今日見た映画の中に
「Pc or mac?」という台詞があり字幕は「ウィンドウズかマックどっち?」というような内容の訳でした。
pcはpersonal computerの略でパソコン全体を指す言葉だと思ってたのでちょっと意外でした。
映画の字幕なので多少ニュアンスを変えて訳されてるかもしれませんが英語ではPC=ウィンドウズとなる場合もあるのでしょうか?
ちなみに映画はバーン・アフター・リーディングです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

これはやはり意訳と考えるべきでしょう。

しかも誰でもWindowsを知っている時代だからこそできることであって、Windows普及以前(これはパソコンが今のように個人に普及する以前とも言えます)ならこの字幕を分かりやすく訳すのは難しかったと思います。

No.3で書かれているように PC or Mac と言うときは PC = IBM PC/AT 互換機のことで、諸外国ではもっとも広く普及した規格です。そのためか personal computer という意味もないわけではありません。
当然 Windows は PC/AT 互換機上で稼働するのがほとんどであるので Mac と対比されます。

ところで PC or Mac と言ったときは「機械」の対比です。OS の対比では Windows or Mac OS ということになりますが事実上 Mac OS が稼働するのは Apple の Mac だけなので(また Apple は機械と OS を不可分のものと考えていることもあります)Mac と略しても言われます。

日本語で機械の対比を言おうとするとさしずめ「PC/AT 互換機かマックか」「DOS/V 機*かマックか」となるでしょうが、この「Windowsが稼働する機械」の名前がすぐイメージできる人が多いとは言えず、すぐ分かる言い方として OS の対比に変えてしまったのでしょう。
(*DOS/V … PC/AT 互換機で稼働し日本語表示できる OS)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても解りやすい説明ありがとうございます。
OSではなく機械のほうだったとは。英語だけでなくコンピューターの知識がないと答えられない質問にもかかわらずたくさんの回答をいただいて驚きました。

お礼日時:2009/05/15 11:49

ついでにアップルのCMも


//seo-love.blogspot.com/search%3Fq%3D%25EF%25BC%25AD%25EF%25BD%2581%25EF%25BD%2583&feature=player_embedded
    • good
    • 0

アップル側の戦略もあるでしょう。

ウィンドウズ搭載PCのことを
アクセントを入れて PC (ぴ!-し!-)と言ってます。
PCのところで大抵、スティーブジョブスはアクセントを入れます。
アクセントを入れないと、普通ならパーソナルコンピューターの意味になるでしょう。
CMなどではっきりとWindowsって批判はできませんからね。PCをある意味差別用語てきにつかっているのでしょう。
正式には Windows or Mac と言わないと、Microsoftさんに失礼ですが、
MicrosoftはこんなCMもつくってます。
//seo-love.blogspot.com/search%3Fq%3DMac&feature=player_embedded
によると PC って名前はアップルにはめられたみたいな言い方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

見たことはありましたが英語力の問題も含めてぜんぜん理解できてませんでした。
今回この質問をしなければウィンドウズとマックの対比CMということにすら気づけなかったことと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 11:57

こんにちは。

アメリカ在住16年になるものです。

回答者No3さんの回答が一番的を得ていますね。

PC or Macと言う用語の対比は良く使われるどころか、99%の確率でこちらでは“PC”と言うとウィンドウズ系のコンピューターを指します。

実際私は現在印刷会社でグラフィックデザイナーをしており、主にMacを使って仕事をするのですが、クライアントに寄ってはPCのファイルを使う所もある(デザイン関係でなければ、PCが一般的に使われます)ので、デスクにはMacとPC両方が置いてあり、同僚は常に“Yeah I had to use PC cuz they are using publisher file and I can't do nothing with it on Mac”とウィンドウズの方のPCと言っております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 11:36

No.1 の回答は間違っていて、この場合 PC とはパーソナルコンピュータ一般をさすのではなく PC/AT 互換機のことを指しています。



現在 Windows が動いている PC/AT 互換機がとても多いというだけで、Windows がパーソナルコンピュータであるというわけではありません。

日本では PC/AT 互換機のことを指して PC という人はコンピュータ詳しい人が多く、PC というと一般の方は「パソコン」一般のことだと思ってしまいますが、現在でも英語圏では「PC と Mac」という用語の対比はよく使われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて知りました。とても勉強になりました、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 11:25

 「PC or Mac」といわれたのは15年ぐらい前までの話でしょう。

もともとPCとはIBMが発売したIBM-PCの互換機の意味です。IBMが互換機を許容したので普及し、まとめてPCと呼ばれました。一方、アップルはPC非互換ですがユーザーインターフェイスにすぐれたMacで対抗しました。1990年前後の話です。その後IBM-PC互換機のOSはWindowsが圧倒的主流となり、IBM-PC互換であることよりWindows対応であることの方が重要となりました。現在、あえて「PC or Mac」ということはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 11:17

いま、個人使用のパソコンの90%以上を


Windowsがシェアを占めていますから
パソコンの代名詞になっても
不思議ではないと思いますよ。

MacやLinuxなどは、個人使用パソコンのシェアでは
数%にしかならないので、
パソコンの代名詞にはなれないと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/15 11:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング