現在、就職活動をしています。
ですが、一次面接や人事面接は簡単に通るのに
最終面接となるとあっけなく落とされ続けています。

恐らくこの原因は、「おじさん」といった年の離れた
人との会話がへたくそだということだと理解しています。
これを克服するには、おじさん連中と話し
慣れるしかないのかもしれませんが、そんな時間はない
と言う状態です。

できれば、ここで、おじさん達と話すコツみたいなものを
教えて頂きたいのです。
これは、感覚とかそういった言葉では表現しにくいものかもしれませんが
ぜひ、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>一度、話が長すぎると言われた記憶があり、なかなか最後に


>将来について話すことができなくなる時が多いのです。

一度に何もかもつめこんで話す必要はないと思いますよ。それ
に、この3つのテーマは、普通別々に聞かれるのではないかと
思います。ついでに書いておきますと、これら3つのテーマは
概ね次のような聞かれ方をします。

過去:学生時代の経験・思い出
現在:なぜその会社を志望するのか。その会社でしたいこと・
   できること
未来:将来の夢

「志望動機」などといわれると、ついつい改まってしまいがち
ですが、要するに「現在のあなた」について知りたがっている
のだと分かれば、おのずと話のストーリーもできてこようかと
思います。あなただけの3つのオリジナル・ストーリーを準備
しておけばいいのです。コツはすでに述べましたが、「実際の
体験」に根ざした「具体的」な話であること。いっぺんに何も
かも話してしまおうとすると、話し手も聞き手も分かりにくく
なりがちだし、あとのネタもなくなってしまいます(笑) です
から、まずは聞かれたことだけに答えましょう。向こうがその
話に興味を抱いたら、さらなる質問が待ち受けているはずです。
そうしたら、しめたものですよね。

では、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

matazaさん、ご回答ありがとうございます。
今まで、いっぺんに答えていたのでなかなか話が続いていかなかったので
とても勉強になりました。
すぐに実行してみようと思います。
真にありがとうございました。頑張ります。

お礼日時:2001/03/08 14:28

ズバリ答えますと、あなたはその会社に対して、「第一志望。

何が何でも入社したい(内定したいではないよ!)」というところまでの熱意は持ってなかったのではないでしょうか?

最初の段階(人事面接)ではその人の適正やふさわしい人物かをチェックします。
最終段階はそのような基礎チェックは人事の社員がやり、終わっているわけですから、ある程度のそこそこの人たちが残っています。

最終面接は、意思確認です。ようするに、熱意チェックです。
必ずしもおじさんと話すのが苦手とかは関係ありません。
どうしても、何としてもその会社に行きたい理由を訴えればよいのです。
中途半端な志望者はここで振り落とされます。
世間話するわけではありませんし、質問に答えるだけですから。
あと、面接官は、意外なほど結構トレンドをよく把握しています。
若い人とたくさん面接していますから。
だから、それまでの面接の自分と変える必要は全くありません。
だまされたと思って、その会社に興味を持ち、良く知り、熱意を持って向かってください。

きっと成功します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ズバリな回答、ありがとうございます。
振り返ってみれば、確かに熱意が足りなかったこも知れません
私自身、とても興味が変わりやすい性格なので(むしろ、なんでも興味を持つ方)
それが原因できっと最終面接では、違う自分になっているのかもしれません。
ですが、今度の面接でおもいっきり熱意をぶつけてみようと思います。

お礼日時:2001/03/09 16:47

別のところでも書いたことなんですが、私が採用を手伝ったときの経験を


ご紹介しておきます。

まず基本は自分自身の過去、現在、未来をしっかりと具体的に語ることが
できるかどうかが大切だということです。すなわち自分がこれまでにどの
ようなことをしてきたのか、いま自分は(その会社で)なにができるのか、
そして将来自分は何をしたいのか、ということをはっきり語りうるかどう
かが評価を分ける大きなポイントだったように思います。

いわゆる模範的な受け応えというのは、マニュアルばやりの今どき、誰に
でも真似することができます。ですから、それだけではその他大勢に埋も
れてしまいます。また経験に根ざしていない話というものは、どこか抽象
的で説得力に欠けるものです。つまり(奇抜なやり方でもなく、模範的な
応答でもなく)実際に自分が体験してきたことにもとづいて、自分なりの
ものの見方で自分自身の過去、現在、将来をアピールすることができれば、
面接官の心に残ること請け合いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
考えてみると、私はこの部分に欠けていたかもしれません。
これからは、教えていただいたポイントをアピールしていこうと思います。
ただ、結論から話すように心掛けているのですが、
このポイントまで話すと話が長くなってしまうか不安です。
どうにか、短くまとめ上げればよいのですが、
一度、話が長すぎると言われた記憶があり、なかなか最後に
将来について話すことができなくなる時が多いのです。
面接はコミュニケーションが大事なのですが、なかなか難しいですね

お礼日時:2001/03/07 18:52

一次、二次っていうのは所謂振り落とすための関門である事が多いですよね。

とりあえず沢山いる中で、ある程度的を絞る。だから、問題がなければ通る事が多いです。
しかし、ある程度振りおとした後の面接というのは、拾う為の面接です。
面接官は幾度となく面接をしている方ですから、一見ただのおじさんでもやはりみんなよりはプロです。会話の中からあなたの真意を見ぬきます。tukadaさんが"おじさん苦手~"と思っているのも見えてしまうものなんです。

だからこそ、無理に自分を飾ったり、逆に隠したりするより、自分をより素直に伝える事が出きるよう努力してみてください。見てもらうのではなく,見せるのです。
自分を正直に見せるにはそれなりに自分に対して自信がないとダメですよね。当然、日頃の努力が必要です。突付かれたら痛い、と思うところを逃げずに埋める努力をするといいですよ。自分に立ち向かったということに凄く自信が持てます。
ちなみに、"私はここの会社にこんなに受かりたい。その気持ちは誰にも負けない"本当にそういう人は受かるものです。いかにその気持ちを表現出来るかどうか、それが勝敗を決める鍵だと思います。
頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
何か人事の方?のような意見で大変参考になりました。
私自身、自分に対して自信がありません。多分そこが弱点なのかもしれません。
ponponさんがおっしゃるようにそれを埋める努力をしてみようと思います。
また、もっともっと熱意を出してみようと思います。
頑張ります。

お礼日時:2001/03/07 18:41

一次や人事は簡単に通る・・・すごいですねえ!



であれば、基本的な面接時の応対は全く問題ないと言うことですよね。
最終面接(=恐らく役員面接でしょうか)ではダメだとおっしゃいますが、そんなにそれまで(一次・人事)とは違った事を聞かれるもんでしょうか?

会社によって色んな進め方があるとは思いますが、人事を通ったということはあなたには何も問題点がなかったはずです。それを役員だからといって人事の時と違う応対をすることはないと思うのですが。

ここからは完全に推測ですが、やっぱり最終ということで緊張してしまったりとか、「おじさん」とうまく話さなければという余計なプレッシャーを負ってしまったりということが考えられます。

ベタな回答ですが、あまり「おじさん」が原因だと決めつけずに、冷静に今までの最終面接の時の様子を振り返って見てみましょう。それまでと同じく振る舞えば、きっと最終もそのままの勢いで突破出来るはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
yuki228さんがおっしゃる通り緊張やプレッシャーが原因かもしれません。
もう一度、その時の様子を思い浮かべて同じ様に受けてみようと思います。
(でも、最終面接って相手の目が変わりますね。それが緊張の原因かもしれません。)

お礼日時:2001/03/07 18:34

 tukadaさんは男性でしょうか、女性でしょうか。


まず、わたしは女です。
だからと言っていわゆる「おじさん」向けと「おばさん」向け(失礼!)に使い分けることはしていませんので、ここで男女差のあることを書くと怖いおねえさま方(いるのか?)から「セクハラ!」と怒られそうですが、助言として大丈夫と思える線を。しかし、何ひとつ特別なことはしていないので、参考になるかなあ・・・。

・年配の人に接するとき気をつけていること

:はきはき話す。顔を見る。もごもごしていたり、暗い印象はマイナスです。
:明るく、スマイル0円。いい顔をしてやるだけタダ!照れるな!どんどん(バカ にならない 程度に)笑え!苦手ならスマイルトレーニングをしてください。
:わからない話題も興味を持つ姿勢を示す。
:「年長者のあなたを尊敬します」という姿勢で、顔で、声で、目で、接する。
:同年代以上に誉める。「すごい」「さすが」「○○さんのようになりたいです」
などなど。

・・・・・しかし。面接ではそこまでの深い話になりますでしょうか?
ここは面接の立場の回答者の登場を願いたいところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kaleenさん、アドバイスありがとうございます。
それと私は男です。
とても参考になりました。
特別ではないとのことですが、私自身、恐らく助言してくださった
全部をやっていなかったような気がします。
今後、これらを気にとめながら面接を受けてみようと思います。
あと、私自身も、「おじさん」、「おばさん」向けと言うような
区別はして使い分けておりません。(そこまで器用ではないので・・・)
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/03/07 18:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一般事務も中国へのアウトソーシング?

最近中国へのアウトソーシングがはやっていますが
一般事務や庶務や経理や人事などの総務なども中国へ流れているのでしょうか?
工場だけではなく、この分野も中国へ行っているのか知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

流れています。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/070903.html
http://keiri4970.weblogs.jp/blog/cat662089/

以前やっていた、観月ありささん主演の「OLにっぽん」も
そんな話でしたよ。
http://www.ntv.co.jp/ol-nippon/story/01.html

Qクレーム対応は一次と二次どちらが重要なんでしょうか?たまに一次で起こっ

クレーム対応は一次と二次どちらが重要なんでしょうか?たまに一次で起こっている相手をさらに怒らせる人がいますが、一次は誠意がある雰囲気を出せばいいから誰でもできますか?

Aベストアンサー

>一次は誠意がある雰囲気を出せばいいから誰でもできますか?
「誠意がある雰囲気を出せる」クレーム窓口の人は、ほとんどいないので、
誰もができるわけではないと思います。

一次で態度の悪さ、対応の悪さ、マニュアルどおりで質問にも耳をかさないなどが原因で
客側も話を聞かなくなり、クレーマになるケースは多々あるでしょう。

一次がクレーム対応で最も重要とおもいます。

QIT会社のアウトソーシングって?

私は就職活動中の大学3年生です。私は2年のころからSEになりたいと考えていますので、その業界の会社に就職しようと探しています。

質問なんですが、企業を調べていると、アウトソーシング業務を行っている企業があったのですが、それがいまいちわからないのです。

そのアウトソーシングとは取引先の企業で派遣社員として働くことなんですか?それとも取引先の企業から例えば人事管理システムや給与管理システムを設計してくださいと頼まれたら、自分の会社で設計などを行って、完成したら導入・保守するといったことなんですか?それらとはまた違うことなんですか?

一番気になっていることは就職した会社で仕事をするのか、派遣になるのかということです。

Aベストアンサー

その会社の規模と実績にもよりますが・・・

自社で確実に、システム設計・構築の全部もしくは一部を受注できるのであれば、g_express999さんの仰った「請負」にあたり、
設計・構築段階によって、自社内で仕事をしたり、お客様設備で仕事をしたりすることになるでしょう。

ただ、全てのIT企業がいつでも抱えている社員分確実に、「請負」の仕事を受注できるわけでは有りません。
それは、システム構築の需要には一般的に変動がありますし、また当該IT企業が有しているリソース(技術・人員)で対応できる案件が続くとも限らないからです。

となると、「社内で社員を遊ばせておくより、他社が請け負っているプロジェクトに社員を”派遣”して奉公してもらったほうがいいな・・・」ということになるケースもあります。
企業によっては、この派遣が恒久化しているケースもあります。

-------
とはいっても、この派遣は、いわゆる”派遣社員”とは異なりますのでご注意を。
「正社員」で、勤務先が自社でない(=他社に派遣されている)ということと、
「契約社員(=契約期間限定など、非正社員)」で、勤務先が自社でないこととの差異の認識をお忘れなく。
-------

いずれ、SEを志すのであれば「どこで働くのか?」ではなく「何を身につけるのか?」がより大切ですので、まずはどんな言語なりベンダー技術なり、業務分野知識を身に付けるか、そのあたりの意識を磨くほうが、優先度としては高く、就職先も選び間違えることが少なく、かつSEになった後の活躍のフィールドが広がり/高まり ます。

その会社の規模と実績にもよりますが・・・

自社で確実に、システム設計・構築の全部もしくは一部を受注できるのであれば、g_express999さんの仰った「請負」にあたり、
設計・構築段階によって、自社内で仕事をしたり、お客様設備で仕事をしたりすることになるでしょう。

ただ、全てのIT企業がいつでも抱えている社員分確実に、「請負」の仕事を受注できるわけでは有りません。
それは、システム構築の需要には一般的に変動がありますし、また当該IT企業が有しているリソース(技術・人員)で対応できる...続きを読む

Q人事考課面接で上司に自己評価を下げろと言われた場合

人事考課面接で、直属の上司に自己評価を「自分」で下げて再提出するよう指示がありました。

5段階評価の内、平均「4」をつけていたのですが、「3」以下に変更するよう言われました。

自分が納得がいっていない理由:
• 自分より二階級上の人の業務を引き継いで、その業務を遂行出来ているため。
• 自分が自己評価を下げるのではなく、「上司」が下げればいいと思っているため。
• 上司は自分の部下全員に自己評価を下げるよう伝えているため(他部署より自分の部署が厳しいと思うため)。

上司が評価を下げるように言った理由:
• 数値目標ではないので、明確な達成基準がないため。
• 上司が上に報告する際、大きく評価を下げていると聞かれるため。

他のメンバーは、自己評価を下げて再提出すると言っています。
私も、上司の指示に合わせて、自己評価を下げて再提出するべきでしょうか。

Aベストアンサー

自己評価なら自分で評価しなくてはなりません。
そのことも分かってない低レベル上司のようですね。
上司の言ってる内容を人事に問い合わせてみてもいいかと。

Qアウトソーシングについて

現在就職活動中の大学生です。
IT業界で開発の仕事内容はある程度分かるのですがアウトソーシングの仕事内容がいまいちつかめません。
どんな事でもいいのでアウトソーシングの仕事内容が分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アウトシーシングというのはANo.1の方が書かれているとおり、外部に業務を委託することです。

IT関連で言えば、
 (1)利用部門サポート業務
 (2)システム企画業務
 (3)システム開発業務(設計、開発)
 (4)システムメンテナンス業務(改修)
 (5)システム運用業務(ハードを外部に置くことも含む)
 (6)ハード保守業務
などを外部委託することとなります。

もっと広義に捉えれば、
 (1)企業組織そのものの外部委託(人事部業務を外部に委託など)
などもあります。

通常は自社の強みになる部分は内部に残し、ルーチン化された業務(強みにはならない、誰でも出来る・・・)などをコスト面で評価して外部に切り出すことが多いようです。

Q今までの人事労務管理とこれからの人事労務管理について

過去から、今日への変遷、そして、将来はどうしたらいいのかといった

人事労務管理について教えてください。私はこれについて
 
知識が全くないので詳しく教えていただけるとうれしいです。

また、何かいいページがあれば、URLおしえていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

事例集ですが参考になるでしょうか・・・
http://jinji.jil.go.jp/jinji/index.jsp

参考URL:http://www.sos-soumu.com/program/login.php3

Q「アウトソーシング」の意味を教えてください。

「アウトソーシング」の意味を教えてください。
海外で生産をするなど、外部委託ということはなんとなく知っています。
ある企業様宛てで広告依頼をしたいのですが、問い合わせ項目に「アウトソーシングについてですか?」とありました。
これはウチの広告媒体を利用することなので「アウトソーシング」に含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

その企業が行う業務の一部を外部に委託することを「アウトソーシング」と呼びます。
基本的には「下請け」と同じ内容になります。

ただし、「下請け」の場合は、その業務を委託できる企業が複数あり、どの企業も技術的には大同小異であってどこでもいいような場合を「下請け」と呼び、その業務を安心して委託することのできるだけの特殊な技術を持った企業が1社しかなく、その企業の独自技術を使いたいために委託する場合を「アウトソーシング」と呼ぶことが多いようです。


たとえば、金属板を仕入れて、適切に切断し、必要な部分に穴をあけ、防錆塗料を塗り、折り曲げて筐体を作って販売する、という企業があったとします。防錆塗料を塗るのに自前でやると工場が汚れるし、臭いし、面倒なので、近在の塗装工場に依頼した場合は下請けになります。しかし、近隣に特殊で高度な防錆塗装をする工場があり、その工場の特殊な防錆加工を行っている金属筐体であることを強みとして売りたい、というような場合には「アウトソーシング」と呼びます。


>ある企業様宛てで広告依頼をしたいのですが、

これは、その企業の広告を質問者さんの会社が受注したくて、「うちに広告をやらせてください」という依頼をしたいのでしょうか?

それともその企業が広告業であって、質問者さんが「御社でうちの会社を広告してください」という依頼(発注)をしたいのでしょうか?

もし前者(広告を受注したい)であって、相手企業の問い合わせフォーマットに「アウトソーシングについてですか?」とあったのでしたら、それはその企業がアウトソーシングを提供する企業(特殊な防錆加工とか・・・)であって、その質問の意味は「当社にアウトソーシングを依頼するための問い合わせですか?」という意味です。

もし後者(「うちを広告してください」と発注したい)であるのなら、その企業は単に広告を受注するのではなく、マーケティングミックスの4P(Price, Product, Plase, Promotion )という観点から、プロモーション戦略全般場合によってはマーケティング戦略全般を行うコンサル会社であって、単なる広告ではなく「戦略立案、実行、検証統制をアウトソーシングします」という意味になると思います。
ですから、「わが社にプロモーション戦略やマーケティング戦略全般を依頼したいのですか?」という意味になりそうです。

その企業が行う業務の一部を外部に委託することを「アウトソーシング」と呼びます。
基本的には「下請け」と同じ内容になります。

ただし、「下請け」の場合は、その業務を委託できる企業が複数あり、どの企業も技術的には大同小異であってどこでもいいような場合を「下請け」と呼び、その業務を安心して委託することのできるだけの特殊な技術を持った企業が1社しかなく、その企業の独自技術を使いたいために委託する場合を「アウトソーシング」と呼ぶことが多いようです。


たとえば、金属板を仕入れて、適切...続きを読む

Q営業の仕事で自家用を使用するか悩んでいます。メリットはナビの使い方に慣れていたり乗り慣れている点です

営業の仕事で自家用を使用するか悩んでいます。メリットはナビの使い方に慣れていたり乗り慣れている点ですが、デメリットはメンテナンスの部分かと思っているのですが、実際どちらが良いのでしょうか。

Aベストアンサー

会社が、車を買い取ってくれるなら、自家用車[もしくは走行距離数に応じての支払い]。それ以外なら社用車の方が良いかと。

私がmrをやっていた時は、自家用車を使う場合、距離数に応じてのメンテナンス支払いでしたが、部品の交換など細かいところで実費を、払うハメに。
社用車に変えましたけど

Qアウトソーシングで自動車メーカーの開発業務は?

転職を考えています。
最近企業展、転職フェアなどでアウトソーシングの会社がとても多いのが気になりました。(つい最近までアウトソーシングの意味を知らなかったので興味を持ちました。)
私の住んでいる周りには自動車関連のメーカーの工場はたくさんあります。またアウトソーシングの各会社は「このあたりは自動車関連企業が多く仕事が無くなることはまずない。安心して働けます。」と言われました。
試しにあるアウトソーシングの企業に自分のスキルシートを見せたところ、すぐに4社ほど(すべて自動車メーカー系の大企業)から面接の依頼がありました。仕事の内容も開発、試作、実験など興味がもてるものばかりでした。
しかし、こちらのQ&Aを見ていたらアウトソーシングの会社は歳をとってくると仕事をまわしてくれなくなる、定年までは雇ってくれない、収入もいまひとつ、などとも聞きます。
アウトソーシングはやはりやめたほうが良いでしょうか?アウトソーシングでも(当方家族持ちですが)やっていけるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、お答えいたします。
相談者様は非常に危険な考えをされています。

まず「アウトソース」とは、制作主が自社の仕事を外部へ委託し
円滑な生産を行う事をさします。
例) 日産が、車の部品製造だけをある会社「A社」に委託する状態。

で、相談者様の勤め先は上の例で言う
「A社」なわけです。在籍もA社。給料もA社から支払い。
日産の仕事を、日産の工場でやろうが、A社の人間です。

たとえ日産の社員と同じ事をしていてもA社の待遇であり
日産の待遇ではありません。
相談者様は「大企業の仕事を請け負っている会社の社員」です。
ですから、そのAという会社が日産に切られたら終わりです。
たとえ切られなくても、相談者様が働いているところを
日産が「今後ウチでやるからいいや」と言われれば終わりです。

それでも働きたいのであれば止めませんが、
大企業の名前に惑わされないようご注意下さい。

※ちなみに大きな企業ほど、アウトソーシングを行い
 自社のコストダウンをはかっています。

ご参考になりましたでしょうか。

こんばんは、お答えいたします。
相談者様は非常に危険な考えをされています。

まず「アウトソース」とは、制作主が自社の仕事を外部へ委託し
円滑な生産を行う事をさします。
例) 日産が、車の部品製造だけをある会社「A社」に委託する状態。

で、相談者様の勤め先は上の例で言う
「A社」なわけです。在籍もA社。給料もA社から支払い。
日産の仕事を、日産の工場でやろうが、A社の人間です。

たとえ日産の社員と同じ事をしていてもA社の待遇であり
日産の待遇ではありません。
相談者様は...続きを読む

Q私は 中国市場で生産される製品(原材料の仕入れは恐らく中国製品だと思い

私は 中国市場で生産される製品(原材料の仕入れは恐らく中国製品だと思います)を輸入専門に行っています。中国からの輸入は全てUSドル建てです。人民元の切り上げが行われると、当社の仕入価格への影響(相場が変わらないことを前提に)はどうなると思われるのが常識でしょうか?経済的観点から詳細を簡単な言葉で解説いただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ここ2年ぐらいずっと
1ドル=6.8元ぐらいです。

今回切り上げると
中国元が上がる=ドルが下がる。
ドルが下がる=日本円が上がる
なので
中国元が上がる=日本円が上がる。
価格はそれほど影響しない気がします。たぶん、おそらく。

1年ぐらいはそれほど、変わらないんじゃないでしょうか。1年ぐらいはね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報