モッコクを植えています。
葉っぱに1mmぐらいの黒い点々があることに気づき
こすってみるとつぶれます。
カイガラムシの一種と思い、いろいろ調べていますが、
これといった一致する害虫が見当たりません。
虫であることは間違いないのですが(つぶすと汁が出ますので・・)
どなたかご存じないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

カイガラムシはこちら



http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm

この回答への補足

ありがとうございます。
こちらのサイトは、私も拝見しましたが、一致するものがなく・・・
いちばん近いのでトビイロマルカイガラムシですが、
色がもっと黒いです。

補足日時:2009/05/23 21:00
    • good
    • 0

>虫であることは間違いないのですが(つぶすと汁が出ますので・・)



ということであれば、虫の幼虫、成虫ではなく卵ではないでしょうか。
なんという虫なのか名前はわかりませんが卵をうみつけてあるんでしょう。
そのためつぶすと汁のようなものが出るのだと思います。
1mmということですのでアブラムシの成虫でもないでしょう。
葉ごと切り取って捨ててしまってはいかがですか。

この回答への補足

ありがとうございます。
ただ、虫の卵ではないと思われます。
というのも、その黒い点の周から葉が赤くなってくるので
葉の養分?を吸い取っていると思われます・・・

補足日時:2009/05/25 22:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q庭木の剪定の時期

2年前に少し庭を広げることができまして植木屋さんにそれまであった庭木を3、4m動かして広げてもらいました。
動かした木は今年元気になり、新芽が勢いよく伸びてうっとうしくなりましたので、刈り込み/剪定/整枝をしたいのですが、いつごろやればいいものでしょうか。

2年前動かす前は狭いところに押し込んでいましたので、自分で適当に邪魔な枝を切っておりましたが、こんど初めて本職に頼んで整形してもらいたいのです。

木の種類はゆず5m、さざんか4m、すだち3m2本ひいらぎ2m、もっこく1.5m、つつじ1.5m3本、かりん5m、ゆすらうめ1.3mなどです。背の低い千両、万両などもあります。ゆず、すだち、かりんはいま実がついています。

Aベストアンサー

こちらが参考になります。

http://www.geocities.jp/netsgreen_uebun/kabokuniwaki.html

参考URL:http://www.pureweb.jp/~brico/hanbai/D72-2-2.html#庭木の手入れについて

Qオリーブの害虫 カイガラムシの駆除

昨年の春にオリーブの木を購入しました。
夏の間は外に冬は北海道なので室内で管理していました。
夏頃からちらほら目につくようになったカイガラムシ 駆除は春先と聞いていたので昨年中は目につくカイガラムシをピンセットで取り除いていました。
冬の間日当たりも悪く葉がかなり落葉してしまいましたが、これから駆除、予防をしたいと思っています。
マシン油やカルホスがいいと調べたのですが、この時期ですとどちらが効果的で良いのでしょうか?
またそれ以外に効果のある方法があれば教えてください。
樹としては120センチ位です。葉は冬の間に落ちてしまったので剪定も少ししています。思いっきり剪定するのが怖くて少ししか出来ていません。
目に見えるカイガラムシは取り除いてはいます。
葉もベタベタしていた所は拭き取りました。
詳しい方がいらっしゃいましたらご伝授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マシン油が手軽です。3月期に防除し、様子を見ながら6月期に再度防除。希釈倍率は指示通りにしてください。濃くしたからよく効くというものではありません。

カイガラムシは近隣の様々な樹種にはびこりますから、根気よく続けることです。見えるものをピンセットで取るのも産卵前の今の時期、効果があります。

剪定は2年目の枝に花芽がつくことを基本に、重なりを間引き、日当たりのよい枝振りを目指すだけです。そうすると風通しもよくなります。ちょっと混みすぎの状態と見受けます。思い切り剪定というのは花芽を付けさせるのを阻害しますから要注意です。

薬剤の効能はメーカーのうたい文句につられないで、使用基準と適期をよく理解してから使うことです。冬場の食用果実類にマシン油は安全面からよく使っております。油膜で窒息死させる殺虫剤だということをお知りおきください。昔は石灰硫黄合剤が標準でした。

趣味の園芸家。

Qモッコクの葉で腐葉土は作れますか?

