石英は、他の岩石と比べ風化しにくい
だから砂漠の砂には石英が多い、と聞きました。

この説明には間が抜けていませんか?

石英が風化し砂になるまでには時間がかかることは最初の文でわかります
しかし、その地形が砂漠化する前には、石英以外にもさまざまな岩石があったと思われます。
石英が風化するまでの間に風化した石英以外の岩石はどうなってしまったのですか?
砂よりももっと細かいものになったのでしょうか?
風などで違う地域に飛ばされていまったのでしょうか?
教えて下さい。

A 回答 (5件)

 微妙に誤解させてしまったようなので補足します。


 イオンとなって溶けている状態は、細かくなって水と混じった状態──いってみれば泥水のような懸濁状態になっているのではなく、塩水のように溶けている状態を指すんです。
 イオンに関して詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA% …辺りを参照されればよろしいのではないかと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すいません、イオン化についてロクに調べもせずにお礼をつけてしまいました。恥ずかしい限りです。
わかりやすい説明ありがとうございます!
石英はイオン化されず、他の鉱石はイオン化し流れてしまうのですね。

お礼日時:2009/05/24 13:26

地殻の組成の約50%は酸素、約25%は珪素です


石英は二酸化珪素です
地殻の約75%は二酸化珪素と推測されます
つまり地殻の主成分は石英なのです
砂漠に限らず砂の主成分は石英なのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成熟した砂漠、例えばリビア砂漠は91.7%、カラハリ砂漠は95%が石英のようです
タクラマカン砂漠は未成熟で、石英は36%のようです
http://homepage.kokushikan.ac.jp/kaonuma/tokutei …

お礼日時:2009/05/24 13:12

>砂よりももっと細かいものになったのでしょうか?



 風化とは単に岩石が砕けて小さな粒子になることだけではなく、
化学的風化といって、水がなかだちとなって変質分解され、より小さな分子やイオンになって溶け去ることもあるのです。
 石英はこの化学的風化をまったく受けないので砂として残りやすいのです。
 磁鉄鉱という鉱物も化学的風化を受けないので砂として残り、砂鉄と呼ばれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
砂漠の風化のことを、機械的風化でしか考えていませんでした
調べた時に、確かに「科学的風化」の説明も目に留まったのですが
横着して読み飛ばしておりました(笑)
石英は化学的風化しないのですね。
大変参考になりました

お礼日時:2009/05/24 13:28

 加えて、石英は水に溶けにくいので雨が降っても大きな粒子はそこに留まりつづけるんです。

カルシュウムや金属の類はイオン化して水に溶けこんでしまう訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど
イオン化というのは砂よりも粒子が細かくなるということでしょうか?
これでのどのつかえがとれました
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/23 15:22

>砂よりももっと細かいものになったのでしょうか?


論理から言うとそれが答えのようですね。正誤は知りませんが、論理立てからはそうとしか解釈できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしもそう仮説だてはしたものの確証がもてず
詳しい方のお墨付きをいただければ満足できるのですが・・・

お礼日時:2009/05/23 15:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q砂漠のオアシスについて 地下水の塩害が原因で砂漠になってしまうのは分かっているのですが、オアシスはな

砂漠のオアシスについて
地下水の塩害が原因で砂漠になってしまうのは分かっているのですが、オアシスはなぜ、塩害にならず、植物が育つのでしょうか?
オアシスも地下水脈から湧いている水で、塩をたくさん含んでいるはずなのにどうしてなんでしょうか。
回答お願いします

Aベストアンサー

質問が重複していますが、他の方がこちらに回答されているのでこちらに回答します。

まず、オアシスに塩害はあります。
WW2のアフリカ戦線では欧州出身の将兵たちが駐屯した地域で塩分の混じった井戸水で入れた塩気のある紅茶を飲まねばならず、不平を漏らす記録が残っています。

次に植物が育つ理由ですが、すべての植物が塩分に弱いわけではないからです。
オアシスの周辺に生える植物はナツメヤシやキソウテンガイといった耐塩性の強い植物だけです。
なので耐塩性の弱い麦などは、比較的規模の大きいオアシスの周辺であっても栽培されません。
同じく耐塩性に優れたマングローブ等の海辺の樹木なら、オアシス周辺に植樹しても育つかもしれません。

Q砂漠の砂が茶色い理由?

砂漠の砂が茶色い理由?

wikipediaを見ていると、成熟した砂漠の砂の成分はほぼ石英とのことですが、
なぜ茶色く見えるのでしょうか?
白っぽく見えるのならば理解できるのですが・・。

Aベストアンサー

 石英粒の表面に付着している酸化鉄の色です。
http://www.nhk.or.jp/school/junior/yougo32.html

Q砂漠とオアシスの絶対矛盾

水がない、だから木が育たない!そこを砂漠というんじゃないの!?
そしたら、何で砂漠の中に水があって木が生えてるオアシスがあるのですか?
水のない砂漠に水のあるオアシスができるワケがない!
自然界の法則は一体全体どうなってしまったのですか!?


知り合いに聞いたところ、オアシスにある木は根っこが長く砂漠の外までつながっててそこから水を引いてるんだとか。ということは、オアシスの木はやっぱり特殊な木なんですか?
それだったら、そうゆう植物を利用して雨の降らない地域に水分を与えたりすれば世界中の水不足は解決しちゃったりなんかするのでは!?


・・・と、いうよりも、この知り合いの話、ほんとに合ってるのでしょうか・・・。
いや、せっかく教えてもらって疑うなんて失礼な事はしたくないから、最後の最後まで信じ抜くつもりですけど・・・でもなんか無意識がそれは自然界の矛盾よりも矛盾する話ではないだろうかと警告してくるんですが・・・・・・(大汗)

Aベストアンサー

まず砂漠に対する偏見を改めて欲しいですね。砂漠とは一面砂だけの乾燥した大地だけではありません。日本では鳥取砂漠(砂丘)が知られ又サハラ、ゴビなどのもっとも砂漠らしいところが映画や写真で紹介されすぎ、童謡『月の砂漠』でイメージが固定されてしまいました。確かに砂だけで人が住めない砂漠も存在しますが、世界の中では少数派だと思います。多くの砂漠はいわゆる荒野であり、正しい日本語訳は水不足により「耕作に適しない所」です。従って水のあるところには植物が育ちます。又近くに川があれば、水路を開いて水を引けば農地になります。

北米には4ッの大砂漠があります。
1.大盆地砂漠  ネバダ州を中心に広がる。ラス・ベガスで有名。
2.モハベ砂漠  カリフォルニア州南部
3.ソノラ砂漠  アリゾナ州  フェニックス、ツーソンの町がある。
4.チワワ砂漠  メキシコからニューメキシコに広がる。エル・パソ

これらの砂漠には古代から人が住み、灌漑農業を行いトウモロコシ、カボチャ、豆類を栽培しています。砂漠のため北米では開拓が遅れた地域ですが、灌漑技術の発達、冷房技術の発達で今では50万都市もあります。砂漠にはいろいろな植物が育ちますが、もっとも有名なのはサボテン類です。砂漠の民はサボテンをいろいろと利用しています。(実は果物代わりであり、祭り用の酒も作る。葉は野菜代わり、幹は木材代わり)添付URLの風景もまた典型的な砂漠の風景です。

