今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

灯油タンク200Lくらいのものを設置しようと思います。置く場所があまりないので、地下車庫につながるスロープ上に設置しようと思います。通常の灯油タンクは足がありますが、スロープに設置する場合、足を加工するのでしょうか?片方だけ50cmくらい長くする必要がありますので、足だけ自作するのがいいでしょうか?良い考えがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 200Lタンクでは防油堤は必要ありません(規定は200リットル以上は必要だが、実際に200リットルで売られてるタンク容量は200リットル弱)。

火災予防条例を確認して下さい。
 設置は水平で転倒しない丈夫な場所に設置して下さい。スロープへの設置の場合、足の長さよりも、スロープの傾斜を改善した方が良いと考えます。タンクには壁(基礎)に固定・設置出来るタイプもあるので検討すると良いかも知れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

壁に取り付けられるタイプは500Lしかなく、大きすぎて設置できないのと、少量危険物になるので漏洩防止用のマスを設置しないといけないので断念しました。200Lタイプで壁に取り付けタイプは見当たりません。壁はブロックなのですが、アンカーボルトとかで設置しても強度的に問題ないでしょうか?

お礼日時:2009/03/15 12:04

灯油なら、200リットル以上保管すると少量危険物にあたりますから


消防署への届出が必要となります
200リットル以上保管できる容器があるだけでもダメですよ

ただ、この規定を避けるためと言っても良いと思いますが、192リットルとか198リットルの灯油タンクが売られています
ISO14001の審査でも200リットル以下の灯油タンクですと、条例特定と法遵守状況の確認はしません

>地下車庫につながるスロープ上に設置
とても気になります
灯油タンクの水平をとるのも大変ですし
灯油を補給する時も大変でしょう
灯油補給時のこともよく考えてから施工した方が良いと思います

>片方だけ50cmくらい長くする必要がありますので、足だけ自作する
灯油タンクは、片側の足を50cm延ばした場合、それに耐えうる強度や安定性を確保できるように設計されてはいないと思います
お避けになった方が良いと思われます

>置く場所があまりない
空地およびスロープの状況は分からないのですが、灯油タンクは水平地に設置することをお勧めします

私は仕事の関係上、100ヶ所以上の灯油タンクの設置場所を見てきていますが、傾斜地に設置されている灯油タンクは見たことがありません

設置場所にもよりますが、地下車庫につながるスロープに設置となると、消防署の見方で変わってくると思いますが、地下タンクとみなされる危険もあるのではないかとも思われます
ご注意を
    • good
    • 5
この回答へのお礼

購入しようと思っているのは200Lタイプで、内容量198Lのものです。届出は不要となっています。
片方だけコンクリで足をつくり、既製品のタンクに付属する足をアンカーボルトで固定しようと思います。横がブロック塀なので、塀にゆれ止めで太い針金で固定して何とかやってみようかと思います。

お礼日時:2009/03/15 18:19

地下車庫というくらいですから、壁もコンクリートと思われますので、壁付けのAC室外機用ブラケットみたいなもので固定される方法はいかがでしょうか?


スロープ上ではいくらなんでも安定性にかけるし、出入りの際に車でぶつけてしまうのも困るでしょうし、それにレベルをとるのも結構難しいと思います。

蛇足ですが、200L以上になると指定数量未満少量危険物貯蔵ということになり、消防署に届出がひつようになってきていろいろ規制を受けます。参考URLを熟読ください。

また、だからといってこの法律の適用対象外商品200L未満(すれすれ)を車庫にあたる部分に貯蔵しようというのは万一の際にあまりにも危険と思われますので、BOXを設け、鍵をかけた上で貯蔵する方法をお勧めします。(模倣犯的に放火とかされたらあっという間に燃え広がってしまいますよ)

参考URL:http://blog.livedoor.jp/nozsrgnaer/archives/5056 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

放火犯対策ですね。どうもありがとうございます。車庫前ですとリビングからすぐみえるのでよいかとおもいました。

お礼日時:2009/03/15 12:07

少量危険物貯蔵所になりますかな


防油提が必要かと思いますが
お近くの消防署にお訪ねになったらよろしいかと
市町村条例などで貯蔵量など違いがあることがあります

参考URL:http://www.rnac.ne.jp/~fdryoban/osi-syouki.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q室外用の灯油タンクの設置

給湯器に接続してある、98リットルの灯油タンクが錆等で限界のようなので交換しようと思いますが。
ホームセンターで灯油タンクを見かけた事があるのですが、素人でも設置は可能なのでしょうか?
今、使用しているタンクの送管は銅管を使用しているようです。
出来るのでしたら、銅管のつなぎ方など必要な手順を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

少し器用な人なら簡単に設置が出来ます。
先ず、灯油は落差を利用してタンクから燃焼機に灯油を供給しますので、新しいタンクの底辺が現在のタンクの位置と同等になるように高さを調整して地震等で倒れないように足部分を固定します。
次に新しい灯油タンクと銅管の接続ですが、新しいものにバルブが付いていなければ古いタンクのバルブ(コック)を外してこれを新しいのに付け替えます。フレアナットで接続されていると思いますので、慎重にバルブを古いタンクから外してください。古くて使えない場合は、新しいバルブを購入して付けます。
最後に灯油を少し入れて接続部からの油漏れなどを検査します。漏れがなければ一度燃焼機を稼動させてみてください。
場合によって、銅管が長い場合などで銅管中の空気を抜く必要があれば燃焼機側のエアー抜きから空気を抜いてください。
最後に灯油を満タンすればそれでOKです。
但し、私は自分で取替えした経験者ですが、これだけの作業に自信がなければ必ず専門家に依頼してください。あくまで中身は可燃物ですから漏洩などのないように確実な作業が必要です。

Q少量危険物貯蔵庫の防油堤について

屋内にて少量危険物貯蔵庫を作り、そこに灯油や塗料など指定数量以下の危険物を保管しようと考えて某大手ゼネコンに建築依頼をしたところ、消防の指導により防油堤を作らなければならないので入口に20cmほどの壁を作りましたと言われました。

貯蔵庫は7m×3mの部屋で自動閉防火扉2か所、床はコンクリートで防爆蛍光灯に防爆換気扇、ためます等作りました、壁も耐火性です、しかし灯油を入れたドラム缶(200L)をカートで運んでも20cmの防油堤で中に入れません。

ゼネコンに言っても消防法での決まりだからと言われます。

すでに防油堤のついた貯蔵庫は完成しており、手に持てる塗料しか中に入れられない状態です。

本当にこんな法律があるのでしょうか?
ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

直接、地元消防に話を聞く前にご意見をいただければ助かります。


よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらいたいと言った所、やはり防油堤が必要という事で油脂庫の床はそのままで工場内だけカサ増ししました。

私の所はまたぐ形でなく、1段低くなっているだけなのでドラムは床を板などで養生して落とし入れています、出す時にはドラムは空になるので思ったほど不便ではありませんでした。


>ドラム缶を入れられる貯蔵庫はどうすれば出来るのでしょうか?

防油堤は何で出来ているのでしょうか、ブロック等であれば一度そこにのせての移動も可能だと思いますが、頻繁にだと大変ですよね。

貯蔵庫入口はスロープにして、倉庫内は防油堤と同じ高さにグレーチングを敷くとか、四方に隙間を空けて鉄板を敷くとかして、防油槽を床下にするという形ではどうでしょう、もちろん消防に確認してからだとは思いますが。

>本当にこんな法律があるのでしょうか?
少量危険物だと市町村による条例による物なので内容が若干違いますので、何とも言えませんが保管容量の110%以上の防油堤が必要なのが最近は一般的です。

私の所の油脂庫は設置したのがかなり昔の為に防油堤はありませんでしたが特に注意されたことはありませでしたが、先の震災で工場内の沈下で奥の方(油脂庫のある方)が20cmほど下がってしまったので、工場内に床を水平にするためにをコンクリートを流す事になったのですが、当初は油脂庫も工場と平らにしてもらい...続きを読む

Q事業所にある灯油の保管について

事業所内での灯油の保管についてご質問します。

事業所の場合、危険物の資格や貯蔵庫がないと200リットルまでの貯蔵しか許可されていないと思いますが、灯油のみを貯蔵する場合、ホームタンクを設置すると油漏れ防止の基礎と囲いが必要と言われました。

経費削減の折りそこまで費用をかけられないので、屋内用の90リットルタンクを二つ置いて対応しようと思いましたが、そちらも結構高額でした。

一番安価な方法として、20リットルポリタンク10個に振り分けてとか、ドラム缶ごと保管しようと考えたのですが、これは消防法に違反するのでしょうか?

保管場所は屋根がついているところを検討しています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 少量危険物取扱所になります。

 小さく入れ物をを分ければ良いというのではなく、同一場所(事業所)に200リットル以上の保管をしてはいけないと言うことです。

 こちらの質問も参考になさってみてはいかがでしょうか。 
  http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1999539.html

 ドラム缶は通常200リットルなので、規制対象になってしまったと思います。
 20リットルのポリタンクを9個・・・と言うのが現実的でしょうか。

Q【危険物法令】灯油は何リットルから取扱所になるのですか?

危険物法令に関して、灯油は何リットルから取扱所になるのでしょうか?

またそのあたりの事が分かりやすく記載されているサイトがあれば教えて下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

灯油は危険物第4類第二石油類非水溶性なので、指定数量は1000Lです。

消防法では1000L以上で危険物取扱所になります。
またこれより少なくても、各自治体の条例で少量危険物取扱所として申請しなければなりません。一般的には指定数量の1/5なので200Lです。

Q少量危険物の取扱い届出について

ディーゼル発電機を構内に設置するとします。軽油の場合200リットルを超えると(1000リットルの5分の1)少量危険物貯蔵取扱届出書を出さなければならないとあります。そこで以下の質問です。
(1)発電機の燃料タンク容量が100リットルでこれが5台あったとしたら少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(2)発電機の燃料タンク容量が250リットルの場合少量危険物の取扱い届けが必要ですか?
(3)構内で発電機を移動した場合、届けを書き換えなければならないのでしょうか?
(4)届出を済ませた後、消防による現地検査等はあるのでしょうか?
以上、何かご存知の方、ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、その点が
間違ってました。
通常は60%を掛けます。
ですから、数式は50×24×0.6となり、720Lとなります。


私が言いたかったのはむやみに少量危険物施設にしない方がいいですよ、ということです。
貯蔵所だけならまだ楽ですが、取扱い所になってしまうと、電源は防爆仕様、屋根は吹き飛ぶ構造にするなど
お金もかかりますし、第一やっかいです。
小規模の施設であるなら、ポリタンクで必要量をいれるなどして、少量危険物未満にしておいた方がよいと思います。(それなら火災予防条例だけしか該当しません。
火を使うときは可燃物をそばに置かないなど当たり前のことしか書いてない。)

それと貯蔵所の場合、タンクの下には防油堤が必要です。たしかタンク容量の1.5倍です。

#1です。

>消防法には24hでの使用量と明記されているのでしょう
 か?

これまでの経験からです。
消防法に書いてあるかは分かりません。

空調機器や温水洗浄機を設置したり、販売した時に消防署に計算書を提出しましたが、24時間計算で提出し受理してもらいました。
これは意図を超えて、連続運転してしまった場合の最大量として計算するわけですが、2・3日間気づかずに連続運転したりとかすることもあるわけで、なぜ24時間なのかは分かりません。

それとその計算式には負荷率をかけるべきで、...続きを読む

Q給湯器はガスと灯油どっちがいいの?

関東地区に居住するものです。
現在はガス給湯器を使用しております。
更新時期が近い為、教えてください。
経済的にはどちらの方が得なのでしょうか?
・購入時の費用
・燃料代やメンテナンス費用
 (燃料代は灯油が安いと聞きますが?)
・燃料代は、どの位違うのでしょうか?
又、
・使い勝手
・灯油補給の手間
等、トータル的にどちらがお勧めですか?
詳しい方、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

関東地方のどこであるかが重要です。

・・というのも燃焼音でいうと灯油の給湯器の方が大きく隣の家が近い首都圏近郊なんかは燃費ウンヌンの前にそちらの方が重要であるようです。

また、灯油のタンクも場所をとりますので首都圏の家には不向きとなります。

さらに液体を燃やす灯油給湯器に比べガス体を燃やすガス給湯器を比べると燃焼筒やバーナーの汚れ具合は灯油給湯器の方が多いのでメンテナンス費用も余分にかかると考えてよいでしょう・・

ガス給湯器の宣伝になっちゃいましたが

燃費は断然灯油給湯器です。
タンクを置けるスペースがあり、お隣に迷惑がかからないとなると灯油給湯器でキマリですね。

実際売れる種類を地域的にみても上記のような傾向があります。
器具問屋で働くものより・・

Q灯油配管

屋外に設置してあるホームタンクから屋内へ灯油配管を敷設しようと思っているのですが、塩ビパイプ(VP)で問題ないでしょうか?北国なので冬期間の凍結などが心配です。

Aベストアンサー

札幌在住です。

灯油配管に塩ビやビニールホースを使うことは厳禁です。
これらの石油化学製品は、歳月が経つと灯油により溶けてしまうからです。
ガソリンスタンドの店員も随分いい加減なこと言うものですね。

灯油配管には銅管を使うのが鉄則です。

また、実際の施工に当たっては、灯油タンクと暖房器具間には高低差をつける必要があります。
この高低差により、灯油タンクから暖房器具へ油が供給されることになります。
高低差がとれない場合、正常な暖房運転ができない場合があります。
高低差が取れない場合は、オイルリフターを使用することになります。
取説にはこの辺の注意事項が書かれてはいますが、専門の業者や十分経験のある方に依頼するのが懸命です。

素人が施工して、最悪、油漏れを起こすと、火災や土壌汚染に繋がります。

厄介なのは、油漏れが発生すると、近くに埋設されている水道管に染みこみ水道水に油臭をつけてしまったり(敷地内に埋設されている水道管は一般的に、地盤沈下や地震などに強くて低価格なポリエチレン管を使用していますが、ポリエチレンという材質自体が石油製品であるため油には弱いのです)、埋設されている下水道管を通じて河川や下水浄化施設
に流れ込み環境などに大きな被害を及ぼすだけでなく、周辺住民の方々にも灯油の臭気などで大変迷惑をかけてしまうことになります。

そうなると、土の入れ替え、水道管の取り替え、下水道管の洗浄、河川でのオイルフェンスの設置、油のくみ取りなどの措置をしなければなりません。
これらの事故処理にかかる莫大な費用は、すべて原因者の負担になります。
事故が起きてからでは遅すぎるのです。

札幌在住です。

灯油配管に塩ビやビニールホースを使うことは厳禁です。
これらの石油化学製品は、歳月が経つと灯油により溶けてしまうからです。
ガソリンスタンドの店員も随分いい加減なこと言うものですね。

灯油配管には銅管を使うのが鉄則です。

また、実際の施工に当たっては、灯油タンクと暖房器具間には高低差をつける必要があります。
この高低差により、灯油タンクから暖房器具へ油が供給されることになります。
高低差がとれない場合、正常な暖房運転ができない場合があります。
高低差...続きを読む

Q豪雪地帯にお住まいの方=90L灯油タンクの利用

昨年夏、北海道に行きました。
多くにご家庭の玄関辺りに大きな灯油タンクがありました。
あのタンクから、家の中のストーブなどに取り込むのですよね。

ここから質問です。
どのようにして取り込んでいるのでしょうか。
私の想像です。
家の中の(たとえば)玄関内に、蛇口が付いていて、ストーブの灯油タンクをその下に置き、バルブをひねれば、出るようになっているのですか?そのときあふれない装置が付いているのですか?
それともストーブに直結してあるのですか?

私のところも石油ストーブを使っています。
玄関のところに20Lの灯油缶を並べておいてあり、そこから電池式の自動ストップ付きのポンプで小出しして使っています。

エコキュート前まで、灯油ボイラーに使っていた90Lのタンクが遊んでいます。それを利用して、家の中まで、引き込めないかと考えました。
引き込むことは簡単に出来ますが、単にバルブの開け閉めだけでは溢れる恐れがあります。
タンクが満タンになったよ、とバルブを閉めてくれる方法を模索しています。
バルブは電磁弁を考えていますが、電池式の電磁弁なんかあるのか・・・。液面感知器はどうしようか。ストーブ缶の小さな口では、仰々しく付けられないし・・・。

そこで「北海道の人はどうしているのかな」と思って、相談させていただきました。

よろしくお願いいたします。

昨年夏、北海道に行きました。
多くにご家庭の玄関辺りに大きな灯油タンクがありました。
あのタンクから、家の中のストーブなどに取り込むのですよね。

ここから質問です。
どのようにして取り込んでいるのでしょうか。
私の想像です。
家の中の(たとえば)玄関内に、蛇口が付いていて、ストーブの灯油タンクをその下に置き、バルブをひねれば、出るようになっているのですか?そのときあふれない装置が付いているのですか?
それともストーブに直結してあるのですか?

私のところも石油ストーブを...続きを読む

Aベストアンサー

新潟在住です。
灯油タンクから屋内への引き込みは給湯器や直結式の暖房機の場合のみです。
ファンヒーターのタンクやポリタンクへの小分けは外で行ないます。
小分け用のコックを屋内まで引き込んでいるのは近所でも見たことがないですね。
天気の良い日にポリタンク2,3個に小分けして玄関に置いておき、そこからストーブのタンクへ給油するといったスタイルです。
検索すると灯油タンクに取り付けられる自動停止できる給油ノズルがオプションであるようです(フロート式で電池不要)。

参考URL:http://www.sundia.co.jp/syouhin/tank_buhin/barubu/buhin_barubu_r.htm

Q灯油ホームタンクの水抜き方法

屋外の灯油ホームタンクですが、水抜きをしたいのです。下部に水抜きのねじがついてまして、これをまわすのだと思いますが、どこまで回したら水が抜けるのでしょう。水だけ出て灯油は出ないのでしょうか。完全に水を抜くためには液が止まるまで出しつづければよいのでしょうか。お答えお願いします。

Aベストアンサー

構造的にはタンクの底にネジが付いているだけですから
灯油も一緒に出ますよ
上部に付いている燃料計に水用のメモリ付いていますか?どのくらいのタンクなのでしょう?
100リッターくらいですか?
水って言っても水分が溜まったモノですから
給油時に雨が多かったとかが無い限り
何リットルとは出てきません
ネジの真下に一斗缶や20リットルのペイル缶を置き
ゆるめていきます
ゆっくり開けて下さいね
そうすれば有る程度の所でチョロチョロ出てきますから
目分量で結構です、大体2~3リットルも抜けば
タンク内の水は抜けてしまいます
その出した油はガソリンスタンドで引き取って貰って下さい

Q電気給湯器と灯油ボイラー、どちらが経済的?

現在、キッチンはガス、室内は夏はエアコン・冬は石油ストーブ、給湯は灯油です。
石油代が高騰してから値上がりor停滞で、一向に落ちる気配はないのですが、
それでも給湯は灯油の方が経済的でしょうか?
電気代が将来必ず値上がりするから、必要ない!と夫に言われるのですが、
実際のところはどうなのでしょうか?
夫の意見は、所詮電力も石油を使って作っているから値上がりは同時、とのこと。
それなら新システム導入代の分高くつく、という考え方です。
私は、石油はいつか枯渇するし、当分値下がりも期待できず。
新エネルギーの開発も期待できるので、電力の方が望みがあると思ってるのですが…。

実家は数年前エコキュートにし、電気代は安くなったと言っています。
(それまではガス給湯器でしたが、キッチンはガスコンロのままで、
ガスの基本料金の分安くなった、という意味ではないです)
日中は祖母と母がいて生活していても、それでも高くはなっていないそうなので…。

我が家の場合は、家族構成は義父母、私達夫婦、保育園児2人。
日中家にいるのは同居の義母のみ、
私達夫婦と義父は仕事などで日中不在、子ども達は保育園なので、
深夜電力利用時間の方が多いのかな?とは思います。
(子どもの就寝が21時なので、子どもに深夜電力時間帯はかぶりませんが、
 夏場の夜のエアコンがかなり大きいと思っています)
灯油は、暖房未使用時(お風呂とキッチンの給湯のみ)は、1ヵ月60L前後です。
冬場は石油ストーブでもエアコンでも、その時コストが安い方を選択すればいいので、
暖房に関しては迷うことはないと思っています。
エコキュートのセールスの電話はたびたびありますが、
セールスは良い点しか言わないのであまり頭から信用できず…
一応詳しく話を聞いた中では、今かかっている灯油の値段を足した電気代と、
エコキュート設置の月々の支払い+毎月の電気代は、ほぼ一緒…とのことでした。

原発のからみで電気代が値上がりするとも言われていますが、これも実際どうなのでしょうか。
間違いなく値上がりはすると思ってますが、多少ならば電気代の方が安いのかな…と。
太陽光発電システムは興味がありますが、
自治体の補助がまだないのと、値段そのものが高いこと、
元をとれるようになるまでの年数が長いことから、まだ検討までには至っていません。
これを考慮すると、また違ってくるのでしょうが…
詳しい方、実体験のある方いらっしゃったら、ご教授下さい<(_^_)>

現在、キッチンはガス、室内は夏はエアコン・冬は石油ストーブ、給湯は灯油です。
石油代が高騰してから値上がりor停滞で、一向に落ちる気配はないのですが、
それでも給湯は灯油の方が経済的でしょうか?
電気代が将来必ず値上がりするから、必要ない!と夫に言われるのですが、
実際のところはどうなのでしょうか?
夫の意見は、所詮電力も石油を使って作っているから値上がりは同時、とのこと。
それなら新システム導入代の分高くつく、という考え方です。
私は、石油はいつか枯渇するし、当分値下がりも期待...続きを読む

Aベストアンサー

太陽光パネルと同じでエコキュートにすれば
いつかは損益分岐点がきます。すなわち電気
のが安いと思います。

さらに不思議なことに初期投資したお金は忘
れて月付きのランニングコストばかり目が行く
んですよね(><)

だから、高いお金払ってでも燃費が良い車に
買い替えるとか・・・・。

将来もとが取れるといっても、月付きいくら
安くなったからといって貯金できるものでは
ないんです。
やっぱりお金を貯めるには使わない事です。

エコキュート高いですよーーー。
ほんと高いです。

それでも俺はエコキュートにします。
やっぱり、全て電気という斬新な生活スタイル
が好きなんです。お金を投資する価値がありま
す。
個人的にはもう火の時代は終わったような気が
します。
電気だけの生活、快適ですよ(^^)

損得だけで考えるなら高価なエコキュートなど
買わないで、灯油代として残しておいたほうが
ぜったいにいいです。

エコキュート代金100万近くを灯油で使うには
いったい何年分の灯油代になるか・・・・
損得勘定でいうなら灯油のがいいと思います(^^)

さらに、オール電化であればオール電化の
割引きが適用されますが、t-r-mamaさん宅は
ガスを使っているのでそういうのも利用できないし。

太陽光パネルと同じでエコキュートにすれば
いつかは損益分岐点がきます。すなわち電気
のが安いと思います。

さらに不思議なことに初期投資したお金は忘
れて月付きのランニングコストばかり目が行く
んですよね(><)

だから、高いお金払ってでも燃費が良い車に
買い替えるとか・・・・。

将来もとが取れるといっても、月付きいくら
安くなったからといって貯金できるものでは
ないんです。
やっぱりお金を貯めるには使わない事です。

エコキュート高いですよーーー。
ほんと高いです。

それでも俺はエコ...続きを読む


人気Q&Aランキング