん」という言葉を使う日本人は、ほとんどいません。
100人中1人もいません。
ですから、(ほぼ)誤りと考えて良いです。

なお、「昔のお隣さん」は正しいですが、「かつての隣人」「かつてのお隣さん」という言い方もありますよ。

>>>「古い友人」は今も友人でしょうか。「昔の友人」は今もう友人でなくなったのでしょうか。

そのとおりです。
ただし、「昔の友人」だからといって、今は親しみを覚えないとか、今は嫌いということではない場合が多いです。
たとえば、卒業した学校の同窓会で久しぶりに会うとすれば、親しく会話できる相手である場合が多いです。

なお、ご質問文は完璧です。

Q「お疲れ様です」と「ご苦労様です」

30代の社会人です。
一般的な常識として、目上の人には「お疲れ様です」と言うべきであり、間違っても「ご苦労様でした」とは言ってはいけないということは十分承知しています。

しかし、そのニュアンスの違いは私にはまったくわかりません。上司でも苦労するだろうし、その結果疲れているという意味では上司も部下も「お疲れ様でした」と「ご苦労様でした」は同じだと思うのですが。。。

礼儀やマナーの問題は置いといて、なぜ目上の人に「ご苦労様でした」と言ってはいけないのでしょうか?言葉の意味的に分析してご教授下さい!

Aベストアンサー

意味に差はありません もともと両方とも上の者が
下の者をねぎらうのに使っていました 下が上をねぎらうなんておこがましいといった考えでした
しかし会社が増えると上にかける言葉が無いと困るので
ビジネス用語としてお疲れ様を下から上にかける言葉としたのが世に広まった

Q「ご苦労様でした」は目上の人には使ってはいけないですか?

タイトルどおりですが「ご苦労様でした」は見下した言い方だから、例えば客が配達してきた店の人に対して使ったりする言葉で、目上の人、特に上司には使ってはいけないと聞きましたが本当なのでしょうか?

もし、使っていけないのであれば、「お仕事大変でした、ありがとうございました」と言うような意味でつかう声のかけ方というか、挨拶のようなもの(先のご苦労様はそのような意味で使っていたつもりだったのですが)はありませんか?

Aベストアンサー

そうですね。
ダメのようです。私もそう教えられました。
文法のこととかはよく分かりませんが、
ご苦労様というのは、上司が部下に言うことで、
部下は、上司には、お疲れ様です、お疲れ様でした、
これでよいと教わりました。

日本語って難しいですね。


人気Q&Aランキング