つまらない質問ですが、インターネットで会社情報に必ずどこも主要取引銀行って書きますよね。
私の場合、その会社がどんな会社かを知るために見るのですが、いつも主要取引銀行だけが余計な情報に見えます。
どこからお金を借りているかなんて、私にはあまり重要な要素に感じないのですが、何のために書いてあるのでしょうか。
つまらない質問ですが気になっています。
どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今まで考えたことがなかったので面白い視点だと思いました。



「会社情報」の元祖は、帝国データバンクなどの信用情報だと思います。
銀行も帝国データバンクなどと契約しています。

さらに銀行は企業の信用度を調べるとき(手形割引に際し、振出人の信用照会するとき)、その企業と取引のある銀行にも電話や文書などで信用照会します。手形を見れば何処の銀行か分かりますが、少なくとも銀行にとっては企業の取引銀行がどこかという項目は、信用照会をかける相手銀行がどこかという意味で必要です。(営業上のライバル行はどこかといった意味でも必要な情報です。)

もともとはこんなところから「取引銀行」が一般的に企業情報の1項目として定着したのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
少し賢くなった気がします。
金融について知識が全く無いので、勉強せねばなぁ、と思いました。
つまり昔は「信用情報」として用いられ、その名残ということですね。
今でも信用情報として捉える人もいるでしょうし。

お礼日時:2003/03/26 13:12

銀行にも、世間一般でいうステータスがあります。


どこの銀行と取引(借りているだけでなく、預金もあります)できているか、で社会的な信用は異なります。
信用金庫だけのところ、三井住友や東京三菱など、で当然違う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、ただのステータスの問題でしょうか?
今時は東京三菱から借りていようと、ひどい貸し剥しがあるし、その会社が安定しているかどうかの指標にはならないと思えるのですが。。。
でも、昔ながらの考え方で「都銀から借りてるからこの会社は安心だ」と考える人向けに書いているんでしょうか?

お礼日時:2003/03/26 13:05

企業が資金調達をする場合、大きく分けて直接金融と間接金融という二つの手段があります。


直接金融とは有償増資や社債の発行など、間接金融とは銀行からの融資などですよね。
日本の企業の資金調達方法が間接金融中心なのはご存知のことかと思います。(現在は、直接金融による資金調達も多くなりましたが、まだ多くの企業は銀行からの融資による資金調達が中心かと思います。)

上記のような理由で、「企業がどこから資金の多くを調達しているか」という観点から、主取引銀行の情報は大きな意味があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
何だか少し賢くなった気がしました。
でも、
>「企業がどこから資金の多くを調達しているか」という観点から、主取引銀行の情報は大きな意味があります。
すみません、どんな意味があるのでしょうか。
物分りが悪くてすみません、よろしくお願いします。

お礼日時:2003/03/26 13:02

取引先の銀行が地方銀行ばかりの会社と都市銀行がほとんどを占めている会社を比べたら将来的にどちらが安定していると思いますか?


都市銀行に融資してもらってる会社の方がいろんな意味で有利ではないですか?
特に不景気のこの世の中です。
だから、逆に取引先銀行から先にみてる人もいるんじゃないかな。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今時は都市銀行でも安定してるとは思えないのです。
潰れないにしても貸し剥しはひどいでしょうし。

お礼日時:2003/03/26 12:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新生銀行の振込み手数料無料について

新生銀行の振込み手数料は5回まで無料だと
思いますが、
例えば4回他行に振込みをして
5回目に新生銀行に振込みをして
6回目は他行に振り込んだ場合
振込み手数料300円は取られるのでしょうか。

Aベストアンサー

新生銀行宛ては何回でも無料ですので、この場合の6回目は無料ですね。

Q新しく取引するとこの会社情報などを書き込んでもらうフォームありますか?

会社で新しい取引先とお金のやり取りなどをする時、相手先の情報がわからないのでよく社員数や、取り扱い先銀行、設立などいろいろかきこんだりするのですが、、
そういったフォームの見本みたいなものはありますか?
教えて下さい
宜しくお願い致します

Aベストアンサー

そんなひな形ってあるんでしょうかね?
別にどんなんでもOKだと思いますよ
今までいろんなところから貰ってますが同じのって無いですよ
たぶん業態調査票の様なものだと思いますが
相手の社名 本社所在地 取引支店所在地 代表者名 資本金等と支払い条件 取引製品 とかの記載をお願いすればOKじゃないでしょうか?
今までの取引先とは取り交わしはしてないでしょうか? 
もしあればどこかで保管されていると思いますが

Q銀行振り込み時の振込み手数料の仕訳は?

代金を払うために、銀行振り込みをしました。当然、振込み手数料がかかりました。この費用は、代金に含めて処理するのでしょうか。適用に、「振込み手数料XXを含む」と記入するのでしょうか。
又、振込み手数料には、消費税は含まれていないのでしょうか。

Aベストアンサー

一般的には「支払手数料」又は「手数料」勘定で処理します。
又、振込手数料には消費税が課税されていますから、次のような仕訳になります。

税抜き処理の場合。
支払手数料 500 / 現金(又は普通預金) 525
前払消費税 25

税込処理の場合。
支払手数料 525 / 現金(又は普通預金) 525

Q銀行システムにおける、勘定系と情報系について

銀行のシステムなどで、「勘定系」「情報系」などといった言葉を耳にしますが、この勘定系、情報系とは、どういったことを言っているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勘定系というのは、まさに口座管理や為替取引を行う銀行のメインシステムです。
ATMなども勘定系のシステムです。

一方、情報系というのは、勘定系以外の営業支援システムです。ローン計算や与信管理などを行う時に使うものです。

社会生活に重大な影響を及ぼす勘定系は「絶対に」システムダウンは許されませんので、「本番系」と呼ばれるメインシステムの他に「待機系」と呼ばれる予備のシステムが用意されています。さらに電源や自家発電機なども二重化されており万全の体制を取っています。
万一電算センターの建物が倒壊したとしても、全く別の場所に用意されているバックアップセンターのホストコンピュータが稼動して業務が続けられるようにもなっています。

一方、情報系は一応障害対策はされているものの、基本的には行内だけで使われているので、社会生活には影響を及ぼさないということで、勘定系ほどの対策は取っていないのが普通です。

Q振込み手数料無料の銀行について

他行宛の振込み手数料が一定回数無料である銀行についてお聞きしたいです。

新生銀行は月3回まで
新銀行東京は月5回まで
それぞれ無料である事は知っています。

この2つ以外に、振込み手数料が無料である銀行はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

「住友信託銀行」
無通帳方式のネット振込が月5回まで無料。
手数料優遇キャンペーン中のことなので、
いつまで続くか判りませんが・・・。
http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/charge.html

「住信SBIネット銀行」
キャンペーンで08年3月末月まで、月3回無料。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/camp_furikomi_20071011

「イーバンク銀行」
イーバンク口座で給与振込を受ければ、月3回無料。
http://www.ebank.co.jp/p_layer/campaign/kyufuri/index.html

Q銀行・保険会社は私企業?

銀行・保険会社は私企業に含まれるのですか?公益企業とは違うのでしょうか?

Aベストアンサー

明らかに公益企業ではありませんが、何をもって公益企業と判断されましたか?
も少しミートした回答が出来るかもしれません。

Q振込み手数料、無料の銀行はどこ?

知らない間に新生銀行は、他行宛ての振込み手数料が1回のみしか無料じゃなくなったんですね。 そこで質問ですが、新生銀行以外でインターネットによる振込み手数料が無料のところはどこがありますか。
東京三菱銀行、みずほ、などそれぞれご存知の方いましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ここが月3回無料。今のところ。
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate
https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/charge_srv
ただし、イーバンクへの振込みは有料。ゆうちょ銀行への振込みは不可。

Q仕向銀行、被仕向銀行とは何でしょうか?

FBデータに関することで、仕向銀行とか、被仕向銀行とかいう用語が出てきま。これはどういう意味でしょうか?
この用語は業界用語ですか?辞書を調べても出てこなかったのですが、社会人にとっては一般的な用語なのでしょうか?
回答宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

上記の用語は金融機関の内国為替で使う用語です。

仕向け....振込資金を送る金融機関
被仕向け...振込資金を受け取る金融機関

金融機関にいなければ一般的な用語ではないでしょうね。
参考まで。

Q銀行の振込み手数料を少しでも安くしたい。。。!

今度、賃貸マンションに住むことになったのですが、振込み先が三井住友銀行で、私の給料が振り込まれるのがUFJ銀行です。他銀行にお金を振り込むのって、振込み手数料が発生しますよね。そこで、毎月のこととなると小さなお金かもしれませんが、振込み手数料さえ辛いのです。。なので、少しでも手数料を安くするOR無しにする方法っでないでしょうか?また、振込みにいちいち銀行に足を運ばなくていい方法はありませんか?
銀行に関しての知識がないので、ご存知の方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

会社からの給与振込みを「新生銀行」に変えられるのでしたら、ANo.1さんの提案と同じ方法をお勧めします。

メリット
1.振り込み手数料、新生銀行以外の銀行であれば、月5回まで無料。
2.振込み作業は、インターネット画面から自宅で行なえる。俗に言うネット銀行と同じとが出来ます。

私も、もちろん新生に口座を持っていますが、目的はオークション等での振り込み手数料の削減のためです。月5回も振り込む事はありませんから、かなり有効です。

でわ!

Q情報処理会社の保有認可について

現在、情報処理(ビジネスアプリケーション受託開発・人材派遣)業の産業調査をしています。

そこでこれらの業種の会社が取得をしているような「資格」や「認可」などについてどういう
ものがあるか、知りたいのです。

代表的なもので構いません。名前と概略など、または一覧できるようなサイトがあればご教示
ください。

経産省「システムインテグレータ」とか「Pマーク」とか?すいません、このレベルなんです。

Aベストアンサー

産業調査を主務とされている方なので、あまり詳細にこの場でお教えすることがよいかどうか分かりませんが・・・!? 簡潔に。


この業界での「資格」「認可」は、特性から大別すると(1)業務遂行上必要なもの/望ましいもの (2)持っていることで会社の実力が客観的に認められるもの の2つがあります。
また、会社自身がもつ「資格」「認可」も注目されますが、それ以上に、「資格」を有している社員が何人いるか、という部分((2)'とします)も、上記(2)の意味で注目されますので、目配りをされておいたほうがよいかと思います。


(1)については、ご質問に挙げられた例のほか、派遣業の認可etc.があります。「情報サービス企業台帳」などで、大枠は確認できるのではないでしょうか。

(2)については、"ISO9000シリーズ”もそうですし、システムに特化したものとしては"CMM"も挙げられるかと思います。(ご参考;http://allabout.co.jp/career/corporateit/closeup/CU20040129A/?FM=cukj&GS=corporateit)

(2)'については、上記台帳には主な国家資格の取得者数について網羅されているほか、「コンピュートピア」などで年1回、民間資格も含めた主要各社の取得者数が調査されています。


全ての資格・認可を網羅したサイトはなかなかないと思います(もしありましたら、逆に教えて下さい・・・)
ので、いくつかの企業の取得状況をサンプルに取られて、それで整理をされるのがベストではないかと感じる次第です。

以上少しでも手がかりとしていただける部分あれば幸いです。

産業調査を主務とされている方なので、あまり詳細にこの場でお教えすることがよいかどうか分かりませんが・・・!? 簡潔に。


この業界での「資格」「認可」は、特性から大別すると(1)業務遂行上必要なもの/望ましいもの (2)持っていることで会社の実力が客観的に認められるもの の2つがあります。
また、会社自身がもつ「資格」「認可」も注目されますが、それ以上に、「資格」を有している社員が何人いるか、という部分((2)'とします)も、上記(2)の意味で注目されますので、目配りをされておいたほう...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報