上記のことを耳にしたことがあるのですが、これは実際に労働基準法上で合法とされることなのでしょうか。

また、そうである場合、会社の就業規則に特に記載されてなくても、こういう減給処分を行うことはできるのでしょうか。

ご存知の方よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

> 上記のことを耳にしたことがあるのですが、これは実際に


> 労働基準法上で合法とされることなのでしょうか。
よく見かける法解釈を間違った規定の1つですね。
『3回に1回だったら、1回は3分の1だから、法に定める「2分の1」未満なので合法』と誤解している。
実際に何時間遅刻・早退した結果に対する物なのかによっては、違法となる比率が非常に高い。
◎簡単な解説
労基法での制裁は「1回の事例に対して」と定めているので、会社側が
・「毎回の遅刻を纏めて欠勤計算する」と答弁するのであれば、対象期間内に発生した4回目や5回目に対しても、1労働日の賃金に対して3分の1づつ欠勤控除が必要となる。
・「3回を以って、制裁の事例に該当する」と答弁するのであれば、労基法に従い、1回の事案に対する欠勤控除は1労働日の賃金に対して2分の1を限度となる。
更に、減給の制裁は事例発生時期から時間が大きく経過した後に行うのは、労働者の生活を脅かすので望ましくない[極端な例ですが、10年前のミスを原因として減給制裁]。これは、賃金の全額払いの規定に対する法違反と論ずる方も居ります。

> 会社の就業規則に特に記載されてなくても、こういう減給処分を
> 行うことはできるのでしょうか。
実損害賠償の請求ではないので、出来ない。
但し、「ノーワークノーペイ」は世の常識なので、遅刻した時間数に応じた時間給分の減給[規則等に掲載しておくのが望ましい]は制裁ではなく、制裁となるのは、遅刻した時間数の応じた時間給分を超えた部分が該当する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。
よく読ませていただいて、やはり3回の遅刻=1日の欠勤、というのは乱暴な考えですし、何らかの言及措置をするにしても時間的な経過の中で整合性がなければならない、ということがよく理解できました。

お礼日時:2009/05/31 18:22

こんにちは。



http://e-kyuyo.com/jitsumu/kekkin.html
http://www.nextone.jp/no070426/mg/mg02.html

と、書いてありますね。
就業規則に記載が無ければ、「そんな規則は会社には無い」でしょう。
書いてあっても、違法の可能性が高いと言う事です。
2個目の参考URLは、遅刻2回で1日分の減給となっています。


ここから下は、個人の感想で超法規的な事として読んで下さい。

5分の遅刻3回で減給1日分は酷いが、2時間の遅刻を3回なら減給1日は当然の話。
会社としては、そんな事を言っていられないから十把一絡げで
5分の遅刻も2時間の遅刻も、遅刻は遅刻。と言う事ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、実際は少なくとも時間に換算して言及するのが妥当な考え方なのでしょうね。
ご親切にアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 18:16

 法を杓子定規で行けば、合法ではないと思われます。

トヨタの社員さんは、「遅刻1回でクビです」とおっしゃってましたね。記載がなくとも、素行不良によりクビにする名目としては十分ではないかと思うので、欠勤になることは、むしろお優しいと考えます。これを叩けば、次は素行不良でクビが適用されると思います。言わない方が保身になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の場合は立場が逆なのですが、説明不足で申し訳ありません。
でもトヨタのエピソードなど教えていただき、参考になりました。
ご親切にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/31 18:14

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合法アロマは合法ハーブより安全ですか?

アロマディフューザーがあるので、合法アロマというものをやってみようと思っています。

合法ハーブを調べるとやっぱり危険だということで断念しました、
ですが合法アロマというものもあると知ったので試してみようと思うのですが、
タバコみたいに吸う合法ハーブと違ってアロマは安全でしょうか?
ちなみにタバコは吸ったことありません。

Aベストアンサー

合法アロマってのは、巷で売っているアロマリキッドってことでいいですかね(ニヤリ)。それならアロマディフューザーに数滴垂らして香りを楽しめばいいです。
そうじゃあなくて、法には触れないけどあのアブないやつだよっていうのなら、そんなもんが安全なわけないでしょ。だいたい、脱法アロマは香りを楽しむなんて優雅なお楽しみじゃないですよ。もっと過激な方法で味わうんですよ。

ちなみに私、昔脱法ドラッグっつーのに手を出したことがありますが、使った回数は両手で数えられる程度ですが、見事に人の名前が出てこなくなるという後遺症が出ました。もうやらなくなって何年もしますが、これは脳細胞が破壊されたからもう治らないっすね。当時それをやっている人たちの多くが同じ後遺症になったようです。んで、幻覚も出るようになったので「あーこれはすごい体によくないからもうやめよう」と思いましたとさ。

Q就業規則に記載無く、減給されるのアリですか?

とある中小零細企業にて、経理職で勤務している者です。

弊社では毎月(月始め)、前月の活動報告書(目標に対して結果がどうだったか等の報告書)を提出する事になっています。
(例:10月5日までに、9月の活動報告書を提出する、という事です)

しかしながら、ある正社員の1人がここ半年ほど(半年以上?)報告書の提出をしていません。
恐らく、報告書が直筆の紙媒体なので記入が面倒なのかと思います。
以前より弊社代表より、その人へ「報告書を提出しなければ給与を減らす」と口頭で伝えていましたが、それでも報告書は提出されず、口頭で伝えはしていましたが実際に減給もしていませんでした。
ですが今回、遂に痺れを切らしたのか減給を行う事になりました。

今まで報告書を提出してこなかった月×3,000円を給与からペナルティとして差し引くそうです。
ですが、弊社の就業規則(賃金と罰則欄)には、「報告書を提出しなければペナルティ(ペナルティ内容・金額とも)を科す」と記載がありません。
報告書を提出させるには、何らかの対策が必要かとは思いますが…就業規則に記載が無く、社長の判断で賃金を減らすというのは、法律的にOKなのでしょうか?
また、今後もし就業規則に「報告書未提出者にはペナルティを科す」と追加で入れた場合、追記以前の過去の未提出分を一括または分割してペナルティとして科す事は可能なのでしょうか?

因みに、この社員は月給(基本給)が約155,000円です。
報告書の未提出は最低でも半年と考えると、6ヶ月で18,000円を今月の給与から引く事になります。
社会保険や各種税金の徴収で手取りが元から少なく、そこから更に約2万を引くとなると20代後半の方の給与としては少な過ぎるのでは…と逆に心配になってしまいます。

とは言え、法律が分からないので今回は給与からペナルティとして一旦差し引きます。
弊社の就業規則を全て見ない事には何とも言えない…と、あるかとは思いますが参考程度に皆さんのご意見をお教え頂けたら幸いです。宜しくお願い致します。

とある中小零細企業にて、経理職で勤務している者です。

弊社では毎月(月始め)、前月の活動報告書(目標に対して結果がどうだったか等の報告書)を提出する事になっています。
(例:10月5日までに、9月の活動報告書を提出する、という事です)

しかしながら、ある正社員の1人がここ半年ほど(半年以上?)報告書の提出をしていません。
恐らく、報告書が直筆の紙媒体なので記入が面倒なのかと思います。
以前より弊社代表より、その人へ「報告書を提出しなければ給与を減らす」と口頭で伝えていましたが、それで...続きを読む

Aベストアンサー

> 弊社就業規則では制裁の定めに関して、『業務遂行上の秩序を保持する為、就業規則の禁止・制限事項に抵触する社員に対して、罰則を行う。』とあり、
> 制裁(罰則)に関しては、報告書未提出における罰則は記載が全くありません。

普通は、その禁止・制限事項に「その他、会社の業務に支障をきたすもの」とかってのを入れてる気がしますが、そういうどうとでも取れる項目は無いんでしょうか?
厚生労働省が提示している、おそらく最低ラインになるモデル就業規則でさえ、

| (3) 過失により会社に損害を与えたとき。
| (4) 素行不良で社内の秩序及び風紀を乱したとき。
| (8) その他この規則に違反し又は前各号に準ずる不都合な行為があったとき。

とかってのがありますが。


> 以前より弊社代表より、その人へ「報告書を提出しなければ給与を減らす」と口頭で伝えていましたが、

予告どおりに、
・(当然そのために必要な)就業規則の変更
・減給
って処分を行えばよいのでは?

その人だけ報告書出さずにいたって事なら、他の社員も不公正に思ってるかも知れないし。
普通に報告書出してる社員には影響無い話なので、賛同は得られるでしょうし。

--
> 社長の判断で賃金を減らすというのは、法律的にOKなのでしょうか?

相手が泣き寝入りすれば問題にならないですが、賃金不払い、不当な減給って話されると、会社が対抗するのは難しいかも。

> 弊社就業規則では制裁の定めに関して、『業務遂行上の秩序を保持する為、就業規則の禁止・制限事項に抵触する社員に対して、罰則を行う。』とあり、
> 制裁(罰則)に関しては、報告書未提出における罰則は記載が全くありません。

普通は、その禁止・制限事項に「その他、会社の業務に支障をきたすもの」とかってのを入れてる気がしますが、そういうどうとでも取れる項目は無いんでしょうか?
厚生労働省が提示している、おそらく最低ラインになるモデル就業規則でさえ、

| (3) 過失により会社に損害を与えたと...続きを読む

Q合法ハーブ 愛の華アロマリキッドを女性の陰部に塗ったらどうなるか? また、適量はあるのでしょうか?

合法ハーブ 愛の華アロマリキッドを女性の陰部に塗ったらどうなるか?
また、適量はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

強い刺激のある物が含まれていたら痛みを感じるんじゃないかな。
そうでなければ特に何もない。

なんかの効果があるというなら薬事法に違反だよね。

Q就業規則の就業時間と実際の勤務時間が違う場合

就業規則で08:30~17:30の実働8時間と規定されています。
実際にはある一部の事業部門以外は、09:00~17:30或は08:30~17:00で勤務しており、給与についても7.5h以上の勤務時間については、法定内残業0.5+法定外割増残業で支給されています。
もし、就業時間を8h/1日の08:30~17:30の就業規則通りに運用を改めた場合、
実労働時間が増えます。月給制ですので、事実上、労働時間の増加(賃金の引き下げ)となります。この場合、「就業規則の不利益変更」にはあたらない訳ですが、法的にはどう考えたらよいのでしょう?

Aベストアンサー

給与計算の内容からみて、慣行として確立していると認められますので、やはり不利益変更でしょう。労基法でいう、この最低基準を逆に利用して労働条件を下げてはならないという箇所に直撃するものです。また、ANo.#1さんのいう「優遇措置」がどれくらい具体的な根拠に基づいて運用されてきたのかも重要なところです。
無理に戻す必要もありませんが、就業規則通りに運用を改めるのであれば、いきなりではなくて、まず就業規則に「優遇措置」であることの記載とその廃止計画(平成十六年度をもって「優遇措置」を廃止する等。)を記載したもので社員の了解を得て届出ることがスムーズではないかと思われます。変えても法定内ですから、まぁ文句は出ないのではないかと‥。全く文句が出ない様子なら、このような手順は必要ではなく、来月から変えるよと朝礼だけで済みます。

Q第一種低層住宅専用地域でのアロマサロン開業について

自宅でアロマセラピーのサロンを開業したいと考えています。
しかし、住宅のある土地の用途地域が第一種低層住宅専用地域のため、開業すると建築基準法違反になってしまうと市役所から言われました。
国家資格のある病院や針灸院、美容院はもちろん、銭湯まで開業できて、アロマサロンは開業できないのは、法律上仕方ないとはいえ多少納得できません。それに実際は、第一種低層住宅で開業されている方も少なくないと思います。法律が現状に追いついていないように感じます。
この状況を打開して、一種低層で合法に開業することはできないものでしょうか。また実際に現在開業されている方の工夫や、行政機関・近隣住民への対応方法などあればアドバイス欲しいです。

Aベストアンサー

できない回答ばかりで気になったのですが、一種低層でも店舗兼用住宅
は制限付きですが認められています。
ご存じだと思いますが 面積50平米以下 かつ 総面積の1/2以下。

それから業種の制限は、詳しくは各自治体の条例によるのでしょうが、
例えば、横浜 ↓
http://www.city.yokohama.jp/me/machi/guid/kenki/kijun/toriatukai/t4.pdf
アロマテラピーとは書いていませんが、
 整骨・マッサージ 可、エアロビ 可、美容院 可、岩盤浴 可
ですから、類似する店舗として営業可能なはずです。

以上から、
1.建築制限を守る(50平米以下、住居兼用)
2.役所の用途規定を確認して役所の人間の理解できる業種で申請
  する。
    × アロマテラピー
    ○ (美容)マッサージ (わかっていないので適当です)
で どうなんでしょう?
正直何が引っ掛かっているのかよくわかりませんでした。

近隣住民とは、駐車・駐輪、騒音、景観に問題がなければ、法律レベル
でのトラブルはないと思いますが。

できない回答ばかりで気になったのですが、一種低層でも店舗兼用住宅
は制限付きですが認められています。
ご存じだと思いますが 面積50平米以下 かつ 総面積の1/2以下。

それから業種の制限は、詳しくは各自治体の条例によるのでしょうが、
例えば、横浜 ↓
http://www.city.yokohama.jp/me/machi/guid/kenki/kijun/toriatukai/t4.pdf
アロマテラピーとは書いていませんが、
 整骨・マッサージ 可、エアロビ 可、美容院 可、岩盤浴 可
ですから、類似する店舗として営業可能なはずです。
...続きを読む

Q就業規則の記載方法(前項云々の記載方法)

いつもお手数をおかけしています。規程の作成方法についておききします。

規程について作成した場合、条文があり、第2項で「前項の目的を云々」とする補足すること
がよくあるかと思いますが、第1項、第2項について記載がある場合、第3項で、その第1項、
2項について補足する場合はどのような書き方がいいのでしょうか?

具体例

第〇〇条 1歳に満たない子を養育する女性職員から請求があったときは休憩時間のほか、 
     1日に2回、1回30分の育児時間を与える。
    2 生理日の就業が著しく困難な女性職員から請求があったときは、必要な期間、休
     暇を与える。

この第1項、第2項について無給であることを第3項で規定したい場合

    3 前項の休暇は無給とする
    3 前二項の休暇は無給とする。
    3 第一項及び第二項の休暇は無給とする。

のうちいずれが正しい記述になるでしょうか。

Aベストアンサー

>  3 前項の休暇は無給とする

これは誤り。これでは第1項は含まれない。

> 3 前二項の休暇は無給とする。
> 3 第一項及び第二項の休暇は無給とする。

これらは正しい。しかし前者の方が簡潔であり,好ましい。

もちろん#1さんのような書き方でも差し支えない。

Q錯視(アロマ企画)

あるサイトで、「アロマ企画」と「画企マロア」という単語を連続して並べると、文字列がまっすぐに見えない、という記述を見つけました。

平行線が平行に見えない錯視として、ツェルナー錯視が有名ですが、文字列での錯視は初めて見たのでとても興味深く思っています。

どうして「アロマ企画」という文字で錯視が生じるのか?「アロマ企画」より効果的な(錯視が顕著に現れる)文字列はないのか?

文字列を使った錯視の研究を扱った本、ホームページなどがあれば是非教えてください。

-------------------
画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企
画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企

アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画
アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画アロマ企画

画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企
画企マロア画企マロア画企マロア画企マロア画企

(2箇所ある改行のうち、上の改行は右開きに、下の改行は左開きに見えませんか?
フォントによってはそのように見えないかもしれませんが・・・)

あるサイトで、「アロマ企画」と「画企マロア」という単語を連続して並べると、文字列がまっすぐに見えない、という記述を見つけました。

平行線が平行に見えない錯視として、ツェルナー錯視が有名ですが、文字列での錯視は初めて見たのでとても興味深く思っています。

どうして「アロマ企画」という文字で錯視が生じるのか?「アロマ企画」より効果的な(錯視が顕著に現れる)文字列はないのか?

文字列を使った錯視の研究を扱った本、ホームページなどがあれば是非教えてください。

---------------...続きを読む

Aベストアンサー

なんだかんだ言っても
2ちゃんねるガイドライン板が一番の実験場でしょう。

ガイドライン@2ch掲示板/【目の】アロマ企画のガイドライン【錯覚】
http://that3.2ch.net/test/read.cgi/gline/1110348266/

トリビアの泉にも登場した錯視研究者北岡明佳氏のサイトの投稿ページにも
文字列による錯視がいくつか紹介されています。

北岡明佳の錯視のページ/皆様からの錯視デザイン
http://www.psy.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/friends.html

『アロマ企画錯視』は
基本的にツェルナー錯視のヴァリエーションだと思いますが,
専門ではないので詳しいことはわかりません。

Q就業規則が合法なものか確認するには?

販売職をしているものです。聞いてください。
就業している会社の就業規則は、プリントアウトされ、全店舗の店長に配布されています。

その就業規則ですが、内容があまりに理不尽で、納得いかないことがすごく多いです。

退職時、有給消化はいっさい認めることはないとか、
期限切れ・退職時の有給の消化として1日あたり¥2000までの買い取りとか・・・

法律に詳しくないので、えらそうに言えませんが・・・
合法ですか?社長のワンマンぶり・パワハラぶりが激しく、
私もそうですがみんな怖がって真相を突き止めようとしません。

社長いわく、「離職率があまりに激しく、専門家と相談して決めた」そうです。

本当に労働監督署に届出されているのでしょうか?
それを確認するにはどうしたらいいでしょう?
表紙に労働監督署のはんこが押しているとか、
認められている承認NOがあるとか・・・

配布されている就業規則自体を監督署に持っていくほうが早いんでしょうけど・・・

詳しい方、力になってください。
よろしくお願いします

よろしくお願いします(U U)

販売職をしているものです。聞いてください。
就業している会社の就業規則は、プリントアウトされ、全店舗の店長に配布されています。

その就業規則ですが、内容があまりに理不尽で、納得いかないことがすごく多いです。

退職時、有給消化はいっさい認めることはないとか、
期限切れ・退職時の有給の消化として1日あたり¥2000までの買い取りとか・・・

法律に詳しくないので、えらそうに言えませんが・・・
合法ですか?社長のワンマンぶり・パワハラぶりが激しく、
私もそうですがみんな怖が...続きを読む

Aベストアンサー

管轄の労働基準監督署へ就業規則を提出する際には受け取った担当者が内容をチェックして表紙に提出日の入った受付印を押します。
その際に内容に疑問点や不適切なものがあれば指摘を受け、訂正が必要な場合その場での提出はできません。
通常は考えられませんが、万一、担当者が内容を確認せずに受付印を押していたとしてもそれでその就業規則が効力を発揮して100%従わなければいけないという訳ではありません。
内容が不適切なものであれば当然会社の言い分は認められず、就業規則の改定を指導されます。
ご質問の内容ですと退職時の有給消化は認めないとの事ですが、法的にはそんな事は一切ありません。
在職中の有給消化についての時期変更権はありますがこれも会社が乱用していいものではありません。
もともと有給休暇は一定の条件の元に従業員の権利としてみとめられているもので使用に関して会社側は制限する事はできません。
有給の買上げについても基本的に買上げを行う事は金銭と引き換えにして法定日数を付与していないことになり、労働者が安心して休暇を取る為の有給休暇の本来の趣旨に外れますので労働基準法では認められていません。
但し、ご質問のように期限切れの有給休暇(2年を経過した分)については例外的に買い取ることを認めています。ただ、それを見越して従業員が有給休暇を取らないように仕向け、結果として1日分よりも安い金額で買い上げる等、会社側が抑制する為の方法とする場合もあるので、労働基準監督署ではあくまでも期間内での消化を指導しています。
合法かそうでないかと言われれば合法ですよとはとても言えません。
仮に離職率が高かろうがそれは他の従業員の有給休暇には何の関係もありません。せいぜい会社側が助成金等を申請できないくらいでしょう。
専門家と相談したという事ですが、この場合は社会保険労務士でしょうか?その会社の顧問社労士であれば通常、決してそのような事は言いません。不適切な指導だと指摘を受けるのは社労士だからです。
社長さんが個人的に知り合いの社労士に聞いたのだとしても、おかしな内容です。
まずは表紙を確かめてみられるといいですよ。
あと一番良いのは仰るとおり労働基準監督署で直接チェックしてもらう事ですが、これは不適切な箇所があれば当然監督署から指導が行きますから後々、密告者探しをされかねませんので注意して下さい。

管轄の労働基準監督署へ就業規則を提出する際には受け取った担当者が内容をチェックして表紙に提出日の入った受付印を押します。
その際に内容に疑問点や不適切なものがあれば指摘を受け、訂正が必要な場合その場での提出はできません。
通常は考えられませんが、万一、担当者が内容を確認せずに受付印を押していたとしてもそれでその就業規則が効力を発揮して100%従わなければいけないという訳ではありません。
内容が不適切なものであれば当然会社の言い分は認められず、就業規則の改定を指導されます。
ご...続きを読む

Qアロマで蕁麻疹

アロママッサージで蕁麻疹が出ました。どのアロマオイルで蕁麻疹がでたか病院で一つ一つのアロマを検査していただけるものなのですか?自分でやるパッチテストでは不安なもので。 また蕁麻疹はアロマの濃度によっても出たりするするものなのですか?

Aベストアンサー

疑わしいアロマオイルがあるのなら、皮膚科に持っていけば検査してくれます。
それと、キャリーオイルといって、アロマオイルを伸ばすベースとなるオイルも調べたほうがいいです。
どちらかというと、そっちでかぶれた可能性が高いと思います。

Q就業規則の休憩の記載について

はじめまして。どなたか教えてください。
勤めている会社の就業規則が改訂されることになりました。
現在、休憩は明文化されておらず、大体午前と午後に15分ずつ
とっている社員がほとんどです。
ただ、忙しい場合は休憩もとらずに働く場合もあります。
が、中には、一回の休憩が40分などという社員もいました。

今回就業規則が改訂され、休憩時間は午後に15分のみと
明文化されようとしています。
また、午前の休憩は禁止とのことでした。
休憩時間が午後の15分のみになることは、労基法に
違反しているわけではなく、妥当だと思うのですが、
午前の休憩は禁止、と、決められてしまうのは
問題ないのでしょうか。
PC作業が多い場合や、仕事の都合により、
朝早くから働いている場合でも
午前中は休憩はとれないことになりますが、
それは仕方のないことなのですか?

来週早々、会社側に意見を伝えなければなりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>2の、「休憩時間は、一斉に与えなければならない」と言うのは、社員全員、一斉に休憩をとらなければならないと言う意味なのでしょうか。

そうです。2の労使協定があるとき及び官庁等の例外を除き、原則として一斉に与えなければなりません。

>昼食時間は、現在1時間ありますが、就業規則の改定案では45分に短縮されていました。これも、労基法に違反しているわけではないので、社員側としては反論しにくく、交渉は難航しています。また、今までは午前、午後、昼食時間で、一日1時間30分の休憩時間がありました。これが、四月以降は合わせて1時間になります。ですが、基本給が据え置きの場合、実質上の賃下げと見て問題ないのでしょうか。

仰るように労基法上は問題ありません。また、実質上の賃下げにもなりません。逆に拘束時間が短くなるメリットがあります。後はPC作業等においては“能率を上げるため”1時間続けたら10分とかの“休息時間”を設けさせることを交渉したらどうでしょうか。

参考になるURLがないので、次の文章を参考に書いておきます。
「ITの普及した現在、非製造の職場においても、いっせいに休息を取り、眼や頭脳をパソコンから解放することは重要だろう。アップルコンピュータの取扱説明書などには、パソコンを使用した作業中の、一定時間ごとにおける休息の重要性を説いているくらいである。」

>2の、「休憩時間は、一斉に与えなければならない」と言うのは、社員全員、一斉に休憩をとらなければならないと言う意味なのでしょうか。

そうです。2の労使協定があるとき及び官庁等の例外を除き、原則として一斉に与えなければなりません。

>昼食時間は、現在1時間ありますが、就業規則の改定案では45分に短縮されていました。これも、労基法に違反しているわけではないので、社員側としては反論しにくく、交渉は難航しています。また、今までは午前、午後、昼食時間で、一日1時間30分の休憩時間があ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報