借家の裏の道路を徒歩で歩いていたところ、その道路に面した住人の方にこの道路は隣接した3軒のために作られた私道・生活道路なので通り抜けは遠慮してほしいと言われました。確かに通ってほしくないらしく、道路と借家の土地の間に側溝があるのですが、そこに植木鉢が置いてありました。少し気になり調べたのですが、位置指定道路なら通れるが、本当の私道(敷地内のなかの道路)はダメというところまではわかったのですが、問題の道路が位置指定道路なのか私道なのか分からないのです。絶対にその裏の道を通らないと公道に出られない訳じゃないのですが、前の道より裏の道を通るほうが楽な時もあるのですが、やはり住民の方の指示に従ったほうがいいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

位置指定道路は、各市町村の建築指導課若しくは建築に関係する部署で調べることができます。


位置指定道路は、条件付けで設定も解除もそこの関係権利者によりできます。
つまり、その部分は行政の道路ではなく関係権利者の「特定の土地に関する行政処分」というマドロッコシイ言い方の所有地です。

この扱いには質問者さんのように考えたいところですが、以前の最高裁判例には
「もともと道路として開設されていなかった位置指定道路は自由に通行できるものではない」
とした事例もあるようです。

なので、通行できる場合は、そこの権利者の「好意」によるものと考えおくべきなのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、回答ありがとう御座いました。

お礼日時:2009/06/22 18:00

うろ覚えですが、確か位置指定道路は4m以上の幅があって国が指定したものという条件があったと思います。


まあ、そんな広い私道ってあまり見かけないんで、普通の私道なんでしょうね。

私道は私有地で、そこを通り抜けるというのは他人の家の庭に勝手に入るようなものですからやめておいた方がいいでしょう。住人の方の言い分の方が正しいです。
どうしても通りたいなら、その土地の持ち主と友達になるしかないですね(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

確かに他人の家の庭に勝手に入るのは良くないですね。
ただ、借家の周りの道はそんな感じの道路が多いのでなんだか不安です。

お礼日時:2009/05/21 19:47

たとえば他所のマンションの中を通った方が近い場合もありますね。


マンション内通り抜け禁止など出ているところは通りません。
それと同じことでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

やっぱりそうゆうことなんですかね。
さすがに通り抜け禁止と出ていれば通らないです。普通の道路だったので気にせず使っていたのですが、言われた以上は住民の方に従うことにします。

お礼日時:2009/05/21 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活道路を封鎖しての催し物は違反ではないのか

私の住んでいる町では、五月の連休の三日間町を通っている二本の道路(もちろん普段は普通に使っている生活道路です)を封鎖して植木市が開かれます、この道の両側に業者が簡易の店を出すわけですが、
市も認めているということなので、今まではこの三日間を我慢の日と思い目をつぶって過ごしたり、行きたくもない旅行に出かけたりして過ごしてきましたが、納得いかないので教えて下さい。出店する業者だけの金儲けのためになんで一般住民が犠牲にならなければならないのでしょうか、この道路のある地域は普段は静かな住宅地であり、商業地区ではありません、またこの二本の道路の近くにある他の道路も、駐車禁止なのにこの三日間は無法地帯になり両側が不法駐車の車で溢れかえり危険な状態になりますが警察は取り締まりもしません。
一般住民は生活道路を奪われて、一部の業者の金儲けの犠牲にさせられて腹が立って仕方がありません、一年にたった三日だから我慢しろと言う人もいますが、納得できません、このような場合どこにクレームを言えば取り上げてもらえるのでしょうか教えて下さい。

Aベストアンサー

貴方一人では「なんの意味もありません」
単なる”悪質クレーマー”で終わります。
何をするにも一定の反対者はいますので。
本気でどうにかしたいのなら「同志を集めてください」
この類は数が物を言います。

その上で
道路の封鎖は警察署長の許可が必要なので許可を出した警察署。
(具体的な迷惑例等を統計等出して説明してください。感情論では話になりません)
植木を販売するのを企画した主催団体
などへどうぞ。

Q一般道の道路幅について

一般道の道路幅について
先日、交差点での追突事故があり保険会社から事故状況図の提出を求められたのですが、片側四車線の道路で道路幅を記載するにあたり何処で調べればよいか分からず質問します。
ちなみに届出の警察署の事故捜査係では分からないと言われました。

Aベストアンサー

あくまでも、私の経験ですが
私が事故状況図を書いたときは、道路幅なんて計測しませんでしたよ

googleマップで事故現場を表示して
20mスケールくらいにすれば、かなり詳細な道路図が表示されます
地図上の道路幅と、縮尺を比較すれば大体の幅はわかります
前回の事故のときは、そうやって書きました

事故の状況がわかれば良いので、
実際の道路幅を計測する必要はないんじゃないでしょうか
住宅街の道路ならともかく、片側4車線の道路でそんなことしたら
迷惑だし、命が幾つあっても足りませんよ

Q生活道路は歩行者も通れないの?

借家の裏の道路を徒歩で歩いていたところ、その道路に面した住人の方にこの道路は隣接した3軒のために作られた私道・生活道路なので通り抜けは遠慮してほしいと言われました。確かに通ってほしくないらしく、道路と借家の土地の間に側溝があるのですが、そこに植木鉢が置いてありました。少し気になり調べたのですが、位置指定道路なら通れるが、本当の私道(敷地内のなかの道路)はダメというところまではわかったのですが、問題の道路が位置指定道路なのか私道なのか分からないのです。絶対にその裏の道を通らないと公道に出られない訳じゃないのですが、前の道より裏の道を通るほうが楽な時もあるのですが、やはり住民の方の指示に従ったほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

位置指定道路は、各市町村の建築指導課若しくは建築に関係する部署で調べることができます。
位置指定道路は、条件付けで設定も解除もそこの関係権利者によりできます。
つまり、その部分は行政の道路ではなく関係権利者の「特定の土地に関する行政処分」というマドロッコシイ言い方の所有地です。

この扱いには質問者さんのように考えたいところですが、以前の最高裁判例には
「もともと道路として開設されていなかった位置指定道路は自由に通行できるものではない」
とした事例もあるようです。

なので、通行できる場合は、そこの権利者の「好意」によるものと考えおくべきなのかもしれません。

Q道路法上の道路(認定道路の考え方)について

道路法上の道路について知りたいのですが、 認定道路で道路占用許可が必要な場合というのは、例えば4m認定道路となっていても、実際は両端に建築線があって、その部分に占用する場合はどうなるのか?
セットバックしている持ち主の承諾がいるのか、認定道路として申請が必要なのか?

Aベストアンサー

#1です。追記します。
認定道路内に建築線があるのは、原則論から言えばありえないのですが、まれに、境界確定が出来ず残っていることもありますね。

この場合でも、あくまでも認定道路としての占有許可は必要となります。

Q生活道路に面するセットバックの固定資産税

「〇〇市街づくり条例」に基づき「○○市街づくり構想」及び「〇〇市街づくり協定」が策定されました。
これらに基づき、生活道路に面する建物に、セットバック義務が課されたました。

具体的には、3.8m道路→4.0mの道路へ広げるとともに、両側に0・75×2の後退義務を付け、道警5.5mの空間を確保するようにします。
つまり、今までは生活道路3.8mの道にぴったりくっついて自宅を建てていたものが、今後建て替え時には、(1)0.1mを道路として市に採納され、同時に(2)0.75mのセットバック義務が生じることになります。

(1)0.1mの市への採納はいいのですが、(2)0.75mのセットバック義務について質問です。

市の説明では・・・
「セットバックした0.75mについては、所有者の敷地面積に算入される=所有者が任意で道路として提供しているにすぎない。」というので、

〇市から買い取り価格は支給されない。
〇固定資産税は所有者負担。
〇無断駐車等で事故が起きた場合は所有者責任。
〇あくまで私有地なので、ゴミの管理など(行政サービス)も所有者負担。

ということなのですが、釈然としません。
街づくりのため必要な負担であれば構わないのですが、
完全に無償で土地を提供し(10坪程度の自宅であれば、0.75のセットバックは死活問題でもあります)、なおかつ固定資産税も自己負担、行政サービスや万が一の事故も自己負担というのは納得がいかないそうです。

道路が拡張され、セットバックをするのは致し方ないとしても、せめて固定資産税の免除などはしていただけないものでしょうか?

お詳しい方アドバイスを頂ければ嬉しいです。

「〇〇市街づくり条例」に基づき「○○市街づくり構想」及び「〇〇市街づくり協定」が策定されました。
これらに基づき、生活道路に面する建物に、セットバック義務が課されたました。

具体的には、3.8m道路→4.0mの道路へ広げるとともに、両側に0・75×2の後退義務を付け、道警5.5mの空間を確保するようにします。
つまり、今までは生活道路3.8mの道にぴったりくっついて自宅を建てていたものが、今後建て替え時には、(1)0.1mを道路として市に採納され、同時に(2)0.75mのセットバック義務が生じることになります。

...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは
ネット検索するとこんなページがありました。
状況次第で、申請により非課税になるかもみたいです。
ご参考になれば^^


セットバック部分などは申請により固定資産税などが非課税となる場合があります

https://www.city.omura.nagasaki.jp/info/prev.asp?fol_id=17311

Q位置指定道路

位置指定道路っていう言葉を耳にしましたが
どんな道路でしょうか?

Aベストアンサー

位置指定道路とは、家を建てる場合にその敷地は2m以上道路に接道していなければ家は建てられません。(建築基準法)ですが敷地の周囲に、接道できる道路が存在しない場合もあります。このような場合に、その敷地を宅地として利用するためには基準法にのっとった私道を設ける必要があります。それが位置指定道路(私道)です。この場合、特定行政庁(市町村で建築確認を行っている場合は市町村、そうでない場合は県土整備事務所)で指定します。

Q生活道路の幅について 助けてください

自宅前の道路(市道)は5mあり、横に1mの側溝がありました。
歩道設置の為に1mの側溝を埋めたのですが、実際に工事が始まると(現在工事中)2mの歩道になり、車道が4mしかありません。

大きめの車だと、到底離合が無理そうなんです。
今朝、軽自動車同士が離合してたのですが、ミラーを倒して離合していました。
横の壁が上まであり圧迫感があるのでギリギリまで寄せづらいというのもありますが。
昨日子供を乗せる為に自宅前でちょっと待っていると、後方から来た車が追い越せず子供が乗り終えるまで待っていました。

区に問い合わせたところ、法で定める最低の4mは確保してますからの一点張りです。

自分で調べたところ、
☆市街地区域内の道路:2.5m,2.0m,1.7m,1.3mの幅の車両が通行し得る最低の総幅との規定がありました。
 それをみると、

 2.0mの車両=最低の総幅5.5mが必要
 1.7mの車両=最低の総幅4.9mが必要
 1.3mの車両=最低の総幅4.1mが必要←軽対象だと思うのですが、現在は車両幅が1.48mなのですね。

とありました。それのどれも適応できていません。

1.上記☆の規定を見る場合、普通の生活道路は、どの車両が通れるものを見ればいいのですか?
 普通車が通れる幅となると、総幅4.9mが必要に思うのですが。

2.どんな道路であれ、法で定められている?4mさえ守っていればいいのですか?

ネットで探してみるのですが、殆ど知識がない私にはよくわからないページにばかり飛んでしまって。
もしかしたら、☆で書いてある部分は新しい記事があるのかもしれませんが、見つけることができませんでした。

どうか助けてください。よろしくお願いします。

自宅前の道路(市道)は5mあり、横に1mの側溝がありました。
歩道設置の為に1mの側溝を埋めたのですが、実際に工事が始まると(現在工事中)2mの歩道になり、車道が4mしかありません。

大きめの車だと、到底離合が無理そうなんです。
今朝、軽自動車同士が離合してたのですが、ミラーを倒して離合していました。
横の壁が上まであり圧迫感があるのでギリギリまで寄せづらいというのもありますが。
昨日子供を乗せる為に自宅前でちょっと待っていると、後方から来た車が追い越せず子供が乗り終えるまで待ってい...続きを読む

Aベストアンサー

道路(車道)の幅員は、通行する車両の交通量によって決まります。一日の交通量が500台未満であれば、最低幅員を4mとすることが出来ると、道路構造令により定められています。
☆は車両制限令から求められる幅員なのですが、「市街地区域内極少指定道路」では2.5mの幅の車両が通行しうる最低の道路幅員は4.0mと定められています。
また、歩道を設置する場合は2m以上とすることも、上記の構造令により定められています。
近年の道路行政では歩行者優先であり、生活道路から「通り抜け車両」を追い出すことも目標になっているため、車優先の道路にすることは難しいかもしれません。

Q位置指定道路の通行権利について

私ども共有の位置指定道路の通行権について教えていただきたいのですが、公道と接続している6mの道路を両者で共有しています。この道路を利用して公道から20m奥に高層マンションが建てられます。しかし業者側は位置指定道路を立てに、一方的に工事用の車両を(7トン車)工事をさせろと言ってきました。しかし工事があまりに大掛かりであり長期間にわたるので私どもは通行に反対しております。しかし業者側は弁護士を通じて、工事が遅滞すると莫大な損害賠償が発生すると言ってきました。このまま彼らの言うとおり損害賠償云々が私どもに脅迫観念を生じさせているので、その言葉どうり応じるべきでしょうか、どなたかお知恵を下さいませんでしょうか。

Aベストアンサー

1.位置指定道路は、「道路」という名称が付いていても、実質は「私有地(私道)」です。
 建築基準法42条1項5号で、建物を建築するために、「私有地(私道)」を建築基準法上の道路として認定しているだけであり、国道や公道(県道、市町村道)と同じ通行権はありません。
 私有地であれば通常、他人は立ち入ることができないのです(所有権に基づく妨害排除請求権)。

 ところが、位置指定道路の場合は、私有地であっても、建物建築のための道路として認める代償として、指定された道路部分に建物を建てないことや、物を置かないことが要求され、また、一般人の通行(=歩行)を妨げないことや、救急車両(消防車や救急車)の進入を妨げないことは当然、拒否できないと考えられています。

 最高裁平成9年12月18日判決において、「外部との交通についての代替手段を欠くなどの理由により日常生活上不可欠なものとなった通行に関する利益を有する者」については、「通行妨害行為の排除及び将来の通行妨害行為の禁止を求めることができる」という判決を出しています(下記、参考URLに貼っておきます)。

 しかし、今回のマンション建設業者にとっては、他の代替手段がないわけではなく(=2項道路がある)、また、近隣住民ではないのでこの位置指定道路は、日常生活上不可欠なものというわけでもない。
 とすれば、マンション建設業者が、この位置指定道路を当然のごとく建設車両を通行させる権利はないと考えるのが、最高裁の判決から推論できる妥当な結論だと思います。
 この法律解釈については、弁護士の方が、位置指定道路に関する記事として日経新聞に書いています。←この点については、後述します。
http://sumai.nikkei.co.jp/house/qahouse/etc20040819b1000a7.html

2.当該マンション敷地が、この位置指定道路に面していないのであれば、マンションの建築確認申請を行う際に、この位置指定道路の存在は申請書にいっさい記載されていないはずです。すなわち、この位置指定道路は、当該マンションを建てる上で、建築基準法上、無関係な道路ということになります。

 区役所の建築指導課で、当該マンションの「建築確認申請書」を閲覧して、敷地の接面道路をご確認下さい。おそらく拡幅された「2項道路」が、敷地の接面道路になっているはずです。

