もう大学生にもなるんですけど、「反社会的」という言葉がよく分からないんです。たぶん公共の不利益になるような意味なんでしょうけど、公共の不利益っていうのもなんだか漠然としていて。。
人が何を利益と思って何を不利益と思ってっていうのはそれぞれ違うのに。。なんて思ってしまいます。社会といっても家族だって1つの社会だし、友人や職場の人も社会だし、いっぱい社会はある気がします。
質問は、反社会の社会はどこからどこまでの範囲を指し、その人たちは何を不利益とみなすか?ということです。あいまいなんです。

こんな質問をするのも私が今からやる行動がもしかしたらこれ(反社会的)に該当するのかもって思ったりもするからです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私は「反社会的(行為)」とは意図的に法律に違反する(社会に背を向ける)行為を言うのではないかと思います。


法律にも刑法、民法などいろいろありますが、やはり犯罪を形成するような行為は明確に「反社会的」だと言えるでしょう。
「反社会的」と明確にいえないようなその周辺の行為は、例えば禁じられた場所での喫煙や交通違反などは、ついうっかり、とか言う場合もあり、刑法では厳密に処分されるわけですが、それがよほどわかっていて常習で行う場合でない限り私は「反社会的」とはいえないと思います。
一般に公衆の不利益といっても、合法的にストライキをする場合などは明らかに迷惑をかけているわけですが、常識として許されていることであり「反社会的」とはいえませんね。
かなりアバウトな意見です。
    • good
    • 0

「社会」と言う言葉の定義によって解釈は千差万別になって行ってしまっていますね。



普通の意味での「反社会的」の「社会」とは、「世間」の事であって、「イデオロギー」ではありません。

つまり、世間の人々が常識だと認識した共生生活の協力ができないと言う事です。あいまいなのは、「社会」は人間が構成していので、常に時代とともに流動的な部分があります。

あなたのこの質問は「反社会的」では無いです。
    • good
    • 0

すべての言葉は、あいまいで意味不明なんです。


言葉の意味は、人間の数だけあります。
「犬」と言葉を聞いても、かわいいと思う人、恐い動物と
思っている人、きたない、かっこいいとさまざまです。
目に見える犬でさえそうなんだから、目に見えない抽象的な
言葉ならなおさらです。
「反社会的」という言葉がよくわからないというのは
当然で、他の言葉はだいたいわかっているということが錯覚なんです。
    • good
    • 0

私は革命家になって日本を社会主義の国にするためテロリズムの信奉者になる。



これが反社会的なことですね。

つまり、大多数の人間が共通して享受している利益を奪う行為ですね。

あいまいなのはボーダーラインであって、極端から極端へジャンプすれば何が反社会なのかは分かるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング