アイソトープ便覧などに,137Csのγ線の放出エネルギーは662keV,放出割合は85%などと書かれていますが,この放出割合とは何のことなのでしょうか?

A 回答 (4件)

Cs137核は、添付した図のようなdecay schemeで


崩壊します。
この図の見方はご存知でしょう。
図には、γ線の放出割合(photo emission rate)は
載せられていませんが、γ線の放出割合は、崩壊毎に
放出されるγ線の数(photon/disintegration)です。
「γ線の放出エネルギー」の回答画像2

この回答への補足

放出割合はγ線の個数なのですか?「割合」なのにですか?
添付していただいた図に85.1と書かれていますが,一回の崩壊で85.1個の光子が出るということでしょうか?

補足日時:2009/05/24 21:57
    • good
    • 0

Co60の場合、1.17MeV、1.33MeVのγ線放出割合が、何れも100%


なので、それぞれのエネルギーの効率で割り、単位時間当たりの
崩壊数を求めます(γ線放出割合が100%なのでその補正は不要
です)。従って、1.17MeVのγ線からと、1.33MeVのγ線からの
二通りの結果を得ます。当然、係数装置の校正が充分行われて
いれば、非常に近い数値であるはずです。
もし、グロスの計数値しか得られない場合は、γ線放出割合を
200%として求めることになるのはお分かりでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2009/07/19 01:51

> γ線の個数なのですか?「割合」なのですか?


> 添付していただいた図に85.1と書かれていますが,一回の崩壊で85.1個の> 光子が出るということでしょうか?
85.1という値がありましたね。斜体の表示はエネルギー(kev)と放出割合(%)
を表わしています。Ba137mの核1000個が2.552分の半減期で基底状態のBa137
に落ちるとき、851個のγ線粒子が出るということを示しています。

> 光子の数のスペクトルと85%というのは関係ありますか?
1秒当たりの崩壊数(dps)を求める時、計数値を計数効率で割るのは当然です
が、このγ線放出割合でも割る必要があります。

この回答への補足

Coは放出割合が90%をエネルギーが2つありますが,これだと全体では180%を超えることになりませんか?

補足日時:2009/05/31 01:20
    • good
    • 0

Cs137はβ崩壊によって94.6%がBa137m(準安定状態)、残りがBa137に崩壊します。

Ba137mは半減期2.552分でBa137へ遷移しますが、このときにエネルギーが0.66165MeVのγ線の放出、又は内部転換電子(url参照)の放出が行われます。γ線の放出の割合が85%であると測定されています。

参考URL:http://www.senzoku.showa-u.ac.jp/dent/radiol/Pro …

この回答への補足

γ線の放出の割合とはどういうことなのでしょうか?
γ線のスペクトルをシンチレーション検出器で測定したときに,横軸がパルス波高,縦軸が光子の数のスペクトルが得られると思います.そのスペクトルと85%というのは関係ありますか?

補足日時:2009/05/23 22:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました.

お礼日時:2009/07/19 01:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエクセルで片対数グラフを作る

エクセルで片対数グラフを作る方法を詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

グラフの数値軸のところで右クリックして
軸の書式設定(O)→目盛(タブ名)

対数目盛を表示する(L)
にチェックを入れてください。

Qベクレル値の求め方が分かりません

1gのラジウム(Ra)のベクレル値を求めたいのですが、計算が分かりません。
次のように計算しました。

(1)226Raの半減期を1,622年とします。Ra原子が崩壊する速さは、
1個/1,622年=1個/(1,622×365×24×60×60秒)=2.51×10^-11 個/秒

(2)Ra 1モルは、原子数6.02×10^23個、質量226g。
したがって、Ra 1g中にある原子の数は、
6.02×10^23個/モル÷226g/モル=2.66×10^21 個/g

(3)したがって、1gのRa中で1秒間に崩壊する原子の数は、
2.66×10^21 個/g×2.51×10^-11 個/秒=6.69×10^10 個*個/g/秒

質問1
一般に、1gのRaは約3.7×10^10ベクレルであると言われています(例えば、 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%AB )が、6.69×10^10は3.7×10^10と違いすぎます。なぜでしょうか。

質問2
ベクレルは個/秒だと思うので、(3)の計算結果の単位は個/秒にならなければならないと思うのですが、実際には個*個/g/秒になっています。つまり、(3)のうち個/gが余分です。(3)が1g当たりの個数を求めているので/gが余分に付くことは理解できるのですが、なぜ個*個となるのか分かりません。どこが間違っているのでしょうか。

1gのラジウム(Ra)のベクレル値を求めたいのですが、計算が分かりません。
次のように計算しました。

(1)226Raの半減期を1,622年とします。Ra原子が崩壊する速さは、
1個/1,622年=1個/(1,622×365×24×60×60秒)=2.51×10^-11 個/秒

(2)Ra 1モルは、原子数6.02×10^23個、質量226g。
したがって、Ra 1g中にある原子の数は、
6.02×10^23個/モル÷226g/モル=2.66×10^21 個/g

(3)したがって、1gのRa中で1秒間に崩壊する原子の数は、
2.66×10^21 個/g×2.51×10^-11 個/秒=6.69×10^10 個*個/g/秒

質問1...続きを読む

Aベストアンサー

(1)の計算で、1個/1,622年の計算に問題があります。
Raは指数関数的(exp(-t/T))に減少します。この計算をする時の分母はTを使う必要があります。(T経過すると、原子数はexp(-1)≒0.37(かな?)になります)
半減期をT2とすると
exp(-T2/T)=1/2より、T2/T=log(2)ですので、これから時定数Tを計算して使うことになります。

また、(1)では、計算される数値は、「原子1個当たり、1個/T年」なので単純に1/時定数となって、単位は「1/秒」です。(「個」はつきません)

Q放射科学の壊変図について!

壊変図の見方がよく分かりません・・・;
画像に簡単な壊変図を載せています。分からないことは2点あります。

(1)C64から生成するZn64の放射能を求めるときは、40%なのでC64の放射能に0.4をかければいいのかなって思うのですが、Ni64の放射能を求めるとき、0.19をかけるべきなのか、それとも別の数をかけるのかが分かりません><

(2)左側にある1.346という数字は「1.346MeVの光子が放出される」ということなのですが、つまり「C64が持つ元々の放射能の0.6%が光子として放出される」という風に考えてよいのでしょうか?

分かる方いたら教えて下さい><

Aベストアンサー

こんばんは。
まず、質量数を書くときは、
64Cu とか Cu-64 と書きましょう。

では、本題です。

>>>(1)C64から生成するZn64の放射能を求めるときは、40%なのでC64の放射能に0.4をかければいいのかなって思うのですが、

「64Znの放射能」ではなく、64Cuの放射能のうち64Znに崩壊する成分、ということでよいのですよね?
そうであれば・・・

>>>Ni64の放射能を求めるとき、0.19をかけるべきなのか、それとも別の数をかけるのかが分かりません><

・0.6%は、軌道電子捕獲でm64Niへ。さらに核異性体転移で64Niへ(つまり、崩壊が2段階)
・19%は、β+崩壊で64Niへ
・40%は、軌道電子捕獲

つまり、
0.006×2 + 0.19 + 0.4
です。


>>>
(2)左側にある1.346という数字は「1.346MeVの光子が放出される」ということなのですが、つまり「C64が持つ元々の放射能の0.6%が光子として放出される」という風に考えてよいのでしょうか?

それではいけません。
64Cu のうちの0.6%がいったん 64mNi になって、
そして、その 64mNi の100%が光子(ガンマ線)を出して 64Ni になるということです。

こんばんは。
まず、質量数を書くときは、
64Cu とか Cu-64 と書きましょう。

では、本題です。

>>>(1)C64から生成するZn64の放射能を求めるときは、40%なのでC64の放射能に0.4をかければいいのかなって思うのですが、

「64Znの放射能」ではなく、64Cuの放射能のうち64Znに崩壊する成分、ということでよいのですよね?
そうであれば・・・

>>>Ni64の放射能を求めるとき、0.19をかけるべきなのか、それとも別の数をかけるのかが分かりません><

・0.6%は、...続きを読む

Q水中でのチェレンコフ効果のしきいエネルギーについて

水(屈折率1.33)中でのチェレンコフ効果のしきいエネルギーは何keVか。という問題の解き方がわかりません。答えは257keVになります。
詳しい解き方を教えてください。よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

チェレンコフ光の放射角は
 cosθ=1/(nβ),β=c/v
で表されます.ここで,nは屈折率,cは光速,vは粒子の速度です.
cosθ≦1なので,チェレンコフ光が放射されるのは,速度が
 1/nβ≦1 ∴β≧1/n ……(1)
を満たすときです.

また,エネルギーは特殊相対論で習ったように,
 E=mγc^2, γ=1/√(1-β^2)  ……(2)
で表されます.ここで,mは粒子の質量です.

(1),(2)より,エネルギーのしきい値 E_threshold は,
 E=mγc^2
  =(mc^2)*(1/√(1-β^2))
  ≧(mc^2)*(n/√(n^2-1))
より,
 E_threshold=(mc^2)*(n/√(n^2-1))  ……(3)
と求まります.

準備はこれで終わりです.

(3)式を,水中(屈折率 n=1.3334)を粒子が高速で運動する状況に適用してみましょう.粒子として例えば,ミューニュートリノを考えてみます.ミューニュートリノの質量は,170KeV以下と制限が付けられています.そこで,粒子の質量として mc^2=170KeV を用いてみると,(3)式よりエネルギーのしきい値は
 E_threshold
 =(170)*(1.3334/√(1.3334^2-1)) KeV
 =257.0 KeV
と求まります.

参考:
ミューニュートリノの質量について
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%8E

チェレンコフ光の放射角は
 cosθ=1/(nβ),β=c/v
で表されます.ここで,nは屈折率,cは光速,vは粒子の速度です.
cosθ≦1なので,チェレンコフ光が放射されるのは,速度が
 1/nβ≦1 ∴β≧1/n ……(1)
を満たすときです.

また,エネルギーは特殊相対論で習ったように,
 E=mγc^2, γ=1/√(1-β^2)  ……(2)
で表されます.ここで,mは粒子の質量です.

(1),(2)より,エネルギーのしきい値 E_threshold は,
 E=mγc^2
  =(mc^2)*(1/√(1-β^2))
  ≧(mc^2)*(n/√(n^2-1))
より,
 E_threshold=(mc^2)*(n/√...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング