小学生でソフトボールをしている女の子です
インターネットなどで、ウィンドミル投法の練習方法などを検索してみると、必ず「前腕または肘の部分を腰に当て、そのてこの原理を利用してボールをリリース・・・」とアドバイスしているのですが、私にはどうしても「前腕または肘を腰に当て・・」のイメージがわからないのです。実際に右腕を振りかぶって前腕または肘を腰に当たるように振りおろして投げようとすると腕が腰に接触した反動でボールはとんでもない方向に落ちるだけで、速くてコントロールされたボールにはなりません。この「前腕を腰に当てて・・」のイメージを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中学でピッチャー やってます。



最初 全然 主さんと一緒で、わからなかったんですけど
監督いわく、 (( 肘の内側を当てるってより擦らせるぐらい。 )) って言ってました。
その後に、リリースで キャッチャーが 構えているところに 腕を置きに行くと  入るように なりました。


私の場合なので ... 違ったら済みません ... ((  焦
    • good
    • 10

練習方法といたしましては、


投球歩幅分だけ足を開き、投げるほうに対し半身になります。
そして、ボールを真上からウィンドミルのようにスウィングして投げます。
その投球練習のときは思い切り投げる必要はないのでフォーム定着用の練習と思ってください。
    • good
    • 6

失礼いたします。


私の息子(小6)と同じ『ウィンドミルの壁』に。。
文章と言葉ではなかなか難しいですw実際。。
それプラス『手本となる映像』があれば・・・
少しは前に進めるかと。。
>>http://www.infotop.jp/click.php?aid=141172&iid=2 …
かなり・・・イメージがリアル伝わると思います。
あとは・・・
イメージを反復練習のみです!これは避けられないと思います。
ボクシングの『シャドウ』??みたいな。。。

結果ですが、息子と私!(草ソフトでピッチャー)
コントロールには悩まなくなりました♪
ただ・・・
スピードUPを・・・
研究中ですが・・・(-"-)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます
まさにそのとうりだと思います。私の娘はまだ、本当のウインドミル投法が身についてないみたいで、球速は合格点なのですがコントロールがバラバラの状態なのです。ということはやはり リリースポイントが定まっていないのですね。解決方法は一に反復練習二に反復練習なのでしょうね。ありがとうございます。将来は片岡安裕美みたいな上野由岐子になってくれるかな・・・

お礼日時:2009/07/09 06:26

当てるという表現よりもカスルという表現の方が正解かと思います。


では、なぜ、当てるとかカスルとか言うかですが、そこがリリースポイントだからです。つまりボールが手から離れる位置です。ですから、その感覚を頭ではなく体に覚えさせには、ボールを使わないで行います。
右投手として説明します。
1,壁に対して正面を向きます。
2,足を肩幅くらい開いて立ちます。(膝は完全にロックしないように  して下さい。)
3,両肩の力を抜いて、右腕を右肩ぐらいまで挙げて(肘はロックしな  いで下さい)力でおろすのではなく肩の力を抜いた瞬間自然に腕が  ブラー~んと下がる感じです。
4,その下がったときちょっとだけ前腕を右腰に当ててみて下さい。
5,擦りにくいようでしたら、幾分右足を壁側に出して下さい。
6,自然に腕を振り下ろし、腰に擦った瞬間、手首が体の内側にかえる  のが分かりますか?
7,自然に右手首が内側に力ではなく曲がるようになれば、今のあなた  の質問はクリア出来ます。
8,それだけでもボールを持っていれば、勢いよく飛んでいきますよ。
  その感覚を覚えることが上達への第一歩です。(ウインドミルの第  一段階の1の1の1位です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。この週末の練習日にさっそく実践してみたいと思います。また後日その経過をまた報告したいと思います。ありがとうございました

お礼日時:2009/05/28 20:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィンドミル投法の初心者です。

ウィンドミル投法の初心者です。
町内の子どもたち(小学4~6年)にソフトボールを教えていますが、
ウィンドミルは経験がなく困っています。
腕をまわしてそれらしく投げているのですが、
ウィンドミル投法をWEB検索すると「腰に肘を当てる」を書いてあります。
腰に肘を当てるととんでもない方向にボールは投げるは、ホームまで届きません
何か、初心者にでもわかりやすい、コツがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

今更の投稿ですが・・・
「腰に当てる」と言うよりも、「腰に当たる」と言うイメージの方が近いかもしれません。

御質問はウィンドミルでの投げ方についてですが、トップの位置(腕が一番上に上がった位置)以降はスリングショット(腕を振り子のように投げる投法)と同じなので、先ずはスリングショットの練習が大切です。ここで腕の振り方を覚えて、コントロールを身に付けます。

ANo.1の方も書いていましたが、右投げの場合、先ずは左肩をホームベースに向けて立ちます。野球の投手で言えばセットポジションのような格好で、最初は足は肩幅程度に開き、両手は真っ直ぐ下に下げたままにします。
次に右手を頭の上に上げて、ボールは3塁方向に向けます。その位置から1塁方向に腕を振り下ろしてみて下さい。肘が腰に当たりませんか?「当てる」のではなく「当たる」と言った意味が分かって頂けたでしょうか。先ずはこれを近距離から始めて、普通にキャッチボールが出来る程度になるまで繰り返し練習します。
この時に大切なのは、指や腕に余計な力を入れない事です。野球の投手でも同じですが、腕を早く振る事が大切です。野球の場合、特にオーバースローは上から振り下ろすので、多少力が入っても腕を振れますが、ソフトボールの場合は力みが影響しやすいです。イメージとしては開いた腕を素早く閉じると言う感じだと思います。
次にそのままだと腕は体に当たって体の前で止まってしまいますので、フォロースルーとボールに球威をつけるために体を捻ります。投げ終わった後は腕は1塁方向に、体はキャッチャーと正対します。

ここまでくると、今度は左手の使い方と足の使い方も大事になります。さっきの右手を左手と左足で前に引っ張ります。左足はホーム方向に踏み出します。この時の歩幅は、本人の脚力に合わせます。
脚力が強い場合は大きく歩幅を取ります。脚力が弱い場合は歩幅はあまり大きく取りません。
大事なのは広げた歩幅を早く閉じる事です。腕の動きと足の動きは連動しますので、足を早く閉じる事で腕も早く振る事が出来ます。
左手は左足を踏み出す際に、肩の高さかやや高い位置まで上げて、足を閉じるのと同時に体に引きつけます。

以下のサイトが簡潔で参考になるかと思います。私も小学生に指導をしていてピッチャーの育成になやんでましたが、参考になりました。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/Studio_Do/softball3.html

今更の投稿ですが・・・
「腰に当てる」と言うよりも、「腰に当たる」と言うイメージの方が近いかもしれません。

御質問はウィンドミルでの投げ方についてですが、トップの位置(腕が一番上に上がった位置)以降はスリングショット(腕を振り子のように投げる投法)と同じなので、先ずはスリングショットの練習が大切です。ここで腕の振り方を覚えて、コントロールを身に付けます。

ANo.1の方も書いていましたが、右投げの場合、先ずは左肩をホームベースに向けて立ちます。野球の投手で言えばセットポジションのよ...続きを読む

Qソフトボールでボールの握りかた

地域のソフトボールチームに入っている40代のおじさんです。
ボールを握る時は親指、人差し指、中指の3本で握って投げましょう!と
教えてもらったのですが、どうも握りが不安定で小指以外の4本で握っています。

練習して3本指にした方が良いか?それともこのまま4本指で良いか悩んでいます。

それぞれの握り方のメリット、デメリットがあれば教えてください。

ちなみに私の手首はとても細く女性以下です。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3本指で握るメリット
・4本で握るより手首を柔軟に使えるのでスナップが効く。
 →野手ならサイドスローなどで差が出ます。

4本指のデメリット
・わしづかみに近い状態なので、ボールが滑ってしまう場合も。
・3本指のようなスナップが効かせられない&回転をかけにくい。(特に投手


雨天の時などボールが滑りやすい時には、わざと鷲掴みにする場合があります。
ボールを投げる時は指先に力が入りますが、ボールが濡れていると
却って滑ってしまうので意図的にスナップをきかさないようにする為です。

指の握りばかりに気を取られ正しいフォームで投げられないのであれば
4本指で正しいフォームで投げた方がよいと思います。
私自身は手が非常に小さく、握力も少ないため5本で握っています。
(投手として静止した状態で変化球を投げる際には3本です。)


お風呂に浸かっている時に、湯船の中で手首を左右に動かしていると
手首が柔らかくなって上手に投げやすくなると思います。
また、3本指がツライという事で握力が少ない可能性もありますので
その場合にはテレビを見ている時にゴムボールを握っていると
握力も上がり3本でもボールをつかめるようになると思います。
その時に改めて3本で持ってみてはいかがでしょうか。

3本指で握るメリット
・4本で握るより手首を柔軟に使えるのでスナップが効く。
 →野手ならサイドスローなどで差が出ます。

4本指のデメリット
・わしづかみに近い状態なので、ボールが滑ってしまう場合も。
・3本指のようなスナップが効かせられない&回転をかけにくい。(特に投手


雨天の時などボールが滑りやすい時には、わざと鷲掴みにする場合があります。
ボールを投げる時は指先に力が入りますが、ボールが濡れていると
却って滑ってしまうので意図的にスナップをきかさないようにする為...続きを読む

Q鋭い打球を打つには?

ソフトボールです。
鋭い打球が打てません。
どうやったら、強くて鋭い打球が打てるでしょうか?
コツなどがあれば教えてください

あと、素振りで、先輩には、大振りになっていると言われてしまいます。
意識して素振りはしているのですが、なかなか癖が直りません。
やっぱりそれも打球に影響しますよね…
直し方…って言ったらおかしいのですが、それも教えて頂けると嬉しいです;

暇なときでよいのですが、たくさんの回答いただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

 私の体験から申します。
 まず、へその高さのストライクを打つスイングから始めます。ギリギリまでボールを引き寄せて、鋭く振り抜きます。スイングの速さによって打球の鋭さと伸びが出てきます。ボール球を振ってはいけません。必ずストライクを振ります。ギリギリまでボールを引き寄せると鋭くバットを振らないと間に合いません。鋭く振るためには脇をしめないといけません。ポイントはこれだけです。後は外角を打つ時、内角を打つ時を振り分けます。外角は更に引きつける感覚でライト側に振り抜く。内角も十分に引きつけ、脇をしめてレフト側に腰で振り抜く。ボールのコースに逆らわず、合わせて振り抜く。腰で、腹で打つ感覚です。引きつけて鋭く振らないと鋭い打球は生まれません。もし成功したら、内野を越えた辺りからぐんぐんボールがのびて、外野の頭上を越えて跳ぶでしょう。外野が目測を誤るほどボールがのびて、万歳します。腰、腹で打つ時、バットは腰より少し遅れて回転します。先に出ると手打ちになって、いわゆるヘッピリ腰になります。
マスコットバットという、重いバットを何度も何度も振って練習して下さい。姿見で見ながら、身体の軸が揺れないように、回転させる。きっと効果がでます。
 付録ですが、バットを振るのも、ボールを投げるのも基本は同じです。腕で投げるピッチャーの球は伸びがありません。肘で投げるのです。肘で投げると振りが鋭くなりますので、ボールにスピンがかかり、伸びていきます。ビッチャーとキャッチャーの真ん中あたりから、ボールがホップする感じでのびます。反対に腕だけを強く振って何とか早く投げようとがんばっても、ボールは真ん中あたりから、オシッコのように、下がっていきます。ご自分で実験されると解ります。
 ということで、ピッチャーで肩を痛める人がいたら、それは投げ方がいけません。いいピッチャーは肘を酷使しますので、肘を痛めます。大リーグのピッチャーを見るとよく解ります。いい投げ方は省エネ投法でもあります。無駄な力を使いませんからコントロールも当然良くなります。これにより、いい投手は完投できます。その次は中継ぎ、ワンポイント。これは投げ方の差でもあり、善し悪しでもあります。クローザーはちょっと違うかも。今度大魔神(佐々木投手)の投げ方を見て下さい。腕を後ろに溜めた時、完全に肘がフラットに力が抜けて折れています。瞬発力を出すためにはその直前、完全に力が抜けていることが必要です。
外野の投げ方はまた違います、イチローの投げ方参照。今度は腕と肩と全身をフルに使っています。
 バットの振り方も、ボールの投げ方も共通しています。
頭で学んだことを身体に覚え込ませるには時間がかかります。あせらず、ぼちぼち積み重ねで頑張って下さい。ちなみに私はウインドミルをマスターするために15年間以上がんばってますが、まだ使いものになりません(笑)。

