60さいの母の話です。
眼がかすむそうです。
白くもやがかかったみたいになっているらしく
病院にいくと、眼圧が高く、眼底出血しているとのこと。
血圧も高く、コレステロールも高く、改善のために食事を変えたところ、体重もおち、もともと細かったのでそれ以上改善の仕様がないと薬を飲み始めました。改善されてきたので両方の薬をやめ、眼科からの薬と目薬だけで2,3ヶ月。
視力も回復せず、これ以上は薬ではムリなので大きな病院で注射をしてもらってきてくださいとのこと。
未認可の薬でしらべると、アバスチンという薬がでてきましたが、加齢黄斑変性に効果有と書いてありました。
眼科で病名はきいていないらしく、あるのかないのかもわかりません
が、ゆがんでみえることはないので、加齢黄斑変性ではないのかなぁとも思いました。

近々注射をうちにいく予定ですが、少し情報を集めておきたいと思い質問をさせていただきました。

視野がかすむ病気は加齢黄斑変性にあるのでしょうか?
また、他の病気でかすむということはあるのでしょうか?
今、浮腫があるので注射をして抑えるともいっていたそうです。
するとかすみが取れるけど、視力回復するかどうかはわからないといわれたそうです。
注射には私もついていく予定です。

経験者の方、若しくは詳しい方いらっしゃいましたらなんでも結構ですので教えてください。
記載した病名と薬名は私が母から聞いている話で検索をして出てきたものですので、正しいとは限りません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何でも良いと言う事で書きますが、飲んでいる薬があれば


副作用で目がかすむ物もあるようですが、参考まで
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q眼底出血の原因について

こんばんは、眼底出血についてで質問させていただきました。
血糖値も高いのですが、眼底出血は全くないといったような状況でした。
ここ、1,2ヶ月ほど目にあてて低周波治療器をかけても良いといわれるマッサージをしておりました。
眼底出血を起こしていた右目が未だに目の奥の方がいまだに瞬きをすると引っかかるような少し痛みを感じるような状態です。
それが原因で眼底出血が起こったと考えにくくはないでしょうか?
詳しい方がおられたらアドバイス願えたら幸いです。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

大学病院の眼科医です。

体重、身長のバランスは現在の数字でちょうど宜しい。
体重を減らし事を考えていると、筋肉量が減って逆に血糖値が下がらなくなってしまいます。
食事を考える事と運動に留意してください。

ヘモグロビンA1c と言う血糖値を表す数値はどれくらいでしょうか?
眼科の先生が眼底出血の事をどの様におっしゃっていますか?

Q加齢黄斑変性症の治療薬について

身内(女性)が加齢黄斑変性症と診断され、ルセンティスの投薬(注射)治療を受けてきましたが、現状維持が精いっぱいなので、アイリーアという新薬が良いということで、右目だけアイリーアを注射したところ視力が落ちてしまいました。お医者さん曰く確立の低い悪い結果になったが、目は左右違うので左目にもアイリーアを投与するように勧めてくるのですが、片目で失敗してるのに盛んに進める(同意書へのサインをその場でほしがる)医者が信用できません、実験されてるように思えてしまいます。同じ薬でも左右でまったく違う結果は出るのでしょうか?現状のルセンティスでの治療を続けたほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

 アイリーアでの治療はしていませんが、私も加齢黄斑変性の治療中なので書込みます。

 私は右眼が加齢黄斑変性(AMD)になりルセンティスを2回注射しました。
検索しても治った旨の記述はなく、私もAMDは現状維持が精いっぱいと考えていました。
しかし、私は注射で、視野欠損、ゆがみが消え今は正常に見えています。
AMDは現状維持が精いっぱいではなく、私の様に治る人もいるのです。諦めないでください。

 まだ、網膜断層検査(写真)では脈絡膜新生血管(CNV)は完全に消えていませんので、治療は続けます。3割負担の医療費では大変ですが。

私も ninoueさん が、引用された医師向けの製品(ルセンティスの)情報の通り、
「片眼での安全性を十分に評価した上で側眼の治療を行うこと。」だと思います。
片眼での安全性が確認できない状態で同じ製品を別の眼に投与するのはルセンティスでもアイリーアでも危険だと思います。(ちょっと医者のスキルが心配)

後悔しない為、別の医師とも良く相談され、納得の行く治療を選択した方が良いと思います。

私は、今回の症状で、3つ病院に行きましたよ。

 アイリーアでの治療はしていませんが、私も加齢黄斑変性の治療中なので書込みます。

 私は右眼が加齢黄斑変性(AMD)になりルセンティスを2回注射しました。
検索しても治った旨の記述はなく、私もAMDは現状維持が精いっぱいと考えていました。
しかし、私は注射で、視野欠損、ゆがみが消え今は正常に見えています。
AMDは現状維持が精いっぱいではなく、私の様に治る人もいるのです。諦めないでください。

 まだ、網膜断層検査(写真)では脈絡膜新生血管(CNV)は完全に消えていませんので、治療は...続きを読む

Q眼底出血の治療法

糖尿病の65歳になる父に眼底出血がおこりました。今、いつ失明するかビクビクしています。
 このままでは眼底出血→糖尿病網膜症→失明 の流れで悪化していくと認識しています。
 お医者さまは「様子を見ましょう」の一点張りではっきりした答えをくれないようで、本人が一人で焦っています。
眼底出血を防ぐ方法、食べ物や手術など、療法がありましたら、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

糖尿病からの、発症ではないでしょうか。
 食べ物で薬草の「シマカンギク」が在りますので、これを食べて下さい、短期間で改善が出来ると思います。
 眼底の出血は、「日々草」で止まりますので、朝食時に2枚から4枚位食べて下さい、良い結果が出ます。
 一応、血糖値を測つて診て下さい。

Q黄斑変性について

健康診断で「黄斑変性が確認されます」と言われましたので眼科へ行き、視野の検査などしてもらいましたが異常なく今の段階では薬はありませんのでしばらく様子を見て下さいと言われました。
日常生活でも見えにくいという事はありませんが、ひどくなる前に進行がとめられればと思って眼科へ行きましたのでちょっと不安です。
他の眼科へ行った方が良いでしょうか?それとも同じ事でしょうか?
おしえて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

年齢が不明ですが,文面からすると加齢性黄斑変性症の乾燥型と想像します。ルテインと言う成分が予防と改善の効果が期待できます。検索してみて下さい。

> 他の眼科へ行った方が良いでしょうか?それとも同じ事でしょうか?

セコンドオピニオンと言う面で有効化と思います。

Q強度近視による眼底出血の治療法はないのでしょうか?

1年半ほど前に左目に眼底出血が起こり、病院で強度近視による眼底出血と診断されました。
先生には自然治癒しか治す方法はないと言われ何の薬も出ないまま半年後に自然治癒しました。
しかし治ってすぐ今度は右目に同じ症状がおき8ヵ月経った今も治っていません。この時も病院での診断は前回と同じものでした。(2つの病院にかかりました。)
なのに今日また左目にも起こり両目とも視界の真ん中がすっぽり見えない状態になってしまいとても困っています。
インターネットで検索するとレーザー治療や手術ができるようなことを見かけるのでもし治療法があるならすがりつきたい思いです。
それとも高血圧や糖尿病の合併症による眼底出血にしか当てはまらないのでしょうか?
どなたか詳しい方、同じような経験をされた方がみえましたらぜひお話を聞かせてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レーザーは、病気を治すというより病気を焼き潰すものなのです。

糖尿病などは血管が弱って充分な血液を網膜に届けられないので、周辺の視力にあまり影響しない網膜を焼き殺すことによって酸素や栄養の需要を減らし、下がった供給に吊り合わせる、という理屈です。

黄斑部(視野の真ん中)の辺りの出血に対しても、場合によってはレーザーの適応があります。
例えば、出血点がはっきりしてる場合、そこにピンポイントでレーザー照射し、出血してる血管を焼き潰すことによって出血しなくすることが出来ます。
ただ、焼いた部分の網膜は死にますので、見えなくなります。
視野の真ん中が見えないのを治すために、視野の真ん中を潰してしまっては意味がないので、ホントのど真ん中にはレーザー出来ません。

納得し難い、受け容れ難いかもしれませんが、セカンドオピニオンを取っても、おそらく今の主治医と同様の結論になるのではないでしょうか。

Q黄斑変性に効果あるサプリメント教えてください

先月下旬に眼科へ行ったら単純黄斑部出血から黄斑変性と診断を受けました。
治療方法も薬も無いので、このまましばらく様子を見ましょうと言われたのですが、
改善させたいので、黄斑変性に効果のあるサプリメントを知ってる人がいましたら、
ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

気になったのでWikipediaで調べてみました。

眼科で治療方法も薬も無いと言われたのですよね。
治療法 レーザー等で手術しても改善した人と悪化しか人はいるためらしいです。
薬も無い。あるにはあるらしいですが、厚生労働省未認可らしいです。

残酷な言葉なのはわかっていますがサプリメントでは改善できないかと。進行を遅らせるという意味では、黄斑変性なったことがないためわかりませんが、目に良いと呼ばれるもの魚などのサプリメントでも効果が無い可能性があると2013年に記載されていました。2015年では抗酸化サプリメントが有効かもしれないと記載がありました。

が、サプリメントよりは抗酸化で言えばワイン等で摂取されたほうが良いと思います。


まとめ
情報に踊らされないこと。人間にも生まれ持った治癒力があること。

Q眼底出血と手術

1月10日、テニス中に急にボールが見えにくくなり、翌日、街の眼科医にかかったところ、眼底出血との診断でした。そして、眼科医より、指示された薬を欠かさず服用し、酒そして大好きなテニスも全く止めて、治療に努めたのですが、左眼の視力は全く回復しません。2月に入り、その眼科医にお願いして大学病院を紹介してもらい、そこで検査をして貰ったのですが、眼底出血という診立ては同じで、先の街の眼科医で頂いた薬を、そのまま継続して飲んで様子を見ようという事でした。その大学病院の指示どおり、2週間後に再診して貰ったところ、血液は止まっているが、血痕が広がっているとの診立てで、早く直すには手術が良いと勧められました。来週火曜日に手術の決断をせねばなりません。
今まで59年間、入院した事、手術した事も全く無かった物ですから、眼の手術となると、手術中の痛さ、リスク等から、なかなか決断できません。麻酔するにしても、眼に注射するなんて、とても信じられません(全身麻酔の可能性は?)。このような事を含めて眼底出血の手術に関する情報をお教え下さい。
眼底出血の原因も眼科医がハッキリした事を言いません。この2月に別の病院で定期健康診断をしたのですが、その医師の話しでも血圧、糖尿等に異常はなく、眼底出血に繋がる内臓疾患はないとの事でした。一方では、昨年の12月中旬頃、テニスのボールを眼に当てた事があります。チョット痛かったのですが、医者に行く事もない程度で、その後はすっかり忘れていました。これも何か遠因になっているのでしょうか?又、昨年春、会社を設立し、年齢(59歳)の割にパソコンを操作する機会が非常に多くなりました。これも眼底出血と繋がるでしょうか?
手術の痛さはどの程度か?リスクはないか?私の場合の原因は何か等に関してお教え頂ければ幸いです。

1月10日、テニス中に急にボールが見えにくくなり、翌日、街の眼科医にかかったところ、眼底出血との診断でした。そして、眼科医より、指示された薬を欠かさず服用し、酒そして大好きなテニスも全く止めて、治療に努めたのですが、左眼の視力は全く回復しません。2月に入り、その眼科医にお願いして大学病院を紹介してもらい、そこで検査をして貰ったのですが、眼底出血という診立ては同じで、先の街の眼科医で頂いた薬を、そのまま継続して飲んで様子を見ようという事でした。その大学病院の指示どおり、2週間後に...続きを読む

Aベストアンサー

回答が遅くなりました。もう手術の決断はされたのでしょうか?
眼底出血の原因はおそらく何らかの血管の脆弱性によるものではないかと考えます。テニスボールの受傷や疲れの件は特に関係ないのではないでしょうか。
手術に関してですが、おそらく硝子体手術を受けられるのだと思いますが、痛みに関してはまったくといっていいほど心配要らないと思います。眼球に3箇所ほど小さな穴をあけてするものですが、麻酔も点眼だけですし・・・。手術中眠っておられる方もいらっしゃいますよ。本当はいきなり動かれる危険性がありやめていただきたいのですが・・・。
ただ手術を受けても視力が回復するかどうかはやってみないとわからないところがあります。主治医の先生に納得いくまでお話を聞いてください。もし不明な点がございましたらいつでもこちらでお答えいたします。

Q黄斑変性症の治療

36歳の主婦です。
新生血管黄斑変性症で右目がほとんど見えなくなっています。
(真ん中部分が見えないため、視力検査では0.1以下です)

現在、大学病院に通っていますが、今よりまだひどくなる可能性があるので、
進行を止めるための治療として、ステロイド剤を直接目に注射する方法を挙げられたのですが、
ちょっと怖かったので少し考えて答えさせてもらうことにしました。

今はこれ以上ひどくなるのはできるだけ避けたいので、
その治療をしていこうと思っています。

次の診察の時には詳しく説明して頂けると思うのですが、
やはりまだ少し不安があるので、具体的にどんな方法なのか、
知っている方がいましたらぜひ教えて下さい。

知りたいことですが・・・
 1.痛みはありますか?
 2.どんなふうに注射するんですか?
 3.副作用はありますか?
 4.治療が終わってからすぐに仕事に行けますか?
  (夕方から事務系のパートをしているので、治療後すぐに仕事ができるのか知りたいです。)

他にも何か知っていることがあれば、何でもいいので(この病気のことなど)教えて下さい。
よろしくお願いします。

36歳の主婦です。
新生血管黄斑変性症で右目がほとんど見えなくなっています。
(真ん中部分が見えないため、視力検査では0.1以下です)

現在、大学病院に通っていますが、今よりまだひどくなる可能性があるので、
進行を止めるための治療として、ステロイド剤を直接目に注射する方法を挙げられたのですが、
ちょっと怖かったので少し考えて答えさせてもらうことにしました。

今はこれ以上ひどくなるのはできるだけ避けたいので、
その治療をしていこうと思っています。

次の診察の時には詳しく説明...続きを読む

Aベストアンサー

お返事いただけないようですが、一応もう少し光線力学(PDT)で関西では専門的に今までやってきている京大と阪大眼科の医局での状態を調べてまいりました。
まず第一に若年性の脈絡膜新生血管にはPDTは適応にならないうえに、やはり前述の通り、ほとんど効果がないようです。経瞳孔温熱は京大ではもうまったく行っていないとのことです。(京都大学の吉村教授はPDTの大家です)
最近の動向としては、ポリープ状脈絡膜血管症(PCV)以外にはアバスチンをほぼ全例で行っているとのことです。副作用も出現しておらず、浮腫も引き、値段も安く、経過も一番良いとのことです。
阪大の教授と話したところ、阪大ではもうすでに光線力学はやめたらしいです(もともとあまり積極的ではなかった)。理由は、治療が大掛かりで値段が高い上にたいして効果がないからとのこと、、。今ではほぼ全例アバスチンを行っているようです。
#2とのいさかいじみたやり取りのため、コメントを返しづらいようですが、#2は網膜・硝子体はずぶの素人です。ほかの質問回答でもいい加減な知識を振りかざしてよく妨害めいたことをされており、当方は非常に迷惑しております。

お返事いただけないようですが、一応もう少し光線力学(PDT)で関西では専門的に今までやってきている京大と阪大眼科の医局での状態を調べてまいりました。
まず第一に若年性の脈絡膜新生血管にはPDTは適応にならないうえに、やはり前述の通り、ほとんど効果がないようです。経瞳孔温熱は京大ではもうまったく行っていないとのことです。(京都大学の吉村教授はPDTの大家です)
最近の動向としては、ポリープ状脈絡膜血管症(PCV)以外にはアバスチンをほぼ全例で行っているとのことです。副作用も出現しておらず...続きを読む

Q眼底出血があったのですが。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
というのは、気がすすみません。
なぜかというと、造影剤の検査は、ネットで調べた結果
「医療事故」があったとのことなのです。

医者に聞けば、「造影剤」の検査をしなさいと言われるのは
分かりきっているのてすが。

症状がないなら、ほっておいてもいいですか?
それともやはり造影剤の検査をうけるべきでしょうか。
造影剤によるリスクというのはどの程度のものでしょうか。
よいアドバイスがありましたらお願いします。

ちなみに健康診断をうけたばかりですが
高血圧や糖尿病はありません。

半年くらい前に右目がよく見えなくなり、
眼科にいったところ、眼底出血だと言われました。
が、たいした治療をされたわけでもなく
眼圧を下げるという飲み薬を処方され、
しばらくたったら、出血がひき、眼はもとどおり
見えるようになりました。

しかし、結局、眼底出血の原因は、医者にきいても
「よく分からない」
と言われてなぜ眼底出血がおこったのかは分からないままです。

原因が分からないため、また起こるのではないかと不安ですが
一方で医者が勧める「造影剤を入れて写真をとる検査」
...続きを読む

Aベストアンサー

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機能を調べたり、アレルギーテストをしていますので、最近はまず報告を聞きません。

私も眼科医になってもう20年経ちますが、その間もう何百人の患者さんにこの検査をしたか数えられないほどです。
たまに空腹時や、逆に食事した直後に検査に来られた為に、検査中に気分が悪くなり吐いてしまった患者さんを経験してますが、意識をなくすようなショックを起こした人は皆無です。

また検査後は、しばらく注射した蛍光色素が尿中に排泄する為に、尿の色が赤ッぽく見えたり、顔色が黄色ぽく見えたりすることは誰にでもありますが一過性で心配ありません。

では、これで何が判るかというと、私たち医師が見ることの出来る網膜の下にある、医師からは見ることの出来ない”脈絡膜”という網膜を栄養している大切な組織の血液の流れがわかるのです。
まだ網膜に現れていない病気や今後起こりうるだろう出血の予想、さらには必要に応じてレーザー光線で治療する光凝固術には欠かせない検査です。

でも現在特に視力に不自由していらっしゃらないのなら、今無理に受ける必要はないでしょう。
もし万一再び眼底出血を起こした時は、ぜひ心配せずに受けてくださいね。

眼科医です。
原因不明の眼底出血というのは時々見られますが、基礎疾患があることが多いです。
この場合は、また繰り返すことがままありえます。

原因の検索と次の出血の予防のために、蛍光色素を静脈に注射しながら眼底写真を連続して撮影する『蛍光眼底造影検査』は、一般に良く行われている検査です。

確かにショック死の重大な副作用の報告はありますが、大変稀です。
以前10万件に一人くらいと言われてましたが、腎臓機能障害や特殊なアレルギー体質の方が報告されていますので、実施前には腎機...続きを読む

Q黄斑部変性症について

数ヶ月前から右目の一部が歪んで見えるようになったので、近所の眼科をたずねました。
すると、視野検査や眼底部写真より「黄斑変性症」との診断を受けました。
原因は不明とのことで、サプリメントを飲んで様子を見るといわれました。

私は30歳の男です。糖尿病や高血圧症などの病気はありません。
むしろ、健康には自信があったのですが、こういうことになってしまいましてショックを受けております。
もともと視力は悪く、ハードコンタクトを使用しています。
コンタクト使用暦は10年以上になります。

先生には片目があるから大丈夫といわれたのですが、
私としましては、両目で物が見たいのです。

サプリメントを飲み続け、一ヶ月後においでといわれましたが、
気のせいか、徐々に進行しているように感じます。
東京都内でこの症状に詳しい医療機関や先生はいらっしゃいませんか。

個人でも探しているのですが、皆様のご意見を頂戴したく存じ上げます。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

35歳の時、片目が見難いと思ったら、眼底出血していました。
貴方の場合、メールが見えるのですと、視力低下は少ないのですね。新生血管からの出血などはないのかもしれませんね。
初め気が付いた時、すでに字など読めないくらいの視力でした。
0,1は見えません。
オウハン部は(ハンがなかなか出せないのでカタカナでゴメンナサイ)視力の中心になるところで、そこでの出血は視力に影響が大きいのです。
当時、レーザーで焼いて出血を止める方法があるが、それをすると、健康なところも焼いてしまい、かえって視力が悪くなると言われ、止血剤を飲み、何年も経過観察だけでした。

原因不明で若い人のオウハン変性は時々あるといわれましたよ。
今は、治療法がいろいろあるようですが、出血でなく、視力も字が読める・・・こういう方には、どうでしょうかねえ。
自分の時と似た年齢の方で、症状も似ていたので、保存しておいた質問をご覧下さい。
なお、もう一方の目も発病する可能性はありますが、若い人の突発的なものは片目だけの事が多いそうです。
私は61歳ですが、片目は無事です。新生血管の出血が止まって以来、進行していません。
http://okwave.jp/qa2782032.html

35歳の時、片目が見難いと思ったら、眼底出血していました。
貴方の場合、メールが見えるのですと、視力低下は少ないのですね。新生血管からの出血などはないのかもしれませんね。
初め気が付いた時、すでに字など読めないくらいの視力でした。
0,1は見えません。
オウハン部は(ハンがなかなか出せないのでカタカナでゴメンナサイ)視力の中心になるところで、そこでの出血は視力に影響が大きいのです。
当時、レーザーで焼いて出血を止める方法があるが、それをすると、健康なところも焼いてしまい、か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報