質問です。
今シーズンのあたまに板を買い換えたのですが、予算の都合上、新しいブーツの購入にはいたりませんでした。そこで、ビンディングを、以前から使用していたブーツのソール長にあわせて取り付けてもらいました。
今後、ブーツを購入した場合、現在のブーツのソール長と微妙な差がでると思うのですが、ビンディングの調整が必要でしょうか?ショップに依頼するのでしょうか?また、調整が必要ないとしたら、ソール長の誤差は何ミリ程度までが許容範囲なのでしょうか?
よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

誤差という考えはありません。


同じ靴と板でも毎シーズンの最初に調整します。
もっと言えば、スキーをするたびに最適値に調整します。
そうしないと、温度などで微妙に狂っていますので、危険なことになります。
調整の仕方と、値はビンディングの説明書に書いてあります。
しかし、骨の太さを測るものも持っていないでしょうから、要は、板を履いて、足をひねって外してみます。
あまり外れやすいのも滑っている途中で外れるために危険だし、まったく外れないのも骨折を防げませんので、自分で試して、力強くひねった時に外れる値にします。
こぶの多い急斜面を滑る時は強くして、暖斜面の時は弱くしたりと、滑っている途中でも調整しています。
そのために、調整金具はいつもポケットに入れています。

ビンディングは、だいたい20mmくらいスライドできますので、靴の長さが5mm前後の違いなら大丈夫です。
それ以上違いのある靴に替えるなら、ビンディングを新しい靴に合わせて付け直せばOKです。

※靴は「ソール」とは言わないと思います。板ではないですから。

↓良く似た質問です。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=499729
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。貴重な知識をいただきました。

お礼日時:2003/03/18 16:30

ソール長は5mmまでならそのまま使えないこともないです。


ただ安全面から考えるとソール長が合っていないと解放値どおりに
ビンディングが外れなかったり、簡単に外れてしまうことがあるので
購入したショップで調整してもらうのが一番ですね。
自分で調整できないこともないですが、面倒ですのでお願いするのが
確実です。タダでしてもらえますしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ショップで無料なんですね。いい情報が得られました。ありがとうございます。

お礼日時:2003/03/18 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビンディングの適用ソール長の測り方

サロモンのビンディングをつけています。
友人に貸すのですが、ソール長を教えてくれと言うのですが、
どうやって測るか解りません。
教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

ビンディングで見るのではなく
普段そのビンディングにつけているブーツを見てみてください。
ブーツのソール近くの横側に○○○mmとか表示があるはずです。
普通はそのブーツのソール長に合わせてビンディングを調整しますので
その長さを伝えてあげればわかると思いますよ。

Qビンディングについて

新しい板を購入しょうと思いますが、ビンディングについていろいろ教えて下さい。私としてはSALOMONが気に入っていますが、今専用ビンディングが使われていますが、ある知人の話によるとブーツに合わせてビンディングのサイズが変更できないと聞きましたが本当なのですか?又ビンディングのサイズを以前と違って、
前後に調整できるのがあるとききましたがあるのですか?

Aベストアンサー

>購入時にサイズを合わせるとブーツを買い換えたときに調整出来ないとききました

そういう意味だったのですか?
それなら、↓に書いたように、ビンディングの中央で合わせると、前後に1cmくらいしか動きませんから、次に買った靴底の長さがその範囲内の違いなら、そのまま使えますが、それ以上長さの異なる靴だと前後の移動範囲だけでは調整できなくなります。
ですが、子供のように年々足が大きくなる場合はダメですが、足のサイズが変わらないのであれば、ほとんど大丈夫です。
ただ、タイプの異なる靴(競技用→バレー用など)に変えると、足のサイズが同じでも、靴の外形サイズが変わりますから、調整範囲を超えてしまう場合があります。

対策は2つ
(1)買い替える場合は、今の靴の靴底の長さを計っていって、誤差1cm以内のものを探す。
(2)穴を埋めて、新たにビンディングを付け直す。

(2)は店でもやってくれます。ウンチクを並べて「やめなさい」と言う店が多いですけど、要は新しい板を買わせたいからね。
私は自分で付け直しをしたこともありますよ。

しかし、おそらく靴を買い替えるときは、板も寿命が来ていると思いますし、靴を新しくしたのに古い傷だらけの板を履く気にもならないでしょう。
だから、靴の買い替え時期のことを今から考えなくても良いと思います。
板の寿命はご存知ですか?
板の寿命は、ベンド(板のそり)とその反動力が無くなりかけた時です。
だいたい、板に乗っている(滑った)日数で、50日~100日です。
柔らかな板は寿命が短く、硬い板は寿命が長いし、メーカの設計によっても違います。
年間15日くらいスキーに行くとすれば、3年~7年ということになります。

>購入時にサイズを合わせるとブーツを買い換えたときに調整出来ないとききました

そういう意味だったのですか?
それなら、↓に書いたように、ビンディングの中央で合わせると、前後に1cmくらいしか動きませんから、次に買った靴底の長さがその範囲内の違いなら、そのまま使えますが、それ以上長さの異なる靴だと前後の移動範囲だけでは調整できなくなります。
ですが、子供のように年々足が大きくなる場合はダメですが、足のサイズが変わらないのであれば、ほとんど大丈夫です。
ただ、タイプの異なる靴(競...続きを読む

Qスキーブーツ買い替え ビンディング調整は必要?

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありません。

旧ブーツ NORDICA TREND05 ソール長270 サイズ23.5
新ブーツ ATOMIC HawxH90W ソール長275 サイズ23.0

新ブーツをビンディングにはめてみますと
旧ブーツよりも力は必要ですが、一応はまります。
新ブーツをはめた状態で前圧調整のネジ(と思われるネジ)を見ますと、特に出たり引っ込んだりはしていません。
(あくまでもシロウト判断ですが)

ビンディングはミリ単位での調整が必要な物なのだという先入観があったのですが
当方、競技スキーをしているわけではありませんので
そこまでシビアな調整が必要なのか? という思いもあります。

ゲレンデスキーヤーレベルでは、ソール長5ミリ程度の違いは誤差の範囲内(調整の必要はない)なのでしょうか。
また、調整が必要な場合、自分で調整できるものではないと思いますのでショップ等に調整をお願いしようと思っているのですが
大手量販店(家の近くにはアル○ンかヴィ○トリアしかありません)でも持ち込めば有料で調整してもらえるものなのでしょうか。
(ちなみにブーツ、板の購入店はそれらの大手量販店ではありません。板を持って行くのはかなり辛い距離にあります)

以上、何かご存知の方がいらっしゃいましたら是非ご教授ください。
よろしくお願い致します。

先日、ブーツのみ新調しました。
(ブーツ買い替えの件でもこちらで相談させていただきました。
その際回答いただいた方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。)
板は買い換えずそのまま使用するのですが、ビンディング調整の必要があるのかどうかで困っています。

ビンディング
9年くらい前のMARKER カービングスキー用 開放値4.5
身長156cm、体重46kg、中級レベルで購入店にて算出いただいた開放値です。
旧ブーツに合わせてあります。
購入時から設定を変更したことはありませ...続きを読む

Aベストアンサー

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジに刻んである3本のミゾを使って調整します。
M29:開放値3.0から4.5 一番奥のミゾ
開放値5.0から7.0 中央のミゾ
開放値7.5から10.0 一番手前のミゾ
M27V:開放値2.5から4.0 一番奥のミゾ
開放値4.5から6.5 中央のミゾ
開放値7.0から9.0 一番手前のミゾ

M6.1とM5.1、M4.1はネジに刻んであるミゾとネジの一番後ろを使って調整します。
M6.1:開放値3.0から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から10.0 ネジの後ろ
M5.1、M4.1:開放値2.5から4.5 ミゾ(このタイプはミゾが一本)
開放値5.0から9.50 ネジの後ろ

ネジが露出しているのが正常なケースも多数存在します。
自分が使用しているメーカーと同じで前圧調整がネジ式だからといって全てが同じではありません。
ネットで得た知識で自己調整を行い、誤った前圧位置にしている方を大勢見かけましたので御注意を・・・・。

>ヒールピースのネジですが、下記URL先で「これが適正になります。」と書いてある写真とほぼ同じです。

この写真の状態で適正前圧値の機種は限定されます。
9年前に販売されていた機種を例に上げますと
M9.1、M8.1、M7.1等はこの状態でOKです。
M29、M27V、M6.1、M5.1、M4.1等は開放値でネジの出っ張り具合が違ってきます。

>(旧ブーツをはめても、下段のネジが飛び出たままなのです)
下記の機種では開放値4.5だと出たままが正常です。
ネジに刻んであるミゾを面を合わせます。
M29とM27Vはネジ...続きを読む

Qファットスキーのターンについて

よろしくお願いします。
セミファットスキーを買ってパウダー練習中なのですが、
深雪になるとついついターンのとき足を持ち上げてしまう「悪癖」が出てしまいます。

「膝以上の雪でもなければ、足を持ち上げるような意識はいらない」と教えられるのですが、
なーんとなく「引っかかって転ぶんじゃないか…」という恐怖感?からか直りません。
足を持ち上げようとするせいで、後傾になってバランスを崩して転んでしまいます(昨日は8回くらい転びました@@;)

こういう人はもう一度ゲレンデで基礎からみっちり練習したほうがいいのでしょうか。
(スキー検定などは受けたことがありませんが2級レベルだねと人には言われます)
それともパウダーでとことんやれば直っていくものでしょうか。
またよい練習方法や、意識の持ち方などアドバイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライン。深雪で斜滑降すると、どうしても片足加重になるのでバランスを崩しやすいです。
それにスピード出した方が浮遊感が楽しめるので私はおもしろいです。
(私は深雪でかっとんでスプレー上げまくるのが大好きなので・・・)

今のファットは驚く程かんたんに深雪を滑れるのでつまらないのですが、昔のシェイプの細板で深雪を滑る時は、板のたわみというか、板の反発力のリズムに合わせてターンしていました。
深雪をまっすぐ滑って、板を両足で強く踏みます。すると次の瞬間、板が返ってきて、ジャンプするような感じになります。これを何回か繰り返すとボヨンボヨンしながら滑るようになります。この飛んでいるような時にターンというか、両足同時に足を横に向けてターンするのです。
ターン終了と同時に踏み込みます。するとまた返ってくるので、その時に反対方向にターンします。
この繰り返しです。
ただこれだと浮遊感があんまり味わえなく、スピードも出ないので私は好きではありません。。。

ちなみに私はストックは全く使いません。ストックを「突く」意識でいると、ズボってはまったときにバランスを崩すからです。

あ、あとですね、基本は腰から下だけ使い、腰から上は腰から下の動作に追従するだけです。たまーにパラレルクラスで肩を振ってターンのきっかけをつくる人がいますが、そういう人は肩を振っても腰から下がついていかず、バランス崩して滑れません。あるいみ矯正になるので良いのかもしれませんがー

深雪の浮遊感を味わうと、ある意味圧雪バーンには戻れなくなります。頑張ってください!

パウダー大好き、バックカントリーにもちょくちょく行きます。
私はセンター110mmのファットを使っていますが、自分が気を遣っているのは以下の点です。

・#1さん同様、面ではなく点で。トップからテールまで使います。特に後傾にする必要も無いです。
トップで雪を受け、センターで雪を踏み、テールで雪をけちらす(スプレーを上げる)感じです。
・片足加重ではなく、両足加重で(とは言っても内足:外足が4:6くらい)。つまり両足いっぺんに回します。
・足の幅は肩幅くらいでOK
・基本はフォールライ...続きを読む

Qスキー板とスキー靴の組み合わせについて教えてください

スキーやスノーボードをしたことがありません。このたび子供が学校でスキーを体育の授業で習うのでスキー板を購入しようと思い、あれこれ見たのですが、サイズが毎年、うまくいっても2年に1度は変わると聞いて最初はオークションか何かで中古を購入しようかなと考えたりもしています。靴と板がバラバラに売っている場合、それは必ず適合するのかどうかすらわかりません。詳しい方、教えてください。市販のスキー板と靴はたいてい合うのでしょうか?
サイズも合っているかどうか教えてください。
子供の身長は130センチ、少し痩せ体型、靴のサイズは21センチ。
カービングスキーを購入予定、適合サイズは板120センチ、ストックは95センチ以上でいいのでしょうか?スキー靴、売っているものはよくソールの長さが書いてありますがソールの長さと靴のサイズはどのような関係なのでしょうか?(たとえば靴サイズ+4センチ=ソールサイズとか)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

まずスキーブーツですが、22~23cmくらいを境に「アダルト規格」と「チルドレン規格」に分かれます。
一方、ビンディングはアダルト専用、チルドレン専用、兼用型があります。

だからもし今履くブーツが21~22cmチルドレン規格でしたら、次はアダルト規格になる可能性があるので兼用ビンディングが付いた物が良いでしょう。

ブーツ自体は、初心者なら5千円ので充分です。
大人だと足形に合う合わないがありますが、子供の場合は成長するのでピッタリ合う物を買ったらそのシーズンしか使えません。
だから足のサイズと合わせながら1cmだけ大き目を買い、1年目は中敷とつま先に詰め物をして合わせます。
この辺は店員さんと相談して購入するのが一番です。

2年経って上達したら、次はフロントバックルのブーツが良いと思います。

板に関しては、最初は短めが良いです。
少し滑れるようになると身長-10cmくらいですが、次のシーズンは短くなってますね。
パラレル完成するか中級コースくらい滑れるようになったら、成長を見越して身長と同じくらいの板が使えます。

本当は最初の2回くらい思いっきり短めのをレンタルして、ある程度滑れるようになったら買うのが良いのですが、授業だとレンタルとはいかないかもしれません。

ストックは、アルペン/デポに行くと伸縮式のジュニア用が2,500円で売られてます。(最大105cmまで)
幼児から買う場合は何度か買うより安上がりになりますが、既に95cmがベスト長さとなると微妙かもしれませんね。

少しでも安く上げるには…
まず最寄のお店に行って、ちょうどいいブーツサイズを選び、ソール長さをチェックしてください。

続いてオークションで、そのソール長さに近いサイズの120cmくらいの板を購入します。
(レール式のビンディングが付いた板ならかなりの範囲で合わせられますが、そういう板は人気で割高になると思います)

その板を持って行ってブーツを買います。そしてお店でビンディングを調整してもらいます。

ちょっと面倒ですが、大抵ブーツを買うと調整無料ですので。
それが面倒であれば、やはり近くのお店で同時購入でしょう。

ちなみに我が家はまだ幼児ですが、2年前の超暖冬セールの年に「来年使う板」を購入しました。ビンディングがあらかじめセットされたもので、一流メーカーで7,800円くらいでした。
長さは発育曲線から予想です。

次の年にその板を持っていってブーツを購入しまして、その場で調整&チェックしてもらいました。
昨シーズン、無事スキーデビューできましたよ。

この機会に一緒にやってみるのも良いと思います。
うちの婆様は、60歳ちょっと前で始めました。
130cmの板を使って私が教え、結構すぐスイスイ滑れるようになりましたよ。(最初は短めが良い)

こんにちは。

まずスキーブーツですが、22~23cmくらいを境に「アダルト規格」と「チルドレン規格」に分かれます。
一方、ビンディングはアダルト専用、チルドレン専用、兼用型があります。

だからもし今履くブーツが21~22cmチルドレン規格でしたら、次はアダルト規格になる可能性があるので兼用ビンディングが付いた物が良いでしょう。

ブーツ自体は、初心者なら5千円ので充分です。
大人だと足形に合う合わないがありますが、子供の場合は成長するのでピッタリ合う物を買ったらそのシーズンしか使え...続きを読む

Qチロリア(フィッシャー)ビンディングについて教えて下さい

フィッシャーのスキーを中古で手に入れたのですが、ビンディングの調整方法がわかりません。どなたかお教え頂けないでしょうか。ビンディングには「Fisher」の字と、型番「sr13」(だったと思います)の字がありますが、見たところ、ものはチロリアのOEMのようです。また「free flex」の字もあり、そこそこのグレードのもののようです。わからないのは、1前圧調整法、すなわちヒールピースの位置決め方法 2トゥピースの、ブーツを押さえる部分の高さ調整方法の2点です。適当に設定したあげくケガをしてもいけませんので、切実です。皆様、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いようになっています。
どのビンディングでもそれほど変わりませんが、ブーツを取り付けた状態でヒールの位置調整金具のギザギザか、前圧調整用のねじのフチが、特定の位置になっていれば良いようです。

私もちょうどフィッシャーの説明書を探していたところ、この質問を見つけ、フィッシャーがチロリアのOEMである事を知り、無事探す事が出来ました。ありがとうございました。

参考URL:http://www.tyrolia.com/certification/dls0708/Techn.Manual.english.pdf

参考URLにUS チロリアのテクニカルマニュアル(ビンディングの取り付け説明書)のダウンロード先を書きました。ご参照ください(ただし英語です。日本語のは見当たりませんでした)。
これによると、SR13という機種は見当たりませんが、Webの写真やスペックなどから機種番号がわかるなら、調べる事ができそうです。
このマニュアルは、ビンディングの取り付けを完全に説明しています。穴あけ器具(テンプレート)毎の説明になっていますので、ビンティングの機種に対応したテンプレートの所を読み進めれば良いよ...続きを読む

Q小1の子ども・身長125cmではスキー板は120cm?130cm?

子どもにスキーを購入したいと思っています。
いろいろ調べたのですが、「成長するので身長より少し長くても良い」「身長と同じくらいでよい」「マイナス5~10cmくらい」と意見も様々で、どうしたらよいか悩んでいます。
今まで聴いた話では120cmか130cm位になるのかな、と思うのですが…
子どもは
・小学1年生(身長125cm・体重25kgくらい)
・幼稚園年中&年長の2シーズン・10回くらいのスキー経験
・プルーク・プルークボーゲン程度の技術
・学校でスキー授業有り(雪山を登ったり、初級程度の滑りを練習します)
です。
スキー板はカービングスキーになると思います。
今年と来年くらい使える長さについて教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

難しい所ですね。

短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。
ターンは短い方がしやすい訳ですね。
しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。

一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。

すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなって高速安定性に欠けてしまいます。

そんな感じですので、スキー板の価格と経済力の関係からご判断されるといいと思いますが、大きめの服と違って、長めの板はターンのしづらさから上手く滑れず、ヘタをすると子供さんのスキー嫌いを招いてしまうかもしれません。

子供さんの成長度合いと潜在的運動能力にもよりますが、来年を来シーズン(2009-2010)とすれば、長めの方がいいかもしれません。
本気で取り組ませたい(別に選手を目指す必要はありませんが)なら、今年は120cmの板にして、来シーズンは身長・体重と技量にあわせて買い換えた方がよろしいでしょう。
体重が増えれば、同じ板でも「しなる」度合いが増えると言う点もポイントです。

スキーが自分で制御不能になった場合、本人のみならず、ケースによっては他人を巻き込んだ不幸な事態になりうることを十分ご認識のうえで、やはり子供さんをお連れになってお店に行かれて、店員さんなどのアドバイスを複数いただいて決めるとよろしいでしょう。
レンタルスキーは経済的ではありますが、レンタル屋さんによって係員のスキルも異なってしまうという危険な面があるという点も考慮していただくとよろしいでしょう。スキーをやったこともない店員さんが適当に貸し出していることもないとは言えません。事故で骨折などすると、事後処理の問題もありますが、一番には子供さんがかわいそうですので。

難しい所ですね。

短い板は回りやすい、長い板は回りにくいというのが一般的な特徴です。
ターンは短い方がしやすい訳ですね。
しかし、ある程度スピードが出せるようになると、短い板は回りやすい訳ですから、ちょっとしたことですぐに板が回ってしまい、ばたつきやすい、すなわち安定しないと言うことになります。

一方、板の長さは一定ですが、お子さんの身長は伸びていきます。

すなわち、スキーになれてスピードが出せるようになってくると、身長も伸びているわけですから、相対的に板は短くなっ...続きを読む

Qホットワックスをしたけど滑りませんでした。

今年板を買ったばかりです。
板を買うときにどうせならホットワクシングをした方が良いと言われ、セットを買いました。
ガ○ウムのセットを買い、ベースのピンク2回、紫1回、青1回をかけました。
滑走ワックスはかけていません。(レースに出ないなら必要なしと聞いたので)

斜面を滑るときは気にならないのですが、すごく緩い斜面を滑るときやスケーティングするときに滑りが悪いです。(リフト乗り場への移動等)
緩い斜面を他の人と同じスピードで滑っていてもこちらの方がすぐにスピードが落ちます。
スケーティングでも一漕ぎで進む距離が短く、抵抗を感じます。

ゲレンデは気温マイナス10度前後。雪はパフパフの新雪、乾いたサラサラの雪、もしくは凍りかけのガリガリの雪でした。

原因は何でしょうか?
ワックスのかけ方?ワックスの選定?
そもそもの板の問題?

考えられる原因と改善方法をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
ラインナップを見るとガリウムのワックスセットを購入されたみたいですね。
確かに、このセットには滑走ワックスが含まれてませんね。
状況的に、ベースWAXだけの状態で新雪に対応し切れなかったんじゃないかなって気がしてきました。
ベース+リキッドも勿論ありです。僕もサークル時代合宿の時なんかに良くやってました。
出来れば、せっかく凝りだしたのだから滑走ワックスも塗ってあげてほしい所ですが、まずは楽しく気持ちよく滑る事が一番だと思います。

Qスキーウエアの下に着るもの、初心者への注意!

友達に誘われて、高校の修学旅行以来ぶりに10年ちかくぶりに無謀にもスキーに行くことになりました。
高校生の時は、ウエアの下は学校指定のジャージを着ましたが、今回はそうはいかないので何をきたらいいのか教えて下さい。
あと板とかブーツとかウエア、手袋はレンタルしたのですが、帽子やゴーグルは必要なのですか?身につけなくても大丈夫ですか?
あと土曜の夜から夜行バスでスキー場にいって、日曜日の朝から滑って帰ります。持っていったほうが良いもの、これがあったら便利など、荷物はこんなものにいらたらいいよなど、ほんのささいなことでもかまいません。教えてください!ホントに分からないことだらけなのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転んだときに雪が入って来るのを防ぐため、足首部分に堅いものが付いているものを避けるのは、ブーツを履いたときに足に食い込んで痛くなるのを防ぐ意味があります。

また、スキー場の標高や場所・天候によって寒さが変わるので、寒いなと思ったら、少し厚めのものを用意すると良いと思います。

続いて、バスの中ですが、夜行バスは次のような状態です。
1.暖房は効いているが、頭が暑く、足下は寒い。また、窓際が寒い。
2.あまりリクライニングしないシートの場合が多い。
3.カーテンをしても対向車のヘッドライトは結構気になる。
4.長い間座るので腰が痛い。
5.イスで寝るので、慣れていないと寝付けない、眠りが浅い。

これらを解消するのに、
1.ジャンパー(ウェアでも良い)等を車内に持ち込んで、膝掛けにする。
2.首を固定する空気枕等を用意する。
3.アイマスクを用意する。
4.途中のドライブインやサービスエリアで止まったとき、目が覚めていれば、一度降りて軽く腰を伸ばしておく。
5.寝酒を用意する。ただし、量を多く飲む人はビールではトイレが近くなって迷惑を掛けるので、日本酒の方がベター。でも飲み過ぎに注意。(笑)
あと、途中で目が覚めたときのために、ヘッドホンステレオなどがあると完璧でしょう。
あると便利な小物は、日焼け止め、使い捨てカメラ、使い捨てカイロ、帽子が脱落するのを防ぐクリップ、煙草を吸う方は携帯灰皿とターボライターがあげられます。

これだけのものを全て用意するのは大変なので、自分が必要だと思うものを選択してください。

まず、滑るときの服装ですが、理想は
上:ハイネックのシャツ、首が寒くないセーター等
下:足首まであるタイツ、スパッツ
です。特にスキー専門店においてあるものは運動性等も考慮されていますので、良いでしょう。

ただ、そうはいっても一度や二度のスキーに購入するのはもったいないので、
上:なるべく首の部分が隠れるシャツ、そして、同様のトレーナー、スウェット
下:足首部分にファスナー等堅いものの付いていない、トレーナー、スウェット
でも、代用できます。
首の部分にこだわるのは、転...続きを読む

QLOOKビンディングの取り付け具合

ルックのビンディングを使用しています。

最近、新しいスキーとビンディングを都内の某有名店で購入し、ブーツソール長とメーカー名を指定してビンディングの取り付けをしてもらいました。

このビンディングがブーツのソールの長さに対して、とてもタイトに感じています。

以前にもルックの同じタイプのビンディングを使用しておりました。そのときは逆にゆるいと感じ、自分でヒールピースを1ミリ程度前方にずらしました。そのスキーは某国産スキーメーカーのダイレクトショップでの購入・取付です。

どちらも信頼できるスキーショップのはずなのですが、そのビンディング取り付け具合に差があり、戸惑っています。どちらかの取り付けが適正でないということになるかと思います。

身長165cm、65kgで解放値を8に設定しています。コブ、レール等で転倒を繰り返してますが、やや外れてほしいと感じる状況でも、現在のビンディングはまだ開放したことがありません。前圧が強すぎるように感じています。以下に写真をアップしますので、これで適正なのでしょうか?

Aベストアンサー

>このビンディングがブーツのソールの長さに対して、とてもタイトに感じています。
*タイトに感じるというのは感覚的なものでしょうか?前圧があっているかどうかは、金具の種類にもよりますが正確な前圧が出ているかを確認するための目盛り(目印)はあります。金具のタイプや(ピボットタイプやそうでないタイプ)年式によっても確認の目印位置が変わっています。(ヒールピースの横に窓があったり、レールとヒールピースの位置関係で示したり)いずれにせよ指定された範囲に入っていれば全圧に関しては問題ありません。信頼のおけるショップでの購入であれば、金具を取り付けるための講習を受け資格を持っておられる方が取り付けたと思われるので問題はないと思います。逆に資格のない人が調整しなおすほうが誤作動など問題を発生させることがあります。

>身長165cm、65kgで解放値を8に設定しています。
*お使いのブーツソール長と(ブーツのシェルに記載されているはずです)スキーヤータイプ(簡単に言えば技術レベル)それと年齢の3つの要素が不明ですが、たとえば年齢が50歳未満でスキーヤータイプがタイプIII、ソール長が271mm~290mmの間であればISOの解放チャートですと、解放値は「7」、291mm~310mmなら「6.5」になります。
「8」という数値はチャートから外れていることになりますが、販売店ではお客様の要望でチャートより強い設定や弱い設定をすることもあります。ご購入される際に「ワークショップチケット」という書類に個人情報を記載したと思いますが、もしbismuth2212さんがチャート以上の解放値を希望されていたならこの「ワークショップチケット」にその旨が記載されていると思います。

解放強度や全圧に不安があるならご購入店に持ち込んでもう一度チェックしてもらうことをお勧めします。

また、ブーツも長く使っているとシェル底がいたんで金具のテフロンプレートの上で動きにくくなっているかもしれません。底が毛羽立っていないかなどもチェックしてみてください。金具を取り付ける際はブーツを持ち込むのが基本と思われるほうが良いと思います。

>このビンディングがブーツのソールの長さに対して、とてもタイトに感じています。
*タイトに感じるというのは感覚的なものでしょうか?前圧があっているかどうかは、金具の種類にもよりますが正確な前圧が出ているかを確認するための目盛り(目印)はあります。金具のタイプや(ピボットタイプやそうでないタイプ)年式によっても確認の目印位置が変わっています。(ヒールピースの横に窓があったり、レールとヒールピースの位置関係で示したり)いずれにせよ指定された範囲に入っていれば全圧に関しては問題あ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報