クセノフォーン著、佐々木 理訳「ソークラテースの思い出」(1巻1章6節)
すなわち、どうしてもしなくてはならないことは、自分でこうするのがもっともよいと思う方法で以てそれを行うようにすすめ、また、結果がどうなるか明らかでないことについては神託所へ人をやって、行なうてよいかどうか訊ねさせた。彼は、家あるいは市を正しく治めようとする者は神託が必要だと言った。

これはソクラテスが不敬神どころか神殿の神事による神託を十分尊重していたことの証言の一つです。では、
1孔子の時代、中国では神託を伺う風習がありましたか。あった場合、孔子は自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。また、世間に神託を伺う風習があった場合、それをどう思っていましたか。
2釈迦の時代のバラモンは自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。
3解脱した後の釈迦は自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。また、世間に神託を伺う風習があった場合、それをどう思っていましたか。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>>1 孔子の時代、中国では神託を伺う風習がありましたか。


○ありました。

>>孔子は自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。
○ありません。 ただ「天命に従い則を越えず。」といってますのでご自身の心の中での相談はあったかもしれません。

>>2 釈迦の時代のバラモンは自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。
○ありました。 仏典を読むとバラモンが儀式を行うことが出てきますね。

>>3 解脱した後の釈迦は自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。

○ありません。 「我は神々をも超えたといってますので神々の長としては神託の必要はないということですね。」

>>また、世間に神託を伺う風習があった場合、それをどう思っていましたか。

○特に否定もしていません。ローカルな神への神託として認識していたのでしょう。 仏教は一神教ではないということですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

理解の深さは違うにしても、私の日頃の印象と合致するお答を頂きました。
プラトンによって脚色されていない、つまりクセノフォンの伝えるソクラテスは私の見立てでは孔子にそっくりです。親を敬うのも友人が大切なのも結局のところ己の損得と結びついていて、判り易いような物足りないような、これでいいような軽いような、思想になっているようないないような、世間知に留まっているようないないような、私には何だかよく分かりません。この印象が何時まで続くことやら、それも信用できません。
有り難うございます。またの機会にもよろしくお願いします。

今後、応えて下さる方は忘れずにいて、しかも可能であれば、世間の神託を伺う風潮を孔子がどう評価していたかにもお触れ下さいませ。

お礼日時:2009/05/23 12:31

仏典は釈迦が主役だし、バラモン教を批判しているから


神より釈迦が上という仏典の作者の身勝手な考えが入ってるから
仕方ないんじゃないか、と。。。。ダメですかね。。。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダメなんてこともなくはないかもしれません。

お礼日時:2009/05/29 22:41

あの。

。。わかりません。

でも、スッタニパータの牛飼いダニヤの箇所が
一応、祭祀を行っているかと。。。

どうだろう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

読み方を説く能力はありません。自己流の理解をお伝えするだけです。ダニヤの箇所では祭祀を行っていないと読みました。
「神よ、もしも雨を降らそうと望むなら、雨を降らせよ」ですから、ダニヤもブッダも雨が降ろうと降るまいと頓着せず、神の随意だといっているのではないですか。ここまでは両者共通です。但し、その理由は大違いです。

ダニヤは勤勉であることによって、雨季の準備を終えました。家の屋根は葺いたし、善き妻子に恵まれているし、財産の牛の繁殖は自明だし、準備万端整っているので雨季の不安はありません。
しかし、つまるところ、ダニヤは喜びに執着し、それを得ることによって憂いを解消しているだけなので解脱できません。
一方、ブッダは家も妻子も牛もなく、ないない尽くしです。こちらは喜びを追わないので執着の源がありません。「もはや、母胎に入ることはないであろう」と言っていますから、輪廻からも外れています。
この根本の違いに気付いたことによってブッダに帰依した、といっているのがダニヤの章ではないのでしょうか。
よくは分かりません。生兵法です。

ところで現代人はどうなのでしょう。生命科学のお陰で、輪廻の恐怖から救われています。当時の人が何世代も後々のことを考慮した人生を送らなければならなかったのに対して、我々は己の一世代だけを考えればよいことになりました。悠久から刹那への変化です。これは人心に、社会に、如何なる影響を与えたのでしょうか。神は死んだと聞けば仏も死んだと察するのが洞察力というものです。現代人は如何なる規範を拠り処にしているのでしょうか。質問範囲を逸脱してはいけません、知った風な呟きは止めにします。

有り難うございました。

お礼日時:2009/05/26 23:20

釈迦もマントラを唱えたのではないでしょうか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

唱えたか否か、唱えたとしてマントラは神託を伺うことに当たるのか否か。
今後の回答者は、この疑問も考慮に入れて応えてくださると有り難いです。

お礼日時:2009/05/26 23:06

参考程度の追伸まで



>>世間の神託を伺う風潮を孔子がどう評価していたかにもお触れ下さいませ。
「孔子の天の思想」を参考にすれば、孔子が「世間の神託を伺う風潮」を肯定していたことがわかりますね。
儒教は「君に忠」の階層的社会をよしとしていますが、その君の最上階は「天」ですから、「天」を至高とするピラミッド社会をよしとしていたのですね。
孔子自身も天命に従うといってますので「天」はあったわけですね。ただ「天」に近いお方であったので神託の儀式などは行う必要が無かったということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

分かりました。単純な今日風の民主主義を標榜しない点でも孔子とソクラテスは似ています。
わざわざ有り難うございました。

お礼日時:2009/05/24 07:12

はじめまして、



神託を、どう定義するかによりますが、、、、。

>2 釈迦の時代のバラモンは自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。

神託の定義によるのですが、神様との対話なら、していた例が山ほどあります。

スッタニパータ986節、他多数

ところで、そもそも、ヴェーダ自体が、神託を受けて書かれたものじゃないでしょうか?

<3 解脱した後の釈迦は自ら神事を執り行い、あるいは他者に依頼して神託を伺うことがありましたか。また、世間に神託を伺う風習があった場合、それをどう思っていましたか。>

質問者様ほどの方ならスッタニパータを持っていると思いますので、

スッタニパータ第二小なる章、十三正しい遍歴 (395~360節)

とも、

スッタニパータ891、895、896節

とも、

他人に請われて、神通力をもって見抜く事も、

スッタニパータ1004~1024節でしていますし、、。

サンユッタ・ニカーヤなんかでは、神とお釈迦様の対話ですよね?

神託の定義によっては、していたとも言えるし、していないとも言えます。

また、神託の風習についても、非難していたとも、関心が無かったともいえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当のことは承知しませんが、解脱した者が神託を伺うのは理屈からいって矛盾しているだろうという先入観がありました。スッタニパータ360は神託伺いの全面否定か、否定に繋がる見解だと私には読めます。ただし、ここだけから決めてよいか否か、私には分かりません。サンユッタ・ニカーヤは手つかずです。
多分、ご回答の最後の2行が正しいのだと思います。
有り難うございました。またの機会にもよろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/24 07:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【中国】中国は偉大な孔子という天才がいたが孔子の教え通り政治をやっても崩壊した。 孔子の教えの真逆を

【中国】中国は偉大な孔子という天才がいたが孔子の教え通り政治をやっても崩壊した。

孔子の教えの真逆をやっていたら存続していたのだろうか?

Aベストアンサー

政治は生き物ですからね。
教えの正否だけでは時勢を制することは出来ません。
と、孔子が言っていたら、どうなっていたでしょうか。

答:なるようにしかならない。

話を戻しますと
本当に教え通りに政治をしていたのならそれはそれで愚かですし
逆に全く無視していたのならそれもまた愚かと言えるでしょう(中国人としてはですが)。

孔子が偉大すぎて反論できる人がいない。そこも盲点です。

Qお釈迦様の時代の釈迦族には文字は

お釈迦様の時代の釈迦族には文字は有ったのですか?なかったと認識していますが。
入滅後、100年、200年後位にお経は書かれたと・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

釈尊は幼児に学校へ行って、学友とともに板を膝の上にのせて授業をうけたという文献を、故中村元氏がその著『ゴータマ・ブッダI』で紹介しています。ヴェーダの学問は聖典を暗誦するものですから、板のようなものは必要としないのですが、釈尊が幼児に受けた学問は実学であり、文字に書いたようです。バラモンたちのヴェーダの学問とは全然異なったものを学んでいたようです。
中村氏は、教師を自分の宮殿に呼びつけて講義を聞いたのではなく、学校へ出かけて行ったのだと古代インド人が考えていたことは、氏のいわれる釈尊の神格化はされていないので歴史的事実であったろうと記されています。

