外国の友人に依頼され、「ポリエステル100%のキモノ」と
「正絹の帯」を購入して欧州へ送りました(まだ運送中です)。
これらにアイロン掛けをしても良いか?と訊かれました。
アイロンをかけて良いのか?、そのやり方は?、教えてくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

正絹の着物でも、変な折り皺ができてしまったり、座り皺などが気になる時はアイロンをあててます。


必ず当て布をして、温度は中温で。スチームアイロンは厳禁。
当て布の上から、様子を見ながらちょっと浮かし気味にゆる~くかけましょう。
ギュウギュウ力を入れて当ててはいけません。生地が伸びます。伸びるだけならいいんですが(良くないけど)、袷の着物など「表地」と「裏地」がある場合、生地の伸び率が違うので、表と裏が釣り合わずパカパカした(いわゆる「袋になる」)状態になります。
どーしても皺が伸びない時は、しつこくかけずに、当て布に軽く霧吹きをしてかけてみてください。(ほんのり霧が当て布に乗る程度で!「濡れている」状態になってはいけません。霧が着物にかからないよう注意)
また、「キセ(縫い目を隠すために折り返してある部分)」の部分が伸びないように注意! 縫い目の所にはアイロンを当てないようにしましょう。
着物はポリとのことですので、あまり神経質になる必要はなさそうですが、帯は正絹ですので、もしもアイロンを当てるなら上記を守られると良いかと。
ただ、金属糸を使用した帯や、刺繍の帯や唐織などの重厚なものはアイロンは避けた方が良いかと思われます。

ほんとは、重めの良い生地で仕立てた着物なら、着用直後は皺があっても、畳んで仕舞っている間に皺が伸びてるものです。私は収納時は座り皺などは気にせず仕舞ってます。次回の着用時に気になるようならアイロンをあてるようにしています。

日本在住なら、手に負えないものは悉皆さんに出すことができますが、海外ですとそうもいきませんね。
以上、自己責任でどうぞ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切に具体的なご説明を頂きましてとても助かりました。
早速に未熟な英訳をしてメールを飛ばしました。
成り行きから、欧州などの友人、知人に楽天、ヤフーなどの
着物販売のサイトを紹介したところ、あちこちから買い物代行を頼まれて軽く引き受けたはいいが、店への交渉や問い合わせも多くなり、ひ~ひ~言っております。外人の彼女達は意外と着物について勉強していまして、着付け、長襦袢、帯揚げ、裄・・・などローマ字表記で通じます。反面、八掛とは?、袷と単をどう使い分けるのか?、など漠然としか知らない私が未熟な英語力で説明するのは骨が折れます。幸い日本にはそういう図解説明のサイトがあるので助かってはいますが。
ご丁寧な説明を頂きまして有難うございました。

お礼日時:2009/05/20 23:20

普通着物や帯にアイロンはかけません


着物の畳み方に従ってきちんと畳んであれば
付いた折り目は布地の張りになりますから
必要なものです。よく年輩の方が、礼儀に沿った行いを
(折り目正しい)と言うのを聞いたことありませんか?
逆にアイロンで折り目を消してしまったら
着付けをした時にとてもだらしのない風情になって
みっともなくなってしまいます

畳み方が悪かったり梱包が悪くて「しわくちゃ」になって
しまったと言うのでしたら化繊ですから低温のアイロンを
かけてもかまいませんが、その場合も畳みながら折り目を
付けるようにアイロンをかけて下さい

帯の場合は正絹ですからアイロンはだめです


畳みしわが気になるのでしたら風通しの良い日陰の
室内でハンガーなどに掛けてぶら下げておけば
しわや防虫剤の臭いは取れます
絹は天然素材で生きていますから、空気に当てるだけで
蘇りますよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速にご丁寧なお答えを頂きまして有難うございました。化繊の着物なら当て布をして低温でかければよいかな?という素人の考えがありました。”折り目”については洋服でも全く同じことですね。欧米、アフリカなど遠い海外へ送る際に畳紙に包み、緩衝&防水包装や当て板をしてダンボール梱包するのですが、海外の運送事情、ハンドリングの問題、送料など諸事情から着物、帯ともに畳紙にいれたまま軽く二つ折りにして箱詰め梱包することがあるために、受け取り人は万一のシワのことを考えたのでしょう(今まで問題はでていないのですが)。私はかつては名を馳せた和服屋の末裔なのですが私自身、まったく別の道を歩んできたので、外国人にこういう質問をされると自信を持って答えられないのは情け無い限りです。”折り目正しい”については中年の私には当然、承知しておりますがご教示頂きまして小学生に戻ったような気分なりました。いろいろ有難うございました。

