ある条件をいろいろ変えて一番効率のいい設定値
を算出したいのですが計算式がわかりません。

まず条件として
1、一日8時間として28800秒とします。
2、1ヶ作るのに30秒かかります。
3、この機械は寸法補正の為に10ヶ作るごとに60秒止まります。
4、この機械は材料補充の為に16ヶ作るごとに45秒止まります。

以上の4つの条件がある場合1日(28800秒)で何個作れるでしょうか?
目的は条件3の「10ヶ」と「60秒」の値をいろいろ変えてみて
一番効率よく一日の加工数を上げることができる値を出したいと
思っています。

エクセルで式を入力したいのですが式が作れません…
ここならなんとかなるかなと思いまして。。
宜しくお願い致します。

A 回答 (3件)

●例示の条件で計算


 いきなり数式もややこしいでしょうから、例示の条件で個数を求めてみます。
 1個作るのに30秒、10個作ると45秒停止、16個作ると30秒停止。
 ランダムに停止が混じっていて複雑に見えますが、80個(10個と16個の最小公倍数)を作ると、条件が元に戻ることにお気づきでしょうか?
 つまり、1周する80個を作るのにかかる時間を求め、補正の時間を含めた1個あたりにかかる時間を求めてやればよいのです。

 80個を作り、その次の製品を作るための補正も完了した時間は、
 ・30×80 = 2400秒(製造)
 ・60×80 / 10 = 480秒(寸法補正)
 ・45×80 / 16 = 225秒(材料補正)
  合計 3105秒
 1個あたりにかかる時間
  3105 / 80 = 38.8秒
 8時間で製作できる数
  28800 / 38.8 = 742.2個

 きっかり8時間で作れる数は求まりません。タイミングで1・2個の誤差は出ますが、効率を求めるなら十分かと思います。
 なお、80個作るごとに、寸法と材料の補正が同時に来ますが、これはそれぞれの所要時間がかかると考えています。

●Excelで式にしてみる
・A1に寸法補正が必要な個数(初期値10)
・A2に寸法補正に必要な時間(初期値60)

 最小公倍数を求めるExcelの関数はLCMです。A3に次の関数を入れると、1周する個数が求まります。
  = LCM(A1,16)
 A4~A6に製造・寸法補正・材料補正にかかる時間を入れ、A7で合計します。
  A4 =30*A3
  A5 =A2*A3/A1
  A6 =45*A3/16
  A7 =SUM(A4:A6)

 A8で8時間に製造できる数を算出します。
  =28800/(A7/A3)

いかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これで完璧だと思います!
エクセルの式は自分でと思っていましたが
それまで作っていただいて感謝です。
そのまま丸写ししてみました(^^;

あと補正と補充が重なった場合は
補正60秒+補充45秒=105秒止まることとして計算します。

お礼日時:2009/05/26 19:52

#1です。

補足します。
1番の回答は、寸法補正と材料補正が同時に来たら、どうなるのか考えながら作りましたので、式がややこしくなっていますが、特別な条件がないならもっと簡単になります。

1個あたりにかかる時間は次の式で求まります。
=30 + [条件3の時間]/[条件3の個数] + 45/16
この数値で28800を割るだけです。

この回答への補足

>=30 + [条件3の時間]/[条件3の個数] + 45/16

なるほど!
条件3と条件4の時間を1個当たりに換算して30秒に足すんですね。
なんかこの方が概算値を出すだけなら簡単でいいかもしれません。

ありがとうございます。

補足日時:2009/05/26 19:56
    • good
    • 0

例えば初めから数えて80ヶ作ったときには寸法補正の為の60秒と材料補充の為の45秒の停止時間がありますが、これらはどう処理されるのですか?


60秒+45秒の停止になるのか?それとも60秒の材料補充中に寸法補正の行うとして60秒停止だけですむのか?と言う事です。

この回答への補足

補正と補充が重なった場合は
補正60秒+補充45秒=105秒止まることとして計算します。

補足日時:2009/05/26 19:53
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生産数 生産時間の出し方

複数の部品から一つの製品を製作する場合の生産数、生産時間の
出し方
生産数 20台(20台が1set)
A 60分 使用数 1個 (20台に1個使用)
B  4分 使用数 20個 (各台に使用)
C 3分30秒 使用数 20個 (各台に使用)
D 3分 使用数 20個 (各台に使用)
E 10分 使用数 2個 (20台に2個使用)
F 1分 使用数 5個 (4台に1個使用)
G 1分 使用数 20個 (各台に使用)
H 15分 使用数 20個 (各台に使用)

1台の製作時間と20台の製作時間を出す場合は
単純にプラスして20台で÷ばいいのでしょうか?
全てプラスしたものが20台分の時間??
それを20台で÷れば1台分の時間??