あるサイトで↓こういう記述があり、

>厚く硬い常緑照葉樹の葉は、分解が遅いため使いづらい。
>しかし、じっくり時間をかけて熟成させれば、とても良質の腐葉土を得られる。
>特に、ブナ科の常緑樹であるシイやカシの葉は、腐葉土の材料としては最上級のものである。
>完熟まで一年ほどかかるので、気の長い人は挑戦を。

で、ウマメガシの剪定屑で腐葉土を作り始めました。

そこで教えていただきたいのですが、
モッコクの葉は腐葉土に向いていますか?

我が家では他にサツキ・カエデなどがあるのですが、
サツキは葉が小さすぎてダメだろうと、
カエデは葉がうすいので栄養価なさそう、と捨てています。間違ってますか?

Aベストアンサー

樹木の種類によっては、腐葉土に向いている種類から不向きな種類まであります
が、ここでは不向きな種類と理由を書いた方が理解して貰えるはずですから、今
回は腐葉土向きな種類は省略させて頂こうと思います。

どのサイトや本で調べても、イチョウ、ツバキ、サザンカ、カキ、サクラ、クス
ノキ、モチノキ等は不向きとされています。またスギ、マツ、ヒノキ等の針葉樹
も適さないと記されています。
その理由としは水分が多い、葉に含まれる樹脂分が含まれていると腐りにくい、
葉に含まれている成分が発芽や生長を阻害する成分が含まれている等が理由のよ
うです。また針葉樹の場合は葉先が尖っているため、尖った部分は腐敗しにくい
ので、その尖った部分が新根を刺して痛めるから使えないと言うのが理由とされ
ています。モッコクはツバキ科モッコク属の常緑高木ですから、ツバキやサザン
カと同じ仲間ですから、どちらかと言えば腐葉土には向いていないようです。

あなたは栄養価の事を心配されていますが、もしかして腐葉土を肥料の代わりと
して使用するため、そのために腐葉土を作ろうとされているのでしょうか。
そうであるなら、腐葉土の本当の正体を説明する必要がありますね。

まず腐葉土とは樹木の落葉や剪定葉を腐熟させて作る事は知っていますよね。
また使える物と使えない物の違いや理由は上記に書いた通りですから、その事は
理解して貰えますよね。
腐葉土は広葉樹(一部を除く)の落葉を腐熟させた物で、土の文字が使われてい
ますが土ではなく、腐敗しているから養分がありそうに思えますが、実際は養分
は僅かしか含まれていません。
肥料の三要素は燐酸、窒素、カリですが、これらの要素が僅かながら含んでいる
だけです。僅かな微量要素を含んでいるだけですから、植物に必要とされる量が
含まれていないので、肥料は時期が訪れたら必要な量だけ施す事が必要です。

腐葉土は土や肥料ではなく、土に混ぜて微生物を活性化させて土質を良好にさせ
る事が目的で、土壌改良用土と区分されています。
つまり土ではありませんので、腐葉土だけを鉢に入れて植物を植えても、植物は
育たないと言う事です。腐葉土を庭土や真砂土や花壇の土に混ぜる事で、初めて
本来の威力を発揮させる事が出来るわけです。
他にもバーク堆肥、牛糞堆肥もありますが、肥料の肥の文字が使われているので
すが、腐葉土よりは僅かですが養分は含まれています。しかし植物が要求する程
の量は含まれていませんので、肥料は別に施す必要があります。

どんな樹木の葉を使おうとしても栄養価は微々たる物ですから、肥料の代わりと
して用いるために作ろうとされるなら、それだったら作らない方が良いと思いま
す。葉が薄いのは関係ありません。栄養価を考えるのは間違いですね。

樹木の種類によっては、腐葉土に向いている種類から不向きな種類まであります
が、ここでは不向きな種類と理由を書いた方が理解して貰えるはずですから、今
回は腐葉土向きな種類は省略させて頂こうと思います。

どのサイトや本で調べても、イチョウ、ツバキ、サザンカ、カキ、サクラ、クス
ノキ、モチノキ等は不向きとされています。またスギ、マツ、ヒノキ等の針葉樹
も適さないと記されています。
その理由としは水分が多い、葉に含まれる樹脂分が含まれていると腐りにくい、
葉に含まれている成分が発芽や生...続きを読む

Q晩白柚 白い点々は病気ですか害虫ですか?

晩白柚 白い点々は病気ですか害虫ですか?

詳しい方が居ましたら教えて下さい

Aベストアンサー

カイガラムシで間違いありません。このままでは樹液を吸われて状態を
悪くさせますので、まずは爪や竹べらで掻き落として下さい。

効果的な薬剤は石灰硫黄合剤ですが、今の時期は使用が制限されていま
すので、ホームセンターや園芸店でマシン油乳剤を購入し、葉の裏表や
幹や枝に十分に噴霧して下さい。

Qモチノキ、モッコクが葉が無い状態で大丈夫ですか?

はじめまして

仕事が忙しく、先週
シルバー人材センターに松とモチノキとモッコクの透かし手入れを頼んだのですが

(1)松はぼろぼろ
(2)モチノキは太い枝の上でばっさりと葉がまったく無い状態まで刈り込み
(3)モッコクは半円で仕立てていたのですがばっさりと葉がまったく無い状態まで刈り込み
(4)その他の木(椿やモクセイなど5種)も勝手に切ってしまいました。

しかも刈り込みばさみで刈り込んだだけなので
込み合った枝などは一切処理なし

松の手入れができる腕ならと
立ち会わなかった私が悪く、正直やってしまったぁ~
二度と頼まないと心に誓ったのですが

モチノキ、モッコクなどの常葉樹は、葉がない状態まで刈り込まれると
その後葉は出てくるのでしょうか?それとも枯れますか?
大体3M位の背丈です。

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

以上

よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

地域がわからないので、関東の平野部の場合でお答えします。

実生から放置して3mだと、幹の直径は目通りでせいぜい手首ぐらいだと思いますが、この状態で真冬に葉が無くなるほど剪定すれば、高確率で丸ごと枯れてしまうと思います。
しかし、庭木ですと、樹高が3m程度でも、年数の経った樹である場合があると思います。
目通りでビール瓶より太く、状態の良い(毎年よく伸びる)樹であれば、そう簡単には枯れないと思います。
枯れなければ、春にはまた葉が出てきます。
いずれにしても、今の時期に葉を無くせば、鉛筆より細い枝は全て枯れてしまうと思います。

ちなみに、樹の状態と時期が良ければ、枝を全て切り落として電柱のような状態にしても、高確率で、枯れないどころか切る前より威勢が良くなります。
今回のケースも、時期は悪いですが樹が健康ならきっと大丈夫です。切ってしまったものはくっつきませんから、余計な手は出さず、じっと見守るのが賢明かと思います。
どうしても心配なら、切り口に癒合剤を塗っておきましょう。

Q葉っぱの中を食べる 害虫

いま ほうれん草をうえているのですが
葉っぱがぽつぽつふくらんできて 中を食べてる様子です。
たくさんやられてしまって 無農薬で育てたいのですが
どうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

