九月が決算月ですので月末に棚卸しをしました。9月21日に仕入れ伝票が起きている商品が入荷は10月1日でしたので当然棚卸しに計上しませんでした。以前、税務署から 伝票の起票日が末日近くにあり商品が月をまたいで入荷ているもので仕入れが起きていて販売、在庫にあがっていないのは認められないと言われました。現実には棚卸し時点では商品は無いのに釈然としません。実際はどちらが正当なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2の者です。

そうか、No.2の回答はヨレていましたね。申し訳ありません。

kobakoba07さんとほぼ同内容ですが、
(1)9月21日に商品が引渡しされたものの、物自体は倉庫・コンテン内等にあって、まだ自社に届いていない→あるべき処理は、9月21日付当該仕入伝票の全額を9月末日時点で棚卸資産の「未着品」に計上(既にご回答のあるとおりです。)
(2)9月21日の仕入伝票がそもそも架空ないし誤りで、10月1日付伝票とすべきだった→あるべき処理は、10月1日まで何ら仕訳をしない
となりましょう。

(1)(2)いずれであったとしても、9月末日時点で仕入計上のままではマズいといえます。その意味で、税務署の指摘は正当です。


棚卸資産は手許商品だけではなく、他所で保管されている物、積送中の物(未着品)なども含まれるんです。
    • good
    • 1

質問文が完全には理解できてませんが(すみません、私が事実と間違ったこと書いていましたらご容赦ください)、ご参考までに。


私の理解では税務署が正当と考えます。

ほかの方が書いてるように商品は届いてなくても在庫としてあげるべきものというのは存在します。まだ届いてないけどすでに自分のもの、というものは決算時に帳簿上未着品(在庫の一種)等の科目で載ります。
この場合は、買った人のものですから当然帳簿上在庫にあがっていないといけません。

では、注文後期末までに届いていないし自分のものでもない、という場合(未着品ではない場合)。
質問者さんは一度9/21に仕入を計上したわけですよね?(←すいませんこの点が正しい理解か自信ありません)
一方で、まだ商品が手元にないので在庫(期末のたな卸資産)にあげなかった。
もしそうだとすると、商品が届いていないのに仕入を計上した、ということになります。この場合はそもそも仕入れを計上してはいけないと考えます。
本来は、商品が自分のものになったといえるような時点で仕入れを計上(仕入伝票の起票)しないといけません。なのに届く前に仕入れを計上してしまいました。
仕入れという事実がないのに、仕入れをしたという記帳をしたことになります。

つまり、前者の場合であれば在庫として処理し、後者の場合であれば仕入れを取り消す(もしくは実際の入荷まで伝票を切らない)必要があったのです。
長文になって分かりにくいかもしれないですが。。。
    • good
    • 0

先輩専門家諸氏が回答されてますので、恐れ多いことです。

承知で「もっとも単純」に申しあげますね。

仕入れ伝票が起きてるということは、仕入れているという事です。
その商品が「現実にない!!」となれば「売上原価になる」わけです。
つまり「売れたから在庫にない」ということです。

しかし現実には「売れたわけではなく、単に到着が遅かっただけ」だと思います。

物はないけどたな卸しに加算しておかないといけないというわけですね。

仕入れに計上したものが売れたわけでもないのに無くなってるというなら「仕入れが架空」になり、利益圧縮になってしまいます。

税務当局が「そげなことしたら、あきまへんです」と言うのも最もです。
売上に対しての正しい原価把握をするためには「仕入れたけど現物が届いてない」時は「たな卸し商品」に加算しておくのは利益の計算という点では大事な要点です。
    • good
    • 0

>・・現実には棚卸し時点では商品は無いのに釈然としません。

実際はどちらが正当なのでしょうか。

失礼ですが、財務諸表での商品売上高と商品仕入高と商品棚卸高の理論的関係がお分かりになっていないようです。商品会計の基礎です。

当社が仕入れた商品は当社の資産です(在庫商品)。
当社が仕入れた商品のうち、顧客に売上げた商品は、当社の資産(在庫商品)ではありません。

ですから、仕入れた商品(仕入計上した商品)のうち、決算日までに顧客に売上げてない商品(売上未計上の商品)は当社の資産なのであり、在庫商品として計上しなければなりません。その商品が、当社の倉庫にあろうと、顧客先に預けていようと、展示会に出品していようと、トラックで運搬中であろうと、いっさい関係なく在庫商品として棚卸計上しなくてはなりません。

ですから、税務署の指摘は正しいのです。
    • good
    • 0

お書きのケースでは、税務署の事実認定が問題となっています。



原則論からいえば、入荷時又は検収時の仕入計上が正しい処理です。むしろ、現物を動かさないまま帳簿上だけで仕入を計上する処理は、粉飾といえます。(なお、契約などで現物を動かす前に所有権を移転させているときは、その移転時が入荷時又は検収時といえ、その時に仕入計上させるのが原則となります。)

そうすると、お書きのケースでは、原則として10月1日に仕入計上すべきであり、9月21日の計上は誤りとなりそうです。

問題は、9月21日に仕入れ伝票が起きている状態で、10月1日の実際の入荷をどうやって証明するかです。税務署に対して証明できなければ、10月1日は否定されてしまうものです。納品書等でカバーできていらっしゃいますでしょうか。

また、税務署は、伝票起票日と御社の主張する入荷日との乖離にも、注目しているものと思われます。事務処理上の都合とは思いますが、その理由を説明できたかどうかも問題となりましょう。
    • good
    • 0

ご質問文を読んでいて思うのですが、ご質問者様は自分の勤めている会社の会計方針を把握なされておりますか?


> 税務署から 伝票の起票日が末日近くにあり商品が月をまたいで
> 入荷ているもので仕入れが起きていて販売、在庫にあがっていないのは
税務署の言っている事は、至極当然のことです。
御社は、実際には届いていない商品を9月中に仕入れに計上したのですから、その商品は有った事にして棚卸しデータを作成しないダメです。本当の実地棚卸し数で商品を計上すると、未着分は棚卸損失で調整⇒利益を故意に減額した事と同じ事となります。

> 現実には棚卸し時点では商品は無いのに釈然としません。
検収日基準で仕入れを計上するようにすれば良い。


似た(意図しない)脱税行為として、期を跨いで「売上値増」が有ります。
例えば、中小企業の軽減税率22%が適用される会社で次のようなことがあったとすると・・
・平成19年9月期に本当は100万円で売り上げなければイケナイのに、間違って10万円で売上を上げていた。
 その結果、平成19年9月期決算での課税所得は750万となった。⇒法人税165万円
・平成19年10月1日になって、売上額間違いに気付き、90万円の値増しを計上。
 平成20年9月期決算での課税所得は800万円となった。⇒法人税176万円
売上高の間違いは申告書作成前に判明しているのだから、10月1日に行った90万円の値増しは平成19年9月期決算で計上するのが正しい。
よって、正しい課税所得と法人税額は
 平成19年9月 所得840万円 税188万円
 平成20年9月 所得710万円 税156万2千円
すると、平成19年9月は23万円の脱税となる。
ご質問にある棚卸しの計上時期のズレも、同じ事ですよ!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q版代と版下代の違い

カテゴリ違いだったらすみません。
会社で使う広告チラシを業者に頼んで作っていますが、
「版代」と「版下代」の違いが良く分かりません。
上司に効きたかったのですが今現在連絡が取れず。。
電子検索で調べましたが素人でちんぷんかんぷんで・・・。
分かる方がいらっしゃいましたら、
素人の私にも分かるように説明をしていただけますでしょうか。

Aベストアンサー

版は印刷に使う為の道具のようなもので、それの材料というかもとネタになるのが版下と呼ばれる物です。

Q相殺伝票起票

伝票を相殺起票する趣旨がわかりません。

(例)

 本店A           支店A
(支店) (現金) (現金) (本店)
1000 1000 1000 1000

上記の様な本支店の取引があったとき連結決算の時には
伝票を相殺して起票するそうです。相殺することによって何の意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

下のHPを見てください。

参考URL:http://www.biwa.ne.jp/~yonezu/boki_i/manande/honsiten/honsiten.html

Q棚卸し会社でバイトしています。流通業界に詳しい方から見て、棚卸し業務って将来性があるのですか?仕事内

棚卸し会社でバイトしています。流通業界に詳しい方から見て、棚卸し業務って将来性があるのですか?仕事内容は商品の在庫を数えるといういたってシンプルなものです。こんな仕事、近い将来コンピュータが発達してすぐに衰退すると思ってしまうのですがどうなのでしょう?
自分は学生なのですぐにでも辞めるつもりなのですがら、そこそこ長くいるバイト先で仲の良い人も増えたため気になりました。

Aベストアンサー

棚卸しの仕事が将来無くなるかということですが、物流と販売の仕事をしている私からみれば棚卸しの仕事は絶対に無くなりませんね。
何故かというと倉庫や店に物が入って出ていくまでに必ず人手がからむからです。
人手があればミスがあります。それによって在庫がくるうのですから、定期的に人手でカウントする棚卸しの作業は絶対に必要になると思いますよ

Q源泉徴収票からの仕訳伝票の起票方法

今年9月29日に所轄税務署へ個人事業者として(青色申告)開業届けを提出しまして、同年10月末日にて正規に(8年3ヶ月)勤務していた会社を退職をしましたが、数日前にその会社から源泉徴収票が送られて来ました。
ここからが本題なのですがその場合、
イ)源泉徴収票をみて何か仕訳伝票を起票しなくてはいけないのだと思うのですが、その場合の仕訳方法。

ロ)本来であれば退職金が支払われない会社なのですが、色々な経緯があり退職金(数十万円)が振り込まれたのですが、この場合の仕訳方法。
ただしその際の明細伝票がありません。(振込がされただけです。)
源泉徴収票に数字が入っている所は下記の部分です。
・種別=給与賞与¥
    支払金額¥・源泉徴収額¥・社会保険料の金額¥
・中途・退職(日付)
・受給者生年月日

上記2点についてご教授願います。

Aベストアンサー

>イ)源泉徴収票をみて何か仕訳伝票を起票しなくてはいけないのだと思うのですが

いいえ。事業所得と給与所得はぜんぜん別物ですから、給与所得の源泉徴収票に基づいて仕訳を起こす必要は、ぜんぜんありません。

>退職金(数十万円)が振り込まれたのですが、この場合の仕訳方法。

退職金についても仕訳は不要。

>ただしその際の明細伝票がありません。(振込がされただけです。)

会社から退職所得の源泉徴収票が郵送されてくるはずです。

Q古本の棚卸し資産の計上方法は?

副業のような形でネットで古本の販売をしています。本の在庫は、棚卸し資産としてどのように計上したらよいのでしょうか? 本は昔自分で買ったもの他、古書店やもらったものなど様々ですし、冊数が多すぎて全部の棚卸しなど到底考えられませんが、しなければいけないものなのでしょうか。尚、本業は棚卸しが必要のない業種のため棚卸しに関する知識もほとんどありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

商工業者の多くは、商品の仕入販売や製品の製造販売を行うので、期末時点で棚卸資産を保有するのが普通です。ですから決算では、それらの棚卸を行って棚卸価額を評価し、期末の棚卸高を計上しなくてはなりません。

ところで棚卸資産の価額の評価方法は色々あるので、業者自身が評価方法を決めて、毎年、同じ方法で評価計上するのが原則です。ですから質問者の場合も、評価方法を自分で決めて下さい。

と言っても、古本屋に適する評価方法は、「個別法による原価法」だけだと、私は思います。古本を仕入れたときの値段を一つ一つ記録しておいて下さい。期末の在庫の古本の仕入価額の合計額が、あなたのお店の「期末商品棚卸高」になります。

~~~~~~~~~~~~
〔参考〕
  ところで、嬉しい情報を提供します。あなた自身が購入して読んだ本を販売する時は、販売代金は売上から外しても構いません。
  これは事業所得ではなく譲渡所得になります。そして、生活用動産の譲渡所得は(一部の例外を除いて)課税されないので売上から外しても脱税にならないのです。この制度を上手に利用すれば、合法的に税金を節約することができますよ。

~~~~~~~~~~~~
〔参考〕
  年の所得が300万円以下の青色申告者は、「現金主義」の経理を選択することができます。↓

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/23200010.htm

現金主義の経理を選択した事業者は、期末の棚卸をしないで合法的に決算を行い確定申告することができます。
  仕入れたときの値段を一つ一つ記録するのは面倒、期末に在庫の棚卸をして「期末商品棚卸高」を計算するのも面倒だという面倒臭がり屋にとっては、ありがたい制度ですね。(^^;

~~~~~~~~~~~~

商工業者の多くは、商品の仕入販売や製品の製造販売を行うので、期末時点で棚卸資産を保有するのが普通です。ですから決算では、それらの棚卸を行って棚卸価額を評価し、期末の棚卸高を計上しなくてはなりません。

ところで棚卸資産の価額の評価方法は色々あるので、業者自身が評価方法を決めて、毎年、同じ方法で評価計上するのが原則です。ですから質問者の場合も、評価方法を自分で決めて下さい。

と言っても、古本屋に適する評価方法は、「個別法による原価法」だけだと、私は思います。古本を仕入れたとき...続きを読む

Q伝票起票をしなくとも良いと本で読みました。

以前、税理士さんが書かれたものの中に、伝票はは書かずにそのまま会計ソフトに入力すればいい。総勘定元帳だけ出していれば良いというのを読みました。
今のところ、伝票は切ってから会計入力していますが・・

どちらがいいのでしょうか?
伝票を書かずに入力していったときのデメリットは
どんなものがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

会社で一人事務をしています。

私も手書きの伝票は使用していません。
直接PCに打ち込みます。
(うちは弥生会計を使用しています)

正しく入力さえすれば、正しく処理してくれます。

手書き等の場合は、人間のすることですので、
転記等する場合にミスも考えられますし、
資源(紙)のことを考えても直接入力したほうがいいと思います。

法律で定められている書類の保存については、会計ソフトの内容を印字し、ファイリングすれば問題ないですし。

#1の方もおっしゃっている通り、あくまで帳簿レベルの話ですので、信憑書類(領収書・請求書等)は必要です。

どちらかといえば、手で起票してPCに入力しているほうが、
・二度手間
・転記ミスの可能性
・資源の問題
でデメリットのほうがあると思います。
(決してご質問者さまのやり方を否定しているわけではないです。お気を悪くなされぬよう。)

Q期末棚卸を計上しなくてもよいのでしょうか??

私の会社は有限会社を立ち上げて2期目になります。私が2期目から帳簿を付け始め、初めて決算をむかえようとしております。車の解体業をしているのですが、前期をみてみると、棚卸しをしていないようです。その理由として在庫が分からないから…と言われたのですが…たしかに、まだ部品がついたままの車が何台かあり、その価格がどれくらいか把握できない状態です。
棚卸しを計上しなくてもいいのでしょうか??
税務調査が入ったときになにか言われないか心配です。
とても初心者な質問ですみませんが教えてくださいませ。

Aベストアンサー

棚卸自体は、必ず行なわなければならないと思います。
その結果、毎期例えば数千円の在庫しか無い、と言うのであれば、計上を省略することも可能性としてはあるかも分かりませんが。
<在庫が分からない>と仰るのは、どういう意味なのでしょうか。
また、<部品がついたままの車が何台かあり、その価格がどれくらいか把握できない>と言う点もちょっと疑問なのですが。

修理ではなく、解体をなさっているのですよね。その中から使用可能な部品を取り外して再販売等をなさると言う捉えかたで良いのでしょうか。

「期末商品棚卸高」は、期中「仕入」として仮に計上してあるものから、当期の売上原価にするのではなく、翌期以降にならないと売れないものを抜き出して、売れた期に売上原価にするための作業になりますよね。
つまり、期末に未だ「売れていない」「解体処理中」のものを、それを仕入れた値段で「評価」すれば良い、との考え方は合いませんでしょうか。ただで引き取ったものがあれば、ゼロ円の評価になるわけですし。

まず、期末現在処理中の車のリストを作るところから始まるのでしょうか。その一台一台に「仕入れた時の」金額を付けていく作業になると思います。
或いは、一ヶ月以上そのまま、と言うことが無いのであれば、決算月の「仕入伝票等」をひっくり返して、期末に処理未了のものを抜き出しても結果は同じになると思いますが。

おそらく質問者の方にとって一番の難関は、この点かなと思うのですが。
一台の処理中の車の仕入引取価額が10万円であった。期末までに半分処理が終わり、15万円で売上処理できた。このような場合は、もう経験上から見積もるしかないと思います。残りは5万円分の売上にしかならないと見込まれるのであれば、総額20万円になる売上のうち残りが5万円、と言う事で、期末の評価額は、10万円×5万円/20万円=25,000円。

ただし、「残りは5万円分の売上にしか~」と言っても、実際は申告時までには処理が終わるケースも多いでしょうから、ほとんど具体的な数字は把握できるのではないでしょうか。相当な台数があるのであれば、一台ずつの管理は難しいかも分かりませんが、基本はこのようなところかと思います。
もし、全て処理が終わって、後はスクラップとして引き取ってもらう部分しか残っていないのであれば、スクラップとしての値段をつけておくか、金額が大きくならなければ、その部分は何も処理しなくても大丈夫だとは思います。あくまでも実際の金額によりますけれど。

また、現場で棚卸しをする際に作ったメモがあれば、そのメモ自体も必ず保存しておいてください。

以上、見当外れであったら済みません。

棚卸自体は、必ず行なわなければならないと思います。
その結果、毎期例えば数千円の在庫しか無い、と言うのであれば、計上を省略することも可能性としてはあるかも分かりませんが。
<在庫が分からない>と仰るのは、どういう意味なのでしょうか。
また、<部品がついたままの車が何台かあり、その価格がどれくらいか把握できない>と言う点もちょっと疑問なのですが。

修理ではなく、解体をなさっているのですよね。その中から使用可能な部品を取り外して再販売等をなさると言う捉えかたで良いのでしょう...続きを読む

Q未収会費の会計処理(伝票起票)について教えてください。

非営利法人で経理を担当しはじめて数ヶ月の経理初心者です。今、決算書を出すにあたり、困っています。前年からの未収会費30万があり、17年度末に一部(3万円)入金がありました。17年予算に未収会費入金の科目(予算30万)がありましたので、銀行預金30000/未収会費入金30000で起票しましたが、未収会費損金という科目で支出の予算(30万)も入っておりました。この場合の起票の仕方はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

そうなると未収会費入金は
又、戻されてしまいますね。
どうしても、複式簿記で考えると無理が出てくるようです。

一旦、会費で受けて
銀行預金  /  会費
この会費は未収分ですよと言うことで、
未収会費入金  /  未収会費損金
とすれば、未収分は減額されますが、
今年度の会費に前年度の分がプラスされることになります。

予算を立てて、そこから減額していく方法は単式簿記です。
単年度で考えるべきところは単年度で考え、
次年度の予算を立てる時に、
調整して行くようにしましょう。

参考URL:http://www.boki.hajimete.tv/be/be05.html

Q作成中ソフトウェア(仕掛品)の棚卸評価方法

法人設立を検討している個人のプログラマです。
今までは棚卸資産(仕掛品)が出ないように、取引先から12月納で発注書を出してもらっていたので、今までの確定申告では棚卸資産=0で申告していました。このほど、取引先の都合で1月納になるため、期末で仕掛品が発生することになりました。納入物はプログラムソースになります。

質問1 仕掛の評価方法はどちらが良いでしょうか?

仕掛A=(期末までの作業日数/全作業日数)*発注金額
仕掛B=(期末までソースステップ数/全ソースステップ数)*発注金額
※全作業日数にしろステップ数も作業完了まで不明なので、予想値です。

質問2 法人設立時に棚卸しの評価方法を届ける必要があるのですが
上記のような計算をしたい場合は、9種類のうちどの方法に相当するのでしょうか?

以上、よろしく御願いします。

Aベストアンサー

質問1・・
どちらの方法でも良いと思いますが、「仕掛A」の方がシンプルでしょう。
なお、売上高に対する原価率が把握できるのであれば、
仕掛品評価額=(期末までの作業日数/全作業日数)*発注金額*原価率
の方が優れています。節税になるからです。

質問2・・
法人設立後は製品別原価計算を行って仕掛品を評価するようにお薦めします。
ソフトウエアの受託開発においては、仕掛品評価方法は「個別法による原価法」が最適です。

Q口座引落の伝票起票時の添付資料の必要性について。(今回の場合はリース料)

お世話様です。
いつもありがとうございます。
今回の質問の内容ですが、自動引落時の伝票起票時につける添付資料についてです。今回の例はパソコンのリース料です。
今の仕事の引継ぎをしていただいた時、定型口座引落分については、それぞれの資料となるものが上司経由か何らかの形で私のところに毎月来るのですが、今回、新たに契約が始まって自動引落しされてるものが発生してました。入出金明細にはただ相手先名が載ってるだけで何の分かも分からず、調べたらパソコンのリース料でした。
ざっと見たところトータルでは確か、百万単位だったと思います。分割払いなのだと思いますが、今月15万円程度引落しがありました。詳細は経理に保存されていた見積書があって内容が分かったのですが、こういった場合、見積書?を添付するべきでしょうか。見積書ってあくまで見積もり書ですよね・・・
契約書はどこかの課?もしくは法務などで取り扱ってるのだと思いますが、契約書のコピーなどを添付する必要はありますか?それとも入出金明細のコピーを添付する程度で良いでしょうか。
又は毎月発生するような場合はどうしたらいいでしょうか。
口座引落しの分で他の会社のリース契約料については毎月いくら引き落とされるかの予定表などがあり、それを添付してます。
このように毎月の引落金額が記載された資料をいただける会社もあるのですが、リース会社によって違うのでしょうか?
口座引落し添付資料についての必要性
必要ならば何が必要かを教えてください。
よろしくお願いします。

お世話様です。
いつもありがとうございます。
今回の質問の内容ですが、自動引落時の伝票起票時につける添付資料についてです。今回の例はパソコンのリース料です。
今の仕事の引継ぎをしていただいた時、定型口座引落分については、それぞれの資料となるものが上司経由か何らかの形で私のところに毎月来るのですが、今回、新たに契約が始まって自動引落しされてるものが発生してました。入出金明細にはただ相手先名が載ってるだけで何の分かも分からず、調べたらパソコンのリース料でした。
ざっと見たとこ...続きを読む

Aベストアンサー

>リース以外に他にも「口座引落し」については、このように毎月/半年/1年/1回だけというような場合もありますが、自動引落しをする時は契約書などが発行されるのでしょうか。

リース契約にせよ、どのような契約にせよ、必ず、契約書のどこかに「○○銀行○○支店、当座預金、No.123456」にて「毎月27日」に引落される、という風に書いてあります。毎月の支払い予定表は、契約書のどこかに書いてある場合もあれば、別途、発行される場合もあります。半年あるいは1年に1回だけ引き落とされる場合は、契約書の本文の中に書いてある場合が多いので、契約書を読むほかありません。

>その契約書をファイルに保存しておけば伝票にはいちいち添付しないで良いという解釈でよいでしょうか。。リース契約・またはその他の自動引落しについての解釈はこれでよろしいでしょうか。

そういう解釈で結構です。経理関係の書類は、最低でも5年間は保管しなければなりませんから、リース料の引き落としが発生するごとに証票(契約書や毎月の支払い予定表のコピー)を添付したりすると、保管場所に苦労することにもなりかねません。経理事務の効率化という観点も重要なのです。

「契約書」および「毎月の支払い予定表」のコピーは、必ず契約日順にファイルして下さい。そうすれば、会計監査や税務調査で証票を見せろと言われた時、早く探し出すことができますから。(伝票の摘要欄に「xx年xx月契約」と書けば、より便利です)

>リース以外に他にも「口座引落し」については、このように毎月/半年/1年/1回だけというような場合もありますが、自動引落しをする時は契約書などが発行されるのでしょうか。

リース契約にせよ、どのような契約にせよ、必ず、契約書のどこかに「○○銀行○○支店、当座預金、No.123456」にて「毎月27日」に引落される、という風に書いてあります。毎月の支払い予定表は、契約書のどこかに書いてある場合もあれば、別途、発行される場合もあります。半年あるいは1年に1回だけ引き落とされる場合は、契約書の本文...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報