私の祖父は、第2次世界大戦中に戦地で傷を受けて実家に戻されたのですが、その後、その傷の治療として受けた外科の手術がうまくいかず、死んだのだそうです。
その後、祖父が戦死者であることの申し立てを、戦後すぐと、昭和60年ごろに行ったそうです。
戦後すぐに行った申したての際、死因について戦争の因果関係を記さず、単なる病名だけを記入したため(おそらく主治医?)に、戦死者として認められなかったとのこと。昭和60年ごろに行った際も、結局は戦後すぐの申し立てに記されていた死因が大きな壁になり、結局認められなかったのだそうです。

お盆に実家に人が集まって、改めてその話題になり、「それってヘンだ」という話になりました。祖母は戦後から子ども二人を抱えて大変な苦労をしたといいます。戦争未亡人としての年金を受け取っていたら、こんな苦労はなかっただろうに、と。

とっても今さらなんですが、祖母が受け取るべき年金を、今からでも受け取る方法はないものでしょうか?
法律は、こういうケースについて、なにかしてくれるものなのでしょうか?
それとも、祖父は直接の戦死者ではないから、祖母には年金を受け取る資格はないのでしょうか?

ちなみに、2回の申し立ての際に提出した資料(祖父の軍人バッヂ、召集された際の紙、戦争中に祖父が受け取った賞状などなど)は火災のために一切失っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

増加恩給か扶助料の話になると思いますが、軍人恩給に関する問い合わせ先は、



陸軍所属→終戦当時の本籍地の都道府県庁の恩給部門
海軍所属→厚生労働省社会・援護局

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。
お教えいただいたところに問い合わせてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/05 18:18

除隊後なら無理でしょう。



時効等については詳しくありませんが、権利は相続できます。ある一定の条件下で。

一番いいのは、遺族会に相談してみましょう。各県にあると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりまして、申し訳ございません。
遺族会、ですね。力になってくれそうな気がします。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/12/05 18:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金の不服申し立て

障害厚生年金2級を受給していましたが、今年の6月の更新で3級に級が下がったと昨日通知が着ました。

6月の段階では体調もまあ安定していたため仕方ないのですが、いま現在は体調もガタ崩れで入院を余儀なくされています。

障害年金の不服申し立てをしようと思います。

手続きの仕方もよく分かっていないので、何かアドバイスありましたらお願いします。

Aベストアンサー

不服申立は、決定を手にした翌日から数えて60日以内に行なわなければなりません。
あなたの場合はこの日数を既に過ぎてしまっていますから、もう不服申立はできません。

‥‥と書きましたが、決定を手にされたのは、つい先日なのですね。申し訳ありません。

とすると、不服申立はまだできます。
申立先は、既に書いたとおり、地方厚生局の社会保険審査官です。
社会保険審査官に不服を申し立てるときの注意点については、ほかの方が書かれているとおりです。

ただ、60日以内に反論資料などをきっちりと揃えて事に当たらなければなりませんし、社会保険審査会の過去裁決事例を調べておく、国民年金・厚生年金保険障害認定基準を調べておくなど、素人ではとてもきついですよ。

社会保険審査会の裁決事例
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/shinsa/syakai/04.html

国民年金・厚生年金保険障害認定基準(11月1日に改正されたばかり!)
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T101015T0026.pdf

私としては、額改定請求のほうが現実的だと思います。
いまから、十分な準備期間(その後の病状の経過などを踏まえることもできますから、より診断されやすくなると思いますし)を取れますから。
ご不満なお気持ちは十分理解できるつもりですが、現実的な対応をする、ということも必要になってくるかと思います。
入院しながら不服申立を行う、というのは厳しいですよ。社会保険労務士さんに任せるにしても、全部を社会保険労務士さんに丸投げしてしまうのはおすすめできませんし。自分自身のことですからね。

不服申立は、決定を手にした翌日から数えて60日以内に行なわなければなりません。
あなたの場合はこの日数を既に過ぎてしまっていますから、もう不服申立はできません。

‥‥と書きましたが、決定を手にされたのは、つい先日なのですね。申し訳ありません。

とすると、不服申立はまだできます。
申立先は、既に書いたとおり、地方厚生局の社会保険審査官です。
社会保険審査官に不服を申し立てるときの注意点については、ほかの方が書かれているとおりです。

ただ、60日以内に反論資料などをきっちりと揃えて...続きを読む

Q障害共済年金の不服申し立てについて

 私は、うつ病で障害共済年金の受給が決定したのですが、その事で質問です。

 私の場合、障害認定日が平成19年3月で、請求日が平成23年2月です。請求の時に診断書を2枚提出しました(認定日のものと、請求時のもの)。その結果、「平成19年3月~平成23年2月までは3級、その後は2級」という認定を頂きました。私としては、ずっと2級程度だと思っていたので不服なのですが、このように、今は2級でも、過去の3級の分に対して、不服申し立てはできるものでしょうか?

 それと、もう1件。何年か毎に障害の状況を示す診断書を提出しなければならないと聞きましたが、その内容によっては、2級から3級に下がったり、支給されなくなったりする、という事もありうるのでしょうか?

 以上、2点、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

過去の等級の認定に対する不服申立は可能です。
言い替えれば、その当時から既に2級相当の障害の重さであった、ということを客観的に立証してゆかなければなりません。
事前に過去の他の認定例などを調べ上げて理論武装してゆかないと、まず覆ることはありません。
なお、不服申立は新たに診断書などを提出するものではなく、決定(等級の認定結果)に対する法的な矛盾などを過去の認定例などを元にして突いてゆく、という性質のものです。
ですから、法的なしくみ・認定例などを十分に知っていないとダメです。
さらに、障害共済年金は、国民年金や厚生年金保険(障害基礎年金、障害厚生年金)とは違って共済組合ごとに認定(国家公務員共済、地方公務員共済、私学共済等)に認定していますから、判断はそれぞれの共済組合にゆだねられます。
共通の目安などをお示しすることはむずかしいので、詳細については、ご面倒でも共済組合にお尋ねになって下さい。

次に、一定年数ごと(1年~5年の範囲内)の診断書提出ですが、これは障害年金受給権者の義務です。
障害基礎年金や障害厚生年金にもありますが、永久固定(診断書提出不要)となることもあります。
しかし、障害共済年金の場合は特に厳しく、併給される障害基礎年金(障害共済年金1・2級のとき)のほうでは永久固定(障害基礎年金用の診断書の提出が不要)だとされても、障害共済年金用の診断書の提出は必須です。
これは、障害基礎年金用が共済組合で日本年金機構へ送られるのに対し、障害共済年金用が各共済組合にとどまるためです。
2つの診断書が組み合わさっているのだ(用紙が1枚で済む場合もあります)ととらえて下さい。
このとき、診断書の提出の結果、障害等級が下がったり支給停止になったりすることがざらにあります。
逆に、障害の悪化が認められて等級が上がることもあります。
要するに、原則として有期認定で、半永久的な受け取りが保障されているわけでもないのです(障害基礎年金や障害厚生年金でも同じ)。
 

過去の等級の認定に対する不服申立は可能です。
言い替えれば、その当時から既に2級相当の障害の重さであった、ということを客観的に立証してゆかなければなりません。
事前に過去の他の認定例などを調べ上げて理論武装してゆかないと、まず覆ることはありません。
なお、不服申立は新たに診断書などを提出するものではなく、決定(等級の認定結果)に対する法的な矛盾などを過去の認定例などを元にして突いてゆく、という性質のものです。
ですから、法的なしくみ・認定例などを十分に知っていないとダメです。
...続きを読む

Q障害年金 不服申し立てと改定請求について

はじめまして、こんにちは。
私は現在、障害年金3級を受けている者です。
実は、福祉に携わる友人が、私は3級じゃなくて2級でもおかしくないと言いました。年金証書が届いたのは6/12です。
不服申し立てをしたほうがいいのでしょうか?

それと、改定請求について詳しく教えていただければ幸いです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

続けます。

不服審査請求を行なうときには、まずは口頭でその旨を伝え、
あらためて、すぐさま正式な文書で請求を行なうようにします。
具体的なことは、社会保険審査官から指示等があるはずです。

ただ、大事なのは、
自分や周りの人の「ものさし」だけで「こうなるはずだったのでは」
という不服を申し立てるのだと覆ることは少ない、という点。
覆せるだけの明確な証拠を障害者本人が持っていなくてはなりません。
例えば、国民年金・厚生年金保険障害認定基準の解釈であったり、
医学的に認められた見解であったり等、
社会保険審査官・審査会を説き伏せるだけの物をこちらが持たないと、
率直に言って、当初の裁定を覆すことはたいへん困難になります。
(不服申立時の文書にも、このような物を記すことになります。)

特に、精神の障害の場合だった場合には、
そこにはたいへんな困難が伴いますから、ある程度の覚悟も必要です。
これは、身体の障害とは大きく異なる点で、
障害の程度を客観的に数値化できない、という点が影響しています。

国民年金・厚生年金保険障害認定基準は、
厚生労働省法令等データベースシステムで簡単に入手できます。
インターネットで検索してみて下さい。

厚生労働省法令等データベースシステム
 http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/index.html

上記のURLにアクセスしたら、
「通知検索」の「本文検索へ」をクリックして下さい。

ページが切り替わったら、
「検索語設定」で「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」と
1字1句間違えずに入力して、
「検索実行」ボタンをクリックして下さい。
<検索結果表示エリア>に5件の「検索結果」が表示されますので、
このうち、「● 国民年金・厚生年金保険障害認定基準について」を
クリックして下さい。
専門的で難解ではありますが、こういう基準があるのだと知ることは、
たいへん大事なことだと思います。
 

続けます。

不服審査請求を行なうときには、まずは口頭でその旨を伝え、
あらためて、すぐさま正式な文書で請求を行なうようにします。
具体的なことは、社会保険審査官から指示等があるはずです。

ただ、大事なのは、
自分や周りの人の「ものさし」だけで「こうなるはずだったのでは」
という不服を申し立てるのだと覆ることは少ない、という点。
覆せるだけの明確な証拠を障害者本人が持っていなくてはなりません。
例えば、国民年金・厚生年金保険障害認定基準の解釈であったり、
医学的に認めら...続きを読む

Q障害年金の不服申し立てについて助けて下さい。

今日、障害厚生年金の不支給決定通知が届きました。私としては納得がいきません。
それで不服申し立てをしようと思うのですが…。自分自身で出来るのでしょうか?やはり社労士さんに頼んだほうが良いのでしょうか?
近隣に社労士さんは居ません。ネットで探して全国対応のところに頼んでも良いのでしょうか?
どうすれば良いのか頭が混乱しています…。

Aベストアンサー

補足です。
地方社会保険事務局の所在地・電話番号などは、以下をご参照下さい。

http://www.sia.go.jp/infom/sia/jimukyoku.htm
 

Q精神障害者年金 不服申し立てを過ぎた場合

お世話になります。私、宮崎在住の女性ですが、一昨年の7月頃精神障害者年金の申請を行いましたが、10月に初診の特定が出来ないとの事で却下されました。

不服申し立ては60日以内に行わなくてはいけないとの事でしたが、精神状態が劣悪であり、とても不服申し立てをする気力がありませんでした。

やはりこの場合、60日を超えてしまうともう他に手立てはないのでしょうか?

かなり切実な問題です。どなたか詳しい方どうか回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

処分があった事を知った日の翌日から60日以内、または処分があった日の翌日から1年を過ぎたらできなくなります。

ただし、当該期間内に審査請求をしなかったことについて正当な理由がある場合は、期間経過後も審査請求を行うことが認められています。(14条3項但書)

つまりあなたの精神状態が劣悪だったことが、正当な理由にあたるかが、問題となります。また、劣悪だったことを証明する必要があるかもしれません。

行政庁に事情を説明し、聞いてみるといいと思います。

個人的には、正当な理由だと思うので、ご安心なさってください!もしダメだったら、裁判に訴えましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報