【お知らせ】カテゴリの見直しについて

家の庭にある金柑の木に白い斑点がたくさんあります!
枝と枝の間には凄く小さな幼虫みたいなのがいました。
どうしたらよくなるでしょうか教えてください!

「きんかんの木に白い斑点」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

カイガラムシでしょう


http://www.sc-engei.co.jp/navi/gaichu06.html

家庭園芸用マラソン乳剤で駆除してください
http://www.sc-engei.co.jp/plant/fruits/cultivate …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
自分でも色々調べましたがこれというものがなく困っておりました。
ありがとうございます!

お礼日時:2015/03/06 10:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

庭のツツジ(ヒラドツツジ?)が最近弱ってきました。
よく見れば、幹や枝に直径1~2ミリの白斑がびっしり付いています。3~4個の集団になっている場合が多いようです。小枝が黒くなって枯れてしまいます。
白斑は一見カビのようでもあり、菌類が付着しているようにも見えます。白斑部分が盛り上がっているということはありません。かなりしっかり付着していて、爪でこすっても落ちません。
白斑部分やその周辺にカイガラムシは見あたりません。
一応カイガラムシを疑い、アクテリックとオルトランの混合液を6月中旬から4週連続で散布してみました。
対処法を教えてください。

Aベストアンサー

>ツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

                  ↓

文面からだけですが、害虫と病気の両面(複合被害:害虫の直接被害と、害虫が原因となって起こる病気)を疑ってみます。
容疑者は以下の面々です。

害虫:カイガラムシ・ハダニ・カミキリムシ・アブラムシ

病気:うどん粉病・すす病・斑点病


対策→見つけ次第捕殺、歯ブラシや竹べら等で削ぎ落とす、被害場所の切断除去で感染拡大の防止。
その上で、用途用法用量にあった、殺虫剤の散布をホームセンターや園芸店で相談して数度に分け小まめに実施、症状の改善&効果の有無のチェックをしながら→原因の特定と対策の絞込みを行い処置する。


特に、小枝が黒くなって枯れている現状では、病気に、よりウエートが掛かっていると思います。

「うどん粉病」:ベンレート・トップジンMを散布して駆除、以降は被害場所を中心に摘葉・摘枝を同時に行い日当たり、風通しを良くして再発の防止。

「すす病」:ダイファー・トップジンMを散布して駆除、原因となるカイガラムシやアブラムシを捕殺、歯ブラシ等での削ぎ落としを小まめに行いながら、さらにオルトラン・スミチオンで同じく駆除する。


「斑点病」:被害場所の除去、周辺にベンレート・トップジンMの散布。


参考URL
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?query=%82%C2%82%C2%82%B6&index=log&key1=2008&key2=01
http://engeisoudan.com/msearch/msearch.cgi?index=log&config=&query=%A4%B5%A4%C4%A4%AD&set=1&num=50
http://nao-k.jp/engei/nouyaku/nouyaku.html
http://www.epcc.pref.osaka.jp/afr/zukan/niwa.htm
http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide11.html


uranodai様に於かれましては、皆様方からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、大切なツツジを病害虫から守って上げ、きれいな花が咲きますよう、心より祈念申し上げております。

>ツツジの幹や枝に白斑がびっしり。枯れる。

                  ↓

文面からだけですが、害虫と病気の両面(複合被害:害虫の直接被害と、害虫が原因となって起こる病気)を疑ってみます。
容疑者は以下の面々です。

害虫:カイガラムシ・ハダニ・カミキリムシ・アブラムシ

病気:うどん粉病・すす病・斑点病


対策→見つけ次第捕殺、歯ブラシや竹べら等で削ぎ落とす、被害場所の切断除去で感染拡大の防止。
その上で、用途用法用量にあった、殺虫剤の散布をホームセンターや...続きを読む

Q金柑の葉の変色は病気?

地植えの金柑の葉の色が所々薄くなり黄緑色になってしまいました、また去年たくさん咲いた花が今年は全然咲いていません、何かの病気でしょうか?ならば処置はどうすればいいのでしょう教えてください。

Aベストアンサー

先ず根周りの環境を確認する必要があります。過湿、水不足、肥料(要素過多及び欠乏)コガネムシなどの根を食害する害虫の幼虫の有無。細根に纏わり付いているカビ及び瘤の確認など。

関連害虫の駆除及び殺菌消毒が必要ですが難しいでしょう。最寄の農協又は関連地域の農協で適用殺菌剤及び予防処置を聞いてください最寄の農業、園芸、技術センター等に問い合わせると良いでしょう。
柑橘グリーニング病
http://72.14.235.104/search?q=cache:OQ2igZd4EtUJ:www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/ondan/3-5-5.pdf+%E9%87%91%E6%9F%91%E8%A6%81%E7%B4%A0%E6%AC%A0%E4%B9%8F%E3%80%80&hl=ja&ct=clnk&cd=2&gl=jp&lr=lang_ja
柑橘グリーニング病
http://www.knaes.affrc.go.jp/press/20060426-2/index.html
柑橘グリーニング病
http://www.maff.go.jp/kaigai/2005/20051202newyork57a.htm
ミカンキジラミとカンキツグリーニング病登録農薬スプラサイド乳剤40などの散布とベンレート、ダイセンM水和剤、ダコニール1000等殺菌剤の散布が必要。
http://www.syngenta.co.jp/support/gaichu/gaichu37_mikan.html

先ず根周りの環境を確認する必要があります。過湿、水不足、肥料(要素過多及び欠乏)コガネムシなどの根を食害する害虫の幼虫の有無。細根に纏わり付いているカビ及び瘤の確認など。

関連害虫の駆除及び殺菌消毒が必要ですが難しいでしょう。最寄の農協又は関連地域の農協で適用殺菌剤及び予防処置を聞いてください最寄の農業、園芸、技術センター等に問い合わせると良いでしょう。
柑橘グリーニング病
http://72.14.235.104/search?q=cache:OQ2igZd4EtUJ:www.fruit.affrc.go.jp/kajunoheya/ondan/3-5-5.pdf+%...続きを読む

Qサクラの木(幹・枝)が真っ白に

桜の木の幹、枝・・・地面からすぐ上の太い幹、それに伸びる太い枝が真っ白になりました。最初、部分的なものだったため、放置していました。現在では、ほぼ全体に広がってしまいました。木の高さは、4m弱か?そばに、柿、もみじ、きんもくせいがあり、若干、風通しが悪いかもしれません。白い部分は、若干、手に粘っとした感じで、繊維状、綿状(菌糸か?)のものが、全面についています。「葉」には異常はありません。近くには洗濯干し場(お隣さまと我が家)もあり、伐採する方が良いでしょうか。木が大きすぎて、薬剤散布は無理と考えます。もし、伐採しか方法がなければ、どこに依頼をすれば良いでしょうか。厳しい年金生活。費用が心配です。

Aベストアンサー

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう動けないので掻き落としてしまえば死んでしまいますが、幼虫は発生期においては次々と孵化し、樹をよじ登って来て場所を決めると足を落として成虫となります。大量にカイガラムシに寄生されると樹が弱り、終いに枯れ死に至ります。

発生期間が長いので厄介な害虫ですが、幼虫はスミチオン乳剤等、一般的な有機リン系殺虫剤の散布でも効果がありますが、定期的に散布する必要があります。
成虫は殻で覆われていますから、それらの殺虫剤では効果が期待できません。
落葉している冬期に、マシン油乳剤の20倍希釈液を噴霧器で散布します。(越冬します。)
http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037(ホームセンターあたりでも販売しています。11月あたりになれば大量に仕入れるでしょう。)
http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm#4
油分が殻の中まで浸透し、カイガラムシの成虫を窒息死させます。
(ボルンというスプレー剤もありますが、期待薄でしょう。それに不経済です。)

膏薬病については被害部分を削り取り、殺菌剤を散布しておきます。
http://heboen.hp.infoseek.co.jp/byouki/kabi_ka3.html

カイガラムシの駆除が重要ですね。今いる成虫を掻き落とし、定期的な薬剤散布(春~秋、9月いっぱいまで。)をし、冬期におけるマシン油乳剤の散布を行います。
来年は初夏までにカイガラムシの発生がなければ、定期的散布は不要かも知れません。
薬剤散布は噴霧器を使います。脚立も必要でしょう。ご自分で無理だと思えば植木屋あたりでもやるでしょう。あるいはシルバー人材センターあたりでも安くやってくれるかも知れません。

膏薬病(こうやく病)です。
カビ菌の一種ですが、樹から直接栄養を摂っておらず、カイガラムシの排泄物を栄養分として寄生します。
http://www.afftis.or.jp/kaigara/iroiro.htm(吸汁性害虫で種類が多いです。)
手に粘っとした感じなのは、このカイガラムシの排泄物と思われます。
風通しが悪いのも、カイガラムシが好んで寄生する条件です。

伐採するのも樹そのものがやられている訳ではないので、もったいない様な気がしますが、カイガラムシそのものの駆除が先決でしょう。
成虫は足を落としてもう...続きを読む

Q小さな小さな白い虫(飛びます)の正体は何?

ミニトマト、ルッコラ、シソに最近虫がついて困っています。

・体や頭が見えないほど小さい。体長1mm? 見た目白い粉がついたように見えます。
・羽まで見えませんが、パッと飛ぶところを見るとあるようです
・これがつき始めてから、上記野菜の葉に白い点々状のものができます。
・今のところ、ニンニク入り水スプレーで対応。吹き付けるとしばらく飛び散りますが、少し経つとまた戻っています。

虫の名前がわからないので、対処できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

画像があればハッキリするのですが、質問内容から考えるとコナジラミ
類の可能性が高いように思えます。
書店には病害虫図鑑や病害虫百科が市販されていますから、発生をした
病害虫を図鑑に載っている写真と見比べて下さい。

コナジラミの場合は葉を吸汁して、作物の生育を悪くさせます。作物は
葉によって収穫量が違うので、害虫が発生したら早めに駆除をしないと
収穫量に影響します。何もしないで放置すると、その内に葉だけでなく
全体が枯れてしまう事もあります。

確実なのは薬剤使用で、薬剤以外を使用しても一時的に回避させている
だけで、効果が切れれば再び現れて被害を繰り返します。
その事は質問者さんが経験されて、十分に理解されているはずです。

コナジラミかどうかは図鑑で調べ、本当にコナジラミで間違いないなら
専用の薬剤を散布して駆除をして下さい。
スス病になったり、時にはウイルスになって株ごと抜いて処分しなけれ
ばいけなくなる事もあります。

Qハナミズキが危ない!!対策を教えてください。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている部分があります。
(前に家にあったオルトランCをかけてはみたのですが、、)
なので、幹もなんとなく元気がないように思います。
植えている場所は北側のあまり日が当たらないところで、
朝早くに少しと西日が当たります。
株元にギボウシが植えてあります。

とりあえず、白く変色した葉や茶色いものはなるべく取っているのですが、ほとんどが白くなっているので全部とってしまうのもどうかと思い、そのままの状態です。

これからどのようにしてあげればよいか助言をしていただきたく質問しました。
よろしくお願いいたします。

今年キレイな花を咲かせたハナミズキがどうやら病気のようなんです。
花が終わったあとも元気にきれいな葉をつけ、どんどん成長していたのに、近所のおじさんに梅雨前くらいになにやらの消毒液の散布と剪定をしてもらってから、
全部の葉が白い粉を吹きつけたようになってしまいました。
最初は消毒液のせい?なんて思っていたのですが、
そのおじさんに聞いたところ違うようで害虫じゃないかとのこと。。
調べてみると、多分うどんこ病かなと思うのですが、
最近になって、さらに葉が茶色くなってきている...続きを読む

Aベストアンサー

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我が家では、ミネラシンがよく効きました。
薬剤が葉に付きやすいように、ダインなどの展着剤を少し混ぜて、葉全体(裏も)に散布します。
2週間おきに3回ほど散布するといいですね。
ただし、これから、夏の高温時には、薬害が出易いので、比較的涼しい日の夕方に散布するのがよいと思います。
後、葉の白い色は、薬剤でカビが死んでも残ります。
ですから、白い色が広がっていかなければ、薬剤の効果があると判断します。
葉を摘んでしまうのは、木にとっても更なるダメージを与えることになるので、茶色く完全に枯れたもの以外は残しておいたほうがよいですね。
駆除できると良いですね。(^^)

参考URL:http://www.sumika-takeda-engei.co.jp/navi/byoki04.html

うどんこ病で間違いないと思います。
ハナミズキは、庭木の中でも、うどんこ病に罹りやすい方です。
うどんこ病は、カビによる病気で、雨や水やりなどでカビがどんどんと広がっていきます。
(梅雨の長雨で被害が拡大したと思われます。)
このままだと、新しく出てくる新芽にも、すぐに広がってしまい、樹勢が落ちますので、薬剤による対策が必要ですね。
少しの病変だけだと、オルトランCのような総合殺虫殺菌剤でも良いのですが、ここまで広がってしまうと、うどんこ病の専門薬のほうが良く効きます。
我...続きを読む