 私の体験から申します。
 まず、へその高さのストライクを打つスイングから始めます。ギリギリまでボールを引き寄せて、鋭く振り抜きます。スイングの速さによって打球の鋭さと伸びが出てきます。ボール球を振ってはいけません。必ずストライクを振ります。ギリギリまでボールを引き寄せると鋭くバットを振らないと間に合いません。鋭く振るためには脇をしめないといけません。ポイントはこれだけです。後は外角を打つ時、内角を打つ時を振り分けます。外角は更に引きつける感覚でライト側に振り抜く。内角も十...続きを読む

Qピッチングのときの足の動き

ソフトボールのピッチングで(右投手)右足が飛んでしまい2ステップになってしまいます。
何度か注意を受けています。
ソフトボール専門の顧問ではないので直すことができません。
いろいろ考えてはいるのですがうまくいきません。
何か方法を教えていただければと思います。
文章だけでは分かりづらいですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

2ステップは、投球に勢いをつけようと体を上方に蹴り上げるためすり足が浮き起きてしまします。
普通にプレートにたって反動をつけないでストライクを投げられますか?(当然飛んだりしないで、左足は、左のプレートにまっすぐかかり、右足は中心と右端の真ん中くらいの位置です)
左から右足に体重移動して、その瞬間右足は、陸上のスタートと同じく上ではなく前に飛びだすように蹴ります。そのときの左足は、腰をひねりながら(足はまっすぐでも曲がっていてもよい)、3塁側を向きブラッシングに入るところです。
ですから、意識を上ではなくまっすぐ前にでる習慣をつけることです。
右足で蹴るときに同僚に腰のあたりをまっすぐ前へ押してもらえれば
感じがわかると思います。
しかし、飛ぶことは楽ですが、まっすぐ前にすり足で出ると言うことは、脚力も大事ですので、下半身強化に努めてください。

Q家でできる練習メニューを教えてください!

家でできる練習メニューを教えてください!

最近ソフトボールを高校で始めました。
家で自主練習をやっているのですが、(そんな大した練習ではないかもしれませんが・・・)素振りとバント練習を家の狭い庭でしています。(笑)
何でも構わないのですが、家でできるソフトボールの基礎練習方法やメニューを教えてください!

