タイトルのとおりです。
フランス語で彼岸花はなんというか教えてください。
出来れば綴りと読み方も教えてください。

A 回答 (1件)

KannaYue さん はじめまして



ご質問の彼岸花をフランス語で

● fleur de higan(フルール・ドゥ・イガン)

● fleur d'equinoxe(フルール・デキノクッス)
(equinoxeの最初のeにアクサンテギュを)

此方の名前は、小津 安二郎監督の映画の
題名(彼岸花)に利用されております
ただ、この二つ言い方では、花の咲く時期が
分るのみ それより、そのはっとする鮮烈な
朱の花弁乱舞を表現の下記の言い方もある

● fleur de flammeches rouges
  (フルール・ドゥ・フランメッシュ・ルージュ)

学術名は-lycoris radiata herb-となります

詳細は、お手数でしょうが添付サイトでご確認下さい

参考URL:http://www.amaryllidaceae.org/ethno/higanbana.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q*フランス語など「お花」に関するかわいい響きありませんか?*

お花に関する意味でフレンチなかわいい響きの単語はありませんか?
他、フランス語に限らず、日本語でも英語でもいいので
お花に関する、簡単でかわいらしい響きの言葉を探しています。

ちょっと名前を付けるのに参考にさせて頂きたいので、
どうかよろしくお願いします。
(読み方とつづりもお願いします♪)

Aベストアンサー

『花』に関係した言葉を、辞書で引くと、

La fleur 花(フルール)
La Flore 花の女神フローラ(フロール)
floral  花の (フローラル)
fleurette 小さい花(フルーレット)
fleuron  小さい花(フルーロン)
freuriste 花屋(フルーリスト)
fleurage  花(古語)(フルラージュ)
fleurir(e) 開花する、花が咲く(フルーリール)
fleuri(e)  花の咲いた(フルーリ)

発音は、カタカナでは表しずらいですね。

ちょっと気になったのですが、No.4の方。
dans le Jardin (庭の中)
dentdelion(たんぽぽ)これは、英語。フランス語では、pissenlit(ピッサンリ)と言いますが、子供のおねしょの意味もありますので、御注意下さい。

Qフランス語で、純粋、透明なという意味のお店の名前を考えています。

こんにちは。
フランスのデザインを取り入れた透明感あるポップな色合いの
アクセサリーを取り扱うお店の名前を考えています。

フランス語で、

・純粋、透明、きらきら、クリア、すっきりした、
・明るくカラフル、色とりどりの、ポップな

などというような意味を含む響きの言葉が
ありましたら教えていただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず思い浮かぶのが、月並みなんですが、clair [クレール] ですね。
明晰、透明、清らかなイメージ。
あるいは、それを女性形にして、claire [発音は clair と同じ] とか。
名詞化すれば、La Clarte [ラ・クラルテ] (e の上にはアクセント記号と同じものが付きます)。

そうして、これまた月並みですが、lumiere [リュミエール] (初めの e の上には普通のアクセント記号の向きを逆にしたのが付きます)。意味は「光」ですね。
あるいは、「光を発する」というイメージで luminescence [リュミネサ~ンス] なんてのもカッコいいかも。定冠詞もつけると、女性名詞なので、La Luminescence [ラ・リュミネッサ~ンス] なんてなります。
また、あくまでも「光」にこだわると、La Luminariste [ラ・リュミナリスト] とすると、「光を描く(女性)画家」みたいな意味で、キラキラした感じとマッチするかも。

Q外国人の名前の表記について

こんにちは。
既出の質問でしたら、お許し下さい。
今までは何の疑問も持たずにきましたが、ふと、考え始めたらとまらなくなりました。

外国人の名前って、基本的に「名前 苗字」の表記方法ですよね。
それはいいんです。
全てがこの法則に則って表記ですか?
ミドルネームをつける場合もありますよね?
イニシアルで省略する場合もありますよね?

そうすると、例えば
「サミュエル・L・ジャクソン」の「L」はミドルネームですか?
「ジャン・クロード・ヴァン・ダム」はどこまで名前で、どこから苗字ですか?
「A・デロン・エリス・ジュニア」は?何故「A」を省略?
「アダム・アレクシ=モール」はなんでイコール(=)をつける?なんで「・」じゃないの?
「アルベルト・デ・メンドーサ」は「デ」がミドルネーム?(んなばかな)

まあ、国によって表記の違いがあるのかなあ…と漠然と思っているのですが、それにしても表記方法がめちゃくちゃな気がしてしまいました。
日本人は、基本的にみんな「田中 一郎」みたいに決まっているのに…。

ちょっとした疑問ですが、結構気になっています。
詳しい方、解説をお願い致します。

こんにちは。
既出の質問でしたら、お許し下さい。
今までは何の疑問も持たずにきましたが、ふと、考え始めたらとまらなくなりました。

外国人の名前って、基本的に「名前 苗字」の表記方法ですよね。
それはいいんです。
全てがこの法則に則って表記ですか?
ミドルネームをつける場合もありますよね?
イニシアルで省略する場合もありますよね?

そうすると、例えば
「サミュエル・L・ジャクソン」の「L」はミドルネームですか?
「ジャン・クロード・ヴァン・ダム」はどこまで名前で、どこから...続きを読む

Aベストアンサー

No. 6 です。

マイケル・J・フォックスとサミュエル・L・ジャクソン、の見分けは、つかないです。こう見ただけでは、どちらもミドル・イニシャルで、ミドル・ネームの頭文字だろう、としか分かりません。ただ、MJFのミドル・ネームは単にJだけ、つまり、ミドル・ネームが一文字という事だってあり、と言いたかったのです。

>ヴァンは「~の」ではないということですか?
そうですが、だからと言って,ダム家の、とするのは違うと思います。これはあくまでもセットで一つに苗字なのです。しんのすけ、という名前を外国人に「しん」と「すけ」を「の』でつないだ,と説明はしないでしょう。同じ事です。このヴァンは、マクドナルド (MacDonald)、マッカーシー (McCarthy) 等の「マック」、オニール (O'Neill)、オブライエン (O'Brien) 等の「オ」、ジョンソン (Johnson)、ジャクソン (Jackson) 等の「ソン」の様に、他の名前と繋がって別の苗字を形成しています。

>「A・デロン・エリス・ジュニア」の説明は、なかなか難しい話でした。
そうですね,ちょっとややこしかったかも知れません。英語圏、スペイン語圏の人は一般的に名前が二つあります。(他の文化についてはよく知りませんが)アメリカではファースト・ネームとミドル・ネームといいます。そのどちらを使うかは,本人次第です。ジェームス・マシューという名前の人はジェームスと自己紹介しても、マシューと自己紹介してもいいわけです。JMとイニシャルだけにする人もいます。「A・デロン・エリス・ジュニア」の場合は、ファースト・イニシャルとミドル・ネームを使っている訳ですね。ようするに、何でもあり、です。ジュニアは父親と全く同じ名前の人の苗字の後につきます。

>どう勉強したら、こう言う風に「ジャン・クロード・ヴァン・ダム」と「A・デロン・エリス・ジュニア」の差がすぐにわかるようになりますか?
これはもう、時間と言うか、経験です。たくさんの名前を見たり聞いたりしてパターンを覚えていくしかないです。ヴァン・ダム、ヴァン・ダイク、ヴァン・ヘイレン、ヴァン・ゴッホなど、ヴァン・~というパターン。ロバート・ダウニー・Jr、レイ・パーカー・Jrというパターン、等々。

それから、アメリカでも,電話帳や社員リストなど、公式な人名リストは苗字、名前、の順です。

最近アメリカでは夫婦別性の家庭の子供たちが両方の苗字を名乗る事が多くなってきました。この場合は二つの苗字をハイフンで繋げます。Adams-Smith の様に。どんどんややこしくなりますね。

No. 6 です。

マイケル・J・フォックスとサミュエル・L・ジャクソン、の見分けは、つかないです。こう見ただけでは、どちらもミドル・イニシャルで、ミドル・ネームの頭文字だろう、としか分かりません。ただ、MJFのミドル・ネームは単にJだけ、つまり、ミドル・ネームが一文字という事だってあり、と言いたかったのです。

>ヴァンは「~の」ではないということですか?
そうですが、だからと言って,ダム家の、とするのは違うと思います。これはあくまでもセットで一つに苗字なのです。しんのすけ、とい...続きを読む

Qフランス語で「犬」

フランス語で「犬」は「ルシアン」でよいのでしょうか?
それから「子犬」は何と言うのでしょうか。

ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

le chien(ル・シアン)
le は定冠詞。the dog に相当。また「犬というものは~」と言うようなときの総称として。a dog なら un chien(アン・シアン)。
特に雌をいうときは la chienne(ラ・シエンヌ)une chienne(ユヌ・シエンヌ)。
子犬、特に生まれたばかりのものは le / un chiot(ル/アン・シオ)。これは特に性別を区別しない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報