【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

ニコンレンズ「AF-S DX VR Zoom-Nikkor ED 18-200mm F3.5-5.6G(IF)」を使用しています。

手ぶれ補正、いわゆる「手ブレ補正VRII」機能(シャッタースピード4段相当の手ブレ軽減効果を実現)を使用する際、レンズにあるon / off 切り替えでその設定をするようですが、

この機能を使う際に起こりうるネガティブな要因はどういったものがあるのでしょうか。(例えば、バッテリーの過剰消費等。)

加えて、もしネガティブな要因がでてこないとするならば、その機能を使わない手はないと思うのですが、敢えて使わない人はいるのでしょうか。(設定「off」があるというのはどういった理由によるものでしょうか。)

実際に、この「手ぶれ補正機能」を搭載したレンズをおもちの方は、どういった場合にそのon/offの使い分けをしているのでしょう。

以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

上記の皆さんのカキコ以外に、ファインダーで見えた(決めた)範囲と実際に写る範囲がずれることがあるようです。


ニコンのVRとキヤノンのISはレンズでの補正なので、まだ誤差は少ないようですが、ソニーやペンタックス、オリンパスなどの撮像素子シフトタイプはファインダーで確認できない部分で補正してるので、ずれてることがあるようです。
ニコンもキヤノンも、流し撮りの際は専用のモードを備えてる物や、切り替え不要の物など、クラスと発売年次により搭載されている機能の詳細が変わっていたりします。

三脚使用時は基本的にOFF、バッテリーはOFFにした際とONにした場合の比較は分かりませんが、気になるような差は出ていません(キヤノンですが・・・)。
    • good
    • 3

 説明書にも軽く書いてあるはずなのですが、三脚を使用する時には、VRをONにしてはいけません。


 これは、手ぶれ補正機能が「手ぶれ」にあわせて作ってあるからで、三脚を利用して撮影する時のミラーショックの振動を手ぶれと誤解し間違った補正を行うことがあるからです。当然、結果は百害あって一利なしとなります。
 どこで見た記事か忘れましたが、この間違った補正で実効解像度が1/10以下に低下することもあるとか。
 当然、手持ちの時にもミラーショックはあるわけですが、VRは手ぶれと併せて補正できるように調整されているので、手持ちの場合は有効に動作します。
 これが、最大のネガティブな要因です。

 他にも、流し撮りの場合は、ケースバイケースでオフにしてある方が良い結果が出ることもあるようです。このへんは、やってみた結果で経験を積んでいくほか無いと思います。
    • good
    • 1

手ブレ補正は光軸をずらす以上画質が下がります。


ただし、これは高度な機材で測定した場合に分かるような話で、普通に見てわかる物ではありません。

現実的な問題としては、シャッター速度に対して鈍感になるということがあります。
まずは、手ブレ補正を使わずにカメラの正しい持ち方と自分が何秒まで止められるのかを知る事が大切だと思います。

それと、手ブレ補正は手ブレは防げても被写体ブレは防げません。
あくまで補助的な装置なので、頼り切らずにどうしてもシャッター速度が稼げない時に使った方がいいと思います。
必要なシャッター速度が得られていれば、どの道ぶれないので不要です。
    • good
    • 0

手ブレ補正とは撮像素子やレンズの一部を動かしてカメラのブレを補正することですが、どちらの方法でも誤作動によりぶれた画像が写る事がまれにあるからです。



これはキャノンのレンズでの実例です。(見やすいファインダー、高速なフォーカスの部分)
http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/10/17/e …

このように三脚使用時にもぶれることがありますので、この一枚は絶対ブラさずに撮りたいというときには誤作動でぶれないようにするためOFFにします。
    • good
    • 0

三脚にのせて撮影する時はVRをOFFにします。

    • good
    • 1

1の方の内容の他にも


三脚を使用する場合にもoffにした方がよい場合があるそうですよ。

基本的には常時ONでいいと思います^^
    • good
    • 0

手ぶれ補正をONにしたままだと流し撮りとかがちょっと不自然になりますね。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q手ぶれ補正機能、VRとVCの性能差

手ぶれ補正付きのレンズを購入検討しています。
そこで皆様に質問なのですが、TAMRONのVCはNikon純正のVR(IIじゃない方)と比べて遜色のない性能なのでしょうか?
どなたか比較された方、いらっしゃいましたら教えてください。m(__)m

Aベストアンサー

レンズによっても違いはあると思いますが

Nikkor VR18-105/3.5-5.6
SIGMA18-200/3.5-6.3 OS HSM
Tamron 18-270/3.5-6.3 VC(B003)
Tamron 70-300/4-5.6 USD VC(A005)
を所有していました(B003とA005は現有です)
他にVR18-200とVR70-300は一時借用したことがあります。
キヤノンではEF-S18-55ISやEF-S55-250ISも使ってました。

単純に「ブレが止まる」という意味ならVCがもっとも効きは強いと思います。特に70-300USDは
まさに「止まる」という感じです。
反面起動時や、ブレ限界が来た時に急に「ガクッ」と動く感じは他より強いですね。

対極なのはシグマで、「止まる」というより「ブレが遅くなる」という感じです。油って寒いと
固くなり、器を傾けるとヌメーっと動きますよね?あんな感じです。
ピッタリ止まる感じではないので効きは弱く感じますが、急に「ガクッ」と来ることは少ないので
キチンとホールドできる方なら問題なく使えるかと思います。

ニコン、キヤノンは両者の中間ですが、ニコンはタムロン、キヤノンはシグマに似た傾向に感じました。
そろぞれ振る舞いは違いますが、結果としてのブレ補正の性能については、あまり変わりません。
どれも優秀ですよ。

主観ですし、レンズによる差も大きいので断定はできませんが、VCも十分な性能ではあると思います。

レンズによっても違いはあると思いますが

Nikkor VR18-105/3.5-5.6
SIGMA18-200/3.5-6.3 OS HSM
Tamron 18-270/3.5-6.3 VC(B003)
Tamron 70-300/4-5.6 USD VC(A005)
を所有していました(B003とA005は現有です)
他にVR18-200とVR70-300は一時借用したことがあります。
キヤノンではEF-S18-55ISやEF-S55-250ISも使ってました。

単純に「ブレが止まる」という意味ならVCがもっとも効きは強いと思います。特に70-300USDは
まさに「止まる」という感じです。
反面起動時や、ブレ限界が来た時に急に「ガクッ」と...続きを読む

QニコンVRなしレンズ

カメラ初心者です。FXレンズのVRなしを買いました、自分の確認不足でした。ニコン単焦点レンズにはVRなしが多いようです。しかし買ったからには、使おうと思います。どの様に理解して使えばよいでしょうか?。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

カメラ・レンズの型番を記してください。

単焦点レンズでは、手振れ補正機能なしが多いのは他社でも同じ。
手振れ補正ユニットを組み込むと、どうしてもレンズの嵩が増える為。
中には補正系レンズを組み込む事で描写性能が犠牲になると言う方もおられます。

単焦点レンズなら、浅い被写界深度を作画に生かす事も可能。また、焦点距離が可変出来ない分、パース描写を意識し撮影するのでスキルの向上も図れます。
己から動こうとはせず、案山子(かかし)の如くズームでフレーミングするでは、スキルの向上はあり得ません。

重ねて申しますが、手振れ補正は、手持ちでの低速シャッター限界を引き下げる効果はあっても被写体ブレには非力。
いずれにせよ、スローシャッターには三脚を使うは基本中の基本。

そう考えるとVRなしは、デメリットでも何でもありません。

Q手振れ補正、レンズ側とボディ側どっちが良い?

キャノン製デジカメ愛用者です。

 昨今のデジイチの手振れ補正はキヤノン、ニコンはレンズに、ペンタックス、ソニーは本体についていますが、実のところこれはどちらが良いのでしょうか?
また高級レンズ(ボディ)ほど補正効果は高いのでしょうか?

 補正効果、信頼性、使い勝手が同じならレンズを多くそろえると高くついてしまうキヤノン、ニコンはNGとなり、
早めにボディ側手振れ補正のメーカーに乗り換えたくなります。

少なくとも私は以下の点が気になります。
レンズ側:1、本来あるべき光軸が若干だがずれる。
      2、多くのレンズにIS(VR)をつけると価格がべらぼうに高くなる。
ボディ側:1、重いCCDを動かすことは慣性質量が高く動きの早い手振れには追従が難しい。つまり補正効果は低い。
      2、ファインダーではぶれ補正加減が見えないので、効果が低い。

詳しくご存知の方にそれぞれの長所短所を詳しく教えていただきたいのですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ボディ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に補正光学系が不要のため、システムとして安価である
 ・光学系が不要のため一般に小型・軽量化しやすい
 ・光学系による画質劣化がない

レンズ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に適切な補正光学系を内蔵出来る
 ・ファインダーで手ブレ補正状態を確認でき、それに伴いAFも安定する

短所はお互いに逆になります。
Genzaburoさんのご理解で概ね宜しいのではないでしょうか。

特に重要なのは、ボディ内手ブレ補正は、ブレが大きく高速な追従を必要とする望遠ほど補正効果が
弱くなります。また本体内にブレ検出ジャイロを搭載するため、大きなレンズほど理想的な重心位置
からズレが生じるためブレ検出精度の面で不利に働きます。

一方、レンズ内手ブレ補正はレンズ内スペースの問題から広角レンズほど補正光学系を搭載しにくい
特性があります。
望遠に関してはレンズ内の理想的な重心位置にジャイロを搭載でき、偏芯敏感係数の高い部分に
補正光学系を搭載出来るため、動作量は意外に小さいんだそうです。

つまりボディ内手ブレ補正は広角に強く、レンズ内手ブレ補正は望遠に強いんです。
一般に望遠ほど手ブレ補正を要求されますから、そう言う意味ではボディ内手ブレ補正は逆の
特性となり、レンズ内手ブレ補正の方が圧倒的に有利となります。

原理的にはレンズ内手ブレ補正機の方が有利なのですが、大きさ・重さ、特にコストダウンが急務です。
どの程度コストダウン出来るかが、レンズ内手ブレ補正機の運命を握っているといって良いでしょう。

レンズ内に搭載する手ブレ補正ユニットの価格が無視出来るほど安価になれば、レンズ内手ブレ補正
の方が有利になるかと思います。

ただ理想は両方を搭載し、適材適所に使用することかもしれません。
以下のBBSのスレも参考になるかもしれません。
# http://www.nikon-d-slr.net/cgi-bin/forum/wforum.cgi?list=tree&no=22922&pastlog=0046&act=past&mode=allread

ボディ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に補正光学系が不要のため、システムとして安価である
 ・光学系が不要のため一般に小型・軽量化しやすい
 ・光学系による画質劣化がない

レンズ内手ブレ補正の長所
 ・レンズ毎に適切な補正光学系を内蔵出来る
 ・ファインダーで手ブレ補正状態を確認でき、それに伴いAFも安定する

短所はお互いに逆になります。
Genzaburoさんのご理解で概ね宜しいのではないでしょうか。

特に重要なのは、ボディ内手ブレ補正は、ブレが大きく高速な追従を必要とする...続きを読む

Qニコンの記録方式(RAW圧縮とビット数について)

銀塩カメラを使っていたのですが、デジタルも使いたいと思っているものです。デジタルは初めてなので少し情報を集めていて疑問に思った点を質問します。ニコンのD300がいいかなあと思って調べました。
どうぞよろしくお願いします。

記録方式についてなのですが、「RAW画像の圧縮方式」は三つあるようでした。
(1)ロスレス圧縮RAW((3)に対して60-80%のサイズ、可逆圧縮)
(2)圧縮RAW((3)に対して45-60%のサイズ、不可逆圧縮)
(3)非圧縮RAW

ここで疑問なのですが、(1)と(3)の差についてです。
(1)の補足として「データを完全に復元できる。記録した画像は(3)と同等の画質になる」とありました。これは、画質が(1)と(3)では変わらないということを意味するのでしょうか。もしそうだとすると、画質が変わらず記録サイズが小さくなる(1)で記録した方がどう考えてもいいということにならないのでしょうか。そうであるなら、そもそも(3)の存在意義とはなんなのでしょうか。
よければ実際に皆さんがどのような状況に合わせてRAWの記録方式を採用していっているのか(jpegはおいておくとして)についても教えていただけませんでしょうか。

それからもうひとつ、「RAW画像の記録ビット数」についてです。
12bitと14bitが選択できるようで、これは14bitの方がが記録サイズが大きくてその分だけ12bitより画質がよいということらしいのですが、それ以外の点における違いはあるのでしょうか。また実際に記録するときこのbit数を変える状況というのはどのような場合に起こるものなのでしょう。(普通、記録サイズを小さくしたいというのであれば、jpegにするのが一般的らしいとききましたが、bitをいじるだけの理由というのはどのような状況で生じるのでしょうか)

銀塩カメラを使っていたのですが、デジタルも使いたいと思っているものです。デジタルは初めてなので少し情報を集めていて疑問に思った点を質問します。ニコンのD300がいいかなあと思って調べました。
どうぞよろしくお願いします。

記録方式についてなのですが、「RAW画像の圧縮方式」は三つあるようでした。
(1)ロスレス圧縮RAW((3)に対して60-80%のサイズ、可逆圧縮)
(2)圧縮RAW((3)に対して45-60%のサイズ、不可逆圧縮)
(3)非圧縮RAW

ここで疑問なのですが、(1)と(3)の差についてです。
(1)...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問がRAWという、ある程度ハイレベルな内容でしたので、マニュアルには書かれていない情報をご案内します。

ニコンのRAW(=生)ファイルは調理済みのインチキ(負荷逆)ファイルです。
調理済みファイルですから、(1)(2)(3)以前に考慮する必要のある内容です。
ご注意ください。

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://king-fisher.cool.ne.jp/2008/0803.html

で、どんな不都合があるかと言うと。
http://king-fisher.cool.ne.jp/2008/0730.html

要するに、ニコンは、徹底的にノイズを排除する絵作り。
たとえ、ディティールが失われても、ノイズ除去に力を注いだ設計です。

Q絞り優先+フラッシュ撮影でのシャッタースピード

Canon EOS Kiss Digital N、EF-S10-22mm、EF-S17-85mm、EF-S60mm Macroに、Canonのスピードライト580EXを組み合わせて撮影しています。

ストロボはETTLモードを使用しています。

これで、Pモードで撮影すると、F5.6 シャッタースピード1/60と、常にシャッタースピードが1/60くらいに設定されます。

ところが、全く同じ条件で絞り優先を使用すると、シャッタースピードが1/10などと低速になります。(絞りはF4など、Pモードよりも解放にしているにもかかわらず)

なぜ絞り優先にするとシャッタースピードが遅くなるのかが理解できません。(Pモードよりも絞りを開放しているのに)
絞り優先モードでは、ETTLは使えないのでしょうか?

Aベストアンサー

ストロボを使用したときのプログラムモードと絞り優先モードによる露出決定の方式が異なる為です。

プログラムモードの場合は、主被写体を重視しつつカメラぶれを防ぐ為にある程度のシャッタースピードを確保します。
背景はある程度考慮するが、限度を超えたら諦めてちょうだいというスタンスです。
ですので絞り値もシャッタースピードも自動設定ですが、シャッタースピードは高めになります。
プログラムモードは失敗写真を少なくするのが目的ですから、ブレブレ写真はご法度という事です。

対して絞り優先モードでは、設定した絞り値に合わせて主被写体が適正になるようにストロボ発光を調光しますが、シャッタースピード
は背景も適正になるように制御されます。
その際に、カメラブレ云々は考慮されません。
絞り値よって被写界深度を自分で決定出来ますから、よりクリエイティブ向きです。

結果として、プログラムモードでは被写体は適正だけれど背景はアンダーぎみ。
絞り優先では被写体/背景とも適正という事が多くなります。

プログラムモードだとE-TTLの真価は発揮されないという事ですね。
絞り優先モードだとE-TTLの能力を十分に発揮出来ますが、背景が暗い場合は極端にシャッタースピードが遅くなる為三脚必須です。

E-TTL調光として機能するのは、P,Av,MモードですがE-TTLらしく使うならAvかMでしょう。


ちなみに主被写体の露出決定値は、絞り値とストロボ発光量で決定されますので、シャッタースピードはあまり関係ありません。

背景だけ黒く潰したい場合は、Mモードで絞り込みつつもシャッタースピードをシンクロスピード上限まで上げます。
主被写体はストロボ光によって適正に制御されますが、ストロボ光の届かない背景は、どアンダーで黒く潰れます。
仕組み的にはそういう事なので、背景も適正にしたければシャッターを適正に長く開いておかなければならないのです。

Avモードはそれを自動的に行っているという事です。

ストロボを使用したときのプログラムモードと絞り優先モードによる露出決定の方式が異なる為です。

プログラムモードの場合は、主被写体を重視しつつカメラぶれを防ぐ為にある程度のシャッタースピードを確保します。
背景はある程度考慮するが、限度を超えたら諦めてちょうだいというスタンスです。
ですので絞り値もシャッタースピードも自動設定ですが、シャッタースピードは高めになります。
プログラムモードは失敗写真を少なくするのが目的ですから、ブレブレ写真はご法度という事です。

対して絞...続きを読む

Q一脚ってぶれないんですか?

デジタル一眼レフを買いました。K100Dなので手振れ補正が本体についているものの、やはり夜景などをとる場合はさすがに役に立たないと思います。

そこで三脚や、一脚を使いたいと考えています。三脚は持ち運びが不便そうだし、街中で広げるのはちょっと恥ずかしいので、あまり買う気がおきません。

そこで一脚を考えているのですが、一脚ってぶれないんですか?確かに、上下方向には固定されますが、前後左右には動いちゃうんじゃないですか?

夜景とる場合はやはり一脚じゃ不十分でしょうか?それとも何か使い方があるのですか?

Aベストアンサー

一脚は有効ですが、1秒や2秒かけての夜景撮影では確実にブレます。
1/(焦点距離÷5)秒くらいでも、成功率は低いです。
ISO感度や手ぶれ補正を活かしても半々の成功率に持っていくのは結構難しいと思います。

静止したものをじっくり狙う時は、直立で使うよりも、左斜め前などに一脚を出して撮る方が上下左右方向のブレは少ないと感じます。
何かと役に立つので、買って色々と試してみると面白いですよ。
一脚だけでなく、壁や手すりなども併用すると成功するかもしれません。

Q望遠レンズの倍率の見方がわかりません

普通のデジカメだと、光学3倍、などという感じで大きさは大体想像が
ついたのですが、一眼レフの望遠レンズはよくわからない数字です。
できるだけ大きい倍率のが欲しいので、光学10倍くらいのものを
一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?
なにもわからないのでごべんたつおねがいします。

Aベストアンサー

>一眼レフの望遠レンズに直すと数値はどのくらいになるのでしょうか?

ズームレンズの倍率は、望遠側の数値÷広角側の数値=倍率 という計算式です。

28mm ~ 280mm
50mm ~ 500mm
どちらのレンズも10倍ズームになります。
でも、50mm ~ 500mm と言うレンズは存在しないでしょう・・・。
28mm ~ 280mm も無いかも知れませんね。(近いものはあるかも)

10倍の倍率があると、かなり大きなレンズになりますし、重量も重くて価格も高い物になりますので、実用的なレンズとは言えません。
ズーム全域での描写能力にも問題が出てくる(調整しきれない)ので、綺麗に写るレンズとは言えない物になる可能性もあります。

通常は3倍ズームが普通です。
欲しいカメラのレンズカタログをじっくりとごらんになって見て下さい。

QYouTube (ユーチューブ)の利用料は完全無料ですか?

YouTube (ユーチューブ)の利用料は完全無料ですか?
あと YouTube (ユーチューブ)とは どんなサイトですか?

ヘルプなどを見たのですが 書いてなかったので教えて下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

無料です。

>>あと YouTube (ユーチューブ)とは どんなサイトですか?
>>ヘルプなどを見たのですが 書いてなかったので教えて下さい!

載っていますよ!
 ○YouTube - Broadcast Yourself
  http://www.google.com/support/youtube/bin/topic.py?topic=10508

こちらにも説明されています。
 ○YouTubeとは - はてなダイアリー
  http://d.hatena.ne.jp/keyword/YouTube

 ○YouTube - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/YouTube

Qシャッタースピードについて

デジタル一眼レフカメラ初心者のものです。

自分の使っているカメラはニコンのD40です。

本題なのですが、今日の、昼頃に公園で撮影していました。

そこで、噴水が有るのですが、その噴水を撮影する時に、水の流れるような写真を撮りたかったので、ダイアルをSにしてシャッタースピードを遅くしました。

けれど、シャッタースピードを遅くすると光が入りすぎてしまい、真っ白に近い写真しか取れませんでした。露出を-5くらいにしても真っ白に近かったです。

どうすれば、明るいところでもシャッタースピードを遅くして、ちゃんとした明るさの写真が取れますか?

使っているレンズはD40のレンズキットのレンズです。まだそのレンズしか持っていません‥。

詳しい方、どうか教えて下さい!!

皆様よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

No3さんの補足です。

D40の最低感度は、ISO200です。
シャッタースピードが、1/125sで、季節や時間帯にもよりますが、
快晴 f22
晴れ f16
薄曇り f11
曇り f8
日陰 f5.6 ぐらいになります。
これを、シャッタースピード、1/8sまで落とすには、ND8と言う減光フィルターが必要です。
その場合、
快晴 f32
晴れ f22
薄曇り f16
曇り f11
日陰 f8 となります。
f32と言う絞り値は有りませんし、絞り過ぎは回折現象で画質が悪くなるので、場合によっては、ND8+ND4を用意する方が好ましいと思います。
http://www.kenko-tokina.co.jp/filter/4961607252437.html

参考URL:http://www.kenko-tokina.co.jp/filter/4961607252437.html

Q単焦点レンズで上手くピントが合わず悩んでいます

現在、デジタル一眼レフソニーα100を使っており、単焦点レンズは50mmF1.4を持っています。

人物中心に撮っているのですが、顔にピントを合わせても顔の一部にしかピントが合っていなかったり、被写体より前にあるものがぶれたように汚くボケてしまったり…

上手く合っても、体の一部がボケていたり、上手くいきません。
F値を変えて試したりもしたのですが…

どのようにしたら被写体にちゃんとピントが合った写真が撮れるのでしょうか?
レンズを買ったばかりで勝手が分からず悩んでおります…

Aベストアンサー

デジタル一眼レフで、50mmはマニュアルフォーカスレンズを使っています。既に回答があるように絞りを開くとピントの合う範囲は狭いですね。

開放に近い絞りで人物をアップで撮るなら、確実に目にピントを合わせます。オートフォーカスで写していると思いますが、その場合、センサーを目に向けてピントを合わせ、固定します。(必要ならフォーカスロックを使ってください。) 構図によっては、センサーの位置にたとえば鼻があったりするとそこにピントが合い、目はぼけることがあります。そうすると、ピントがあっていない、と感じることがあります。
また、被写体以外はぼけますが、これを生かせば人物が強調されるなど、良い写真につながります。背景がくっきり写っていると被写体が目立たない写真になってしまうことがあります。

また、既に回答があるように絞りを少し絞るのも一つの方法ですが、折角の明るい単焦点レンズです。すこし練習して的確にピントあわせができるようになることをお勧めします。


人気Q&Aランキング