ほうれん草は、窒素肥料をやりすぎないこと(長い茎は肥料のやり過ぎ)、根元に十分日光が差すこと(根元や土壌に病細菌の発生を防ぐ、土壌を湿っぽくし過ぎると病気になりやすい)、酸性土壌に弱いので消石灰を土に混ぜアルカリ性土壌にしてやる、春の種まきは病害虫がもっとも発生(アブラムシ、ナメクジ、…)が多く被害にあいやすい(寒い時期は病害虫の発生が少なく育てやすい)、輪作障害が発生するので他の異種野菜と組み合わせて輪作する、あまり雨に曝さない、水耕栽培は輪作障害がない、品種を選ぶ(病害虫に強い赤茎サラダほうれん草など)、種はミスに付け置きしてから蒔く、葉茎の長いものは間引く、葉を茂らせすぎない(根元に日が差さないと病害虫が発生する)、などですね。以下のHPを参考に要約していますので詳しくは見て下さい。新鮮で無農薬のほうれん草は本当に食べたい野菜ですね。
ttp://www.wagoen.com/shop/akakuki/index.html
ttp://www.radishbo-ya.co.jp/commodity/index06.html
ttp://www.biomarche.jp/blog/farmer/log/eid34.html
ttp://alohaslife.seesaa.net/article/26459122.html
ttp://www.chikyu-jin.com/column/yuki12.html
ttp://www.snet.ne.jp/kawasima/work.htm
ttp://www.sanyoseed.co.jp/japanese/saibai.htm
ttp://ja-store.net/goods/040.html
ttp://ibrk.jp/vipsv2/search.aspx?no=00025469
ttp://www13.plala.or.jp/kousei/sab9a.htm
ttp://www.k2.dion.ne.jp/~oldcross/t-h-ho.html
ttps://www.chisan-chisho.net/mie/bin/main/item.cgi?c=568
ttp://yasaifarm.com/modules/myalbum1/viewcat.php?cid=6
ttp://www2u.biglobe.ne.jp/~mstuya/m-seed/yasai-tane-kisetsugotonimaku.htm
ttp://www.nappaya.com/contents/suikou_saibai.htm
ttp://www2.tba.t-com.ne.jp/gomisimin/nouen/9-11sagyou/9-11sagyou.html

参考URL:http://www.h6.dion.ne.jp/~sa3270/YA-rensaku.htm

ほうれん草は、窒素肥料をやりすぎないこと(長い茎は肥料のやり過ぎ)、根元に十分日光が差すこと(根元や土壌に病細菌の発生を防ぐ、土壌を湿っぽくし過ぎると病気になりやすい)、酸性土壌に弱いので消石灰を土に混ぜアルカリ性土壌にしてやる、春の種まきは病害虫がもっとも発生(アブラムシ、ナメクジ、…)が多く被害にあいやすい(寒い時期は病害虫の発生が少なく育てやすい)、輪作障害が発生するので他の異種野菜と組み合わせて輪作する、あまり雨に曝さない、水耕栽培は輪作障害がない、品種を選ぶ(病害...続きを読む

Q6月の木の剪定について。

剪定に関しては初心者です。近々知り合いの家に剪定の手伝いに行くことになりました。木はウメ、ソテツ、松、サカキ、カイヅカ、一応これだけの木が伸び放題になっていることから、これらの木から剪定することになりました。他にも常緑広葉樹があるみたいなのですが・・。剪定には時期的なものがあると聞きました。あまり強い剪定はこの時期は適していないようなので、徒長枝だけでも切ろうかなと思っています。6月の剪定は徒長枝だけを省くような剪定の仕方でよろしいのでしょうか?お答えいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

常緑樹は今くらいの時期が剪定に適しています。
落葉樹は冬の時期が適していますが、今くらいになると樹液の流れもある程度落ち着いてきていますので、おそらく問題ないと思います。
ただし、今の時期に強剪定すると、そこらじゅうから徒長枝が出て始末に負えなくなってしまいます。
剪定ばさみでバサバサ切るくらいなら問題ないですが、のこぎりで太い枝を落とすのは避けたほうが無難です。

Q柵や塀でよく見かける、葉っぱは何の葉っぱでしょうか

都内在住です。
民家やマンションや施設の柵や塀でよく見かける、葉っぱは何の葉っぱでしょうか?
特徴としては赤っぽいです。一部緑の部分もあります。
わかりづらいかもしれませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

生け垣によく使われる、赤い葉を持つ植木と言えば、レッドロビンでしょうか。

毎年今ぐらいの時期に赤い新芽が一斉に伸びます。一見すると紅葉しているかのようです。

Q剪定と強剪定って??

剪定と強剪定というのは違うものですか?
切り方などが違うのでしょうか??
ちなみにラベンダーの剪定について今調べています。

Aベストアンサー

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていませんでした。これは植物やどれだけ成長しているかによって違いますので一概にはいえないからだと思います。
 私見で申し訳ないのですが、私にとっての剪定はあくまでも少し形を整えたり、花ガラを茎ごと切ったり、中を少し透かしたりする程度です。全体的にはあまり形は変わらなくて、少し整えた程度でしょうか。
 強剪定はガッツリいきます(^_^;)。植物もガッツリに耐える草木が対象です。私の庭ではミモザ、椿、アリッサム、インパチェンス、ペチュニア、ハーブ類などが当たります。タイムやミントなど梅雨前に収穫を兼ねて行う強剪定は、半分以下に切り詰めます。この行為を「切り戻し」と言います。中を透かして蒸れを予防する働きもありますし、ペチュニアやインパチェンスなどは徒長して花も咲かなくなってきますので、ガッツリ切って(強剪定ですね)秋にもう一度花を咲かせるようにしています。
 ラベンダーは、私の種類と違うかもしれませんので(私のはストエスカスです)分かりませんが、強剪定可能です。全体の1/3ぐらい切り詰めて(高さは半分以上ぐらい)、中も透かしてOKです。ただあまりハゲ坊主にしますと枯れるかもしれませんので、全体を見ながら行って下さい。私のラベンダーはやりすぎて外国の金持ちのテーブルとかにあるロウソクの蜀台みたいになってしまいましたが(^_^;)、枯れずに今年も花が咲いています。
 一応切り戻しの仕方が書いてあるサイトを貼っておきます。
http://www.kusanone-en.com/contents2-6.htm
http://www.eonet.ne.jp/~bloom/2_raben.htm
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/herb/lavender.html

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。私もラベンダーを育てていますので、良かったら参考にして下さい。
 剪定と強剪定の違いですが、まず剪定の意味をタキイのHPで調べてみました。何となくそれ以外言いようがない感じなんですが(^_^;)。ちなみに強剪定は載ってませんでした。
http://www.takii.co.jp/glossary/se.html#27
 他のサイトでは剪定と強剪定の違いが載っています。
http://www.kysmp.com/yogo.html
http://sky.geocities.jp/shirasato99/glossary0.html
 調べてみたら、何センチとかは具体的には載っていません...続きを読む

Q沖縄の方のお土産でもらった葉っぱから葉っぱが出てくる植物

何と言う植物なんでしょうか?

コットンに水を浸して葉っぱを置いておくとコットンに根がはり、葉の両脇から又葉が出てきました、

もう一ヶ月同じコットンの為汚れが気になり交換したいのですが・・・。

コットンに根がはっているため汚れてきていても交換できない為見苦しくなってきました。

少々なら根を取ってしまって交換しても大丈夫なのでしょうか?

又、葉っぱ本体の表面が全体的に白っぽくなってしまい何だか心配です。(部分的に黒い所もあります)

何かご存知の方アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

ハイドロカルチャーについてなのですが・・・

もともと、そんなに水気の必要な植物ではありませんので、
ハイドロカルチャーしないほうがいいですよ(^^)

2度挑戦してみましたが、
管理自体が難しく、1ヶ月もたずにグズグズにとけました。
また、10センチ以上のものですと
支柱が必要になると思うのですが・・・
ハイドロカルチャーで、支柱って
支えてくれないような気がします。

失敗したのは単に私の管理がダメだったって事かもしれません(^^;)

でもあなたがハイドロカルチャー歴が長く
臨機応変に対応できるのでしたら
やってみる価値はあるんじゃないでしょうか・・・
もう時期的には、水断ちして
冬仕様にする頃なのですが・・・
(土に植えている場合)

子宝草は、寒さに非常に弱い植物ですので
気温が5度以下になる場所は、避けてくださいね(^^)


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報