戦国時代に宮崎県椎葉村を支配していた椎葉三人衆という
豪族の出自について教えて下さい。

A 回答 (1件)

椎葉三人衆


那須弾正    向山城
那須兵部太夫 大川内城
那須左近太夫 小崎城  (那須与一宗高の弟、宗久の子孫という)

那須宗久は平家残党の追討軍に加わり、日向国椎葉村まで赴いたが残党が戦意を喪失していたこともあり見逃した。宗久は椎葉村で平家の姫と結ばれ、子をなしたが本領に帰る事となった。残された村の者は以後、那須姓を称した。
らしい。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q漢詩の読み

  以前に漢字の読みでお願いした事がありますが、先祖(宝暦9年生~天保4年没、松代藩に仕えた武術者、滝澤武太夫)の墓碑に記されている漢詩の読み方が分からないので読んで戴きたくお願いします。
滝澤武太夫から何代目かになる母の100歳を記念して母の年史を作リ、漢詩の読みを載せたく、何方か宜しくお願いします。
 尚、墓碑は松代、明徳寺にあり、高坂弾正、栗林大将等が祀られています。
    柗操山は典厩寺(武田信繁の墓)

 墓碑、正面 「直傳本流居士」

 墓碑、右側面

 銘日

 術業専攻  馳名武門
 身心相得  宜讎宜恩
 淺岳烟起  曲水波飜
 直傳正綂  和之根元
   柗操山僧忍杜多撰


以上

Aベストアンサー

 当方素人です。

 詩ですかね?

 下に「撰」という字はあるのですが、なんかふつうの墓碑銘のような気も。


> 術業専攻  馳名武門

 じゅつぎょうをせんこうし
        (もっぱらおさめ)

 ぶもんのなをはす


> 身心相得  宜讎宜恩

 しんしんあいえて
(みとこころをあいえて)

 ?宜 よろしく、うべ

 ? まさにしゅうまさにおん ?


> 淺岳烟起  曲水波飜

 せんがく けむりたち

 きょくすい はほんす
       (なみひるがえる)


> 直傳正綂  和之根元

 じきでん せいとう

 わのこんげんなり


(2) 小説家的意訳

 剣術のワザを専ら修め、武門としての名を高らしめた

 体と心の両方を鍛え得て、時に讐、時に恩を与えた

 (それはあたかも)

 浅間山に噴煙がたち、曲がりくねった急流に波しぶきがたつような人生であった

 彼が伝えた正統極意は、和の根源である 


※典厩寺は浅間山の近くだったような気がして
f(^^;

Q【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。 戦国時代の

【歴史・戦国時代の日本人口の矛盾】戦国時代の歴史教科書の総人口がおかしいことに気付いた。

戦国時代の日本人口は1000万人くらい。

少なく見積もっても800万人。

で、大名に万石という土地を分け与えて国を管理していた。

そのときに3番目に多くの土地を貰っていたのは九州の大名で86万石。

天皇の朝廷
その時の天下人
でこの3番目の九州の大名

3番目の九州の大名で86万石。

日本で3番目に多くの領地を貰っている大名で最大で86万人しか食べられない。

ということは最低でも800万人国民いたとしたら、大名の数が当時の数と合わない。

本当はもっと総人口は少なかったのでは?

天下人と天皇の朝廷は大名に年貢を納めさせたので大名の万石から譲り受けたわけだからノーカウントとして、残り714万石。

あとの大名は10万石とかですよね。

当時の大名ってそんな数いませんよね?

おかしくないですか?

Aベストアンサー

士農工商のうち、武士以外が米を食っていたとでも?

Q漢字の書物の読みと意味を教えて下さい(再質問)

江戸期の、文化、文政時代に信州松代藩で、下級武士層に無双直伝流の武芸を教えていた、先祖の瀧澤武兵衛(武太夫)が弟子に与えた免状と絵巻物が、仏間から出てきたのですが、免状の文言が読みと意味が分かりません、何方か読み解いて下さい。
宜しくお願いします。

一部誤字脱字を修正しましたが、昔の異字について知識がありませんので、
まだ誤りが有るかも知れません。
一応、現物写真を添付します。


免状
昔日藤原姓勝負

Aベストアンサー

 すみません、突然PCの入力ができなくなってしまい、対処法を模索していました。
 No1の続きから記していきます。
  若し○○○(漢字三字の読みと意味がつかめませんが、誓約違反があればの意味かと推測します)
  神明の冥罰之くらわん(?)何ぞ之を戒めて之を謹むことなからんや(?)敢て玆(これ?)を忽
  (ゆるがせ)にすること勿れ。仍って免状件の如し。
 ご参考にしていただければさいわいです。

Q戦国時代に○人衆などが多かった理由

戦国時代には○人衆とか○人組とかが多いですがそれは何故でしょうか?

利休七哲
賤ヶ岳七本槍
武田二四将
真田十勇士
五大老・五奉行
近習七人
美濃三人衆

等々です

Aベストアンサー

>戦国時代に○人衆などが多かった理由

例えば、私なりには、こんな見方・解釈をしています。<順不同>

◇伝説的な英雄や豪傑では主人公は1人であり、周囲は脇役・引き立て役であり、歴史上で余り触れられず・記憶記録に残らない、それが戦国時代頃からは記憶記録が多くの文献や手紙や日記等に記載され、ライバルや参謀やスタッフについても、人と成りや言動、活動&活躍が取り上げられ記載記録されるようになった。

◇名乗り合い・一騎打ちが中心の時代や戦い方であった。
トップと腹心の参謀が目立つ鎌倉幕府・室町幕府を経て、集団戦法や陣備え、用兵や戦法に強さのバロメーターが変化した。
その為に、ブレーン的な家臣団、軍事と文治の適材適所による統治統制が多く成り、そのグループにリーダーが生まれ、連携する調整役が必要に成った。
活躍や奉公や著名に成る道のりも多様化し、色んな分野や技能・個性によってスターとグループ、集団指導体制やサブリーダーが輩出し、その数え方や集合論、評価基準や傾向分析に数字(人数)の観念や価値観のプライオリティ意識が強まったのでは・・・

つまり、主役とその他大勢[あまり注目されず記録に残らない)の時代から、主役が数人いたり、主役とそれを支えるスタッフ・ブレーンを含む軍団としての組織・総合力が注目されたり明確化して、単なる武勇や知略の人物から人材抜擢・スタッフ養成・適材適所人事等の現代に通じる組織論やリスクマネージメントやマーケティング的な視野視点からの比較・検証・評価される傾向が強まっているのではないでしょうか。

>戦国時代に○人衆などが多かった理由

例えば、私なりには、こんな見方・解釈をしています。<順不同>

◇伝説的な英雄や豪傑では主人公は1人であり、周囲は脇役・引き立て役であり、歴史上で余り触れられず・記憶記録に残らない、それが戦国時代頃からは記憶記録が多くの文献や手紙や日記等に記載され、ライバルや参謀やスタッフについても、人と成りや言動、活動&活躍が取り上げられ記載記録されるようになった。

◇名乗り合い・一騎打ちが中心の時代や戦い方であった。
トップと腹心の参謀が目立つ鎌倉幕府...続きを読む

Q太夫道中は実際に行われていたのですか。

京都の清涼寺や常照寺などで、太夫道中を見学したことがあります。
江戸吉原では最上級の遊女を花魁と呼び
花魁道中が行われていたと聞いたことがあるのですが
大阪や京では最上級の遊女を太夫と呼んでいたようです。
(吉原でもはじめは太夫がいたが、のちに花魁が最上級となったとか)

京都の嶋原などでも実際に太夫道中は行われていたのでしょうか。
それとも単に江戸の花魁道中を真似た観光用のものでしょうか。


http://www50.tok2.com/home/myunclek/tayu.htm

壬生寺で行われた太夫道中の様子です。

Aベストアンサー

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>太夫道中は実際に行われていたのですか。

回答から先に述べますと「行われました」。

まず、京都から。
(1)京都の現在の丹波口駅の近くに「島原」・・・昔は「嶋原」とも書物には出てくる。に「遊郭」の地帯があり、「大門」を構えていました。

(2)豊臣秀吉が、京都の再興をするにあたり、花街を「二条柳馬場」に「柳町」と呼ばれる一角に「遊女屋」などを集めました。

(3)やがて、六条坊門(現:東本願寺の北側)へ移され、「六条三筋町」として栄えました。

(4)さらに、江戸時代に入って、京の街も人口が急増したため、寛永18年(1641)に市街地の西の「朱雀野」へ移転をさせました。

(5)そして、廓の一帯を、正式には「西新屋敷」と呼ばせましたが、この移転は突然の「移転命令」でしたので、ちょうど「島原の乱」が終結した時期でもあり、この慌しさをひねて、通称「島原」と呼ぶようになりました。

(6)島原には、「揚屋(あげや)」と「置屋(おきや)」がありましたが、「揚屋」は、現代で言うと「高級料亭」で、「宿泊施設」はありませんでした。

(7)そこで、お大尽になると、まず「揚屋」に腰をすえ、そこから使いを出し「置屋」の「太夫」を呼び寄せて「高級料亭」での酒食を共にし、太夫に気に入ってもらえれば、「置屋」へ案内をしてもらい夜を共にしました。

(8)この時行われたのが「太夫道中」でした。
しかし、江戸の吉原の「花魁道中」のように10人近くを従えるほどではなく、せいぜい5~6人にお供をさせました。

大坂では。
(1)京に見世を構えていた「扇屋」という「置屋」が寛文年間(1661~)か延宝年間(1673~)頃に、大坂の新町へ移転をしたのが始まりとされています。

(2)この時、その見世の看板遊女であった「夕霧太夫」も一緒に大坂へ移り、大坂では大変有名になった、と、言われています。

(3)現在でも、11月第2日曜日に「清涼寺」で「夕霧供養祭」が行われています。

(4)大坂の新町も、京都を真似て「揚屋」と「置屋」形式でしたので、やはり、「置屋」から「揚屋」までを「太夫道中」を行いました。

(よもやま話)
(1)京都の「輪違屋」という「置屋」は、元禄年間(1688~)の建物で、再建や増改築をされてはいますが、現在でも建物は残っているそうです。現在も「置屋」をしており「花琴太夫」「春日太夫」などを抱えているそうです。ただし、今は「芸妓」さんとしてお座敷に呼ばれての唄や踊りを披露するだけで、昔のような「春を売る商売」はしていません。また、一般公開もされていません。
ただし、現在でも「お大尽」に呼ばれ、それ相応の「金」を出すと、「太夫道中」をしてくれる、とも言われています。

(2)「太夫」の由来は、慶長年間(1596~)に京都の四条河原で六条三筋町の「遊女」が宣伝も兼ねて「女歌舞伎」を催したとき、すぐれた「遊女」に「太夫」という称号?を与えたのが始まりです。

(3)京都、大坂、江戸でも「太夫(江戸では、後に花魁)」は「本名」を名乗らず、通称「源氏名」でよばれました。
この由来は、ずばり「源氏物語」に出てくる多くの女性たちから名前を借りましたので「源氏名」と呼ばれるようになりました。
「小太夫(こだゆう)」とか「薄雲太夫」「如月太夫」「桜木太夫」などなど・・・。

(4)太夫道中は、内八文字で練って歩きますが、「お練り」というのはお坊さんが境内を練って歩くことからきたと言われています。

(5)履物は三枚歯の黒塗りの下駄。「三つ足」と呼び、舞妓さんの「おこぼ(下駄)」より高くて、古くて磨り減っても16センチから17センチくらいあります。

(6)衣装は「頭の飾り」だけで3キロくらい。「三つ足」は片方が2キロあります。それから着物が20キロ。合わせて27キロ位です。

(7)現代では、観光用として、「芸妓」に関係ない市町村などでも「太夫道中」や「花魁道中」を行って客寄せに一役買っているところも多いようです。

なお、「花魁道中」については、次のサイトで、私が回答しています。
ご参考までに・・・。
http://okwave.jp/qa4804840.html

こんにちは。
私は、自称「歴史作家」です。

>>太夫道中は実際に行われていたのですか。

回答から先に述べますと「行われました」。

まず、京都から。
(1)京都の現在の丹波口駅の近くに「島原」・・・昔は「嶋原」とも書物には出てくる。に「遊郭」の地帯があり、「大門」を構えていました。

(2)豊臣秀吉が、京都の再興をするにあたり、花街を「二条柳馬場」に「柳町」と呼ばれる一角に「遊女屋」などを集めました。

(3)やがて、六条坊門(現:東本願寺の北側)へ移され、「六条三筋...続きを読む

Q戦国時代の領地支配

人によって違うとは思いますが、戦国時代の領主たちはどのようにして所領の支配をしたのでしょうか?
問題として出されたのですが、その意味がわからず(元の領主を倒すだけじゃあだめなのか?とかおもってしまいまして・・・)、検索等もしてみたのですがさっぱりわかりません。
友人いわく、分国法やら家臣団がどうとか農民や町人がどうとか言っていたのですが、その説明もよくわからなくて...

「それはこういう意味だ」というのでも、「この人はこういうふうにした」というのでも、「このHPを参考」というのでも、どういうことでも構わないので教えて下さい!

Aベストアンサー

私もはっきりとした物ではありませんが・・・
先ず戦国時代には分国法(家法)というものが有りました。これはその領地の中でのみ通じる法律の事ですね。
また城下町は主に商人(農民・町人)などの人々がいます(勿論他にもいますが)。これの目的は「技術者を集めて町を栄えさせる」事ですね。
私の解釈ですが「その領地の支配者を倒し(法を制定するなどして)政治を行う」という事では?
訳が判らない回答で済みません・・・。

Qテレビ朝日「忠臣蔵」で大石内蔵助は何故「太夫」と呼ばれているの?

タイトルの通りなのですが、何故、太夫と呼ばれているのでしょう。太夫を辞書を引いてもそれらしい意味が載っていません。

Aベストアンサー

大名の家老のことを「大夫(たいふ)」と言います。[参考URL(4)参照]
これが訛って、「たゆう」となったものです。

※遊郭のトップを「太夫(たゆう)」といいますが、これは「大夫」の字も使います。
なので、家老の意味である「大夫(たいふ)」も同じく「たゆう」と読まれるようになったのでしょう。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C2%E7%C9%D7&kind=jn&mode=0&jn.x=31&jn.y=14

Q春秋戦国時代について小説を書きたいと思っているのですが春秋戦国時代につ

春秋戦国時代について小説を書きたいと思っているのですが春秋戦国時代について小説が書けるほど詳しく説明してる本はありませんか 歴史書とか史記の翻訳とかでもいいです

Aベストアンサー

春秋戦国時代について書かれた本は、それほど多くないのですが、次の本はお勧めできますね。

司馬遷(著)/小竹文夫、小竹武夫(共訳)『 史記 』(ちくま学芸文庫)全8巻

参考URL:http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B2%E8%A8%98%E3%80%881%E3%80%89%E6%9C%AC%E7%B4%80-%E3%81%A1%E3%81%8F%E3%81%BE%E5%AD%A6%E8%

Q月岡芳年と幻太夫の逸話について

月岡芳年と幻太夫の逸話を探しています。
様々な資料で芳年と幻太夫とに関係があったこと、また芳年の描いた幻太夫の絵などを見たのですが、
どの資料も「二人の逸話が有名である」といったように締められていて
具体的にどのようなエピソードがあったのか記載されていないものが多くよくわかりません。
(多分昔は本当に有名だったのでしょう…)

もしお詳しい方がいればご教授くだされば幸いです。
また、どちらに出典があるのかも書いていただければ参考に致します。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私も嘗て気になったまま放置していましたので、にわかにnetの範囲で当たりました。
結果は“不明”ですが、以下ご参考まで。

『吉原哀歓』今東光著 で幻太夫の事件に触れています。
下記URLより引用:
「これも語り草であるが、明治十三年の秋、吉原品川楼の名妓と謳われた盛紫花魁が客と心中して郭はもとより東京の人々を仰天させた。盛紫は頗る美人で性格は温厚、客扱いが巧いので当時、吉原随一の花形だったが、客情夫が金につまるは郭の習い、借金で首も廻らぬ窮地に追いつめられると盛紫は自分の為に身誤った男の哀れさに一緒に情死したのだ。盛紫の死は衰退した吉原の最後の燈火だった。...
その幻太夫盛紫の追善供養のため、根津の郭で空前絶後の「花魁道中」を行った。これには藍染町、八重垣町の人通りが通行もならぬ程群集したという。....」
http://www.aurora.dti.ne.jp/~ssaton/bungaku/yosiwara-aika.html

『妖花』杉本章子著 では二代目幻太夫が登場します。
下記URLより引用:
「幻太夫が心中事件でなくなった花魁の源氏名の二代目を名のったのはあまねく知れ渡った名を継いで大きなツキを呼びたかったからである。財閥の総帥と恋仲になる幸運も束の間、男を別の女に奪われた幻太夫は切り落とした小指を香水箱に入れて、男に送り届ける。吉原・根津の遊廓でしたたかに生きた女性を描く。 」
http://www.amazon.co.jp/%E5%A6%96%E8%8A%B1-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%9D%89%E6%9C%AC-%E7%AB%A0%E5%AD%90/dp/4167497050/ref=sr_1_16?ie=UTF8&s=books&qid=1245935041&sr=8-16

月岡芳年がかかわったのは何れでしょうか。
関係者の年代を追えば判明するでしょうか。

上記の二例の事件とかかわりはないようですが、吉原一番の美人花魁であった幻太夫ほどの女性と、月岡芳年はある時期然るべき関係にあった、そこに生じる何かを彼を知る人たちが逸話(一部の資料では悶着とも)と言っている。

二人がどの程度の関係であったか、何があったか?
逸話ならば悪くはない話、悶着ならば関心しない話。
何れにせよ余り名誉な内容ではなさそうですね!
それ以上は分かりません。

私も嘗て気になったまま放置していましたので、にわかにnetの範囲で当たりました。
結果は“不明”ですが、以下ご参考まで。

『吉原哀歓』今東光著 で幻太夫の事件に触れています。
下記URLより引用:
「これも語り草であるが、明治十三年の秋、吉原品川楼の名妓と謳われた盛紫花魁が客と心中して郭はもとより東京の人々を仰天させた。盛紫は頗る美人で性格は温厚、客扱いが巧いので当時、吉原随一の花形だったが、客情夫が金につまるは郭の習い、借金で首も廻らぬ窮地に追いつめられると盛紫は自分の為に...続きを読む

Q新潟県北蒲原郡の金渕村、駒林村の村史

新潟県北蒲原郡金渕村、駒林村の明治とそれ以前の地域の歴史や村の産業や人々の生活について、調べています。ご存知の方、また何を見れば調べることができるか教えてください。

Aベストアンサー

地元の図書館にいけば、郷土資料として調べられるはずです。
近隣の市町村立図書館、県立図書館でも資料はあるかもしれないです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報