お礼日時:2009/05/20 11:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q【袋帯】飾り結びのしわを伸ばす方法

初めまして。
結婚式に初めて着物を着るために、式場で着付けを頼みました。そこで二重太鼓のつもりだったのが着付け師に変わり結びを勧められ、余り考えずにお願いしてしまいました。
帰宅し帯をほどいたら。。飾り結びの折りじわが凄いできており、織の模様の糸がしわで寄ってしまい均等ではなくなりました。。
お太鼓にすればよかったと凄く後悔しました(>_<)

このような帯の状態でお太鼓はできるのでしょうか?
飾り結びでの袋帯の結びじわはどのようにしてきれいにできるのでしょうか?アイロンなどしても良いのでしょうか?皆様はどのようにされてますか?とても気に入ってた帯なのでショックでした。。。
無知な自分が悪いのですが、綺麗にする方法はございますか?
知ってらっしゃる方いらしたら教えてくださいm(__)m
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アイロンはやめましょう。
手でやさしくのばしてからたとう紙にしまって、
たんすの下にでも入れて他の着物・帯の重さで圧してあげましょう。
それでよくなると思いますが、
変わり結びは帯を痛める原因になるので、
お気に入りの帯ではやらない方がよいと思います。

Q総絞りの着物って、格が低いのですか?

よろしくお願いいたします。

先日友人の結婚式に『総絞りに職人の手作業による日本刺繍をふんだんにほどこした・・・』着物を着用してゆきました。
この着物は祖母が嫁ぐときに実家につくってもらった着物で、もとは振袖でした。のちに事情があって袖を短く切って訪問着として仕立て直したものです。
とてもものがよく、親族一同の中でも有名な着物で、『そこいらの訪問着よりもよっぽど格上』ということになっており、私は安心してその着物を着ていったのですが、とあるHPで『総絞りは格が低いので、披露宴等には着用してはいけない』とあり、びっくりしています。また、従兄弟は総絞りの見事な振袖を持っており、これも親族の間で有名なお着物です。有名な演歌歌手の方も総絞りの着物で紅白歌合戦に出場されたりしています。そんなこんなで、私の中では、総絞りは友禅などに並ぶ上等の着物だとおもっていたのですが、私の勘違いなのでしょうか?

着物に詳しい方、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
 
と言った訳で、それから礼装正装になるかどうかですが、、。絞りに限らず訪問着、江戸小紋でも、紋の有無などそれはその時と場合によってかわります。
主催者との兼ね合いです。
着物は良くも悪くもまだ決まりを重んじていますので、
それに逆らわないあるいは、決まりを破ろうと言う
覚悟がないと、引けてしまいます。
親族の格からは、(黒留、色留、紋有りの訪問着→)
どうしても外れてしまうのですよね。
自由な服装でという場合はもちろん着てください。
友人(紋付訪問着、訪問着、つけ下げ→)のばあいは
その範囲ですからOKです。

うまく書けませんが、、、少し理解していただけたでしょうか

着物の格については書きませんが、
格の決め方は、値段には関係無い物です。
基本は染めと柄つけと紋の数です。
絞りは大変手が込んでいて、贅沢な物ですが、値段は
高価でも格には反映されないのですね。
裾で染め分けてあるいは、刺繍で訪問着にしてあるものは
訪問着の格です。
袖が長ければその長さで未婚者は格が決まりますので
当然礼装正装になります。

袖が短い場合、絞りは全体柄ですので、小紋と同格なんです。
(1)裾絵羽柄(黒留、色留)
(2)(1)プラス肩衿袖(訪問着)
(3)総柄(小紋)
...続きを読む

Q着物のしわ

実家の母に,振り袖をつめてもらって送ってもらったのですが,
シワがひどいんです!!

10月10日に主人の従姉の結婚式で着ようと思っているのですが,
シワをのばす方法をご存知の方がいらっしゃいましたら,
教えてください!!

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

シワの場所が帯で隠れる部分であれば
そのままでも大丈夫だと思いますが、
袖や裾、胸元、背の部分にあると気になりますよね。

たたみじわがひどかった着物は、
呉服屋さんで、洗い張りしてもらいました。
通常のクリーニングなどより金額も期間もかかりますから、
相談するなら早目がいいかと思います。

シワの程度にもよりますが、
あて布してアイロンでも取れる場合があるようです。
しかし、絞りのような生地だと、
普段どおりにギューっとアイロンをかけると
風合いが変わることがあるようです。
ガンコなシワのときは、霧吹きで
あて布を湿らせてから軽く滑らすようにアイロンすると
いいかもしれません。

お風呂につるすアイデアはいいかもしれないですね。
風呂に限らず、着物は、つるす時間が長すぎると、
裾の辺りにたるみができてしまうので気をつけてくださいね。

とりあえず、一度みなさんのアドバイスを試してみて、
ダメだったら専門店で相談がベストでしょうね。
アイロンの自信がなかったら、
即専門店でもいいと思います。
(私は自信がなかったです(^^;;)

参考URL:http://www.daifukuya.co.jp/oteire.htm

シワの場所が帯で隠れる部分であれば
そのままでも大丈夫だと思いますが、
袖や裾、胸元、背の部分にあると気になりますよね。

たたみじわがひどかった着物は、
呉服屋さんで、洗い張りしてもらいました。
通常のクリーニングなどより金額も期間もかかりますから、
相談するなら早目がいいかと思います。

シワの程度にもよりますが、
あて布してアイロンでも取れる場合があるようです。
しかし、絞りのような生地だと、
普段どおりにギューっとアイロンをかけると
風合いが変わることがあるようで...続きを読む

Q着物を作るときに必要な反物の巾と長さは?

気に入った柄の反物があったので、着物を仕立ててもらおうと思ったのですが、古いもので反物の巾がやや狭く(内巾が35cm弱)、長さも短め(約12m)だということでした。

小柄な方なら大丈夫ということだったのですが、着物初心者のため、自分の着物を作るときに、どのくらいの巾でどのくらいの長さが必要なのかよくわかりません。

ちなみに、身長は約163cmの場合は(以前作った着物は、身丈が約165.5cm、裄は約67.5cmでした)、必要な巾や長さはどのくらいになるでしょうか。また、どうやって必要な巾や長さを計算したらいいのか教えていただけますか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
必要な長さについては、参考URLの034番を見てください。


そこに
(袖丈+1寸5分)×4枚分=両袖分
(身丈+4寸)×4枚分=身頃(身丈は肩山から裾まで)
(身丈-2寸)×2枚分=衿衽

この数式(大した数式じゃないけど)に袖丈と身丈をはめてごらんなさい。
例えば、袖丈が1尺3寸で、身丈が4尺3寸の美しい女性がいたとすると、

(1尺3寸+1寸5分)×4枚分=5尺8寸
(4尺3寸+4寸)×4枚分=1丈8尺8寸
(4尺3寸-2寸)×2枚分=8尺2寸
 合計すると、3丈2尺8寸になりますね。
とあります。


この例では、身丈が162.5センチの場合で約12m40cmですね。
あとは、節約方法など読んで、ご自分で計算ください。

1尺は、37.8センチです。
袖丈は、1尺3寸=49センチは一般的な長さです。

裄丈は、単純に、35×2-両端の縫い代分までですが、
裄は、肩幅+袖幅ですよね。
あなたの裄67.5がどういう内訳かによると思います。
肩33袖34.5とかは無理ですよね。

後ろ幅は、ヒップとの関係があります。また、後ろ幅が狭く、肩幅だけ特に長い着物ができるのか?などわかりません。できての不格好な着物でしょう。

私は、着物を着せるのは専門ですが、和裁については疎いのでこれくらいしかわかりません。

参考URL:http://tabikaratabi.pro.tok2.com/page192.html

こんにちは。
必要な長さについては、参考URLの034番を見てください。


そこに
(袖丈+1寸5分)×4枚分=両袖分
(身丈+4寸)×4枚分=身頃(身丈は肩山から裾まで)
(身丈-2寸)×2枚分=衿衽

この数式(大した数式じゃないけど)に袖丈と身丈をはめてごらんなさい。
例えば、袖丈が1尺3寸で、身丈が4尺3寸の美しい女性がいたとすると、

(1尺3寸+1寸5分)×4枚分=5尺8寸
(4尺3寸+4寸)×4枚分=1丈8尺8寸
(4尺3寸-2寸)×2枚分=8尺2寸
 合計すると、3...続きを読む

Q着物の半襟「うそつき襟」について

着物の半襟で、うそつき襟などの名称ででてる、
襦袢に縫わずにつかえる半襟だけのものがありますが、
あれって、普通の襦袢では使用できないのですか?
やっぱり、このうそつき襟専用といったら変かもしれないですけど、
襟の部分がない襦袢ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

私の認識では、うそつき衿は襦袢が「ついていない」ことに利用価値があると思っています。

なぜなら、普通の襦袢を着るならそれに半襟を縫いつけた方がきれいだからです。
縫い付ける、といっても、何箇所かとめるだけでいいので(私は、着付けが下手なので全部縫い付けますが)通常の半衿のついていない襦袢を着て、うそつき衿をつけて、きれいに見えるように着付ける手間を考えると、うそつき衿をつけるメリットがないように思います。

襦袢なしで半襟は必要、というのは、夏の着物に便利ではないのでしょうか。
つまり、襦袢をつけずに着物スリップ(レースがついている肌襦袢のようなもの)+着物にすると、下着+長襦袢+着物、よりも薄着ができる、というものです。

着物スリップなどの場合、袖が通常の長襦袢の袖ではなく、筒状のそでになってしまいますので、透け感の多い絽や紗、透ける夏紬には不向きかもしれませんが、麻や木綿(浴衣)などの透けない夏物の場合には重宝します。(洗うのもラクです)

したがって、うそつき衿は、夏に、着物の下はなるべく薄着で(透けない、見えない、というのが前提です)、半襟が必要、というときに使うものだと思っていますが、いかがでしょうか。

はじめまして。

私の認識では、うそつき衿は襦袢が「ついていない」ことに利用価値があると思っています。

なぜなら、普通の襦袢を着るならそれに半襟を縫いつけた方がきれいだからです。
縫い付ける、といっても、何箇所かとめるだけでいいので(私は、着付けが下手なので全部縫い付けますが)通常の半衿のついていない襦袢を着て、うそつき衿をつけて、きれいに見えるように着付ける手間を考えると、うそつき衿をつけるメリットがないように思います。

襦袢なしで半襟は必要、というのは、夏の着物に...続きを読む

Q替え袖の素材は何がおすすめですか?

こんにちわ。
毎回毎回皆さんのお知恵を拝借して恐縮です。

色んな袖丈に対応するため、今もっている二部式長襦袢を改造して、替え袖をつけれるようにするつもりです。

で、早速生地屋さんに行ったのですが、何をえらんでいいか困ってしまいました。

1)一体素材は何を選ぶべきなのでしょうか?
木綿?ポリ?はてまたレーヨン?
単の大島紬にあわせるつもりです。

2)袖は単でつくろうと思っているのですが、
単でつくるとプリント地だと裏が白くて、見えたときにみっともないですよね?
これは布選びの時に、裏も模様のあるものを選ぶように気をつけるべきでしょうか?

3)ベージュの着物なのですが、おすすめの色の長襦袢の色はありますか?

ご教授ください><

Aベストアンサー

オークションでお安く落として、チマチマいじってるおばちゃんです。

あくまでも、以下のことは、私の趣味と偏見と、好みですのでご参考までに。
うそつき・お化けが作れるぐらいの「実力」の持ち主なら、オークションで反物を落としても、3500-5000円ぐらいで白の駒絽(正絹)・紋紗・麻が大体買えます。(一応新品ということなら)

白ではつまらないというなら、「材料用」と明記された、絽等でいいとこドリして、お化けをしますが、材料用で1000円以上出すのは高いです。
これは、必ず出物があるとは限らない。

特に、材質には、夏物、単衣にはこだわっていただきたい。
着てみるとわかりますが、天然繊維(絹・麻・綿)は湿気の抜け具合が違うので体が楽です。
手触りは、ポリや、テトロン、レーヨンなどは、うまいことシャリ感などを出してよさそうですが、見ると、着るとは大違いです。
単衣のうそつきは、着用期間も長く(長じゅばんは季節先取りだから)なるので、是非、材質にはこだわってください。

デ、袖の分だけ、いいもので、材料を具体的にどうするかデス。

1)単衣の大島に・・・・「麻・質感」の白・ないしは、ベージュ、クリーム色・薄いブルーなどでいかがでしょうか?
「絽・ローン」だとやや、ソフトすぎる着こなし素材になると、私は思います。
色は、表の色に合わせてください。
デ、材料ですが・・・これ、私は「うらわざ」しました。
あのね、ぼろになった、夏用のシーツ(麻)、元がもらい物ですけ柄もあっていいものだったのだと思うのですが、いいとこどりしてつくりました。
ほめられましたよ、その道の人にもばれません、何とか上布などという
高級品のほうが、くたくたのしわしわで、見た目もちょっとねでしたから。

2)うらの白が見えるお化けのそで。
これは、絶対におかしいです。
とくに、単衣の袖はいわば、涼しさを先取りするのもなので、
袖表に柄があるのに、裏が白いと「厚さ・暑さ」を感じさせるので、
表の柄が透けて見える「質感」が大事。

3)ベージュの着物のお化けの袖の色。
あなたの年齢によると思います。
表に、柄が少ないなら、プリントがあってもかわいいかもしれませんが、そうでないなら、無地に近いもので
淡いオレンジ系、すっきりさせたいならブルーグレーなどもすごく渋いです。
帯締めと色を合わせると、粋ですね。

とりあえず、身の回りにあるもので、練習だとおもって
つくっちゃう。
ちょっと、ごつい感じのガーゼ(すこししゃんとしていて欲しい)だと
ちょっと見には、麻・何とか上布のように見えます。
イメージがわきやすいです。

本物の海島綿はすごく高くて、mで万とします。
柄が着物に合うかどうかわかりません。
ただ、すごくあれは、体が楽です、夏場では信じられないぐらい。
私も一つだけ、ブラウスを持ってますが、「見せる袖」にするには、もったいない素材です、本当に贅沢するなら、「身頃・胴抜きの胴」にすると一番の贅沢。

オークションでお安く落として、チマチマいじってるおばちゃんです。

あくまでも、以下のことは、私の趣味と偏見と、好みですのでご参考までに。
うそつき・お化けが作れるぐらいの「実力」の持ち主なら、オークションで反物を落としても、3500-5000円ぐらいで白の駒絽(正絹)・紋紗・麻が大体買えます。(一応新品ということなら)

白ではつまらないというなら、「材料用」と明記された、絽等でいいとこドリして、お化けをしますが、材料用で1000円以上出すのは高いです。
これは、必ず出物があるとは限らな...続きを読む

Q女優さんのような着物の着付け方って?

基本的な着付けを大手着付け教室で約9ヶ月間習いました。
たまに自分で着るのですが、テレビや雑誌で見るようなカッチリ!シワのないキレイな着付けができません。
和装ブラ、市販の補正下着なども付けているのですが・・・
胸元の固そうな感じを出したいのですが難しいですか?
ちなみに私は、小柄で細身です。
それから、取って付きの枕(いわゆる改良枕)で帯を結んでいるのですが、しばらくするとどうしてもずれ下がってきます。
コツなどがありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。着付けの仕事はしていませんが、和装については長く経験のある者です。
まずですね、生活するための着付けと撮影用の着付けは基本的に違います。
カッチリ、シワのない着付け、では生活できません。
最近の成人式のお嬢さんは振り袖を着ているのは式や写真の時だけで、終われば脱いで二次会等に出席する方が多いようですね。
それは多くの美容院で撮影用着付けを行っているので、苦しくてとても長時間着ていられないからに他ならないと思います。
さらに自分で着物を着る機会はほとんどない方が着付けを担当します。
とにかくシワなく崩れない事ばかりに執着して数え切れないほどの紐でぐるぐる巻きにされてしまう方が少なくないでしょう。

雑誌の撮影ではよくやる裏技としては着物の中に和紙を入れてシワを取り除きます。
その上で撮影時に丹念にシワのできないポーズをつけます。
何人ものスタッフがかかってシワを取る事に躍起になるわけです。
当然シワ一つない美しい写真が撮れます。その一瞬だけの事ですから。
また、舞台やドラマ等の着付けさんとなるとこれまた一般の着付け師さんの技術とは違ってきます。
いかに美しく動きやすく崩れずに着付けるかは着付け師の腕の見せどころ。
一朝一夕に身に付く技術ではありません。
本当にうまい着付けをしたかったら舞台着付けを習うといいでしょう。

つまり見せるための着付けと生活上の着付けは全く異なるのだとご理解ください。
とくに着付け学校の着付け方はきっちりがよいという方向でしょうが、それゆえに開発された改良枕なるもの、これを長年愛用し続ける方を私はあまり知りません。
着慣れるうちに改良枕のお太鼓がいかに不自然かわかってきますし、むしろ手間がかかって敬遠するようになる方がほとんどです。
しかも、やっぱり、ゆるんで下がるでしょう?
正直言っていいことないですよ、改良枕は。まあ、初心者の導入としては取っつきやすいという事でしょうか。
とにかく着物の装着法は一つではなくさまざまな方法がある事を覚えておいてください。
あとは習うより慣れろです。
着続けるうちに最も自分の着やすい方法がわかってきますよ。

ちなみに私も最初は改良枕で覚えました。
しかしすぐにやめて独学で手結びを習得して長年それでやってました。
さらに手結びの煩わしさを取り除くクリップ留めのお太鼓を覚えました。
これが何とも楽できれいで自然なお太鼓になるし帯が傷まないので今はずっとその方法です。
やり方は、帯を二巻きして「手」をまっすぐ下に下ろしたら、その「手」と胴帯を一緒に着物クリップで留めるだけ。
非常に簡単でシンプルなやり方なんですがこれが説明されてるHPやサイトは未だ見つけられません。
言葉では説明しづらいのでどこかにないかと思っているのですがね。

着物巧者はお太鼓の表情ひとつで着こなしが決まります。
座布団をしょったみたいな四角張った改良枕のお太鼓は早めに卒業される方がおすすめです。
そしてシワ一つない着付けではなく「美しいシワ」の出る着付けを心がけてください。

こんにちわ。着付けの仕事はしていませんが、和装については長く経験のある者です。
まずですね、生活するための着付けと撮影用の着付けは基本的に違います。
カッチリ、シワのない着付け、では生活できません。
最近の成人式のお嬢さんは振り袖を着ているのは式や写真の時だけで、終われば脱いで二次会等に出席する方が多いようですね。
それは多くの美容院で撮影用着付けを行っているので、苦しくてとても長時間着ていられないからに他ならないと思います。
さらに自分で着物を着る機会はほとんどない方が...続きを読む

Q紬は年中着れるもの?

最近、着物に興味を持ちはじめたので
用語もあやふやですがよろしくお願いします!

呉服屋さんに行った時のことです。

店員が「大島紬は季節関係なく年中着れます。
その為には袖に胴裏?をつけないで仕立てるのが裏ワザ♪」と
勧めてきたのですが、
仕立てができる知人は「紬を夏に着るのはおかしいのでは?
袖に胴裏?つけないで仕立てるなんてやったことないよ。」でした。

ちなみにその大島紬は後染めのクリーム色、
季節を感じる柄はありませんでした。

今、着方が多様化されてるようですが
皆さんのご意見よろしくお願いします♪

Aベストアンサー

こんばんわ。
まあ皆さんが書かれてる事と重複するような回答になると思いますが。

<店員が「大島紬は季節関係なく年中着れます。
言葉通り解釈するとそれは嘘です。
なぜなら一年中着られる着物という物はないと思ってください。
盛夏(7,8月)は薄物と言って透ける物を着ます。
大島紬の場合も夏大島と呼ばれ、夏専用に織られた物があります。
紬には違いありませんが単衣に仕立ててあっても袷用の大島は盛夏には普通は着ません。

では「年中」を盛夏を除いた時期と解釈すると
10月~5月までを胴裏裾回しをつけた袷仕立て、6月9月を裏なしの単衣仕立てで着るのが本来のところを流用しようというねらいなのでしょう。
しかし胴裏がなくても裾回し(八掛け)をつけてしまえばそれは袷の扱いになり単衣として着るものではありません。
胴抜き仕立てと言うのですが暖房の効いた現代生活や、春先や秋口など暑さを感じる時期のために着やすいように仕立てます。

ですので正直その店員さんのねらいとする所がちょっと私には理解できません。
単衣仕立てにして冬も着てしまう、あるいは袷(胴抜き)だけど単衣の時期にも着てしまう事は承知のうえで着るぶんにはかまわない事です。
けれど厳密には完全に流用はできるものではありません。

後染めのクリーム色という事ですから一般の方が想像する大島紬とちょっと違うタイプのものだと思います。
おそらくどちらかというと春や秋向きの物だからそういうアドバイスが出たのだと想像しています。
いずれにしても「年中着られる」という事にはなりませんのでご承知ください。

こんばんわ。
まあ皆さんが書かれてる事と重複するような回答になると思いますが。

<店員が「大島紬は季節関係なく年中着れます。
言葉通り解釈するとそれは嘘です。
なぜなら一年中着られる着物という物はないと思ってください。
盛夏(7,8月)は薄物と言って透ける物を着ます。
大島紬の場合も夏大島と呼ばれ、夏専用に織られた物があります。
紬には違いありませんが単衣に仕立ててあっても袷用の大島は盛夏には普通は着ません。

では「年中」を盛夏を除いた時期と解釈すると
10月~5月ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報