※東京都が「建築確認申請書」の閲覧を渋るとは思いませんが、もし、閲覧拒否のような態度を示したら、建築基準法93条の2に「閲覧させなければならない。」と書いてあると強く都職員に迫って下さい。

 この位置指定道路が、当該マンション敷地の接面道路でなければ、マンションの工事車両がこの位置指定道路を通る権利はありません。「大量の工事用の車両を(7トン車)通行させろ」というのは、「私有地を勝手に使わせろ」というのと同じなので、裁判所でも認めないと思います。

3.工事用車両に対する対抗策として、以下の2方法が考えられます。
【方法1】位置指定道路の入り口(=マンション側に)に「車止め(ポール等)」を設置し、歩行者および緊急車両の専用通路にしてしまう方法。
 位置指定道路である以上、歩行者の通行を制限できませんが、位置指定道路に面している宅地の所有者全員の同意(この場合、質問者さんとお向かいさんの2人)があれば、位置指定道路(私有地)の所有権に基づき、工事用車両の通行を認めないと主張することはできると思います。ただし、救急車両の進入まで拒否してはいけません。

 位置指定道路に車止めを設置した場合の、建設会社の対応は、次の2つだと思います。
(1)「通行権確認の仮処分」を東京地裁に求める。東京地裁で、審尋(=審判)が開かれるので、必ず出席して最高裁の判例(下記、参考URLを参照)を手に、「歩行者や緊急車両の通行は認めるが、私有地である位置指定道路に建築基準法上、無関係の工事用車両の進入は認めない」と反論して下さい。裁判所が「私有地(私道)を工事用として無制限に使って良い」という仮処分をするとは思えません。

(2)建設会社が勝手に「車止め(ポール等)」を撤去する。この場合は、被疑者不詳のまま「器物損壊罪(刑法261条)」で警視庁へ告訴することになると思います。相手が手荒なことをしてきたら、警察力に頼る方法がベストです。

【方法2】位置指定道路を一部廃止して、私有地にして完全に通行止めにしてしまう方法。この位置指定道路は、建築基準法上、質問者さんたち2軒しか必要ないので、東京都に対して「位置指定道路の一部廃止」を申請します。

 廃止部分は、マンション側の数m部分でいいと思います(法律上、廃止するだけであり、現状の工事まではしません。ただし、分筆登記はして、地目も「宅地」にします。固定資産税は来年から課税されます)。

 名実ともに、位置指定道路でなければ、廃止した部分は私道ではなく、「宅地」なので、他人は絶対通ることができません(歩行者が通り抜けるのを、所有者が黙認するのはよい)。

4.さて、結論として、今回のケースでは、建設会社の工事車両がこの位置指定道路を通る権利は全くないと思います。

 しかし、相手は建設会社であり、弁護士も付いているようです。念のため、また、建設会社が手荒なことをしないため、ここに書いた内容を弁護士に聞かれて、裏付けを取っていただきたいのです。工事が進めば、既得権が発生するので、対応は早いほうがいいです。

 日本経済新聞社の「NIKKEI NET」に、「位置指定道路の通行」について弁護士が回答されている記事があります(下記参照)。
http://sumai.nikkei.co.jp/house/qahouse/etc20040819b1000a7.html
 この弁護士に、今回のケースについて法律相談(有料です)をされることをお薦めします。同姓同名でなければ、おそらく東京弁護士会(下記参照)に所属されています。
http://www.toben.or.jp/
 弁護士は飛び込みの依頼を嫌う傾向がありますが、「日経新聞の記事を見て、位置指定道路の法律相談を受けたい」とご予約されれば、会ってくれると思います(予約の際に法律相談料もお聞き下さい)。

5.弁護士に会うときの必要資料として、以下のものをご用意されるといいと思います。
○位置指定道路の登記簿謄本(=登記事項証明書)
○位置指定道路付近の公図、地積測量図など
○周辺の住宅地図コピー(法務局に備え付けの地図があります)
○マンションの建築確認申請書の写し(敷地面積、建築面積、延床面積、容積率、用途地域、前面道路の名称など)

6.「工事が遅滞すると莫大な損害賠償が発生する」とご心配なようですが、相手が質問者さんに損害賠償を請求するためには、質問者さんに不法行為(民法709条)があること、そして損害との因果関係があることを、相手が裁判で立証する必要があります。

 質問者さんは、マンション建設の反対行動を起こしているわけではなく、ただ、私有地(=位置指定道路)を工事車両が通るのを認めないというだけですから、そこにはなんら不法行為はなく、相手の弁護士は、不法行為に基づく損害賠償請求はできないと思います。

 もし、工事が遅れたとしたら、それは、「2項道路」のような貧弱な道路しか接面しない敷地を選択した、マンション開発会社の設計ミスにあると思います。

 参考例として、東京都町田市の旧「日本IBMグラウンド」敷地でのマンション建設において、建設会社が反対住民グループに工事遅延による200万円の損害賠償請求訴訟を起こしましたが、結局、建設会社は取り下げているようです(下記参照)。
http://taisaku.holy.jp/chapt2/olnws/0614vctry.html

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/EBE261D47443CA3A49256A8500311D9B?OPENDOCUMENT

1.位置指定道路は、「道路」という名称が付いていても、実質は「私有地(私道)」です。
 建築基準法42条1項5号で、建物を建築するために、「私有地(私道)」を建築基準法上の道路として認定しているだけであり、国道や公道(県道、市町村道)と同じ通行権はありません。
 私有地であれば通常、他人は立ち入ることができないのです(所有権に基づく妨害排除請求権)。

 ところが、位置指定道路の場合は、私有地であっても、建物建築のための道路として認める代償として、指定された道路部分に建物...続きを読む

Q都内で生活道路の速度規制は30キロ未満はない?

都内在住なのですが、自宅前の生活道路(5M弱、一部3M弱)が幹線道の抜け道になっていて、
困っています。
来るなのクラクションやらサンキューのクラクションやらも鳴ります。
自宅前の道は、抜け道とは言っても結構遠回りなんですが、
どうもこちらの方が早いらしく日々ラッシュ時の交通量が増えています。
塀に囲まれて見通しが悪く、一時停止も延々とない優先道ということもあって
40~50キロで通過していきます。
歩道も所々パイプのものがある程度です。
歩道も広い幹線道の制限速度は40キロで、速度規制をしてほしいと頼んだところ、
30キロ未満はやっていないと言われました。
確かに私の施設内などでは5~20キロは見受けるのですが、区、市では見かたことがありません。
自転車が車道を走ることになった今、この状況の改善はないのでしょうか?
交通事故を未然に防ぐことも警察の職務だと思っているのですが・・・。

Aベストアンサー

バンプを付けてしまうのが一番効果的です。
これはやりすぎですけどね。
区議経由で陳情するのが一番早い。
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=UB9gA9Af5Tw

Q高速道路と自動車道の違い

ふと思ったのですが、いわゆる高速道路の中で、東名と名神のみが高速道路と称し、それ以外はすべて〇〇自動車道となっているようですが、なにか法的な根拠が
あるのでしょうか?

Aベストアンサー

これは時代背景とイメージで、法的意味はないですね。
名神高速は昭和32年に、東名高速は昭和37年に着工し、ハイウエーをそのまま和訳したものです。
まだ自家用車も普及していないこの時代は夢のハイウエーだったのでしょう。
その後、車社会が発展するにつれ、自動車専用あるいは歩行者自動車両用という概念ができ、自動車道という名になりました。それは必ずしも「高速」で走ることが目的でなく、流通や都市間関係を重視するためにこのような表現になったと思われます。
一方、首都高速、阪神高速あるいは名古屋高速などは、歴史が古い上、町中をスイスイ行くというイメージで高速が定着しています。地下鉄を高速鉄道というのと同じですね。(しかし、必ずしも高速ではないですが・・・)
なお、中央自動車道は、昭和40年代は中央高速と呼んでいましたが、全線開通を機に「自動車道」となりました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報