Q金柑の枯れ、助けてください。

金柑が枯れかけています。お知恵を貸して下さい。

木を育てた事がないのですが、家族の記念にと初めて買いました。
鉢植えで、30センチ位の大きさです。

年末に購入し、玄関に置いて置きましたが、2月頃から外に出しました。(こちらは関東です)
お店では、3月に植え替えるよう言われていたのですが、今年に入ってから忙しく、2月に外に出してからは、水遣りも余りできず、放置してしまいました。
その間に、関東で雪が降った時も外に出したままで・・・。今、とても後悔しています。

今の状態は、葉がついたままカサカサして下に垂れ下がっています。色はくすんでいて、さわると、パリっと音をたてて木から離れます。
実も、買った時についていたのですが、ついたまましぼんでいます。

これはもう、完全に枯れてしまっているのでしょうか?
自分なりに調べたのですが、良くわからず・・・。。
今から回復させる方法があれば、一生懸命頑張りたいと思いますので、お知恵を貸して下さい。
葉や実は、取ってしまった方が良いのでしょうか?
付けたままの方が良いでしょうか?

植え替えをした方が良いか、しない方が良いか、また肥料はどうすべきか、アドバイスをお願い致します。

金柑が枯れかけています。お知恵を貸して下さい。

木を育てた事がないのですが、家族の記念にと初めて買いました。
鉢植えで、30センチ位の大きさです。

年末に購入し、玄関に置いて置きましたが、2月頃から外に出しました。(こちらは関東です)
お店では、3月に植え替えるよう言われていたのですが、今年に入ってから忙しく、2月に外に出してからは、水遣りも余りできず、放置してしまいました。
その間に、関東で雪が降った時も外に出したままで・・・。今、とても後悔しています。

今の状態は、葉がつい...続きを読む

Aベストアンサー

鉢植え常緑樹の落葉の原因の多くは根にあるので、大きい鉢に植え替えましょう
水遣りは土が乾いてからたっぷりと行いますが、鉢の下にお皿を置くと根が腐る原因にもなるので置かないように
日光によく当て、肥料は芽吹くなど木が蘇ってから液肥などをどうぞ
木に生命力が残っていれば蘇りますので、大事に育ててください

参考資料を記しますので、参考になさってください
http://log.engeisoudan.com/lng/200603/06030199.html

Qミカンの葉が縮れてます。どう対処すべきでしょうか。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当にハダニなのかわかりません。対処法を教えていただけないでしょうか?少なくともここ2週間以内に発生したのは確実です。

ミカンの種類は桜島小みかんで、鉢植えで育てています。

今のところは殺虫剤をまいてみました。あと今日は遅いので明日以降やろうと考えていますが中心部分は生い茂っていて空気があまり通らない状態ですので剪定しようかと思っています。剪定もやるべきですよね。


あともう一つ質問ですがすさまじく萎れている部分を切ったのですがそれを近所のホームセンターか花屋に持って行って何の病気か害虫かどうか聞くのはいいのでしょうか?

この状況のみかんへの対処法に関して、情報提供どうかよろしくお願いします。

久しぶりに実家に戻ってミカンの木を見たところ若葉のほうから葉っぱが縮れ(萎れ?)ていくという状態でした。


一応調べてみたのですがアブラムシがついているわけでもなく、毛虫もありませんでしたが何故か葉の表側にもいますが裏側を中心に凄く小さな白い粉のようなのと赤い粒(虫?)がたくさん付いており、それがついている葉っぱはたくさんあれば芯の部分を中心に内側に萎れています。そして葉っぱは緑から白へと変色しています。


たぶんハダニだと思うのですがこのようになったことは初めてなので本当...続きを読む

Aベストアンサー

間違いなくミカンハダニの仕業です。要は剪定をしないため通気性が悪く
なったのが主な原因です。ミカンの木を見て、全体的に葉が生い茂ってい
るように見えませんか。そうであるなら、剪定を怠っている証拠です。

アクテリック乳剤に展着剤(ダイン)混ぜ、それを噴霧器で葉の裏表や、
幹や枝に十分に噴霧して下さい。1回だけでは効きません。10日置きに
2~3回繰り返すのがコツです。

冬場に枝抜きを中心に、剪定を行う事も必要です。

肥料不足は病害虫の被害に遭いやすいので、施肥時期が来たら必ず施肥は
行って下さい。

ホームセンターでは分かる人は居ません。ホームセンターは売るだけの所
と認識して下さい。花屋でも同じです。草花に関しては知識があるでしょ
うが、果実に関しては知識は持たれていません。

今回の場合はミカンハダニで間違いありませんから、別に聞きに行かれる
必要は無いと思います。画像の枝を持参しても答えられる人は居ないでし
ょう。害虫被害は害虫が付いていないと答えられません。

Q梅の木の病気?(ちょっと気持ち悪い画像です)

いつもお世話になります。画像は職場の庭の梅の木です。
つぼみが膨らみ始めて、もう少しだなぁ、
それにしてもつぼみが少ないなぁ、
と眺めていたら気持ちの悪いものを見付けました。

1)・赤枠の中の殻は何でしょうか?7~8ミリで棒でつぶせばつぶれます。
2)・幹全体にビッシリ付いている1~3ミリの丸い殻は何でしょうか?
3)・2と一緒に幹全体に付いている白いものは何でしょうか?

気持ちが悪くて何かの虫かと思い、
途中までシュロ製のキッチンブラシでこすり落としていましたが、
こすり落としても丸い殻は地面に落ちるだけで、白いものは飛び散るだけで、
はたしてこのまま、こすり落として良いものかどうか疑問に思い、
今は中断しています。

これから何をしたら良いですか?
何もしなくても良い?このままこすり落とす?薬を散布する?
去年の12月中旬より以前にどんな手入れをして来たか不明です。

Aベストアンサー

>1)・赤枠の中の殻は何でしょうか?7~8ミリで棒でつぶせば>つぶれます。

赤枠の中の丸いもののことでか?
7~8ミリではなくて7~8センチのまちがいなのではありませんか。
いずれにしても何かの害虫のさなぎだと思います。
なんという虫かは分かりません。
対策として暖かくなって虫がふ化する前にスコップのようなもので木からはぎ取って燃やしてしまうか、地面に穴を掘って埋めてしまえばよいでしょう。


>2)・幹全体にビッシリ付いている1~3ミリの丸い殻は何でし>ょうか?

貝殻虫の一種だと思います。

>3)・2と一緒に幹全体に付いている白いものは何でしょうか?

これもカイガラムシの一種だと思います。
画像が小さいので見づらいですが、この白いものはアブラ虫の可能性もありますがこの季節にはアブラムシは発生しないと思います。

>こすり落としても丸い殻は地面に落ちるだけで、白いものは飛>び散るだけで、

この白いものは綿のような感じでしょうか。
もしそうだとするとアブラムシですが。


2) も 3)もカイガラムシだと思いますので、マシン油を散布してください。
マシン油はホームセンターなどで売っていますが、散布できるのが寒い季節に限られます。
特にカイガラムシ胎児ですと20倍ぐらいの高濃度のものをしようしますので葉が出る前に、つまりお住まいの地域にもよりますが遅くとも3月中には作業を終わらせたほうがよいでしょう。
マシン油は今の時期の葉のない梅には散布しても大丈夫ですが、松はマシン油に弱いので近くに松があったらビニールシートをかけるなどして防いで散布してください。

丸いからのカイガラムシが死んだかどうかが分かりづらいですが、今はつぶすとブチュっと液体が出てくると思います。しかしマシン油が効いて死んでしまうとつぶした時に、飴玉やせんべいをつぶしたようにカシュっといった感じで乾いています。
これで死滅したかどうかを確認してください。
すぐには死なないです。
2~3日おきに3回ぐらい散布すれば死滅するはずです。
一緒に付いてる白いものもこれで死滅するはずです。
以上が、2) も 3)貝殻虫だった時の対応策です。

しかし、白いものがアブラムシだった時の対応策ですが、アブラムシはいろいろな殺虫剤が有効ですがホームセンターなどにある、マラソン乳剤や、スミチオン乳剤の1000倍液を散布すればよいでしょう。
マシン油とは2~3日時期をずらして一週間間隔をあけて2回散布すれば完全です。

念のためにマシン油とマラソン乳剤か、スミチオン乳剤の2種類を散布したほうがよいでしょう。

我が家のウメモドキもカイガラムシが付いてしまったことがありますが上記の方法ですべて退治できました。
ちなみにカイガラムシは固い殻をもっているせいか、マラソン乳剤、スミチオン乳剤、は効果が無くて高濃度のDDVPでも効かなかったですが、マシン油は有効でした。
ということでマシン油を暖かくなる前に散布して下さい。

