プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

アドレスに
HTTP://***.***.**.**を入力して開くことが出来ますか。
よくわからないんですが
イントラネットですかね。

ホームページを開くには何をどうすればいいのですか。

A 回答 (17件中1~10件)

結論からいうと「間違いではありません」



通常のドメイン(例:www.yahoo.co.jp)はIPアドレス(例:11.22.33.44)の代わりになるものです。ドメインで入力しても裏側ではIPアドレスで通信しています。なので、IPアドレスをドメインの場所にいれても大丈夫です。
ただし、そのIPアドレスのマシンでhttpのサービスを提供していれば、というのが前提です。インターネットではさまざまな規格の通信が交わされていて、httpはそのひとつです。「http://11.22.33.44」は「11.22.33.44のマシンからhttpの規格で交信しましょう!」の意味なんです。
たとえばブラウザに「http://11.22.33.44」と打っても何も帰ってこない場合、考えられる要因は
1)サーバ“11.22.33.44”がネット上に存在しない(電源が入っていない、ケーブルが接続されていないなど)
2)サーバ“11.22.33.44”に通信が届かない(ファイアーウォールの向こう側などにサーバがあって通信できない)
3)サーバ“11.22.33.44”がhttpのサービスを提供していない。(httpのサービスを受け付けていない)
などでしょう。
    • good
    • 0

ネット辞書によると、このように書いてありました。



ぷろき(く)しさーば
Proxy server

 Internetとの接続時、セキュリティを確保するために設置されるサーバ。「proxy」は「代理」の意。

 Internet環境では、各コンピュータはTCP/IPプロトコルで対等に通信することができる。しかしこの場合、コンピュータへの侵入を防ぐなどのセキュリティを実現するには、各コンピュータがそのための機能を用意しなければならない。しかし、たとえば企業内のすべてのコンピュータでこれを行なうのは現実的ではない。そこでセキュリティ機能を持ったProxyサーバを用意し、これを外部のInternetとの接続窓口とすることで、社内全体のセキュリティを確保できるようになる。

 このセキュリティ機能以外にも、Proxyサーバにより、WWWアクセス時にHTMLデータその他のキャッシュなどを行なうこともできる。これは、クライアントから要求があったWWWサーバへのアクセスにおいて、Internetから送られてきたデータを一時Proxyサーバでキャッシュしておき、以後このデータへのアクセスが要求された場合には、Internetにアクセスするのではなく、Proxyサーバにキャッシュされたデータをクライアントに返す。これにより、クライアントのWWWアクセスを高速化することができる。

参考URL:http://yougo.ascii24.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
まだまだ、初心者ですけれど、1歩づつでも、学んでいきますので、宜しくお願いします。

お礼日時:2003/04/26 06:23

127.0.0.1やローカルIPアドレスでhttpで見れるならちゃんとサーバは立ち上がっているようですね。

他のマシンから見えないとすると...
1)ハード的に繋がっていることを確認(ケーブル、ハブなど)(もしもファイル共有などでマシン同士が話せているなら大丈夫です。)
2)プロキシ等でhttpをカットしていないか確認
たまに抗ウィルスソフトに「パーソナルファイアーウォール」などの機能があって、これが邪魔をする場合があるのでこれはキャンセルしてみると見れるようになるかもしれません。
とりあえず、ここら辺を確認してみてください。

この回答への補足

ありがとうございました。
LAN設定でプロキシ サーバを使用するになっていました。
外したところ、見えるようになりました。
ありがとうございました。
すいませんが、プロキシ サーバーって何ですか。
よかったら教えてください。

補足日時:2003/04/24 10:36
    • good
    • 0

「自分のパソコンでは見える」というのはファイルとして見ているのかもしれません。

アドレスが「file://」のような始まり方をしていたら、それはWEBサーバを介してみていません。WEBサーバを通しているときは「http://」ではじまります。自分のサーバをWEBサーバを介してみるときは「http://127.0.0.1/」と打ってみてください。このIPアドレスは「自分自身」を示す特別なアドレスだからです。
これで見られて、他のマシンで見られないなら途中のネットワークに問題があります。
ここで見れないなら、WEBサーバの起動が怪しいですね。ちゃんと稼働していない可能性が高いです。

この回答への補足

http://127.0.0.1/でみることができました。http://192.168.**.**/でも見ることが出来ます。

補足日時:2003/04/23 21:29
    • good
    • 0

ごめんなさい、リンクを張るのをわすれました。


あらためてAN HTTP Serverへのリンクを張ります。

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~nakata/

この回答への補足

ありがとうございます。
また 1つ解かりました。
そのパソコンからはHPは見れますが。LAN接続されているパソコンからは見れないのですが?

補足日時:2003/04/23 12:08
    • good
    • 0

下記の日本Apacheユーザ会の説明でもわかりませんか?トップページ右側に「初心者向け情報」というのがあり、細かく説明してあります。



もっと簡単なサーバがないかなーと検索したら、こんなのがありました、huruさんの環境がもしWinなら使えるかもしれません。AN HTTP Serverというソフトです。下のリンクからたどってください。またもしお使いの環境がMacであれば、WEB共有という機能を使って簡単にサービスを開始できます。
    • good
    • 0

「httpdが常駐する」というのは「httpのサービスを提供するプログラムが常に稼働している」という意味で、それを行うソフトのひとつがApacheです。

(Apacheの他にもいろんなソフトやソフトの機能などがあります)Apacheの場合でもインストールする際に同時に組み込むモジュールやインストールする環境によってサイズが変わるでしょう。とはいえ、私はいままでApacheのインストールでディスク占有量を気にしたことがないです。どのくらいなんでしょうね?(そんなに大きくはないと思いますが)メモリー的にはアクセスがなければゼロ、いくつかのアクセスがあってもそれほど負荷にはならないでしょう。チケット予約システムのように、数百単位のアクセスが集中する様な場合はちょっと重くなるかもしれませんけど。
すみません、明確な回答でなくて。

この回答への補足

Apacheをダウンロードしようかと思ったのですが、どうすればいいのか。英語でわからないのです。

補足日時:2003/04/22 20:05
    • good
    • 0

WEBサーバといっても種類はさまざまです。

一般的なものにApacheというサーバソフトがありますが、このインストールについてはここで述べられる様な単純なものではないです。下記リンク(日本Apacheユーザ会)を参考にしてください。
お使いのOSによっては簡易にWEBサービスを提供できる様なしくみを備えているものもあります。どのOSをお使いですか?

参考URL:http://www.apache.jp/

この回答への補足

HTTPDを常駐させるというのは、apacheのソフトのことですか。
HDDはどれくらい使い、メモリーはどれぐらい必要なのですか。

補足日時:2003/04/21 21:54
    • good
    • 0

グローバルネットワークでもローカルネットワークでも、通信したいマシン同士(サーバとクライアント)の間にそのサービスのパケットを遮るものがなければ、基本的に通信できます。

各マシンにApacheなどのサーバを立ち上げれば大丈夫ですね。
0)ネットワークを確保する。
1)webサーバをセッティングする。
2)サービスを稼働する。
3)コンテンツを作る。
4)みる。
の項目がすべてできれば完了です。
今までの説明で、おそらく(0)は大丈夫そうですから
それ以降のノウハウをお知りになりたいということでしょうかね。

この回答への補足

はいそうだと思います。

補足日時:2003/04/21 18:07
    • good
    • 0

プロバイダなどの事業者がドメインやIPアドレスを管理する団体(NIC)から割り当てられている(自由に使える)IPアドレスには限りがあるため、それを各ユーザに割り当てることは難しいんです。

どうしても欲しいというときはそれなりの対価を払って確保しないといけません。一般の接続ユーザは常時接続者(実際に繋ぎっぱなしの人)が少ないため、アカウント数より少ないIPアドレス数で譲り合ってつかう方法が採られます。接続料金を安くしようとすると、IP自動割り当てはしかたないですね。
あと、混乱しがちなんですが、IPアドレスにはおおざっぱに2種類あります。世界のインターネットに直接接続しているマシンにすべてユニーク(重複のない)に割り振られるグローバルIPアドレスと、LANなどの閉ざされたネットワーク内だけで有効なローカルIPアドレスがあります。一般にプロバイダなどから(一時的または固定で)割り当てられるIPアドレスは前者のグローバルIPアドレスで、世界中どこのインターネットからでもそのマシンにたどり着けるものです。そのアドレスにルータなどの分配器をとりつけて、その下に複数のマシンを配置してLANを組み、その中だけで有効なアドレスが後者のローカルIPアドレスです。ホームページなどのインターネットサービスを提供するばあい、どちらのアドレスでも問題ありませんが、そのサービスを提供するサーバからクライアントマシン(実際にHPを見るマシン)までは通信の届く環境が必要です。たとえば、サーバ→クライアントがLAN→グローバルだったりするばあい、途中のルータやファイアーウォールなどでその通信が途切れる場合があります。こういった場合はサービスの提供はできません。途中の通信経路確保が必要です。

という話を前提にした上で、サーバとなるマシンにちゃんとサーバソフトが稼働し、ドキュメントルートにコンテンツが置かれていればちゃんとHP開設は可能です。また1台のマシンに(仮想的に)複数のWEBサービスを展開することも技術的に可能です。ただちょっと面倒な設定があるため、慣れてきてからにしましょう。

>ホームページは1つのパソコンに1つずつ設定できるのですか。

上記の通り、可能です。
ただし、サーバマシンとクライアントマシンの場所はどこを考えていますか?
例えば、サーバがローカル、クライアントがグローバルだとします。
プロバイダから割り振られたIPは11.22.33.44だったとします。
それをルータで受け、LANの設定として
ルータ:10.1.1.1
サーバA:10.1.1.2
サーバB:10.1.1.3
サーバC:10.1.1.4
と割り振ったとします。サーバA~CにそれぞれWEBサーバを立ち上げたとします。
それぞれのサーバから送られるパケット(データ)はルータを介してブローバルに配信されますが、グローバル側から見ると、どのパケットもすべて11.22.33.44のマシンから発せられているように見えます。もちろん、リクエストも11.22.33.44に向けて送信するわけで、ルータはそのパケットをサーバA~Cのどのマシンに送ったらよいでしょう???こまりますよね。なので、ルータにはルール決めを設定しておかないといけません。どこから来たぱけっとはこちら、とか、リクエストのアドレスが○○のばあいはどのマシン、とか…。そういう設定ができれば、上記の様な環境でのサービス提供は可能です。
ちょっと複雑な話でしたが伝わりましたか?
分からない部分はまた質問してください。

この回答への補足

ありがとうございます。
私はグローバルまで、今の所考えていません。
サーバーからその下に複数のマシンを配置してLANを組み、その中だけで有効なアドレスが後者のローカルIPアドレスです。

ホームページなどのインターネットサービスを提供するばあい、どちらのアドレスでも問題ありませんが、そのサービスを提供するサーバからクライアントマシン(実際にHPを見るマシン)までは通信の届く環境が必要です。
個々のHPを作り、みんなで閲覧したいのです。それから環境ができたら、グローバルに入っていきたいです。

1.グローバルIPアドレスか? ローカルアドレスか?
  見分け方はどうすればよいのですか。

とんでもない質問かわかりませんが、宜しくお願いします。

補足日時:2003/04/21 16:18
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング