裁判の最後に判決を言い渡されますが、例文を教えてください。
民事裁判で、なるべく短く簡単なのが分かりやすくていいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ドラマでもちゃんとしたものならば、普通の裁判のように判決文を読んでいますよ?



例と言われても、判決文以上の例はないかとおもいます。
簡単な例だと。。。

「主文、被告人を懲役xx年に処する。
この裁判確定の日からxx年間その刑の執行を猶予する。
訴訟費用は被告人の負担とする。
これから理由を述べますが少し長くなりますので被告人は座ってください。
被告人は、平成xx年x月x日午前x時ごろ、業務として普通貨物自動車を運転し、xx県********x丁目x番x号先路上を、xx市方面からxx市方面に向かい、時速50ないし60キロメートルで進行中、自車走行車線の左側路側帯付近の前方約
45.6メートルの地点に対向して進行してくる****(当時24歳)運転の足踏み式自転車を認めたのであるから、同自転車と安全に離合すべく、その動静を注視し、十分な間隔をとるなどその安全を確認して進行すべき業務上の注意義務があるのにこれを怠り、対向する大型車両との離合に気を奪われ、同自転車の動静を注意することなく、漫然上記速度で進行した過失により、自車の進路がやや左前方に偏ったことに気付かず、同自転車前部等に自車左前部を衝突させ、上記**を同自転車もろとも路上に転倒させ、よって、同人に左腕神経叢麻痺の後遺障害を伴う入院加療約2か月間を要する左肺挫傷、左血気肺、左肋骨骨折、左尺骨骨幹部骨折等の挫傷を負わせた。

・・・・・

最後まで書くのは長くなるのでここまでにしますが、このように判決文読むのが一般的ではないでしょうか?
    • good
    • 2

例文というか、過去の判決文はネットで観覧することができるのでそのサイトを載せておきます、最近の判例一覧から民事のものをみてみたらどうでしょうか?


http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_i …

この回答への補足

参考になりました、ありがとうございます。
あと、ドラマみたいに「判決を言い渡す。」の後の例文を教えていただけませんか?

補足日時:2009/03/08 08:50
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1審で裁判官に不等な判決を言い渡されそうです。

数年前、知人がOA関連物品を扱う会社のフランチャイズとして営業所を開設して、私はその傘下の営業所として稼動していました。
1年半前、知人が金銭問題を起こし連帯責任を取らされました。知人はその会社と交わしていた契約が解除され、傘下を理由に私も仕事を失いました。
私と会社との契約書はありませんが、知人とは独立して仕事をしており、会社も承知のうえで私を扱っていました。従って私は実質的にその会社と契約関係にあったと思っています。
(また、知人とは独立して営業を行うとして契約書を交わしています)
私には何の問題もありません。独立扱いの実態があるのに、門題が起これば傘下を理由にして責任をとらせる会社に対して昨年9月に訴えを起こしました。今年9月25日で結審です。
内容は相殺に使用された2カ月分の報酬返還と、契約が解除されてから当9月までの逸失利益、慰謝料を要求しました。数々の証拠も提出しています。
しかし裁判官は、独立の実態があっても直接契約がないという形式でしか判断しておらず、前回和解の提案が出されたのですが、2カ月分の報酬金額が告げられただけでした。
問題も起こしていないのに仕事を失って、どれだけの将来不安、屈辱を覚えたか知れません。解除後も嫌がらせさえ受けているのです。
本日9/6も期日だったのですが、新たな証拠を提出しても提出(当日付)が遅れたからという理由だけで却下されました。文句を言うと「貴方には有能な弁護士がついているのだから・・・」と意味不明なことを言われました。
それは高裁へ行けといっているのか、弁護士に対する感情があるのか?・・・失望しました。
こんな状況ですから高裁で戦うしかないと思っています。(正直キツイですけど) 
この先どうやって戦っていったらよいのか分からなくなってしまいました。
どうかアドバイスをお願いします。

数年前、知人がOA関連物品を扱う会社のフランチャイズとして営業所を開設して、私はその傘下の営業所として稼動していました。
1年半前、知人が金銭問題を起こし連帯責任を取らされました。知人はその会社と交わしていた契約が解除され、傘下を理由に私も仕事を失いました。
私と会社との契約書はありませんが、知人とは独立して仕事をしており、会社も承知のうえで私を扱っていました。従って私は実質的にその会社と契約関係にあったと思っています。
(また、知人とは独立して営業を行うとして契約書を交わ...続きを読む

Aベストアンサー

>知人の問題は知人に解決させるべきことで、私が責任を取らされる理由はないと思います。

 責任を取らされるという表現は、まさしく御相談者が主張する法律構成を前提としています。ちょっと事例を変えますが、仮に注文者(会社)、元請(知人)、下請(御相談者)という関係であった場合、元請と下請との関係は、経済的に従属的な関係かもしれませんが、一般的には雇用契約ではなく、請負契約の関係ですから、法的には下請は元請から独立しているわけです。
 そして注文者と元請との請負契約が、元請の責めに帰すべき事由により解除になった場合、その結果として、下請が仕事を失うことになっても、それは注文者が下請に責任を取らせたことにはならないわけです。ですから、これと御相談者との事例が違うことを裁判所に納得させる必要があります。それが、会社と御相談者と何らかの契約関係の存在です。

>私に不利になることなら何でも言っておこうという考えです。こちらが覆すと以降は一切その件には触れてこなくなります。

 そのようにどんどん主張してくれた方が良いのです。これにいちいち反論するのは疲れますが(相手方を疲れさせるというのも裁判の常套手段です。)、反論に成功すれば、それだけ相手方の主張の信憑性が薄れますから、裁判所の心証形勢に有利になります。

>主張しないほうがいいのですか?心証が悪くなりますか?

 心証が悪くなることはありませんので、主張してください。事実の主張は事実審(1審と2審)でしかできません。

>再び証言台に立って質問されるのですか? 

 1審の本人尋問で十分だと考えれば、本人尋問を行いません。

>期間はどのくらいかかりますか?(1審は約1年2ヶ月)

 控訴審(高等裁判所)は1回の口頭弁論で終結することも多いです。(およそ半年ぐらい)

>1.5倍の費用がかかると聞きましたが、弁護士にも新たに着手金を支払うのですか?

 訴額の1.5倍が控訴の訴訟手数料です。(控訴状に貼る印紙)
 弁護士に着手金に払うかどうかは、弁護士との契約によりますが、通常は、あたらたに払う事になると思います。

>掻い摘んだ話で恐縮ですが、貴方様ならばどのような判定をされますか?

 ご質問者の請求は難しいなという印象はあります。なぜ難しいかと言えば、オーソドックスな事例ではないので、オーソドックスな考えを持つ裁判官(よく言えば法解釈の王道を歩んでいる人、悪く言えば頭の固い人)を説得するのは骨が折れると思うからです。しかし、あきらかに無理な請求だとは思いませんでした。

>知人の問題は知人に解決させるべきことで、私が責任を取らされる理由はないと思います。

 責任を取らされるという表現は、まさしく御相談者が主張する法律構成を前提としています。ちょっと事例を変えますが、仮に注文者(会社)、元請(知人)、下請(御相談者)という関係であった場合、元請と下請との関係は、経済的に従属的な関係かもしれませんが、一般的には雇用契約ではなく、請負契約の関係ですから、法的には下請は元請から独立しているわけです。
 そして注文者と元請との請負契約が、元請の責め...続きを読む

Q刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かない

刑事裁判では被告人~民事裁判では被告  何故民事裁判は「人」が付かないの?

教えて下さい。

Aベストアンサー

刑事は被告が個人。
民事は被告が法人の場合もある。

Q民事裁判の判決文について。

民事裁判で判決があり、2週間経過し確定しました。
判決文に疑問がありホームページで公開し広く意見を聞きたいと思いますが
1,判決文をそのままコピーして公開しても良いのでしょうか、プライバシー等問題はないのでしょうか
2,また判決に至るまでの訴状や原告・被告の提出した証拠書類や答弁書を原文のまま公開してもよいでしょうか。
3,公開に関しての注意など教えて下さい。

Aベストアンサー

個人情報保護法に抵触するおそれがあります。
したがって、裁判の相手方から訴えられる可能性もあります。

公開して広く意見を聞きたいのであれば、裁判所のHPで公開している
判例の範囲が無難です。

裁判所HP
http://www.courts.go.jp/search/jhsp0010?action_id=first&hanreiSrchKbn=01

Q民事裁判判決後に、確定…

是非、教えて下さい!
私が原告で、代金未払い請求や損害賠償請求の裁判訴訟にて、そのかかる判決で勝訴し、
『原告の請求代金の全額を支払え』
『訴訟費用は被告の負担とする』。
の判決を受けました。
その後、一週間後に判決の確定だと思うのですが、債務者(相手)に請求するに当たり、確定処置を取る?とか何とか…よくある無料相談をしている弁護士さんと話しする中で耳にしました。
知らなかった事なので弁護士さんに尋ねたところ、
それは、簡易裁判所の者に聞いてくれ。
と、意地悪く教えて貰えませんでした。
電話してから平日の昼間に裁判所に行ければいいのですが、仕事を離れることが難しいのと、この請求を1日も早くしなければならない事情が有りますが話す事は出来ません。
何をどーすればいいのやら…
詳しく教えて頂ける方がいらっしゃいましたら、早急に知りたいので、どうかよろしくお願い致します(u_u)

Aベストアンサー

それでは詳しく教えます。
まず、強制執行するための準備ですが、
相手方は判決書が届いた日から2週間以内に控訴ができることになっているので、2週間が経過しているか否かを電話でいいですから、担当書記官に聞きます。
2週間が経過すれば、その判決は確定するので、確定した判決書に「執行文付与申請」します。
これは郵便でいいです。300円の収入印紙が必要です。また、郵便ならば返信用の郵便切手も同封しておきます。
執行文付与申請書と同時に「送達証明申請書」も必要です。送達証明申請書の印紙は150円です。
この2つの書式はネットで調べて下さい。載っていますから。
その2つの書類が揃えば、次に強制執行の手続きに入りますが、これは、相手の財産で手続きが違ってきます。
何を差押えたいか決まったならば再度お聞き下さい。引き続き教えますから。

Q民事裁判の判決、代理人だけの出席でいいですか?

民事で訴えられています。
弁護士に委任しているのですが、本人が出廷するのは本人尋問のときだけでいいのでしょうか?
やはり判決のときも出廷すべきですか??
なかなか仕事を休めないので、どうするべきか悩んでいます。

Aベストアンサー

 基本的には、本人尋問だけ出れば大丈夫です。そのための訴訟代理人です。
 弁護士に委任されているなら、その弁護士さんに聞いた方がいいと思いますが、少なくとも判決は、当事者がいなくてもできます(民事訴訟法251条2項)から問題ありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報