初心者なんですが、今庭でオクラ、向日葵、にんにくなど家庭菜園で育てています
昔からの家で庭は広いです
毎日葉っぱが食べられて枯れていくため、夜見に行くとナメクジが数匹いました 
スプレー式殺虫剤で退治して、次の日の夕方菜園の周りにスプレーをかけておいたのですが被害がへりません
そこで誘発式?の殺虫剤(小さい錠剤タイプ)をまわりに撒いておきました
そして夜見に行くと30匹くらいの大量のナメクジがいてびっくりしました
結局殺虫剤を潜り抜けて数匹が芽のところまでたどりついていました
なんとかナメクジから守る方法はないでしょうか?
なにか良い知恵がありましたら教えてください、よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「なめくじにげにげ」というものがあるのですが、まったく効きません┐( ̄▽ ̄;)┌



色々やってみたのですが、私のところでは、今のところ一番効果があるのが、コーヒーかな?
ドリップ式コーヒーを毎日数杯飲んでいるのですが、その豆カスを撒いて置くと寄ってこないような気がします。イチゴのナメクジ対策に使っています。
インスタントコーヒーを薄く溶かして撒いても効果があると書いてあったのでやってみたのですが、今のところ良い感じですよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

コーヒー早速まいてみました
調べたらカフェインでナメクジが死ぬみたいですね
しかも、植物にはほとんど害がないとのことで、コーヒーも好きですし本当に良い情報ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/21 22:14

ご質問の中で次の点がよくわからないのですが。



>そこで誘発式?の殺虫剤(小さい錠剤タイプ)をまわりに撒いておきました

これはボタン電池のような形ですか、それとも線香を3~5ミリメートルぐらいに短く切ったような形ですか。
また、まわりというのは菜園の周囲という意味ですか、または根元ということですか。

>結局殺虫剤を潜り抜けて数匹が芽のところまでたどりついていました

とありますが、
下のURLのナメクジ退治剤を根元にパラパラ捲いてください。
ナメクジは周りから入ってくるのではなく、根元の草や枯れ葉、土の中、などに隠れていてときどき出てきて葉を食べます。
ですから菜園の周囲にこれをまいても効果はあまり期待できません。
根元に直接ばらまいてください。
たくさん撒かなくてもパラパラという感じでよいでしょう。

スプレー式殺虫剤は見えているナメクジには効果がありますが、予防という意味ではあまり効果は期待できないとおもいます。
私は家の外壁周りにも撒いています。
去年はユズの苗木の新芽をナメクジにだいぶかじられてしまいましたが、今年はこれを鉢の下やまわり、幹のまわりにばらまいているので被害は全くなく新しい葉がたくさん茂っています。

http://www.rakuten.co.jp/gardening/444820/446463/
http://www.kenko.com/product/item/itm_6904989072 …

線香を1センチメートルぐらいに切ったようなものがたくさん入っています。
私はいつもホームセンターで銘柄にこだわらずに適当に選んで買ってきますが、どれも効果は抜群です。

私はメーカーの関係者ではありませんが、
「効果がなかったらお金を返します。」、「それは使用方法が間違っているからです。」といえるぐらい効きます。

ナメクジが出てくるのはこれから梅雨が明けるころまでが一番多いと思いますが、雨の日ではなく、曇りや天気のいい日に撒いてください。
その後、雨が降ったり水をかけても効果は持続します。
10日か2週間に一回ぐらい少しづつまけばよいでしょう。
菜園の広さにもよりますが、私はひとビンあれば一年では使い切れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

内容不足で申し訳ありませんでした
線香を切った感じのやつです
ひとビンで一年使いきれないということは、そんなにたくさんまかなくてよいんですね?(箱がないのでよくわからなくて)
結構効いてきたのか、ナメクジの数が減ってきました
梅雨が明けるまでが多いとの事なので、これからも根気よく見回って育てて行きます
どうもありがとうございました

お礼日時:2009/05/21 22:22

おおきなカエルを守護神に置いてたら勝手に食べてくれませんかね。

    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナメクジ完全撲滅方法

こにちは。毎年ナメクジが出てきて困っています。
誘殺剤では何匹かは死にますが、完全に除去することが出来ません。
どなたか、いいアイデアをお教え願います。
(庭をすべてコンクリートにする、庭一面に塩をまくなんてのは無理です)
ナメクジを食べてくれるような天敵動物はいないのでしょうか。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは、

最近、ナメクジの駆除に椿油粕を使用する農家が増えています。
椿油粕は、つばき油をしぼったかすです。

椿油粕には、「サポニン」という天然の殺虫成分が含まれています。
このサポニン成分がナメクジを死滅させます。
椿油粕の形状は、ナタネ粕のような感じのものです。
少しですが、肥料成分も含まれています。
天然の殺虫成分なので、安心して使えます。土地にも影響ありません。

使い方は、椿油粕を土地にパラパラまいて、水をまいてください。
速効的に効きます。

もし、ナメクジを見つけたら、椿油粕をかけてみてください。
ナメクジの移動スピードは驚くほど早いですよ、(^_^)

注意点としては、表面がヌルヌルした虫
カタツムリ、ミミズ、ヘビなども死んでしまいます。
また、近くに池があり、成分が流れ込むと、池の中の
魚、貝類はすべて死んでしまいます、ので注意してください。

参考URL:http://www.gardeningshop.co.jp/aburakasulist.html

Qカタツムリ、ナメクジ駆除剤は野菜に影響はないでしょうか?

私は今、家庭菜園やガーデニングを楽しんでいます。
なるべく無農薬にしたいと思っていますので、害虫駆除には四苦八苦しています。今年は、ナメクジやカタツムリが多く発生しキュウリやオクラに付いて困っています。近くのホームセンターで、ペレット状のナメクジ駆除剤「ナメジゴク(レインボウ薬品製)」を購入し使用しましたが、成分が土に溶け作物に吸収されても人体に影響はないのか心配です。オルトランやスミチオンは影響が出ないよう説明書があるのである程度安心できますが・・・、どなたか、よい方法がないか教えて下さい。

Aベストアンサー

ナメクジなどの駆除剤は他の虫には効きません。

ナメクジだけに毒性を持つように出来ています。
ただ他の薬剤同様に絶対に影響が無いとは言い切れません。

少し面倒ですが無農薬をお望みなら
ナメクジやカタツムリは誘引して捕まえるのが良いですね。

日が暮れる少し前にバナナの皮を外皮を上にして地面に置いておきます。
30分もするとたくさん付いていますから割りばしなどで捕まえてビニール袋に入れ捨てます。
夜行性ですから夕方食事に出てきたところを
捕まえる訳です。

バナナで捕まえるほどたくさんは獲れませんが
小さな容器に飲み残しのビールを入れて置くと
入り込んで溺死します。

Qなめくじの駆除~初心者です。

テラコッタに寄せ植えされた花(マーガレット、ネモフィラ、サフィニア)
を購入して育てています。

購入後二週間した頃、大雨でマーガレットが傷んでしまいました。
傷んだ花を摘み、茎や葉っぱも日々伸びてきたので、剪定したりして手入れをしていました。

虫が多く飛んでいたり(毛虫もいたので退治)、葉っぱが食べられていたのでネットで検索して、オルトランを購入し散布して様子をみていました。栄養剤も与えて花数も増え順調だと思っていたのですが今日になって、なめくじが大量?発生していました・・・・。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

花が好きで、やっとガーデニングを始めたのに、次から次へと問題が出てきて早くも挫折してしまいそうです。

ご回答宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

>なめくじの駆除~初心者です。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

      ↓
気持ち悪いし、大切に育てている草花を食い散らすし、本当に憎たらしい奴ですね・・・。
そこで、我が家では花・野菜・多肉植物等の鉢やプランターやコンテナ、畑や庭で、こんな対策対応をしています。
(既に、実施されていると思いますが、ご参考に)


◇確実なのは捕殺:大嫌い・気味が悪いですが、大事な花や実の敵ですから、目をつぶって天誅と心で叫びながら退治!

朝夕の小まめな点検で、見つけたら、速攻で割り箸orピンセットで捕まえてレジ袋に入れ、ゴミ出し時に一緒に捨てます。


◇仕掛け型:じっくりと取り組むと漢方薬のように徐々に少なくなり、やがて見かけなく成ります。
そして気味の悪いナメクジ・大事な花を食い散らす天敵→仕掛けに掛かっていると段々と獲物の掛かっている喜び、!快感に!
その方法とは・・・
夕方に、バナナの皮・メロンの皮・スイカの皮・リンゴの芯・桃の芯等の果実を食べた後に果肉が少しついた状態で鉢やプランターとか草木の株元において置く。

早朝に見回ると、ナメクジ・ヨトウムシ・ダンゴムシ・ヤスデ・蟻が食いついていますから、レジ袋に回収しゴミ出し。
また、果物が少し効果が薄れた頃には、アイスクリームやヨーグルトのカップを仕掛けても効果がありますので、まさかグルメだったり偏食や飽きが来るのではないでしょうが、交互に繰り返すのも良いのではないでしょうか・・・
ビール缶は、人間と違って銘柄・種別を選ばないと思いますが、あんまりナメクジには人気がないように思います。<入っているのは、蟻やヤスデ、ダンゴムシが多い)
姿を見るのが苦手・ダメと仰る向きには、トングのような火バサミがホームセンターにありますので、ゴム手袋とレジ袋と火バサミを用意して、仕掛けごと入れてゴミ出しすれば良いのでは・・・


◇忌避効果:原理は分かりませんが、プランターや鉢に株元周辺に散布すると翌朝には余り見かけません。

ニンニク・唐辛子を入れた竹酢液、無ければ焼酎をナメクジと出没する土壌にに吹き付ける。


◇駆除または退散:園芸店やホームセンターで用途用法を確認して使用。

ナメキールorナメトックスをばら撒いておく。※商品名はメーカーで異なる。
初回は効果的だったようですが、相手は土壌の中からドンドン出て来ますので、まるで地球と戦うような観があります。
根気よく、駆除と予防<日照・風通し・葉っぱや堆肥の清掃で発生させない増やさないのがポイント>



ナメクジさんよサヨウナラ!
大切な草花・野菜を守るのは私の使命、その花や実を楽しめるのは、嫌な仕事(ナメクジ退治)への天からの報酬です。


※参考記事

http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/030.htm

http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html

http://www.iris-saien.com/buz/p02.html

>なめくじの駆除~初心者です。

死骸の処理が苦手なのでナメトールを撒いてみたいと思うのですが効果はどうでしょうか?
また、オルトランや栄養剤を使用している上から、さらにナメトールを使用しても問題はないでしょうか??

      ↓
気持ち悪いし、大切に育てている草花を食い散らすし、本当に憎たらしい奴ですね・・・。
そこで、我が家では花・野菜・多肉植物等の鉢やプランターやコンテナ、畑や庭で、こんな対策対応をしています。
(既に、実施されていると思いますが、ご参考に)


◇確実なの...続きを読む

Q農薬を使わない野菜の害虫駆除方法は?

庭で野菜(サラダ菜)を栽培しています。青虫ならず、小さい黒虫がせっかくの野菜を食い荒らします。農薬以外に害虫駆除方法がありますか?

Aベストアンサー

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫やウリバエにあります。ただし、悪乗りして**菌を添加しても、効果はありません。
http://kame65.seesaa.net/category/4243824-1.html
・不織布を利用し、虫の接触を断ちます。寒冷紗の使用は作物の生育を遅らせるのでお勧めできません。
・鳥よけに使われるキラキラ反射するカラーテ-プと、シルバーのマルチフィルムは、アブラムシ防除に有効です。
・堆肥の施用は播種・移植の1週前とし、完熟の堆肥を使用します。
(2)駆除
・園芸愛好家は「Green Finger」と言われておりますが、これはアブラムシを見つけ次第、指で殺すため赤緑に染まるため付けられた名称です。アブラムシ、青虫、毛虫は殺すか遠くに投げます。これがもっとも有効かもしれません。
http://www.eiga-kawaraban.com/01/01021602.html
・アブラムシは、蟻のサポートがありますので、なかなか撲滅できません。私は牛乳原液をアブラムシに向けて噴霧します。臭いが気になれば、乾いた翌日水をかけます。最近は噴霧式の洗たくノリもありますので、これも使えそうです。

 色々と試みましたが、天敵の利用などは施設園芸での話で、この程度の技術しか利用しておりません。キャベツ、ブロッコリでは無農薬では虫の害で商品にはなりませんし、不織布栽培しても価格競争で負けます。トモロコシでは、アワノメイガの害に毎年悩まされた結果、離れた畑で農薬を2回使います。試しにハーブを作物の中間に植えてみましたが、300坪の畑では、作業が煩雑で中止しました。
結論:(1)時期外れの作物は植えない。(2)土を作り、作物は順調に生育させる。(3)しっかり観察し、病気、虫の害を早く見つける。こんな基礎が大切です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3380698.html

多少規模の大きな家庭農園で、京野菜を有機・無農薬で栽培しております。昔滞在していたイギリスでは、バラ、果樹、野菜の害虫に悩んでおり、彼らはOpen Gardenも楽しみなため、農薬を使わない害虫の忌避、殺虫法に強い関心を寄せております。一方、ケニアでは、良い農薬もあるのにと何の話をするのかと、お茶の話題にもなりませんでした。
(1)忌避
・日本では、「ストチュウ」の散布が普及しております。食酢、木酢、焼酎の希釈液を定期的に噴霧することで、作物生育を促し、同時にいくらかの忌避作用が青虫や...続きを読む

Qなめくじ 土壌改良 家の前の畑

ブロッコリーなど葉物野菜を植えると土の中から青虫とかナメクジとかカタツムリなどが出てきて葉を食べます。
普通は蝶などから守るためにネットをかけるのですが私の場合、土の中から出てきます。

今回は床づくりの際に 苦土石灰を多めにそれからオルトランDX粒剤を混ぜました。

でも長期保護していたマルチをはがすと多くのナメクジやカタツムリが出てきます。
抜本的に土壌改良しなければいけないかと思うのですがいい方法を教えてください

Aベストアンサー

青虫の正体が知りたいならば、写真を取って添付のうえ質問すると確実な回答が得られると思いますよ。

素人さんでも草むしりはできませんか?コツコツやるだけですから。
むしろ害虫退治の方が素人さんには大変なので、植物の生育に必要がなければやはりマルチは外すことをおすすめします。

ご存知かもしれませんが、落ち葉と腐葉土は違います。
土壌改良のために使う腐葉土は、落ち葉を完熟させた黒く細かい状態のものです。
安く売ってる腐葉土で完熟してないモノだとカビが生えたりダンゴムシ、ワラジムシの温床になったりします。コイツらは周辺の植物の葉っぱも食べて穴だらけにします。
もちろん山の落ち葉も積もって数年経った下の方は完熟してますので、それを掘り出してくるのも有りだと思います。

ウチの庭も毎年ナメクジに悩まされてますが、売られている駆除剤、トラップよりも何より夜に見まわって割り箸で捕獲して1匹ずつ退治が一番効果的です。
1~2週間も見回り続ければほとんどいなくなります。
産卵は春と秋2回、1ヶ月ほどで孵化するのでその少し後に対処すれば年々発生数も減りますよ。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Qミニトマトの葉が黄色くなって・・・

ベランダで育てているミニトマトの葉が黄色くなってきてしまいました。
もう終わりなんでしょうか?でもまだトマトは4個くらいしか食べていません。
他のトマトはまだ青いです。
そういう病気もあるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。
元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。
トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。
ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。
今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。
また、カルシウム分が不足すると、
尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。
ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。
枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。カビがでやすいので、取り除くといいですね。

Qいちご苗についたアブラムシ

イチゴの苗を植えています。
先日、葉の裏を見たらアブラムシがび~っしりついていました。
アブラムシにはオルトランが効くと聞いたのですが・・・実がなったら食べたいと思っています。
オルトラン使っても大丈夫なのでしょうか?
できる事なら薬品を使わずに育てたいのですが、何か良い方法はないでしょうか?
どうしても薬品を使わなくてはならない場合、安心して使える薬品はありますか?
ご存知の方、教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、思い出したので再度登場です。

かたくり粉を水で溶いて、はけでアブラムシに塗るのも
窒息させることが出来るので効果的だと思います。
牛乳もはけで塗ったほうが手間になるかと思いますが、
効果が高いです。

後はかなり原始的な方法ですが、ナナホシテントウやナミテントウは
アブラムシが大好物でアブラムシにとっては天敵なので、
見つけてきて、イチゴ苗に放してあげる方法もあります。
テントウムシでもニュジュウホシテントウ(斑点が多いヤツです)は
作物を食べる害虫なので、間違えないようにしてください。

害虫は乾燥して空気の流れが悪いところに発生するので、
鉢で育てているのでしたら、風通しの良いところに移動したほうがいいと思います。
(高温のところも害虫は好みます)

安心で美味しいイチゴが食べられるといいですね。

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報