ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

「ひさしぶりだ」の品詞は形容動詞と書いてありましたが,わからないことがあります.
形容動詞と[○○+だ]の違いの見分け方で教えてもらったのが
[○○な~]と名詞を修飾することができる(連体形になれる)ものが形容動詞だと聞きました.
しかし「ひさしぶりな」と言うでしょうか?
「ひさしぶり」で名詞を修飾しようとすると「ひさしぶりの」になりませんか?(例:ひさしぶりの再会)なので「ひさしぶりな」にならず,[○○+だ」の形ではないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずyahoo!辞書『大辞泉』からの引用



http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%8 …

-----------------------
ひさし‐ぶり【久し振り】
[名・形動]前にそのことを経験してから、再び同じことになるまでに長い日数のあったこと。また、そのさま。ひさかたぶり。しばらくぶり。「―に映画を見る」「―な(の)雨」
-----------------------

 最後に「―な(の)雨」という例が示してあります。
 また、品詞は[名・形動]です。

 同じく『大辞林』の方は、「な」の用例は示していないものの、品詞は「(名・形動)[文]ナリ」としてあります。

 「google」で検索してみても、「ひさしぶりな」という形は、用例は多くないものの、使わないことはないようです。

http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclien …

 なお、一つの言葉が必ず一つの品詞に定まる訳ではありません。
 「彼の親切があだになった。」の「親切」は名詞です。
 「彼は親切な人だ」は「親切な」が形容動詞の連体形です。

以下は、『大辞泉』からの引用。
-----------------------
しん‐せつ【親切/深切】[名・形動](以下略)
-----------------------

 それから、以上の話はあくまでも「学校文法」に基づいての話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
「ひさしぶりな」という使い方があるのですね.
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2009/01/23 20:02

三つの考え方ができます。


1.形容動詞の連用形
2.副詞
3.「ひさしぶり」が名詞、「だ」が断定の助動詞

 形容動詞と考えると、質問者がおっしゃるように「ひさしぶりな」という連体形に無理があります。
 次に「ひさしぶりに」を一語の副詞と考えてみましょう。しかし、実際に使われる場合、「ひさしぶり-の再会」もあるので、これが問題。
 「ひさしぶり」を名詞とすると話が早いが、「ひさしぶり-が」という主格をつくれず、これも理屈にあわない。
 とすれば、連体形に問題はあるが、やはり形容動詞しかないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.
他のものも,変なので形容動詞に当てはまるということですね.
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2009/01/23 07:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「~したい」はなんの品詞?

1.「~したい」は何の品詞ですか?

2.形容詞の簡単な見分け方を教えて下さい。
例 「~い」が「~く」と言い換えられれば形容詞

Aベストアンサー

1.
サ変動詞「する」の連用形「し」+願望の助動詞「たい」の終止形。
助動詞「たい」は形容詞型の活用で、動詞型の活用語の連用形接続。
例:やりたい、助けたい、死にたい

2.
活用の型以前の問題としてものごとを「形容」しているかどうかでまず判断します。「~い」が「~く」と言い換えられれば、などと考えるのはその後です。
形容詞例:美しい、暑い、青い、楽しい、早い、すさまじい

これと同じく注意が必要なことばに「~ない」があります。
「お金が無い」の「無い」は形容詞で「来ない」「食べない」の「ない」は否定の助動詞。

Q「ので」は接続助詞ではないのか。

 下記の古文と現代語訳の、助詞・助動詞の品詞分解に関する質疑(既出)にて、ある回答者から、「のだ」文という言葉や「のだ・のである」の変形としての「ので」という言葉が出てきました。古い教育を受けた私にはわかりませんでした。そこで質問1、「~ので」は接続助詞(広辞苑)と思っていたが、現在は別な考えになっているのですか。
質問2、「のだ・のである」の変形としての「ので」とは、どういうことでしょうか。派生という意味でしょうか。
 訳「~こんなにも、この人間世界に多くの年月を過ごした《ので》ございました。」原文「~かくこの国には、あまたの年を経ぬる《に》なむありける。」(角川文庫ソフィア「竹取物語 付現代語訳」)の《ので》のことです。「に=断定の助動詞」の訳語に相当する部分です。

Aベストアンサー

 中学校等で学習する学校文法の立場から説明します。

 たとえば、yahooo!辞書( http://dic.yahoo.co.jp )で、「ので」を検索してみてください。『大辞泉』『大辞林』ともに、接続助詞の「ので」と、連語の「ので」を別見出しとして掲載しています。
 これは、語源的なことは別にして、もともと【「現代語(口語)で用いられる『ので』には2種類ある」】ということで、途中から扱いが変わったというわけではありません。
 「風邪を引いた『から』早退する」の「から」は接続助詞、「風邪で午後『から』早退する」の「から」は格助詞で、「から」には2種類あるというようなものです。


 接続助詞の「ので」は《準体助詞「の」+格助詞「で」から》できた語で、1単語の接続助詞として、原因・理由などを表します。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%AE%E3%81%A7&stype=0&dtype=0

1単語の活用のない助詞ですから、「のだ」という形に変わったりはしません。


 これに対し、連語の「ので」は、《準体助詞「の」+断定の助動詞「だ」の連用形》で、単語としては2単語です。「…のもので、…のことで」の意を表します。

http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%AE%E3%81%A7&dtype=0&stype=0&dname=0na&pagenum=1&index=15014914449800

 連語の「の・で」は2単語で、「で」は、断定の助動詞『だ』の連用形です。
 「だ」は「だろ|だっ・で|だ|(な)|なら|○」と活用します。

 だから、文末などでは、連用形の「で」の代わりに終止形の「だ」が用いられ、「の・だ」という形になります。
  例)風が強くなってきた。まもなく台風が来るのだ。
 推量の助動詞「う」が後に続く場合は、「う」は未然形に付くため、未然形の「だろ」が用いられ、「の・だろ・う」になります。
  例)風が強くなってきた。まもなく台風が来るのだろう。
 補助動詞の「ある」が後に続く場合は、補助動詞は用言ですから、連用形が用いられ、「の・で・ある」という形になります。
  例)風が強くなってきた。まもなく台風が来るのである。

> 「のだ・のである」の変形としての「ので」

というのは、このあたりのことを述べたものだと思います。


> この人間世界に多くの年月を過ごした《ので》ございました

という文では、「人間世界に多くの年月を過ごした」ことは、後の「ございました」の原因や理由にはなっていません。だから、この「ので」は接続助詞ではなく、連語の「ので」です。

 たとえば、
 
 この人間世界に多くの年月を過ごした《ので》月よりも地上に心を惹かれるのです。

なら、前のことが後のことの原因・理由になっているので、「ので」は接続助詞です。同じく原因や理由を表す、「から」や「ために」、あるいは「ことが原因で」といった語句と置き換えが可能です。(ニュアンスの違いは別にして)

 質問者は、原文の「あまたの年を経ぬる《に》なむありける」の「に」が断定の助動詞の「なり」の連用形だということには納得していらっしゃいますか。だとすれば「ので」が原因・理由を表すの接続助詞「ので」ではなく、断定の助動詞を含む「ので」だということはご理解いただけると思います。

 連語の「ので」の「の」は準体助詞ですので、「こと」「もの」あるいはその文に合った具体的な体言の代わりをしています。
 この人間世界に多くの年月を過ごした《こと・で》ございました。
 この人間世界に多くの年月を過ごした《経過・で》ございました。
 この人間世界に多くの年月を過ごした《事情・で》ございました。
のごとくです。(後の2例は元の文とまったく同じ意味ではないですが。)

 なお、原文は「ありける」で「侍(はべ)りける」ではありませんので、丁寧語は用いられていませんが、訳者は「ある」の丁寧語の「ございます」を用いていますね。

 中学校等で学習する学校文法の立場から説明します。

 たとえば、yahooo!辞書( http://dic.yahoo.co.jp )で、「ので」を検索してみてください。『大辞泉』『大辞林』ともに、接続助詞の「ので」と、連語の「ので」を別見出しとして掲載しています。
 これは、語源的なことは別にして、もともと【「現代語(口語)で用いられる『ので』には2種類ある」】ということで、途中から扱いが変わったというわけではありません。
 「風邪を引いた『から』早退する」の「から」は接続助詞、「風邪で午後『から』...続きを読む


人気Q&Aランキング