>何もしなくても良い?
これだと貝殻虫がどんどん増えてしまい梅の樹勢が衰えて数年後には枯れてしまうでしょう。

>このままこすり落とす?
太い幹はこすり落とせるでしょうが細かい枝までは無理でしょう。マシン油を使ったほうがてっとりばやいです。

>薬を散布する?
これをお勧めします。
そして赤枠の中のものは埋めてしまう。

これだけカイガラムシが付いていると細い枝は枯れてしまったものもあり今年の春は葉もあまり出てこないかもしれませんが、今のうちに手入れをしてあげれば来年の春には花も咲き年々元気になってくるでしょう。
肥料をすこし入れてあげるとよいでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%B3%E6%B2%B9%E4%B9%B3%E5%89%A4

http://www.afftis.or.jp/kaigara/bouzyo.htm

http://www.engei.net/Browse.asp?ID=14037

>1)・赤枠の中の殻は何でしょうか?7~8ミリで棒でつぶせば>つぶれます。

赤枠の中の丸いもののことでか?
7~8ミリではなくて7~8センチのまちがいなのではありませんか。
いずれにしても何かの害虫のさなぎだと思います。
なんという虫かは分かりません。
対策として暖かくなって虫がふ化する前にスコップのようなもので木からはぎ取って燃やしてしまうか、地面に穴を掘って埋めてしまえばよいでしょう。


>2)・幹全体にビッシリ付いている1~3ミリの丸い殻は何でし>ょうか?

貝殻虫の一種だ...続きを読む

Q柿の木の実が全部落ちてしまう

20年位の柿の木があります。ここ数年、青い実はなるのですが、そのまま腐って落ちてしまいます。葉も落ちてしまいました。

柿が、ちゃんと実をつけるようにするには、どうすればいいのでしょうか。これは、病気なのか、虫が木の中にいるのかもわかりません。実に袋をかぶせることは、してません。
消毒はしてなく、11月頃に選定は伸びた枝を切る程度です。

よい方法を教えてください。

Aベストアンサー

実を沢山付けた時には、柿の木が自分の身を守るために自ら実を落とし
てしまう生理的落果があります。この場合は病気や害虫ではありません
ので、人間の手で何とかしようとしても無駄になります。

実が落ちてヘタだけが残っているなら、カキノヘタムシの被害です。
青かろうが熟していようが、カキノヘタムシには関係ありません。柿の
実が付いている限りは、ドンドン発生します。
幼虫が発生するのは年2回で、6月上旬から下旬と7月下旬から8月上
旬にスミチオン乳剤を1000倍に薄めて、1週間置きに3回程度繰り
返します。現在被害を与えているのは、8月上旬頃に孵化した幼虫が被
害を与えているのだろうと思います。とりあえずスミチオン乳剤を1~
3回ほど散布して見て下さい。

ブドウやビワとは違いますから、袋かけは行いませんし必要もありませ
ん。

剪定は12月から2月の間の内、厳寒期である1月を除いた時期に行い
ます。11月では葉は残っていませんか。基本的には葉が完全に落下し
てから行うようにします。夏の整枝も必要で、開花が終わったら徒長枝
のような不要な枝や、込み合っている枝を切って整理をします。これに
より枝と枝との間隔が広くなり、風通しも良くなるので病害虫の発生を
ある程度は抑える事が出来ます。不要枝を切る事で風通しが良くなるだ
けでなく、今まで不要枝が消費していた養分も実の方に使えるようにな
ります。徒長枝には実はつきませんので、このような枝は夏の間に切っ
てしまった方が良い成果が得られるようになります。

収穫後の御礼肥えは必要ですが、与え過ぎると根を傷めてしまいます。
根元から1m程度離れた位置に穴を掘り、一握り程度の肥料を施して下
さい。堆肥に少量の肥料を混ぜ、それを施されても構いません。1本に
付き2~3ヶ所に施して下さい。肥料は年に1度だけで、それ以外の月
は与えません。

実を沢山付けた時には、柿の木が自分の身を守るために自ら実を落とし
てしまう生理的落果があります。この場合は病気や害虫ではありません
ので、人間の手で何とかしようとしても無駄になります。

実が落ちてヘタだけが残っているなら、カキノヘタムシの被害です。
青かろうが熟していようが、カキノヘタムシには関係ありません。柿の
実が付いている限りは、ドンドン発生します。
幼虫が発生するのは年2回で、6月上旬から下旬と7月下旬から8月上
旬にスミチオン乳剤を1000倍に薄めて、1週間置...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング