石英は、他の岩石と比べ風化しにくい
だから砂漠の砂には石英が多い、と聞きました。

この説明には間が抜けていませんか?

石英が風化し砂になるまでには時間がかかることは最初の文でわかります
しかし、その地形が砂漠化する前には、石英以外にもさまざまな岩石があったと思われます。
石英が風化するまでの間に風化した石英以外の岩石はどうなってしまったのですか?
砂よりももっと細かいものになったのでしょうか?
風などで違う地域に飛ばされていまったのでしょうか?
教えて下さい。

A 回答 (5件)

 微妙に誤解させてしまったようなので補足します。


 イオンとなって溶けている状態は、細かくなって水と混じった状態──いってみれば泥水のような懸濁状態になっているのではなく、塩水のように溶けている状態を指すんです。
 イオンに関して詳しくはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA% …辺りを参照されればよろしいのではないかと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すいません、イオン化についてロクに調べもせずにお礼をつけてしまいました。恥ずかしい限りです。
わかりやすい説明ありがとうございます!
石英はイオン化されず、他の鉱石はイオン化し流れてしまうのですね。

お礼日時:2009/05/24 13:26

地殻の組成の約50%は酸素、約25%は珪素です


石英は二酸化珪素です
地殻の約75%は二酸化珪素と推測されます
つまり地殻の主成分は石英なのです
砂漠に限らず砂の主成分は石英なのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

成熟した砂漠、例えばリビア砂漠は91.7%、カラハリ砂漠は95%が石英のようです
タクラマカン砂漠は未成熟で、石英は36%のようです
http://homepage.kokushikan.ac.jp/kaonuma/tokutei …

お礼日時:2009/05/24 13:12

>砂よりももっと細かいものになったのでしょうか?



 風化とは単に岩石が砕けて小さな粒子になることだけではなく、
化学的風化といって、水がなかだちとなって変質分解され、より小さな分子やイオンになって溶け去ることもあるのです。
 石英はこの化学的風化をまったく受けないので砂として残りやすいのです。
 磁鉄鉱という鉱物も化学的風化を受けないので砂として残り、砂鉄と呼ばれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
砂漠の風化のことを、機械的風化でしか考えていませんでした
調べた時に、確かに「科学的風化」の説明も目に留まったのですが
横着して読み飛ばしておりました(笑)
石英は化学的風化しないのですね。
大変参考になりました

お礼日時:2009/05/24 13:28

 加えて、石英は水に溶けにくいので雨が降っても大きな粒子はそこに留まりつづけるんです。

カルシュウムや金属の類はイオン化して水に溶けこんでしまう訳です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど
イオン化というのは砂よりも粒子が細かくなるということでしょうか?
これでのどのつかえがとれました
ありがとうございました

お礼日時:2009/05/23 15:22

>砂よりももっと細かいものになったのでしょうか?


論理から言うとそれが答えのようですね。正誤は知りませんが、論理立てからはそうとしか解釈できません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしもそう仮説だてはしたものの確証がもてず
詳しい方のお墨付きをいただければ満足できるのですが・・・

お礼日時:2009/05/23 15:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土、砂の成分

土や砂ってどういう成分でできているんですか?

Aベストアンサー

 アルミニウム、カルシウム等の酸化物、珪酸塩、炭酸塩等が主成分です。土の場合には植物が作り出したり、動物の糞尿が変化した有機物、雷やバクテリア等が作った窒素化合物や燐酸塩が混じります。
 その成分は一様ではなく、採取場所によって著しく成分が違いますから、一概にその成分を定量的に示すことはできません。

Q砂漠の砂を再利用できませんか?

地球温暖化の影響もあり、砂漠はどんどん広がっているようですが、
砂漠の砂を何かに再利用できませんか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お呼びですね。遅くなりました。m(__)m

>エネルギーとして利用できませんか?
なかなか面白い発想だと思います。
こういう発想をできる研究者がいれば・・・と思いますけど。

>砂ダムを作って発電とか、砂漠熱を利用するとか。

流砂とういのがありますし、風で砂は移動しますので、移動する砂の中に羽の付いた車を差し込んで・・・とか考えられそうですが、ダムにしてしまうと、下の方は圧力で固まってしまい流れなくなります。
つまり流れるのは上の方だけなので、ダムは意味がなくなっちゃいます。
高低差を作るって意味ならあるかな。

但し、海底には砂の流れる川みたいなのがあり、最後は海溝に流れ込んでるらしいです。そういう所なら方法は無いこともないかもしれません。

また、蓄熱剤としての砂の利用は考えられるので、砂からの熱放射をうまくさえぎり、昼間の熱と、冷え込む夜間の温度差をうまく使うと発電は可能です。
研究すると面白いテーマかも。

あとは砂嵐での風力発電かな?
但し、砂には先の回答のサンドブラストみたいな使用法もある位なので、相当に丈夫な風車が必要です。
ただの風に比べると砂の運動エネルギーの分効率は高くなるはずです。

>砂から岩にするにはどうすればよいのでしょうか?
セメントや高温で溶かす以外にも、水に漬けておけば一ヶ月もすればとりあえず石らしき物になります。
非常に柔らかい砂岩ですね。
子供の頃、実際にやってみたことがあります。
一ヶ月では、一センチぐらいの物でも手で折れますけど、一年も置けばそこそこの硬さになります。
圧力を加えれば早くできるので、層を厚くするか重石でも載せるかすれば更に早くできるでしょう。
大谷石の硬さでも実用になるのですから、実用化は可能です。
#確か外国のどこかの博物館に車のキーの化石があったはずです。

余談ですが、硬い岩石に刀が刺さってる「エクスカリバー」という不思議な物は、昔は普通の地面だったのかもしれません。
それが水に漬かって砂などが堆積し、石化してから露出すれば十分可能です。火成岩なら溶岩だったりして・・・(笑)

お呼びですね。遅くなりました。m(__)m

>エネルギーとして利用できませんか?
なかなか面白い発想だと思います。
こういう発想をできる研究者がいれば・・・と思いますけど。

>砂ダムを作って発電とか、砂漠熱を利用するとか。

流砂とういのがありますし、風で砂は移動しますので、移動する砂の中に羽の付いた車を差し込んで・・・とか考えられそうですが、ダムにしてしまうと、下の方は圧力で固まってしまい流れなくなります。
つまり流れるのは上の方だけなので、ダムは意味がなくなっちゃいます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報