何か物足りないもので・・・。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

守備等がわかればいいのですが、わかりませんので、一般的な練習方法を書かせて頂きます。
ソフトボールの基本は、下半身強化です。バッティング、守備面においても下半身が弱ければ踏ん張りが弱く体幹がぐらつきますので、ランニングやダッシュに時間を費やしているのが実情です。
全日本の選手でも、ノックやバッティング練習に入る前は、UPをかねてランニングを30分近くやっています。
 また、ストレッチも重要な要素となります。体が硬いと怪我のもとになりますので、怠ってはいけない練習の一つです。
 投球練習もボールを投げることは出来ませんので、タオルを持って前方に綺麗にタオルの端が行くようにフォームで球の軌道を確認しながら行うシャドウピッチングがあります。
 網の袋になった専用のボールを投げる道具も打っているようです。
ゴロの捕球から送球姿勢~投球のフォームの練習(20~30回位でも汗が出るくらいきついですよ)です。
 守備がわからないので、色々と書きましたが、守備の練習しか書いていません。なぜならソフトボールは
守備重視のスポーツだからです。野球の様にバンバンホームランが出るものではありませんので。
ですから、素振り等も練習としては、無駄ではありませんが、実際にボールを打つ方が数倍の効果があります。まして、試合の投球は、生きていますので、マシンのようなボールは2回と来ません。臨機応変にミートしなければ、バットに当たりませんので、打撃は、チーム練習でがんばって、家では、守備を重点に置いた練習が上達の早道と思います。投手であれば、その3倍の練習とストレッチが必要ですので、野手においても、下半身、柔軟体操は重要な練習と言えます。
 がんばって下さい。練習は、裏切らないですから。

守備等がわかればいいのですが、わかりませんので、一般的な練習方法を書かせて頂きます。
ソフトボールの基本は、下半身強化です。バッティング、守備面においても下半身が弱ければ踏ん張りが弱く体幹がぐらつきますので、ランニングやダッシュに時間を費やしているのが実情です。
全日本の選手でも、ノックやバッティング練習に入る前は、UPをかねてランニングを30分近くやっています。
 また、ストレッチも重要な要素となります。体が硬いと怪我のもとになりますので、怠ってはいけない練習の一つです。
 ...続きを読む

Qソフトボールでボールを飛ばしたい

次の日曜日、息子の小学校で父兄のソフトボール大会があります。ソフトボールの経験はありませんがラグビーを学生時代やっていたので体力には少し自信があります。ありました、かな・・・。
去年、同じ大会で体の大きさから4番を任せられたのですがレフトフライが精一杯でした。息子の手前、ホームランとは言いませんがレフトオーバーくらいの打球を打ちたいのです。どなたか、ソフトボールに詳しい方で、レフトに大きい打球を打てるコツなどを知っている方がいましたらご教授下さい。

Aベストアンサー

アメリカで専業ではないですがアスレチックトレーニングを教えている者です。

打撃の力は何でもそうなのですが、ミートする時に、力が入ればいいのです. そして、その力が全てボールに移せばボールは距離的に飛びます. (つまり、方向性を言っているのではない、と言う事ですね)

どうしたらいいかと言うと、ミートの瞬間にバットを強く握る事が大切なんですね. 握ると言う事が、体全体を一瞬硬くなるんですね. そうすると、バットにボールから受ける「衝撃」がボールに戻り、必然とボールが飛ぶわけです.

こちらでは、1-2-3とタイミングをつけあせますが、日本語では、ボールが投げられたときに、「こん・ちく・しょう」の「しょう」で当てるように自分に言います. そして、その「しょう」を強く言って、強く握るんですね.

次の日曜日だと言うので準備期間が非常に足りないですが、とにかくバットをこのタイミングと一緒に振って見てください. 30ー40代の方と思いますので、土曜日は軽く振るだけにしてくださいね. (もし、50代でしたら、金曜日に素振りをやめておかなくてはなりませんね)

できれば、タンマ(炭酸マグネシウム)の粉をチームからもらってきて手につけてから、本格的な素振りをしないと、手の皮をむいてしまう可能性がありますから気をつけてくださいね. 

もうす東風時間があれば、いろいろな事が出来、距離は驚くほど伸びるのですが、仕方ないですね.

「おとうちゃん」のいいところを見せてくださいね. でも、ホームに入ったら、ボールだけに注意を向けてくださいね. 

アメリカで専業ではないですがアスレチックトレーニングを教えている者です。

打撃の力は何でもそうなのですが、ミートする時に、力が入ればいいのです. そして、その力が全てボールに移せばボールは距離的に飛びます. (つまり、方向性を言っているのではない、と言う事ですね)

どうしたらいいかと言うと、ミートの瞬間にバットを強く握る事が大切なんですね. 握ると言う事が、体全体を一瞬硬くなるんですね. そうすると、バットにボールから受ける「衝撃」がボールに戻り、必然とボールが飛ぶわけで...続きを読む

Qウインドミル投法でのリリースについて

体育の授業でソフトボールをやるのでウインドミルで投げる練習をしています。

投げ方はネットで探して見たのですが、どうしてもリリースのやり方がわかりません。

A号球の軟球で試してみてもうまくスナップを利かせることができないので速い球を投げれません。また、ウインドミルで投げるときのブラッシングと云うのがうまくできません。何かコツがあれば教えてください。

野球投げのほうは軟球で120キロぐらいはでます。

Aベストアンサー

こんにちは
ウインドミルのリリースは野球とは全く違うんです。
野球のように、手首を利かすというのではなく、
肘から手先まで全体を返してリリースします。
つまり
1.腕を下ろして太ももの所に来た時、手は外側にねじれています。
(手のこうが体側でボールが外側です。手を外側にネジってボールを見せている感じです)
2.そして、太ももにかすった瞬間、素早く肘から手先までを戻してリリースします。
3.フォロースルーを自然にすると、最後は手の甲が上を向いていると思います。

この最初に腕を外側をネジって太ももに持ってくるところがなれないと思いますが、頑張って練習してください

Q投球フォームについて

娘(小学生5年)のピッチングの指導をしています。

球速も80km/h位は出るようになりましたが、フォームについて悩んでいます。

そこで聞きたいのは、今投げているフォームは、ブラッシングし終わった

右手(右投)の手のひらは下へ向いているのですが、これでいいのでしょうか?

よく中・高学生女子の練習風景なんかを見ると、投げ終わった右手を

右肩の方へまっすぐブラッシングし、

手のひらが上へ向いているのをよく見ます。

もちろんストレートのフォームなんですが、ご指導お願いします。

Aベストアンサー

ブラッシングし終わったということは、手からボールが既に離れている
という解釈で良いでしょうか?
であれば、人間の関節の構造として当然手のひらは下に向きます。
しかし、手からボールが離れる瞬間は手のひらは上を向いているはずです。でなければボールは、ミットに行かないですからスナップを効かす関係で手のひらは上を向き、その後自然に腕と共にからだが前に出て、手のひらも下を向きます。これが自然体のストレートの投球です。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/hosana/pitchken/pitchken-index.html
これのエルダーの選手を見てください。自然に手のひらが下に向いています。しかし、1部リーグの投手は、当然変化球しか投げませんから手のひらはひねりの方向に向いています。
ただ、指導者によっては、アメリカ式といって大きな円運動の遠心力を利用してブラッシングの瞬間縦回転のドロップを投げるような感覚で肘とスナップで掻き上げる様に投げる投法もありますが、個人的には、日本人には向いていないと思っています。
これは、コーチの私見によって大きく左右されるところです。
これは、先の動画を見比べていただければ分かると思いますが、外人と基本的に投げ方が違います。日本人は、なんばの姿勢で外人は真横を向いて投げています。

ブラッシングし終わったということは、手からボールが既に離れている
という解釈で良いでしょうか?
であれば、人間の関節の構造として当然手のひらは下に向きます。
しかし、手からボールが離れる瞬間は手のひらは上を向いているはずです。でなければボールは、ミットに行かないですからスナップを効かす関係で手のひらは上を向き、その後自然に腕と共にからだが前に出て、手のひらも下を向きます。これが自然体のストレートの投球です。
http://www.bea.hi-ho.ne.jp/hosana/pitchken/pitchken-index.html
...続きを読む

Qピッチャー室内トレーニング

小学5年生の娘がピッチャーをやる事になりました。腕の回しで肘が曲がってしまいます。肘が曲がるのが治り、速い球が投げれるようになる室内で出来るトレーニング方法を教えてください

Aベストアンサー

私も中学時代はピッチャーをやっていました。しかし高校に入ったら、なぜか肘が曲がってしまって、球が遅くなり、それが段々ひどくなって、最終的にはピッチャーをやめることになってしまってので、この問題は慎重に見たほうがいいです。
最初はゆっくりでいいので、シャドーできれいなフォームで回すこと意識して練習します。焦りは禁物です。これを徐々にスピードアップさせていきます。おそらく室内でできることはこれくらいだと思います。屋外では、腕をよく振ってしっかり走りこむことが必要になってくると思います。
シャドーと走り込みで肘が曲がるのは治ると思います。もしこれで治らなかった場合は、ソフトのピッチャー経験者の方に話を聞いてみてください。
私はピッチャーをやめたあとに、シャドーと走り込みをやっておけばよかったなと今でも後悔してます。やはり、ソフトの勝敗はピッチャー八割と言いますから、ピッチャーは一番重要なポジションになってきます。ピッチャーができる喜びを感じつつ、これからもソフトを楽しんでください!

もしわからないことがあったら補足でおねがいします。

Qウィンドミル(ウインドミル)投法のコントロール修正法(ボールの握り方、腕の回し方)

20代半ばの男です。
小学生の頃、ウィンドミルをしていまして、それなりに速くてコントロールもまずまずでしたが、数年以上のブランクが開き、高校の時に久々に投げてみるとキャッチャーの遥か頭上を行く大暴投となりました。あれから10年程経った今でも、試してみるともちろん大暴投でした。
原因はリリースポイントの遅れに他ならないのですが、具体的には大人になるにつれて下記原因が生じてきたのだと思いました。
1.ボールに対して手が大きく、持ち過ぎてリリースが遅れる
2.ボールを手のひらに乗せて自然に掴む状態(人差し指、中指、薬指を3本ともしっかりと掛ける)で投げると、持ち過ぎてリリースが遅れる

そこで握り方を浅く(指の腹でつまむような感じに)したり、薬指は外して、掛ける指を2本に減らしたりすると、ストライクゾーンに収まることもありますが、逆にリリースが早くなりゴロになることがあり、試合で使える程のコントロールにはなりませんでした。
子供の頃より今の方が腕の回転スピードは速くなっていて、リリースのタイミングは一層シビアになっているでしょうから、それもコントロールの定まらない原因だと考えています。

以上を理解はしているのですが、これを克服するにはどのようにすれば良いでしょうか?
練習あるのみ? or 握り方で調整?
腕は全力で回して、その回転速度でもリリースのタイミングをしっかりととれるようになるまで要練習? or 回転速度を緩めて、コントロール重視すべき?

そもそも大人の男性でウィンドミルをしている方の中には、上記2のような握り方(ボールを自然に掴む握り方)で投げている方もいらっしゃるのでしょうか?だとすると、練習を重ねていけば徐々にコントロールも良くなってくるということになりますが。それとも上記1や2を回避するために握り方で調整して、コントロールを保っているのでしょうか?

アドバイスを宜しくお願いします。

20代半ばの男です。
小学生の頃、ウィンドミルをしていまして、それなりに速くてコントロールもまずまずでしたが、数年以上のブランクが開き、高校の時に久々に投げてみるとキャッチャーの遥か頭上を行く大暴投となりました。あれから10年程経った今でも、試してみるともちろん大暴投でした。
原因はリリースポイントの遅れに他ならないのですが、具体的には大人になるにつれて下記原因が生じてきたのだと思いました。
1.ボールに対して手が大きく、持ち過ぎてリリースが遅れる
2.ボールを手のひらに...続きを読む

Aベストアンサー

返答させていただきます。20歳になった男です。
私も指の腹で軽く握っています。

指の腹でつまむように握っているとのことですが、指の付け根の部分はどうなっていますか?もし離れているのなら、つけた方がよろしいかと思います。
ボールが上に暴投してしまう時の対策として、腰の捻りを気持ち早めてみるのはどうでしょうか。又は、歩幅を少し短くしてみるのも方法のひとつの方法です。
克服法では腕は全力で回した方がよいかと思います。緩めて回した状態で覚えてしまうと、全力で投げたときのコントロールが掴みづらくなったしまいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング