講師料契約書(1年間毎月3万円・年度更新あり)は 印紙いくら貼ればよいですか? 教えてください

A 回答 (3件)

この場合、契約書の中身によって【請負】or【継続的取引の基本となる契約書】どちらかになります。



つまり契約書を見ないと分かりません。

要は、月額X契約期間で請負金額が計算できる場合【請負】になります。年度更新条件が書いてあっても、契約以降の分は期間に含みません。

請負金額が計算できない(例:終了日が明記されていなく、契約期間の定めが無い)場合は【継続的取引の基本となる契約書】となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます
わかりやすいご説明で これで解決できそうです
本当にありがとうございました

お礼日時:2009/05/22 09:21

【継続的取引の基本となる契約書】これかもしれないですね。


すみません。お役にたてずに・・・・
専門家ではないので・・・断定しかねます。
すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
いろんな項目があってそれによって印紙金額も違うんですね
勉強になりました
本当にありがとうございました

お礼日時:2009/05/22 09:19

http://www.rakucyaku.com/Koujien/H/H010000/H0100 …
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm
請負に関するものだと、契約金額100満まで200円となって
いましたが、もう一度確認してみてください。

参考URL:http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm

この回答への補足

個人で保育園を回り幼児英語講師をしていますが
【請負】項目でよろしいですか
【継続的取引の基本となる契約書】でなくてよいですか
その辺りの区別が出来なく悩んでいます

よかったらおしえてください

補足日時:2009/05/21 08:05
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書の収入印紙について

お世話になります。

近くセミナーを開催する予定があるのですが、その際講師の方と
交わす契約書が必要です。

契約書には収入印紙が必要なケースもあると聞いたのですが
弊社の場合に収入印紙が必要かどうかの判断がつかずに困っています。

あと、製本テープと契約書の間に押印する際に、作成した側と
確認する側両方が押印するものなのでしょうか?

また、どちらが上に押印し、どちらが下に押印するかなど、
ご存知の方がおられましたら、回答をお願い致します。

Aベストアンサー

講師との契約が
雇用か業務委託・請負かで 異なります
雇用契約ならば 収入印紙は不要ですが、社会保険加入や所得税の源泉徴収が必要になります

業務委託や請負契約ならば 社会保険加入や所得税の源泉徴収は不要ですが、
契約金額によって収入印紙の貼付消印(消印です)が必要です 印紙税額はお調べください

後半の割印は、契約書が複数枚にわたる場合、差し替え等の改竄を防止するために行われます
ですから、どのように捺印しようと、どの印を捺印しようと自由です(パンチやエンボス加工でもかまいません)

印紙の消印や 用紙間の割印の意味を理解していない方も多数います
そしてそのような方は独自の儀礼を強要しがちです

Q売買契約書に関わる印紙について

こんばんは
一定額以上の商品を売買するとき
売買契約書に収入印紙を貼りますが
いくら以上の取引に貼る必要があるのですか?

この契約書は個人、法人に関わらず
収入印紙は貼る必要があるのでしょうか

印次代を節約する為に
売買契約書ではなく
売買同意書とか売買合意書等としても
印紙は必要になるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

>一定額以上の商品を売買するとき売買契約書に収入印紙を貼りますがいくら以上の取引に貼る必要があるのですか?

ご自身でお調べになったとおり、物品の売買においては、取引金額にかかわらず、1回きりの取引であれば、不課税です。平成元年4月1日以降、課税は廃止されております。

なお、この契約書に手付金や代金等の「受領(領収)文言」が書かれていれば、17号文書(金銭等の受取書=領収書のことです)に該当しますが、単に代金の金額や納期、あるいは代金の支払時期が記載されているだけでは、17号文書には該当しません。

いうまでもなく、17号文書とは、「代金として、金〇〇〇円を受領しました。」という文言(受け取り文言)が記載された文書(受取書)のことだからです。

ただし、この契約書が物品の売買契約書であっても、当事者双方が営業者で、かつ物品取引が2回以上予定されているものであれば、「継続的取引の基本となる契約書(ただし、契約期間が3ヶ月以内で、更新に関する定めのないものは除かれます。)」に該当し、この場合は課税(4000円)されます。

>この契約書は個人、法人に関わらず収入印紙は貼る必要があるのでしょうか

この契約書が1回かぎりの物品売買契約書であれば、不課税ですから、個人・法人にかかわらず印紙を貼付する必要はありません。

また、「継続的取引の基本となる契約書」は、営業者間の取引を行うために作成されるものに限られておりますから、個人であれ法人であれ、当事者のどちらか一方が営業者でなければ印紙を貼付する必要はありません。

>印次代を節約する為に売買契約書ではなく売買同意書とか売買合意書等としても印紙は必要になるのでしょうか?

必要です。印紙税は、「○○契約の成立等を証する文書」に課税されるものですから、仮に文書の標題を売買同意書とか売買合意書としていても、その文書に書かれた内容が売買契約の成立等を証明するものになっていれば課税の要件を満たします。

コピーについては、♯4さんの仰るとおりです。

>一定額以上の商品を売買するとき売買契約書に収入印紙を貼りますがいくら以上の取引に貼る必要があるのですか?

ご自身でお調べになったとおり、物品の売買においては、取引金額にかかわらず、1回きりの取引であれば、不課税です。平成元年4月1日以降、課税は廃止されております。

なお、この契約書に手付金や代金等の「受領(領収)文言」が書かれていれば、17号文書(金銭等の受取書=領収書のことです)に該当しますが、単に代金の金額や納期、あるいは代金の支払時期が記載されているだけでは、1...続きを読む

Q個人の方に依頼した講演会の領収書の印紙税について

教えて下さい。

会社で聞かれて、よく分からなくて困っています。

ある講演会があり、個人の方に、講演を依頼したそうです。
謝礼金5万円を支払った場合の領収書には、印紙は必要と
なるのでしょうか?
領収書自体は、依頼した会社側が作成し、講演して下さった方に
サインと印鑑のみ貰っているようです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の職場でもよくあることなのですが、支払い報酬が3万円以上ですと、200円の収入印紙が必要です。相手方に印紙代を負担しろと言うのが失礼に当たるときは本来正しくはないのですが、こちら側で印紙を貼っています。

また、ちょっと気になったのですが、領収書は源泉徴収した金額になっているでしょうか?100万円までの支払い報酬には、10%の源泉徴収がかかるので、現金5万円支払った場合は、領収書は55,555円となっていないと所得税で引っかかっています。そして、年末には講演者に源泉徴収票を送って、講演者の方は確定申告が必要となります。

Q講演料の領収書に印紙

 学会の手伝いをすることになったのですが、以前の資料を見てみると、講師の先生への講演料の領収書で、3万円以上なのに年度によって印紙が貼ってあるのとないのがあるのですが、これはどういうことなのでしょうか?源泉徴収などの手続きは会計事務所に依頼してやってもらっているらしいのですが、当日講演料の領収書をもらう時にこちらがあらかじめ用意しておいた領収書に相手のサインをしてもらうという形をとっています。この場合、印紙を貼るとしたら後日でいいのでしょうか?どうせ領収書はこちらが持っている形になるので、お金を支払い領収書を書いた時点で印紙を貼る必要はありませんか?それとも、印紙も当日用意しておいてその場で貼らないといけないのでしょうか?あと一つ、消費税ってかかるのでしょうか?素人ですみません。ちなみに、医学学会です。

Aベストアンサー

>こちらがあらかじめ用意しておいた領収書…

印紙税の納付義務は、書類を作成したものにあります。
領収証をあらかじめ用意しておくとはいえ、領収証はあくまでも金銭を受け取った者が発行すると考えるのが建前です。
請求額から 200円を引いて支払い、あなたのほうで貼れば問題ありません。
もちろん、領収証に記載する金額は、200円を引く前ですよ。

後日でよいかどうかについては、原則はあくまでも書類の発行と同時です。
ただ、実務としては、税務署に見つけられる前に貼ってあれば問題ありません。

>消費税ってかかるのでしょうか…

課税対象です。
講師が個人であっても、あなたのほうが課税事業者である限り、「課税仕入」として仕分けます。

Q紹介手数料は課税取引?

法人の経理処理について、
業者を紹介して、紹介手数料を受け取ったとき、
これは消費税の課税取引と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

<消費税基本通達5-1-1>
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/05/01.htm
国内において役務の提供があった場合は、課税取引となります。


<消費税基本通達5-5-1>
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/05/05.htm

よって、この場合は業者の紹介(情報の提供)として役務を提供していますの
で、その対価として手数料収入があれば課税取引となります。

また、非課税に関しては基本通達第6章を参照願います。
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/kansetu/syouhi/01.htm
免税は、第7章参照

基本的には、国内で役務(サービス)の提供を行って、対価を得れば消費税
の課税取引となります。

Qソフトウェア使用権許諾契約書に印紙税は課税さるのでしょうか?

いつもお世話になっています。

当社はソフトウェアを開発、販売する仕事をしています。
当社が開発したソフトウェアの使用権をお客様に許諾し、月額使用料を毎月頂戴する場合、この契約書に印紙税は課税されるのでしょうか?
印紙税額の一覧表を見ても、第1号文書から第20号文書までのいずれにも該当しないような気がするのです。

契約条項の要旨は下記の通りです。

・著作権:当社にあります。
・期限:お客様がソフトウェアを受領した日から使用をやめた日まで。
   (何年とか事前に決めない)
・料金:月額50,000円
・保守:バグ(瑕疵)の修正、操作方法の問い合わせ対応はします。

仮に、この内容で課税されないとして、導入時の一時費用(インストールや操作説明会などの費用)を記載していたら第2号文書「請負に関する契約書」になるのでしょうか?

どなたかお詳しい方、ご教授をお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアの使用許諾契約については、その契約内容であれば問題なく印紙税不課税となります。財団法人大蔵財務協会の『問答式実務印紙税』という書名だったかな?これにもそのように載っていたかと思います。
参考URL:
http://f29.aaa.livedoor.jp/~beacon/keiyaku123587954687951647892awerb4587895147drw4gtq8rr/1-2-3.htm

また、操作説明会は仕事の完成を必要としませんから(すなわち準委任契約)、これも印紙不要です。しかし、インストール作業は通常、仕事の完成を必要としますから(すなわち請負契約)、2号文書に当たる可能性があります。

Q単価契約の印紙はいくら?(除雪)

以下のような除雪の契約を結ぶ場合印紙はいくらなのでしょう?

作業料金は夜間2万円/1時間の単価契約とする。(雪が降らなければ、作業料金は0円の可能性もある)
降雪がなくとも、3万円/月の固定費を必ずもらう。

契約期間は12月1日から3月31日(4ヶ月間)とする。

(1)契約金額の記載のないものとして200円でいいのでしょうか?
(2)固定費が12万円あるので200円でしょうか?
(3)3カ月以上の基本契約書として扱われ、4000円なのでしょうか?

以上、回答お願いします。

Aベストアンサー

こちらでいかがでしょうか?
http://encyclopedia.aceplanning.com/15.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報