消火器の放射試験の本数が知りたいのですが
業者に先日聞いたのですが

設置後、3年半目~8年未満の消火器は
3年半目~8年未満のうちの全体本数のうちの5%を放射点検する。

10×0.05(5%)=0.5
のように小数点以下は繰り上げで1本とする。

設置後、8年以上の消火器は
8年以上のものの内の10%を放射点検する

と言われました。

自分で調べると色々情報があって混乱しています。

私の店舗の消火器本数は粉末消火器10型3.5キロが7本で
内訳は1996年式が5本に
2002年式が2本です。

どのような流れがいいのか
教えていただけないでしょうか

96年式を全部新品に換えても半年後には
2002年式を一本放射しなければならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

消火器」に関するQ&A: 車内に消火器

A 回答 (2件)

>設置後、3年半目~8年未満の消火器は


>3年半目~8年未満のうちの全体本数のうちの5%を放射点検する。

よく間違える方が多いのですが4年目~8年末の区切りです
2002年であれば2006年から対象となります
    • good
    • 0

えーー間違ってますね。



正しくは、
設置後、3年半目~8年未満の消火器は
5年で全数の点検が終了するように抜き取りを実施し、抜き取った数量の50%以上の放射試験を実施すること
です。

ですので設置後、3年半目~8年未満の消火器は
3年半目~8年未満のうちの全体本数のうちの「半数」50%を放射点検することになります。

8年目以降は
2.5年で全数を終了するように抜き取りを実施し、その50%以上を放射試験すること
です。
ですので5年間にすると、全数の100%を放射試験することになります。

ですので、1996年式が5本に2002年式が2本です。
であるならば、1996年製は13年たっていますので
今年2本・来年2本・再来年1本で全数を点検します。
うち放射試験は
今年1本・来年1本・再来年1本
ということになります。
ちなみに点検は年2回ですから、
今年1回目放射・2回目機能のみ
来年1回目放射・2回目機能のみ
再来年1回目放射・2回目点検なし
です。

ただし2002年の消火器が来年以降8年目を迎えますので、今年から始めるのなら、2002年は今年は1本放出し、来年から8年以降のロットに加えて算定します。ですので
今年1回目放射・2回目機能のみ+2002年製1本放射(もう1本は機能点検なし)
来年1回目放射・2回目機能のみ
再来年1回目放射・2回目2002年製機能のみ

に変更になります。(1996年製を優先した場合の組み方)
2002年製の放射をしていないほうはどの年に試験をしていただいてもかまいません。

結局今年から放射する消火器を1ないし2本ずつ新しいのに交換していくか、全数交換してしまうほうが手間がかからないということです。


 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働時間の一分単位計算の根拠条文

アルバイトをしている者ですが労働時間の計算が30分単位なんです
で、労働基準法では一分単位計算となっているとの事なんですが、その条文は何条でしょうか?
それと労働基準法15条 労働条件の明示の条文で賃金 労働時間…を明示しなければならないとありますが、アルバイト先の就業規則では時給計算は査定給とし、給料支払い後の明細でしか判断できません、また査定との事でころころと変わります(10円あがったりさがったり)これは明示といえますか?宜しくお願い致します 

Aベストアンサー

 「1ヶ月における時間外労働の時間数の合計に1時間未満の端数がある場合に、30分未満の端数を切捨て、それ(30分)以上を1時間に切り上げることは、「常に労働者の不利になるものではなく、事務簡素化を目的としたものと認められるから、法第24条及び第37条の違反としては取り扱わない」(昭63.3.14基発第150号)
http://www.k2.dion.ne.jp/~kakroum9/soudan/soudan-part-jikan.html
明治とは労働する前に示されるものであって、事後では明示といえません。

Q耐用年数内の消火器を回収されてしまいました。(消火器は2005年に購入

耐用年数内の消火器を回収されてしまいました。(消火器は2005年に購入状態良好のため3年後に買い替えを計画していた。)留守中(成人の)子供が、民間の消火器専門の回収業者に「消火器には5年で点検と書いてあるのにシールが貼られてませんから危ないので回収しましょうか?」と言われ、自己判断でお願いしてしまい、回収料金2800と一緒に持っていかれてしまいました。もし新しいのと交換なら新品代金だけで回収料金は無料になるらしかったのですが、それは断ったので、結局回収料金とられるは あらたに買わなきゃいけないはでがっくりです。
この場合・・・
クーリングオフはきかない=(1)3000円以内 (2)成人が契約している (3)痴呆などの老人でもない。
しかし・・・
契約内容の不審(いろんな機関で確認した結果、消防法としては戸建ての消火器設置は任意でましてや点検は決まった義務はない。シールがないから回収というのも、なぜ、一旦「点検されてないから点検して下さい」という段階を経なかったのか?」成人といえども所有者は親で、親に無断でこの契約がなりたつものなのか? 
こういった主張を全部相手にしましたが、「契約書にサインしてる」の一点張りで、消火器に5年点検と書いてあったので ということを正当な理由にしています。
質問は、消火器に書いてある点検指示?と、消防法にのっとった点検とはどちらが強い?のでしょう?
私が考えるには、消火器の指示はあくまで製品に対しての責任上かかれたもので所有者は任意で従えばいいと思うのですが。
クーリングオフきかない時点で、いくら返せと言っても帰ってこないと諦めていますが、どうしても納得いきません。ご経験者のご意見いただきたいです。

耐用年数内の消火器を回収されてしまいました。(消火器は2005年に購入状態良好のため3年後に買い替えを計画していた。)留守中(成人の)子供が、民間の消火器専門の回収業者に「消火器には5年で点検と書いてあるのにシールが貼られてませんから危ないので回収しましょうか?」と言われ、自己判断でお願いしてしまい、回収料金2800と一緒に持っていかれてしまいました。もし新しいのと交換なら新品代金だけで回収料金は無料になるらしかったのですが、それは断ったので、結局回収料金とられるは あらたに買わな...続きを読む

Aベストアンサー

たしかに悪質と感じる部分もありますが、悪質イコール違法とはならないのが現実です。

『錯誤無効』(説明が充分でない。誤解を与える説明だった。実際に誤解した)の主張ができるかも知れませんので、お近くの『消費者センター』に相談してみるのも一考ですよ。

Q単位計算のアルゴリズム

プログラム中で自動的に単位換算を行わせたいと思っております
つまり、例えば

[MPa] = 1000[kPa] = 10[bar] = 1000000[N/m2]・・・(1)
[bar] * [m2] = 100000[N]・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(2)

など、普段人間が行う任意の単位変換と単位の計算をプログラムが自動で行うようなアルゴリズムを求めております。

具体的にはcsvファイルなどにデータを蓄積して(そのデータには単位を添える)、そのデータを計算させ(この時、数値の計算以外に単位のチェック&計算を行わせたい)、出力することを想定しております。出力される数値は単位の換算の影響を受けて(例えば(2)であったら、数値は100000倍)される)出力したいです。

単位の文字列を一度すべてMKSA単位系(等)の文字列に変換する一覧表を作って、出力するときに、再変換を行えば(ここもどうやるのかわかりません)いいかとも考えておるのですが。

ご存知の方、アイデアをお持ちの方、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

単位の文字列を一度すべてMKSA単位系(等)の文字列に変換する一覧表を作って、出力するときに、再変換でいと思います。できれば、k,M,G,T,m,μ,p等の単位も入れて、プログラムの計算精度にもご注意下さい。エクセルは通常有効桁数15桁です。

Q消火器の放出点検について

消火器の放出点検について疑問なことがありましたので教えてください。
ある会社の話です。(ということにしておいてください)

 3年を過ぎた消火器は、ロット毎に分け半年に一度放出点検を10または20%行う必要があると思います。これは、サンプリングで消火器の機能を確かめる目的と、8年過ぎるまでに中身を詰め替える目的だと理解しています。
 前回の消防点検の際に業者の方が「二酸化炭素消火器は温室効果ガスを大気中に放出することになるから放出点検は行わない」と言い結局放出はされませんでした。このときは放出対象にしていた消火器を破棄(リサイクル)し新しいものに取り替えました。これは消防法違反にならないのでしょうか。
 ちなみにその職場の場合、詰め替えを実施するよりも、放出点検時に新しく消火器を購入する方が経済的ということで詰め替えは実施していません。

話は変わりますが、もう一点。
 大型消火器(たとえばヤマトのYA-100)は中身の薬剤が多く放出・詰め替えが大変ということで放出点検をされていません。
これって法律的にまずいですよね?

 私は消防設備のことにしては無知でして、点検ハンドブックを眺めてみたり、会社の手引きを見てみたりする程度で、資格は一切持っていません。それ故、間違って言ってることがあるかもしれませんがご容赦願います。

消火器の放出点検について疑問なことがありましたので教えてください。
ある会社の話です。(ということにしておいてください)

 3年を過ぎた消火器は、ロット毎に分け半年に一度放出点検を10または20%行う必要があると思います。これは、サンプリングで消火器の機能を確かめる目的と、8年過ぎるまでに中身を詰め替える目的だと理解しています。
 前回の消防点検の際に業者の方が「二酸化炭素消火器は温室効果ガスを大気中に放出することになるから放出点検は行わない」と言い結局放出はされません...続きを読む

Aベストアンサー

消防法の専門家です。

消防法では以下のように定めています。
「3年を越え8年以内の消火器を1ロットとし、その全数を5年以内に機能点検し、内50%を放射試験とすること」
つまり全部点検しても放射試験(つまり詰め替え)は半分だけです。
しかしこれは粉末消火器の場合で、強化液などの場合は
加圧式のとき全数の10%の放射試験
蓄圧式のとき抜き取り数の50%の放射試験(粉末と同じ)
で、ガス式の二酸化炭素やハロン消火器は、指示圧力計か重量によって可否が判断できれば、放射試験は免除されています。
ということで、理由は違いますが二酸化炭素消火器の放出試験は必要ないのです。

うちでも原則詰め替えをせずに新しい消火器に交換しています。理由は放射試験の費用より、新品のほうが安いことと、消火器の構造上、放射してから詰替した場合、詰替えた後も放射能力が維持できるのか本当はもう一度放射してみなくては分からない、からです。

また二酸化炭素消火器の場合は、これとは別に高圧ガス保安法による容器の耐圧試験というのがあります。これも消火器に関しては適正な維持管理(消防法による点検のこと)がされていれば免除という通達が出ています。

大型粉末は詰替えないとまずいですね。。

消防法の専門家です。

消防法では以下のように定めています。
「3年を越え8年以内の消火器を1ロットとし、その全数を5年以内に機能点検し、内50%を放射試験とすること」
つまり全部点検しても放射試験(つまり詰め替え)は半分だけです。
しかしこれは粉末消火器の場合で、強化液などの場合は
加圧式のとき全数の10%の放射試験
蓄圧式のとき抜き取り数の50%の放射試験(粉末と同じ)
で、ガス式の二酸化炭素やハロン消火器は、指示圧力計か重量によって可否が判断できれば、放射試験は免除...続きを読む

Q圧力単位計算

ネットの計算サイトで、圧力の換算をしてみましたが、下記の答えは間違ってないでしょうか。
なお、今は「Kg/cm2」の単位は使わないらしいですが、あえてこの単位でお願いいたします。

250BARは0.9807で割って、254.9Kg/cm2
3625PSIは14.223で割って、254.8Kg/cm2

大事なところで使う数字として、確認しておきたいですので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

端数の誤差は別として、合っていますよ。

Q集合住宅オーナーの消火器点検義務について

教えてください。

集合住宅のオーナーをしています。集合住宅は8部屋と4部屋のふた棟です。
部屋のレイアウトは2LDKです。

先日集合住宅の建っている市の消防署長名で『立会検査通知書』というものが送られてきました。
内容は『消防法代17条の3の3により、6ヵ月ごとに消火器を点検し、その結果を記録して消防署長に報告してください。』ということでした。

ここで質問です。
1.この場合、消火器の点検は法律的に行わなければならないのか。
2.点検が必要な場合、有資格者が行わなければならないのか。
という2点です。

お詳しい方、ご教示願います。

Aベストアンサー

消防設備士です。こういう点検を生業としているものです。

1.この場合、消火器の点検は法律的に行わなければならないのか。
はい、消防法17条3の3という法律に則って、半年後との点検と3年後との点検結果報告が必要です。

2.点検が必要な場合、有資格者が行わなければならないのか。
本来は有資格者なのでしょうが、実は少し曖昧で法律には
「1000平米を超える特定防火対象物、または消防長もしくは消防署長が定める対象物は、有資格者に点検させ報告をしなければならない」と定めているだけで、消火器だけの建物なら自分で点検して届け出しても問題はないはずなんです。

でも点検項目はきちんとやらないといけないので、事実上有資格者じゃないとできない、というご都合主義になっています。薬剤の交換や専用工具を使った点検もあるので、素人ではちょっと難しいです。

ということで、何社か消防設備業者に電話をかけて、見積りを取ってください。消火器ぐらいなら、いい業者も悪い業者もありませんので、安いところでいいと思います。
不安なら消防に「点検業者知ってる?」と聞くと、そっと市内の業者リストを見せてくれるはずです。

消防設備士です。こういう点検を生業としているものです。

1.この場合、消火器の点検は法律的に行わなければならないのか。
はい、消防法17条3の3という法律に則って、半年後との点検と3年後との点検結果報告が必要です。

2.点検が必要な場合、有資格者が行わなければならないのか。
本来は有資格者なのでしょうが、実は少し曖昧で法律には
「1000平米を超える特定防火対象物、または消防長もしくは消防署長が定める対象物は、有資格者に点検させ報告をしなければならない」と定めているだけで、消火器だけ...続きを読む

Q単位計算で

水1リュウベって重さでは何キロのこと?

Aベストアンサー

1リュウベとは1立米、すなわち1立方メートルです。
重さは1,000Kgです。

Q高圧点検回路の点検時も、労働安全衛生規則の第339条が適用されますか?

ビル内の通常高圧回路で給電している電力会社の給電が停電すると、非常用発電機が起動して、予備高圧回路に切り替わって給電するという設備を保守している者です。
この、通常は無電圧の予備高圧回路の点検をするときも、労働安全衛規則の第339条の停電作業を行う場合の措置(短絡接地器具の取り付けなど)をしなければ違反となってしまうのでしょうか?
危険性としては、勝手に非常用発電機が起動して高圧電源が供給されて感電するとか、点検箇所の2次側の通常高圧回路から逆回りで高圧電源が何らかの理由で供給されて感電するといったことが挙げられます。
もちろん、上記のことで感電しないように、非常用発電機が起動しない措置をとったり、逆回りで電源が供給されないように遮断器を抜いておくといった措置をしています。
質問は、労働安全衛生規則の第339条の措置が法律上必要かどうかです。そちをした方がより安全になることは承知しています。あくまで労働安全衛生規則の第339条に、予備高圧回路の点検も該当するのかそれとも該当しないのかが知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もちろん該当します。

電力設備の事例で言えば、開閉器を遮断状態でロックしてあっても作業接地は取らねばなりませんし、取っています。

発電機が起動しない措置、遮断器を切っておく措置をとったとしても、人為ミスなどで充電される危険性があり得ます。
あり得る限りは安全措置をとらねばなりません。

Q有効数字と単位計算

1.0*10^-5[g/cm^3]=???[kg/m^3]

ハテナに当てはまる数字を教えてください。
できれば手順などもしりたいです。

0.00001[g]を[kg]にするのでしたら、0.00000001とすればいいだけだと思うのですが、二つ単位があると、どうすれば良いのか分からなくなってしまします。

Aベストアンサー

「10^-5」とは、「10^(-5)」(十のマイナス5乗)と解釈します。

 「単位が2つある」ときには、別々に考えればよいのです。

 グラム(g)をキログラム(kg)に変換するには、数値は1/1000にすればよいですね。 →(A)
 1000g が 1kg ですから。

 同様に、g/cm^3 を g/m^3 にすることを考えます。
 「g/cm^3 」は、「1cm^3あたり」(1辺 1cm の立方体、小さなサイコロぐらいですね)の重さです。これを、重さの単位(g)はそのままに「 g/m^3 」にすると、これは「1m^3あたり」(1辺 1m の立方体、風呂のバスタブぐらいですね)になるので、「縦100倍、横100倍、高さ100倍」ですから、全体で100万倍(10^6倍)になります。従って数値は100万倍(10^6倍)にする必要があります。 →(B)
 1g/cm^3 は、10^6g/m^3 ということです。

 (A)と(B)を合わせると、「g/cm^3 」を「kg/m^3」にするには、数値を「1/1000の10^6倍」つまり「1000倍(10^3倍)」にすればよいのです。

 これは単なる「単位換算」であって、有効数字は「1.0」のまま変わりません。

  1.0*10^(-5) (g/cm^3) = 1.0*10^(-2) (kg/m^3)

ということになります。

「10^-5」とは、「10^(-5)」(十のマイナス5乗)と解釈します。

 「単位が2つある」ときには、別々に考えればよいのです。

 グラム(g)をキログラム(kg)に変換するには、数値は1/1000にすればよいですね。 →(A)
 1000g が 1kg ですから。

 同様に、g/cm^3 を g/m^3 にすることを考えます。
 「g/cm^3 」は、「1cm^3あたり」(1辺 1cm の立方体、小さなサイコロぐらいですね)の重さです。これを、重さの単位(g)はそのままに「 g/m^3 」にすると、これは「1m^3あたり」(1辺 1m の立方体、風...続きを読む

Q道路法8条では、4m未満の道路でも市道と認定できそうです。

道路法8条では、4m未満の道路でも市道と認定できそうです。



最初に4m道路として認定しても
後日、気が変わり「3m道路にして、他の1mは別な用途に使おう!」
と市は、議会の議決を得れば自由に道幅を変更できますか?

Aベストアンサー

道路法の道路認定及び廃止は議会の同意が必要。

http://www.town.shiraoi.hokkaido.jp/ka/gikai/kaigiroku/kaigiroku16/tei/1tei/3-24/6.pdf

>後日、気が変わり「3m道路にして、他の1mは別な用途に使おう!」

基本は道路復員=官民境界になる。
復員幅を変更するには
議員に対して議案説明が必要であり
合理的な理由がつけれないし
建築基準法の接道義務が満たされないため
答弁できないから無理でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報