そこから1日(8H)の生産数をだしたいのですが
合計558分÷20台=27.9分(1台分の製作時間)
  480分(1日)÷27.9分=17.2台(1日/1人の製作数)
              2人 34.4台
              3人 51.6台
              4人 68.8台

このような出し方であっていますでしょうか
各部品の工数、使用数が違うのが気になり分からなくなってしまいました

ご指導お願いいたします

複数の部品から一つの製品を製作する場合の生産数、生産時間の
出し方
生産数 20台(20台が1set)
A 60分 使用数 1個 (20台に1個使用)
B  4分 使用数 20個 (各台に使用)
C 3分30秒 使用数 20個 (各台に使用)
D 3分 使用数 20個 (各台に使用)
E 10分 使用数 2個 (20台に2個使用)
F 1分 使用数 5個 (4台に1個使用)
G 1分 使用数 20個 (各台に使用)
H 15分 使用数 20個 (各台に使用)

1台の製作時間と20台の製作時間を出す場合は
単純にプラスして2...続きを読む

Aベストアンサー

質問者さんの計算では、1人1日で17.2台 となっていますが、17.2台を作るときの部品Aの作業時間は 60分×(17.2/20)で計算されています。しかし部品Aの作業には、60分が必要です。

質問者さんの計算は、すべての部品で20台分ずつ生産をする、という生産方法になっています。すると、20台生産するのに558分=9.3時間かかります。1日8時間労働とすると、1日目には1台も出来上がりません。
1日目にできるのは、生産作業が8/9.3だけ行った仕掛品が20台です。完成品はありません。

1ヶ月間生産してから、1か月分まとめて出荷するときに何台出荷できるか、というような計算なら良いのですが、毎日何台出荷できるか、という計算には不適切です。

また、2人以上で作業を行う場合は、一人が部品Bを使う作業をしながら同時にもう一人が部品Cを使う作業をし、さらに3人目が部品Dを使い・・・というような方法が考慮されていません。全員で部品Bを使う作業をし、次に全員で部品Cを使う作業をし・・・というようにして、 20台×作業人数 だけの数を生産する場合の計算になっています。これはとても効率の悪い方法ですし、上記の1人のときと同じで、1日目には完成品は1台もありません。


計算の目的は何でしょうか?
生産管理の練習問題であるのなら、もう少し条件があるはずです。
これが練習問題であるとして、1人で作業を行った場合に1日に出荷できる完成品の数の最大数を求めさせる問題であるのなら、以下のように計算します。


まず、各作業の投入個数を考えます。

Aは、(20台に1個使用) とあります。
これが、常に20台を投入しなければならないのか、部品Aを無駄に使えばもっと少ない数、たとえば10個とか5個、あるいは1個でもよいのか、によって、計算が変わります。
ここでは、20個を投入しなければならないということにしておきます。

すると、常に複数を投入しなければならないのは、
E (20台に2個使用)
F (4台に1個使用)
があります。
ここでFについては(4台に1個使用)と書いてあるのに、Eについては(10台に1個使用)ではなく(20台に2個使用)となっています。とすると、Eも20台を投入しなければならない工程であると解釈できます。
ということは、Eまでは20個を生産しなければならないわけです。ここまでに要する時間は

60+4×20+3.5×20+3×20+10=280分

となります。1日8時間=480分ですから、あと200分あります。この200分で残りのFGHの工程を行って、最大何個作れるかを考えればよいわけです。

工程Fでは4台ずつ作業を行います。そこで、4台生産するときにFGHでどれだけの時間が必要かを計算すると、

1+1×4+15×4=65分

となります。時間は200分ありますから、4台ずつ3回(12台)生産すると

65×3=195分

で、残りが5分です。
Eまで20個生産し、12台を使ったのでEまで終了したものが8台あります。
部品Fの工程で、4台ずつ2回生産すると、残りは3分です。
Hは15分必要ですから、残りの3分で部品Gの工程を3台生産します。

結局、1人で作業すると、完成品が12台、Fまで終了が5台、Gまで終了が3台になります。
複数の作業者で生産する場合は、同時に複数の工程で作業するので、もう少し複雑になります。

質問者さんの計算では、1人1日で17.2台 となっていますが、17.2台を作るときの部品Aの作業時間は 60分×(17.2/20)で計算されています。しかし部品Aの作業には、60分が必要です。

質問者さんの計算は、すべての部品で20台分ずつ生産をする、という生産方法になっています。すると、20台生産するのに558分=9.3時間かかります。1日8時間労働とすると、1日目には1台も出来上がりません。
1日目にできるのは、生産作業が8/9.3だけ行った仕掛品が20台です。完成品はありません。

1ヶ月間生産...続きを読む

Q生産の「時間当たりの出来高」を計算したいのですが、どのように計算すれば

生産の「時間当たりの出来高」を計算したいのですが、どのように計算すればいいですか?
例えば、製品を8時間で1072個作ったとします。作業人数が5時間に6人で作業し3時間に5人で合計時間は8時間です。
この時間当たりの出来高の計算方法を教えていだけたら嬉しいです。

★補足です。
1人あたりではなくて、1時間当たりの出来高なのですが・・・。
8時間をすべて6人で行った場合は、1072個÷8時間で134個ですよね。
今回は、6人と5人で人数が変わってしまっている場合はどうしたらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

延べ時間で計算すればいいと思います。
今回だと(5X6)+(3X5)=45時間作業が発生しました。1072個をそれで割ります。
それが一人1時間あたりの出来高です。
通常6人で行うのなら、それを6倍すると
いつもの「時間当たりの出来高」と比較しやすくなるでしょう。

QExcel 分を時間で表示したい

Excel2002

A列 3050(分)→ B列 ○時間○分

↑このようにするにはどのような数式を立てたら良いでしょうか?

おわかりの方教えてくださーい!

Aベストアンサー

A1に時間(分)が入っていたら、別のセルに下記の式を入れます。
=A1/(60*24)

そのセルの表示形式を、ユーザー定義で
[hh]"時""間"mm"分"
とします。


人気Q&Aランキング