インド最古の文献「リグ・ヴェーダ」は、インドに定着したアーリア人によって前1200年前後に編纂されたと推定されていますが、当時のインドにあっては口伝伝承が当たり前の世界で、バラモンにあっても「リグ・ヴェーダ」、「サーマ・ヴェーダ」、「ヤジュル・ヴェーダ」のヴェーダ聖典は14世紀後半に南インドにおいて文字で記されるまで師から弟子に一字一句も誤ることなく口伝により伝承されていました(コーサンビー『インド古代史』岩波書店P.113)。ですから今日的感覚では当時のインド人のお経の伝承のありさまは理解しにくいかも知れません。
そのため古代インドでは暗記のために特別の訓練を幼少の頃から受けていたようです。古代インド人の暗記能力も潜在的にたかかったのかも知れません。

第一回の経典結集は釈尊の死後アーナンダが経典を暗誦し、それを他の弟子が唱和することにより認証するという形で経典が編纂されましたが、文字化は行われていません。釈尊はマガダ語で説法したと考えられますが、現存する最古の経典である『スッタニパータ』は、パーリ語で書かれており、前250~150年頃に現在の形にまとめられたようです。

釈尊は幼児に学校へ行って、学友とともに板を膝の上にのせて授業をうけたという文献を、故中村元氏がその著『ゴータマ・ブッダI』で紹介しています。ヴェーダの学問は聖典を暗誦するものですから、板のようなものは必要としないのですが、釈尊が幼児に受けた学問は実学であり、文字に書いたようです。バラモンたちのヴェーダの学問とは全然異なったものを学んでいたようです。
中村氏は、教師を自分の宮殿に呼びつけて講義を聞いたのではなく、学校へ出かけて行ったのだと古代インド人が考えていたことは、氏のい...続きを読む

Q孔子(儒家)の徳治主義と法家の法治主義について

今、論語の一節である『子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格。』
について調べています。

前半部分が法家の主張していた法治主義であり、それに対して孔子は徳治主義を唱えたということはわかりました。

ですが、法治主義を主張していた人物を調べると荀子や李斯、韓非といった孔子よりも後の時代の、孔子の考えから分化した人たちばかりでした。

孔子が徳と礼をもって政治を行うべきだと言うからには、当時から法治主義の考えがあり、その勢力が大きかったことがわかります。
孔子と同じ時代、もしくはそれ以前に法治主義を唱え、そのような政治を行った人はいるのでしょうか。

中国史に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

春秋戦国時代は五百五十年程の長期に渡ります。

統治形態が都市国家体制から、中央集権国家体制へと変化する中で統治学として様々な諸子百家が生まれました。

孔子は周王朝の都市国家体制を最上の統治として理想化したのです。

孔子以前の法家と言えば「管仲」が第一に挙がります。

法家の思想そのものは以前からあり、重用されるようになったのが中央集権化が進んでからだというだけです。


一般的には法治主義の対語は人治主義になります。

論語での法と礼と言うものに対する考え方を良く表している記述があります。

子路第十三の十八 「父は子の為めに隠し、子は父の為に隠す、直きこと其の内に在り」

葉公が親の罪を訴えた息子を正直者と表現した際に、孔子が返した言葉です。

父は子の為に隠し、子は父の為に隠す、正直は其の心の中にある。

親子愛と言えば確かにそうでしょうが、国家としては統治上、如何な物かと思います。


荀子は孟子の「性善説」に対抗し「性悪説」を唱えた思想家で、法家ではなく、礼を説きました。

其の弟子の韓非子が礼学では人は導けないとし、礼を推し進めたものとして法学を掲げました。

春秋戦国時代は五百五十年程の長期に渡ります。

統治形態が都市国家体制から、中央集権国家体制へと変化する中で統治学として様々な諸子百家が生まれました。

孔子は周王朝の都市国家体制を最上の統治として理想化したのです。

孔子以前の法家と言えば「管仲」が第一に挙がります。

法家の思想そのものは以前からあり、重用されるようになったのが中央集権化が進んでからだというだけです。


一般的には法治主義の対語は人治主義になります。

論語での法と礼と言うものに対する考え方を良く表している記述が...続きを読む

Q時と時間の違いあるいは定義、空と空間との違いあるいは定義を教えて下さい

時と時間の違いあるいは定義、空と空間との違いあるいは定義を教えて下さい。引用ではなく、独自の見解でお願いできれば本望です。

Aベストアンサー

追伸
時空を考えると慢性的難病になりますね。慢性的難病を直す薬が「亀と漁師の無限と有限の話」なんですね。
以下の提案は「亀と漁師の無限と有限の話」に似て慢性的難病を直す薬になりますね。
「無双原理・・哲学的には、空からっぽのことである。無いものをないとは、非論理的でいえません!つまり、無限とは、限りというものが、本来あるのだけれど、たまたま見えない、触れないなどの事情があって、無のように観察される状態。つまり無限とは、循環の繰り返しのような現象の回数に限りのないこと」
特に、無と空がいいですね。自然現象として無も空も存在しないのだけれど人間の単純な観察では表現の言葉として便利に使える言葉ということですね。言葉が独り歩きしてあたかもそのようなことが実際にあるかのごとく考えて慢性的難病になってしまうところが怖いとこなんですね。「無とは単純にないことの、たわいないことば。哲学的には、空からっぽのことである。無いものをないとは、非論理的でいえません!」そういうことですね。
(仏教)哲学的では無も空も変転の一つの姿を現している状態でしかないですからね。水は熱で水蒸気になり冷やされて又水になる、更に冷やされると氷になる。こんなことはみな知っているのに水蒸気になると見えないので「無し」というのですね。それを空とよんでも同じですね。なくなっているわけではなく変転の姿ですよね。でも見えないから「無や空」ですね。観察眼的表現で論理を立てても意味がないことですね。
その変転をアインシュタインはE=mC^2と表現し、釈尊は「色即是空・空即是色」といってますね。これは存在の永遠性の表現ですね。無限も「無や空」と非常に似てますね。あまりに多い・大きい・小さいと観察不可能ですから無限・無限大・無限小と言っているだけなのですね。単なる言葉遊びなのですが遊びが学問になると慢性的難病になりますね。
まあ私も重い慢性的難病ですから、更に付け加えると、三次元宇宙・時空というのはたくさんあるのですね。朝。木々の葉についている水滴ですね。いくつもの水滴が木の葉についてますね。あの水滴の一つが三次元宇宙・時空なんですね。次の朝になると水滴の数が違っている。そんなようなものなんですね。
膨張も収縮も変転も何でもありですね。再度、たわごとを言ってしまいました。

追伸
時空を考えると慢性的難病になりますね。慢性的難病を直す薬が「亀と漁師の無限と有限の話」なんですね。
以下の提案は「亀と漁師の無限と有限の話」に似て慢性的難病を直す薬になりますね。
「無双原理・・哲学的には、空からっぽのことである。無いものをないとは、非論理的でいえません!つまり、無限とは、限りというものが、本来あるのだけれど、たまたま見えない、触れないなどの事情があって、無のように観察される状態。つまり無限とは、循環の繰り返しのような現象の回数に限りのないこと」
特に、...続きを読む

Q孔子―陳蔡の厄(ちんさいのやく)について

孔子―陳蔡の厄(ちんさいのやく)について
「右手に論語、左手に韓非子」という本に
孔子が遊説途中に陳と蔡の国境で両軍に囲まれてしまっても孔子は落ち着いていた
とありますが
その後のことについて全く触れられておりません。
インターネットで検索して調べてみたのですが孔子一行のその後は分かりませんでした。

孔子一行は両軍に囲まれてどうやってそれを切り抜けたのでしょうか?

Aベストアンサー

 下村湖人の論語物語に出ていたと存じます。
 或いは白川静さんのご著述にあるはずです。

 ご両人とも全集がでており、ご著述の一覧もあります。
 ご検索ください。

 何か自然にか、囲みが説けたと記憶しています。
 
 君子も窮するか
 君子固より窮する
 君子は窮しても乱れない。小人は窮すると乱れる

 っていうものでしたっけ。

Qヒンズー教、バラモン教、仏教

インドは零の発見など文明として数々の発明発見をしてきた土地だと思います。また、宗教上でも多くの宗教が芽生え発展してきたように思います。

現在、ヒンズー教がインドで最も盛んな宗教のようですが、ヒンズー教の前身にバラモン教があると勉強しました。

質問:現在、日本で私を含め信仰の深い仏教もインドから中国、朝鮮を通じて日本に入ってきましたが、この仏教はヒンズー教より歴史は古いのでしょうか?

