釣りをする為に庭を掘ってエサを探しているのですが、
全然エサが見当たらなくて困っています。
河川敷で釣りをしますが、河川敷を掘ったらミミズなどは出てきますかね?
ミミズが出現しやすいポイントを教えてください。

A 回答 (4件)

こんばんは。


#2さんも言われていますが、みみずは腐葉土のあるところにいます。
河川敷の土は、場所にもよりますが、川の氾濫で腐葉土が流されがちになりますから、みみずを探す場所としては、あまりいい場所とは言えません。
長らく氾濫もなく、木が繁り、日陰でじめじめしたところがあればいいのですが…。

ねらい目は、神社の森とかですね。
畑に古い畳など積み上げてあれば、そこを掘らせてもらうと可能性大なのですが。シマミミズはこんなところにいますね。神社の境内だと、太い学名「ミミズ」が多いと思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、神社などですね。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 08:12

他の回答者さんの意見に加えて、


ミミズは少し湿った場所にいるわけですが、河川敷のような砂や砂利のような土壌にはいません。
「庭を掘って」ミミズを探す場合、少し平たい石やレンガの下などにいる可能性はあります。花壇があれば、花壇を囲んでいる石・レンガなどの下を10cmぐらい。あまり、深いところにはいません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なるほど、やはりそういった場所なんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 08:12

ミミズは落ち葉などを餌として生きています。

また、餌を土ごと食べますので、土の中が穴だらけになり、その結果フカフカの土になります。
ですから、落ち葉(広葉樹)が多く、土が軟らかそうなところを探せばいるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 08:12

なかなかいないと思います。


釣具屋で150円ぐらいで売っていたと思います。
今まで一番ミミズを見たのは畑でわらや家畜の糞を積み上げて
肥料を作っているところで、少し掘ると100匹単位でかたまって
いました。
※友達の家の畑で勝手に取っていたのではありません。

残ったミミズを肥料を入れたプランターなどで増やしてみる
というのも良いかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/12 08:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミミズ採集方法

今度釣りの餌としてミミズを使用したいんですが、どうすれば採集できると思いますか?

釣り具屋に行ったらミミズは置いていたのですが、3cmくらいの細いミミズでしたのでもう少し大きくて太いミミズを探しています。また、この時期ミミズはいるのでしょうか?
なにかご存じの方おられましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分、田んぼ脇の土を盛り上げた土手のような所など、粘土質の土の場所を掘って探せば、今でもミミズは獲れるかと思います。でもおそらくこういった所に居るミミズは、釣具屋さんで売っているような、小さなミミズです。

大き目ということであれば、ドバミミズになると思います。ドバミミズは一般的に6月~9月末あたりが最盛期のようで、その時期には僕もヤマメ釣り用に探しに出かけます。中には20cmを越える、小さな蛇のような?ドバミミズも獲れます。笑

しかし今の時期はあまり取れないという話をネットでよく見ます。記憶ではこの時期は既にドバミミズは死んでおり、卵の状態で越冬する?のだとネットで見た記憶もあります。従って、たとえ今の時期居たとしても、じっくり探さないと採集は難しいんじゃないでしょうか?

最盛期にドバミミズがよく居る場所としては、川の周りの堤防です。夏場などは夜中に堤防から下の道路に物凄い数のドバミミズが這ってきて、日中に太陽の光で干からびて死んでしまいます^^;。昼間にその干からびた光景を見ると、一体夜中にどれだけ這い出ていたのか、気持ち悪くなるほどです^^;。今は冬場ですから、そんなことは起こらないと思いますが、堤防は日当たりも良いし、今の時期も居るかもしれません。

以上、不明確なことばかり書いてしまいましたが、何かの参考になればと思います。

多分、田んぼ脇の土を盛り上げた土手のような所など、粘土質の土の場所を掘って探せば、今でもミミズは獲れるかと思います。でもおそらくこういった所に居るミミズは、釣具屋さんで売っているような、小さなミミズです。

大き目ということであれば、ドバミミズになると思います。ドバミミズは一般的に6月~9月末あたりが最盛期のようで、その時期には僕もヤマメ釣り用に探しに出かけます。中には20cmを越える、小さな蛇のような?ドバミミズも獲れます。笑

しかし今の時期はあまり取れないという話をネットでよ...続きを読む

Qうなぎのえさ

大き目の水槽があるので うなぎを飼って大きくなったら食べようと思うのですが どんなえさだと食べるのでしょうか?

何かほかにも育てやすくておいしい淡水で育つのがありましたらお教えください。
ヨロシクおねがいします。

Aベストアンサー

うなぎは肉食なので、ドショウ、カエル、オタマジャクシ、バッタ、コオロギ、ゲンゴロウ、タガメ、メダカなど
口に入れば何でも食べます。
でも大食漢なので餌の調達が大変ですよ。

淡水生物で食べられるものなら、川エビ、ザリガニ、シジミ、タニシ、カラス貝、ドブ貝、ドジョウ、鮎、鯉、鮒、虹鱒、岩魚、山女魚、アマゴ、ブラックバス、鯰、カジカ(魚)、ハゼ、イカナゴ、淡水フグ、食用ガエル、スッポン、沢蟹、
他にもたくさん食べられると思うけど、今思いついたのはこのくらいです。

Qウナギの泥抜きの賛否

ウナギ特有の臭みを消すには「泥抜き」が必要と言われます。
しかし、人によって1日から1ヶ月と日数が異なり、そもそも泥抜きは必要なく、
焼き方の問題という人もいます。
また、個体差があって泥抜きしても臭いものは臭いという場合も。

うなぎ屋さんのような臭みの無い蒲焼きはどう処理するのがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

東日本と西日本で、同じ蒲焼きという名でも、調理が道具や手順から違う別料理だからねぇ。
匂いの元は脂で、脂の元は餌で、匂いを消すのは炭の温度と焼き方で、
突き詰めると、養殖のほうが天然よりも、脂が乗ってって臭みがなく柔らかいって結論が出ちゃっているので、
自分の探求で落とし所を作らないと、完璧な焼き方ってないのです。
関東流で臭いなら関西流でやってみて、関西流で臭いなら関東流。

割と科学的なハナシなので、理論だてるとひとつづつ解きほぐせる問題だしね。
そもそも生態的に天然うなぎは砂礫やうなぎのぼりするような岩場に住み、泥に住まないし、食性も肉食で食いちぎるタイプで、鯉のような泥を漁るスキャベンジャータイプじゃない。
ワタを抜いて開く訳だし、皮が厚いからうな裂きがあるんで、泥抜きして泥臭さが抜ける根拠が無く、うなぎ臭さは泥臭さとは違う皮が脂で焼ける臭さなのです。
イールレザーってうなぎ革として革製品があるくらいケラチンとコラーゲンが多い。牛豚だって皮ごと焼けば非常に臭い。
それを焼き切る高温で焼かないと、身に臭いが入ってしまう。
そのために関東流は蒸しがはいる。蒸してケラチンとコラーゲンをプルプルにして柔らかくしてから炭火で焼ききる。これをしないとゴムみたいな皮の食感が残る。
関東ではなぜ蒸しがはいるかというと、うなぎの養殖は明治の深川で成功したから。この養殖池が泥性だった上、淡水魚専門店である深川名物鯉こく屋やどぜう屋などに卸したので、泥抜きがはじまった。鯉もどじょうも生態から泥抜き必須だから。深川は他にあさり丼や牛鍋、桜鍋も名物。ようは深川料理は脂と匂いにうるさい。
江戸時代は関東でも蒸しはなかったと聞きます。

こうやって、科学と歴史の両側面から見ていくと、どっかの名店で丁稚制の修行でもしていなきゃ、個人の焼き方の落とし所が見えてくると思いますけど。

科学と歴史の両側面と調理技術と魚の飼育理論から、常識を完全無視して私が論理建てるとすれば、
・養殖ウナギを使用
・泥抜きしない、その代わり水かけ養生を半日行い、胃の消化を促進、皮下脂肪を減らす
・腹開き、竹串でなく金串で縫い串を行い筋繊維を断つ。縫い串はステーキの筋切りと同じ意味がある。
・備長炭など白炭使用、白炭は吸湿するので新品に限る。火起こしは完全に行い、七輪など土製の竈を使用し800度以上を狙う。だから竹串は向かない。
・白焼きは皮面のみ。身は表面を炙るのみにし、金串の輻射熱に依存
・蒸しは行わない。行う場合、70度で10分以上。70度は脂を落とさずケラチンを乳化させる温度。
・本焼きはタレが身に入らない高温で焼き付ける。身に塩分が入ると身が締まる。

これで泥臭いだ、身が硬いだはなくなるはず。
書いてて思いましたが、おそらく真空パックのうなぎの蒲焼は、3枚におろして、等間隔で串打ち、コンベクションオーブンで同じような表面温度で焼成、本焼き後に真空パックして70度湯煎を10分以上かけ柔らかくして、蒸し過程の代用とする製造をされていると思われます。
うなぎ屋と違って加工段階を見せないですから。

東日本と西日本で、同じ蒲焼きという名でも、調理が道具や手順から違う別料理だからねぇ。
匂いの元は脂で、脂の元は餌で、匂いを消すのは炭の温度と焼き方で、
突き詰めると、養殖のほうが天然よりも、脂が乗ってって臭みがなく柔らかいって結論が出ちゃっているので、
自分の探求で落とし所を作らないと、完璧な焼き方ってないのです。
関東流で臭いなら関西流でやってみて、関西流で臭いなら関東流。

割と科学的なハナシなので、理論だてるとひとつづつ解きほぐせる問題だしね。
そもそも生態的に天然うなぎは...続きを読む

Qうなぎが釣れたら・・・

うなぎは夜行性なので基本的に夜釣りになるかと思いますが、そうなると、その場で捌いて焼いて食べる!というのも難しいかと思います。
その場合、翌日に食べたいのですが、24時間くらい うなぎを生かしておく方法はないでしょうか?死んでしまったら食べられないと思いますし、水道水でいいのかもわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは。うなぎは意外と丈夫な魚です。結構生きてますよ。
私はいつも灯油用のポリタンクのようなものに水道の水4分の1と釣った場所の水4分の1くらいの中に入れて帰ります。針ははずそうとしないでください。触っていると弱ってしますので。糸を持ってそっとタンクの中に入れて糸つきのまま持ち帰ります。
エアー(ブクブク)は2時間以上家までかかるならあったほうがいいです。氷はあってもなくてもいいと思いますがあったほうがおとなしくしてくれます。
家に帰ったらタライや多き目の水槽で1週間くらい飼う(もち論餌は与えない)と泥と釣り針は吐き出します。
飼う場合は表面積の大きな入れ物なら何でもいいと思いますが水道の水でいいと思いますので毎日換えてください。
捌くときは、氷水の中で仮死状態にしておとなしくしてから処理するといいと思います。最初はうまくいかないかもしれませんが、きっと10匹くらいやると何とか形になって来ますよ。ちなみにうなぎ屋でも生きたうなぎしか捌けない人とか、死んだのしか捌けない人とかいるみたいです。死んでるから食べれないということはないです。

こんにちは。うなぎは意外と丈夫な魚です。結構生きてますよ。
私はいつも灯油用のポリタンクのようなものに水道の水4分の1と釣った場所の水4分の1くらいの中に入れて帰ります。針ははずそうとしないでください。触っていると弱ってしますので。糸を持ってそっとタンクの中に入れて糸つきのまま持ち帰ります。
エアー(ブクブク)は2時間以上家までかかるならあったほうがいいです。氷はあってもなくてもいいと思いますがあったほうがおとなしくしてくれます。
家に帰ったらタライや多き目の水槽で1週間くらい...続きを読む

Qそこら辺にいるミミズを釣り餌にしても平気ですか?

そこら辺にいるミミズを川釣りで使いたいのですが、
大丈夫でしょうか?
野生のミミズは毒があると聞いたのですが釣り餌にしても
魚に影響はないですか?
あと、ミミズにはいろんな種類がありますが、
最も適した物はありますか?

Aベストアンサー

ミミズには魚に対しても人間に対しても毒はありません。
ただ触った後はしっかり手を洗わないと炎症をおこして腫れたりすることもあるので注意してください。
特にミミズに触った手で自分の粘膜に触るとリスクが大きいです。
なのである意味、「毒がある」と言ってもいいのかもしれません。
ただこの場合、野生であるかどうかは関係無いのでご注意を。
ミミズは川釣りでは代表的な餌で、川釣りならば極端に小さい魚で無ければ、万能餌です。
また、釣具屋で売っている物よりも野生のミミズの方が、臭いが強く食いも良いそうです。
釣りに最も適したミミズはおそらくシマミミズだと思います。
大物狙いならドバミミズも良いかもしれません。

Q雨の日の渓流釣りって釣れるんですか?

釣りを一度しかしたことが無い釣り初心者です、
釣りデビューは解禁直後河津川で、ボウズだったあげく川に落ち、
糸や針を木や岩に根掛かりさせまくって、退場を覚悟したほどセンスが無いです。
でもやはり上手くなりたい、お魚とりたい。
下手でも回数を積んでコツを覚えたいのですが、会社員の性か休日は限られています。雨を理由に釣りを休みたく無いのですが釣れないのなら意味はありません。
雨の日というのはそもそも釣れるのでしょうか?
ちなみに自宅からそう遠く無い同志、丹沢付近でやるつもりです。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を混ぜたような色…便宜上これを“抹茶ミルク色”と呼びます…の時は過半数の人が「釣れる」と言います。
概して「釣れる」という人は警戒心が解けたトラウト相手に良い思いをした経験からそういうもので、実際私も濁りは大歓迎です。雨が降れば雨音で足音をある程度消してくれる、薄暗いのでこちらの姿がサカナに見切られにくくなる、などのメリットも考えられます。

ただ渓流を手竿で攻めるとなれば 晴れの日より薄暗い=目印が見づらくなる=釣りづらい となるのでデメリットもあります。それなりの対策も必要になりますね。

老婆心ながら道志・丹沢(去年まで私のホームグラウンドでした)ですと雨や濁り以前に”根こそぎ”で釣れないという悲しい現実が…年寄りエサ釣りをしている人が大多数ですが、20cm未満であれもう10尾以上釣っているのであれ、「釣れたものは俺のモノ」とばかりに持ち帰ってしまいます。私と私の仲間うちではこういった貧しい心の釣り人を「ハイエナ」「貧乏人」「ヒョットコ」とバカにしています。特に道志川ではキャッチ&リリースが廃止され魚影が極端に少なくなっています。
釣果を上げるのも釣り人としての腕ですが、まずはサカナに“愛”を持って接して行くことが21世紀の釣り師への第一歩だと思います。せめて「家族が食べる以上は持ち帰らない」愛に満ちたスマートな釣りを心がけたいものですね。

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を...続きを読む

Qブルーギルのエサはなにがええ

ブルーギルのウキ釣りをしようと思うのですが、
手軽でよくつれるおすすめのエサを教えてください。

今のところ食パンが良いかなと思っています。
扱いやすくてどこでも売っていてある程度つれるエサをお願いします。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

なにがええって、なんでもええよ。いや、これは本当の話。

それでも一番良いのはキジ(ミミズ)です。#1さんも挙げていますが、リンク先の記事とは理由がちょっと違うんです。
まずキジは「万能エサ」として昔から知られているエサで、針を刺すと黄色い臭い体液が出てきます。これを指して「黄色い血→黄の血→きぢ→キジ」と呼ばれるようになった、と。この黄色い体液が強烈な臭いを発しまして…これがサカナの食欲を強く刺激するようです。蛇足ですが白土三平の漫画「サスケ」では野犬に襲われて困っている村人のためにサスケはミミズを集めて煮詰めて…これを罠に誘い込む「エサ」にしました。魚ばかりでなく犬にも強烈な集魚材になるんです。
実際何をエサにしていいか分からない時は「とりあえずミミズ」をエサにするのはエサ釣りの基本です。何しろ淡水の魚ばかりでなく海水の魚でも釣れてしまうのだからその強烈さはお墨付きです。

そしてキジのいいところはどこの釣り具屋さんでも売っているし、何と言っても自分で採ればタダ、という事。少し湿った草むらや岸際の土を掘り返すと必ずミミズがウヨウヨしているので手軽に採取できる、足りなくなったらまた土を掘ればいいというわけ。もちろんモエビや川虫なんかでも良いのですが、足元ほじくる手軽さにはかないません。

これだけ理想的なエサにもひとつだけ欠点はあります。何しろどんな魚でもとりあえず釣れてしまうのでフナやコイやナマズなんかも間違って喰ってきてしまう事がある、と。欠点といえばそれくらいですね。

どうも、釣りバカです。

なにがええって、なんでもええよ。いや、これは本当の話。

それでも一番良いのはキジ(ミミズ)です。#1さんも挙げていますが、リンク先の記事とは理由がちょっと違うんです。
まずキジは「万能エサ」として昔から知られているエサで、針を刺すと黄色い臭い体液が出てきます。これを指して「黄色い血→黄の血→きぢ→キジ」と呼ばれるようになった、と。この黄色い体液が強烈な臭いを発しまして…これがサカナの食欲を強く刺激するようです。蛇足ですが白土三平の漫画「サスケ」では...続きを読む

Qなぜミミズは自殺するのか?それを鳥も食わないのはなぜ?

最近アスファルト舗装上にミミズが出てきて自殺?しているような現象が起きてます。自分が田舎で育った時はそのような現象は目撃しなかったし、もしミミズが出てきたら鳥が素早く持ち去りました。ここ二三年
ミミズが舗装下から出てきてわざわざ干からびていることに気がつきました。どうしてか納得できませんのでどなたか教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは.

私も質問者様と同じような経験を幾度も見ております.
その原因はこれまで推測しておりましたが,
なにせ自然の生物が相手のため,
容易に確認ができませんでした.

実は私の研究室の小さな庭に花壇兼用の畑を作っています.
その畑に腐葉土を作る目的で,
山から広葉樹の落ち葉を多量に採集して,
畑の片隅に積んでいます.

そこでミミズを使用した『ミミズ堆肥』をおこなっています.
現在ミミズの数を数える事はできませんが,
相当多量の数までに自然繁殖しているようです.

その畑からちょくちょくミミズが這い出すと,
畑から飛び出るように隣接したコンクリート製階段でミイラ化していたのです.

そこでご質問と同じような疑問が以前から湧いていたのです.

ご質問者さまや他の回答者さまが既にお話の様子は,
昔から自然界でもこの現象を私自身も確認しています.

ところが我が家の場合,畑と腐葉土が乾燥すると当然多量に散水します.
それでもミミズが出てきたことは,一度も確認されていません.

夜に畑を観察していると,
一匹のミミズが急に地表に飛び出す事がこれまで何度もありました.
まるで逃げるように急いで地表を移動しているのです.
これが疑問を解く重要なポイントでした.

それまで,夜の畑の観察で,
『コウガイヒル』が何匹も確認していたのですが,
ミミズの天敵であるため,正常な腐葉土作成に害を及ぼす生物として
発見のたびにガストーチで焼却していました.
その焼却の理由は,捕殺しようと移植ゴテなどでコウガイヒルの体を切断すると,
切断・分断した数だけ,元の一個体にまで『再生』する能力があるからです.

ところがそのミミズの地表出現と,
コウガイヒルの出現に何か因果関係が有るように思えるようになり,
今夜確認のため,観察をしていたところ,
先ほどミミズが突然畑の地表から飛び出してきたのです.

先ほどの仮説を確認する好い機会と,
そのままミミズの出た所を注視していると,
添付画像で示すように,コウガイヒルが出てきて,
ミミズが這った後を追いかけるように移動しているのです.
その後ミミズに追いついたコウガイヒルが,
ミミズに絡まるようにしているのをこれまでに何度も確認しています.

結論を申しますと,
確かにミミズは多量の雨水が,巣穴に流入し酸欠状態になると,
地表に出てくる可能性はありますが,
私のこれまでの観察から導いた仮説を基にした今夜の事実確認では,
『コウガイヒル』の攻撃から逃れるために,
一時的にミミズにとって危険な地表に出てくることが確認されました.

ちなみにコウガイヒルは,明るい時間帯には活動はせず,
石や植木鉢の底にとどまっています.
そのため夜間の観察で目に付くのでしょう.

なお「雨水等の流入で巣穴が酸欠状態で地表に出る」との意見についてですが,
我が家の畑は地下1メートルほどまで腐葉土層であるため,
排水能力は他の山地や畑などと同様に論ずる事はできません.
つまり,他のミミズの生息環境と比較すると,
散水や降雨で巣穴が浸水しても,
当然雨水は地下に速やかに流亡するために,
酸欠状態に差があることも事実です.

つまり,巣穴の酸欠状態から逃れるための理由のほかにも
コウガイヒルの捕食攻撃から逃れる事も,
地表に出る原因の一つともと考えられます.

この回答が,
ご質問者さまの疑問解消の一助になれば幸いです.

先の回答で画像添付ができませんでしたので,
再度画像添付を試みます.

画像の状況を説明すると,

コウガイヒルの頭部は画像の右下です.
左上端が先にミミズが出てきた穴の位置に当たります.
ミミズが出てきてしばらくして,
ちょうど穴からコウガイヒルの体が半分以上出たときに撮影したものです.


参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%9F%E3%82%BA​

こんばんは.

私も質問者様と同じような経験を幾度も見ております.
その原因はこれまで推測しておりましたが,
なにせ自然の生物が相手のため,
容易に確認ができませんでした.

実は私の研究室の小さな庭に花壇兼用の畑を作っています.
その畑に腐葉土を作る目的で,
山から広葉樹の落ち葉を多量に採集して,
畑の片隅に積んでいます.

そこでミミズを使用した『ミミズ堆肥』をおこなっています.
現在ミミズの数を数える事はできませんが,
相当多量の数までに自然繁殖しているようです.

...続きを読む

Q自作練り餌作り方 釣り

自作練り餌作り方 釣り
教えてください
何でもいいです。
家にある物で作れるものでお願いします。
できれば鯉や鮒などが釣れるのがいいです。

Aベストアンサー

小学生の頃枝豆を食べていて使えるんじゃ?と思い、
磨り潰して他の練り餌(小麦粉・九ちゃん・さなぎ粉等)と配合させました。
ハヤやフナなど普通に釣れましたが、
日持ちが悪くカビが生えやすかったので乾燥粉末も作りました。
ほかにはかっぱえびせんとかを混ぜてみたりとか・・・。

他より釣れるかどうかは定かではないですが、
釣れるかも?と試行錯誤するのも釣りの楽しみです。

Q遊びで小魚をつります。 エサは?

キャンプ場などの川で小魚取りをしてますがすぐ横をすいすい逃げていってしまいます。 いちばん深いところでも30から40センチくらいで川幅も2メートル程度、大半が10センチくらいの深さのところで、子供が小枝に糸をつける程度の釣り遊びをしたいのですがエサとかコツがありますか。魚も大きいのでも7.8センチ、大半が3センチくらいまでのものです。

Aベストアンサー

そこまで小さいと、釣るのはチト難しいかと。

私も小さいコロ、川で良く遊びましたが
その手の小さいやつは、網ですくうのみでした。

あと良くやったのが、川の中の大きな石をハンマーで殴る方法。
石の下に隠れてる魚が、ショックで気絶します。
浮いてくるところを捕まえてましたが・・・大人に怒られてましたね(苦笑


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報