先日、私の勤務先が不況のため助成金の手続きを行いました。
会社の規模は、社員25名 資本金1800万円です。

助成金という言葉は以前よりテレビ等で聞いていましたが、いざ助成金を申請すると言われると具体的にどういう事なのかと首を傾げました。

そこでお聞きしたいのですが、助成金とはどういうものでしょうか?
自分で色々と調べてみたのですが、いまいち理解できなくてお手数をお掛けしますが宜しくお願い致します。

1.雇っている人、1人当たりにいくらかもらえるのでしょうか?

2.それとも継続的に半年間や1年という期間で毎月雇用人数に関して金銭が給付されるのでしょうか?

3.助成金を得ることによって、会社にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

助成金に関して、分かりやすく説明しているサイト等がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>そこでお聞きしたいのですが、助成金とはどういうものでしょうか?



逆に質問させていただきますが、どのような助成金を申請したのでしょうか。
申請した助成金の名前が分からないと、回答のしようもありません。

下記でしたら、該当のHPを読まれれば概略は分かります。

中小企業基盤人材確保助成金
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/f-1.html

中小企業人材確保推進事業助成金
http://www.ehdo.go.jp/gyomu/f-1-b.html

労働移動支援助成金
http://www-bm.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyu …

試行雇用(トライアル雇用)奨励金
http://www-bm.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyu …

中小企業緊急雇用安定助成金
http://www-bm.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyu …

http://www.jyoseikin-guide.com/mokutekibetu.html

>3.助成金を得ることによって、会社にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

銀行から借り入れしたお金の場合、遅かれ早かれ返済しなければなりません。
助成金は返済義務がありません。

お金が無いので退職勧告しなければならない時に、助成金を給料の一部として
支給できれば、そのまま雇い続ける事ができるかもしれません。

http://www.jyoseikin-guide.com/jyoseiinnomeritto …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q飲食店の助成金

飲食店の助成金

飲食店に特化した助成金というのはあるのでしょうか?
対象が中小企業などの法人主体なので、対象と言えば対象なのですが、製造業や鉱業に見られるような業種に特化した様な助成金で、飲食店が主体になるものがありましたら、教えて頂けると幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんなのがあります。

参考URL:http://kaigyou-joseikin.com/joseikin/

Q中小機構の補助金及び助成金

3月末に中小機構(独立行政法人)から補助金と助成金を受け取るのですが、法人税は課税でしょうか?課税ならば、特殊な税率を適用するなどあるのでしょうか?現在かなりの赤字なので、補助金及び助成金が入ったとしても赤字なんですが、法人税でるのでしょうか?

Aベストアンサー

補助金、助成金は売上と同じように会社としては収益とします。
その結果、利益がでれば法人税がかかりますが、その法人税は一般の税率が適用され、特別な税率はありません。

なお、消費税は課税されません。

Q企業の海外進出の助成金

地方の飲食店で勤務していますが、
海外(シンガポール)に飲食店を出店します。

助成金の対象になるでしょうか?
今まで国内でやっていた事業を新しく海外で
行うということです。

Aベストアンサー

日本の経済にも雇用にも貢献しないので、日本の公的な助成の対象にはならないでしょう。シンガポールの助成制度の対象にはなるかも知れないので、シンガポール政府に問い合わせてはいかがですか。

QHPの作成で受けられる補助金や助成金について

手軽にHPが作成できるソフトや無料のHPサービスが増えたとはいえ、小企業にとって作業に専属者を割く訳にも行かず、一向に進まないのがHP作成や更新作業です。
私はSOHOでこれらの方々を対象に、低価格での作成・更新代行を請け負っています。
しかし、いくら低価格といえ「自腹」で前向きに検討する企業が少ないのが現状です。
これらの企業がHPを作成・外注するにあたって、受けられる補助金や助成金制度をご存知でしょうか?そのような制度があったなら、企業様に利用を促し、業務代行を促したいと考えているのですが。

Aベストアンサー

>業務代行を促したいと考えているのですが

要するにあなたが仕事を得る為の情報をタダでくれ、
ということですね。甘いですね。

Q雇用調整助成金 と 中小企業緊急雇用安定助成金

雇用調整助成金 と 中小企業緊急雇用安定助成金 について、
(1)中小企業緊急雇用安定助成金 は 雇用調整助成金 の範囲を拡充したもの
(2)中小企業緊急雇用安定助成金 は 雇用安定助成金 とは別で創設されたもの

上記(1)(2)のどちらの解釈が正解でしょうか?
私個人は(1)だと思っていたのですが、別のQ&Aでは、(2)であり、教育訓練などの助成金も(1)(2)併用できる、という回答があったので、再度確認できればと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

中小企業に該当するか否かは「事業主の一つ一つの事業所」規模で判断するのではなく、「事業主そのもの」の企業規模で判断します。

ですから、休業についても教育訓練についても「雇用調整助成金」「中小企業緊急雇用安定助成金」の両方の助成を併用して受けられることはありません。

先に回答したように、「雇用調整助成金制度を見直し、中小企業緊急雇用安定助成金制度を創設し」たのですが、枝分かれし大企業対象と中小企業対象に棲み分けしたとお考え頂けるとよいと思います。

Q農家が活用できる助成金や補助金ってどんなものがあるの?

最近中小企業緊急雇用補助金が適用されて週休3日になった友達がいました。
世の中には色々な補助金や助成金があり、知らないと損してしまうなと感じました。
そこで、農家が活用できる助成金はどんなのがあるのか疑問に思いました。
僕の実家は専業農家です。
現在家族3人で営んでいます。
農家が活用できる助成金・補助金ってどんなものがあるか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

農業関係は多種あり国の助成の他、県、市町村単位で独自に行っているものがあります。ほとんどが地元のJAが窓口になっていますので、管轄のJAへ問い合わせてみて下さい。
 一例として、施設整備等の資金の助成。借入金の利子助成。
 農業後継者や担い手に対する育成資金。
 (海外視察費用の助成もある)
 指定野菜の価格が基準以下になった場合の価格補償制度。
 公的ではなくJAが独自に助成や価格支援をしている場合もあります。
 地域で異なり、それぞれ条件がありますので、行政の農政担当や管轄のJAへ問い合わせてみてください。

 

Q助成金を会社で使わず 事務員にあげることはできますか? その助成金は代替要員の助成金でその助成金を代

助成金を会社で使わず
事務員にあげることはできますか?
その助成金は代替要員の助成金でその助成金を代替要員としてきてくれてるひとにあげたいらしいで

Aベストアンサー

助成金として会社で普通に受け取る。
同じ金額を代替要員の方にボーナスなどの名目で支給。

Q助成金の関係

助成金の関係

交通事故で通常の仕事に復帰できなく、今まで週5日仕事をしていたのが週2勤務でしかも職種を変更しなければ仕事ができなくなりました。
事業主ですが、この人をこれからも何らかで雇いたいのですが、なにかそれに対する助成金はあるのでしょうか?
年齢も60歳を超えているので、他の仕事をこれから習うのは多少キツイかなと思われます。

Aベストアンサー

特定求職者雇用開発助成金という制度があります。

ただしこれはハローワーク等の紹介で新たに雇用するような場合を想定しているようです。

果たしていったん解雇した後再雇用するようなやり方で適用があるのかは不明です。

詳しくはハローワークでご相談したらいかがでしょうか。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/c02-4.html

Qコンサルティング企業が行うセミナーの助成金対象可否について

コンサルティング企業が行うセミナーの助成金対象可否について

経営全般(売上向上の指南・社員教育など)のコンサルティング会社の者ですが、HPを見た方から【セミナー受講は助成金の対象となりますか?】と言う問い合わせが来ました。
確かに雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成金等で教育訓練を行うと助成金が出たりしますが、この助成金の対象となれる団体・企業(または講座内容?)か否かはどの様なボーダーラインなのでしょうか?

また数多く存在する助成金で経営全般(売上向上の指南・社員教育など)のコンサルティング会社で対象となりうる可能性のある制度があれば教えて頂ければと思います。

お詳しい方、ご教授の程、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

是非仕事上お付き合いさせていただきたいところですが、まあそれは良いとして。

助成金の申請代行を行っております。
助成金の対象となる団体、企業は非常に広範囲に認められます。
おそらく貴社も問題ないでしょう。
それよりも、カリキュラムの内容、科目の方が詳しく聞かれます。

重要なことは
・入社時研修、新任管理職研修など元からある通常の教育カリキュラムではないこと
・転職や再就職のためではなく、その会社の業務効率化、売上増に役立てること
・自習、適性検査ではないこと
・これまでの業務をおさらいするような内容ではないこと
など。

そこらへんが問題なければ職業訓練は、職業に関連する、あるいは配置転換に必要な訓練である(技能向上、フォークリフト等の技能講習、経営哲学、マーケティング、品質向上、語学、新分野進出に関するもの、ISO、コーチング、OA関係、財務分析、モチベーション向上、メンタルヘルス、人事労務管理、リーダーシップ能力開発、コミュニケーションなど広範囲に認められます。
腰痛解消体操などというものもありました。

御社では売上向上の指南・社員教育などを行うことになると思いますが、管理職向けと一般職向けではカリキュラムを別にした方がよさそうです。
また、セミナーとありますが1日で終わる、会社案内あるいは導入のようなものであれば厳しいと思います。
そこらへんに注意しながら、顧客企業にとって教育を受けることが今後の売上増、コスト削減に必要であると言うことを職業安定所、労働局に説得することになります。

なお、今年4月から要求が厳しくなりました。

それ以外、御社に該当しそうなものとしては
・キャリア形成促進助成金(教育を行うもの)
・両立支援助成金(育休中の社員教育をおこなうもの)
・建設業新分野教育訓練助成金(建設業の社員に教育を行うもの)

後はもし御社が全体的な経営のコンサルをされるのであれば
・雇入れ方法の変更
・高齢者の雇用継続制度作成
・正社員化の制度作成
・意識改善
などを行い、併せて助成金を支給してはどうか、と顧客に提案することはできそうです。

是非仕事上お付き合いさせていただきたいところですが、まあそれは良いとして。

助成金の申請代行を行っております。
助成金の対象となる団体、企業は非常に広範囲に認められます。
おそらく貴社も問題ないでしょう。
それよりも、カリキュラムの内容、科目の方が詳しく聞かれます。

重要なことは
・入社時研修、新任管理職研修など元からある通常の教育カリキュラムではないこと
・転職や再就職のためではなく、その会社の業務効率化、売上増に役立てること
・自習、適性検査ではないこと
・これまでの業務をお...続きを読む

Q助成金の疑問

現在、零細自営を経営しています。

アパレル製造で、低賃金のわりに苦労が多く、若い人がやりたがらず、
零細になると60代なら若い方です。

ハローワークで募集かけても、やっと来たといっても来るのは70代の方しかきません。
(時給は最低よりも高くしているのですが・・・)
やはり70代ともなると、仕事のスピード面などから、通常の賃金を支払っていくのは無理です。
それなら、高齢者雇用の助成金を利用すればと考えました。

この業界は人を雇用してまでやっていける工場はほんの一握りになり、
30年前と比べ、業界全体が80%以上縮小しています。

面接希望の方は皆、細々とやっていたが、それでもお金も貯まらず、
雇用保険を払いたくても払えない(私も含め)
70代になっても働かなくてはならない元同業自営業者の方たちです。

しかし
助成金を受給するための労働者の条件に
「雇用保険又は船員保険の被保険者資格を喪失した離職の日から3年以内に雇い入れられた者」
にあてはまりません。

助成金目当てで雇用をするというより、
助成金がなければ続けていけないくらいの状況で
この条件は厳しいと思いました。
やはり無理なのでしょうか?

ご意見、アドバイスを聞きたいです。

現在、零細自営を経営しています。

アパレル製造で、低賃金のわりに苦労が多く、若い人がやりたがらず、
零細になると60代なら若い方です。

ハローワークで募集かけても、やっと来たといっても来るのは70代の方しかきません。
(時給は最低よりも高くしているのですが・・・)
やはり70代ともなると、仕事のスピード面などから、通常の賃金を支払っていくのは無理です。
それなら、高齢者雇用の助成金を利用すればと考えました。

この業界は人を雇用してまでやっていける工場はほんの一握りになり、
30...続きを読む

Aベストアンサー

お考えの助成金では、非該当なのでしょうね。

そもそも、雇用保険というものは、保険の加入者のためにある保険です。
そう考えれば、雇用保険の加入者である一方の会社、もう一方の従業員のどちらを中心に考えるかでも要件は変わることでしょう。ですので、その助成金は、事業者を守るためではなく、従業員の再雇用を目的にした助成金ですので、雇用保険の被保険者や被保険者であった者を対象にしているのでしょう。

雇用に関する助成金は、ものすごい数があります。同様の要件であっても別な目的の助成金等もあることでしょう。

私の会社なんて、一人の従業員の出産の流れで複数の助成金を得ましたからね。

>この業界は人を雇用してまでやっていける工場はほんの一握りになり、
>30年前と比べ、業界全体が80%以上縮小しています。

一握りの工場が成り立つのであれば、そのような工場になるための努力が必要ではありませんか?
縮小しても成り立っている工場があるのでしょう?

業界の大多数というだけでの経営であれば、無理しても負担ばかりが重なってしまいますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報