僕は高校の科学部に所属しています。
 そこで、ルミノールの実験をしてみたいということになりました。ルミノールは高いし、どうせ科学部ならルミノールの生成からやろうという話になりました。しかし、どう探しても有効な方法が見つかりません。
 科学部なので、理科室にある薬品は使い放題なので、過酸化水素水とかはあります。理科室にあるもののみで、できるとありがたいです。僕ら三年生の引退が近いので、できれば急いでお教えください。

A 回答 (1件)

概要はWikipediaに出てます。


3-ニトロフタル酸 → 5-ニトロフタルヒドラジド → ルミノール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%9F% …

詳しくは、英語ですが・・・
Procedureというところを見てください。
(詳しい操作は先生に相談してください。)
http://cas.bellarmine.edu/chem117a/lab/luminol.htm

(pdf)http://web.fccj.org/~smilczan/eleven/Luminol.pdf


3-ニトロフタル酸なんて高校には無いでしょうから、フタル酸(無水フタル酸)のニトロ化からしないといけないかもしれませんね。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルミノール反応について

ルミノール発光は、ルミノールと過酸化水素水の反応でおきるという記述を見つけました。ルミノールとヘモグロビン(鉄イオン)の反応でおきる思っていたのですが、間違いなのでしょうか。確かにルミノールとヘモグロビンを混合するときに過酸化水素水を入れますよね。やはり過酸化水素水と反応しているのでしょうか?だとしたら、ヘモグロビンは何のために入れるんでしょう。逆に、ルミノールとヘモグロビンが反応しているとすると、過酸化水素水を入れるのは何のためなんでしょうか?

Aベストアンサー

#1のgumi_gumiさんのおっしゃるとおりですが、さらに詳細にいいますと、触媒作用を示すのは、ヘモグロビンの中の色素成分「ヘム」に含まれる鉄です。
この鉄の触媒作用により、過酸化水素を還元し、生じた酸素がルミノールを酸化して蛍光を発します。

よって、ヘモグロビン以外の鉄化合物や銅およびその合金類、二酸化マンガン、塩化白金等でも反応を示しますので、ルミノールのみで血痕と断定することはできませんので、これはあくまで予備試験として利用されます。

実勢試験としては、ヘモクロモーゲン結晶検査があり、さらに人獣鑑別のために抗ヒトヘモグロビン抗体を用いた免疫沈降反応を実施し、ヒトの血痕を判定します。

Q身の回りのもので指紋を採取する方法はありますか?

ガラスやコップなどについた指紋を採取したいのですが、身の回りのものや簡単に手に入るもので、指紋を採取することはできますか?
チョークの粉や片栗粉でもできると聞いたのですが、そのようなものでもできるのでしょうか?
またそのような粉で浮き上がらしてから、どのように採取すればいいのでしょうか?
もしご存じの方いましたら教えてください。

Aベストアンサー

テレビで昔やっていました。

用意するもの。
・ベビーパウダー
・耳掻き(使うのは後ろのホワホワ)
・セロハンテープ。

作業。
1・耳掻きのホワホワにベビーパウダーをつけて、該当部分に薄くつけます。かるくはたきます。
2・セロハンテープでくっつけてはがす。

指紋は油分があり、その部分はパウダーが残るそうです。
それをセロハンテープで取るってことです。
テレビではうまくいっていましたが・・・・。

成功したら教えてくださいね。

Qルミノールの前の反応で

ルミノールを合成する前段階物質(おそらく3-ニトロフタル酸ヒドラジドだと思いますが)を析出させるのに直接水を加えないで熱湯を加えてから水道水で冷やすのは何故でしょうか?
私は不純物が混じってしまうのと熱湯を加えて溶解させて大きな結晶を得るためと思ったのですが違うようです。

Aベストアンサー

化学の専門家でありませんがある程度携わっていました。
懐かしく思い少しアドバイスを。

私自身はこの反応を実験したことがありませんし、よく知りません。でも面白そうな質問なので色々と調べてみました。

http://www.ab11.yamanashi.ac.jp/oneday/4.pdf
ここに反応の過程が載っていました。ここでは5-ニトロフタルヒドラジドとなっていますが、たしかにあなたの見解どおり3-ニトロフタル酸ヒドラジドであっていると思います。

で、本題ですがこの過程ではトリエチレングリコールを溶媒として用いており、この溶媒との分離を主目的としているのではないでしょうか?
また高温ではトリエチレングリコールとH2Oの混合溶液中でも3-ニトロフタル酸ヒドラジドは溶解しているものと推測できます。(確認は取れていませんが。)
そう考えれば、冷水を加えた場合も析出はできますが、結晶が小さくなる、結晶中にトリエチレングリコールを含有してしまうといったデメリットがでてきます。

なので解答は「熱湯を用いて溶媒を完全に分離する。」というのが正解かという気がします。


違っていたらごめんなさい。

参考URL:http://www.ab11.yamanashi.ac.jp/oneday/4.pdf

化学の専門家でありませんがある程度携わっていました。
懐かしく思い少しアドバイスを。

私自身はこの反応を実験したことがありませんし、よく知りません。でも面白そうな質問なので色々と調べてみました。

http://www.ab11.yamanashi.ac.jp/oneday/4.pdf
ここに反応の過程が載っていました。ここでは5-ニトロフタルヒドラジドとなっていますが、たしかにあなたの見解どおり3-ニトロフタル酸ヒドラジドであっていると思います。

で、本題ですがこの過程ではトリエチレングリコールを溶媒として用いて...続きを読む

Q化学発光の実験をやっているのですが・・・

私は中学生ですが、今理科の実験で化学発光をやっています

ルミノールと水酸化ナトリウムと次亜塩素酸系の漂白剤(キッチンハイター)と水を混合させて反応させるタイプです
一言でいえばルミノール反応なのですが・・・

このルミノール反応は発光が一瞬で終わってしまうため、持続させるような方法はあるのでしょうか?
またこのままだと青色しか色がないので、オレンジやピンクなどの色に変えることは可能なのでしょうか?

中学校での実験なのでなるべく身近なもので出来るとありがたいです

Aベストアンサー

ルミノール反応は,ルミノールが酸化される途中でおこります.発光している間は反応しているということで,反応しきると発光も止まります.
ということで,持続させるためのポイントは,
1) 発光のもとになるルミノールを増やす
2) 反応がゆっくり進むようにする
ということになるでしょう.ただし,2) だけだと発光が弱くなってしまうので,結局 1) と 2) を両方使わないとだめ,ということになるでしょうかね.
ルミノールの酸化剤には,過酸化水素 (消毒用のオキシドール) がよく使われます.しかし,過酸化水素だけでは反応が遅くなりすぎます.そのため,光っていることもよくわからなくなるでしょう.そこで少し反応速度を上げてやるとちょうどよくなるかもしれません.ここで,触媒というものを使うのです.具体的には,たとえば血液.新鮮なものより,かさぶたみたいになったのとか,ある程度赤血球が壊れたようなやつがよりいいのですが,こんなのをたとえば粉にして入れてみるとか.
理科の先生に頼んで,赤血塩 (フェリシアン化カリウム,正式にはヘキサシアノ鉄(III)酸カリウム) というのをもらえるとやりやすくなります.これをいろんな濃度で加えてみてください.

色を変えるのはルミノールを使っている限りできません.これは発光する原理がわからないと説明できませんが,いくらなんでも中学生には難しすぎると思います.

ルミノール反応は,ルミノールが酸化される途中でおこります.発光している間は反応しているということで,反応しきると発光も止まります.
ということで,持続させるためのポイントは,
1) 発光のもとになるルミノールを増やす
2) 反応がゆっくり進むようにする
ということになるでしょう.ただし,2) だけだと発光が弱くなってしまうので,結局 1) と 2) を両方使わないとだめ,ということになるでしょうかね.
ルミノールの酸化剤には,過酸化水素 (消毒用のオキシドール) がよく使われます.しかし,過酸...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報