かなり調べましたが複雑で納得とまでいかず、アドバイスをお願いします。質問は3つが絡みます。(兄2人は既婚、妹と私は独身です)

 妹が自分に掛けた保険、現在は受取人=母(母子家庭)。ところが姉の私に大きな借金があります。最近になって、もう返すだけの貯金は無理ということで、受取人を姉の私にしておいた方が気がラクだと言いますが、調べてみると法定相続人とかが優先されるようですね。そこで以下3つの場合はどうなるのでしょうか?

1)妹死亡時に母が生存していた場合(受取人は姉に変更したとして)
2)受取人=母のままで母が死亡した場合、姉が受取人になるにはどうしておいたらよいか(兄2人も浪費グセがあるので渡したくないと言っている)
3)実は離婚の父が親権を持ったくせに養育費は一切くれず母が苦労して育ててくれました。しかし親権が父親にあるままでは、もしかして法定相続人としてこの父親にも権利がいくのでしょうか?もしそうならその場合の対策は?

※難しいことが絡んでいるので、全てでなくても部分的なアドバイスでもいいです。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

えー、郵便局の窓口社員です。



まず、保険の契約については各会社ごとで違う点がありますので、最終的にはご契約いただいている会社へ直接ご相談ください。

まず「受取人」と大雑把に質問されていますが、
生命保険の場合、
・被保険者が死亡時の「死亡保険金受取人」
・満期があるタイプなら「満期保険金受取人」
が別々に設定できるケースがあります。(かんぽがそうです)

ただ、ご質問の流れから考えて「死亡保険金受取人」を誰にするべきか?という内容として以下の説明をご理解ください。

1、死亡保険金受取人ですが「保険契約者」様の意向一つで誰を設定するかは基本的に自由です。
極端な話、被保険者様が同意していればまったくの第三者でも死亡保険金の受取人になることができます。
今回のケースであれば、「契約者・被保険者」である「妹」さんと「質問者様」は姉妹ですので、「死亡保険金受取人」になることは全く問題ありません。保険会社も特に厳しいチェックを行うケースとは判断されないと思われます。

2、現在の死亡保険金受取人様であるお母様が仮に他界されたとしても、「被保険者」(今回は契約者でもある)の「妹」さんが健在であれば、保険契約がなくなるわけではありませんので、「妹」さんの意向と手続きに基づいて「死亡保険金受取人」の変更しておくだけです。

3、お父さまの話が出てきておりますが、死亡保険金の受取等々に関して、ここでお父さまに出る幕は一切ありません。

-----------------------------

ここまで、生命保険のお話。

以下、税金のお話。
質問の1、2について税金云々は関係ありません。
3で出てくる「法定相続人」の関係について簡単に説明します。

まず、「法定相続人」とは財産の「相続」について「権利がある人間はだれか」を指し示す言葉です。

生命保険の死亡保険金については「相続財産としない」というのが、現在の最高裁の判例です。
ですので、死亡保険金の受取人をきちんと設定しておくこと(上の2の回答)で、「相続」の手続きは発生しません。

唯一死亡保険金に「法定相続人」という言葉が出てくるのは「死亡保険金」の「非課税金額」を計算するときです。

相続の権利が発生する順番は
「配偶者」←必ず発生します。
「子=孫」 (第一順位)
「親」   (第二順位)
「兄弟姉妹」(第三順位)
です。

死亡保険金は
「法定相続人の人数」×500万円
について「相続税を免除」されます。

お父さまが出てくるのは、この「人数」の頭数の時ですかね。
実際に「妹」さん自身が亡くなったりするとそうはいかないことも出てきます。
妹さんに預貯金などの「相続財産」があると、お父さんにも権利が発生します。(死亡保険金は相続財産じゃありませんよ、念のため)

とりあえず、税金の話は横に置くとして、
以上が生命保険に関する決まりごとです。

妹さんが今後ご結婚した時には、また考えるときは来ると思いますが、
そういった事情があるのなら、妹さんの判断で死亡保険金を質問者様にすることは可能ですし、特段の問題はありませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

簡保であればそういうことができるんですね、新たな知識です。
それから、父(と呼びたくないが)には、保険金のことでは全く影響しないことを知り、ホッとしました。確かに、遺産相続と別だという説明、納得しました。
さらに、死亡保険金には法定相続人などは無関係だが、残された財産などを考慮すれば、法定相続人としての父親がかかわるということですね。(解釈が間違っていたら補足お願いします)

3つの観点からわかりやすく、しかも長文のアドバイスをありがとうございました。やるべきことが見えてきました。感謝いたします。

お礼日時:2009/05/12 17:59

『調べてみると法定相続人とかが優先されるようですね』


(A)そのようなことはありません。

生命保険の死亡保険金の受取人は、被保険者の二親等以内です。
兄弟姉妹は二親等なので、受取人に指定することに問題ありません。

死亡保険金は、相続財産ではないので、指定された人以外は受け取ることができません。
つまり、質問者様(姉様)を受取人にしておけば、母親様、父親様、兄様のいずれの方の生死、相続権に関係なく質問者様が受け取れます。

妹様が亡くなれた場合、死亡保険金は先に述べたように遺産(相続財産)ではないので、指定された受取人以外は受け取れません。
しかし、それ以外の財産(例えば、銀行預金)は、相続財産となるので、父親様にも相続権があることになります。
父親様に一円も残したくないのならば、遺言をされることをお勧めします。
それでも、遺留分があるので、父親様が遺留分を主張すれば、ゼロというわけにはいかなくなります。
妹様が亡くなられた場合、兄弟姉妹に遺留分はないので、遺言で、兄様の受け取りをゼロにしておけば、セロとなります。

尚、母様が亡くなられたときの遺産は、父親様に相続権はありません。
また、受取人が保険金を受け取る前に死亡されていた場合、民間生保と簡保(旧郵政省扱い)では、取扱が異なるので注意が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死亡保険金が相続財産と違う点を、端的に明確にアドバイス頂きありがとうございます。遺留分という言葉を初めて聞いたのですが、調べて解決しました。短くてもとてもわかりやすいアドバイスに感謝いたします。

お礼日時:2009/05/13 00:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q先日、兄が亡くなり、弟の私が受取人になっている生命保険に加入していたこ

先日、兄が亡くなり、弟の私が受取人になっている生命保険に加入していたことがわかりました。
契約者と被保険者は兄で、保険料も兄が支払っていました。
支払われる保険金はおおよそ1000万円ですが、この場合、税金はかかるのでしょうか?
また、税率はどれくらいでしょうか?
参考までに兄には家族として配偶者と子供が3人(いずれも未成年)おり、家などの遺産のすべては家族が相続します。

Aベストアンサー

保険料負担者=契約者=Aさん
被保険者=Aさん
受取人=Bさん
という場合、Bさんが相続人ではない場合、
「贈与税」になると誤解している人が多く、
ネットでも「贈与税」と答えている例が多いのですが……
保険金は、遺贈のように扱われるので、
Bさんが相続人ではなくても、「相続税」になります。

ただし、生命保険にある
500万円×法定相続人の人数
という生命保険金の非課税枠は利用できません。

しかし、相続税なので、相続税の
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
という控除枠は利用できます。

この説明は、生命保険文化センターの説明を参照してください。
http://www.jili.or.jp/mailmagazine/backnumber/091210.html

今回の場合、
お兄様のご家族がいらっしゃるようなので、ご家族の遺産が、
5000万円+1000万円×4人(奥様とお子様3人)
=9000万円
つまり、今回の保険金1000万円なので、その他の生命保険金を含めて遺産が
8000万円以下ならば、相続税の控除枠ないになり、非課税となります。

これを超える場合には、計算が複雑になってきます。
相続税をどのように支払うのかという問題も絡んできますから、
ご遺族の方と相談しなければなりません。

このようなお金の話は、トラブルの原因となりやすいので、
予め弁護士や税理士など、相続税に明るい人をアドバイザーとして
立てておくとトラブルになることを防げます。

保険料負担者=契約者=Aさん
被保険者=Aさん
受取人=Bさん
という場合、Bさんが相続人ではない場合、
「贈与税」になると誤解している人が多く、
ネットでも「贈与税」と答えている例が多いのですが……
保険金は、遺贈のように扱われるので、
Bさんが相続人ではなくても、「相続税」になります。

ただし、生命保険にある
500万円×法定相続人の人数
という生命保険金の非課税枠は利用できません。

しかし、相続税なので、相続税の
5000万円+1000万円×法定相続人の人数
という控除枠は利用でき...続きを読む

Q生命保険を兄弟で受け取ると税金はどうなるの?

兄が突然、亡くなりました。生命保険金の受け取りが私(妹)にしていたため受け取ったのですが相続税がかかるのでしょうか。ちなみに生命保険代は兄が払うといいつつもバイトしかしておらず、結局は払わないので私が払っていました。兄弟は3人です。900万が受け取りです。ちなみに兄はどこかで借金もあったようですがそれも私が払わなければいけないのでしょうか。。。

Aベストアンサー

先ず、お兄様のご冥福をお祈り申し上げます。
また質問者様も突然のことで、色々とお疲れのことと思います。
分かる範囲でお答えさせていただきますね。

私が理解不足の点があるので、想定も交えてになりますが、ご家族は他にいらっしゃらず、ご兄弟だけで住まれていると考えて宜しいのでしょうか?

そして兄弟は3人とのことですが、それは亡くなったお兄さんを含めますか?含めませんか?
いずれにしても問題ないと思われる相続配分を例に挙げてみます。

生命保険金には、それぞれ法定相続人一人当たり500万円の非課税枠があります。もし残ったご兄弟が2人でしたら、質問者様の捻出された保険金代を理解してもらい500万と400万で分ければ相続税はかかりません。もちろん兄弟が多く、配分される額が少なければ、より問題はなくなります。

↓相続税の知識
http://decatur.hp.infoseek.co.jp/tax_j2.htm

尚、お兄さんの借金については「相続放棄」ができます。ですが、借金だけではなく他の財産(貯金や不動産、車など)も同時に放棄しなければなりません。保証人になっていると放棄できませんが、アルバイトをしていたお兄さんとのことなので、そんなに遺産もないようでしたら、相続放棄で問題ないと思います。

↓相続放棄についての注意点など
http://www.ohtsukadai.com/souzoku/d_aband.html

先ず、お兄様のご冥福をお祈り申し上げます。
また質問者様も突然のことで、色々とお疲れのことと思います。
分かる範囲でお答えさせていただきますね。

私が理解不足の点があるので、想定も交えてになりますが、ご家族は他にいらっしゃらず、ご兄弟だけで住まれていると考えて宜しいのでしょうか?

そして兄弟は3人とのことですが、それは亡くなったお兄さんを含めますか?含めませんか?
いずれにしても問題ないと思われる相続配分を例に挙げてみます。

生命保険金には、それぞれ法定相続人一人当た...続きを読む

Q兄弟に保険をかけるには?

私の兄は、仕事も続かず家に閉じこもっています。
両親が他界してしまっている為、私達兄弟は自分達で生活しています。
兄は調子のいい期間は休み無く働くんですが、調子が悪くなると
一歩も外に出ず、廃人の様に暮らしているんで、いつ入院しなくては
いけなくなるかわかりません。もう、しなくてはいけないのかもしれないのですが・・・。
兄はそんな調子なんで、貯金はありませんし、
国保にも入っていませんし、生命・医療保険にも入っていません。
兄を病院に行かせるには私もお金がそんなにあるわけでは無いので、
せめて医療保険に入りたいのですが、兄に医療保険を私がかける事は
できるんでしょうか?
文章が分かりづらいくて申し訳ないのですが、教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

------------------------------------------
・契約者:mosa3さん(保険料を支払う人)
・被保険者:お兄様(保険の対象となる人)
・保険金受取:お兄様(保険金の給付を受ける人)
------------------------------------------
という事でしょうか?
他にご親族がおらず、お兄様の生活を経済的に支えている人がmosa3さん以外にいらっしゃらないのであれば、この「契約形態」自体に問題はありません。
ただし、お兄様が「無職」であるならばモラルリスクの観点からこの契約が成立しない可能性は高いです。

保険会社は査定の際に「なぜお兄様が保険料を自分で支払わないのか?」という点に注目します。
なぜならこの国には【勤労の義務】があり、肉体的・精神的に健康な成人男性が無職であることは認められないからです。
「現在求職中でアルバイトを転々としているため収入が安定しない」など正当な理由があれば良いのですが、理由が無い場合は「保険金の不正な搾取を目的とした契約」あるいは「被保険者に精神的な障害がある」と判断される可能性があります。
当然この様な場合、契約は成立しません。

私にはmosa3さんの家庭環境は把握できませんが、もしこの様な状況であれば、お兄様の精神的・社会的な自立を目指す事が最優先ではないかと考えます。
これだけお兄様の事を考えていらっしゃるmosa3さんの優しい気持ちは必ずお兄様に伝わるはずですよ。

------------------------------------------
・契約者:mosa3さん(保険料を支払う人)
・被保険者:お兄様(保険の対象となる人)
・保険金受取:お兄様(保険金の給付を受ける人)
------------------------------------------
という事でしょうか?
他にご親族がおらず、お兄様の生活を経済的に支えている人がmosa3さん以外にいらっしゃらないのであれば、この「契約形態」自体に問題はありません。
ただし、お兄様が「無職」であるならばモラルリスクの観点からこの契約が成立しない可能性は高いです...続きを読む

Q独身兄の相続人は?

初歩的な質問ですみません。
41歳独身の兄、既婚の私(39歳)、シングルマザーの妹(36歳・姪(9歳)、甥(7歳))の3人兄弟です。

兄が亡くなった場合、法定相続人は誰でしょうか?
ちなみに母は亡くなり、父(71歳)は存命です。

Aベストアンサー

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。
亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続人は「父」1人です。
相続割合は「父」100%です。

「兄」より先に「父」が亡くなっていれば、法定相続人は、「私」と「シングルマザーの妹」の2人です。
相続割合は「私」と「シングルマザーの妹」、同等に50%ずつです。
ただし、これも「兄」と片親でも同じくする兄弟姉妹(これまた血縁の有無に限らず・書類上の問題)が、他にいないことが前提です。

なお、既婚で実家を出ているとか、シングルマザーで兄や父と実家で一緒に生活し、面倒を見ている-ということであっても、法律面では関係ありません。

もし、一旦なりとも「父」に相続させたくないのでしたら、「私」と「シングルマザーの妹」が「兄」と養子縁組をする-という手段もありますよ。
または、「私」や「シングルマザーの妹」の子たちを「兄」と養子縁組するとか。
そうすれば、法定相続の順位は変わります。

「兄」が独身のまま亡くなった場合には、まず、「兄」に本当に「子」がいないかを確認しなければなりません。
亡くなった時点で独身であっても、生涯結婚していなくても「子」がいる可能性はあります。
実子はいなくても、実際には養っていなくても、書類だけの関係でも「子」がいないかを確認しなければいけません。

さらに、「兄」が誰かの養子になっていないかも確認しなければなりません。

そして、全く「子」がいなくて、誰の養子にもなっていなくて、「兄」が「父」よりも先に亡くなれば、法定相続...続きを読む

QDoCoMoの料金引き落とし日は何日?

タイトル通りなんですがドコモの携帯料金引き落とし日は何日なんでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

利用した月の翌月末日になります。
末日が土曜・日曜・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。

http://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_schedule/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報