砂漠にどうして水があるかは既に回答されているので省略します。砂漠の多様性が理解されなくなった砂漠という訳語の罪は大きいですね。

参考URL:http://www.ejlink.com/tejonfilm/pages/joshua_trees.html

まず砂漠に対する偏見を改めて欲しいですね。砂漠とは一面砂だけの乾燥した大地だけではありません。日本では鳥取砂漠(砂丘)が知られ又サハラ、ゴビなどのもっとも砂漠らしいところが映画や写真で紹介されすぎ、童謡『月の砂漠』でイメージが固定されてしまいました。確かに砂だけで人が住めない砂漠も存在しますが、世界の中では少数派だと思います。多くの砂漠はいわゆる荒野であり、正しい日本語訳は水不足により「耕作に適しない所」です。従って水のあるところには植物が育ちます。又近くに川があれば、水...続きを読む

Q土と砂の違いを教えて下さい。(砂漠が緑に還る事が出来るか)

砂漠化が問題になってますが、以下の事が分りませんので教えて下さい。森林が減少し、草木が育たなくなり、土が枯れて砂漠になる。大まかに言うとこんな流れですよね。ではその逆のプロセスを辿れば、砂は土に還る事が出来るのでしょうか?結構前になりますが、紙オムツに使われる水分吸収剤を砂漠の砂と混ぜて、そこに苗木を植えて砂漠を緑に変えるというプロジェクトを聞きました。もし苗木がそこに根を張ればやがて土が出来て…という説明だったと思うのですが。砂が土になるという仕組みが良く分かりません。また何故そうなるのか、そもそも砂と土の違いって何なんだ、という事について教えて欲しいと思います。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 砂に粘土や腐植物を混ぜると土になる、と考えていいのでしょうか?また実際土が出来るのでしょうか?

砂、砂地盤となると、先の解答でも書いたように
2~1/16mmという限られたサイズの粒子から構成された一種の土です。
ただ、普通は砂を見ても土とは言わないだけですし、
砂漠の砂(特にサハラなんか)は粒子の大きさや構成する粒子(鉱物)が均一なきれいな砂ですからなおさらです。
だから、砂に混ぜものをすればそれだけで土になります。

プロジェクトで言ってる土は、恐らく人が特別手を加えなくても植物が育成することが可能な土壌のことを
簡単に「土」と言ってるだけでしょう。
植物の育成に適した土は(植物の種類や気象条件によって異なるでしょうが)一般的に、ある程度の保水性と水はけのバランスが良く
ヨウ素やリンなどのミネラル(養分)に富む土になると思います。
高分子ポリマーを混ぜることで保水性が良くなるため、やせた土地でも育つ植物ならそれだけで良いでしょうが、
(最初に養分だけ混ぜても、水がないと植物は養分を吸収できませんし、
 水をやっても、養分は水と一緒に吸収される前に流れて(浸透して)行ってしまいます)
いろんな種類の植物が育ってこそホントの緑化でしょうから、
最初に育った植物の落ち葉なんかが分解され養分ができてそれを利用して他の植物が育って、また枯れて…
の繰り返しで植物の育つ豊かな土壌にするという事でしょう。

> 砂に粘土や腐植物を混ぜると土になる、と考えていいのでしょうか?また実際土が出来るのでしょうか?

砂、砂地盤となると、先の解答でも書いたように
2~1/16mmという限られたサイズの粒子から構成された一種の土です。
ただ、普通は砂を見ても土とは言わないだけですし、
砂漠の砂(特にサハラなんか)は粒子の大きさや構成する粒子(鉱物)が均一なきれいな砂ですからなおさらです。
だから、砂に混ぜものをすればそれだけで土になります。

プロジェクトで言ってる土は、恐らく人が特別手を加えなく...続きを読む

Q砂漠なのに水があるというのは変じゃないですか?

最近オアシス等砂漠に水がある不可思議な現象を
見て気になったんですが
砂漠って水が無くなったから砂漠になったんですよね?
なのにオアシス見たいに水があるというのは
少しおかしい気がするんですが・・・
それと砂漠には絶対に水は存在しないのでしょうか?
しかしサボテンには水分も含まれていますが
あの水分はどこから来ているのでしょう?
回答お願いします

Aベストアンサー

「地下水脈」があるからです。

砂漠ができる原因は「水が涸れた」のではなく気候的に感想していて雨が少ないから。
たとえ降っても地面に届く前に途中で蒸発してしまいます。(乾雨)

しかし、砂漠の砂の下には岩盤があります。
氷河や万年雪を頂いた山々の雪解け水や、熱帯雨林を水源とする大河がその岩盤の間で地下水脈を作っている事があります。
たまたま地形的にその地下水脈層が100mくらいの浅いところに来ている場所では、自然に湧き水が出たり、人間が井戸を掘ってカレーズという地下水溝を遠くまで引いたりして人の住める集落を作れます。
これが「オアシス」です。

なお、サボテンや多肉植物は、1年に12,3mlくらいしか降らない雨を体の中にものすごく溜め込めるように細胞が発達したものです。
また、朝になると蒸発してしまいますが、砂漠でも夜間には風に乗ってきた空気中の水分が夜露となって下ります。
砂漠の植物や虫や爬虫類などは、この夜露を体に結露させるなどして生きているのです。

Qゴビ砂漠以外の砂漠では黄砂は発生しないのですか?

黄砂は本当に不快ですが、日本とゴビ砂漠は数千キロも離れています。
世界に砂漠は沢山あるので、世界中で黄砂が観測されてもおかしくないと思うのですが、東アジア以外では黄砂の話は聞きません。
ゴビ砂漠以外の砂漠では黄砂は発生しないのですか?

Aベストアンサー

 黄砂と呼ばれていないだけで、世界各地でも同様の現象は発生しています。
 アラビア半島を吹き抜ける北寄りの風が、ヨルダンやシリア付近で砂塵を巻き上げ、砂塵を伴った乾燥した強風となってペルシャ湾岸地域に吹き付ける、シャマールと呼ばれる風がありるそうです。
 オーストラリアでは、夏に内陸の砂漠地帯を通過した南風が、ブリックフィールダーと呼ばれる砂混じりの乾燥した高温風となって吹きつけ、南部の海岸地帯にまで砂塵が降らせるそうです。
 西アフリカでは、サハラ砂漠を通過した貿易風が、ハルマッタン呼ばれる極端に乾燥した東風となって、サハラ砂漠中央部・チャドのボデレ低地付近で砂を巻き上げ、視界が霞む程の莫大な量の砂塵を降らせるそうです。
 この砂塵の粒は、非常に微細なため、貿易風に運ばれて大西洋を越えて、遙か北米大陸にまで到達する事もあるらしいです。
 アフリカ北部では、サハラ砂漠を吹く南風が、ギブリと呼ばれる乾燥した熱風となって、砂塵が降らせるそうです。
 更にギブリは、海岸線を越えて地中海上空を通過し、その際、海面から水蒸気の供給を受けて、高温の湿潤風に変わり、ヨーロッパに到達し、時にはヨーロッパにすら砂嵐を発生させる事もあるそうです。
 このサハラ砂漠に起源を持つ、砂混じりの暑い南風の事を、イタリアではシロッコ、クロアチアやモンテネグロではユーゴ、フランス南部ではマランと呼ぶ様です。
 日本に到達した黄砂が雪に混じる事によって、日本に黄色い雪が降るのと同様に、シロッコが運んで来た赤い砂塵によって、ヨーロッパでは赤い雪が降る事があるそうです。

【参考URL】
 砂嵐 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E5%B5%90

 シャマール - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB

 ブリックフィールダー - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC

 ハルマッタン - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%83%E3%82%BF%E3%83%B3

 シロッコ - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%B3

 知って激モテ雑学サイト > •ヨーロッパの雪は赤い?
  http://モテる.12hey.com/1_13.html

 黄砂と呼ばれていないだけで、世界各地でも同様の現象は発生しています。
 アラビア半島を吹き抜ける北寄りの風が、ヨルダンやシリア付近で砂塵を巻き上げ、砂塵を伴った乾燥した強風となってペルシャ湾岸地域に吹き付ける、シャマールと呼ばれる風がありるそうです。
 オーストラリアでは、夏に内陸の砂漠地帯を通過した南風が、ブリックフィールダーと呼ばれる砂混じりの乾燥した高温風となって吹きつけ、南部の海岸地帯にまで砂塵が降らせるそうです。
 西アフリカでは、サハラ砂漠を通過した貿易風が、ハ...続きを読む

Q砂漠においてコンパスと地図だけで戻れるか?

お世話になります。

突然でスミマセンが、砂漠のオアシスから方位磁針と地図だけを持ってふらっと散歩に出たとします。

気が付くとオアシスのある方角がわからなくなってしまいました。

この状況から方位磁針と地図を使ってオアシスに戻れますか?(水、食料の事は度外視です。)

砂漠でなくてもたとえば、目標物の全くない平原などでもとの場所に戻ることが可能かどうかを知りたいのです。

くだらない質問でホント恐縮です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

砂漠でも大海原でも同じ事ですが、コンパスと地図だけでは位置の特定は出来ません。

原理的には、コンパスと地図に加えて正確な時計が必要です。この三つの要素がそろえば、天測という方法で位置の特定が出来ます。もちろん、天測の技術を身につけているという前提での話ですが。

Q浸食,侵食,風化の違いを教えてください

浸食は水によってボロボロになることで,
侵食は水以外も含めてボロボロになることと理解すればよいのでしょうか?
そうなると,風化との違いが分からなくなってきます。

浸食,侵食,風化の違いを教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

浸食=侵食 です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%B5%E9%A3%9F

浸食というのは、がりがりと削る(削られる)ことです。
(たとえば、水の流れ、氷河などが斜面を下るときなど。)

風化は、ゆっくりとぼろぼろになっていくことです。
(たとえば、岩石に水が染み込んで、それが凍ると水の体積は氷になると増えるので、岩石内部から力が加わって、ぼろぼろになります。日光、風があると、さらにぼろぼろになりやすいです。)


ご参考になりましたら幸いです。

Q砂漠の映像が美しい映画を探しております。

タイトルの通り砂漠の情景が美しい映画を探しています。
黄砂漠、沙漠、岩石砂漠、オアシス、砂漠の町…どんな情景でも構いません。
私の狭い知識ではこれ!というものが全く引っかからず、どのように検索してよいものかと頭を痛めております。

ご存知の方、是非私におすすめを教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

砂漠が出てくる映画、で思い浮かんだのが、
「アラビアのロレンス」「シェルタリング・スカイ」「イングリッシュ・ペイシェント」です。
いずれも一度しか見ていませんので、記憶違いがあるかも…。
あまり美しいと思われる砂漠でなかったらごめんなさい。

Q廃鉱が風化したらどうなるか?

資源を掘り尽くして廃鉱になった鉱脈が何千年も何万年も経ったらどうなるでしょうか?

落盤が起きたり流れ込んだ水などで削られたとしたら…。
それでも人の手で掘られたものはそうであるとわかるものでしょうか?
掘った意図もわかるでしょうか?
地形その他もろもろから、ここにはこういった鉱脈があるはずでありないのは不自然。そう言い切れるくらいに地下資源の傾向は掴めるものでしょうか?


今の文明より前に、古代人やヒト以外の生物による優れた文明があったのではないか? オーパーツとされるものはそれの産物ではないか? と議論するスレッドがありました。
その中で、古代文明を否定する人が『地下資源が手付かずだったということは、ソレを利用するような高度な文明がなかった何よりの証拠だ』と主張していました。

なるほど、と思ったのですが、逆に言うと、いま鉱脈でもなんでもない土地はかつての廃鉱だったのではないか?
掘り尽くされてしまったから、そこは鉱脈といえるほどの埋蔵量でなくなってるのでは? とも思った次第です。

Aベストアンサー

>資源を掘り尽くして廃鉱になった鉱脈が何千年も何万年も経ったらどうなるでしょうか?
崩れ落ちて埋まる場合もあれば、そのまま残る場合もあります。
自然にできた洞窟と同じです。

>それでも人の手で掘られたものはそうであるとわかるものでしょうか?
坑道の周辺の地層を調べて地層を横断するように不自然な痕跡があれば人為的な作業が加わったと判断することは可能です。

>掘った意図もわかるでしょうか?
推定は充分可能です。
考古学の遺跡調査でも出土品から、目的などを推測します。
但し、断定はなかなか難しい作業です。
坑道の痕跡にしても、何か鉱物を捜したのか、放射性廃棄物の埋設のように別な目的で掘られたものかの断定は難しいでしょう。
そもそも、ご質問のようなおそろしく古い時代の文明が分かっていませんので、その文明が何故坑道を掘る必要があったのかは断定できません。(推定はいくらでもできます)

>地形その他もろもろから、ここにはこういった鉱脈があるはずでありないのは不自然。そう言い切れるくらいに地下資源の傾向は掴めるものでしょうか?
あるはず、ないはずということを言いきれるだけの学問的知識は未だに確立されていません。
何度も試掘を繰り返してアッタアッタとやっています。
試掘をするだけの価値があるかどうかの調査はあらゆる技術を動員してやっています。

探鉱/採鉱とは
home.hiroshima-u.ac.jp/er/Rmin_S.html

探鉱 | JAPEX 石油資源開発株式会社
www.japex.co.jp/business/flow/find.html

>いま鉱脈でもなんでもない土地はかつての廃鉱だったのではないか?
上記の探鉱の作業の進め方からもおわかりの通り、なんでもない土地をセッセと掘ったことはありません。
従いまして、なんでもない土地で掘りつくした廃鉱を捜しだしたことがありませんので、分かりません。

>掘り尽くされてしまったから、そこは鉱脈といえるほどの埋蔵量でなくなってるのでは?
鉱脈というものが生成される過程から考えて、痕跡だけからの判断は難しいでしょう。
地層内では目的とする鉱物の集積量はバラバラです。
濃度が高いところもあれば低いところもあります。
(品質の高い鉱脈もあれば品質の悪い鉱脈もあります)

鉱脈
www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/geology/tisitugensho/k...

昔の人も試行錯誤を繰り返して、以下のような相当に高いレベルの技術を習得していました

しまねバーチャルミュージアム 石見銀山
www.v-museum.pref.shimane.jp/special/vol06/develop/index.htm...

>古代文明を否定する人が『地下資源が手付かずだったということは、ソレを利用するような高度な文明がなかった何よりの証拠だ』と主張していました。
現在の文明が地下資源に依存しているからといって、地下資源に依存する必要がない文明が無いとは断定できないのではないのでしょうか。
ヒト以外の生物が生み出す文明がどのようなものであるかを考えて定義した上でないと議論は前に進まないのではないのでしょうか。
ヒトが作りだした文明のみを基準としてヒト以外の生物の文明を推測しても無意味でしょう。
常識を超えたところに新しい発見や発展があります。

>資源を掘り尽くして廃鉱になった鉱脈が何千年も何万年も経ったらどうなるでしょうか?
崩れ落ちて埋まる場合もあれば、そのまま残る場合もあります。
自然にできた洞窟と同じです。

>それでも人の手で掘られたものはそうであるとわかるものでしょうか?
坑道の周辺の地層を調べて地層を横断するように不自然な痕跡があれば人為的な作業が加わったと判断することは可能です。

>掘った意図もわかるでしょうか?
推定は充分可能です。
考古学の遺跡調査でも出土品から、目的などを推測します。
但し、断定はな...続きを読む


人気Q&Aランキング