今度シングルバーナーをもって登山に行きます。
簡単かつおいしいお勧め料理はありますか?

料理といえないかもしれませんが、「日清焼そば」が候補です。
ラーメンは汁を捨てられないのでパスです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

BE-PALで有名な旅行家の


「シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング」
http://item.rakuten.co.jp/book/1650695/
から選んで調理しています。
    • good
    • 0

私は、ラーメンの汁は全部飲んでいます。


汗をかいているので、水分と塩分の補給にちょうどいいです。

どうしても残るようなら、ペットボトルに入れて持ち帰るのはどうでしょうか。ラーメン以外にも、そうめんとかおいしいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

皆さん回答ありがとうございます。
「シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング」を購入しました。

お礼日時:2009/05/26 06:53

男性と登るときに好評なのは、トン汁です。


おにぎりを用意しておきます。
ネギ・ゴボウは、あらかじめ、炒めておいたものを、用意します。
大根・豚肉は、ゆでておきます。
味噌とだしの素をまぜたものを必要量だけラップにくるんで用意。
全部を火にかけるだけです。
ボリュームを出すときは、豆腐の小さなパックやキムチなどを入れます。

女性は、チーズの好きな人が多いです。
男性も、ワインが飲める状況でしたら、チーズフォンデュもいいです。
このような市販のチーズフォンデュの素を使うと簡単です。
http://www.yotsuba-shop.com/SHOP/0306.html
白ワインで、チーズを伸ばして作ります。
これに、ゆでたじゃがいもや、分厚いハム、ブロッコリーなどをからめていただき、鍋についたものは、パンでふきとっていただくので、後の片付けも簡単です。

スキヤキ。
具材のお肉は、凍らせて持ち歩きます。
山の気温は低いので、いたんだことはありませんが、しんぱいでしたら、かるく炒めておけばよいでしょう。
最後に残った煮汁は、うどんですいとるように使い切ります。

山では、シンプルに、その場で切った野菜やコンビーフなどを焼いて塩やしょうゆで味付けするだけでも、おいしいですね。
ホットケーキも、ホットケーキミックスで簡単につくれるので、ハムや野菜と一緒にいただくのもいいです。

失敗だったのは、ポップコーン。
市販の、アルミの容器で、火であぶれば、すぐに膨らむはずのものが、気圧のせいか、ちっともはじけませんでした。
    • good
    • 0

あくまでトレッキングがメインでしょうから、はなか「料理」はあきらめた方が良いと思います。

出来るのは「調理」ですね。

 宿営地にたどり着いた時にはそれなりに疲れてしまって、料理する元気は残ってないかも。また、暗くなって、食品が良く見えない状態での食事は想像以上に味気ないモノです。

 山行前に地上で全ての下ごしらえをしてしまいましょう。ジップロックに入れて行けばかさばりません。暗いところでも美味しく戴けるのは、スパイスの効いたモノが良いですよ。ですから、カレーうどんとか、カレーライスですかねぇ。チゲ鍋&うどん等も良いかも。

 食中毒には十分注意し、食材の取り扱いには十分ご注意下さい。

 また、他の回答者さんがおっしゃっているコトですが、小生はちょっと違う意見です。山へ持ち込んだモノは全て持ち帰るべきです。大小便も含めてです。ご考慮下さいませ。
    • good
    • 0

>ラーメンは汁を捨てられないのでパスです。


われわれは自然に帰る物(汁・箸・野菜)は目立つようなら埋めてでも捨てます。燃えないものは持ちかえります。

これはさておき最近は生麺を真空パックした「うどん」「ラーメン」があります。ケースは外して中身だけを持ち歩きます。

また「固形コンソメ」「粉末うどんスープ」は必携です。これに野菜(たまねぎ・しいたけ・白菜・肉など)を入れて煮込みます。仕上げは片栗粉でとろみをつけてほかほかの特製スープの出来あがり。

仕上げは「コンソメ」「スープ」を追加して「うどん」「ラーメン」になります。

コッフェルなど焦げ付けで汚れずにあとが楽なもんでね・・・
とにかく鍋料理の延長です。
    • good
    • 0

山によく持って行くのが茹でたパスタですね。


ベーコンや玉ねぎなどと一緒に炒めてチーズを溶かせば完成。

ワインがあればもう最高。。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q登山・キャンプ用語。ヘッドランプ?ラテ??

山仲間が、ヘッドランプの事を『ラテ』と読んでいます。
学生時代にワンゲルだったと聞いています。
ラテってって何語なんでしょう?
一般的な呼称なんでしょうか?
皆さんは、ヘッドランプをどう呼んでいますか?
ヘッドライトですか?
それとも、何かの略語で呼んでみえますか?
素朴な疑問ですが、是非とも、お答え下さい!

Aベストアンサー

 「ラテルネ」はドイツ語ですね。大昔はよく使われていたようです。古い「山と渓谷」や「岳人」には、「ラテルネ」と書かれている文章が多くあったようです。
 その他には「エレキ」などと呼ぶ人もいますね。最近はやはり「ヘッドランプ」、または略して「ヘッデン」と言うのが多数派のようです。

 最近の登山用語はほとんどが英語ですが、昔はドイツ語やフランス語も多くありました。やはり本場アルプスの影響でしょう。
  ザイル(ドイツ語)も「ロープ」(英語)と言う人が多くなりました。
 ただピッケル(ドイツ語)は今も「ピッケル」であり、「アイスアックス」(英語)という人はほとんどいません。

Q登山の際のバーナーについて

登山をこれからしようと思っています。
人に聞いたら山に登ったときに温かい飲み物や食べ物は大変重宝するから
バーナーぐらいは買いなさいとアドバイスを受けました。
そこで、教えてください。
バーナーと簡単に言っても3000円程度から8000円程度まで幅広くあります、
これからの時期はホームセンターにもバーベキューセットなど
たくさん陳列する時期でもありますが
どこのメーカーが良いとか?どういったことに気をつけたら良いとか?
どんな情報でも結構です、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私も余計なものは必要ないという#3さんの意見には賛同できます。

でもまあ登山自体が非日常を楽しむものですからバーナーでコーヒーなんかを煎れるというのは悪くはないかと。超ストイックな冬山登山ならまだしも温暖な季節の普通の山なら、装備としても余裕をもてます(余計なものも持っていける)。

で、とりあえずは小さく軽いものが負担にならないです。
EPI、プリムスなどから非常に軽量でコンパクトになるバーナーが発売されています。
http://www.greenlife.co.jp/item/stove/epi-revo.html
http://www.greenlife.co.jp/item/stove/prims-p153.html

価格的にはもっと安いのもありますが、重量、サイズが大きくなったり出力が小さくなったりするようです。一番手軽なのはこのタイプです。

ガス缶はサイズによって何種類かありますが、日帰りなら一番小さなものでも十分でしょう。
一応メーカーからは同一ブランドのガス缶を使ってくださいとアナウンスされていますが、EPIとプリムスは互換性があります(使う場合は一応自己責任で)。

ガソリンなど液体燃料のバーナーは本格的で耐久性も高く、高所、低温下などでも確実に動作する安心感はありますが、サイズも重量も大きくなりますので「気軽にちょっと使う」という用途には合いません。
燃料の種類によって、燃費やランニングコストも違ってはきますが、本格的な調理を高頻度で行わない限りは大きな影響はないはずです。

よって、手軽さからガスタイプをお勧めします。

私も余計なものは必要ないという#3さんの意見には賛同できます。

でもまあ登山自体が非日常を楽しむものですからバーナーでコーヒーなんかを煎れるというのは悪くはないかと。超ストイックな冬山登山ならまだしも温暖な季節の普通の山なら、装備としても余裕をもてます(余計なものも持っていける)。

で、とりあえずは小さく軽いものが負担にならないです。
EPI、プリムスなどから非常に軽量でコンパクトになるバーナーが発売されています。
http://www.greenlife.co.jp/item/stove/epi-revo.html
http://www.g...続きを読む

Qヘッドランプを探しています。

登山用のヘッドランプを愛用しておりました。
以前使用していたLEDヘッドランプを紛失してしまい、
新しい製品を探しているのですが、どれが良いのか良くわかりません。
おすすめの製品が有りましたらお願いします。
乾電池が使えることが条件です。以前は5000円くらいの製品でした。
キャンプなどに使用します。

Aベストアンサー

登山(夜間歩行)を殆どしないならそんなに高機能のヘッドランプは必要ではありません。登山歴25年の私は結構道具オタクでヘッドランプは新旧あわせて15台ほど所有していますが、メインで使用しているのは2~3台です。
古いヘッドランプは車のトランクや納屋、それからベッドの枕元に置いて非常時でもすぐ明かりを確保できる様にしています。
できれば名の知れたアウトドアメーカーのヘッドランプを購入する事をお勧めします。
アウトドアメーカーではありませんが、(株)サンジェルマンで発売している
HEDA WARS HW-733H は値段の割には性能が優れています。
自宅近くのドン・キホーテで¥4,000しないで購入できました。
3ワットLEDを使用していてとても明るいです。光量もスイッチにより
100%→50%→25%→点滅
と変える事ができ、必要な明るさが選べるのでバッテリーの節約にもなります。またバッテリーケースには赤色LEDの後部認識灯が装備されていて必要に応じて点灯→点滅→消灯とスイッチ操作が可能です。
http://www.holkin.com/GENTOS-H-733H.html

懐中電灯とホルダーの専門店 ホルキン
http://www.holkin.com/index.html

登山(夜間歩行)を殆どしないならそんなに高機能のヘッドランプは必要ではありません。登山歴25年の私は結構道具オタクでヘッドランプは新旧あわせて15台ほど所有していますが、メインで使用しているのは2~3台です。
古いヘッドランプは車のトランクや納屋、それからベッドの枕元に置いて非常時でもすぐ明かりを確保できる様にしています。
できれば名の知れたアウトドアメーカーのヘッドランプを購入する事をお勧めします。
アウトドアメーカーではありませんが、(株)サンジェルマンで発売している
...続きを読む

Qシングルバーナーで焼肉(BBQ)をする方法

 アウトドア初心者です。
 シングルバーナー(EPIRevo3700)があります。
 これを使って焼肉をやりたいのですが、網などはどのようなものを
どのようにセットすればいいのでしょうか?
 その他、準備するものを教えてください。
 また、鉄板焼きの場合はどうでしょうか?
 人数はせいぜい2人なので、大きなものは必要ないと思います。
 漠然としていて恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

網焼きはやめたほうがいいでしょう。
ガスレンジの炎で直接、網で肉を焼いたりはしないでしょ?
小さなフライパンで焼くのがよろしいかと。
登山でなければ、家庭用の18センチとか20センチとかで良いと思います。

Qヘッドランプの電池は入れっぱなし?それとも?

ヘッドランプの電池についてです。自分はリチウム電池のCR-123Aを利用するヘッドランプを使っています。
登山・キャンプには毎週のごとく頻繁に出かけるのですが、実際にヘッドランプを使用するのは月1程度です。
さて、質問なのですが、自分は電池を常に入れっぱなしにしています。すぐ使えるように機動性を考えて・・・
自宅に置いてある時も、登山&キャンプ時の朝昼の時間帯でも・・・
勿論、謝ってスイッチが入ってしまわないように、サイズぴったりのタッパウェアに収納しています。
でも、ひょっとして、このやり方って放電ロスがあるのかな・・・?と不安になりました。
それとも放電なんて些少な程度なのでしょうか?
みなさんは、使用していない時のヘッドランプの電池、どうしていますか?

Aベストアンサー

 私もCR123Aを使うヘッドランプを2機持っています。
 面倒なので電池は入れっぱなしで、そろそろ2年経つのですが、電池はまだなくなる気配を見せません。
 ヘッドランプの使用頻度は3ヶ月に一度というところです。

 バッテリーの入れっぱなしは、電池の消耗よりむしろ液漏れなどによる機器の損傷の方がリスキーだとは思うのですが、思ったより大丈夫なものです。

 もちろん電池のスペアはいつでも用意しています。
 私の場合、CR123Aを使うヘッドランプを2機持っていて、しかも1機は2個使うタイプのモノなので、使用後に電池を取り出していると管理が難しい、という理由もあります。単三4個のヘッドランプも持っていますが、そちらも同じ理由で入れっぱなしです。こちらはさすがに1年で2回交換しました。

Qシングルバーナーの使い方で・・・

質問させてください。
先日、キャプテンスタッグのシングルバーナーを購入しました。
ガスの上に直接付けるタイプのものです。
そこでなんですが、説明書を見ると鉄板などあまり面積が広いものは乗せないようにと書いてあるんですが、実際どの程度のものまでOKなんでしょうか。
大き目の鍋は使えないんでしょうか。
あと、これで炭の火起こしが楽になるかなと思っていたら、火起こし器は絶対使わないようにと書いてありました。
だったらトングで一個炭をつかんで炙るやり方なら大丈夫なのかな、と勝手に思ったりしてるんですがどうですかね。
なにぶん経験不足でして・・・。
経験豊富な方、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

日を起こすなら、ユニフレームのチャコスタ(七輪なら不要)と着火材(牛乳パックを刻んだものでも可)で簡単に付きますよ。備長炭などの白炭は火がつきにくいので、黒炭も持参して、黒炭->白炭の順に着火すれば簡単です。炭はいじり過ぎないように、20分くらい放置しておけばいいです。

鉄板を乗せてはいけないのは輻輳熱でボンベが過熱され爆発する可能性があるからです。器具が壊れる程度では済みませんのでご注意を。鉄板だけでなく、バーナーパットなどの遠赤外線高価を歌っている製品もダメ。炊き料理をする分には、問題ないです(安定して倒れないなら・・・。)が鉄板焼きなどは、高温になるのでやめましょうね。

炭は遠赤外線が出るので、ガス缶が加熱され爆発する可能性があります。だから炙ってもダメです。ただ、実際にやってみると問題なかったりしますけど・・・。万が一に備えてくださいませ。

余談だけど、炭を使うなら、火消壷(金属製のもの)を持っていかれる事をお勧めします。炭を火消しつぼに入れて蓋をして、冷めるまで放置するだけです。炭は再利用できるし後片付けも楽になります。

日を起こすなら、ユニフレームのチャコスタ(七輪なら不要)と着火材(牛乳パックを刻んだものでも可)で簡単に付きますよ。備長炭などの白炭は火がつきにくいので、黒炭も持参して、黒炭->白炭の順に着火すれば簡単です。炭はいじり過ぎないように、20分くらい放置しておけばいいです。

鉄板を乗せてはいけないのは輻輳熱でボンベが過熱され爆発する可能性があるからです。器具が壊れる程度では済みませんのでご注意を。鉄板だけでなく、バーナーパットなどの遠赤外線高価を歌っている製品もダメ。炊き料理...続きを読む

Qディスチャージヘッドランプってどんなのですか?

当方の車、ヘッドランプがハロゲンランプなんですが、一つ上のクラスだとディスチャージヘッドランプだったんです。これってバルブだけ変えればディスチャージになるのでしょうか?それとも根本的にヘッドランプの構造が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

>バルブだけ変えればディスチャージになるのでしょうか?

ハロゲンバルブからHIDに替える場合は、汎用品HIDといいまして、普通の電球を外して、そこにHIDを入れて使うタイプのものが カー用品店には売っていますが、これには手を出さない方が無難です。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1673034)のNo.4の下の方、ヘッドライトのリフレクター(反射板)がHIDから出る紫外線で焼けるといったトラブルが出るお車もあります。リフレクターが焼けてしまいますと、ヘッドライトは本当に暗くなってしまいます。

焼けるかどうかは、やってみませんと分かりませんので、汎用品HIDメーカーが実験でもしてくれてあり、そのデータで大丈夫と太鼓判を押されない限り、汎用品HIDは手を出さない方がよいです。


>一つ上のクラスだとディスチャージヘッドランプだったんです。

クラスとはグレードのことでしょうか、全く同じ顔のお車で、もっと良いバージョンの車。そうでしたら、そのヘッドライトアッセンブリー(ヘッドライト丸ごと)を購入することで、紫外線に焼けないリフレクターで、快適なHID仕様に出来る場合もあります。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2023239)No.1様。
ただ、この場合、HID車とハロゲンバルブ車のヘッドライトアッセンブリーの外形がエンジンルーム側も含めて、全く同じ形ものでなければ付きません。
もし有っても、形が微妙に違ったりなどの理由で取り付けられない場合もありますので、お車ご購入前に、ぴったり合う純正のHIDヘッドライトアッセンブリーの存在を、ディーラーにてご確認頂く必要があります。


>それとも根本的にヘッドランプの構造が違うのでしょうか?

以上のことから、基本的には、そういうことになってしまいます。


白色HIDは、夜に見難いということがあります。黄色のハロゲンバルブ(http://www.sp.koito.co.jp/autosply/3-9/3-9-0/normalh.htm)(のP0456Y)でも充分な場合もあります。


HIDは、最近では新車でも電球色のHIDなど良いものも出てきているようですが、無い場合はこの黄色HID(http://www.piaa.co.jp/piaa_web_new/02_product_index/02_hid/02_jyunsei_bulb/07_p_ion_yellow/index.html)が、見やすくていいと思います(純正交換・車検対応)。

白よりも、オレンジ(に近い電球色や黄色)の方が、『遠くへ届きやすい性質があるの。人の目にも感じやすいので濃淡の違いがはっきりわかって、周りの車や落下物の存在に気づきやすい』 のです。
(http://www.asahi.com/edu/nie/tamate/kiji/TKY200603200230.html)朝日新聞(DO科学)


>No.1様の、自動で角度調整(対向車が眩しくならない様に)する機構 とは、

ヘッドライトには、光軸というのがあります。夜間信号待ちなどで自車のライトの明かりが時計の10時と3時のあたりから下しか照らしていないことに気付きますね?そのVの折れている部分が光軸の中心なのですが、リアに人や荷物が乗りますと、車のリアが沈んだ常態になり、その結果、ヘッドライト光軸が上向きになってしまうのです。これではHIDでは対向車が眩しくて仕方がありませんので、電動でヘッドライト内のリフレクターなどを動かして光軸を正しい位置にする構造のものです。
.

>バルブだけ変えればディスチャージになるのでしょうか?

ハロゲンバルブからHIDに替える場合は、汎用品HIDといいまして、普通の電球を外して、そこにHIDを入れて使うタイプのものが カー用品店には売っていますが、これには手を出さない方が無難です。
詳しくは(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1673034)のNo.4の下の方、ヘッドライトのリフレクター(反射板)がHIDから出る紫外線で焼けるといったトラブルが出るお車もあります。リフレクターが焼けてしまいますと、ヘッドライトは...続きを読む

Qツーバーナーとシングルバーナーどちらを選ぶ?

家族4人のデイキャンプで炭火だけでは不便と思い、ガスタイプのコンロも購入しようと思っていますがこの両タイプでかなり迷っています。ツーバーナーは「コールマンLPツーバーナー」・シングルバーナーは「ユニフレームテーブルトップバーナーUS-D」で、ガソリン式は考えておりません。以前にも同じような投稿を見ましたが、やはり迷いがあります。主なメイン料理は焚き火グリルで肉を焼いたりダッチオーブンでと思っています。また他にはパスタや32センチパエリアパンを使ってのパエリアなども考えています。ツーバーナーの大きさなどを考えると、結局はシングルに移行してしまってお蔵入りになってしまったなども聞きます。ユニならシンプルに携帯でき、大きな鍋でも周囲の囲いなどを気にせずできる。しかしながらシングルだけでは不便なのか・・・?あと、シングルは風除けが無いぶん立ち消えしやすいのでしょうか?どんなご意見でも結構です、宜しくお願いいたします!!

Aベストアンサー

こんばんは。
私は、ユニフレームの「US-D」と「US-1800」を持っています。
カッコ良さから言えばツーバーナーだと思います。デイキャンプとは言え「アウトドアだぜ」って感じで。
でも、コンパクト性で考えるとシングルかな。
「US-D」は点火も楽だし、ダッチの重さも十分耐えられますよ。
我が家では、「US-D」「US-1800」という順番で購入し、キャンプへは「US-1800」のみを持っていきます。「US-D」は鍋用かな。

お泊りキャンプでは、シングルのみだとちょっと足りないかな。
お米を炊いている横でトン汁をグツグツとか、目玉焼きの隣でスープを温めるか。

※「US-D」はユニの純正ボンベしか使えません。
(イワタニのボンベは付きませんでした。)、

QLEDヘッドランプの電池

最近各社から出ているLEDタイプの登山用ヘッドランプは通常アルカリ電池(公称電圧1.5V)などの使用が推奨されていますが、エネループなど、ニッケル水素系の充電電池(公称電圧1.2V)を使った場合、点灯時間や明るさはどうなるでしょうか? 実際に使われた方の体験をお聞かせください。

Aベストアンサー

懐中電灯類は、LED、電球さまざま使用経験があります。

お持ちのヘッドランプは単4を使いますか?

機器の説明書などに、アルカリ電池を使った場合の使用時間が書かれていると思います。
その数字がおおよそ15時間以上であれば、ニッケル水素電池を使った場合は、それより短い時間しか使えないと思ってください。

逆に、(アルカリ電池での)使用時間が、5時間とか短いものであれば、ニッケル水素電池を使うことで、それより長く使えると思います。

詳しく言うと、ニッケル水素電池の電気容量はアルカリより少し小さいです。 しかし、大きな電流を使う場合は、ニッケル水素電池の方が(アルカリより)長く使えるのです。

明るさは、点灯している限りは、さほど気になるほど変わらないと思います。

結局、頻繁に使い、かつ一回の仕様時間の後に充電できる場合は、コストパフォーマンスからニッケルを、 山やキャンプでは、予備を沢山持って行けることからアルカリなどの使い捨て電池を使うというのが普通です。

Q登山マラソン?スポーツ登山?

スポーツか登山か迷いましたがこちらで質問してみます

前にテレビか何かで見たのですが
山の下から頂上までマラソン並みの(ダッシュでも無いですが早歩きって程のスピードでも無い)速さで走って登って行くものだったと思います。
ただ明らかに登山道では無い道を走っていたのと
登山にしてはバックパックはかなり小さかった割りに服装はかなり着込んでいました。
プロテクターとかもしてた覚えも。

これって何て言う登山(スポーツ?)何でしょうか?

Aベストアンサー

トレイルランの一種でオフトレイルランというのがありますから、それかなあ、とはいえ、トレイルランはプロテクターはしないはずですが。

背負っているのはバックパックではなく、多分ハイドレーションパック(背負える水筒で、吸い飲み用のチューブが出ている)だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報