つまらない質問ですが、インターネットで会社情報に必ずどこも主要取引銀行って書きますよね。
私の場合、その会社がどんな会社かを知るために見るのですが、いつも主要取引銀行だけが余計な情報に見えます。
どこからお金を借りているかなんて、私にはあまり重要な要素に感じないのですが、何のために書いてあるのでしょうか。
つまらない質問ですが気になっています。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今まで考えたことがなかったので面白い視点だと思いました。



「会社情報」の元祖は、帝国データバンクなどの信用情報だと思います。
銀行も帝国データバンクなどと契約しています。

さらに銀行は企業の信用度を調べるとき(手形割引に際し、振出人の信用照会するとき)、その企業と取引のある銀行にも電話や文書などで信用照会します。手形を見れば何処の銀行か分かりますが、少なくとも銀行にとっては企業の取引銀行がどこかという項目は、信用照会をかける相手銀行がどこかという意味で必要です。(営業上のライバル行はどこかといった意味でも必要な情報です。)

もともとはこんなところから「取引銀行」が一般的に企業情報の1項目として定着したのではないでしょうか。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
少し賢くなった気がします。
金融について知識が全く無いので、勉強せねばなぁ、と思いました。
つまり昔は「信用情報」として用いられ、その名残ということですね。
今でも信用情報として捉える人もいるでしょうし。

お礼日時:2003/03/26 13:12

銀行にも、世間一般でいうステータスがあります。


どこの銀行と取引(借りているだけでなく、預金もあります)できているか、で社会的な信用は異なります。
信用金庫だけのところ、三井住友や東京三菱など、で当然違う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、ただのステータスの問題でしょうか?
今時は東京三菱から借りていようと、ひどい貸し剥しがあるし、その会社が安定しているかどうかの指標にはならないと思えるのですが。。。
でも、昔ながらの考え方で「都銀から借りてるからこの会社は安心だ」と考える人向けに書いているんでしょうか?

お礼日時:2003/03/26 13:05

企業が資金調達をする場合、大きく分けて直接金融と間接金融という二つの手段があります。


直接金融とは有償増資や社債の発行など、間接金融とは銀行からの融資などですよね。
日本の企業の資金調達方法が間接金融中心なのはご存知のことかと思います。(現在は、直接金融による資金調達も多くなりましたが、まだ多くの企業は銀行からの融資による資金調達が中心かと思います。)

上記のような理由で、「企業がどこから資金の多くを調達しているか」という観点から、主取引銀行の情報は大きな意味があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
何だか少し賢くなった気がしました。
でも、
>「企業がどこから資金の多くを調達しているか」という観点から、主取引銀行の情報は大きな意味があります。
すみません、どんな意味があるのでしょうか。
物分りが悪くてすみません、よろしくお願いします。

お礼日時:2003/03/26 13:02

取引先の銀行が地方銀行ばかりの会社と都市銀行がほとんどを占めている会社を比べたら将来的にどちらが安定していると思いますか?


都市銀行に融資してもらってる会社の方がいろんな意味で有利ではないですか?
特に不景気のこの世の中です。
だから、逆に取引先銀行から先にみてる人もいるんじゃないかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今時は都市銀行でも安定してるとは思えないのです。
潰れないにしても貸し剥しはひどいでしょうし。

お礼日時:2003/03/26 12:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新生銀行の振込み手数料無料について

新生銀行の振込み手数料は5回まで無料だと
思いますが、
例えば4回他行に振込みをして
5回目に新生銀行に振込みをして
6回目は他行に振り込んだ場合
振込み手数料300円は取られるのでしょうか。

Aベストアンサー

新生銀行宛ては何回でも無料ですので、この場合の6回目は無料ですね。

Q相手先の取引先、取引銀行を調べたい

未払いのあるクライアントに支払い督促申立てをし、強制執行ができることになりました。被告は法人のため個人の財産は差し押さえられません。なので、そのクライアントと取引のある別の会社の売掛金を差し押さえるか、そのクライアントの取引銀行の口座を差し押さえるかにしようと思っています。前者は信用会社に頼まないと無理そうですよね。なるべく自分の力で調べたいので後者ならなんとかなるかなー?と思うのですがなにか方法はありますか?
因みにそのクライアントの経理担当に聞くとかいう手段はしたくないです。(多分聞いても教えてくれないと思いますが)そのクライアントで知っている人は担当者(代表取締役社長)1人です。

Aベストアンサー

会社の商業登記簿謄本を取得します。
 設立か増資の登記から5年以内であれば、そのときの申請書と添付書類を閲覧可能なのですが、そのひとつとして「払込金保管証明書」というのがついています。この書類を出している銀行の支店には、口座がある公算は高い。
 役員欄を見れば、社長の住所が出ています。自宅には、会社の取引銀行が(根)抵当権を設定しているものです。あるいは、社長個人で住宅ローンを借りていても、その取扱銀行=会社の取引銀行というのが普通です。
 債務名義はとられているということなので、詳細は、弁護士といわず、司法書士にでも相談すれば充分です。口座のある銀行を特定できたら、後は、差押の手続きについては、裁判所書記官と相談してください。
 ただ、口座はあっても残高がない、というのが普通なのですが・・・

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q振込み手数料無料の銀行について

他行宛の振込み手数料が一定回数無料である銀行についてお聞きしたいです。

新生銀行は月3回まで
新銀行東京は月5回まで
それぞれ無料である事は知っています。

この2つ以外に、振込み手数料が無料である銀行はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「住友信託銀行」
無通帳方式のネット振込が月5回まで無料。
手数料優遇キャンペーン中のことなので、
いつまで続くか判りませんが・・・。
http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/charge.html

「住信SBIネット銀行」
キャンペーンで08年3月末月まで、月3回無料。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/camp_furikomi_20071011

「イーバンク銀行」
イーバンク口座で給与振込を受ければ、月3回無料。
http://www.ebank.co.jp/p_layer/campaign/kyufuri/index.html

Q会社名の後につくInc.とは?

こんにちは。
会社名の後につく、Inc.とは、どういう意味でしょう?会社の法的な位置付けをあらわしていると思うのですが、実際の所どうなんでしょう?1.日本語でどういう意味か、2.英語の原型はどういうかたちか。教えて下さい。


ちなみに、co.,ltd.はcompany limited か、または、cooperation limitedで、株式会社(有限責任)の意味ですよね??


回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

inc.は
incorporated の略で
「一体化した,法人組織の」の意味だそうです。
「有限責任の」の意味もあります。

映画「モンスターズ・インク」のインクもこれですね。

Q振込み手数料、無料の銀行はどこ?

知らない間に新生銀行は、他行宛ての振込み手数料が1回のみしか無料じゃなくなったんですね。 そこで質問ですが、新生銀行以外でインターネットによる振込み手数料が無料のところはどこがありますか。
東京三菱銀行、みずほ、などそれぞれご存知の方いましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここが月3回無料。今のところ。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/charge_srv
ただし、イーバンクへの振込みは有料。ゆうちょ銀行への振込みは不可。

Qホームページ上での主な取引先の掲載許可について

初めまして。

現在自社サイトを構築中で、ページ内容を充実させるために、一般のサイトでよく見られる「主な取引先」の項を設ることを検討中なのですが、このような場合は相手先の了解は必須となるのでしょうか?

各社の担当者に確認しても、明瞭な返答を頂けなかったので、
法規的な面、慣例的な面双方からご助言頂ければと思います。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

どんな業種の会社なのかにもよりますが、基本的に取引先業の明確な了解が得られないなら掲載しない方がいいです。
業種・取引先によっては「この会社と取引があることは伏せたい」というケースや会社間で機密保持契約が結ばれていることがあるからです。また質問者の会社としても「プライバシーポリシー」が存在したり、そうでなくても「取引先企業名は公表しない・できない」と経営陣や営業部門長が考えているかも知れません。取引先A社・B社と自社の関係は良くても、A社とB社間は直接競争相手で、同じ会社(自社)を通じて互いの秘密が漏れたりしないか神経を尖らせていることがあるからです。
完全受注生産(専用設計・製造)の会社であれば、製作した自社製品の写真や製品名すら公表できないこともあります。
取引先企業名の公表は、けっこうリスクが高いですから、よくよく検討して下さい。

コンテンツを考えるとき、ページ内容を充実させると言うより、自社ブランドの強化にふさわしいかを考えるべきでは?。「ページが少ないから、これを入れておくか」ではなく「自社の強みや特長をお客様に明確化するには(あるいは損ねないように)何を盛り込むか・削るか」という選択です。
その上で取引先を載せたいというのであれば、了解を取った上で相手にもメリットがある相互リンクという形を取ったり(SEO対策上も有利)、企業名を出さずに企業の所在都道府県名や国名で表記することがあります。

どんな業種の会社なのかにもよりますが、基本的に取引先業の明確な了解が得られないなら掲載しない方がいいです。
業種・取引先によっては「この会社と取引があることは伏せたい」というケースや会社間で機密保持契約が結ばれていることがあるからです。また質問者の会社としても「プライバシーポリシー」が存在したり、そうでなくても「取引先企業名は公表しない・できない」と経営陣や営業部門長が考えているかも知れません。取引先A社・B社と自社の関係は良くても、A社とB社間は直接競争相手で、同じ会社(自...続きを読む

Q銀行の振込み手数料を少しでも安くしたい。。。!

今度、賃貸マンションに住むことになったのですが、振込み先が三井住友銀行で、私の給料が振り込まれるのがUFJ銀行です。他銀行にお金を振り込むのって、振込み手数料が発生しますよね。そこで、毎月のこととなると小さなお金かもしれませんが、振込み手数料さえ辛いのです。。なので、少しでも手数料を安くするOR無しにする方法っでないでしょうか?また、振込みにいちいち銀行に足を運ばなくていい方法はありませんか?
銀行に関しての知識がないので、ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

会社からの給与振込みを「新生銀行」に変えられるのでしたら、ANo.1さんの提案と同じ方法をお勧めします。

メリット
1.振り込み手数料、新生銀行以外の銀行であれば、月5回まで無料。
2.振込み作業は、インターネット画面から自宅で行なえる。俗に言うネット銀行と同じとが出来ます。

私も、もちろん新生に口座を持っていますが、目的はオークション等での振り込み手数料の削減のためです。月5回も振り込む事はありませんから、かなり有効です。

でわ!

Q授権資本金ってなんですか?

資本金 1,000万円で授権資本金 4,000万円という会社は、
資本金 1,000万円で額面4,000万円の株券を発行していると言うことなのでしょうか?
つまりは1,000万円の出資で額面では4,000万円になっているということなのですか?
ご存知でしたら教えてください。

Aベストアンサー

授権資本とは、いわば「発行予定の株式数」のことです。
授権資本は、株式会社の「定款」に定められており、この範囲までなら、取締役会の決議だけで、株式の発行(つまり増資)ができます。

授権資本金(ご質問の例では4,000万円)は、払込資本金(同1,000万円)の4倍を超えることができませんので、通常は、株式会社設立時の資本金の4倍を授権資本(金額ではなく株数で表示します)として定款に定めます。

定款に定められた授権資本以上の増資をする場合には、株主総会で定款の変更を議決しなければなりません。
つまり、授権資本を定めておくことで、増資のたびにいちいち株主総会を開く手間が省けるわけです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング