AT車を乗っています。
ギヤチェンジは走行中にしても、問題ないのでしょうか?
先日、急な坂道を登る為、Lレンジで走行しました。(坂道上る前に停止して、DレンジからLレンジにしました)
坂道を登った後、へいたんな道になったので、停止せずにLからDにしましたが、これは問題ないのでしょうか?

ギヤチェンジは停止してからしないと、ダメなのでしょうか?
(L⇔D、2⇔D)
また、ギヤチェンジのアドバイスがあればお願いします。

よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

>ギヤチェンジは走行中にしても、問題ないのでしょうか?



お車の取扱説明書に記載の範囲の使い方であれば、全く問題ありません。



>先日、急な坂道を登る為、Lレンジで走行しました。(坂道上る前に停止して、DレンジからLレンジにしました)

お車の取扱説明書に「一旦停止してから」という注意書きが無ければ、停止する必要もありません。
一般的なオートマチック車のほぼ全ては、停止せずにチェンジさせて大丈夫なようになっていると思います。

取扱説明書に、[L]の速度範囲というものが書かれていれば、その速度範囲(上限以下)であれば、セレクトレバーの切り替えを行ってもよいということです。

例:ホンダシビック(http://www.honda.co.jp/manual/civic/2009/pdf/200 …)168ページ(72/84)をご覧下さい。
[1] 0~61km/h
[2] 0~105km/h
等とあります。
これは、[1]なら61km/h以下で、[2]なら105km/h以下で、という意味です。

が!、
通常、こんな速い速度では決してセレクトレバーの切り替えを行いません。
なぜなら、
一度でもやってみれば分ると思いますが、ものすごくイヤなショックとエンジン音で、車にすごく悪いような感じになります。

ので、
普通は、取扱説明書に記載の数値よりもはるかに遅い速度にしてからでないと、手でシフトダウン操作(セレクトレバーの切り替え)はしません。

では、一体、どの位の速度ならよいの?ということを調べるには、

まず、普通に停止状態で、[D]にて、ごく普通に、または普段よりはゆっくりめに、走り出します。この時、1速から2速に切り替わる時に、軽いショックとタコメーターが多少カクッと落ちる時があるのです。この時の速度が、「 [L]にして良い速度。」と考えても良いでしょう。

実際は、その速度でセレクトレバーの切り替えをしてもイヤなショックが出るのなら、セレクトレバーの切り替えは それよりもさらに遅い速度になってから、切り替えれば良いのです。


後ろに車がピッタリ付いてしまって、しかし、これから坂は急な下りで結構長そうだ!なんて場合は、上記“その”速度まで落とせない場合もありますね。この場合、例えば、その道を走行する本来の速度までしっかりとフットブレーキのみで落とし、その後、シフトダウン操作をして、機械が実際にシフトダウンしそうな瞬間にフットブレーキを弱めれば、変な急ブレーキにもならずに、スムースに行くでしょう。
つまり、シフトダウンすれば、「エンジンブレーキが追加される」ということになりますので、一瞬強過ぎのブレーキになってしまわないように、自らフットブレーキをタイミング良く弱めてやる必要があるということです。

尚、

いきなり[D]から[L]にするのではなく、上記のような「後続の車がピッタリ付いてしまっている」といった場合には、追突事故されないように、緩やかなエンジンブレーキで [D] → [D](O/D OFF) → [2] → [L] とやる必要も出てきます。
(ホンダシビックで言ったら [D] → [D3] → [2] → [L] というふうに。)


----------------------
しかし(話は変わりますが)、

現在の車で、上り坂で、セレクトレバーの切り替えが必要な車なんて、ありませんよ。

上り坂では、普通に[D]で走れば良いではないですか。

上り坂にさしかかってから、アクセルを踏めば、必要に応じて車が勝手にギアーチェンジします。

運転者は、なるべくアクセルを無意味にバタバタさせずに、その道路に合わせた速度を保つように一定にアクセルを踏んでいれば良いだけです。



>坂道を登った後、へいたんな道になったので、停止せずにLからDにしましたが、これは問題ないのでしょうか?

全く問題ありません。

(が、上り坂のためにセレクトレバーの切り替えをする必要はありませんので、次回以降行う必要もありません。)



>ギヤチェンジは停止してからしないと、ダメなのでしょうか?
>(L⇔D、2⇔D)

通常、特に取扱説明書に何の記述も無ければ、停止の必要はありません。

セレクトレバーの切り替えの順序は、 [D] → [D](O/D OFF) → [2] → [L] となります。(お車によっては、さらに多段ギアーだったりする場合はこの限りではありません。取扱説明書を良くご覧下さい。)

例えば、いきなり[L]に入れられるのは、すでに2速で走っているような場合にです。(つまり、セレクトレバーは[D]に入っているが、速度が遅いので現在の走行ギアーは2速。といった場合。)


下り坂にさしかかって、速度が上がってきてしまったら、

「とにかく、まずはフットブレーキです。

必要があれば、その場合のみ、セレクトレバーの切り替えが必要。」

と、お考え下さい。



>また、ギヤチェンジのアドバイスがあればお願いします。

http://www.honda.co.jp/faq/tips/safety_08.html
http://www.honda.co.jp/faq/tips/sports_02.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4798291.html)の No.6
 
 
    • good
    • 0

AT車の場合、坂道に差し掛かりスピードが低下してきたら、アクセルをドンと踏み込むと、自動的にギアがローに落ちます。


これを「キックダウン」と言いますが、急にギアが変わりその後のアクセルコントロールに慌てる場合がある人は、手動でDレンジから2レンジやLレンジに切り替えても良いでしょう。
その場合停止する必要は無く、坂に差し掛かったらチェンジすればいいでしょう。(スピードが低下してきたら)

またLや2レンジからLレンジへ戻す場合も停止する必要はありません。
キックダウンで自動的に変速した場合は、アクセルを緩めると自動的にDレンジになります。

箱根のターンパイクや日光いろは坂、その他山岳道路の下り坂を走行する場合、ブレーキだけで減速していると、熱の影響でブレーキが利かなくなる場合があります。
エンジンブレーキを有効に使う為、ギアをDレンジから2レンジやLレンジに状況に応じて切り替え、フットブレーキは短くスパッと踏んでください。
    • good
    • 0

大丈夫ですよ。

軽いショックを感じるけど、それは構造上のものだから。
平気です。
坂道の上りは「長く続く場合」は、2にしておけば良いです。
山に登るときなど、急な坂道の場合限定です。
そうでないと燃費が悪いからね。
下りは「ブレーキを踏みっぱなし」状態になってるとき、2にしてください。
エンジンブレーキが働いて、ブレーキの回数が減ります。
ブレーキは絶対に「踏みっぱなし」で使用しないこと。
五分間ずっと、などというのは論外です。
最悪の場合「フェード現象」といって、ブレーキが効かなくなる恐れがあるんですよ。
    • good
    • 0

いつでも最適なレンジを自動的に行うのがAT車です。



お好きなレンジに変えて構いません。適宜でなければエンジン音がガ~~~~~~~~~~~~です。

落とすか、あげるかで直ります。

音で、判断されれば良いです。感嘆には壊れません。
    • good
    • 0

ATで特に問題にはなりません、停止の必要はありません

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMT車の加速チェンジ減速チェンジをする際のショックをなくしたい&坂道発進について

現在自動車学校でもう少しで卒業検定です。
最初のころはエンストばかりでしたが今は教習中にエンストすることはなくなりました。
加減速チェンジも普通にできます。
しかし悩みなのは加速、減速チェンジをするときにショックがあるのか
車がガックンガックンと挙動がします。
これをなくしたいです。
ギアを変えるときにアクセルから足を離しますよね?そしてシフトチェンジですがいろいろ原因はあるのですがクラッチをいきなり離す事もあるだろうし半クラッチが充分でなかったり。
あとはシフトチェンジ後クラッチを踏んだままアクセルを踏んでそれからクラッチ離したり、あとはクラッチを離すのが遅いとも言われます。
滑らかな加減速チェンジのためにはどうすればいいでしょうか?
あと坂道発進ですが、現在はハンドブレーキを使った基本的な坂道発進
をしています。これも問題なくできます。
ただこれからは将来車を運転するときにいちいちハンドブレーキを使っては後続車を待たせることにもなるのでハンドブレーキを使わない坂道発進をしてみたいです。
それはどうやるのでしょうか?
急な坂道ではハンドブレーキのほうが良いでしょうか?
よろしくお願いします。

現在自動車学校でもう少しで卒業検定です。
最初のころはエンストばかりでしたが今は教習中にエンストすることはなくなりました。
加減速チェンジも普通にできます。
しかし悩みなのは加速、減速チェンジをするときにショックがあるのか
車がガックンガックンと挙動がします。
これをなくしたいです。
ギアを変えるときにアクセルから足を離しますよね?そしてシフトチェンジですがいろいろ原因はあるのですがクラッチをいきなり離す事もあるだろうし半クラッチが充分でなかったり。
あとはシフトチェンジ...続きを読む

Aベストアンサー

>滑らかな加減速チェンジのためにはどうすればいいでしょうか?
速度と各ギアの回転数の感覚を覚えてください。
たとえば30km/hで3速から4速にシフトアップすれば回転数が○○回転から○○回転にさがる。30km/hで3速から2速にシフトダウンすれば回転数が○○回転から○○回転にあがる。等です。回転数があっていれば半クラはなしでもガックンとはなりません。

>あと坂道発進ですが、現在はハンドブレーキを使った基本的な坂道発進
>をしています。これも問題なくできます。
普通はこれで十分ですが、半クラの練習をかねてサイドブレーキなしでの練習は有効だと思います。20年ほど前に免許を取りましたが、サイドブレーキなしでの坂道発進とか、坂道でブレーキなしで半クラとアクセルで10秒間静止、とか練習しました。
ほかの方も書かれていますが車を傷めるので自分の車ではやりたいとは思いませんが、クラッチ操作は絶対に上達します。ほかの教習所に行った人に聞いてもやったことがないようなのでちょっと変わった教習所だったのかもしれません。

QDレンジで停止中の振動・・・他教えてください!

平成二年式・走行距離9万6千キロ・AT・FFの車についてです。Dレンジで停止中(信号など)ひどく振動します。ドッドッド・・・という感じで、エンジンの回転数もそれにあわせて上下しています。いつもこの症状が出るというわけではなく、走り始めの10分ぐらいにおこり、その後何ともなくなることが多いです。
アイドリング時の回転数は、Pで750、Dで500です。
振動の程度もまちまちです。NやPレンジでは振動は起こりません。修理屋で少しみてもらいましたが、年式と走行距離を考えると不具合は仕方がない。エンジンもばらついているし、直しだしたらきりがない・・・と言われました。
私は車に詳しくないため、それ以上つっこんで聞くことができなかったのですが、このまま乗り続けていても大丈夫でしょうか?
他に気になるのは、停止状態から徐々に加速していくときに、時速40キロ前後で必ず、うしろへ「ククッ」と引っ張られるような違和感(一瞬減速するため?)があります。
原因は何でしょうか?
大事な車なので、1・2年で廃車・・・というのではなく、できることならもう少し長く乗りたいと思っています。
整備・車検直後で、タイミングベルトなどは交換済みなので、支障なければしばらくこの状態で乗り、メドが立てば修理していく・・・という方向で考えています。
とりあえず、「振動」と「加速途中の減速?」についてとても気になるので、原因や対策など何でもよいのでアドバイスください。よろしくお願いいたします。

平成二年式・走行距離9万6千キロ・AT・FFの車についてです。Dレンジで停止中(信号など)ひどく振動します。ドッドッド・・・という感じで、エンジンの回転数もそれにあわせて上下しています。いつもこの症状が出るというわけではなく、走り始めの10分ぐらいにおこり、その後何ともなくなることが多いです。
アイドリング時の回転数は、Pで750、Dで500です。
振動の程度もまちまちです。NやPレンジでは振動は起こりません。修理屋で少しみてもらいましたが、年式と走行距離を考えると不具合は仕方がな...続きを読む

Aベストアンサー

過去に似たような症状の質問がありましたので そちらも参照ください。

実車を見てないのであくまでも推測ですが・・・
原因として考えられるのはエンジン、ミッションのマウントの劣化ですね。
これが原因であればマウント交換で振動はなくなると思います。
一度 修理屋ではなくディーラーで点検をしてもらってみてもいいと思いますよ。

それか・・・アイドリングを少し高くしたら案外すんなり直っちゃったりして(!?)

>時速40キロ前後で必ず、うしろへ「ククッ」と引っ張られるような違和感
>(一瞬減速するため?)があります。

一瞬減速してるとしたら前につっかっかるように
感じるんじゃないかと思うんですが・・
その時 エンジンの回転数も落ちてますか?
それとも逆に上がってますか?
回転数が落ちていたらエンジンか電気系統、上がっていたらミッション関連が
怪しいかもしれませんね。

13年経過した車両では原因となりうる部分も複数あるので
ディーラーでちゃんと点検してもらっておいた方がいいかと思います。

ATFについては#3さんもおっしゃってますが
96000キロまで無交換でしたらATFの交換はオススメしません。
多走行(6万キロくらい)無交換な状態でATF交換すると逆に不具合が出る事があります。
ディーラーでも断られるかと思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=607300

過去に似たような症状の質問がありましたので そちらも参照ください。

実車を見てないのであくまでも推測ですが・・・
原因として考えられるのはエンジン、ミッションのマウントの劣化ですね。
これが原因であればマウント交換で振動はなくなると思います。
一度 修理屋ではなくディーラーで点検をしてもらってみてもいいと思いますよ。

それか・・・アイドリングを少し高くしたら案外すんなり直っちゃったりして(!?)

>時速40キロ前後で必ず、うしろへ「ククッ」と引っ張られるような違和感
>(...続きを読む

Q停止時のDレンジでの振動・騒音の原因は?

ホンダのアクティバン(AT)を、1年半前に中古で購入しました(現在約6万Km)。
冷間時、Dレンジに入れたまま普通に停止しても、振動・騒音は許容範囲なのですが、

完全暖気後(約10分以上走行)、Dレンジに入れたまま普通に停止すると、不快な振動・騒音が起こります。
この停止時の振動・騒音以外は、問題なく変速しますし、車が動くと振動・騒音はピタリと止みますし、エンジンも好調です。

この車種特有のものでしょうか? 
また、何か不具合を起こしている部品が有るのでしょうか?

Aベストアンサー

エンジンマウントなどの劣化が主な原因です。
エンジンは振動するのでゴム製のマウントで固定されています。
そのマウントの劣化で振動の吸収が悪くなっています。
何処のメーカーでも起こります。
Nレンジに入れれば収まると思います。

冷寒時のアイドリングの時は回転数が高いので振動が減ります。(コマと同じで高速回転時は軸が振れません)

直したいのであればマウント交換が必要です。

Q踏み切りのギヤチェンジ

25年ほど前に普通免許を取りました。
そのとき、踏み切りではギヤチェンジはしてはいけない。と習いました。
理由は・・ギヤが落ちる?抜ける?危険があって不動になる恐れがある?だったと思うのですが。

今になっても、そんなことってあるのかなぁ。と思っています。
現在も、教えは同じなのでしょうか?それが原因で踏み切り立ち往生って実際あるのでしょうか?

記憶違いでしたらごめんなさい。

Aベストアンサー

私も、踏切でギアチェンジすると、助手席の女房に、だめでしょと叱られます。

それに対し私はいつも、こう反論しています。

確かに30年ほど前は、コラムシフト(ハンドルの下にレバーがついてる)車が大半で、ギアチェンジしようとすると時折、途中の伝達部分のヒンジのところが噛み合ってしまって、ギアが入らないことがあった。(実際によくありました、名車といわれたダルマ型のクラウンでも、1日1度は噛んでました)
最近は、AT車が大半、こういうリスクはありません。
マニュアル車でも、最近はギアをダイレクトに操作しているし、シンクロ装置も精密になってきており、ギアが噛んで動かなくなるということはなくなった、だから、今は、ギアチェンジしてもOKなんだと。

こういう難しい話は彼女はわかりませんから、全く聞いていません。
だから、踏切のたびに、同じことをいって叱られます。

Q軽自動車のギヤチェンジタイミング

妻の運転するワゴンRの5MTに最近乗ったのですが、ギヤチェンジタイミングが私のするタイミングとずれていていらいらします。
 なかなかシフトアップをしないのです。時速40キロ近くになっても3速のままです。よっぽど直線にならないと4速に入れません。
5速はぜんぜん使わないと言っています。
私は早め早めにシフトアップする方できるだけ5速まで入れるようにしています。
ガソリンも高くなっている折なおさら気になります。
1 燃費のことを考えるとどちらがいいのでしょう。
2 タイミングの癖をどうやって直させたらいいでしょうか?(早めにチェンジした方がよい場合)
このような経験のお有りの方(どちらの立場でも)のご意見や御回答、また効率の良いチェンジのタイミングについて教えてください。

Aベストアンサー

燃費は早めのシフトアップのほうが燃費がいいです。
いろんな要素がかかわってきますが、こういう質問をされているくらいですから、5速でノッキングぎみにアクセルを踏み込むなんてされてないでしょうから。

私はアルトの5MTに乗っていますが、3速で40キロっていうのは微妙な線ではないですか?
私なら4速に入れますが、そんなにエンジンを回しすぎといえるほどでもないのではないでしょうか。
もちろん燃費のためにはこまめに4速、5速を使ったほうがいいのは変わりませんけどね。

多分同じエンジンですよね。(K6A)、ちょっと低速トルクが小さいですよね。
きびきび走ろうと思うと、奥さんの運転のほうが正解とも言えると思います。
燃費を考えたら、ノッキングをしない程度に早め早めのシフトアップがいいのはもちろんです。
なかなか癖は直らないと思いますよ、「もうちょっと燃費を考えて運転しようよ」って言うくらいにとどめておいたほうがいいと思います。

ちなみに私のアルト、平坦で普通に加速する場合。
1速で動き出すだけ(多分10Km/hくらいは出てるかも)
2速は20Km/h~25Km/hくらいまで
3速で40Km/hくらいまで
4速で50Km/h~60Km/hくらいまで。
それ以上は5速です。
アクセルのふみ加減を一定にして、車速がそれについてくるまで待ってからシフトアップするイメージです。

あくまで加速のときですので、一定速度で運転しているときはたとえば45Km/hを5速とかで走ります。
(もちろんちょっと上りになったり、再加速はできませんが)

参考にしてみてください。

燃費は早めのシフトアップのほうが燃費がいいです。
いろんな要素がかかわってきますが、こういう質問をされているくらいですから、5速でノッキングぎみにアクセルを踏み込むなんてされてないでしょうから。

私はアルトの5MTに乗っていますが、3速で40キロっていうのは微妙な線ではないですか?
私なら4速に入れますが、そんなにエンジンを回しすぎといえるほどでもないのではないでしょうか。
もちろん燃費のためにはこまめに4速、5速を使ったほうがいいのは変わりませんけどね。

多分同じエンジンです...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報