みなさん、こんばんは。
私は猫を5匹飼っている、ヘビーユーザーです(´・ω・`)

現在、悩んでおります。

今までもネコ達は小動物を捕まえてきていたのですが、発見した時点で、すでに死んでいるパターンしかありませんでした。
そんな中つい昨日、我が家の猫が小鳥を捕まえてきまして…。
困ったことに、その小鳥はまだピンピンしており死んでおらず。
猫どもが、ボールのように転がしながら弄んでいる様を、つい見かねてしまい、その小鳥を助けてしまいました。
この行為に関しては私自身でも【偽善】であると重々認識しております。

助けたはいいのですが、すでに翼が折られており、
一晩置いてスリ傷は回復したのですが、とても飛べそうにありません。

この飛べない状態のまま外へ離すのが良いのか、
二度と飛べるのかわからないまま完治するまで飼えばよいのか、
再びネコ達への生贄にすればよいのか、

非常に迷っております。

飼い猫が捕獲してきた小動物は、みなさんどのように対処していますでしょうか?
特に、まだ小動物が生きている状態についてです。

今思い返せば、見て見ぬふりをして助けなければ良かったなと、後悔している次第であります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

わたしも偽善だとは思いません。



悩みますよね。
翼が折れて飛べないなら、そのまま外に離すと、カラスとか他のネコとかにターゲットにされるでしょうし。

わたしだったら、保護すると思います。
それで、気になったことがあって・・・。

前に、うちのわんこを動物病院に連れて行った時に、待合のポスターで「野鳥を許可なく飼うのは違法です」と書いていたような、覚えが。


BIRD FAN
http://www.birdfan.net/about/faq/kega.html

必ず各都道府県の野生鳥獣担当機関に連絡し、指示を仰いでください。

と書いてありました。

試しに、私が住んでいる県のHPを見たら、

「重症と思われる場合は、救護医さんで治療。
管轄の県振興局衛生環境課(または保険環境課)に連絡、善意の発見者の方に最寄りの救護医さんまで搬送をお願いしています。とのことでした。」

保護されるのであれば、一度、管轄の担当機関に、連絡してみてはどうですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おおおおおおおお!!!!!!
詳細なご回答、心から感謝いたします!
このようなサイトがあろうとは、全く存じ上げませんでした。

早急に、管轄の担当機関へ連絡したいと思います!

いやはや
ご紹介して下さったサイト内容によると…
今現在、ガッツリ違法行為中であることを自覚いたしました(@_@;)
【法】という意味でも裏目に出るとは。
ぐっ…スズメめ…。

明確な答えが定まりました。
改めまして、本当にありがとうございます!!

お礼日時:2009/05/27 22:28

NO.3です。


スズメさん、残念でした。
埋蔵前に、野良猫が、つれて行ってしまいましたが、
それは、自然界だと、当然ありえることなんですよね。
このスズメさんのおかげで、
野鳥の保護のしかたを、知ることができた。
こんなことがなければ、知ることもなかったと思います。

もし、怪我をした野鳥を発見することがあれば
今回のことを教訓に、行動したいです。


野鳥の保護の仕方を知る、きっかけを与えてくれた
スズメさん、neo09090l8さんに、感謝です。

neo09090l8さん
これ以上、心を痛めないでください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お心遣いありがとうございます( ´Д`)
むしろ、スズメの存在を忘れていたくらいです…。
まだ数日しか経っていないのに、
なんだか自分自身さびしくなってきます。
【命】っていったい…。
しっかりと脳裏に刻んどかないとなぁ...
と、今しがた痛感いたしました。

ZEro-0-REIさんには、以前サイトを紹介していただき
本当に助かりました。
ピンポイントの回答、感動いたしました次第です!

今後も、私を含め他の方々に
貴殿のご豊富な知識で
愛の手を差し伸べていただきとうございます。

末筆ながら
ご多忙の中、再びご返信
心より感謝いたします!!!!!!

お礼日時:2009/06/03 00:27

usamrです。



こちらこそご丁寧なお返事頂戴いたしまして、ありがとうございました。

スズメのその後ですが…残念です。
やはり、猫に狙われたら延命は無理なのでしょう。
でも、たとえ一時でも救ってくださったことは、とても尊いことだと思うんです。
そして、亡骸を埋葬しようとして下さったお気持ちも・・・

野良猫に奪われたことは悲しい出来事ですが、しかし、考え方を変えれば
結果的には、スズメがその野良猫の命をつないだということになりますので
決して無駄死にではなかったといえます。

このことは、自然界においては日常繰り返される行為に違いありません。
ですからどうか、あまり気に病まれないでください。


温かいお気持ちに心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

三度に渡るご返答、ありがとうございます!

今回の出来事で、とても悲しい気持ちになりましたが…。
この気持ちが果たして、本当に
《スズメの命に対するモノ》なのか、
《自分自身の誤った判断を誤魔化し、悲しむ事で納得させているモノ》なのか、
もはや私自身にもわかりません…。
ただただ、後者でない事を切に祈るばかりです。

そのさなか、三度に渡るusamrさんのご回答で、
とても心が救われました。
usamrさんのおっしゃる通り、自然界においては日常繰り返されている行為でしょうから。あまり気に病まないように心掛けたいです。

心の支えになるご意見、もはや感謝の言葉しかありません。
誠にありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/29 20:34

翼が折れて回復不能な場合は、野生に復帰が無理ということで飼っていいという条例がある場所もあるみたいです。


場所がどこだったかは忘れましたが。

とりあえず、電話して判断を仰ぐのがいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
お忙しい所、誠に申し訳ございませんでした。

残念ながら…電話をするのが、団体の存在を知るのが、一歩遅かったです。

この度は、非常に悔やまれる結果に終わってしまいましたが、
次こそはこの教訓を生かし、助けられる命は助けたいと思います。

ご回答、ありがとうございます!!

お礼日時:2009/05/28 21:18

#4で回答した者です。



他の方の回答を拝見して…法律でいろいろ難しい問題があるようですね。

飼うのが無理ということであれば、しばらく保護という形はできないものでしょうか。
折れた翼が回復するとは思えませんのでなんともいえませんが・・・

そういった鳥たちを保護してくれる場所はないものでしょうか・・・


簡単にはいかないものなのですね。
無責任な回答をしてしまい申し訳ありませんでした。

でも…やはり、生贄はやめていただきたいとおもいます・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び、ご回答、感謝いたします。
無責任な回答どころか、本当にありがたいご意見です。


こちらの掲示板にもう一日早く質問をしていれば、確実に救えた命でしたので、
悔いても悔やまれません…。

今から考えると「チュンチュン」とたくさん鳴いていたのは

骨と内臓の損傷からくる痛み、
閉じ込められていたストレス、
仲間のいない孤独、

まさにその『嘆き』だったような気がします…。

普段【死】という概念から切り離さて生活をしているため。
《現代っ子》の私には、スズメに対する死でさえ、なかなか堪えました。

「ちっ、たかだかスズメが死んだくらいだし」
と思い込まなければ、今は割り切れない気持ちでいっぱいです。

今回の一件で、野鳥を保護する団体があるという事を知れただけでも
良かったと思いたいです。

ネコを飼う以上、その辺の覚悟も必要なのだと学ばされました。

改めまして、二度に渡るご回答ありがとうございます!

お礼日時:2009/05/28 21:10

まず猫たちの生贄は却下させてください!


相手も生き物です。
弱肉強食・食物連鎖を考えれば仕方のないことかもしれませんが
そのような状態で、しかもまだ生きているのでしたら救助しか選択肢はないと考えます。

翼が折られているなら、当然自然界では生きていけません。
生贄も却下ですから、人の手で終世面倒をみるが妥当かなとおもいます。

もし、面倒が見られないということであれば・・・
どなたか別の方で善意の方を探してあげて欲しいとおもいます。
まだ生きているのですから、なんとか命をつないでください。

見て見ぬ振りは簡単ですが、それだけのことです。
何もなかったことにすれば簡単ですが・・・
実際、何もなかったことにで出来ないわけですから。
乗りかかった船と思われて、命をつないであげてくほしいとおもいます。

もし、飼われる場合は猫さんとは別の場所でお願いします。

大変でしょうけど、どうか切によろしくお願いいたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがたきご回答かたじけない。
救出した事については、間違ってなかったと思えるようになりました。
心が救われました。

やはり助けた命、乗りかかった船は、ちゃんと乗らないといけないですよね。

しかし…今朝、残念な事が起こりました(T_T)

「チュンチュン、チュンチュン」
昨晩まで、部屋でうるさくて仕方なかった、スズメを入れた小さなダンボール。
しかし朝起きてみると、そのダンボールから声が聞こえません…。
「ま、まさかなぁ...」
中を見てみると、小さく丸まって冷たくなったスズメがいました。
なんとも言えないやりきれない想いが・・・

勤めから帰ってきて、もう動かないスズメを埋めるため、庭へ。
周りはすでに暗かったのでライトとシャベルを持ってくるべく、一旦その場を離れました。
その約2分後に戻ってきてみると【スズメ】が見当たりません。
ライトで周りを照らし、探してもなぜかいない。
ふと右にライトをあてると、見かけない野良猫が一匹。
口元にはスズメをくわえているではありませんか…。
奪還を試みましたが、案の定 軽く逃げられました。

この二日間、一体なんだったのだろう…。
そう感じられずにはいられませんでした。

お礼日時:2009/05/28 21:05

こんばんは



家族会議いたしました
飼ってはどうですか?

翼が折れているとはいえ
命が助かったのは鳥としては助かったと思っているのではないでしょうか?
鳥かごで飼ってあげてはどうですか?

ただ、スズメとか飼っちゃいけなかったような・・
そう言う場合は野鳥の保護団体に聞いてみてください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ん?お、おや!?
スズメって飼っちゃいけないんですか( ゜д゜)
なってこった(汗)
「オレ!飼う!!」と先の回答者様へ言っちゃった所でした…。

この時間帯ですので、さっそく野鳥の保護団体のサイトを拝見したいと思います。

夜分遅くありがとうございました!!!

…あ!まったく関係ありませんが、yuyuyunnさんには以前にもアドバイスをいただいたような記憶がございます。
気のせいでしたら、申し訳ございません( ´゜ω゜)

お礼日時:2009/05/27 22:13

偽善とは思いません。


うちのもヤモリをとってきたりしましたが、すぐとっつかまえて生きていれば外へ放しました。
前の子の時はスズメを取ってきたことが1~2回あり、やはり急いで放しました。

羽が折れているのでは外で生きていくのは無理でしょうね。私なら飼いますね。少ししか生きていられないでしょうからね。
生贄はかわいそう過ぎます。一度解放されたのにまた恐怖を味あわせるなんて。

野生動物が生きていくための営みを人間が妨げないようにする。というのはありますが、飼い猫の場合は“生きていくための営み”ではありませんから、見て見ぬふりなんか出来ません。いつでもすぐに助けます。相手が生きているのに猫のおもちゃとしてむざむざ見殺しには出来ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答者tanuchiさんのご意見を拝見し、少しばかり心が楽になりました。血迷って再度、本気でネコ達へ還元するところでした。

飼い猫たちは、エサとして認識し食べてくれればよいのですが。
確かに今思い返すと、食べずに死体を放置するだけだったような気がします。

弾みで助けてしまった『命』とはいえ。
責任を持って、飼いたいと思います。

貴重なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 22:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報