壊死性白質脳炎

パピヨン 9ヶ月が
壊死性白質脳炎という病気に掛かりました、
東京農工大学付属動物病院で診断されました、

通称「パグ脳炎」(壊死性髄膜脳炎)とは異なる
「壊死性白質脳炎」です。

自己免疫疾患なので、過剰に免疫を働いている「自己免疫」を
抑える薬を投与、
今の所、中脳での脳炎が確認で、最終的に大脳まで転移すると
危険になり、
余命 4年と診断されました。


症状
・旋回運動(ヨタヨタあるき、サークル内で軽く壁にぶつかり旋回)
・斜頚
・目が少し見えていないかもしれない?
・眼振(初期症状より、かなりマシになっている)

家に来てまだ2ヶ月も経たない生後9ヶ月のパピヨンです、
5/13水曜に小円旋回運動を始めだし、
おかしいと思い病院にいき、
翌日MRIをとり、
幾度の病名を言い渡されましたが
(前庭疾患→水頭症→脳炎?→脳出血→現在の病名)に至ってます。

ネットで調べる限り、非常に稀に見る難病で
情報も少ないのが現状です、
掛かりつけの病院でも情報があまりありません。

今、困っているより、
少し心配なのが、
旋回運動です、旋回運動で水も食事も自力でとるのは難しい状態です、
口の前まで持って行くと食べます、飲みます、
これは後遺症として残りそうです。

こちらの掲示板に書き込んだのはより多くの情報を得るために
書き込みしました、
今は進行を抑える事しかできません、
育て親としての意志は「この子が生きる限り応援したと思っています」
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

パピヨンを2匹飼っているものですm(__)m



パピヨンちゃん心配ですね…

病気のことはわかりませんが、いろいろな要因で症状が出ているのでしょうから、その要因をひとつでも二つでも身体から除くことができれば、症状自体は少し落ち着くかもしれません。
難病のコの駆け込み寺と言われている、八王子市の須崎動物病院をご存知ですか(・・?)
http://susaki.com

こちらの病院では、バイオレゾナンスという方法で身体の中のウイルス、細菌、重金属、ガン抑制遺伝子等々測定が出来ます。
炎症を強くするウイルスなどわかれば、それを排出することで症状が緩和されるかもしれません。

もしかしたら、現在新患受付してないかもしれませんが、一度ホームページを見てみられると新しい発見があると思いますよ!

一日でも元気で長く生きて欲しいです。

頑張ってくださいm(__)m
    • good
    • 0
この回答へのお礼

clara125様

お返事ありがとうございます、
うちもパピヨン2匹目としてこの子を向かいいれたのです。

入院している間、長女のパピヨンは一日10回以上庭にでたがり、
多分迷子になっていると思っている妹を探しにいきます。

退院して、妹はゲージ内で旋回運動してますが、
それを横で姉パピヨンが見守っています、
逆に庭にも行かなくなりました。
見てて辛いです。 いい姉さんです。

「須崎動物病院」HP拝見しました、ぜひ検討してみます、
今は旋回運動をどうのか休ませたいです、
今朝も旋回しすぎて戻してしまい、今病院で点滴してます。

お礼日時:2009/05/20 11:32

http://www.vm.a.u-tokyo.ac.jp/vcpb/pug.html
原因がわからないそうですね。
9ヶ月しか経ってないのに可哀想に…
ワンちゃんは辛いでしょうね。
飼い主さんも辛いですね。
薬による治療しかないようで、少しでも延命されるといいですね…
頑張ってください。

参考URL:http://co2hollywan201.blog103.fc2.com/blog-categ …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

chris_0217様、
お返事ありがとうございます、
少しでも広がりを抑えようと思っています。
がんばります。

お礼日時:2009/05/18 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパグ脳炎で愛犬の死

パグ脳炎で愛犬が命を落としました。

今年の1月23日に愛犬のフレンチブルが8歳9ヶ月で永眠いたしました。最期の亡くなり方が余りに見ていられる状況でなく、本当に心が痛みます。

長文ですが失礼致します。

今月の10日頃に父がワンコの様子がおかしい!?と私を呼びました。見に行くとクルクル周りペタッとその場に倒れ込み軽く震えておりました。そしてそこで排泄をしてしまい、あきらかにいつもと違う様子…。

今思えば、これが脳炎による痙攣の始まりだったんだとわかります。
直ぐにかかりつけの病院へ連れて行って来ました。元々ヘルニアもちのコだったのでまた、再発して痛いのかな?と思い先生に診てもらいました。

ところが先生の結果はクルクル周り排泄ということはお腹に痛みがあったんでしょう。人間と同じですよ!念のため血液検索、お腹のエコーをしましょうとのことなので、安心して先生にお任せしたのです。
検索結果はガスがたまっている、それに前立腺肥大がみ受けられらます。薬で治療しまた1週間後に来てくださいね。と…。

私も安心して1週間薬を飲ませて様子を見ておりました。
ところが、丁度明日で薬を飲み終わる頃に
ワンコの様態が急変しました。おしっこに連れて行こうとダッコした瞬間に、「ギャン!!」と今まで聞いたことがないうめき声をあげ、その場に倒れ込みました。
私は直ぐにただ事ではないな。と思い
やはりヘルニアが悪化し、歩けないくら位痛みがあるんだな。そして直ぐに、病院へ連れて行こうと思いますが、残念ながら土曜日でかかりつけの病院が休み…。

すぐさま他の所を探すと近くに土曜日の午前中のみ見て下さる所をみつけ、藁にもすがる思いでとびこみました。
先生に事情を告げ、今までの経緯、ヘルニアもちのこと。すべてお伝えしました。先生は触診していただき、大丈夫ですよ、神経も麻痺していないですし、痛み止めを打ってまた様子を見てください。とのことでした。ワンコは痛み止めが効き、急に元気になりました。
私も、良かった!ヤッパリ腰が痛くて元気がなかったんだな。と思っていました。安心して家に帰って直ぐのことです…
ゴハンもたいらげワンコは元気にしていると、急に痙攣で倒れ込みました。しかも足をバタバタし、私達は初めての経験で、混乱してしまいました。すぐ様先ほどの病院に連れていき診てもらうと、心臓のエコーをみてもらったんですが異常なし。 一時的な痙攣の可能性もあるので様子を見てください。で、詳しい原因も解らず家に帰ってきました。

どうしょう…。何か悪い病気かも…。そんなことが頭をよぎりました。痛み止めが効いて元気だった面影がワンコから消えていました。グッタリしています…。
でも、ここからが本当に苦しい時間の始りだったんです。先ほどの病院の先生は一時的な痙攣の可能性も。でしたが、ここから2時間おきくらいに痙攣がでてきたのです。もう、どの病院もやっておりません…。愛犬の苦しむ姿、泡を吹きながら痙攣がおきます…。夜中では痙攣の起きる間合いが短くなり、旋回運動も激しくなりました。そんななかようやく月曜日の朝を迎え、開院と同時に先生のところへ…。
もう、私にも普通の状況ではないことは十分理解できました。朝には目が見えていないのもみてとれました…。
先生はてんかんか脳炎でしょうもしくはジステンバーかもしれません。どうしまょう、いつもの病院に行くか、このまま入院しますか?と。
私達は今後も土曜日もやっているこちらにお願いしました。治ると信じて、また障害が残っても必ず帰ってきてくれる!と願っていました。
そして入院から4日目に愛犬は天国へ旅立ってしまったのです。
私は本当にくやみます。一番最初に異変が起きた10日頃に、脳炎と解れば救えたのでは?と考えてしまいます。あんなに苦しまなくてよかったのでは…。
どうか、皆様おしえてください。あの時適切な判断ができており、前立腺肥大やヘルニアのせいではないとわかっていた。そして直ぐに入院や治療をしていれば最悪の状況は免れたのではないでしょうか??
それとも10日の時点でわかっていたとしても結果は変わらなかったんでしょうか?
わかったとしても愛犬は返ってきませんが私が納得いきません。時間が経つにつれ、何故いつもの病院で先生は誤診したのか!?悔しやでいっぱいになっています。
どうか、宜しくお願い致します。

パグ脳炎で愛犬が命を落としました。

今年の1月23日に愛犬のフレンチブルが8歳9ヶ月で永眠いたしました。最期の亡くなり方が余りに見ていられる状況でなく、本当に心が痛みます。

長文ですが失礼致します。

今月の10日頃に父がワンコの様子がおかしい!?と私を呼びました。見に行くとクルクル周りペタッとその場に倒れ込み軽く震えておりました。そしてそこで排泄をしてしまい、あきらかにいつもと違う様子…。

今思えば、これが脳炎による痙攣の始まりだったんだとわかります。
直ぐにかかりつけの...続きを読む

Aベストアンサー

出来るだけ簡潔に書かせて頂きます。

パグ脳炎ですが、一説では100分の1~200分の1の発症率と言われます。
まず診断ですが症状と血液検査を元にパグ脳炎が疑われた後に、(MRI・脳脊髄液検査)これらで総合的に判断することになります。
(MRI・脳脊髄液検査)ですが、検査には麻酔が必用になりますので、検査そのものにリスクが伴います。
MRIでかなり絞り込めますが、診断確定には病理検査が必要になります。
これらからですが【MRIのある動物病院(大学病院・総合病院)ならば、診断できた可能性はある。】

現在のところ治療法は確立されておらず、緩和ケアを目的とした対処療法と、数種の内科療法を施されますが医学的に共通認識となっているような『治療法として確立された方法』は残念ながらありません。
【診断できても治療方法はない】

免疫系の疾病であろうと予測されていますので、免疫抑制治療を施すことが多く、これに対して感受性が良かった固体ならば数年間生存する可能性もあります。
ですが致死率が非常に高く、発症から数日で亡くなるケースが多い病気です。
【診断されていても致死率が高い。また完治ではなく、病気とどれだけの年月付き合っていけるかという予後となる】

予防法もなく、おそらくは遺伝素因があると考えられていますが、血縁と無関係にも発症しています。
ですので現在のところ経験則を元に、繁殖者が『可能な限り発症しないであろうブリーディング』をすることが望ましい対応になります。
【迎えた後に予防する方法がない】

私の知っている限りはこういった病気です。
既にご存じであろう事ですが、整理のために書かせて頂きました。
これらからですが。

>そして直ぐに入院や治療をしていれば最悪の状況は免れたのではないでしょうか??
>それとも10日の時点でわかっていたとしても結果は変わらなかったんでしょうか?

可能性としては、どちらもあると思います。

>時間が経つにつれ、何故いつもの病院で先生は誤診したのか!?悔しやでいっぱいになっています。

心中お察しいたします。
誤診かどうかは私には解りませんが、10日時点の印象を書かせて頂きます。
(全犬種中パグ含めて4犬種ほど)(その中で100~200分の1の発症率)(ヘルニアの持病)(10日の診断時は異常の最中ではないため、主訴を元にした診断)
こういった事から、パグ脳炎を疑う材料が不十分であったかも知れない、という印象はあります。
材料が不十分ということと(MRIを使っても仮診断まで)(MRI使用のリスク)これらから紹介状を書いて他院に向かわせる決定打が乏しかったのかも知れません。

同じ犬飼として『あのとき、もしも』はお気持ちとして本当によく解ります。
獣医さんを庇う気はさらさらありませんが、率直な感想でした。

心よりお悔やみ申し上げます。

出来るだけ簡潔に書かせて頂きます。

パグ脳炎ですが、一説では100分の1~200分の1の発症率と言われます。
まず診断ですが症状と血液検査を元にパグ脳炎が疑われた後に、(MRI・脳脊髄液検査)これらで総合的に判断することになります。
(MRI・脳脊髄液検査)ですが、検査には麻酔が必用になりますので、検査そのものにリスクが伴います。
MRIでかなり絞り込めますが、診断確定には病理検査が必要になります。
これらからですが【MRIのある動物病院(大学病院・総合病院)ならば、診断でき...続きを読む

Q前夜まで元気だった犬が翌朝急死

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持って9時からの動物病院に連れていき、症状を話しましたが、呼ばれたのは9時半過ぎ。
それまでの間にどんどんぐったりしていき、先生に見せると「消耗しきってるな。もうダメかもしれない」。
そしてほどなく息を引き取りました。

先生に「田んぼか畑に行かなかった?」と聞かれました。
確かに前日19時半頃、車での長い移動中におしっこをさせるため、ちょっと田んぼのまわりを歩かせました。
それを言うと、
「除草剤とか殺鼠剤とかを舐めたり食べたりしたのかもしれない。先日もそういう子が来たから」と先生。
そのまま別の子の診察に行き、実習生さんだけになり、それ以上の質問はできませんでした。

でも、帰ってから除草剤などで検索すると、確かに嘔吐、痙攣などの症状はあるのですが、嘔吐は1回きり、下痢はなく、血便は通常の便の固さでした。

しかも、少し農業に詳しい人に聞いたら、半日も経ってから発症したり、半日後に急死したりするだろうか、とのこと。致死量が体内に入ったなら、もっとすぐ発症してしまうのではないか、というのです。

田んぼの後、外に出したのは1回だけで、22時頃、いつもの散歩コースだけです。元気よく散歩して帰りました。
そして寝る部屋には殺虫剤などの毒物は一切ありません。

長くなってすみませんが、
このような状況、症状から、他に何か考えられることはあるでしょうか。
元気いっぱいだった愛犬の急死、しかも原因不明とあって、現実を受け入れられずに苦しんでいます。

どうか、小さな可能性でも結構ですので、ご意見をお聞かせいただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

コリー系ミックス11歳♂のことです。
長文恐れ入ります。

3日前の朝7時、犬の吐く音で目が覚めました。
見ると、黄色い液体と、白い泡、そこにケチャップ色の血が混じっていて、犬はぐったりしていました。
お水を差し出しても顔を背け、リードを見せても動こうとしません。(普段は飛び起きて散歩に行こうとします)

しばらく様子を見ていましたが、3~5秒に1回ほど、お腹のあたりがビクンと痙攣し、その勢いで排便。見ると、ウンチの最後のほうに血が混じっていました。

吐いたものと血便を持っ...続きを読む

Aベストアンサー

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸種、人家の庭
スコポラミン  チョウセンアサガオ主に園芸種、人家の庭、近年野生化し空き地
アトロピン   同上       同上
オレアンドリン キョウチクトウ  街路樹、空き地、川原
コンバラトキシンスズラン     人家の庭、野原、田畑のあぜ
アドニトキシン フクジュソウ   同上
シクトキシン  ドクゼリ     川原、湖の岸などの水辺
グラヤノトキシンツツジ      街路樹、人家の庭、山林
アニサチン   シキミ      同上
ソラニン    イヌホオズキ   空き地、山林、田畑のあぜ
ジギトキシン  ジギタリス    主に園芸種、人家の庭

すみません。この程度しかお役に立てません。亡くなられたあなたの愛犬にご冥福をお祈りいたします。

愛犬の死、お悔やみ申します。
私は植物毒の一種かと思います。でも、書かれている症状だけでは特定できません。あなたが症状を詳しく見たのなら、次に可能性のある植物毒とそれを含む植物、その植物が生えやすい場所を書きますので、インターネットで毒成分の名前打った後「症状」か「中毒症状」とうって症状を検索し、確かめてください。

毒成分の名   植物名      生息場所
アコニチン   トリカブト    山林のふもと、稀に日当たりのいい野原や畑
コルヒチン   イヌサフラン   主に園芸...続きを読む

Q犬の突然死(長文です)

9年飼っていた愛犬が突然死しました。その日の朝はいつもどうりにドックフードを全部食べ元気も良く、吠えていました。午後2時頃、庭先からへんな息遣いが聞こえたので見てみると横になって痙攣していました。10分程度でおさまり、絶対庭では排泄しない犬ですが便(健康な便)をして普通に戻りました。お腹が苦しかったのだろうと思っていました。夜11時頃ツバメに吠えていました。また、11時30分激しい痙攣を起こし一晩中苦しみ翌朝、動物病院に連れて行き痙攣を止める薬を点滴しましたが激しい痙攣は止まったものの小刻みに動いていました。熱も40度で脱水症状もでていたので点滴を続けました。午後5時30分苦しみの中、他界しました。動物病院の先生は、一言、毒殺でしょうと言っていました。散歩中に農薬、除草剤などを口にした場合、瞳孔は収縮するそうですが、うちの犬は瞳孔が開いていた(劇物を口にした時の症状の様)そうです。血液も採ったのですが、上に浮く透明な液も赤く濁っていた(よう血)というのは体内に入った何かが急激に赤血球が破壊したという事でもあると言っていました。ただ、その日は、散歩には出ていません。、ここのところツバメに吠えていたので近所迷惑かと気にはしていました。庭先は門はなく誰でも出入りは出来ますが茶の間の前に犬小屋があるので人は滅多に入って来ません。新興地では無いのでご近所との付き合いも密ですが、塀の横はかなり古い貸家が隣接していて、単身者が多く入居者は度々かわるので、どんな人が入居しているか分かりません。近所の人を疑いたくありませんが、毒物以外考えられないと言われると・・。今日、ここに質問したのは毒物以外の死因は考えられないかと思い、専門家の方や経験者の方の考えをどんな小さな事でも良いので聞かせてもらえたらなと思い投稿しました。突然の痙攣以外に嘔吐、吐血、泡ふきはありません。

9年飼っていた愛犬が突然死しました。その日の朝はいつもどうりにドックフードを全部食べ元気も良く、吠えていました。午後2時頃、庭先からへんな息遣いが聞こえたので見てみると横になって痙攣していました。10分程度でおさまり、絶対庭では排泄しない犬ですが便(健康な便)をして普通に戻りました。お腹が苦しかったのだろうと思っていました。夜11時頃ツバメに吠えていました。また、11時30分激しい痙攣を起こし一晩中苦しみ翌朝、動物病院に連れて行き痙攣を止める薬を点滴しましたが激しい痙攣は止まったもの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、初めまして。
突然に愛犬を失った悲しみと、
その原因がハッキリと判らない為のお気持ち、お察し致します。

実は私も先月、愛犬を突然死により亡くした者です。
2年に満たない年齢のミニチュアダックスでした。
深夜に鳴き声に気付き、起き出してみると
そこには全身を痙攣させたまま倒れている愛犬の姿がありました。
同じように吐血や嘔吐などはありませんでした。
病院へ連れて行き、痙攣を抑える為の注射やステロイドを打ちました。
やはり40度以上の高熱を出しており、身体を冷やしながらの手当てでした。
注射のかいもなく痙攣は治まらず、結局そのまま、他界してしまいました。
私が気付いてからたった2時間あまりの出来事、突然死でした。

病院長の見解や、私なりに原因を調べた結果、
原因は「急性脳炎」に落ち着けることにしました。
症状が全身性や部分性の痙攣の場合、まず初めに思いつくのは「てんかん」かと思います。
私も最初はそうかと思いました。
しかし痙攣が長く続き治まらない様子を見て、これは発作の類ではなく、脳自体にもっと悪質な何かが起こっていると察しました。
しかしながら「脳炎」の場合、例えばパルボウイルスはここ一帯では考えられず、従って、では脳炎自体を引き起こした原因が不明です。
そこで病院長に「ここ数年、このように突然死する犬のケース」を聞いてみたところ、「去年も同じような症状で運ばれ急死した犬がいた」とのことでした。
また、ある種の犬には、「痙攣を起こし短時間で突然死する」という「パグ脳炎(特にパグに多いことから名づけられている)」があることが判りました。
ただしこのパグ脳炎も、それではどうして犬種によってこういった急性の脳炎が起こるのかは解明されていないようです。

また、全身痙攣が起こった場合、一番に心配することは心機能の低下です。
てんかん発作のような5~10分程度の短時間であれば別ですが、
長時間の痙攣となるとそれに耐え得る力があるかを一番に考える、と病院長は言っていました。
9歳を超える年齢ですとその辺りにも影響が起こってしまった可能性も考えられるのではないでしょうか。

また、上記をふまえ、ここから先の話は科学的根拠のない病院長と私との会話ですが、
最近の過熱したペットブームの中で、人工交配を重ねた結果の一端なのではないか、とも思いました。
素人まがいのブリーダーも増え、それを知った上で商売として引き取るペットショップも多いと聞きます。
血統書はあってもそれが何かの価値を持つことは少ないのが現実です。

例え今回のことが遺伝子レベルの話で、つまり起こるべくして起きたことであったとしても、
そしてこの事実をブリーダーに伝え、過去にこの血統で同じような事例がなかったかを尋ねたとしても、
知らぬ存ぜぬで終わってしまうことでしょう。
そして勿論、亡くしてしまった愛犬の死の本当の理由も、もう解ることができないのが現実です。

akai_kituneさんのお気持ち、どうして突然死なのか、理由は何だと言うのか、どうしてなのか。
痛いほど理解できるつもりです・・・。
犬種や年齢に違いがあるかと思いますのでたいした参考にはならないかもしれませんが、偶然akai_kituneさんの投稿をお見かけしたのも何かの縁かと思い、書かせて戴きました。

ワンちゃんは、akai_kituneさんと一緒に過ごした9年間、とても幸せだったと思いますよ。
ですからakai_kituneさんもどうかお気を落とさずに、可愛い思い出を大切になさってくださいね。
きっと迷わずに天国へ行き、駆け回っていることでしょう。
私の愛犬と仲良くして戴いて、一緒に遊んでいるかもしれません(笑)

乱文・長文、失礼致しました。

こんにちは、初めまして。
突然に愛犬を失った悲しみと、
その原因がハッキリと判らない為のお気持ち、お察し致します。

実は私も先月、愛犬を突然死により亡くした者です。
2年に満たない年齢のミニチュアダックスでした。
深夜に鳴き声に気付き、起き出してみると
そこには全身を痙攣させたまま倒れている愛犬の姿がありました。
同じように吐血や嘔吐などはありませんでした。
病院へ連れて行き、痙攣を抑える為の注射やステロイドを打ちました。
やはり40度以上の高熱を出しており、身体を冷や...続きを読む

Q飼い犬がステロイドの副作用で・・・(長文です)

 実家で飼っている8歳の犬のことで質問させて頂きます。その犬が皮膚病で昨年から現在まで1年間毎日ステロイドを飲んでいました。
ステロイドを飲んでいたというのは昨日病院に連れて行って分かったのですが、そのステロイドの副作用でALPの数値がかなり上がってしまっていると言われたそうです。(確か1637と言っていました)病院は母が連れて行くので詳しい事は分かりません。

 その為、病院では今後の治療方針の検討をしていく必要があると言われ、このままステロイドを飲み続けるわけにはいけないから20日毎に検査をして様子をみていく。
餌を変える。と言われたそうです。餌の名前のスキンサポートです。

 私の知識ではステロイドは急に止めると症状が一気に悪化しそれを乗り越えないと症状は治まらない。という事くらいしか分かりません。
教えて頂きたい事は
・ALPとは何の数値なのか。
・ステロイドを止めてどの位で症状が治まるのか。
・その期間症状を和らげてあげる事は出来ないか。
・もしステロイドを止めない場合どうなってしまうのか。
・ステロイドを徐徐に止めるにはどの位の頻度であげるのがいいのか。
・スキンサポートという餌は問題がないのか。
という事です。

 現在犬の症状はお腹に湿疹が出来、毛もだいぶ薄くなってしまいお腹・足はピンク色の皮膚が見えてしまっています。
やはり痒いらしく掻き毟ってしまっています。

アドバイスお願いします。
申し訳ありませんが、お礼が遅れてしまうことがありますがご了承下さい。

 実家で飼っている8歳の犬のことで質問させて頂きます。その犬が皮膚病で昨年から現在まで1年間毎日ステロイドを飲んでいました。
ステロイドを飲んでいたというのは昨日病院に連れて行って分かったのですが、そのステロイドの副作用でALPの数値がかなり上がってしまっていると言われたそうです。(確か1637と言っていました)病院は母が連れて行くので詳しい事は分かりません。

 その為、病院では今後の治療方針の検討をしていく必要があると言われ、このままステロイドを飲み続けるわけにはいけ...続きを読む

Aベストアンサー

ALPは、アルカリフォスターゼという酵素の一種ですが、この数値が上昇した場合に疑う病気のひとつにクッシング症候群があるそうです。
実は私の犬は体質的にステロイドに過剰に反応を見せていたのですが、いつもはステロイドの服用を中止すると2-3日で反応がおさまるのに、1週間以上たっても副反応(多飲多尿)があったことがありました。
それが1ヶ月経過後も多飲多尿が見られましたので血液検査をしたらALP値がまだ高いままでした。
私の犬の場合、ステロイドを体内から排出された後もALP値が高かったので、副腎皮質ホルモンが体内で作られたものだということがわかったものの、多飲多尿の原因がクッシングと断定できる症状がないことで現在も経過観察中です。

ですからご実家のワンちゃんの場合も、まず体内に残ってるステロイドを排出させてしまってから、ALP値の上昇がステロイドの過剰投与によるものか、それとも体内から過剰な分泌があったのかを調べようとしてるのではないでしょうか?
それにしても今頃?という感がありますが、ALP値の上昇がいつからなのか気になりますね。

ご実家のワンちゃんの場合、アレルギーでステロイドを多用されていたということですし、もしかしたら副腎皮質ホルモンが体内でほとんど作られていない可能性があるかもしれませんね。(アジソン病)
その場合の治療はステロイドを使用すると聞いていますので、上手に使うことで皮膚病もアジソン病にも対処できると思うのですが、私もこの獣医さんには不信感を覚えました。

参考URL中に「クッシング症候群が疑われたら様々な検査が必要となる」と書かれていますが、私の犬も検査を何度かしていますが、1回数万円と非常に高価です。
そして原因が断定されても治療に使用する薬代が(個人輸入で安く手に入れても)一日数千円と聞いてビックリした記憶があります。

ご実家のワンちゃんのケースと当てはまらないかもしれませんが、週末で専門家からの書き込みが遅れていることもあり、ご参考まで経験を書かせていただきましたが、私もセカンドオピニオンをお求めになった方がよいように思います。

参考URL:http://www.jbvp.org/petlovers/dog_naibunpitsu.html

ALPは、アルカリフォスターゼという酵素の一種ですが、この数値が上昇した場合に疑う病気のひとつにクッシング症候群があるそうです。
実は私の犬は体質的にステロイドに過剰に反応を見せていたのですが、いつもはステロイドの服用を中止すると2-3日で反応がおさまるのに、1週間以上たっても副反応(多飲多尿)があったことがありました。
それが1ヶ月経過後も多飲多尿が見られましたので血液検査をしたらALP値がまだ高いままでした。
私の犬の場合、ステロイドを体内から排出された後もALP値が高かったので、...続きを読む

Q愛犬がてんかんの発作を。。どうすればいいでしょうか

愛犬がてんかんの発作を。。どうすればいいでしょうか

愛犬(トイプードル、雄2歳)が昨夜から癲癇を起こしています。
足をピンと伸ばしてガクガクする感じで、泡を吹いたりはしていません。
大きな発作は1回で、すぐに救急病院に連れて行き、検査をしてもらっています。

が、病院でも原因が分からないらしく、治療も発作が起きたら発作を抑える薬を投与しているそうです。
(現在も病院に居ます)

うちの愛犬は突然てんかんになった訳ではなく、
1週間程前から元気が無く、獣医の元へ通っていました。
最初は食欲無し、元気もなくなり丸まって震えている感じで嘔吐が2回。
獣医の元で体内の酸を調整する薬(吐き気止め)のような注射を打ってもらい、
翌日の夕方から元気が出て来ました。

その次の日からしきりに耳を気にするようになり、
自分で耳を掻いてはキャン!と鳴いたりしていたので、
また獣医のもとへいきましたが、診断は外耳炎とのこと。

耳を掃除する薬を処方してもらって帰って来ました。


翌日から犬がフラフラするようになり、平衡感覚がおかしくなっていると気づき、
また病院へ。
(かかりつけの病院が休みだったので救急病院へ行きました)

健康診断と体のいろんなところを触って反応を見るチェックをされたあと、
内耳炎による弊害ではないかとの診断。
そこで抗菌剤の注射をしてもらい、
抗菌剤とまた吐き気止めのような薬を処方してもらいました。


その翌日の夜、癲癇の発作を起こしました。
それまでは、ふらふらしていたものの元気はあったのでびっくりしてしまい、
また獣医でもこれらの症状を説明したのですが、癲癇の原因となるものが分かりかねているらしく、現在は点滴をしながら病院にて様子を見るといった感じです。

現在の症状は、軽い発作を起こすこともあるが、安静にしているとのこと。
一人で立つ事はできません。(支えてあげるとなんとか立つ感じです)
目も朦朧としていて、呼びかけると振り向きますが焦点は合ってない感じ。


当方欧州に住んで居り、
言葉の問題(医学的な専門用語)や文化、国民性の違いなどもあるのですが、
心配でたまりません。

何か私にできること、、
似たような症状の犬を見た事(治療したこと)のある方、
何かアドバイスをお願いします。

愛犬がてんかんの発作を。。どうすればいいでしょうか

愛犬(トイプードル、雄2歳)が昨夜から癲癇を起こしています。
足をピンと伸ばしてガクガクする感じで、泡を吹いたりはしていません。
大きな発作は1回で、すぐに救急病院に連れて行き、検査をしてもらっています。

が、病院でも原因が分からないらしく、治療も発作が起きたら発作を抑える薬を投与しているそうです。
(現在も病院に居ます)

うちの愛犬は突然てんかんになった訳ではなく、
1週間程前から元気が無く、獣医の元へ通っていました。
最初...続きを読む

Aベストアンサー

実はうちの犬もてんかんが強く疑われ、気温が高いところにいたり興奮したりすると
おかしな行動(獣医からはてんかん発作の前兆と言われています)をします。

そのためかかりつけの病院で聞いたり、自分で調べたことの範囲でお答えします。
てんかんの原因はよく分かっていないようなのですが、
てんかん発作が起きた場合は、程度は色々でしょうが、一生つきあっていかなければならないようです。

うちの犬の親戚犬は頻繁にてんかん発作をおこしていましたが、
抗てんかん薬を飲むことでほとんど発作は起こらなくなったということですし、
近所のてんかん持ちの犬もはかったように月1回必ず発作をおこすようですが
それ以外はとても元気です。

どちらの犬も発作が落ち着けばまたいつも通りの生活を送れていますし、
いたって元気なので、お宅のわんちゃんも発作が落ち着くまで
処方された薬を飲ませるなどしてそっとしておけば落ち着くのではないかと思います。

ちなみにうちでも発作に備えて、抗痙攣の座薬を動物病院でもらってあります。
座薬は注射と同じくらい効き目が早いそうで、発作が起きたときに
お尻から入れてしばらく押さえているようにと言われました。

心配でしょうが、てんかんは薬でうまくコントロールできることも多いようなので
一度そちらの獣医さんに聞いてみて下さい。

お大事に。

実はうちの犬もてんかんが強く疑われ、気温が高いところにいたり興奮したりすると
おかしな行動(獣医からはてんかん発作の前兆と言われています)をします。

そのためかかりつけの病院で聞いたり、自分で調べたことの範囲でお答えします。
てんかんの原因はよく分かっていないようなのですが、
てんかん発作が起きた場合は、程度は色々でしょうが、一生つきあっていかなければならないようです。

うちの犬の親戚犬は頻繁にてんかん発作をおこしていましたが、
抗てんかん薬を飲むことでほとんど発作は起こらな...続きを読む

Q老犬の前庭疾患、病院へ行かずに様子をみたいですが

あと2ヶ月で13歳になる、シーズーなのですが、一昨日やけに転ぶなと思っていたのですが、関節の痛みの為に定期的に注射に通っていて普段から、足をひきずって歩きにくくしていることも体調によってはあるので、「今日は足が痛いんだな」と思っていました。散歩時も普段から抱っこで移動し、排尿と排便の決まった場所で降ろして排泄させて、また抱っこで連れて帰っていて、また日中もほぼ寝ているので1日のうちで自分で歩く事自体がほとんどないので、少し気になるな・・程度でした。

ですが、昨日、ご飯を食べさせるときに(スプーンで食べさせています)首が傾いているように感じ、「あれ??変やな~」と家族で話していて、ずっと首をかしげているような感じで、振り向いたりするときも何かいつもと違っていて・・「??」という感じで、ご飯もいつもならパクっと食べてくれるのですが、首がいがんでいるので上手く食べさせられないし・・と思っていると、娘が「ママ、目が変!!」というので、見てみると、左右にキョロキョロと早く動いていました。

夜だったので病院は閉まっている時間でしたので、驚いてすぐネットで調べると、前庭疾患で間違いないと思いました。で、その時は私は明日(今日)病院へ連れて行こうと思っていたのですが、昨日夜中もいろいろと前庭疾患を患ったことのあるわんちゃんのことが書いてあるブログなどを見ていると、通院しても特に治療法がないので、ステロイドや注射をする。とか、数日から数週間かけて治っていく。と書かれているブログが多く、病院へ行くのを迷っています。

迷っているのは金銭的なことではなくて、私は車に乗れなくて通院時はいつも自転車です。前のカゴに毛布やタオルケットに包んで乗せて、通院しています。時間は10分ほどですが、前庭疾患はわんこにしてみるとひどい船酔いのような感じだというのを読んで、自転車に揺られて連れて行かれるのは、ただでさえ辛いのにすごく大変な思いを愛犬にさせるのでは・・と心配だからです。

今の症状は、見た感じが首が斜めになっていて、目が左右に揺れています。昨晩気が付いたときと比べると、今は、動きがゆっくりになっています。
食欲は、普段よりはありませんが、食べています。
排尿、排便もあります。
首の傾きと目の揺れ以外では愛犬の様子は、普段と変わらず、いつもの場所でずっと寝ています。

吐いたり、よだれを垂らしたりぐるぐる回る(これは、うちのわんこはあまり立たないのでしないのかもしれませんが)症状がでる場合もあると書いてありましたが、いまのところそういう症状はありません。

このような状況ですが、病院へ行かずに様子をみても大丈夫だと思いますか?
文章だけでは判断ができないと思いますが、体験談などあれば教えていただけるとありがたいです。

もちろん、今の比較的軽度の症状の様子(昨日より目の揺れがゆっくりになっていることや、いつもと変わらず眠ったり、こちらを見たりするときの様子などが普段と変わらないなど)から、症状に変化があれば、別だと考えていますが、質問に書いたような状態で考えると自宅で様子見の方が、体が楽なのではと考えているのですが、どうでしょうか?

意見がいただきたいです。どうぞ宜しくおねがいします。

あと2ヶ月で13歳になる、シーズーなのですが、一昨日やけに転ぶなと思っていたのですが、関節の痛みの為に定期的に注射に通っていて普段から、足をひきずって歩きにくくしていることも体調によってはあるので、「今日は足が痛いんだな」と思っていました。散歩時も普段から抱っこで移動し、排尿と排便の決まった場所で降ろして排泄させて、また抱っこで連れて帰っていて、また日中もほぼ寝ているので1日のうちで自分で歩く事自体がほとんどないので、少し気になるな・・程度でした。

ですが、昨日、ご飯を食べさ...続きを読む

Aベストアンサー

病院に行くべきです。
これは別に『見ていない犬だけに、安全パイで』というような理由ではありません。

>前庭疾患で間違いないと思いました。

行かないという理由が、全てこれが大前提です。
症状からして『たぶんそうじゃないか?』というのならば、私もそうかなと思います。
ですが、やはり診察しないと解りませんよね。
犬の事ばかりじゃ無いにしても、獣医師は少なくとも六年間+αという時間をかけて学んだ専門家です。
ここはやはり専門家に任せるべきだと信じます。

>通院しても特に治療法がないので、ステロイドや注射をする。とか、数日から数週間かけて治っていく。と書かれているブログが多く、病院へ行くのを迷っています。

これも、プログ=その人の犬について書かれたことです。
参考になるでしょうが、参考以上にはすべきでないと思います。
また治療方針の相談と決定というのも、獣医師と飼い主さんにとって重要な事項です。
プログに書いてた、というのも医療の素人にとっては限られた情報のひとつです。
愛犬の様子を心配して情報を集めるというのは、至極尤もな話ですし、これを理解しない獣医師は、心を理解しない獣医師だとも思います。
少なくとも、人間の医者で患者が情報を集めることを否定する人は昨今極めて少数派ですし、逆に「何か疑問点があったらどんどん聞いて下さい」というのが医者に求められている資質のひとつです。
恥でも何でもありませんから、相談してはいかがでしょうか。

>自転車に揺られて連れて行かれるのは、ただでさえ辛いのにすごく大変な思いを愛犬にさせるのでは・・と心配だからです。

NO1に書かれているjijinohanasiさんの仰る通り、タクシーを依頼するのは手だと思います。
タクシーに予約を入れる時に予め事情を説明して、確認すれば良いのでは無いでしょうか。
もしもタクシー会社が犬の同乗を快く思わないならばですが、お住まい地域で(ペット保育所・訓練所・トリミング)こういったペット業者で送迎をされている所に事象を話してみるのも手だと思います。
もっと簡単な方法ですと、獣医さんの往診依頼ですね。
されていない所も多いですが、昔からされている獣医病院は結構な率で往診をされているように感じます。(往診=この時点で少なくとも犬の移動手段は確保できています)

お大事に。

病院に行くべきです。
これは別に『見ていない犬だけに、安全パイで』というような理由ではありません。

>前庭疾患で間違いないと思いました。

行かないという理由が、全てこれが大前提です。
症状からして『たぶんそうじゃないか?』というのならば、私もそうかなと思います。
ですが、やはり診察しないと解りませんよね。
犬の事ばかりじゃ無いにしても、獣医師は少なくとも六年間+αという時間をかけて学んだ専門家です。
ここはやはり専門家に任せるべきだと信じます。

>通院しても特に治療法がないので、...続きを読む

Q急に半身不随になった原因は?

昨夜(5/8)の9時ごろに愛犬のりん太君(オス8歳)が「ヒャン・ヒャン・ヒャン」と悲鳴をあげました。
それで外に出て様子をうかがうと、両足を引きずりながら必至に立とうとするのですが、両足とも動かないらしく、ただ痛そうになくだけです。
一晩、様子を見て近くの動物病院に連れて行きましたが、先生も原因が不明との事です。ただ予想として神経に障害が出たのでは・・・。完治は難しい。と言われて、神経の治療をしたようです。(注射のみ)
普段、番犬として活躍しているので、人がきたり外部から攻撃されようとしたなら吠えて知らせます。外的要因も考えられません。
夕方の6時ぐらいに普通に散歩していたので、徐々にという訳でもなく兆候も見られませんでした。

これから一生半身不随になって、動く事もままならないのなら、とてもかわいそうです。
手術をすれば治るとか、原因と治療方法が分かれば、対処のしようもあると思うのですが、どうしてやれば良くなるのか、教えてください。

神経系でも早い方が治りが早いと思うので、是非、治療法を教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
我が家で飼っていた犬も似たような症状でした。
うちは椎間板ヘルニアでしたが。
もし椎間板ヘルニアでしたら、

こちらのホームページに詳しく犬の椎間板ヘルニアについて載っています
見てみてください。
http://www.dachshund-dca.org/disk1.htm
いろいろ治療法はあるみたいです。
上記のホームページやこちらを見てください。

http://www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-herunia.html

http://www.p-well.com/health/clinic/
こちらにEメールまたは電話もありますから、相談してみたらどうでしょうか。

http://www11.u-page.so-net.ne.jp/wb3/taikawa/neuro/ivdisk.html
http://www.mlf-aid.com/qa/qadog26q.html
http://www.anihos.com/office/diary/961105.html

病院も紹介してあります。
http://www.mlf-aid.com/kuyama.html
http://www.anihos.com/home.html

関東圏ですが。どちらお住まいかわからないので。
検索すればすぐ出てくると思います。


私事で申し訳ないですが、
我が家の体験談です。

一緒とは限りませんが。
うちの犬の場合、同じようにキャイーンと言ったきり、まったく動けなくなり、
もちろんしっぽも振れなくなりました。
特に何か衝撃を受けたというわけでもなかったのですが。
おしっこのコントロールもできなくなったようで、
常に垂れ流しの状態でした。

その後必死にいろいろ話を聞いてまわり、
当時京都に住んでいたのですが、
いろいろ調べた結果、動物の椎間板ヘルニアの専門医の方に
お会いすることができ、
奈良まで出掛けて、手術をしてもらいました。
もう8年ほど前のことですが、10万くらいかかったと思います。
お医者様はちょっと調べてみないとわからないのですが
わかり次第連絡させていただきます。

お話では、うちの場合は、骨がゆがんで、神経が圧迫されているので、
骨を削って神経の圧迫を解消しない限り症状は治らないと言われました。
その言葉で、うちは手術に踏み切りました。


それから、手術後に、特注の犬用の車椅子というか、歩行器を
を紹介していただき、購入して、歩行訓練を毎日毎日繰り返しました。
また、足のマッサージをすることで、筋肉を鍛えられるというので、
マッサージも毎晩していました。
はじめは全然歩けませんでしたが、訓練しているうちに、筋肉も徐々につき始め、
やがては歩行器がなくとも、前ほどしゃんとした足取りとは行きませんが、
歩けるようになりました。
しっぽもふれるようになったとき、本当にうれしかったです。

それから、我が家の犬は4年ほど生きていました。

もし、同じ病気なら、治ります。
がんばってください。

よくなられることを心よりお祈り申し上げております。

こんにちは。
我が家で飼っていた犬も似たような症状でした。
うちは椎間板ヘルニアでしたが。
もし椎間板ヘルニアでしたら、

こちらのホームページに詳しく犬の椎間板ヘルニアについて載っています
見てみてください。
http://www.dachshund-dca.org/disk1.htm
いろいろ治療法はあるみたいです。
上記のホームページやこちらを見てください。

http://www.p-well.com/health/clinic/dog/dog-herunia.html

http://www.p-well.com/health/clinic/
こちらにEメールまたは電話もありますから、相談...続きを読む

Q水と点滴のみで頑張っている13歳の犬なのですが

ずっと病気と闘って頑張っている私の犬なのですが
心臓や色々な所が悪くなり、しょっちゅう病院へ行き薬を与えていました。
しかし夏のはじまりにもっと調子が悪そうになってしまい、再度色々と検査をしてもらった所
ずっと飲んで来た薬の影響で今度は肝臓が悪くなり肺にも水がたまっているそうです。。
目は黄疸し、「もう手の施しようがありません」と言われてしまいました。
もう食べ物は口にせず、立たせても数秒で倒れてしまうような状況です。
一人暮らしの上車もありませんので抱きかかえて午前中歩いて10分程の病院に点滴をさせに行き、
夕方に迎えに行っている毎日なのですが 重くて重くてどうしても何度も抱え直したりしてしまい、今は頭も自分で支えられませんのでグラグラとしてしまいますし
暑さもあり、点滴の為の移動のせいで余計に苦しそうになってしまいます。
点滴をさせてはいるけれど負担をかけてしまっていて毎日毎日苦しそうなこの子をどうしたらいいのか..
点滴に行くのをやめて毎日涼しいこの部屋で寝かせていてあげようかとも思ったけれど
点滴をやめる事はこの子の死期を早めるのかもしれないし とはいえ回復の見込みはなく、頭が混乱してしまいます。
皆さんに何を答えて欲しくて今 この文章をかいているのかもよくわかってないのですが
何かご意見やお言葉をいただけると嬉しいです。
まとまりなく乱雑分ですみません。

ずっと病気と闘って頑張っている私の犬なのですが
心臓や色々な所が悪くなり、しょっちゅう病院へ行き薬を与えていました。
しかし夏のはじまりにもっと調子が悪そうになってしまい、再度色々と検査をしてもらった所
ずっと飲んで来た薬の影響で今度は肝臓が悪くなり肺にも水がたまっているそうです。。
目は黄疸し、「もう手の施しようがありません」と言われてしまいました。
もう食べ物は口にせず、立たせても数秒で倒れてしまうような状況です。
一人暮らしの上車もありませんので抱きかかえて午前中歩...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。投稿の内容を拝見し、とても切ない気持ちになりました。

私は、ちょうど一年前、あなたと同じ状況でした。
7歳の愛犬は末期の肺ガンで、毎朝・毎夕点滴を打ちに病院に通いました。
また、痛みを和らげるために注射も打って貰っていました。
一時的に痛みが和らぎ、元気になっているうちはよかったのですが、
本人(愛犬)が通院行為自体苦しそうになった時、家族で話しあいました。
結局、真剣に話し合った結果、通院回数を一日二回から一回に
減らしてもらいました。
その数日後、私の愛犬は7歳の若さで息を引き取りました。

結局は質問者様の気持ち次第かもしれません。
もう手は尽くした。この子を苦しめたくないってお思いでしたら、
延命治療を止めてもいいし、
この子を一日でも長くこの世界にとどめてあげたいとお思いでしたら、
延命治療を続けたらいいと思います。

文章を読んでいて思いましたが、本当に愛犬思いの頑張りやさんだなって
思いました。きっとワンちゃんも、質問者さまに感謝してると思いますよ。
ちなみに、私は愛犬とのお別れが本当に辛かったのですが、
一生懸命看病したことで、少しは悔いが少なかったように感じます。
どうか、質問者様自身が看病疲れで体を壊さないように気をつけてくださいね。

こんにちは。投稿の内容を拝見し、とても切ない気持ちになりました。

私は、ちょうど一年前、あなたと同じ状況でした。
7歳の愛犬は末期の肺ガンで、毎朝・毎夕点滴を打ちに病院に通いました。
また、痛みを和らげるために注射も打って貰っていました。
一時的に痛みが和らぎ、元気になっているうちはよかったのですが、
本人(愛犬)が通院行為自体苦しそうになった時、家族で話しあいました。
結局、真剣に話し合った結果、通院回数を一日二回から一回に
減らしてもらいました。
その数日後、私の愛...続きを読む

Q犬のてんかんの食事

よろしくお願いします。
3歳6ヶ月になるスキッパーキーの雄が
先日、てんかん発作を起こしました。
病院で診てもらい、今の所抗てんかん薬は必要ないだろうとのことで
ひどい発作が起こったときのために座薬をいただき経過観察中です。

我が家はほぼ手作り食なので、主ににんじん、さつまいも、
キャベツ、大根、ブロッコリー、ひじき、ササミ、煮干、
などにごはん、おからを混ぜたおじやにしています。

てんかんにおいて、食べさせない方がいいものはあるでしょうか?
また、砂肝はビタミンを破壊するので、良くないとも聞いたのですが、
いかがでしょうか?
(手作りの砂肝のおやつが大好きなのです。)
よろしくご教示くださいませ。

Aベストアンサー

家の犬もてんかん持ちで、ご飯は手作りです。
てんかんにいいだろうなと思って与えてるものは、
まぐろ(脳の働きをよくする為です)
http://sakaikikaku.com/primeks/sakana/syosai/maguro.html
をあげてます。
EPAやDHAたっぷりの青魚はいいと聞きます。
与えすぎもよくないかもしれませんが。
家は3日に1日魚です。
肉の与えすぎやカルシウム不足もいけないそうですよ。
はっきりはわかりませんが、内臓類はよくないとか聞いたことありますが、1週間に一度内臓類を与えてます。
砂肝与えすぎは良くないかもしれませんね。
それから寒さもよくないかもしれません。
しっかり防寒してお散歩をしたほうがいいと思います。
頻繁に発作を起こしてないようですので、参考にならないかもしれませんが、脳内でのエネルギーが減少しやすい子が多いので、すばやく体内に吸収されてエネルギーとなる糖分をおやつにあげたほうがいいらしいです。
家の場合はさつまいも(笑)

かれこれ1年発作起こしてません。
薬は一度も飲ませてません。
自分で言うのもなんですが、食事療法上手くいってるな~なんて思っちゃってます。

頑張って下さいね♪

長々と失礼しましたm(__)m

家の犬もてんかん持ちで、ご飯は手作りです。
てんかんにいいだろうなと思って与えてるものは、
まぐろ(脳の働きをよくする為です)
http://sakaikikaku.com/primeks/sakana/syosai/maguro.html
をあげてます。
EPAやDHAたっぷりの青魚はいいと聞きます。
与えすぎもよくないかもしれませんが。
家は3日に1日魚です。
肉の与えすぎやカルシウム不足もいけないそうですよ。
はっきりはわかりませんが、内臓類はよくないとか聞いたことありますが、1週間に一度内臓類を与えてます。
砂肝与えすぎ...続きを読む

Q後足に力がはいらない…何をしてあげたらいい?

急に飼っている犬の調子が悪くなりました。13歳、オスのビアデット・コリーです。

昨日から食欲はなかったのですが、毛むくじゃらで暑さに弱いので、夏ばてかなと思っていました(若い時から毎年のことでしたし)。

ところが今日はずっと冷房をかけた部屋に入れているのに、調子が戻りません。食欲も相変わらず…。
いつも行っている獣医さんに電話をしたところ、食事を流動食のようなものにしてみたら、というアドバイスをいただきました。

よく観察していると、後足に力が入らずへっぴり腰になっています。しかもお漏らしまでしてしまいました。雷が鳴っていたりすると、たまにしてしまいますが、天気のいい日にしてしまうなんて、初めてです。

元気が取り柄で、いつもはうるさいくらいなんです。高齢なこともあってとても心配です。

病院には明日にしか連れていけません。
何か今、家でしてあげられることはないでしょうか?
専門家の方、経験者の方、アドバイスを下さい!

Aベストアンサー

取りあえず、今できることは、ケージなどに入れて
歩いたり動いたりしないようにすることだと思います。
明日は病院に連れて行かれるということですので
まずは動かさず、安静にすることだと思います。


人気Q&Aランキング