質問:今、仏教はインドではどうして多数派では無いのでしょうか?
昔から仏教を信仰してきた私には、発祥の地のインドで仏教が盛んではないないというのが残念です。

また、お隣の中国は逆に現在仏教に関してはかなり研究が盛んに行われているようです。
質問:チベットは密教として仏教が盛んのようですが、チベットの仏教とインドの仏教の接点を教えてください。

Aベストアンサー

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこんなに苦しまなきゃいけないの?」というものです。
現代の我々はそれが化学作用によるもので人間が原因だと理解できますが、
これに近い明確な答えを出したのがインド哲学です。
つまりこれらの原因を「業(カルマ)」であるとしました。



数百年後、仏教の開祖「シャカ」が誕生します。
彼はヴェーダの思想どおり、「殺すからその報いを受けている」と考えました。
ところが彼の思索はさらにその先に突き抜けてしまいます。つまり
「我々の食事は動物を殺して食べている。だから植物を食べて生きよう」
という凄まじい結論に達します。この<<不殺>>の考えはヴェーダの「業」を信じ、
環境被害に苦しんでいたインドの人々に広く受け入れられ、
急速に勢力を拡大していきます。




ここから様々な分派が生まれますがインドにおいてはヴェーダの思想が強く、
カーストを否定した仏教徒との対立が次第に多くなります。
とはいえ、「業」の思想に明確な答え<<不殺>>を出した仏教も支持され
カースト(前世の業による階級制)の思想と仏教の不殺の思想が融合していきます。
こうして成立したのがヒンドゥー教です。



一方で中国にわたった仏教は、儒教や道教の思想と出会い、
やはり融合をすることになります。この中国仏教が日本に伝わっている仏教です。
統治論としての政治手法や組織宗教としての完成度は高まっていますが
一方で最初の理想である<<不殺>>は大部分で失われており、ほぼ別物です。
つまり原始仏教の成立は早いものの、日本に伝来した中国仏教は
成立がかなり後期ということになります。



これ以外にも様々な宗教が仏教との融合により生まれています。
チベット土着の宗教であるボン教は巫女による神との交信を行っていた宗教ですが、
これが仏教と出会い儀式性の強いチベット仏教へと変化していったのです。

インドでは今から3000年ほど前にヴェーダやウパニシャッドという
聖典がすでに成立しています。結局のところインドの宗教はすべて
これらのインド哲学の聖典が元になっています。同じ聖典を基にしている点
ではインド宗教は、ユダヤ教とキリスト教・イスラム教のような関係と言えます。


ヴェーダに登場する火の神(アグニ)を信仰していた彼らは森を焼き、
農地を拡大していきました。その結果として洪水被害や塩害のような
環境被害が繰り返されます。当時のの哲学に共通する特色としては
「なんでこ...続きを読む

Q漢文で習った話(多分孔子)

こんばんは。昔漢文の授業で習った話を思い出せません。もう10年ほど思い出そうとしていますが、どうしても思い出せないので教えてください。

内容は、孔子の弟子がご飯を炊いた話です。弟子がご飯を炊いたところ、壁の土(壁についた炭かも)がご飯の上に落ちてしまいました。弟子はそのご飯をすくいましたが、炊きたてのご飯は1番に孔子に食べてもらうものなのです。

こんな話があったと思うのですが、本当に孔子の話なのかもわからず、この話が何を言おうとするものなのかも思い出せません。どなたかお願いします。

Aベストアンサー

【呂氏春秋】 巻17 「審分覧・任教」

孔子一行は諸国を巡遊し、陳と蔡の国境にやってきました。
乱世でどこもかしこも荒廃しており、道中すっかり疲れ果てた一行は
山菜などを食べて飢えを凌いでいました。
もう7日間も米粒ひとつ口にできず、やむなく昼間も横になって
空腹をこらえていたのでした。
翌朝、弟子の顔回は農民に懇願して米を恵んでもらうことができました。
そして一行の待つ山中に帰ると、早速火を起こして煮炊き始めました。
やがて、もうすぐ出来上がりという頃、顔回は鍋の蓋を取って手を突っ込み、
御飯をつまんで口に入れました。
高台の大樹の下で横たわりながらその様子を目にした孔子は
不愉快な気分になりましたが、見て見ぬふりをしていました。
さあ、炊き上がりました!
顔回は最初の一膳を孔子の元に運び、
「お召し上がりください。」と差し出しました。
・・・孔子は考えました。
(顔回のやつ、さっきのつまみ食いをどう誤魔化すか、試してやろう。)

孔子 「先程、御先祖様が夢に現れましたよ。
     まず、この炊き立ての白い御飯を神前にお供えしましょう。」

顔回 「そ、それはいけません! 私はうっかり御飯を汚してしまいました。
     実は鍋の蓋を取った時、煤が御飯の上に舞い落ちてしまいました。
     私はすぐにすくい取ったのですが、食物を捨てるのはいけないと
     思い、それを口にしてしまったのです(>_<)」

・・・孔子は深いため息をついて、弟子達に本心を打ち明けました。
    
    「師匠の尊厳を傷付けられたとは何という誤解だったのでしょう。
     自分の目で見たものこそ真実ですが、
     今日のように見たもの全てが真実とは限りません。
     心で善悪を見極めることは何と難しいことでしょう。
     信頼する愛弟子の目も疑ってしまうとは。。。
     苦しい状況の中とはいえ、恥ずかしい限りです。」

【呂氏春秋】 巻17 「審分覧・任教」

孔子一行は諸国を巡遊し、陳と蔡の国境にやってきました。
乱世でどこもかしこも荒廃しており、道中すっかり疲れ果てた一行は
山菜などを食べて飢えを凌いでいました。
もう7日間も米粒ひとつ口にできず、やむなく昼間も横になって
空腹をこらえていたのでした。
翌朝、弟子の顔回は農民に懇願して米を恵んでもらうことができました。
そして一行の待つ山中に帰ると、早速火を起こして煮炊き始めました。
やがて、もうすぐ出来上がりという頃、顔回は鍋の蓋を取...続きを読む

Qソクラテス

こんにちは。

レポートでソクラテスの無知の知と医療を関連させてレポートを書かなければいけないのですが、どのように関連付けたらいいのかわかりません(´・ω・`)

どなたか軽くでいいので、どういう風に書けばいいのかアドバイスをいただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

要するにジャブでしかないけど、こんなのは?

「ある患者の状態が自分の知っている病気の例に該当しない。

で、適当に知ったかぶりしてカルテ作って、たらいまわしにしたら

患者さんは重大な疾患だった」

こんな感じじゃないの?


無知の知 って 何にも知らないことを知っているんだから、

知ったかぶりのしようがないでしょう?


詳しく行くのなら、講師先生に聞くのが本筋だよ~。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

代数学の元非常勤でしかないからね。一応、アリストテレスをかじった。

Q孔子の妻

孔子には妻がいたのですか?

Aベストアンサー

まず注意喚起です。
「何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。」
以上を踏まえた上で、

いました。19歳(魯の昭公9年)の時に娶ったようです。
参考URLの年表ではそう記載してありました。

けれども逃げられたようです。

以下は、「中国の故事と名言五〇〇選」(平凡社)の「女子と小人とは養い難し」からの引用です。

「・・・なぜならば、孔子はもともと女性蔑視者であったと思われる節がある。現に孔子はその夫人に逃げられている。もっとも人格円満なるべき聖人孔子に眉をひそめるような非行はあるはずがないから、夫人の方が悪妻で離縁されたのだというのが通説である。
 しかし『論語』の郷党篇などを読んでみても、孔子はその日常生活について、かなり口うるさい夫であったことは事実のようで、林悟堂(『孔子論』及び『生活の発見』)によれば、夫人が孔子のところから逃げ出したのは、この日常生活に関する口うるささ - 一種の貴族主義が原因であったという。・・・」
とあります。なるほどとうなずける部分があります。

また、子供もいました。現在でも孔子の子孫という方がたくさんいらっしゃいます。

参考URL:http://www.geocities.jp/kungfutsze/page019.html

まず注意喚起です。
「何らかの課題やレポートのテーマを記載し、ご自分の判断や不明点の説明もなく回答のみを求める質問は、マナー違反であり課題内容を転載しているものは著作権の侵害となりますため質問削除となります。こういった質問対し回答する事も規約違反となりますのでご注意をお願いいたします。」
以上を踏まえた上で、

いました。19歳(魯の昭公9年)の時に娶ったようです。
参考URLの年表ではそう記載してありました。

けれども逃げられたようです。

以下は、「中国の故事と名言五〇〇選...続きを読む

Q孔子の『論語』について

有名な「われ十五にして学を志し…七十にして心の欲するところに従って矩をこえず」の言葉の内容というか、簡単に現代風にわかりやすい感じでいうとどんな感じですかね??
最後の「七十にして…」のところがわからないんですけど。

Aベストアンサー

素直に思った通りのことを言っても人と揉めなくなった。
素直にしたいようにしても人を不快にさせなくなった。
ということでしょう。

自分のままでいながらも調和できるようになったということで、
よい意味で捉えられがちですが、
宮崎市定という有名な京大の先生は『論語の新研究』という本の中で、
「孔子も歳をとったということだ」と解説していました。
10代のころは???でしたが、最近それもわかる気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報