忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

ヒューケラの株元や葉裏に1ミリぐらいの白い塊が散見されます。何かの虫の卵かともおもいましたが、緩効性肥料の塊が水遣りでくっついたようにも感じます。
何でしょう?そのままにしても大丈夫でしょうか?駆除する必要がありますか?
教えてください。よろしくお願いします。

「株元や葉裏の白いもの」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

アオバハゴロモの幼虫がいるようにも見えますね。


http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu01.html
いずれにしても、綿状のものが付着する場合、アブラムシやカイガラムシなどの吸汁性害虫と考えて、浸透移行性農薬などの対策が必要です。
    • good
    • 0

ヒューケラに付くかどうか判りませんがカイガラムシ、


特にコナカイガラムシに似ていますがどうでしょうか。
コナジラミにも似てるような感じです。

防除が必要と思います。
ヤサシイエンゲイのヒューケラ:http://yasashi.info/hi_00022.html
くわしい育て方も見てください。

>緩効性肥料の塊が水遣りでくっついたようにも感じます。
これはありません。 仮に付いたら葉が肥料分濃度で焼け枯れを起こします。


http://www.salchu.net/green/log/eid593.html
http://flower777.mimoza.jp/article/41940741.html
    • good
    • 1

アブラムシの仲間の「わたむし」です



http://park1.wakwak.com/~gardening/musi/watamusi …


柔らかいブラシでこすり落としましょう

殺虫剤を使うなら「オルトラン粒剤」を株もとにまいておけば
駆除できます
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小さな小さな白い虫(飛びます)の正体は何?

ミニトマト、ルッコラ、シソに最近虫がついて困っています。

・体や頭が見えないほど小さい。体長1mm? 見た目白い粉がついたように見えます。
・羽まで見えませんが、パッと飛ぶところを見るとあるようです
・これがつき始めてから、上記野菜の葉に白い点々状のものができます。
・今のところ、ニンニク入り水スプレーで対応。吹き付けるとしばらく飛び散りますが、少し経つとまた戻っています。

虫の名前がわからないので、対処できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

画像があればハッキリするのですが、質問内容から考えるとコナジラミ
類の可能性が高いように思えます。
書店には病害虫図鑑や病害虫百科が市販されていますから、発生をした
病害虫を図鑑に載っている写真と見比べて下さい。

コナジラミの場合は葉を吸汁して、作物の生育を悪くさせます。作物は
葉によって収穫量が違うので、害虫が発生したら早めに駆除をしないと
収穫量に影響します。何もしないで放置すると、その内に葉だけでなく
全体が枯れてしまう事もあります。

確実なのは薬剤使用で、薬剤以外を使用しても一時的に回避させている
だけで、効果が切れれば再び現れて被害を繰り返します。
その事は質問者さんが経験されて、十分に理解されているはずです。

コナジラミかどうかは図鑑で調べ、本当にコナジラミで間違いないなら
専用の薬剤を散布して駆除をして下さい。
スス病になったり、時にはウイルスになって株ごと抜いて処分しなけれ
ばいけなくなる事もあります。

Q花壇に蟻が大量発生しました(T_T)

庭の花壇(オキザリス)の土上に蟻が大量に出現しました。(見ていると真っ黒くゴニョゴニョと動くほど)
クルクマやハブランサスを植えている花壇には数匹はいますが大量発生はしていません。
ホームセンターで蟻駆除用のスプレーを買おうといったのですが、「蟻の巣に噴霧」と書いてあり、蟻の巣を探してみましたが分かりませんでした。
花に悪影響がない形で今見える範囲にいる蟻の駆除方法を教えてください。
子供が「たくさん蟻がいる~」と遊んでしまうため駆除はしたいのですが、その子供が水やりなどをして育てたオキザリスは枯らしたくありません。

蟻が大量発生したのは土が悪いという事なのでしょうか?
(花壇の土は市販の培養土です)

Aベストアンサー

まずどんな蟻かを見てください。

いわゆる昔から見たことのある真っ黒くて体長が4ミリくらいの蟻なのか、濃い茶色で体長が3ミリくらいの小さめの蟻なのか、です。

小さい蟻でしたら、お住まいの地域によってはアルゼンチン蟻である可能性があります。彼らは巣を作らず、地中に大群となって広がっていきます。つまり「存在自体が巣」の状態となっています。

アルゼンチンからの不法入国蟻で、いまや日本全土が1つの巣になりつつあると言われます。近畿・中国地方が主体だったのですが関東まで侵略されつつあります。

広さとしては県の単位で1つの巣になっている状態ですので駆除は極めて困難です。

http://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/kankyo_seikatsu/argentina/ant_10.html
http://ant.edb.miyakyo-u.ac.jp/J/Taxo/F90012.html

参考URL:http://www.city.hatsukaichi.hiroshima.jp/kankyo_seikatsu/argentina/ant_10.html

まずどんな蟻かを見てください。

いわゆる昔から見たことのある真っ黒くて体長が4ミリくらいの蟻なのか、濃い茶色で体長が3ミリくらいの小さめの蟻なのか、です。

小さい蟻でしたら、お住まいの地域によってはアルゼンチン蟻である可能性があります。彼らは巣を作らず、地中に大群となって広がっていきます。つまり「存在自体が巣」の状態となっています。

アルゼンチンからの不法入国蟻で、いまや日本全土が1つの巣になりつつあると言われます。近畿・中国地方が主体だったのですが関東まで侵略されつ...続きを読む

Qオルトランの効果、使用法?

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより飛び散らないような感じがするんで、効果は多いでしょうか?(スプレーはほとんど、空中に捨ててしまうイメージがあるんですが、、、?)

※あと、既に、きんもくせいなどは、完全に新芽がゼロの状態までひどく、葉巻虫にやられました(こんな状態で駆除をして意味はあるでしょうか?夏にむけて、まだ、新芽はでてくるんでしょうか?)。

レッドロビンやどうだんつつじなどは、まだ、今は、葉巻虫にそれほどは食われていません。

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。

あと、根元に散布とありますが、風で吹けるから、水をまいたほうがよいでしょうか?(1メーター少しの高さの樹木にどれくらい撒いたらよいのか?もわかりません。一応、一本の根元に大きなスプーン2杯程度まいて、シャワーで水を撒いておきましたが、、、これでよいのか?

あと、風で吸い込んでも、心配はないでしょうか?

すいません、宜しく、ご教示ください。

オルトランという薬剤を葉巻虫の駆除に使いたいと考えていますが、、、、

ホームセンターには、粉末(根元散布用)、水和剤、スプレー式と3タイプありました。

現在、根元には、玉砂利などが敷かれています。

根元タイプは根元に散布で一網打尽という内容のようです(すごいなと思いましたが、玉砂利をどけなくてよいのかな?と、心配しています。

あと、スプレー式と水和剤は結局同じかな?とか、、、。

水和剤というのは、スプレーボトルに薄めて使うという考えでよいのでしょうか?

あと、スプレーより...続きを読む

Aベストアンサー

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。
スプレー式のオルトランCがありますが、ハマキムシには効果はありません。

オルトランには色んな種類がありますが、名前が同じだけで成分が異なります
から、場合によっては害虫が駆除する事が出来ず、樹木を弱らせて枯らせてし
まう事もあります。

薬剤を使用する時は、まず薬剤が害虫に対して有効(駆除が可能な事)であっ
て、散布する樹木が作物登録されている事が条件となります。
樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が
出来ないと法律で厳しく制限されています。

薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用
します。ダインは一種の糊です。
散布すると大半は害虫には付着しませんが、ある程度付着すれば効果はありま
すから、気にしないで散布して下さい。

オルトランは農薬で毒ですから、使用する時は必ずマスクと防護メガネ、ゴム
手袋を着用して作業をして下さい。
原則として無風時で天候の良い日を選び、風が強い日や散布して1時間後に雨
が降る時は延期をします。
散布時間は朝か夕方の何れかに行います。

もう一度だけ言いますが、ハマキムシには水和剤以外は使用しない事です。
葉が全て食われても散布は行って下さい。ハマキムシの肉眼では見えない幼虫
が潜んでいます。

オルトランには粒剤、水和剤、液剤がありますが、ハマキムシに有効な種類は
オルトラン水和剤のみだけです。粒剤や液剤は使用が出来ません。
粒剤は根元にバラ撒き、液剤は水で規定濃度に薄めて使用し、水和剤は粉末な
ので、バケツに水を入れて水和剤を入れ、十分に溶かしてから噴霧器にて散布
をします。スプレー容器に入れて薄めるのではありません。バケツで溶かした
液をスプレー容器に入れて噴霧します。
薄める事を希釈と言いますが、希釈濃度は袋に記載されているので、希釈通り
に薄めて使用して下さい。...続きを読む


人気Q&Aランキング